close

Enter

Log in using OpenID

ヨシュア記1:1~9 「恐れてはならない」

embedDownload
メッセージアウトライン
ヨシュア記1:1~9
「恐れてはならない」
[1]出エジプトの指導者モーセの死後、主はモーセの従者であったヨシュアを選ば
れてイスラエルの指導者とされた。→申命記31:7~8
ヨシュアの忠実さと信仰→出17:8~10、24:13、32:17、民数記13~14章
[2~4]主はヨシュアとすべてのイスラエルの民はヨルダン川を渡り、わたしが与え
ようとしている地に行けと命じられ、その領土は広大なものであることを示された。
[5]ヨシュアに対する主の約束→「あなたの一生の間、だれひとりとしてあなたの
前に立ちはだかる者はいない。……わたしはあなたを見放さず、あなたを見捨てな
い」
さらに繰り返して約束が与えられる。
[6]強く、雄々しくあって、主がイスラエルの先祖たちに与えると誓われた地を民
に継がせるべきこと。
[7~8]ただ強く、雄々しくあって、モーセが命じた律法を右にも左にもそれずに守
り行うべきこと。そうすることで繁栄し、栄えることができる。
[9]「強くあれ。雄々しくあれ。恐れてはならない。おののいてはならない。あな
たの神、主が、あなたの行く所どこにでも、あなたとともにあるからである」
なぜ同じことばが何度も繰り返されているのか。それは、荒野の40年でさまざま
な経験を積んできたとはいえ、これから直面する戦いや困難を思うとき、ヨシュア
の心には恐れがあり、おののきがあり、躊躇する思いがあったからであろう。
それゆえ、主なる神は、これからなすべき大事業のためにヨシュアを繰り返し励ま
されたのである。
神を信じる信仰をもつ者は決して恐れることはないという考えは正しくない。聖
書に記されている信仰者たちも皆、さまざまな局面で恐れおののくという経験をし
ている。→ダビデ、エリヤ、パウロ……。
そのことをご存じである主は、それゆえ何度も強くあれ、雄々しくあれと、彼を励
まし、恐れてはならない、おののいてはならない、と命じられるのである。また主
は彼を突き放して、ひとりで頑張れと言われるのではなく、「あなたの神、主が、
あなたと行く所どこにでも、あなたとともにあるからである」と約束してくださっ
ている。
私たちも、主がヨシュアに言われたみことばの約束をしっかりと握って、新しい
年の信仰の歩みを強く、雄々しく進めていく者となりたい。
1. ヨシュアはどのような人物ですか。
2. なぜ同じことばがヨシュアに対して繰り返されているのでしょうか。
3. さまざまな問題で私たちが恐れ、おののく場合にはどうしたらよいのでしょ
うか。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
41 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content