薫はそのひとりご (イエス・キリスト) を 世につかわし

宣教子母【二Iキリスト教会
チャペル通信
2 0 1 2年7月発行 70号
日曜日.教会の礼拝に行ってみませんか?
信者でないと行ってはいけないと思っている方が多いようですがそんなことはありません。
礼拝では善美歌を歌い、祈りを捧げ、牧師が聖書の言葉を語ります。
受付で聖書や兼乗歌は借りられますし,献金その他何事も強制されることはありませんので・
安心していらしてください。子母口キリスト敦会では赤ちゃんからこども・高齢の方まで
みんな一括に礼拝をささげています。その後場所を分かれて聖書の学びをしますb
ぉ体の調子や小さいお子さんなどで礼拝堂でささげるのが難しい時は2階で音声による礼拝
榊世いこ はにのこ そっちに薪 のかを.斡 ひわ奪神聖 としさの暮
HV
■「HU
キリスト)を
その方によって 私たち(I
ど
イ エス
ました
私たちに示されたのです。
せ義ヨ てがハ く だ さ
lL/t
JI
手紙集-4霊9節 I
神さまはあなたを愛しておられます。神さまはあなた
をお造りになり、世に生まれさせてくださいましたo
あなたが意識していなくても、神さまは、あなたのす
もできますのでご心配なくおいでください。
※私たちの教会は、プロテスタントの教会で、エホ′くの証人(ものみの
塔)、統一協会、モルモン教とは一切関係ありません。
皆様のお越しをお待ちしています
〒213-0023 川崎市高津区子母口776
日本同盟基醤教団
電話・.044-766-8181 FAX: 0441766・2157
宣教子母口キリスト教会
Eメール: [email protected]
ホームページ: h托p://shlboKUChLdhurdh.jp
べてを知っておられ、あなたが今この世でどんな状態で
あっても愛していてくださいます。 そして、あなたの
ためにイエス・キリストを二千年前につかわしてくださ
り、私たちのために完全な救いのご計画を完了なさりま
定期集 案 (
した。
この、神さまの愛を知る時、私たちの人生は全く新し
く生まれ変わります。神さまの愛を知る時、恐れは吹き
飛びます。神さまの愛を知る時、希望があります。
神さまの愛は永遠に変わることがありません。
どうぞ、神さまの愛のことばである聖書から、まこ
との神さまを知り、神さまに愛され,神と隣人を愛する
すぼらしい人生を共に味わいませんか。
・.∴
牧師 小岩井信
_::-_i: I.':≡
)
I
●
Lんや(削、した ふくいんしよ L上=) せつ けノー)
)..☆ a.牢㌔譲.企i・..台も.
新約聖書ルカによる福音書2章1節から20節
(日本聖書刊行会 新改訳第3版 より)
f=すると、たちま
の天の軍勢が現れ
めのしるしです。」
ほあなたがたは、
れるみどりごを見つけます。
柑御使いは彼らに言った。 が回りを照らしたので、彼らはひどく
てんぐんぜいあらわ
9すると'主の使いが彼ちのところに来て、主の栄光
しながら羊の群れを見守っていた。
まわてかれ
みつかかれ
7男子の初子を産んだ。それで、布に-るんで、飼葉 ちて、
・L,んしういごうぬのかいー∫
からである。 おけに寝かせた。宿屋には彼らのいる場所がなかった
8さて、この土地に羊飼いたちが、野宿で夜番を
ひつじむみまも
占ところが、彼らがそこにいる間に、マリヤは月が満
5身重になっている いなずけの妻マリヤもいっしょ の家系であり血筋でもあったので、 ヘムというダビデの町へ上って行った。彼は、ダビデ
に登録するためであった。
と>フろく
みおもっま
4ヨセフもガリラヤの町ナザレから、ユダヤのベツレ
3それで、人々はみな'登録のために、それぞれ自分 初の住民透過丹あったoとうろく じぶん
の町に向かって行った。
し.1 じゆうみんと上ノろく
2これは、クレニオがシリヤの総督であったときの最
トから出た。
まちむ
かけいちすじ
で
ねやどやかればしょ
W仙叩
頭上どそそ始モ家ヵク
言LZL/ののま畜ミリ
しiLつかれきしゆえいこう
さな誕左様苦り小:ス
かれあい'L,つきみ
み
とちひつじかのじ砂-よばん
竿芸浩賃等写写
PrLL1ミ見みた、は
つ
布に-るまって飼葉お
てら,
・Nちのーどかれ
神霊そ
まち
ィく ねん
ころ'全世界の住民登録を
費え御み
美び使?)
たかと二i'
い絹空所に・翁如Htl
かみ
神にあるさうに。 言いい
島の主に.峯如.言L,?
。乙二三7,._一._,王t'jtFii._ o よ
御心にtp等う^々に
これが、
J・ミ
ちょ-れい こネノてい
恐れること鯵あり手せん。
そうとく卓い
たみぜんたい
かいば
今∴私惨1 幽
恐掌
雲霞塾皇考等苧知らせに
よち
たに をたのです。今E]タヒ亨の町で
すくぬし
れた。
雷撃ね赴凹地圭壁
多宝 買雲脚塵。
く この方こと生別ストでれ
あるJ;うに。
はなしかみき.<乙
って行った。 話のとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰 2 。羊飼いたちは、
LX I+< 男の子であること
るかなど何首年も前
という勅令が、皇帝アウグス
を の
おどろ
て、思いを巡らしていた。 19しかしマリヤは、これらのことをすべて心に納め 驚いた。 18それを聞いた人たちはみな、羊飼いの話したことに 告げられたことを知らせた。 つし 17それを見たとき、羊飼いたちは、この幼子について
柑そして急い
に寝ておられるみどりごとを捜し当てた。
ひつじか
て来よう。」
て た15
、ち 御み
ねさガ轟
主L.は使宗
おもめぐ
が互糾ゝ
さひとひつじかはな
いそ
みひつじかおさなご
私い た
たにち
で
:t享.隼1
行って'マリヤとヨセフと、飼葉おけ
警し讐墓
見聞きしたことが、全部御使いのみきぜんぶみつか
せた離婆
てoれ
.Ai きんぴ かえ
さが あ
:-: :.::
つ 帰窒
ベツレヘムに行っ つ
たこの出来事を見
たとき、羊飼い
できごとみ
こころ おき
かいば
ひつじか
せん せかい'.・l hi:うみんとうろく
謹みまT)よう。また、
永遠のベストセ