close

Enter

Log in using OpenID

こちら

embedDownload
学校だより
知 新 っ 子
旭川市立知新小学校
平成28年9月28日発行
No.10
生徒指導担当
藤
本
友
紀
昨今,携帯電話やスマホ,インターネット環境の整備が進み,情報機器は子ど
もたちでも扱えるほど簡単に,そして,機種も多様化していることから比較的安
価 の 物 も 出 回 る よ う に な り ま し た 。 LINE や SNS を 使 っ た ト ラ ブ ル も
数年前までは中高生で目立っていた問題ですが,携帯電話やスマホ
を持っている小学生の数が増えてきていることや,最近の通信機能
がついたポータブルゲームの普及により,今では小学生にとっても
大きな問題となりつつあります。
夏休み明けに本校の全児童を対象に挙手式で行ったアンケート調
査では,3人に1人が自分用の携帯電話やスマホを持っていること
がわかりました。前年度の同時期の調査では4人に1人の割合でし
たから,本校は,着実に情報機器利用の低年齢化が進んでいると言
えます。
大手携帯電話会社は,情報モラルに反する不適切な使用を食い止め
よ う と ,「 携 帯 ス マ ホ 安 全 教 室 」 な ど を 開 い て 注 意 を 呼 び か け て い ま す 。 特 に 効 果
的な方法として,親が買い与える際に「子どもとの約束を作る」ことを
挙げています。
本校のアンケート調査では,携帯電話やスマホを持っている子どもの
8 割 が ,「 使 う と き の ル ー ル が あ る 。」 と 答 え て い ま す 。 前 年 度 の 調 査 で
は7割にとどまりましたから,家庭でのルール作りが進んでいることも
わかりました。
携帯電話やスマホは,大人にとってはたいへん便利な物ですが,子どもに与え
るものとしては,次のような危険をはらんでいると言われています。
・不適切なサイトへのアクセスによる犯罪
・外部の見知らぬ大人との関係による犯罪
情報機器に関するアンケート結果は今月行わ
・ゲームを介した課金等による金銭トラブル
れる 児童 教育 相談, その後の 保 護者面談の際
・ 時間 に 歯 止め が なく なる ことに よ る睡眠不 足等
に,具体的な情報提供を 行 います。
ま た ,通 信 機 能 が つ い た ポ ー タ ブ ル ゲ ー ム は ,
本校児童の6割以上が持っています。
インターネットを介することにより,不特定多数の見えない相手が常
に 存 在 し ま す か ら ,「 大 切 な 子 ど も を 被 害 者 に も 加 害 者 に も さ せ な い 」
ために,今後,ますます便利になる情報機器とどのようにかかわるか,
子どもとともに保護者としてしっかり考えていきましょう。
ネット犯罪・ネットトラブルからお子様を守るための10か条
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
インターネットの特性を理解して,情報モラルを身に付ける。
お子様と相談して,使ってよいアプリや機能を決める。
ID・パスワードを決めてどのように保管するのか話し合う。
お子様が課金できない設定にする。
使ってよい時間・場所についてお子様と話し合い,ルールを決める。
歩きながら使わないことを約束する。
相手の気持ちを考えて,SNSやメールを送るように約束する。
安易にアプリをインストールし,プライバシー情報や個人情報を個人情報を
提供しないように約束する。
著作権などについて一緒に学ぶ。
家族もルールを守り,お子様のよき手本となる。
後期の児童会がスタートしました。
投票の様子
認証状を校長先生から
受け取る北田児童会長
新児童会役員
9 月 1 3 日 (火 ) に , 後 期 児
童会役員選挙が行われまし
た。児童会役員に多くの子
どもたちが立候補し,5年生
の書記の役職以外は全て選
挙となり,5名の子どもが接
戦の末,当選を果たしまし
た。立候補者の演説をしっ
かり聞いて投票することの大
切さや難しさを体験した子ど
もも多くいたのではないでょ
うか。選挙権が今年度から1
8歳に引き下げられたことも
あり,この経験は必ず役に立
つものと考えます。
残念ながら当選できなか
った児童には,今後の更な
る活躍を期待しておりま
す。全校児童が,充実した
学校生活を送ることができる
よう,新役員のみなさんがリ
ーダーシップを発揮し,3月
まで全校が一丸となっていく
ことを大い に期 待していま す 。
平成28年度 後期児童会新役員(敬称略)
○会 長 北 田 梨花子 (6年)
○副会長 佐 藤 桃 香 (6年)
髙 野
晴 (5年)
○書 記 合 田 凜 咲 (5年)
島 村 仁 子 (4年)
9 月 1 3 日( 火 )15:30 ~ 16:30
本校の2階の多目的教室で「お
話を聞く会」が行われました。
ねらいは,絵本や物語に親し
み,豊かな情操を培うこと,
寸劇等を通して,自分なりの
感想をもち,互いに伝え合う
ことです。通級指導教室在籍
している子どもたち,本校の
特別支援学級の子どもたちと
その保護者の皆様総勢45名
が参加し,楽しい一時を過ご
しました。本校の教員6名が
6月末から準備を始めた影絵,
大型絵本,寸劇は大変好評で
した。特に寸劇は,笑いあり,
驚きありで子どもたちの目は
釘付けになっていました。ま
た,感想発表も大変立派で,
自分の言葉で,自信をもって
大きな声で発表していました。
9 月 8 日 ( 木 ), 9 日 ( 金 ) に 5 年 生 3 5 名 は
1泊2日の宿泊研修を行いました。
「最高の思い出を作ろう」
というテーマのもと,幌
加内町にある宿泊施設
「まどか」を利用してた
くさんの体験学習を行っ
てきました。普段入るこ
雨竜第1ダム見学
とのできないダムの見学
(50 m 程階段で降り
ました)膝や腰までつか
りながら上流を目指した
源流体験,ソフトクリー
ムづくり,真っ暗なトン
ネルをおそるおそる歩い
源流体験
た暗闇体験,体育館での
学級レク,うどんづくり
等を実施しました。そし
て何よりも5年生35人
全員で参加し,体験し,
寝食を共にできたことが
一番の思い出になったの
ソフトクリームづくり
ではないでしょうか。来
年はいよいよ修学旅行で
す。宿泊研修の成果と課
題 を 生 か し ,「 一 生 の 思
い出となるよう」さらに
学級の絆を深めてほしい
と思います。自分たちで
暗闇体験
考え,行動する5年生の
皆さんの言動には,感心
しました。
( 引率者一同よ り)
5年生35名は,9月26日
(月)に東鷹栖の高見さんの田
んぼで稲刈体験をしてきまし
た。5月27日に田植えをして
から約4カ月,収穫の日を迎え
ました。天候が不安定な時期も
ありましたが,今年度は豊作に
なったようです。家庭科の調理
実習を楽しみにしています。
1 0 月 1 日( 土 )
3 日( 月 )
4 日( 火 )
5 日( 水 )
7 日( 金 )
8 日( 土 )
9 日( 日 )
1 0 日( 月 )
1 1 日( 火 )
1 2 日( 水 )
1 3 日( 木 )
1 4 日( 金 )
開校記念日
安全点検日,街頭指導
朝会
学芸会係活動
学芸会児童公開日
学芸会準備,お弁当の日
学芸会
体育の日
8日の振替休業
9日の振替休業
学芸会後片付け,職員会 議
児 童 教 育 相 談( 5 時 間 授 業 )
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
7
File Size
1 408 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content