close

Enter

Log in using OpenID

地域を描く、素敵な公務員 ―地域情報を可視化し政策に活かす―

embedDownload
CUC 公開講座 in 丸の内 2015
第1回
5 月 16 日(土)
地域を描く、素敵な公務員 ―地域情報を可視化し政策に活かす―
平原隆史 教授(数理社会学)
杉田このみ 助教(映像表現)
渕元哲 助教(経済社会学、公共政策学)
【講座概要】
今回の講座のキーポイントは、地域の潜在的な情報を可視化・顕在化し、それをどのよ
うに活かすかと言うことにあります。
特に経済成長が鈍化した今日の先進国では、「官」がすべての公共サービスを提供するこ
とが困難になってきており、そのために、地域社会に一定の役割を発揮してもらうことが
期待されています。また「ニュー・パブリック・マネジメント」という言葉に示されるよ
うに公共部門が情報公開をし、民間のように費用や便益に注意し、説明責任を行うことを
要請されてもいます。その上、先進国では福祉社会が普通のことになり、公共サービスへ
の期待は広がり、公務員の仕事は拡がる一方で、公共部門への支出は厳しくなるという矛
盾に対応しなくてはなりません。
こうした状況に対応するために、わが国でも「協働」や「パートナーシップ」と呼ばれ
る、行政サービスの実行というだけでなく企画・立案についても、地元住民や企業といっ
た「民」が関与するような試みがなされています。しかし、各省庁も各自治体もいまだ手
探りの状況で十分に対応しきれていません。
そこで今回の講座では、この地域にある潜在的な情報の政策への利用という観点から公
務員と民間の「協働」を掘り下げていきます。
情報提供に関しては、意外な地域のビックデータ的な情報の掘り起こし方、住民の何気
ない記録が産む地域情報の利用の可能性を追求します。そして最終的にはこうした取り組
みの成功例・失敗例を挙げながら、
「協働」の下における公務員の役割について、皆さんと
考えていこうと思います。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
76 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content