close

Enter

Log in using OpenID

道徳だより

embedDownload
道徳だより
◆
No.8
平成25年12月20日
長崎県立宇久高等学校
ランドセル 幼い頃の長靴や傘、服の色を聞きました
ランドセルについては・・・
男子・・ほとんど黒
他に青
紺
緑
女子・・ほとんど赤
他に朱
ローズ 赤紫
・男だからランドセルは黒
・ランドセルは男女の区別をはっきりするため。
・その色が好きだったから。
・理由は特にない。何とも思わない。
・親が買ってくれたから
・男は黒や青などを身につけることが一般的なイメージとなっていたから。
・女子は大体赤だと思っていたから。別に赤じゃなくても良かったんだなと今になって思う。
◆「あっていいちがい」と「あってはいけないちがい」
「あっていいちがい」
男女共に意見が多かったのは・・・
体育祭で男子は200m 女子は100mを走る
・男女では体つき、体力に違いがあるから
・男子のほうが女子よりスタミナ・スピードがあるから
女子は子どもを産めるが男子は産めない
・体のつくりが違うのでしかたがない
・子どもを産めるのは女性だけ
体つきであったり、生理的なちがいなど人間が本来違って持って生まれたものですね。
中にはこのような意見もありましたがどう思いますか。
結婚によって姓を変えるのは圧倒的に女性が多い
・女が男の家にもらわれていくのだから、男性の姓に変えてよい。(女子)
結婚して仕事を辞める女性が多い
・育児は大変なので辞めてもいいと思う(女子)
「あってはいけないちがい」
男女共に多数の意見が出たのは、
男の子の誕生は盛大に、女の子の誕生はこじんまり
・子どもなんだから同じように祝うべき
給料の格差
・同じに働いているのだから、不公平である
差別につながるものとして、「いけない」と答える人が多かったようです。
意見が分かれたものがありました
洗濯の手伝い とも子さんはするが、兄はしない
「あっていい」
・家庭の事情なのでいいと思う(女子)
・その家によって自由だから、兄がしなくても別にかま
わないと思う。(男子)
「あってはいけない」
・女の人だけして男がしないというのは不平等だから(男子)
・男子でも手伝いはしないといけない(男子)
・手伝いは誰にもできることだから(女子)
・今の時代は男も家事をしないといけない(女子)
・家事=女の仕事というイメージをほとんどの人がもっていると思うがそうとは限ら
ない(女子)
◆ジェンダーについて思うこと
男子と女子で、少し現状や捉え方、感じ方が違ったので、ここでは男女別に感想を掲載します。
男子
〇男だという理由で家事をしていなかった
〇家で「男の子らしくしなさい」と言われるけど「らしさ」って意味がわからなくなることがある。
女の人でも力仕事が得意だったり男性が不得意だったりもする。それは、個性だと思う。
〇自分は、「男(女)はこうあるべき」という考えを持つことを否定しない。そういった考えを持
つことで、他者へ優しくできたり自分自身を成長させることができることもあると思うからだ。
〇長い歴史の中で作られたものなので、無くそうとするのは長い年月がかかると思う。
女子
〇自分はよく「女の子のくせに」と言われていました。男と女は身体や体力面で違うことはありま
すが、共通の部分も多いと思います。性格もそれぞれで男と女で区別するのはおかしいと思いま
す。
〇振り返ってみると自分も、
「男だから・・・」
「女だから・・・」といったことがあるような気が
します。意識しないうちに差別してたのかなと思いました。
〇「お前は女だから手伝いをしろ」と言われてきましたが、今の私は反論します。「女だから」と
いう枠に閉じ込められるのは嫌です。だから男に負けない努力をして同じラインに立てるように女
が頑張ればいいと思います。私は「女だから」という言葉を言わせないようにしたいです。
〇私の家でも、弟は家事を何もしないのに私は毎日している。母は弟には何も言わないが、男女関
係ないと思う時がある。
本来持っている性差と、あとから型作られた「らしさ」とは明らかに違います。男(女)だから
など、思い込みによって、人が傷ついたり不快な感じをもったり、またそれが差別につながるよう
なことではいけないと思います。一人ひとりの個性的なあり方、生き方を尊重する姿勢をもってお
きたいものです。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
70
File Size
199 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content