close

Enter

Log in using OpenID

ベランダチャンファーP

embedDownload
ベランダチャンファーP
ベランダ側溝型枠材
施工方法
①下図のように、桟木に本材を二段釘等で打ちつけてくださ
い。
②コンクリート打設後、釘を必ず抜いてから、本材を取り外
し型枠を解体してください。
※バールで強くこじらないでください。
※小口はジョイント材を使用してください。
二段釘
入数
コード
ベランダチャンファーP H40
品 名
全長(m) 高さH
2
40
15
483312100
ベランダチャンファーP H30
2
30
25
483312300
ベランダ
チャンファーP
40
10
特 長
60
40
100
●材質が塩ビのため、ソリやねじれが全く無く、きれいに脱
型できますので、設計通りにコンクリートが仕上がります。
●コンクリート硬化後、ベランダ側溝の傾斜部や角部のハツ
リ工事が全くいりません。
●10回以上の転用使用が可能ですので、1回当りの単価が
非常に安くなります。
●中空材のため、軽量で持運びが楽です。
●必要に応じ丸ノコで切断する事もできます。切断されたも
のは、付属のジョイント材で簡単に連結できます。
●ご指定により曲がり側溝用も、特別加工いたします。
標準仕上がり寸法図
目違いが出ません。
100
40
サイズ
イ
●欠込幅100mm以上の場合、合板等 を取付けます。
ロ
●欠込深さ40mm以上の場合、バックアップ材 を貼ります。
●小口は、ジョイント材を使用します。
R・ジョイント材と釘サイズ
R役物(自在)
40
40
ジョイント材
二 段 釘
ポリエチレンホーム15倍 褄=1000
45
40
30
φ2.8
30
60
40
(30)=H
イ
30
ロ
ポリエチレン15倍
25
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
11
File Size
735 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content