close

Enter

Log in using OpenID

(7)実質公債費比率(分子)の構造(市町村)

embedDownload
(7)実質公債費比率(分子)の構造(市町村)
平成25年度
栃木県壬生町
(百万円)
1,800
1,600
1,400
1,200
1,000
800
600
400
200
0
元
利
償
還
金
等
算
入
公
債
費
等
元
利
償
還
金
等
H21
算
入
公
債
費
等
元
利
償
還
金
等
算
入
公
債
費
等
H22
元
利
償
還
金
等
算
入
公
債
費
等
H23
H24
元
利
償
還
金
等
算
入
公
債
費
等
H25
(百万円)
年度
分子の構造
元利償還金
元利償還金等(A)
H21
H22
H23
H24
分析欄
H25
900
922
899
928
836
減債基金積立不足算定額
-
-
-
-
-
満期一括償還地方債に係る年度割相当額
-
-
-
-
-
公営企業債の元利償還金に対する繰入金
555
660
672
729
694
28
28
28
26
26
債務負担行為に基づく支出額
-
-
-
-
-
一時借入金の利子
-
-
-
-
-
1,327
1,351
1,352
1,242
1,134
156
259
247
441
422
組合等が起こした地方債の元利償還金に対する負担金等
算入公債費等(B)
算入公債費等
(A)-(B)
実質公債費比率の分子
※平成26年度中に市町村合併した団体で、合併前の団体ごとの決算に基づく実質公債費比率を算出していない団体については、グラフを表記しない。
1/1
元利償還金については、一般廃棄物処理事
業債の償還が完了したこと等により、前年度
と比較して92百万円の減となった。公営企業
債の元利償還金に対する繰入金等について
は、ほぼ同程度で推移している。
また、交付税措置率の高い起債を優先的に
活用していることもあり、算入公債費等も高
い水準となっており、引き続き健全財政を堅
持している。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
90 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content