close

Enter

Log in using OpenID

「ガレオン」関東第1号店、第2号店出店について

embedDownload
PR RELEASE
平成 28 年 3 月 1 日
兵庫県加古郡稲美町
世界約 50 か国から直輸入した、こだわり食品を販売
「ガレオン」関東第1号店、第2号店を続々出店
株式会社神戸物産(本社:兵庫県加古郡稲美町)は、輸入食品店「ガレオン」の関東第1号
店「ガレオン元住吉店」
(川崎市中原区)を平成 27 年 12 月 17 日(木)にオープンし、関東第
2号店となる「ガレオンクイーンズスクエア横浜店」
(横浜市西区)を平成 28 年 3 月 24 日(木)
にオープンいたします。
神戸物産は業務スーパーをフランチャイズ本部として全国に 720 店舗以上運営しており、そ
のスケールメリットや独自の貿易ノウハウを活かし、世界約 50 か国から様々な食品を直輸入
しております。
「ガレオン」では、各国から直輸入した「世界の本物」の食品を中心に、魅力
のある様々なこだわり食品を販売しております。
元住吉店、クイーンズスクエア横浜店は直営店として運営いたしますが、今後はフランチャ
イズによって出店ペースを加速させていく計画です。すでに複数の企業様から出店のご要望も
いただいておりますが、直営店にてフランチャイズシステムの構築が出来次第、フランチャイ
ズ第 1 号店をオープンする予定となっております。
今後はフランチャイズ方式で関東を中心に店舗拡大を進め、3 年後の平成 30 年度までに
100 店舗を目指してまいります。
業務スーパーよりも小型店舗である「ガレオン」は、業務スーパーでは出店しにくいモール
内や駅ナカなどへの出店も可能で、「ガレオン」の店舗数を拡大することで、業務スーパーと
は異なる地域、客層へのアプローチが可能になると考えております。
ガレオン元住吉店
店舗写真
■バイヤーこだわりの「魅力ある商品」をお届け
店名の「ガレオン」は、16 世紀半ばから 18 世紀に大型商船として世界中を航海し、活躍し
た帆船の型式「ガレオン」に由来し、当店ではその帆船のように世界の名物や魅力的な食品を
お客様にお届けしております。
一例として、オランダ産ストロープワッフル、ドイツ産チーズ、ベルギー産チョコレート、
イタリア産バルサミコ酢、アジア各国の本場の調味料など、世界各国から直輸入した「世界の
本物」の食品を多数取り揃えております。
また、神戸物産は国内に自社食品加工工場を多数所有しており、その中の一つである珈琲ま
め工房株式会社(兵庫県姫路市)で焙煎したこだわりの珈琲豆を販売するなど、直輸入食品以
外にも神戸物産グループでしか提供できないオリジナル食品を販売しております。
現在、元住吉店では他社では購入できない直輸入食品や自社食品加工工場のプライベートブ
ランド商品が売上の約半分を占めております。
ガレオン元住吉店
店内陳列写真
店内は帆船のイメージと木質調のナチュラルさを融合させ、アンティークさも感じるオシャ
レな装飾で、ゆっくりとお買い物をお楽しみいただけるお店となっております。
ガレオン元住吉店
輸入お菓子の詰め放題コーナーは、お子様だけではなく幅広いお客様に人気です。
■店舗概要
ガレオン元住吉店
所
在
地
神奈川県川崎市中原区木月 3-17-14
店
舗
面
積
31.8 坪
運
営
形
態
直営店
ア イ テ ム 数
約 1,400 品
オ ー プ ン 日
平成 27 年 12 月 17 日(木)
嵯峨野ビル 1F
クイーンズスクエア横浜店
所
在
地
神奈川県横浜市西区みなとみらい 2 丁目 3 番
店
舗
面
積
33.28 坪
運
営
形
態
直営店
ア イ テ ム 数
約 1,500 品
オ ー プ ン 日
平成 28 年 3 月 24 日(木)予定
ブランドターゲット
輸入食品に興味があり、“食”にこだわっておられる方
内観写真
■神戸物産について
昭和 60 年 11 月 6 日設立。資本金 6,400 万円。東証一部上場。
業務スーパーをフランチャイズ本部として全国に 720 店舗以上を展開。国内外で農場や自社
食品工場を持ち、六次産業を推進している。また自社輸入にも力を入れており、現在では世界
約 50 か国から年間約 1 万本(20 フィート換算)のコンテナを輸入している。外食事業にも進
出しており、フランチャイズ本部として「神戸クックワールドビュッフェ」などのビュッフェ
レストランを運営する他、グループ会社のジー・コミュニケーショングループも、全国で約 800
店舗の外食事業も行う。その他、メガソーラーなどのエコ再生エネルギー事業も行い、今後は
地熱発電や、地熱を活用した観光事業なども計画。
■本件に関するお問い合わせ先
株式会社神戸物産 経営企画部門 IR・広報担当
花房 ・ 西塚 (直通 TEL 079-496-6623、FAX 079-454-2300)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
804 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content