close

Enter

Log in using OpenID

ベニシアに会いに!ハーブを識る旅 in 鹿児島

embedDownload
ベニシアに会いに!ハーブを識る旅 in 鹿児島
~ 1泊2日 ~
11月22日(火)に鹿児島市で行われる『自然と調和して暮らす』ベニシア・スタンリー・スミス講演会
と指宿市にて日本初のハーブ園の園長、宮崎泰さんのお話しを伺う旅。
日程: 2011年11月22日(火)~11月23日(水)
集合場所:JR小倉駅 ※参加確定者にご集合案内をお渡しします。
参加料 : 39,800円(事前振込み)
定員: 20名様限定
参加締切: 満席になり次第募集終了いたします。
●日 程
1日目:JR小倉駅(8:00)=八幡IC=(九州自動車道)=鹿児島(13:00)=昼食は桜島を観ながらランチ=
☆ベニシアさん講演(18:00-20:00)=夕食は各自~鹿児島東急ホテル(泊)
2日目:ホテルにて朝食(9:30)=指宿=開聞山麓香料園(☆宮崎泰さんによる園内ガイドとお話しと園内の
喫茶にてハーブの味と香りが楽しめるランチを(13:00)=(九州自動車道)=JR小倉駅(19:00頃)
※含まれるもの : バス代金(小倉~鹿児島往復)、宿泊1泊朝食付、昼食2回
※含まれないもの : 1日目夕食、個人的な費用
(☆鹿児島で人気の郷土料理の居酒屋を予約しております。<希望者/飲み放題@3500>)
「ベニシアに会いに!ハーブを識る旅 in 鹿児島」 参加申込書
お名前
ご住所
連絡先
性別: 男・女
〒
TEL
年齢 歳
参加人数 名
FAX
※ お電話、FAX、E-mailにてお申し込みください。(満席になり次第締め切ります)
※ 参加費は事前に銀行振込にてお支払いください。(お取消しの規定をお知らせいたします)
●ベニシア・スタンリー・スミス(プロフィール)
ベニシアインターナショナル代表でハーブ研究家のベニシア・スタンリースミスは1950年ロンドンで生まれました。
生家はイギリスで貴族の館として知られるケドルストンホールです。ジャージー島やスペインやスイスで暮らした後、
10歳の時ヒースフィールドという寄宿舎制の女子校で学びました。
19歳のとき、人生の本当の意味と目的を知りたいという思いで、イギリスを離れてインドへと旅立ちました。
ベルギーからイスタンブールを経て、陸路インドに入った彼女は、ヒマラヤの麓にあるハリドワールという町に着きました。
そこはヒンズー教の重要な聖地であり、瞑想を教え多くの弟子を持つプレム・ラワット氏のアシュラム(瞑想道場)が
ありました。当時12歳であるプレム・ラワット氏の『真の幸せは、あなた自身の内側にあるのです。それを感じる実践的
な方法が瞑想です』という明晰な教えに感銘した彼女は、師のもとで瞑想を学び8ヶ月を過ごしました。
1971年、「もっと東へ向かわねば」と感じた彼女は師に別れを告げ、そして香港を経て船で鹿児島に到着しました。
東京や岡山で過ごした後、1978年に京都大学の近くに小さな英語学校を開きました。これが現在のベニシア英会話
学校です。
1996年には大原の古い民家へ移り住み、ハーブガーデンを作り始めました。またハーブやライフスタイルに関する記事
を雑誌や新聞に執筆し、広い分野の講演活動も行っています。
2002年にはNHK私のアイデアガーデニングコンテスト、ガーデニング部門で第1位を受賞しました。
2001年4月8日から2003年12月14日まで62回に亘り、京都新聞に「ベニシアの大原日記」を連載し、また2007年3月 「ベニシアのハーブ便り」-京都・大原の古民家暮らしを出版しました。
また、英会話やガーデニングのテレビ番組にも出演しています。
ベニシアの夫、梶山正は山岳写真家です。1984年、ヒマラヤ登山の後、自分の行き方を捜す為にインドを放浪し、帰国
後すぐに本格的なインド料理店DIDIを京都で始めました。
主に自然・山岳写真を専門とし、「ベニシアの大原日記」をはじめ、本HPの写真の多くも彼によるものです。
山岳雑誌に登山についての記事を連載し、登山ガイドブックなどの共著も多数あります。
●宮崎泰(みやざき やすし)プロフィール
開聞山麓香料園の園長。24歳で東京大学アンデス地帯学術調査団の団員としてペルーに渡る。
そこで故郷のものとは異なるハーブに出会う。それは香料としてのハーブではなく、食べるハーブであった。昭和16年
鹿児島県指宿市に開いたハーブ園は日本初となり、漫画家の手塚治虫もわざわざ足を運んだ。開園当初はローズ・
ゼラニュウムやレモングラスなど、数種類のハーブを栽培していたが、現在はその種類も300種を超えるという。当日
は、ツアー参加者のみの貸切りセミナーになります。
著書、「ハーブ・田園物語」、「ハーブ 育てる・食べる」。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
359 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content