close

Enter

Log in using OpenID

日 本 金 屡 學 會 誌

embedDownload
NIPPON KINZOKU
GAKKAI-SI
Vol.
8, No.
3, March
1944
日 本 金 屡 學 會 誌
第8巻 第3號 昭和19年3月
論
説
偶
感
高
橋
溝
今 か ら二千 二 百年 前 の史 實,所 謂 ギ リシヤ文 明 を建 設
今 し も彼 は室 の 一隅 で何 か圖 面 を書 い た り消 した り一
し地 中海 に覇 を稻 へ て 居つ た ギ リシヤ ご,當 特 隆 々 ご し
心 不亂 で あ る.兵 器 の 考 案 に耽 つ て 居つ た の で あ ら う.ロ
噺
興 の氣 に 燃 えて 居つ た ロー マ ご 存 と 興廢 を争 ふ 決
戦,そ れ 灯度現
ー マ軍勢 は勝 に乗 じて シ ラク サ に攻 め入り,彼 の家,そ し
在 の大 戦 の や うに古 き もの ε將 に勃 興
て 彼 の そ の室 に εやご やご 押 し入 つ た.彼 は 一瞥 その 方
せ んご す る國 εの闘 争,世 界 の歴 史 を 一變 させ た 職 で あ
を 向 いた.然 し彼 の眼 は再 び そ の圖 面 に投 ぜ られ た.ロ ー
つ た.老若劒 を執 っ て起 つ た こ ε勿 論 で あ る.又 科 學技 術
7兵 は劍 を 引 き抜 いた.彼 の胸 を刺 さ うご して居 る.その
者は,親 し き兵 器 の考 案 製作 に精 魂 を打 ち こん だ.
刹 那,彼は 静 か に,そ して さ も心 惜 しげ に 「この 圖 面 を消
アル キ メ デス,あ の 浮力 に關 す るアル キ メ デス の原 理
す こ ご勿 れ 」 ε唯 一 語 一
次 の彼 は血 に まみれ て艶 れ τ
を發見 した有 名 な科 學 者,こ の 戦 に も或 は挺 子 の 理,度
或は
居つ た.こ ごき れた の で あ る.こ の場面,正 に美 し き 一場
太陽 の光 を利 用 した新 しい兵 器 を發 明 し・ 大 い にロー マ
の 劇,こ の 彼 の姿,ま こ ごに尊 き限 りで あ る。
の軍鋤悩
ま群ごい
ふ こご等 人 ・に膾 災 して ゐ る.そ
刺 され ん εす る彼,そ の唇 か ら迸 り出 た 言 葉 は 「こ の
の時彼 は 齢既 に 七 十五 歳,彼 の 生地 た る シ シ リ僧島 の シ
圖 面 を … …」ご いふ の で あ る.命は 勿 論,何 物 も問 題 で な
ラク サ,先 日 イタ リー の バ ド リオ の使ご 米 軍 の 代 表 ごが
か つ た.然 し唯 一 つ,そ れ は 圖 面,彼 の仕 事 で あつ た ので
無條件 降 伏 に調 印 した εころ,そ
あ る.私 は これ こ そ科 學 に携 り技 術 に從 事 す る者 の 心 で
こに所 謂 無 漏 の餘 生 を
送つ て居 つ た.
著 大 阪 帝 國 大學 教授,大 阪 麻工 業 奨 鋤 館 長
あ る.又 須 くか うで な けれ ば な らぬ ε思 ふⅣ時 局 が苛 烈 に
なれ ば な る程 愈ゝ か うで な けれ ば な らぬ ご考 へ る.
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
65 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content