close

Enter

Log in using OpenID

第2回 (PDF:250.73 KB )

embedDownload
平成25年6月
~男も女も暮らしやすく~
連載第 2 回
クイズ「有能な外科医」
有能な外科医がいるA病院に、救急車で重症患者が運ばれてきました。
緊急手術を行うため外科医が手術室に入ると、患者はなんと自分の子どもでした。
手術は無事成功。患者は一命を取り止めました。
翌日、見舞いに来た客が「一生懸命手術をなさったおかげで、息子さんが助かっ
てよかったですね。」と病室にいた父親に声をかけると
「いいえ、私は手術をしていませんよ。」と答えました。
さて、なぜでしょう?
クイズの答え
「有能な外科医は『母親』だったからです」
あなたは、
「有能」
「外科医」というキーワードから、無意識に男性をイメージしませんでした
か?私たちは知らず知らずのうちに、このような「思いこみ」に縛られていることがあります。
学校種類別進学 率の推移
60
傾向にありますが、まだま
だ男性の進学率の方が高く
50
40
大学{男子)
30
大学{女子)
20
大学院{男子)
10
大学院{女子)
23
18
13
8
平成 3
61
56
51
46
昭和 41
0
進学率は、男女ともに上昇
短大{女子)
なっています。
(出典:内閣府
平成 24 年
版「男女共同参画白書」
)
日本の女性研究者の割合は、13.8%に
研究者に占める女性の割合
とどまっており、他の先進諸国に比べて低
41.7
38.1
37.9
34.3
33.8
26.9
24.9
ロシア
スペイン
イギリス
アメリカ
イタリア
フランス
ドイツ
韓国
日本
くなっています。
(出典:内閣府
平成 24 年版「男女共同参
画白書」
)
15.6
13.8
0
20
40
60
「男だから」
「女だから」
・・・といった固定的な意識にとらわれず、自分らしくいきいきと暮
らせる社会。私たちのまわりは、そんな社会になっているでしょうか?
平成25年度「男女共同参画週間」の啓発キャッチフレーズが全国多数の応募から
【紅一点じゃ、足りない。】に決まりました。女性も男性も共に、様々な分野で活躍でき
るといいですね。
6 月 23 日から 29 日の 1 週間は「男⼥共同参画週間」です。
この機会にあなたのまわりについて考えてみましょう。
企画財政課
電話
22-6825
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
67
File Size
245 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content