close

Enter

Log in using OpenID

特定調停制度

embedDownload
特定調停制度
特定調停制度とは
特定調停制度とは、近年、厳しい経済情勢が続く中、経済的に困窮している個人債務者や不
況に苦しむ事業者(法人を含む)が増加しており、これら個人及び中小事業者の経済的再生を図
り、また、産業構造の転換を促進する目的で、民事調停制度の特例として平成 12 年 2 月 17 日
に施行された特定調停法(特定債務等の調整の促進のための特定調停に関する法律)に基づく制
度である。
<一口解説>
「調停」とは
「民事上、紛争解決の手続きで、第三者の仲介によって、紛争当事者が、相互に話し合い
和解、示談の成立に努力するもの」(新法律学辞典.有斐閣)である。基本的に、調停は、当
事者間の合意により成立するものであり、当事者間の合意を必要としない裁判とこの点で相
違する。
目的は
特定債務者の経済的再生に資するため、民事調停法の特例として特定調停の手続を定めるこ
とにより、特定債務等の調整を促進しようとするものである。
したがって、経済的に破綻するおそれのある者が、その経済的再生を図るために申し立てる事
件であることから、調停手続きとしては、簡易、迅速、柔軟で、また、集団的処理、職権調査
の強化等が求められ、この点に、この制度の特徴がある。
<一口解説>
「特定債務者」とは
金銭債務を負っている者であって、①支払不能に陥るおそれのある者、②事業の継続に支
障をきたすことなく、弁済期にある債務を、弁済することが困難である者、③債務超過に陥
るおそれのある法人をいう。
<一口解説>
「特定調停」とは
特定債務者が、民事調停法第2条の規定により申し立てる特定債務等の調整に係る調停で
あって、当該調停の申し立ての際に、特定調停手続きにより、調停を行うことを求める旨の
申述があったものをいう。
<一口解説>
「特定債務等の調整」とは
特定債務者及びこれに対して金銭債権を有する者、その他の利害関係人の間における金銭
債務の内容の変更、担保関係の変更、その他の金銭債務に係る利害関係の調整であって、当
該特定債務者の経済的再生に資するためのものをいう。
重要なポイント
より公正で妥当な経済的合理性を有する内容の合意が得られるように、簡易、迅速、柔軟な
-4-
調停手続を実現するための重要なポイントは次のとおりである。
(1)一括処理を容易にするための措置
①土地管轄要件の緩和
原則として、相手方の住所地等の所在地を管轄する簡易裁判所が管轄裁判所となるが、
裁判所の裁量により、土地管轄のない裁判所への移送や土地管轄のない裁判所の自庁処理
を可能としている。
②簡易裁判所から地方裁判所への移送の創設
ある程度規模の大きな事業者が申立人である場合など、簡易裁判所の裁量により、ノウ
ハウを有する 地方裁判所への移送を可能としている。
③同一申立人に係る複数の事件の併合
同一の申立人に係る複数の特定調停事件が、同一の裁判所に各別に係属するときは、で
きる限り併合して行うこととしている。
④利害関係を有する関係権利者の参加に関する要件の緩和
関係権利者については、調停委員会の許可を要することなく特定調停手続に参加するこ
とを可能としている。
(2)民事執行手続の停止
裁判所は、①申立てにより、②特定調停の成立を不能、著しく困難にし、③特定調停の
円滑な進行を妨げるおそれがあるときは、特定調停の目的となった権利に関する民事執行
の手続の停止、さらに裁判所の作成した債務名義による民法執行手続の停止をも可能とし
ている。
この際、現行の民事調停法と異なり、必ずしも担保を立てる必要がないことを可能とし
ている。
但し、給料、賃金、賞与、退職手当及び退職年金並びにこれらの性質を有する給与に係
る債権に基づく民事執行手続は、例外としている。
(3)民事調停委員の指定
裁判所は、民事調停委員に事業の性質に応じて、必要な専門的知識、経験(法律、税務、
金融、企業財務、資産評価等)を有する者を指定するものとしている。
(4)債務者の経済状況の把握
①当事者は、調停委員会に対し、債権、債務の発生原因及び内容、弁済等による債権、債
務の内容の変更及び担保関係の変更等に関する事実を明らかにするよう要求している。
この当事者の責務を担保する為、当事者又は参加人に対する関係文書等の提出を求める
ことを可能としている。
②調停委員会は、職権で事実の調査及び必要な証拠調べができ、また、官庁、労働組合等
からの意見聴取を可能としている。
税務上の取り扱い
「特定調停が成立した際の債権放棄の損金算入や債務免除益の課税免除といった税制上の手
当てについては、特定調停の内容が公正かつ妥当で経済的合理性を有することが確立していれ
ば、法人税法基本通達9-4-2の「経済的合理性」に近い形で税務上の取り扱いがなされる余
地もあると答弁されている(平成11.12.7衆議院法務委員会議録4頁参照)」(ジュリス
ト 2000.2.15 号 54 頁)
税理士の役割
前述のごとく、特定調停制度においては、民事調停委員として、税理士、弁護士、不動産鑑
-5-
定士などの専門的な知識経験を有するものを、裁判所が指定することとしている。
平成 11 年の段階で、最高裁判所事務総局から日本税理士連合会に対し協力の要請が行われ、
また、平成 11 年 5 月 31 日付の最高裁判所事務総局から各地方裁判所事務局への示達によれば、
専門家単位団体への協力要請方が、具体的に示されているところである。
税理士は、税務、会計、企業財務の専門家として、また、この制度の想定対象者である中小
事業者と日常的に接していることから、この制度の推進に大いに貢献できると思われる。税理
士会としてもこの制度への参画を、公益的業務と位置付け、積極的に取り組んでいくこととし
ている。
-6-
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
154 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content