close

Enter

Log in using OpenID

告 書

embedDownload
書
告
侵
幸
曜
禾
用
課
題
名
熱 最 」
乙場 に お け る相 構 造 の 研'ラ
ヒ
(英 文i)
利川 者名
横田
浩(教 養 部
⊥
功教 授)
研 究 目 的 ・内 容
熱QCD/QEI)の
温 度 ・密 度 に 依 存 す る 相 構 造 や 相 転 移 の 研'先 は!'1!論 ・実 験 の 両 面 か ら ・
貢要 で あ
る 。 こ こ で は 、 解 析 的 分 析 がIIJ能 で 、 か っ 先 行 す る 多 く の 分 析 結 果 と 比 較 検 討 がコ」 能 なDysOl1Schwillger(1)S)方
程 ∫隻に よ る 処 方 を111い て カ イ ラ ノ
レ対 称 性(フ
ェ ル ミ オ ン の 質 量 と 関 係 す る)
の 破 れ と 回 復 の 機 構 に つ い て 調 べ る/,
2.研
究 方 法 ・計 算 方 法
先 に 求 め た 物 理 質 量 Σ 、に 対 す るDS方
程 式 をlf1い て 、 解 析 的 計 算 お よ びFORTRANに
計 算 をi-_い な が ら相 転 移 の 機 構 の 分 析 を 行 う、,こ の と き 、1)ゲ
方 程 式 に な る。 如 何 に 、 「適 切 な 」近 似 を 行 って 解 析 す る か 、
、2)熱
は 、 通 常 川 い ら れ る1adder近
場(有
限温度の上
易)に
似 は 良 い 近 似 で は な い 。 そ こ で 、 硬 熱 ル ー フ 近 似 を ケLジ
伝 播 関 数 と と も に 頂 点 関 数 に も 月JいてDS方
よ る数 値
ー ジ ボ ソ ンの 真 空 偏 極IIと の 連 、
γ1
おいて
ボ ソ ンの
程 式 の 分 析 を 行 う,、な ど に 注 意 し な が ら、 検 討 をil-_1う
必 要 が あ る 。 しか しな が ら 、 実 際 の 詩 算 で は 、 い き な り ヒ記 の 分 析 をi1-_1う
の は困 難 で あ るの で 、 本
年 度 は 、1adder近
似 を 川 い て 、 そ の ゲ ー ジ 依 存 性 に 関 す る 分 析 をlil心 に,}i▲
算 を 実 行 す る。 計 算 か
ら優 位 の 結 果 を 得 る た め に は 、 官 効 ホ テ ン シ ャ ル を 考 慮 す る 必 要 が あ る 、 こ の た め 実 時 間 形 式 で の
有 効 ポ テ ン シ ャ ル を 求 め 、 そ れ を 組 み 込 ん だ フ ロ グ ラ ム を 作 成 し実 行 す る 。
3.研
究成果
解 析 的 な ら び に 数 値 的 解 析 を 実 行lilで あ る 。 特 に 、 数 値 的 解 析 の た め 、FORTRANに
グ ラ ム を 作 成 し、 評 算 中 で あ る 。 こ れ ま で は 、1alldauゲ
ー ジで の 結 果で あ った が 、 他 の ゲ ー ジで
の 振 る 舞 い を 調 べ た 結 果 、 ゲ ー ジ 依 存 性 が 強 い こ と が わ か っ た 。 そ こ で 、 現 在 、Ward恒
矛盾 な 解 が あ る か ど う か を 確 認 す る た め の 計 算 を 実 行qlで あ る 。
現 在 、 解 析 中 で あ り、 逐 次 学 術 論 文 と して 公 表 す る 」
今定 で あ る 。
一38一
よ るプ ロ
等式 と無
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
44 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content