close

Enter

Log in using OpenID

画面キャプチャソフトウェア

embedDownload
ID:MAN13H3070
HGSEALED for Web
管理者マニュアル
機能
株式会社 ハイパーギア
株式会社 ハイパーセキュア
許可なく複製、翻案または翻訳することを禁止します。
Copyright(c) HyperGEAR, Inc. / HyperSECURE,Inc. 2011-2015
Ver.3.2.2.6 2015/09/24
3070-000000-000
HGSEALED for Web 管理者マニュアル
2. 機能
2.1 キャッシュデータの削除
Web サイトを訪れるとブラウザは該当サイトの全てのコンテンツをインターネットキャッシュディレクトリに保存しま
す。
これは再接続したとき、ページのロード時間を短縮するための機能ですが、キャッシュディレクトリのコンテンツは
元ファイルと同じであるため、キャッシュディレクトリのファイルをコピーする方法で、コンテンツを二次利用するこ
とができます。
2.2 ブラウザのコピー機能制御
ブラウザには印刷、コピー、名前を付けて保存、編集などのコンテンツをコピーする代表的な機能がありますが、
HGSEALED for Web はこのような機能を全て制御することによってブラウザのコピー機能を防止します。また、一
般的にコンテンツを保護しようとした場合、Web ブラウザの「ソース」表示による html データの不正利用が懸念さ
れますが、この機能についても防止します。
HGSEALED for Web は、このようなキャッシュディレクトリのデータ生成を抑制します。
プロキシサーバなどにキャッシュを保存させないために、サーバ側でレスポンスヘッダに No-Cache 指定を行って
ください。No-Cache 指定方法は Web サーバ購入元または管理者にお問い合わせください。またキャッシュ」削除
に関わる制限事項「5-5 キャッシュ削除動作の制限」も参照下さい。
2.3 画面コピーの制御
キーボード上の「Print Screen」キー操作やキャプチャソフト等による画面のコピーは、簡単にイメージコンテンツ
をコピーする方法です。HGSEALED for Web は該当ページがアクティブ、非アクティブに関わらず、保護ページが
ディスプレイ上に表示されている時は、画面のコピーを防止します。
画面キャプチャ処理を自動検出する機能があり、バージョンアップすることなく、新たな未知の
キャプチャソフトでの画面コピーを制限することができます。
画面のテキスト部分のみをテキストデータでコピーする、テキストキャプチャソフトにも対応しました。
尚、テキストキャプチャの自動検出機能はありません。
※キャプチャソフトについては、全てのキャプチャソフトに対応しているものではありません。
-1-
HGSEALED for Web 管理者マニュアル
2.4 ブラウザ内で表示される文書ファイルの画面コピー制御
ブラウザ内でアプリケーションにより表示される文書ファイル画面のコピーを防止します。
制御機能は上記 2-3 画面コピー制御と同仕様です。
但し、画面キャプチャ実行時に保護対象の文書ファイル画面をマスクする色は、文書ファイルを表示して
いるアプリケーションの仕様に依存します。従来の灰色以外に白色でマスクされる場合があります。
文書ファイルを HGSEALED for Web で画面コピー制限を行う場合は、保護ページ内からのリンクなどの遷
移により、保護ページまたは保護フレームで表示してください。
制御対象となる条件は以下の通りです。
1) 文書ファイルが http または https プロトコル経由で表示される場合。
2) HGSEALED for Web の保護ページまたは保護フレームのから “_self” でブラウザ内に
文書ファイルが表示された場合。
3) ページまたはフレームのリンクから同じブラウザウィンドウの HGSEALED for Web で
保護された別フレーム内に文書ファイルが表示された場合。
4) 上記の条件で保護される文書ファイルとして表示されて保護対象となり、同じ文書ファイルが、ページまた
はフレームのリンクから表示された場合。(保護登録された場合)
但し、ブラウザが終了した場合は保護登録が解除されます。
※キャプチャソフトについては、全てのキャプチャソフトに対応しているものではありません。
2.5 Adobe Flash Player の操作制御
HGSEALED for Web では、保護ページの HTML 上に存在する Flash コンテンツのコンテキストメニューも保護対象
となります。
コンテンツのコンテキストメニューは、保護フレームまたは保護ページの権限設定に関わらず、Flash
アプリケーションの設定メニューが制御されます。
また、アプリケーションキー以外のショートカットキーおよび右クリック操作については、保護フレームまたは
保護ページの権限で制御されます。
This product is licensed from MarkAny Inc.
Microsoft, MS, Windows, Windows NT, Windows Vista, Office, Excel, PowerPoint は、
米国 Microsoft Corporation の、米国およびその他の国における登録商標または商標です。
Adobe、Acrobat、Flash および Reader は、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の登録商標
または商標です。
その他すべての会社名および製品名はそれぞれ各社の登録商標または商標です。
-2-
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
10
File Size
262 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content