close

Enter

Log in using OpenID

PDF - Pegasystems

embedDownload
PEGA MARKETING
カスタマーセントリックなマーケティングにより、お客様にとって最適なオファーを行うと同時に企業の収益
を最大化します。
概略
すべてのチャネルでお客様に最適なカスタマー・エクスペリエンスを提供
主な課題
Pega Marketing を利用することで、更に効果的で、
より高い ROI (投資利益率) を実現しま
デジタルの世界で情報発信ができる今日で
す。Pega Marketing は洗練された分析機能とビジネスルールをリアルタイムで活用し、予測洞察
は、お客様はかつてない程の影響力を持って
います。お客様は企業に期待しています。–お
力を持ってそれぞれのお客様との関わりを都度評価します。お客様の行動や、やり取りに対する
分析や評価によって、設定したビジネスゴールとのバランスを取り、適切でもっとも関連性のある
客様は、すべてのチャネルで関連性があり、信
アクション、提案、
コンテンツ、チャネルを動的に推奨します。
頼できる一貫性のあるセールスメッセージや
自己学習の機能により、お客様の行動や、顧客応対を連続的に学習し、お客様へのオファーを毎
オファーを期待しています。
しかし大規模な組
回適切なものに調整します。常にマニュアルの確認や煩雑なデータ分析をすることなく、お客様
織では、マーケティングの制限やお客様層の
の行動や市場の変化に合ったマーケティングを自動的に行うことができます。
幅の広さから、効率的に利益を得ながらこれ
らを実現することは難しくなっています。
ペガの統合されたマーケティングプラットフォームを利用することにより、オムニチャネルのマー
ケティング戦略を簡単に具現化し、キャンペーンの設計、実行、測定、修正のPDCAサイクルを迅
速に実行します。個々のお客様への最適なオファーとビジネスの目的の間のバランスを取り、顧
ペガのソリューション
客満足度を高め、企業にとっての利益性を向上させます。お客様とのすべてのやり取りを活用し、
Pega Marketing は、お客様の期待と企業側
お客様を理解した上で、お客様とより積極的に関わり、信頼を高め、顧客価値を向上させます。
がビジネスで達成しようとしていることのバラ
ƒƒ 顧客価値の最大化-お客様の行動ややり取りを通じて、お客様の価値に焦点を当てます-
ンスを取ることで、お客様の価値をもっとも高
めることが可能です。
Pega Marketing はカスタマーセントリックな
お客様の購買単価を高め、
クロスセル・アップセルを推進し、それぞれのお客様の価値を最
大化します。
ƒƒ お客様のニーズに即した顧客コンタクト-常に個々のお客様のニーズや購買背景に基づき、
インタラクションを提供し、お客様が体験する
お客様との接点を設けます。お客様からの信頼は、それぞれのお客様のニーズや背景に対し
購買の過程において、
より良い関係性の構築
て一貫性のあるオムニチャネル通信を元に築かれます。
と個々のお客様に最適なメッセージの配信を
行います。
ƒƒ 売上高と収益の拡大-お客様の購買力に対して、
どのような商品が最適で収益を最大化でき
るか、
その際のリスクが何かをペガのディシジョニングを用いて判断し、お客様への最適なネ
クスト・ベスト・アクションを決定します。
ƒƒ 迅速なマーケティング分析と最適化-異なる種類のマーケティングシステムモデルに対して、
シミュレーションとテストを行い、最適なマーケティング戦略を容易にかつ迅速に作成するこ
あらゆる業界でPEGA
MARKETING を活用した企業は
下記の成果を収めています。
とができます。
ƒƒ リアルタイムの1対1のコミュニケーションでお客様に応える-ペガのソリューションはリアル
タイムのシステムからのイベントを把握し、あらゆるマーケティング戦略を元に、最適なアク
ションを実行します。
ƒƒ 購入率が300%向上
ƒƒ マーケティング効果が180%増加
ƒƒ 収益が30%増加
ƒƒ リテンション率が5ポイント増加
www.pega.com
PEGA MARKETING
ペガの優位性
顧客価値の最大化
ƒƒ インバウンドおよびアウトバウンドチャネルを通じて、顧客接点の
機会をより多く持ち、積極的な顧客獲得、
クロスセル・アップセル、販
売単価の向上、
リテンション、顧客離反を抑制することで収益を最
大にします。
ƒƒ マーケティング担当者はチャネル横断型のマーケティング戦略を作
成し、お客様のこれまでの行動履歴や顧客属性を連続的に分析し、
顧客プロファイリングを行い、既存顧客や見込み顧客それぞれに対
する最適な提案、特別なサービス、顧客接点として最適な時間とチ
ャネルを決定します。
ƒƒ ネクスト・ベスト・アクションのアプローチは、お客様の希望と企業
がビジネスで達成しようとしていることについて最適なバランスを
提供します。それぞれのお客様に対する毎回のオファーが、企業に
とってもWin-Winの関係になるように意思決定するのです。
ƒƒ マーケティング戦略や、商品、
リスク、予算、実際のオペレーションな
ど、ビジネスが持つ制限や制約に対して柔軟に対応します。
お客様を理解した顧客接点の推進
ƒƒ ペガのビジュアライズされた予測分析機能を活用し、簡単により正
しい変数とプロファイルを選択し、お客様の行動や時間の経過に伴
ƒƒ またペガは、モバイル、Eメール、郵便、
ソーシャルメディアなどの複
数のチャネルに対して、意思決定する機能を持っています。
さらに
マーケティング担当者は、マーケティングテンプレートを利用し効
果的なインバウンドおよびアウトバウンドのマーケティング戦略を
開発することが可能です。
既存資産を活用したオムニチャネル基盤の実現
ƒƒ 既存のマーケティングに関するシステムやインフラと、オムニチャ
ネル・ハブとなるペガとを連携することで、オムニチャネルアプロー
チを実現し、既存の投資を活用します。
ƒƒ ビジュアルレポートダッシュボードを使用して、チャネル、セグメン
ト、製品等のあらゆる要素でマーケティグ実行状況や効果を把握し
ます。
ƒƒ テストシナリオとシミュレーション結果を用いることで、将来のマー
ケティング予測を立て、実際に実行に移す前に正しい判断を下すこ
とができます。
ƒƒ ビジネスの変化に対応する自己学習機能-Pega Marketing は機
械学習アルゴリズムを備えており、マーケティング担当者がデータ
の専門家を必要とする時間を最低限に抑えたうえで、継続的に顧客
戦略を立案し続けられるようにします。
うネクスト・ベスト・アクションを動的に変化させます。
ƒƒ 位置情報の活用としては、
ジオフェンストリガーで定義づけられ
た位置情報に関連する提案を作成し、モバイルチャネル (Apple
Passbook™) を通じてセールスオファーやクーポン等を提供しƒ
ます。
大局的な視点から、マーケティングを理解-顧客
生涯価値、
リスク、人口統計、傾向、
およびセグメント
2014 - 12 CI
詳細については、ペガジャパン担当営業にお問い合わせいただくか、ホームページ(www.pega.com/jp)、
またはEメール
([email protected])にてお問い合わせください。© Copyright 2014 Pegasystems.All rights reserved.
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
474 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content