close

Enter

Log in using OpenID

はじめに免責事項をご確認ください

embedDownload
免責事項
本公表文には、1933年米国証券法Section 27A、1934年米国証券取引所法Section 21Eおよび1995年米国私募証券訴訟改革法において定義される将来の見通し
に関する記述(forward-looking statements)が含まれています。本公表文における歴史的事実以外に係る記述は、将来の見通しに関する記述とみなされる可能
性があります。これらの将来の見通しに関する記述は、当社が本三角合併を実行できる可能性、日本持株会社が東京証券取引所マザーズ市場への上場の承認を
得られる可能性、本三角合併において期待された利益を実現できる可能性、本三角合併に係る想定コスト(かかるコストは想定よりも大きくなり得ます。)、当社およ
び日本持株会社が本三角合併の実行条件を充足できる可能性、税法、租税条約および税制の解釈またはそれらの執行、経営企画活動や新規事業の最終的な成
功の可能性、当社の製品開発計画およびその実現可能性、当社およびその提携先による進行中の臨床試験や臨床前の開発活動の時期およびその結果 、当社お
よびその提携先の製品候補の潜在的な効能、将来の開発計画および商業的可能性ならびに進行中の開発プログラムの進捗および将来性に関する記述を含みま
す。これらの記述は、かかる「将来の見通しに関する記述」において記載または示唆された結果、事象または事由と、実際に生じた結果、事象または事由との間に
重大な差異を生じさせうるようなリスク、不確実性およびその他の要素に関する現時点の仮定に基づくものです 。これらのリスクや不確実性の多くは、当社のコント
ロール外にあり、当社が本三角合併について必要な株主からの承認を得ることができない可能性があること 、当社が本三角合併を取りやめる可能性があること、本
三角合併の実行条件が充足されない可能性があること、当社の本社の日本への移転に伴う問題により、会社運営の実効性・効率性が低下する可能性があること、
本三角合併について想定外の費用、責任または遅延が生じる可能性があること、本三角合併を取り巻く不確実性により当社の事業が毀損する可能性があること 、
当社が本三角合併において期待された利益を実現できない可能性があること 、本三角合併が当社の従業員、供給元、提携先、同業者および投資家等との関係に
悪影響を及ぼす可能性があること、本三角合併に対する批判的な報道等により当社の事業や当社の普通株式の株価に悪影響が生じる可能性があること 、本三角
合併により当社の普通株主に対する課税上の影響が生じる可能性があること 、その他の経済、事業または競争上の要素により当社が悪影響を受ける可能性があ
ること、当社の臨床試験用医薬品候補が想定された安全性や効能を有しない可能性があること 、当社の臨床前の開発努力によっても製品候補が生まれない可能
性があること、当社またはその提携先の臨床試験用医薬品候補について、開発に失敗し、必要とされる規制上の承認を取得できず、または遅延の結果商業的に実
2015年12月期通期決算説明会:証券コード4589
1
免責事項
用化できない可能性があること、当社の臨床試験用医薬品候補「エミクススタト塩酸塩」の成功は、共同開発の継続に関する提携相手方の意向に大いに依存するこ
と、当社の臨床試験が遅延する可能性があること、競争の激しい眼科製薬市場においては、新製品等の開発により、当社の臨床試験の計画変更を余儀なくされた
り、臨床試験用医薬品候補の潜在的な利益が制約される可能性があること、製品開発および臨床活動を拡大することによる営業費用への影響、一般的な国内外の
経済市況の悪化、ならびに当社が米国証券取引委員会(以下「SEC」)に提出する書類において記載されるその他のリスクが含まれますが、これらに限られません。
これらの将来の見通しに関する記述は、本公表文の日付現在の記述であり、当社はこれらの将来の見通しに関する記述を更新する義務を負いません 。また、かか
る将来の見通しに関する記述に過度に依拠することのないようご注意ください 。上記のリスクおよびその他のリスク要因の詳細については、当社によるSECへの提
出書類をご参照ください。当該提出書類は、当社のIRウェブサイト(http://ir.acucela.com/)およびSECのウェブサイト(http://www.sec.gov)より入手可能です。
追加情報およびその取得場所
本公表は、証券の売付けの申込み、買付けの申込みの勧誘、または議決権行使もしくは承認の勧誘を構成するものではなく、また、当該法域の証券法に基づき未
登録または無資格で行うかかる申込み、勧誘または売付けが違法とされるような法域において証券の売付けを行うものでもありません 。本三角合併は、当社の株
主の皆様が検討を行うため、株主総会に付議されます。日本持株会社は、SECに対してフォームS-4に基づく登録届出書(Registration Statement)を提出する予定
であり、当該登録届出書には、日本持株会社の予備的目論見書や当社の予備的委任勧誘状が含まれる予定です。また、日本持株会社および当社のそれぞれは、
SECに対し、本三角合併に係る関連書類を提出する予定です。最終委任勧誘状・目論見書は、SECによりフォームS-4の効力が発生した旨公表された後に、当社の
株主に対して郵送される予定です。委任勧誘状・目論見書(それらの全ての訂正および追補を含みます。)その他SECに提出される関連書類には、日本持株会社、
当社および本三角合併に関する重要な情報が含まれる予定ですので、投資家および株主の皆様におかれましては、入手可能となり次第、これらの書類を注意して
お読みいただくようお願いいたします。投資家および株主の皆様は、委任勧誘状・目論見書その他SECに提出される関連書類について、(それらが閲覧可能な状態
2015年12月期通期決算説明会:証券コード4589
2
免責事項
になった時点で)SECのウェブサイト(www.sec.gov)または当社のIRウェブサイト(ir.acucela.com)から自由にそれらの写しを取得することができます 。投資家およ
び株主の皆様は、当社または日本持株会社によりSECに提出された報告、届出その他の情報を、ワシントンD.C.20549、100 F Street, N.E.に所在するSECの公開
閲覧室において、閲覧および謄写することもできます。SECの公開閲覧室に関する追加情報については、SECまで電話(電話番号:1-800-SEC-0330)をしていただ
くか、またはSECのウェブサイトでご確認いただきますようお願いいたします。投資家および株主の皆様は、委任勧誘状・目論見書その他SECに提出される関連書
類について、(それらが閲覧可能な状態になった時点で)当社のIR室(Investor Relations)に直接郵送(住所:ワシントン州、シアトル市、セカンド・アベニュー1301、
スイート4200)または電話(電話番号:(206) 805-8300)で依頼することにより、無料でそれらの写しを取得することもできます。
委任状勧誘の主体
当社ならびにその取締役および執行役は、本三角合併に関して、当社の株主の皆様からの委任状を勧誘する主体とみなされる可能性があります 。当社の取締役お
よび執行役についての情報は、2016年3月11日にSECに提出された当社のフォーム10-Kに基づくアニュアル・レポートに記載されており、また、フォームS-4ならび
に1934年米国証券取引所法(その後の改正を含みます。)に基づきその後に取締役および執行役により提出される書類に含まれる予定です 。これらの書類は上記
の情報源から無料で取得可能です。投資家および株主の皆様は、入手可能となり次第、委任勧誘状・目論見書その他SECに提出される本三角合併に係る関連書
類をお読みいただくことにより、当社の取締役および執行役の利害が当社の一般株主の皆様の利害と異なる可能性があることについて 、追加情報を取得すること
ができます。
「Acucela」およびアキュセラのロゴは、当社の様々な法域における登録商標または商標です。
2015年12月期通期決算説明会:証券コード4589
3
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
230 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content