close

Enter

Log in using OpenID

Teradata Alertsクラスタの構成 - Teradata

embedDownload
Teradata Alerts
インストールおよび構成ガイド
リリース14.01
B035-2211-102K
2012年10月
本書に記載されている製品は、Teradata Corporationまたはその関連会社がライセンスを有する製品です。
Teradata、Active Enterprise Intelligence、Applications-Within、Aprimo、Aprimo Marketing Studio、Aster、BYNET、Claraview、
DecisionCast、Gridscale、MyCommerce、Raising Intelligence、Smarter. Faster. Wins.、SQL-MapReduce、Teradata Decision Experts、
「Teradata Labs」のロゴ、「Teradata Raising Intelligence」のロゴ、Teradata ServiceConnect、Teradata Source Experts、「Teradata The
Best Decision Possible」のロゴ、The Best Decision Possible、WebAnalyst、および Xkoto は、Teradata Corporation またはその関連会社の
米国およびその他の国における商標または登録商標です。
Adaptec および SCSISelect は、Adaptec, Inc.の商標または登録商標です。AMD Opteron および Opteron は、Advanced Micro Devices, Inc.
の商標です。Axeda は、Axeda Corporation の登録商標です。Axeda Agents、Axeda Applications、Axeda Policy Manager、Axeda
Enterprise、Axeda Access、Axeda Software Management、Axeda Service、Axeda ServiceLink、および Firewall-Friendly は、Axeda
Corporation の商標で、Maximum Results および Maximum Support は同社のサービスマークです。Data Domain、EMC、PowerPath、
SRDF、および Symmetrix は、EMC Corporation の登録商標です。GoldenGate は、Oracle の商標です。Hewlett-Packard および HP は、
Hewlett-Packard Company の登録商標です。Intel、Pentium、および XEON は、Intel Corporation の登録商標です。IBM、CICS、RACF、
Tivoli、および z/OS は、International Business Machines Corporation の登録商標です。Linux は、Linus Torvalds の登録商標です。LSI
は、LSI Corporation の登録商標です。Microsoft、Active Directory、Windows、Windows NT、および Windows Server は、Microsoft
Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。NetVault は、Quest Software, Inc.の米国またはその他の国における商標
または登録商標です。Novell および SUSE は、Novell, Inc.の米国およびその他の国における登録商標です。Oracle、Java、および
Solaris は、Oracle またはその関連会社の登録商標です。QLogic および SANbox は、QLogic Corporation の商標または登録商標です。
SAS および SAS/C は、SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。SPARC は、SPARC International, Inc.の登録商標です。Symantec、
NetBackup、および VERITAS は、Symantec Corporation またはその関連会社の米国およびその他の国における商標または登録商標で
す。Unicode は、Unicode, Inc.の米国およびその他の国における登録商標です。UNIX は、The Open Group の米国およびその他の国
における登録商標です。その他記載されている製品名および企業名は、各社の商標です。
本書に記載されている情報は「現状のまま」提供され、商用および特定の用途での使用に対する適合性、または権利侵害がな
いことに関する暗黙的な保証を含め、明示的または暗黙的なすべての保証を放棄します。一部の法域では暗黙的保証の除外を
許可しないため、上記の除外が適用されないことがあります。いかなる場合も Teradata Corporation は、逸失利益または逸失財
産を含む、あらゆる間接的、直接的、特殊、付随的、または必然的な損害に対し、たとえそのような損害の可能性を明示的に
通知されていたとしても、責任を負うことはありません。
本書に記載されている情報は、日本では発表されていないかもしくは利用できない機能、製品やサービスを参照または相互参照し
ている場合があります。これらの参照は、必ずしも Teradata Corporation が日本でこれらの機能、製品やサービスを発表する意図が
あることを意味するものではありません。日本で利用可能な機能、製品やサービスについては、日本テラデータ株式会社の担当者
に確認ください。
本書に記載されている情報には、技術的に不正確な記述または誤植が含まれている可能性があります。本書の情報は予告なしに変
更または更新される場合があります。また、Teradata Corporation は、本書に記載されている製品やサービスを随時予告なしに改良
または変更する場合があります。
製品およびサービスの品質を維持するため、本書の正確性、明瞭性、構成、有用性についてコメントを頂けると幸いです。次のア
ドレスに英文で E メールを頂くか、日本テラデータ株式会社の担当者を通じてご連絡ください。[email protected]
Teradata Corporation に送られたコメントや資料 (「フィードバック」と総称する) は、機密情報とは見なされません。Teradata
Corporation は、フィードバックに関していかなる種類の義務も負わず、フィードバックとその派生物を無償で制限なしに使用、複
製、開示、公開、表示、変換、派生物の作成、および配布できるものとします。さらに、Teradata Corporation は、そのような
フィードバックに含まれるあらゆる考え、概念、ノウハウや技術を、フィードバックを組み込んだ製品やサービスの開発、製造、
または販売を含め、どのような目的にでも自由に使用できるものとします。
Copyright © 2011-2012 by Teradata Corporation. All Rights Reserved.
目次
はじめに ............................................................................................ 11
このマニュアルの変更点 .............................................................................................................................. 11
目的 .................................................................................................................................................................... 11
対象読者............................................................................................................................................................ 11
関連資料............................................................................................................................................................ 12
ソフトウェアのダウンロード ...................................................................................................................... 13
第1章
概要 ................................................................................................. 15
ソフトウェア コンポーネント ..................................................................................................................... 16
基本のインストール ....................................................................................................................................... 17
Teradata Viewpointクラスタのインストール ............................................................................................. 18
第2章
システム要件 ...................................................................................... 19
ソフトウェア一覧 ........................................................................................................................................... 19
Teradata Viewpointサーバー要件 .................................................................................................................. 19
ハードウェア要件 .................................................................................................................................... 19
ソフトウェア依存性 ................................................................................................................................ 20
Windowsサーバーの要件 ............................................................................................................................... 20
ハードウェア要件 .................................................................................................................................... 20
ソフトウェア依存性 ................................................................................................................................ 20
その他の要件 ............................................................................................................................................ 21
Linuxサーバーの要件 ..................................................................................................................................... 21
ハードウェア要件 .................................................................................................................................... 21
ソフトウェア依存性 ................................................................................................................................ 21
その他の要件 ............................................................................................................................................ 21
ネットワーク ポート ...................................................................................................................................... 22
サポートするTeradata Databaseのバージョン ........................................................................................... 22
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
3
目次
第3章
Teradata ViewpointサーバーへのTeradata Alertsのインストール
とアップグレード ................................................................................. 23
Electronic Software Distributionからのイン ストール................................................................................ 23
Teradata Alertsソフトウェアのダウンロード............................................................................................. 23
インストールまたはアップグレードの準備 ............................................................................................. 25
過去のデータベース バックアップの確認 ......................................................................................... 25
クラスタリングの前提条件 ................................................................................................................... 25
TDPutを使用したソフトウェアのインストールまたはアップグレード ............................................ 26
Teradata Alertsインストール スクリプトの使用 ....................................................................................... 27
インストール スクリプトについて ...................................................................................................... 27
インストール スクリプトの実行方法 .................................................................................................. 27
インストールとアップグレードの手順............................................................................................... 28
手動によるTeradata Alertsパッケージのアンインストール.................................................................... 28
Teradata Alertsサービスの開始と停止 ......................................................................................................... 29
TVIロギングの構成 ........................................................................................................................................ 30
第4章
Teradata Notification Service for Windowsのインストール ................. 31
インストールの準備 ....................................................................................................................................... 31
ソフトウェアのインストールまたはアップグレード ............................................................................ 32
Teradata Viewpointサーバーの場所の構成 ................................................................................................. 33
Teradata Notification Serviceの開始と停止 .................................................................................................. 33
BTEQスクリプトおよび実行形式プログラムの実行 .............................................................................. 34
Teradata Notification Serviceのアンインストール ...................................................................................... 35
TVIロギングの構成 ........................................................................................................................................ 35
Teradata Viewpointのクラスタリング .......................................................................................................... 35
第5章
Teradata Notification Service for Linuxのインストール ....................... 37
インストールの準備 ....................................................................................................................................... 37
TDPutを使用したソフトウェアのインストールまたはアップグレード ............................................ 38
対話形式でのソフトウェアのインストールまたはアップグレード ................................................... 38
パッケージのインストールとアップグレード .................................................................................. 38
パッケージの削除 .................................................................................................................................... 39
サービス ユーザー .......................................................................................................................................... 40
4
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
目次
Teradata Viewpointサーバーの場所の構成 ................................................................................................. 40
Teradata Notification Service for Linuxの開始と停止 .................................................................................. 41
BTEQスクリプトおよび実行形式プログラムの実行 .............................................................................. 42
Teradata Notification Serviceのアンインストール ...................................................................................... 43
TVIロギングの構成 ........................................................................................................................................ 43
Teradata Viewpointのクラスタリング .......................................................................................................... 44
第6章
Teradata AlertsおよびViewpointの クラスタリング................................ 45
Alertsクラスタの構成 ..................................................................................................................................... 45
障害シナリオ ................................................................................................................................................... 46
アラート サービス障害(シナリオ1) ................................................................................................ 46
メッセージサービス障害 (シナリオ2) ................................................................................................. 47
DCS障害(シナリオ3) .......................................................................................................................... 48
キャッシュ データベース障害 (シナリオ4)........................................................................................ 49
サーバー障害 (シナリオ5) ...................................................................................................................... 49
Teradata Alertsクラスタの構成...................................................................................................................... 50
障害通知 ..................................................................................................................................................... 50
Teradata Notification Serviceのクラスタ構成 .............................................................................................. 51
クラスタリングを有効にする ............................................................................................................... 51
クラスタリングを無効にする ............................................................................................................... 52
Viewpointサーバーの交換 ....................................................................................................................... 52
第7章
Teradata Alertsデータベースのバックアップと復元 .................................. 53
Teradata Alertsデータベースのバックアップ............................................................................................. 53
Teradata Alertsデータベースの復元 ............................................................................................................. 53
Viewpoint 13.12以下からのTeradata Alertsデータベースの復元 ............................................................. 56
第8章
過去のTeradata Alertsバージョンへのバック ダウン ................................. 59
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
5
目次
6
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
図一覧
図 1:
基本のインストール コンポーネント ......................................................................................... 17
図 2:
Teradata Alertsクラスタのインストール コンポーネント ........................................................ 18
図 3:
Alertsクラスタの構成 ...................................................................................................................... 46
図 4:
アラート サービスの障害シナリオ.............................................................................................. 47
図 5:
メッセージング サービスの障害シナリオ ................................................................................. 48
図 6:
DCSの障害シナリオ ........................................................................................................................ 48
図 7:
キャッシュ データベースの障害シナリオ ................................................................................. 49
図 8:
サーバー障害シナリオ ................................................................................................................... 50
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
7
図一覧
8
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
表一覧
表 1:
ソフトウェア コンポーネント ...................................................................................................... 16
表 2:
ソフトウェア一覧 ............................................................................................................................ 19
表 3:
ネットワーク ポート ....................................................................................................................... 22
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
9
表一覧
10
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
はじめに
このマニュアルの変更点
日付とリリース
説明
2012年10月
14.01
Teradata Alerts 14.01用に更新
目的
このマニュアルでは、Teradata Alertsソフトウェアをインストール、アップグレード、および構
成する方法について説明します。
対象読者
このマニュアルは、次の担当者を対象としています。
•
Teradataカスタマー サービスのスタッフ
•
Teradataプロフェッショナル サービスのスタッフ
•
Teradata Databaseシステム管理者
注:
Teradata Alertsは、Teradata社内ではCAM (Common Alerting Mechanism) と呼ばれています
が、このマニュアルではTeradata Alertsと呼びます。
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
11
はじめに
関連資料
Teradata Information Products Webサイトを使用して、このマニュアルの関連情報や追加情報が
記載されている特定のマニュアルを参照またはダウンロードしてください。
1
http://www.info.teradata.comにアクセスします。
2
[Online Publications] サブカテゴリで、[General Search] をクリックします。
3
タイトルまたは発行IDで検索します。
タイトル
発行ID
Teradata Alertsユーザー ガイド
B035-2210
Teradata Alertsのポートレットを使用してアラートをセットアッ
プおよびモニターする方法について説明します。
B035-2207
Teradata Viewpoint構成ガイド
Teradata Viewpointサーバーを構成およびアップグレードする方
法について説明します。
Teradata Multi-System Manager 構成ガイド
B035-3203
Teradata MSMを構成および実装する方法について説明します。
Teradata Tools and Utilities導入ガイド - Microsoft Windows
B035-2407
Microsoft Windowsを実行しているコンピュータにTeradata Tools
and Utilitiesソフトウェアをインストールして構成する方法につ
いて説明します。
Teradata Tools and Utilities導入ガイド - SUSE Linux
B035-3122
SUSE Linuxを実行しているコンピュータにTeradata Tools and
Utilitiesソフトウェアをインストールして構成する方法について
説明します。
B035-5710
Parallel Upgrade Tool (PUT) リファレンス
PUTを使用して、Teradataプラットフォームで実行されるソフト
ウェアのインストールとアップグレード、システム構成、およ
びTeradata Database構成を自動化する方法について説明します。
12
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
はじめに
Teradata関係者は、内部資料のWebサイトにアクセスして、インストール、構成、アップグレー
ドなどに関するマニュアルをダウンロードできます
(http://infocentral.daytonoh.teradata.com/tsd-library)。
ソフトウェアのダウンロード
場所
説明
http://tays.teradata.com
パッチを含むTeradata Software Serverにアクセ
スするための外部サイト。サービス契約がア
クティブな場合にのみアクセスできます。
http://tssprod.teradata.com:8080/TSFS/
パッチを含むTeradata Software Serverにリンク
している内部サイト。
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
13
はじめに
14
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
第1章
概要
Teradata Alertsは、次の配信メカニズムを通じて共有アラート配信アクションを実行するために
他のTeradataアプリケーションと統合されるソフトウェア製品です。
•
Eメール通知
•
簡易ネットワーク管理プロトコル (SNMP) トラップ
•
SQLクエリー
•
顧客が用意するBasic Teradata Query (BTEQ) スクリプト
•
顧客が用意する実行可能プログラム
Teradata Alerts 14.01は、次の顧客に対応できます。
•
インストール済みのTeradata ViewpointにTeradata Alertsを追加しようとしている新規顧客
•
古いバージョンのTeradata Alertsをサイトにインストールしており、アップグレードを望ん
でいる顧客
BTEQスクリプトおよび [プログラムを実行する] 実行可能ファイルを実行するソフトウェア
は、WindowsサーバーまたはLinuxサーバーにインストールされます。残りのTeradata Alertsコン
ポーネントは、Teradata Viewpointサーバーにインストールされます。
Teradata Alertsは、次のTeradataアプリケーションの共有アラート アクションを構成するために
使用されます。
•
Viewpoint (Teradataシステム)
•
TASM (ワークロード管理)
•
Teradata Multi-System Manager (TMSMセットアップ)
•
サーバー管理 (SM管理)
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
15
第1章
概要
ソフトウェア コンポーネント
表 1: ソフトウェア コンポーネント
コンポーネント
説明
キャッシュDB
Teradata Viewpointサーバーによって使用されるローカル リ
ポジトリ インスタンス。Teradata Alertsによって使用される
データベースは "cam" データベースです。
アラート サービス
アラートを処理するJavaデーモン。camalertサービスとして
インストールされます。
メッセージング
ソフトウェア コンポーネント間でメッセージを交換できる
サービス
ようにするJava Message Service (JMS) プロバイダ (Apache
ActiveMQ)。tdactivemqサービスとしてインストールされます。
Teradata Notification
Service for Windows
(オプション) 顧客が用意するBTEQスクリプトおよび
Windows実行可能プログラムを実行するサービス。顧客が
用意するWindowsサーバーにインストールされます。BTEQ
スクリプトまたは実行可能プログラムをWindowsで実行す
る場合にのみ必要です。
Teradata Notification
Service for Linux
(オプション) 顧客が用意するBTEQスクリプトおよび実行
可能Linuxプログラムを実行するサービス。顧客が用意す
るLinuxサーバーにインストールされます。スクリプトま
たは実行可能プログラムをLinuxで実行する場合にのみ
必要です。
[アラート セット
Teradata Alertsの構成に使用されるポートレット。
アップ] ポートレット
[アラート ビューア]
ログに記録されたアラートの表示に使用されるポート
ポートレット
レット。
16
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
第1章
概要
基本のインストール
基本のインストールでは、Teradata Alertsコンポーネントは、単一のTeradata Viewpointサー
バー、Windowsサーバー、およびLinuxサーバーにインストールされます。
図 1: 基本のインストール コンポーネント
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
17
第1章
概要
Teradata Viewpointクラスタのインストール
Viewpointがクラスタ構成されている場合、Teradata Alertsはクラスタ化されています。Viewpointク
ラスタ内でサービスを構成する方法については、『Viewpoint構成ガイド』を参照してください。
クラスタ構成では、データベース インスタンスが昇格されると、Teradata Alertsコンポーネント
がウォーム スタンバイ キャッシュ データベースにフェイル オーバーします。
アラートおよびメッセージング サービスは、両方のTeradata Viewpointサーバー上でアクティブ
です。いずれかのアラート サービスに障害が発生した場合、2番目のアラート サービスがア
ラートの処理を自動的に続行します。いずれかのメッセージング サービスに障害が発生した場
合、クライアントは自動的に2番目のメッセージング サービスに接続されます。
図 2: Teradata Alerts クラスタのインストール コンポーネント
18
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
第2章
システム要件
この章では、Teradata Alertsソフトウェアをインストールするために必要なコンポーネントを示
します。コンポーネントと関連情報には、インストール ファイル、サーバー、ネットワーク
ポート、およびTeradata Databaseのバージョンが含まれます。
ソフトウェア一覧
表 2: ソフトウェア一覧
メディアまたはTeradata Software Serverにある
インストールされるパッケー
インストール ファイル (当バージョン以降)
ジの名前
tdactivemq__SLES10_x8664.5.6.0.0-1.rpm
tdactivemq
camalert__SLES10_x8664.14.01.00.nn-1.rpm
camalert
camportlets__SLES10_x8664.14.01.00.nn-1.rpm
camportlets
teradatacam__Windows_i386.14.01.00.nn.zip
Teradata Notification Service 14.01
tdnotification1400__SLES10_x8664.14.01.00.nn-1.rpm
tdnotification1400
install-cam-14.01.00.00.sh
–
Teradata Viewpointサーバー要件
Teradata Alertsは、Teradata Viewpointを実行するTeradata Viewpointサーバーにインストールする
必要があります。
ハードウェア要件
Teradata Viewpointに対して指定されている要件以外にハードウェア要件はありません。
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
19
第2章
システム要件
ソフトウェア依存性
Teradata Alertsを実行するには、次のソフトウェアをTeradata Viewpointサーバーにインストール
する必要があります。
•
SuSE Linux Enterprise 10 Service Pack 3以降のバージョン
•
Net-SNMP (SuSE Linuxと共にインストールされる)
•
•
Teradata JDK 6
PostgreSQL Server 9.1.2
•
Teradata Viewpoint 14.01.00.00以上
Windowsサーバーの要件
WindowsサーバーでBTEQスクリプトおよび実行可能プログラムを実行するには、Windowsサー
バーにTeradata Notification Service for Windowsがインストールされている必要があります。
WindowsでBTEQアラート アクションと [プログラムを実行する] アラート アクションが不要な
場合、Teradata Notification Service for Windowsは必要ありません。
ハードウェア要件
Windows向けのTeradata Tools and Utilitiesクライアント パッケージに対して指定されている要件
以外にハードウェア要件はありません。
ソフトウェア依存性
次のいずれかのMicrosoft Windowsオペレーティング システム:
•
•
•
•
•
•
Windows XP
Windows Server 2003
Windows Vista
Windows Server 2008
Windows Server 2008 R2
Windows 7
次のJava SE Runtime Environment:
•
20
32ビットのJava SE Runtime Environment 6
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
第2章
システム要件
BTEQおよび関連する依存ソフト:
•
TTUのバージョンは対象のTeradata Databaseによって決まります。TTUはTTU Client Main
Installを使用してインストールし、必要なすべての依存ソフトがインストールされるように
する必要があります。
その他の要件
•
Windowsのシステム クロックをViewpointサーバーのクロックに同期させる必要があり
ます。
Linuxサーバーの要件
LinuxサーバーでBTEQスクリプトおよび実行可能プログラムを実行するには、顧客が用意した
LinuxサーバーにTeradata Notification Service for Linuxがインストールされている必要があります。
Linux上でBTEQアラート アクションと [プログラムを実行する] アラート アクションが不要な
場合、Teradata Notification Service for Linuxは必要ありません。
ハードウェア要件
SuSE Linux向けのTeradata Tools and Utilitiesクライアント パッケージに対して指定されている要
件以外にハードウェア要件はありません。
ソフトウェア依存性
•
SuSE Linux Enterprise 10 Service Pack 3以降のバージョンまたはSuSE Linux Enterprise 11
•
Java SE Runtime Environment 6
•
BTEQおよび関連する依存ソフト。TTUのバージョンは対象のTeradata Databaseによって決ま
ります。TTUはTTU Client Main Installを使用してインストールし、必要なすべての依存ソフ
トがインストールされるようにする必要があります。
その他の要件
•
Linuxのシステム クロックをViewpointサーバーのクロックに同期させる必要があります。
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
21
第2章
システム要件
ネットワーク ポート
Teradata Alertsでは、次のネットワーク ポートが使用されます。
表 3: ネットワーク ポート
受信
発信
80 (HTTP)
25 SMTP (デフォルト)*
443 (HTTPS)
5432 (キャッシュ データベース)
61616 (メッセージング)
465 SMTP over SSL (デフォルト)*
162 SNMPトラップ
*
発信SMPTポートを変更するには、[アラート セットアップ] ポートレットで [発行設定] > [Eメール] を選択し
ます。
サポートするTeradata Databaseのバージョン
Teradata Alertsでは、Teradata Databaseとの対話が限定されています。Teradata Databaseと対話す
るコンポーネントは次の3つです。
•
BTEQアラート アクション
•
SQLアラート アクション
•
Teradata Viewpointアラート リクエスト データ コレクタによって処理されるアラート
Teradata Notification Service for WindowsおよびTeradata Notification Service for LinuxはBTEQスクリ
プトを実行できます。WindowsサーバーまたはLinuxサーバーにインストールするBTEQのバー
ジョンには、BTEQスクリプトを実行するTeradata Databaseのバージョンとの互換性が必要です。
Viewpointサーバーで稼動するTeradata Alertsは、Teradata JDBCドライバを使用してSQLアラート
アクションを実行します。管理者が入力するクエリーには、クエリーを実行するTeradata
Databaseとの互換性が必要です。
Teradata Viewpointアラート リクエスト データ コレクタは、dbcmngr.alertrequestテーブルと
dbcmngr.monitorrequestテーブルが受信するアラート リクエストをモニターします。Teradata
Alertsは、Viewpointモニタリングと同じバージョンのTeradata Databaseをサポートしています。
22
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
第3章
Teradata Viewpointサーバーへの
Teradata Alertsのインストール
とアップグレード
この章では、Teradata Alertsソフトウェアをインストールまたはアップグレードする方法につい
て説明します。インストールまたはアップグレード プロセスでは、TDPutインストール製品を
使用することをお勧めします。ただし、インストール シェル スクリプトを使用することを好む
ユーザーのために、代わりのインストール スクリプトも用意されています。
Electronic Software Distributionからのイン
ストール
Teradata ViewpointがTeradata Electronic Software Distribution Management (ESDM) プログラムとし
て購入された場合には、Teradata AlertsパッケージはTeradata Viewpointサーバーにまだインスト
ールされていません。
Teradata Alertsソフトウェアのダウンロード
Teradata Software ServerからTeradata Alertsをダウンロードします。基本のパッケージとパッチを
ダウンロードします。
1
Teradata Software Serverにログオンします。
a
Internet Explorerブラウザ ウィンドウを開きます。
b
[email protected] Serviceにアクセスします。
c
[Teradata Software Server] をクリックします。
d
Teradata Software Serverにログオンします。
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
23
第3章
Teradata ViewpointサーバーへのTeradata Alertsのインストールとアップグレード
2
[Certified Configs] を選択します。
3
Teradata Alertsパッケージを含むアーカイブをダウンロードします。
a
左側のメニューから、[Software Patches] > [Teradata Applications] をクリックします。
b
[Sub Category Common Alerting Mechanism] および [Release 14.01] を選択します。
c
[Submit] をクリックします。
d
[Select all packages for download] をクリックします。
e
[User Name]、[E-Mail]、[Site ID]、および [Change Control Number] ボックスに情報を入
力します。
4
f
[Submit] をクリックします。
g
[Download] をクリックします。
Teradata ActiveMQをダウンロードします。
a
[Sub Category Teradata ActiveMQ] および [Release 05.06.00] を選択します。
b
[Submit] をクリックします。
c
[Select all packages for download] を選択します。
d
[User Name]、[E-Mail]、[Site ID]、および [Change Control Number] ボックスに情報を入
力します。
e
[Submit] をクリックします。
f
[Download] をクリックします。
5
ダウンロードしたアーカイブからTeradata Alertsファイルを解凍します。
6
インストールまたはアップグレードを行うサーバーにファイルをコピーします。
24
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
第3章
Teradata ViewpointサーバーへのTeradata Alertsのインストールとアップグレード
インストールまたはアップグレードの準備
過去のデータベース バックアップの確認
バック ダウン手順が必要な場合は、現在のデータベースが正常にバックアップされているこ
とを確認します。
1
Teradata AlertsソフトウェアをインストールまたはアップグレードするサーバーでTeradata
Viewpointにログオンします。
2
[管理] メニューから、[バックアップ] ポートレットを開きます。
3
前回のバックアップの完了日時、および正常に終了したかどうかを含むバックアップ情
報を確認します。
クラスタリングの前提条件
Teradata Viewpointクラスタ構成でTeradata Alertsをインストールまたはアップグレードするに
は、まず次の手順を実行します。
プライマリ キャッシュ データベース サーバーの特定
1
任意のサーバーで、以下のコマンドを入力して、
/etc/opt/teradata/viewpoint/distributed.cluster.properties
ファイルの内容を確認します。
more /etc/opt/teradata/viewpoint/distributed.cluster.properties
プライマリ キャッシュ データベースのIPアドレスまたはサーバー名が、出力の
active.database.hostキーの後に示されています。
Teradata Viewpointサービスを停止します。
プライマリ サーバーを除くすべてのサーバーで、Teradata Viewpointサービスを停止します。ク
ラスタ内に3つ以上のTeradata Viewpointサーバーがある場合でも、この手順の実行順序を気にす
る必要はありません。
1
以下のコマンドを入力して、各Teradata Viewpointサービスを停止します。
/opt/teradata/viewpoint/bin/vp-control.sh stop
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
25
第3章
Teradata ViewpointサーバーへのTeradata Alertsのインストールとアップグレード
TDPutを使用したソフトウェアのインストールまたは
アップグレード
通常、Teradata AlertsはTDPutを使用してインストールします。次の手順では、TDPutインス
トール プロセスに慣れていること、およびTDPutソフトウェアがTeradata Viewpointサーバーに
インストールされていて使用できることを前提としています。
1
まだ実行していない場合は、Teradata Software Serverからソフトウェアをダウンロードし
て、TDPutがアクセスできる場所に保存します。
2
バック ダウン手順が必要な場合は、現在のデータベースのバックアップが実行されてお
り、正常に終了していることを確認します。
3
ソフトウェアをTeradata Viewpointクラスタにインストールする場合は、25ページの「クラス
タリングの前提条件」セクションの手順を確認して実行します。
4
Teradata ViewpointサーバーでTDPutを起動し、プライマリ サーバー (またはクラスタ以外の
構成では単一サーバー) に次のパッケージをインストールします。
•
tdactivemq
camalert
• camportlets
•
注: Teradata Alerts 14.01にアップグレードするには、同時にViewpoint 14.01もアップグレー
ドする必要があります。したがって、次の追加パッケージをインストールします。
•
•
•
•
•
•
•
•
5
dcs
viewpoint
postgresql
postgresql-contrib
postgresql-libs
postgresql-server
libossp-uuid16
teradata-jdk6
[クラスタ構成の場合のみ] クラスタ内の残りのサーバーにパッケージをインストールし
ます。
TDPutインストール プロセス中に、以前にインストールしたすべてのパッケージが削除され
ます。
インストールまたはアップグレードの完了時に、Teradata Alertsサービスが自動的に開始され
ます。
26
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
第3章
Teradata ViewpointサーバーへのTeradata Alertsのインストールとアップグレード
Teradata Alertsインストール スクリプトの使用
インストール スクリプトについて
シェル スクリプトに慣れているユーザーのために、インストール スクリプトが用意されてい
ます。TDPutではなくスクリプトを使用してソフトウェアをインストールできます。ただし、
Teradata Alerts 14.01の場合は、以前のリリースからのアップグレードにインストール スクリプ
トを使用することはできません。install-viewpoint-14.01.00.00.shスクリプトを使用してViewpointと
Teradata Alertsを同時にアップグレードする方法については、『Viewpoint 14.01構成ガイド』を参
照してください。
以下の手順は、最初の14.01パッケージがインストールされた後で、Teradata Alertsインストール
スクリプトを使用してパッチ アップグレードを実行する場合に適用されます。
インストール スクリプトは、以下を実行します。
•
必要なパッケージがインストール スクリプトと同じディレクトリにあることを確認します。
•
適切なパッケージ依存ソフトがサーバーにインストールされていることを確認します。
•
新しいTeradata Alertsパッケージへのアップグレードをインストールします。
•
出力を標準出力およびinstall-cam-YYYY-MM-DD-HH:MM:SS.logディレクトリにあるタ
イム スタンプ ファイルに書き込みます。
インストール プロセス中に、以前にインストールしたすべてのパッケージが削除されます。
インストール スクリプトの完了時に、Teradata Alertsサービスが開始されます。
インストール スクリプトの実行方法
1
ダウンロードしたrpmファイルすべてとインストール スクリプトをTeradata Viewpointサー
バー上の同じフォルダにコピーします。例:
/tmp/pkgs/tdalerts
2
Teradata Viewpointサーバーにrootユーザーとしてログオンします。
3
rpmファイルとインストール スクリプトが入っているディレクトリに移動します。例:
cd /tmp/pkgs/tdalerts
4
インストール スクリプトに実行する許可があることを確認します (xxを正しいパッチ バー
ジョンで置き換えます)。
chmod +x install-cam-14.01.00.xx.sh
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
27
第3章
Teradata ViewpointサーバーへのTeradata Alertsのインストールとアップグレード
5
インストール スクリプトを実行します (xxを正しいパッチ バージョンで置き換えます)。
./install-cam-14.01.00.xx.sh
6
Teradata Viewpointにアクセスする前に、Webブラウザのキャッシュをクリアして、すべての
ファイルの新しいバージョンが読み込まれることを確認します。
インストールとアップグレードの手順
単一のTeradata Viewpointサーバーまたはクラスタ化されたTeradata ViewpointサーバーでTeradata
Alertsをアップグレードするには、次の手順を実行します。
1
Teradata Alerts 14.01ソフトウェアをダウンロードします。
2
バック ダウン手順が必要な場合は、現在のデータベースが正常にバックアップされている
ことを確認します。
3
ソフトウェアをTeradata Viewpointクラスタにインストールする場合は、25ページの「クラス
タリングの前提条件」セクションの手順を確認して実行します。
4
プライマリ サーバー上 (またはクラスタ以外のインストール環境では単一サーバー) でイン
ストール スクリプトを実行します。
5
[クラスタ構成の場合のみ] クラスタ内の残りのサーバーでインストール スクリプトを実行
します。
手動によるTeradata Alertsパッケージのアンインス
トール
必要に応じて、Teradata Alertsパッケージを手動でアンインストールできます。各パッケージを
アンインストールするには、rpm –eコマンドを使用します。たとえば、camportletsパッケー
ジをアンインストールするには、以下のコマンドを実行します。
rpm -e camportlets
以下の順に、パッケージをアンインストールします。
1
2
3
4
28
camportlets
camalert
tdactivemq
camnotification(13.11.00.00より前)
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
第3章
Teradata ViewpointサーバーへのTeradata Alertsのインストールとアップグレード
Teradata Alertsサービスの開始と停止
Teradata Alerts 14.01以降には次のサービスが含まれています。
•
tdactivemq
Teradata Alertsコンポーネント間でメッセージを交換できるようにするメッセージング サー
ビス
•
camalert
イベントとアラートを処理するアラート サービス
Teradata Viewpointサーバーの/etc/init.dディレクトリ内に各サービスのinitスクリプトがあ
ります。initスクリプトは次のコマンド引数に対応しています。
•
start
サービスを開始します。サービスがすでに実行中の場合は、新しいインスタンスは開始し
ません。
•
stop
サービスを停止します。
•
restart
サービスを停止して開始します。
•
status
サービスが実行中かどうかを確認します。
たとえば、アラート サービスを開始するには、次のように入力します。
/etc/init.d/camalert start
アラート サービスを停止するには、次のように入力します。
/etc/init.d/camalert stop
アラート サービスを再起動するには、次のように入力します。
/etc/init.d/camalert restart
アラート サービスが実行中かどうかを確認するには、次のように入力します。
/etc/init.d/camalert status
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
29
第3章
Teradata ViewpointサーバーへのTeradata Alertsのインストールとアップグレード
TVIロギングの構成
Teradata Alertsは、予期しないソフトウェア エラーまたは重大なソフトウェア エラーが発生し
た場合に、Teradata Vital Infrastructure (TVI) アラートまたはエラーをログに記録します。デフォ
ルトでは、TVIロギング構成は、Teradata Alertsが管理サーバー上で稼動していることを前提と
しています。その場合は、ソフトウェアのアラートまたはイベント情報のロギングには特別な
構成は必要ありませんが、エラーをログするようにTVIを構成することが推奨されます。
Teradata Alertsが非管理サーバー上で稼動している場合、またはアセット情報をログしたい場合
は、キュー テーブルからTVIに情報を送信するようにTVIロギングを構成します。
本構成を開始する前に、システムへのTVI Administration Software (TAS) のセットアップ担当の
システム管理者に連絡して、システムがキュー テーブルを使用したTVIへのロギングをサポー
トしているかどうかを確認してください。キュー テーブルがシステム用にセットアップされて
いる場合は、このキュー テーブルのログイン情報を確認してください。
1
Teradata Viewpointサーバーにrootユーザーとしてログオンします。
2
/opt/teradata/viewpoint/dcs/configディレクトリ内のtvilogger.propertiesファイ
ルを検索します。このファイルは、Teradata Viewpointが管理サーバーにインストールされ
るときにインストールされます。
3
tvilogger.propertiesファイルを/etc/opt/teradata/tvilogger/tvilogger.properties
にコピーします (このファイルがまだ存在しない場合)。
4
Teradata Alertsが非管理サーバー上で稼動している場合、またはアセットのロギングが必要
な場合は、キュー テーブルのロギング用のログイン情報を指定するためにプロパティを変
更します。tvilogger.propertiesファイル内に記載されている手順に従ってください。
5
30
Teradata Alerts camalertサービスを再起動します。
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
第4章
Teradata Notification Service for
Windowsのインストール
WindowsでBTEQと [プログラムを実行する] アラート アクションを使用するには、最初に
Teradata Notification Serviceをインストールします。Windowsサーバー上にこのサービスをインス
トールし、お使いのTeradata Viewpointサーバーに固有の情報を使用してソフトウェアを構成し
ます。
インストールの準備
Teradata Notification Serviceのインストール前に、以下の点を確認してください。
•
Teradata Viewpointサーバーがセットアップ済みで稼動していること。
•
Viewpointサーバー上でアラート サービスが実行していること。手順については、29ページ
の「Teradata Alertsサービスの開始と停止」を参照してください。
•
Teradata Viewpointサーバーのホスト名またはIPアドレスを知っていること。
•
32ビットのJava Runtime Environment 6 がインストールされていること。
•
システム環境変数に(ユーザー レベルではなく)、JREがインストールされたディレクトリを
JAVA_HOMEとして定義してください。Teradata Notification ServiceはWindowsのサービスとし
て実行されるので、これは重要です。方法はWindowsオペレーティング システムのバー
ジョンによって異なります。システム環境変数を変更するには、管理者としてログオンする
必要があります。
Windows 7より前のWindowsオペレーティング システム:
1
[コントロール パネル] で [システム] アイコンをクリックし、システムの設定を表示し
て変更します。
2
[詳細設定] タブを選択します。
3
[環境変数] をクリックします。
4
[システム環境変数] の下にある [新規] をクリックし、JAVA_HOME環境変数を設定します。
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
31
第4章
Teradata Notification Service for Windowsのインストール
Windows 7オペレーティング システム:
1
[コントロール パネル] で [システムとセキュリティ] を選択します。
2
[システム] を選択します。
3
[システムの詳細設定] を選択します。
4
[環境変数] をクリックします。
5
[システム環境変数] の下にある [新規] をクリックし、JAVA_HOME環境変数を設定します。
ソフトウェアのインストールまたはアップグレード
次の手順は、WindowsサーバーでTeradata Notification Serviceをインストールまたはアップグレー
ドする方法を説明しています。xxは、インストールまたはアップグレードするソフトウェアの
バージョンに置き換えてください。
1
Teradata Software Serverからソフトウェアをダウンロードします。
2
zipファイルteradatacam_win32_x86.14.01.00.xx.zipを、インストールまたはアップグ
レードが実行されるサーバーにコピーします。
3
zipファイルが格納されているディレクトリおよびフォルダに移動します。
4
zipファイルを解凍します。
これにより、teradatacam_Windows_i386.14.01.00.xxという名前のフォルダが現在のディ
レクトリに作成されます。
5
teradatacam_Windows_i386.14.01.00.xx\DISK1フォルダに移動します。
6
setup.exeをクリックします。
7
セットアップ言語を選択し、[OK] をクリックします。
8
Install Shieldウィザードの指示に従って、次の手順を実行します。
a ライセンス契約に同意します。
b (オプション) インストール先フォルダを変更します。
c Teradata Viewpointサーバーのシステム名を指定します。
DNS によって定義されたホスト名または IP アドレスを指定できます。
d [Install] をクリックします。
e [Start the Teradata Notification Service now] を選択します。
f
[Finish] をクリックします。
ソフトウェアは次の場所にインストールされます。
<ドライブ:>\Program Files (x86)\Teradata\Client\14.00\Teradata Notification
Service
32
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
第4章
Teradata Notification Service for Windowsのインストール
Teradata Viewpointサーバーの場所の構成
前述のインストール手順では、Teradata Viewpointサーバー名の入力を求められました。この手
順を完了していない場合は、メッセージング サービスおよびキャッシュ データベースの場所が
含まれるように、Teradata Notification Serviceを手動で構成してください。
1
インストール パーティションに次のフォルダを作成します。
<ドライブ:>\etc\opt\teradata\cam
2
ディレクトリをインストール フォルダに変更します。
<ドライブ:>\Program Files (x86)\Teradata\Client\14.00\Teradata Notification
Service
3
config\cam.properties.templateを<drive:>\etc\opt\teradata\cam\cam.properties
にコピーします。
4
cam.propertiesを編集し、cam.activemq.hostのエントリを探します。
#cam.activemq.host=localhost
5
コメント記号を削除して、tdactivemq-5.6.0.xx
rpmをインストールしたサーバーに
cam.activemq.hostを割り当てます。
cam.activemq.host=serverName
6
ファイルを保存して閉じます。
7
Teradata Notification Serviceを再起動します。
Teradata Notification Serviceの開始と停止
Teradata Notification Serviceは、Teradata Notification Serviceという名前のWindowsサービスとして
インストールされます。デフォルト インストール手順では、システムの再起動時にサービスが
自動的に開始するように構成されています。Windowsのサービス管理ツールを使用して、サー
ビスの開始と停止を行うことができます。
Teradata Notification Serviceが実行中であることを確認するため、次の手順を実行してください。
1
コマンド プロンプト ウィンドウで、以下を入力します。
services.msc
2
Teradata Notification Serviceを探します。
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
33
第4章
Teradata Notification Service for Windowsのインストール
3
サービスの [状態] 列に [開始] と表示されていることを確認します。
4
[名前] 列でTeradata Notification Serviceをダブルクリックします。
[Teradata Notification Serviceのプロパティ] ダイアログ ボックスが表示されます。
5
[OK] をクリックします。
6
[サービスの状態] が [開始] でない場合は、状態を変更します。
a
[スタートアップの種類] が [自動] であることを確認します。
b
[適用] をクリックします。
c
[開始] をクリックします。
BTEQスクリプトおよび実行形式プログラムの実行
Teradata Notification Serviceでは、BTEQと [プログラムを実行する] アラート アクションが実行
されます。BTEQスクリプトおよび実行可能プログラムは、指定されたフォルダに保存する必要
があります。
BTEQスクリプトおよびプログラムの保存先のディレクトリは、Teradata Notification Serviceの実
行中にこのサービスによって定期的にスキャンされます。ディレクトリに対する変更が見つか
ると、更新されたディレクトリの内容がアラート サービスに中継され、Viewpointサーバー上の
Teradata Alertsリポジトリが更新されます。Teradata Notification Serviceがシャットダウンする
と、BTEQスクリプトとプログラムのリストをViewpointサーバー上で利用できなくなります。
アップデートをViewpointサーバー上で表示するには、アラート サービスがViewpointサーバー
上で実行している必要があります。
1
BTEQスクリプトは、インストール場所に対する次の相対フォルダに保存します。
<インストール フォルダ>\Teradata\Client\14.00\Teradata Notification Service\sql
2
実行するプログラムは、インストール場所に対する次の相対フォルダに保存します。
<インストール フォルダ>\Teradata\Client\14.00\Teradata Notification Service\usrcmd
34
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
第4章
Teradata Notification Service for Windowsのインストール
Teradata Notification Serviceのアンインストール
Windowsのコントロール パネルを使用してTeradata Notification Serviceをアンインストールします。
TVIロギングの構成
Teradata Notification ServiceソフトウェアはTVIに対応しており、予期しないソフトウェア エ
ラーまたは重大なソフトウェア エラーが発生した場合に、TVIアラートまたはエラーをログに
記録します。Teradata Notification ServiceはWindowsサーバー上で実行されているので、キュー
テーブルからTVIに情報を送信するようにTVIロギングを構成する必要があります。
Teradata Notification ServiceのTVIロギングを有効にします。
1
次のフォルダが存在しない場合は作成します。
<ドライブ:>\etc\opt\teradata\tvilogger
2
<インストール ディレクトリ>\config\tvilogger.propertiesを次のファイルにコピーします。
<ドライブ:>\etc\opt\teradata\tvilogger\tvilogger.properties
3
プロパティを編集します。
tvilogger.method=queuetable
tvilogger.host=<Teradata TDPID containing the queue table>
tvilogger.username=<Teradata username>
tvilogger.password=<password>
4
Teradata Notification Serviceを再起動します。
Teradata Viewpointのクラスタリング
Teradata Viewpointのクラスタリングは、システムに高可用性とスケーラビリティを提供します。
Teradata Viewpointのクラスタリングを使用するサイトでは、『Teradata Viewpoint構成ガイド』を
参考にしてください。
Teradata Notification Serviceは、Teradata Viewpointサーバー上のTeradata Viewpointキャッシュ
データベースおよびメッセージング サービスにアクセスします。Teradata Viewpointクラスタで
は、WindowsのTeradata Notification Serviceを複数実行することはできません。
Teradata Viewpointのクラスタリングを使用するサイトでは、Teradata Notification Serviceがクラ
スタ内でどのように構成するかを理解しておく必要があります。詳細は、51ページの「Teradata
Notification Serviceのクラスタ構成」を参照してください。
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
35
第4章
Teradata Notification Service for Windowsのインストール
36
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
第5章
Teradata Notification Service for
Linuxのインストール
LinuxでBTEQと [プログラムを実行する] アラート アクションを使用するには、最初にTeradata
Notification Service for Linuxをインストールします。Linuxサーバー上にこのサービスをインス
トールし、お使いのTeradata Viewpointサーバーに固有の情報を使用してソフトウェアを構成し
ます。
インストールの準備
Teradata Notification Service for Linuxのインストール前に、以下の点を確認してください。
•
Teradata Viewpointサーバーがセットアップ済みで稼動していること。
•
Viewpointサーバー上でアラート サービスが実行していること。手順については、29ページ
の「Teradata Alertsサービスの開始と停止」を参照してください。
•
Teradata Viewpointサーバーのホスト名またはIPアドレスを知っていること。
•
64ビットのJava Runtime Environment 6 がインストールされていること。
•
デフォルトのプロファイルでJAVA_HOME環境変数が定義されていること。これにより、ソフ
トウェアのインストール後にサービスでJava Runtime Environmentを検出できるようになり
ます。
このシステム設定を変更するには、次の手順を実行します。
•
rootとしてログインします。
•
/etc/profile.localを編集します。
•
行を追加して、JREをインストールしたJAVA_HOMEを定義します。たとえば、JREを
/home/jre6にインストールした場合は次のようになります。
export JAVA_HOME=/home/jre6
•
更新されたファイルをソースとして使用し、JAVA_HOME定義を選択します。
. /etc/profile.local
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
37
第5章
Teradata Notification Service for Linuxのインストール
TDPutを使用したソフトウェアのインストールまたは
アップグレード
Teradata Notification Service for LinuxはTDPutを使用してインストールできます。次の手順では、
TDPutインストール プロセスに慣れていること、およびTDPutソフトウェアがLinuxサーバーに
インストールされていて使用できることを前提としています。
1
まだ実行していない場合は、Teradata Software Serverからソフトウェアをダウンロードし
て、TDPutがアクセスできる場所に保存します。
2
LinuxサーバーでTDPutを起動し、サーバーに次のパッケージをインストールします。
tdnotification1400
3
インストールが完了した後、ソフトウェアを手動で構成してViewpointサーバーの場所を設
定してから (40ページの「Teradata Viewpointサーバーの場所の構成」を参照)、サービスを開
始する必要があります。
対話形式でのソフトウェアのインストールまたはアップグ
レード
パッケージのインストールとアップグレード
次の手順は、LinuxサーバーでTeradata Notification Serviceを対話形式でインストールまたはアッ
プグレードする方法を説明しています。xxは、インストールまたはアップグレードするソフト
ウェアのバージョンに置き換えてください。
1
Teradata Software Serverからソフトウェアをダウンロードします。
2
rpmファイルtdnotification1400__SLES10_x8664.14.01.00.xx-1.rpmを、インストールま
たはアップグレードが実行されるサーバーにコピーします。
3
rootユーザーとしてLinuxサーバーにログオンし、ディレクトリをrpmファイルが格納されて
いるフォルダに変更します。
4
次に進む前にJAVA_HOMEが定義されていることを確認します。
echo $JAVA_HOME
38
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
第5章
Teradata Notification Service for Linuxのインストール
5
対話形式でインストールを行うことを示すためにCAM_INTERACTIVE_INSTALL環境変数を
設定します。
export CAM_INTERACTIVE_INSTALL=1
6
次のコマンドを使用してrpmをインストールします。
rpm -Uvh tdnotification1400__SLES10_x8664.14.01.00.00-1.rpm
7
メッセージが表示されたら、Viewpointサーバーの名前を入力します。
a
ソフトウェアをアップグレードする際に値を入力しなかった場合は、既存のViewpoint
サーバーの名前が使用されます。値を入力した場合は、構成されている既存の値では
なく新しい値が使用されます。
8
アップグレードではなく新規のインストールの場合は、値を入力しないとデフォルトで
localhostになります。インストールが完了した後、ソフトウェアを手動で構成してViewpoint
サーバーの場所を設定してから (40ページの「Teradata Viewpointサーバーの場所の構成」を
参照)、サービスを開始する必要があります。
9
ソフトウェアは次の場所にインストールされます。
/opt/teradata/client/14.00/cam/tdnotification
10 上記のインストール ディレクトリに対するシンボリック リンクが作成されます。
/opt/teradata/client/cam/tdnotification ->
/opt/teradata/client/14.00/cam/tdnotification
11 Viewpointサーバーの名前を指定した場合は、これでソフトウェアの構成は完了です。次の
コマンドを使用して起動できます。
/etc/init.d/tdnotification start
パッケージの削除
必要に応じて、Teradata Notification Serviceパッケージを手動でアンインストールできます。
パッケージをアンインストールするには、rpm –eコマンドを使用します。
rpm -e tdnotification1400
複数のバージョンのTeradata Notification Serviceパッケージがインストールされている場合、プ
ライマリ バージョンを削除すると、すべてのソフト リンクが1つ上のインストールされている
バージョンに切り替わります。
すべてのパッケージをアンインストールするには、インストールされているそれぞれの
tdnotificationパッケージに対してrpm –eコマンドを使用します。
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
39
第5章
Teradata Notification Service for Linuxのインストール
サービス ユーザー
tdnotificationインストール プロセスでは、"camuser" という名前の新しいユーザーが作成されま
す。デフォルトのホーム アカウントは/home/camuserです。ホーム アカウントを作成できない
場合は、ホーム アカウントなしでcamuserアカウントが作成されます。camuserアカウントは非
ログイン アカウントです。tdnotificationサービスは、"root" ユーザーとしてではなく、有効な
ユーザーID "camuser" で実行されます。
Teradata Viewpointサーバーの場所の構成
前述のインストール手順では、Teradata Viewpointサーバー名の入力を求められました。この手
順を完了していない場合やTDPutを使用してインストールを行った場合は、メッセージング
サービスおよびキャッシュ データベースの場所が含まれるように、Teradata Notification Service
for Linuxを手動で構成してください。
1
次のディレクトリが存在しない場合は作成します。
mkdir -p /etc/opt/teradata/cam
2
次のディレクトリに移動します。
cd /opt/teradata/client/cam/tdnotification/config
3
cam.properties.templateファイルを構成の格納場所にコピーします。
cp cam.properties.template /etc/opt/teradata/cam/cam.properties
4
cam.propertiesを編集し、cam.activemq.hostのエントリを探します。
#cam.activemq.host=localhost
5
コメント記号を削除して、tdactivemq-5.6.0.xx
rpmをインストールしたサーバーに
cam.activemq.hostを割り当てます。
cam.activemq.host=serverName
6
ファイルを保存して閉じます。
7
ファイルの所有者を変更します。
chown camuser:cam.properties
8
tdnotificationサービスを再起動します。
/etc/init.d/tdnotification restart
40
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
第5章
Teradata Notification Service for Linuxのインストール
Teradata Notification Service for Linuxの開始と
停止
Teradata Notification Serviceは、tdnotificationという名前のLinuxサービスとしてインストールさ
れます。デフォルト インストール手順では、システムの再起動時にサービスが自動的に開始す
るように構成されています。
/etc/init.dディレクトリにTeradata Notification Service for Linuxのinitスクリプトがあります。
initスクリプトは次のコマンド引数に対応しています。
•
start
サービスを開始します。サービスがすでに実行中の場合は、新しいインスタンスは開始し
ません。
•
stop
サービスを停止します。
•
restart
サービスを停止して開始します。
•
status
サービスが実行中かどうかを確認します。
たとえば、tdnotificationサービスを開始するには、次のように入力します。
/etc/init.d/tdnotification start
tdnotificationサービスを停止するには、次のように入力します。
/etc/init.d/tdnotification stop
tdnotificationサービスを再起動するには、次のように入力します。
/etc/init.d/tdnotification restart
tdnotificationサービスが実行中かどうかを確認するには、次のように入力します。
/etc/init.d/tdnotification status
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
41
第5章
Teradata Notification Service for Linuxのインストール
BTEQスクリプトおよび実行形式プログラムの実行
Teradata Notification Service for Linuxでは、BTEQと [プログラムを実行する] アラート アク
ションが実行されます。BTEQスクリプトおよび実行可能プログラムは、指定されたディレクト
リに保存する必要があります。
BTEQスクリプトおよびプログラムの保存先のディレクトリは、Teradata Notification Serviceの実
行中にこのサービスによって定期的にスキャンされます。ディレクトリに対する変更が見つか
ると、更新されたディレクトリの内容がアラート サービスに中継され、Viewpointサーバー上の
Teradata Alertsリポジトリが更新されます。Teradata Notification Service for Linuxがシャットダ
ウンすると、BTEQスクリプトとプログラムのリストをViewpointサーバー上で利用できなくな
ります。アップデートをViewpointサーバー上で表示するには、アラート サービスがViewpoint
サーバー上で実行している必要があります。
インストール時に次のディレクトリが作成され、アップグレード時にもそのまま使用されます。
システム管理者は、これらのディレクトリに対する適切な権限がtdnotificationサービスの有効な
ユーザーID "camuser" に設定されていることを確認する必要があります。
/opt/teradata/client/cam/sql
/opt/teradata/client/cam/usrcmd
インストール時に次のシンボリック リンクが作成されます。
/opt/teradata/client/14.00/cam/tdnotification/sql -> /opt/teradata/client/cam/sql
/opt/teradata/client/14.00/cam/tdnotification/usrcmd ->
/opt/teradata/client/cam/usrcmd
1
サーバーにrootユーザーとしてログインします。
2
BTEQスクリプトを次のディレクトリに保存します。
/opt/teradata/client/cam/tdnotfication/sql
3
BTEQスクリプトに744以上のファイル権限があることを確認します。
4
実行するプログラムを次のディレクトリに保存します。
/opt/teradata/client/cam/tdnotfication/usrcmd
5
42
プログラムに最低限755のファイル権限があることを確認します。
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
第5章
Teradata Notification Service for Linuxのインストール
Teradata Notification Serviceのアンインストール
次のコマンドを使用してソフトウェアを削除します。
rpm -e tdnotification1400
TVIロギングの構成
Teradata Notification Service for LinuxソフトウェアはTVIに対応しており、予期しないソフトウェ
ア エラーまたは重大なソフトウェア エラーが発生した場合に、TVIアラートまたはエラーをロ
グに記録します。Teradata Notification Service for Linuxは独立したLinuxサーバー上で実行されて
いるので、キュー テーブルからTVIに情報を送信するようにTVIロギングを構成する必要があり
ます。
Teradata Notification Service for LinuxのTVIロギングを有効にします。
1
Linuxサーバーにrootユーザーとしてログオンします。
2
次のディレクトリが存在しない場合は作成します。
mkdir –p /etc/opt/teradata/tvilogger
3
次のディレクトリに移動します。
cd /opt/teradata/client/cam/tdnotification/config
4
tvilogger.propertiesを次の場所にコピーします。
cp tvilogger.properties /etc/opt/teradata/tvilogger/tvilogger.properties
5
プロパティを編集します。
tvilogger.method=queuetable
tvilogger.host=<Teradata TDPID containing the queue table>
tvilogger.username=<Teradata user name>
tvilogger.password=<password>
6
tdnotificationサービスを再起動します。
/etc/init.d/tdnotification restart
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
43
第5章
Teradata Notification Service for Linuxのインストール
Teradata Viewpointのクラスタリング
Teradata Viewpointのクラスタリングは、システムに高可用性とスケーラビリティを提供します。
Teradata Viewpointのクラスタリングを使用するサイトでは、『Teradata Viewpoint構成ガイド』を
参考にしてください。
Teradata Notification Serviceは、Teradata Viewpointサーバー上のTeradata Viewpointキャッシュ
データベースおよびメッセージング サービスにアクセスします。Teradata Viewpointでは、
LinuxのTeradata Notification Serviceを複数実行することはできません。
Teradata Viewpointのクラスタリングを使用するサイトでは、Teradata Notification Service for
Linuxがクラスタ内でどのように構成するかを理解しておく必要があります。詳細は、51ページ
の「Teradata Notification Serviceのクラスタ構成」を参照してください。
44
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
第6章
Teradata AlertsおよびViewpointの
クラスタリング
この章では、Teradata Viewpointクラスタ内に構成されたTeradata Alertsがどのように動作するか
について説明します。サービスをクラスタ内で構成する方法、障害シナリオ、およびクラスタ
内でTeradata Notification Service (Windows および Linux)を構成する方法について詳細に説明し
ます。
Alertsクラスタの構成
Teradata Alertsクラスタの構成は次のとおりです。
•
2台のTeradata Viewpointサーバーが構成されます。
•
アクティブなメッセージング サービスは、ネットワーク構成を使用して両方のサーバー上
で実行します。
•
アクティブなアラート サービスは、クラスタ内の両方のサーバー上で実行します。
•
2番目のアラート サービスとメッセージング サービスは、アクティブなサービスに障害が発
生した場合に自動的に切り替わります。
注:
わかりやすくするため、Teradata Alertsクラスタ図ではTeradata Viewpointサーバーの
Teradata Viewpointコンポーネントは省略しています。
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
45
第6章
Teradata AlertsおよびViewpointのクラスタリング
図 3: Alerts クラスタの構成
障害シナリオ
アラート サービス障害(シナリオ1)
アラート サービスに障害が発生した場合、2番目のアラート サービスは次のように動作します。
•
リモート メッセージング サービスに送信されたメッセージを自動的に処理します。
•
アラート サービスに障害が発生したことを示すアラート例外を生成します。
障害が発生したアラート サービスを復元すると、アラート サービスは次のように動作します。
•
リモート アラート サービスがオンライン状態に回復したことを検出すると、メッセージ処
理への切り戻しを行います。
•
46
アラート サービスが復元されたことを示すアラート例外を生成します。
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
第6章
Teradata AlertsおよびViewpointのクラスタリング
図 4: アラート サービスの障害シナリオ
メッセージサービス障害 (シナリオ2)
メッセージング サービスに障害が発生すると、次の動作が発生します。
•
メッセージング サービスにメッセージを送信するクライアントは、2番目のメッセー
ジング サービスに自動的にリダイレクトされます。
•
アラート サービスは、メッセージング サービスへの接続が失敗したことを示すアラー
ト例外を生成します。
メッセージング サービスが復元されると、次の動作が発生します。
•
クライアントは、復元されたメッセージング サービスに自動的にリダイレクトされ
ます。
•
アラート サービスは、メッセージング サービスへの接続が復元されたことを示すア
ラート例外を生成します。
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
47
第6章
Teradata AlertsおよびViewpointのクラスタリング
図 5: メッセージング サービスの障害シナリオ
DCS障害(シナリオ3)
アクティブなDCSに障害が発生すると、スタンバイDCSが自動的にコントロールを取得し、ロー
カルのメッセージング サービスとの接続を確立します。スタンバイ サーバーのアラート サービ
スは、DCSによってローカルのメッセージング サービスに送信されたメッセージを処理します。
図 6: DCS の障害シナリオ
48
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
第6章
Teradata AlertsおよびViewpointのクラスタリング
キャッシュ データベース障害 (シナリオ4)
アクティブなキャッシュ データベースがダウンし、スタンバイ キャッシュ データベースの昇
格が発生すると、アラート サービスは新しいアクティブなデータベース キャッシュに自動的に
リダイレクトされます。
図 7: キャッシュ データベースの障害シナリオ
サーバー障害 (シナリオ5)
このフェイルオーバー シナリオは、上記の全シナリオが組み合わせられたものです。
すべてのコンポーネントは2番目のメッセージング サービスにリダイレクトされます。アラー
ト サービスは、アラートの処理を自動的に継続します。
注: 次の図では、スタンバイ キャッシュ データベースが昇格されていることを想定してい
ます。
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
49
第6章
Teradata AlertsおよびViewpointのクラスタリング
図 8: サーバー障害シナリオ
Teradata Alertsクラスタの構成
Teradata Viewpointがクラスタ化されている場合、Teradata Alertsコンポーネントがクラスタ内で
構成されています。Viewpointクラスタ構成以外の追加構成は必要ありません。クラスタ構成の
手順については、『Teradata Viewpoint構成ガイド』を参照してください。
障害通知
Teradata Alertsは、メッセージング サービスまたはアラート サービス障害が検知された場合に
アラート例外を生成するように構成することができます。アラート例外は、[アラート セット
アップ] ポートレットの [アラート例外] 画面ofに構成されます。コンポーネント障害のアラー
ト例外は、一般的なアラート例外です。
50
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
第6章
Teradata AlertsおよびViewpointのクラスタリング
Teradata Notification Serviceのクラスタ構成
WindowsでBTEQと [プログラムを実行する] アラート アクションを使用するには、Windows
サーバーにTeradata Notification Serviceをインストールする必要があります。詳細は、31ページ
の「Teradata Notification Service for Windowsのインストール」を参照してください。Teradata
Alertsクラスタでは、Teradata Notification Service for Windowsを複数実行することはできません。
LinuxでBTEQと [プログラムを実行する] アラート アクションを使用するには、Linuxサーバー
にTeradata Notification Serviceをインストールする必要があります。詳細は、37ページの
「Teradata Notification Service for Linuxのインストール」を参照してください。Teradata Alertsク
ラスタでは、Teradata Notification Service for Linuxを複数実行することはできません。
Teradata Notification Serviceは、Viewpointサーバー上のアクティブなデータベース キャッシュに
接続します。アクティブなキャッシュ データベースが昇格されると、サービスは自動的に新し
いアクティブ データベースに接続します。
Teradata Notification Serviceは、Viewpointサーバー上のメッセージング サービスに接続します。
Teradata Alertsメッセージング サービスに障害が発生すると、Teradata Notification Serviceは2番目
のメッセージング サービスに自動的に再接続します。メッセージング サービスが復元される
と、Teradata Notification Serviceは元のメッセージング サービスに再接続します。
以下のセクションでは、クラスタ構成を有効または無効にするために必要な手順について説明
します。
クラスタリングを有効にする
Viewpointクラスタが構成されているときにTeradata Notification Serviceが実行中の場合がありま
す。サービスは最初に、プライマリViewpointサーバーとなるサーバーに対する通知サービスと
して構成する必要があります。
Viewpointクラスタを構成した後、Viewpointサーバー上で実行するTeradata Alertsコンポーネント
は新しいクラスタ構成内で再起動します。Teradata Notification Serviceは、5分以内に構成変更を
自動検出し、サービスをクラスタ構成内で動作するように再構成します。
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
51
第6章
Teradata AlertsおよびViewpointのクラスタリング
クラスタリングを無効にする
Teradata Notification Serviceは、クラスタ構成の一部である2つのViewpointサーバーを認識しま
す。プライマリViewpointサーバーおよびセカンダリViewpointサーバーの初期状態は、サービス
によって維持されます。
Viewpointクラスタリングを無効にした後、Viewpointサーバー上で実行するTeradata Alertsコン
ポーネントは、2つのスタンドアローンViewpointサーバーとして再起動します。Teradata
Notification Serviceは、5分以内に構成変更を自動検出し、サービスを最初のプライマリViewpoint
サーバーに対するTeradata Notification Serviceとして再構成します。これが希望のTeradata Alerts
構成でない場合は、Viewpointサーバーの位置に基づいてサービスを手動で構成する必要があり
ます。Teradata Notification Service for Windowsの再構成方法の詳細は、33ページの「Teradata
Viewpointサーバーの場所の構成」を参照してください。Teradata Notification Service for Linuxの
再構成方法の詳細は、40ページの「Teradata Viewpointサーバーの場所の構成」を参照してくだ
さい。
Viewpointサーバーの交換
Teradata Notification Serviceは、クラスタ構成の一部である2つのViewpointサーバーを認識しま
す。プライマリViewpointサーバーおよびセカンダリViewpointサーバーの初期状態は、サービス
によって維持されます。いずれかのViewpointサーバーを交換する場合は、Teradata Notification
Serviceを、クラスタ内に残っているサーバーに接続するよう手動で再構成することが推奨され
ます。
Teradata Notification Service for Windowsの再構成方法の詳細は、33ページの「Teradata Viewpoint
サーバーの場所の構成」を参照してください。Teradata Notification Service for Linuxの再構成方
法の詳細は、40ページの「Teradata Viewpointサーバーの場所の構成」を参照してください。
Viewpointクラスタが再構成されると、Teradata Notification Serviceは、「クラスタリングを有効
にする」セクションに記述されているように自分自身を再構成します。
52
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
第7章
Teradata Alertsデータベースのバックアッ
プと復元
この章では、Teradata Alertsデータベースをバックアップおよび復元する方法について説明し
ます。
Teradata Alertsデータベースのバックアップ
Teradata Viewpoint Data Collection Service (DCS) は、Teradata Viewpointデータベースと共に
Teradata Alerts ("cam") データベースのスナップショット ダンプを毎日、自動的に作成します。
バックアップ プロセスは、[バックアップ] 管理ポートレットで管理できます。[バックアップ]
ポートレットについては、『Teradata Viewpoint構成ガイド』を参照してください。
Teradata Alertsデータベースの復元
Viewpoint 14.0以上で作成されたバックアップからTeradata Alerts ("cam") データベースを復元す
るには、次の手順を実行します。この手順で復元されるのはcamデータベースだけです。
Teradata Alertsデータベースと共にTeradata Viewpointデータベースを復元する方法については、
『Teradata Viewpoint構成ガイド』を参照してください。
Teradata Viewpoint 14.0以降では、アラート ログ データに対する増分バックアップが行われ、
バックアップ プロセス全体の速度が改善されます。
ログ データの増分が収集されるため、小さい規模のデータ パーティションを復元することもで
きます。具体的には次の復元を選択できます。
•
構成データ
Teradata Alertsの構成データを復元します。アラート ログ データは復元されません。このオ
プションでは、camデータベースが削除されて再度作成されます。
注意:このオプションでは、cam内のすべての収集データが削除され、新しいcamデータ
ベースが作成されます。
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
53
第7章
Teradata Alertsデータベースのバックアップと復元
•
現在のデータ
cam内の現在の週のアラート ログ データを復元します。過去の週のデータは復元されま
せん。
•
履歴データ
cam内の過去の週のアラート ログ データを復元します。現在の週のアラート ログ データは
無視されます。
•
すべて (デフォルト)
cam内のすべてのデータを復元します。このオプションでは、データベースが削除されて再
度作成されます。
クラスタ環境でバックアップを復元する場合、プライマリ サーバーでのみ次の復元手順を実行
してください。
1
すべてのTeradata Viewpointサーバー上のサービスを停止します。
2
Teradata Notification ServiceをWindowsサーバーまたはLinuxサーバー上で実行している場合
は、このサービスを停止します。
3
バックアップ ファイルがネットワーク ストレージ上にある場合は、次の手順を実行します。
a
リモート ホスト ディレクトリをTeradata Viewpointサーバーにマウントします。The
<remote directory> はバックアップのルート ディレクトリで、データベース ディレク
トリ (cam) が含まれている必要があります。
mkdir /data/restore
mount <remote host>:<remote directory> /data/restore
b
/etc/opt/teradata/cam/cam.propertiesファイルで、backup.dirプロパティの値を
/data/restoreに設定します。
c
/data/restore内のディレクトリとファイル権限の設定が、postgres Linuxユーザーから読
み取り可能な状態になっていることを確認します。
4
バックアップ ファイルがサードパーティ製アプリケーションのバックアップ サーバー上に
ある場合は、次の手順を実行します。
a Teradata Viewpointサーバー上にバックアップ サーバーのファイルを格納するためのディ
レクトリを作成します。
mkdir /data/restore
54
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
第7章
Teradata Alertsデータベースのバックアップと復元
b Teradata Viewpointサーバー上のこのディレクトリにバックアップ サーバーのファイルを
コピーします。このディレクトリには、データベース ディレクトリ (cam) が含まれてい
る必要があります。
c /etc/opt/teradata/cam/cam.propertiesファイルで、backup.dirプロパティの値を
/data/restoreに設定します。
d /data/restore内のディレクトリとファイル権限の設定が、postgres Linuxユーザーから
読み取り可能な状態になっていることを確認します。
5
復元スクリプトを実行します。
•
構成データ:
/opt/teradata/cam/alert/bin/camrestore.sh conf
•
現在のデータ:
/opt/teradata/cam/alert/bin/camrestore.sh curr
注:このオプションではcamデータベースおよびテーブルは作成されないため、このオ
プションの実行前に "conf" オプションを実行してデータベースを作成してください。
•
履歴データ:
/opt/teradata/cam/alert/bin/camrestore.sh hist
注:このオプションではcamデータベースおよびテーブルは作成されないため、このオ
プションの実行前に "conf" オプションを実行してデータベースを作成してください。
•
すべて (デフォルト):
/opt/teradata/cam/alert/bin/camrestore.sh
6
「RESTORATION OF ALERTS ON <server> COMPLETED SUCCESSFULLY!」というメッセージを
検索して、スクリプトが正常に完了したことを確認します。復元プロセスが失敗した場
合、正常終了を示すこのメッセージの代わりに、エラー メッセージが表示されます。復元
プロセスが失敗した場合、または何らかの方法で中断した場合、失敗の原因となった問
題を修正し、再度この手順を実行します。
7
バックアップ ファイルがネットワーク ストレージ上にある場合は、
/etc/opt/teradata/cam/cam.propertiesファイルを編集して、backup.dirプロパティの
値を/data/backupに戻します。
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
55
第7章
Teradata Alertsデータベースのバックアップと復元
8
Teradata Alertsの以前のバージョンからバックアップを生成した場合は、setupdb.shスクリプ
トを実行して14.01に対するcamリポジトリを更新します。
/opt/teradata/cam/alert/bin/setupdb.sh
9
Teradata Notification ServiceをWindowsサーバーまたはLinuxサーバー上で実行していた場合
は、このサービスを開始します。
10 すべてのTeradata Viewpointサーバーですべてのサービスを開始します。
Viewpoint 13.12以下からのTeradata Alertsデータ
ベースの復元
Viewpoint 13.12以下で作成されたバックアップからTeradata Alerts ("cam") データベースを復元す
るには、次の手順を実行します。この手順で復元されるのはcamデータベースだけです。
Teradata Alertsデータベースと共にTeradata Viewpointデータベースを復元する方法については、
『Teradata Viewpoint構成ガイド』を参照してください。
クラスタ環境でバックアップを復元する場合、プライマリ サーバーでのみ次の復元手順を実行
してください。
1
すべてのTeradata Viewpointサーバー上のサービスを停止します。
2
Teradata Notification ServiceをWindowsサーバーまたはLinuxサーバー上で実行している場合
は、このサービスを停止します。
3
バックアップ ファイルがネットワーク ストレージ上にある場合は、次の手順を実行し
ます。
a
リモート ホスト ディレクトリをTeradata Viewpointサーバーにマウントします。
<remote directory>はバックアップのルート ディレクトリで、データベース ディレク
トリ (cam) が含まれている必要があります。
mkdir /data/restore
mount <remote host>:<remote directory> /data/restore
b
/data/restore内のディレクトリとファイル権限の設定が、postgres Linuxユーザーから
読み取り可能な状態になっていることを確認します。
56
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
第7章
Teradata Alertsデータベースのバックアップと復元
4
バックアップ ファイルがサードパーティ製アプリケーションのバックアップ サーバー上に
ある場合は、次の手順を実行します。
a Teradata Viewpointサーバー上にバックアップ サーバーのファイルを格納するためのディ
レクトリを作成します。
mkdir /data/restore
b Teradata Viewpointサーバー上のこのディレクトリにバックアップ サーバーのファイルを
コピーします。このディレクトリには、データベース ディレクトリ (cam) が含まれてい
る必要があります。
c /data/restore内のディレクトリとファイル権限の設定が、postgres Linuxユーザーから読み
取り可能な状態になっていることを確認します。
5
データベース バックアップ ファイルがあるディレクトリに移動します
(cd /data/backup/camやcd /data/restore/camなど)。
6
以下のコマンドを入力します。
su postgres
dropdb cam
createdb cam
droplang pgplsql cam
pg_restore –d cam <バックアップ ファイル名>
7
setupdb.shスクリプトを実行して14.01に対するcamリポジトリを更新します。
/opt/teradata/cam/alert/bin/setupdb.sh
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
57
第7章
Teradata Alertsデータベースのバックアップと復元
58
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
第8章
過去のTeradata Alertsバージョンへのバッ
ク ダウン
Teradata Alertsのアップグレードによって望ましくない、または予期しなかった結果が生じた場
合、以下の手順を実行して、システムを過去にインストールされていたバージョンに戻すこと
ができます。
注:
この手順では、次のリリースに対するTeradata Alerts ("cam") データベースのみを以前
のバージョンに戻します。
a. Teradata Alerts 14.01以降からTeradata Alerts 14.01.00.00へ
b. Teradata Alerts 14.00.00.nnからTeradata Alertsの以前のリリースへ
Teradata Alerts 14.01.00.nnから14.00.00.nn以前のリリースにバック ダウンする方法につ
いては、『Teradata Viewpoint構成ガイド』を参照してください。
注意:
以前のバージョンのTeradata Alertsに戻す場合は、削除するバージョンを必要とするア
プリケーションもすべてバック ダウンされることを確認してください。
1
すべてのTeradata Viewpointサーバー上の全Teradata Alertsサービスを停止します。Teradata
Viewpointサービスも停止します。
/etc/init.d/dcs stop
/etc/init.d/tmsmonitor stop
/etc/init.d/viewpoint stop
/etc/init.d/camalert stop
/etc/init.d/tdactivemq stop
2
Teradata Notification ServiceをWindowsサーバー上で実行している場合は、このサービスを
停止します。
3
Teradata Notification ServiceをLinuxサーバー上で実行している場合は、tdnotificationサービ
スを停止します。
/etc/init.d/tdnotification stop
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
59
第8章
過去のTeradata Alertsバージョンへのバック ダウン
4
最後に成功した古いバージョンのTeradata Alertsデータベースのバックアップを復元します。
53ページの「Teradata Alertsデータベースの復元」の該当する手順に従って、データベース
の復元を完了します。
このプロセスの継続時間は、データベースのサイズによって異なります。クラスタ環境で
は、プライマリ データベース サーバーに対して復元を実行します。
5
Teradata Notification ServiceをWindowsサーバー上で実行している場合は、Teradata Notification
Serviceをアンインストールします。
6
Teradata Notification Service for LinuxをLinuxサーバー上で実行している場合は、
tdnotification1400パッケージをアンインストールします。
7
Teradata Alerts rpmを、すべてのTeradata Viewpointサーバーからアンインストールします。
28ページの「手動によるTeradata Alertsパッケージのアンインストール」セクションの手順
に従ってください。
8
Teradata Alerts RPMの古いバージョンを、すべてのTeradata Viewpointサーバーに再インス
トールします。この場合、そのバージョン用に提供されたアップグレード スクリプトがあ
ればそれを使用します。
9
Teradata Notification ServiceがWindowsサーバーに現在インストールされている場合は、過去
のバージョンのTeradata Notification Service for Windowsをインストールして構成します。
a 現在のバージョンのusrcmdフォルダから過去のバージョンのusrcmdフォルダに、プログ
ラムを移動します。現在のusrcmdフォルダは次の場所にあります。
<インストール フォルダ>\Teradata\Client\<バージョン>\Teradata Notification
Service\usrcmd
b 現在のバージョンのsqlフォルダにあるBTEQスクリプトを、過去のバージョンのsql
フォルダに移動します。sqlフォルダは次の場所にあります。
<インストール フォルダ>\Teradata\Client\<バージョン>\Teradata Notification
Service\sql
c Teradata Notification Serviceの過去のバージョンをWindowsサーバー上で起動します。
10 Teradata Alerts 14.00.00.00より前のリリースにはTeradata Notification Service for Linuxは含まれ
ていないため、tdnotification rpmについてはインストールが必要な過去のバージョンはあり
ません。
60
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
第8章
過去のTeradata Alertsバージョンへのバック ダウン
11 すべてのTeradata Viewpointサーバーで過去のバージョンのTeradata Alertsサービスを開始し
ます。Teradata Viewpointサービスも開始します。
/etc/init.d/camactivemq start
/etc/init.d/camalert start
/etc/init.d/dcs start
/etc/init.d/tmsmonitor start
/etc/init.d/viewpoint start
12 13.03に戻す場合は、次のサービスも開始します。
/etc/init.d/camnotification start
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
61
第8章
過去のTeradata Alertsバージョンへのバック ダウン
62
Teradata Alertsインストールおよび構成ガイド、リリース14.01
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
17
File Size
744 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content