close

Enter

Log in using OpenID

サンプルをPDFで見る

embedDownload
LESSON
1
LESSON 1
1. AT
1. AT
それでは、さらに場所や位置を表す at の用法を見ていきましょう。
1. AT
ネイティブスピーカーが at を使う場合、一般的に、人や物の位置、時間、目標などを
「指さしている」イメージを頭の中に思い浮かべています。この「指さす」というイメー
ジから想像できるように、at は Location(場所・位置)
、Movement(動き)、Relationship(関係)、Time(時)に関連する、具体的で明確な情報を表します。
1.1 AT: Location(場所・位置)
at は、場所や位置を特定します。ただし、どこまで具体的に特定するかには幅がありま
す。
왗왗왗 場所や位置を特定する
(1-1.1c)
緑色の印の部分を掴んで、ローラーを持ち上げます。
○ Lift the roller at the green mark.
(1-1.1d)
高度 50 フィートのところで、飛行機のエンジンが止まった。
○ The plane lost power at 50 feet.
(1-1.1e)
その船は、水深 200 フィートの地点に横たわっています。
○ The vessel lies at 200 feet.
왗왗왗 計測器の目盛の一点、連続する物の中の一点を示す
(1-1.1f )
目盛はゼロを指していなければなりません。
○ The dial should be at zero.
(1-1.1g)
ヨウコは列の一番後ろにいました。
○ Yoko was at the end of the line.
AT
次の 2 つの例文は、場所の具体性が異なります。
AT
왗왗왗 勤務先や通学先を示す
(1-1.1h)
(1-1.1i )
(1-1.1a)
ミチコは横須賀リサーチパークでシンポジウムに参加しています。
○ Michiko is at Yokosuka Research Park attending the symposium.
(1-1.1b)
ハイキングコースは、北緯 38 度 24 分 47.7 秒、西経 109 度 25 分 54.2 秒から
スタートします。
○ The hiking trail starts at N 38º 24’ 47.7”, W 109º 25’ 54.2”.
例文(1-1.1a)では、ミチコが横須賀リサーチパークの中のどこにいるかまでは特定で
きません。これに対し、例文(1-1.1b)では、ハイキングコースの出発点の座標が明確
に示されています。
6
彼は、DHC コーポレート銀行に 3 年間勤めています。
○ He’s been at DHC Corporate Bank for three years.
「マリコには長い間会っていません。
「
」聞いていませんか。彼女はハーバード
に行っています(ハーバードで勉強しています)
。」
○ “I haven’t seen Mariko in a long time.” “Didn’t you hear? She’s (studying) at
Harvard.
왗왗왗 物や人の相対的な位置関係を示す
(1-1.1j )
郵便配達人はドアのところにいました。
○ The postman was at the door.
※郵便配達人 at (= outside) ドア
(1-1.1k)
彼女の傍らには、大きなスーツケースがありました。
○ At her side was a large suitcase.
※スーツケース at (= beside / next) 彼女の傍ら
7
LESSON
1
LESSON 1
1. AT
1. AT
왗왗왗 活動や催しの場所を示す
(1-1.1l)
(1-1.1m)
(1-1.2d)
インストラクターは大声で訓練生に指示を与えた。
○ The instructor shouted instructions at the trainee.
※指示→訓練生
(1-1.2e)
私は頭上を飛ぶ飛行機に手をふった。
○ I waved at the plane passing overhead.
※手をふる→飛行機
(1-1.2f)
消防士は身振りで給水調節弁のほうを示した
○ The firefighter gestured at the water shutoff valve.
※身振り→給水調節弁
彼女は映画に行っています。
○ She is at the movies.
※ at the movies = 映画が上映されている場所に
彼はカーニバルに出かけています。
○ He is at the carnival.
※ at the carnival = カーニバルが開かれている場所に
1.2 AT: Movement(動き)
왗왗왗 動きの方向を示す
1.3 AT: Relationship(関係)
at は、ある動きが、他の人や物に対して向けられていることを表す場合に使われます。
AT
Relationship(関係)を表す at の用法は、point on a scale(数値、割合、頻度)
、condition(状況、状態)
、cause(原因、理由)
、judgment(能力の評価)に分けて考えるこ
とができます。
왗왗왗 point on a scale(数値、割合、頻度)を表す
at は、数値、割合、頻度などを示します。
$100
(1-1.2a)
彼は受付係に微笑みかけた。
○ He smiled at the receptionist.
※微笑み→受付係
(1-1.2b)
彼はキーボードを壁に投げつけた。
○ He threw the keyboard at the wall.
※キーボード→壁
(1-1.2c)
8
詳しくは、コントロールパネルのページを参照してください。
○ Take a look at the Control Panel page for more information.
※視線→コントロールパネルのページ
AT
$50
$25
(1-1.3a)
この指輪は、1 個 50 ドルの価格がついています。
○ The rings are priced at $50 each.
(1-1.3b)
ボートは時速 50 マイルのスピードで、埠頭に衝突した。
○ The boat hit the pier at 50 mph.
(1-1.3c)
この新型の記憶装置は、毎秒 10MB でデータを書き込むことができます。
○ The new storage drive can write data at 10 MB/sec.
9
LESSON
1
(1-1.3d)
(1-1.3e)
(1-1.3f)
LESSON 1
1. AT
1. AT
NASAのクローラー運搬車は、6百万ポンドの重量があり、世界で最も重い軌
道車両です。
○ At six million pounds, NASA’s crawler-transporter is the world’s heaviest tracked
vehicle.
低であることを表します。
(1-1.3n)
これは最悪の植民地化政策でした。
○ This was colonialism at its worst.
(1-1.3o)
サッカーコーチは選手たちにベストコンディションで土曜の試合に臨んで欲
しかった。
○ The coach wanted the soccer players to be at their best for Saturday’s game.
現在のインフレ率は 5% です。
○ Inflation is running at 5%.
2 週間おきに、答案を郵送してください。
○ You should mail in your work at 2-week intervals.
同様の用法で、距離や角度を相対的に表す場合にも使われます。
(1-1.3g)
警官は、デモ参加者と一定の距離を保っていた。
○ The police officer kept the demonstrator at arm’s length.
(1-1.3h)
折れた給水管は、30 度の角度で地上に突き出ていた。
○ The broken water pipe jutted out of the ground at a 30 degree angle.
왗왗왗 cause(原因、理由)を表す
at は、何かが起こる原因や理由となった事柄を示すために使われます。
All of you
should attend
the lecture!
AT
왗왗왗 condition(状況、状態)を表す
at は人や物の状況、状態、日常的な行動を表します。
(1-1.3i)
受付係は昼食中でした。
○ The receptionist was at lunch.
(1-1.3j)
わが国は、現在戦争中です。
○ Our country is at war.
(1-1.3k)
私は、落ち着かなかった。
○ I didn’t feel at ease.
(1-1.3l)
彼はやっと安心した。
○ He finally felt at peace.
(1-1.3p)
社長の要請により、我々はその講義に出席しました。
○ We attended the lecture at the president’s insistence.
(1-1.3q)
そのニュースを聞いて驚いた。
○ We were surprised at the news.
(1-1.3r)
国防長官は批判に悩まされていた。
○ The Secretary of Defense was annoyed at being criticized.
왗왗왗 judgment(能力の評価)を表す用法
at は、「形容詞+ at +分野」の形で、能力の評価を表します。
彼は、精を出して仕事をしていた。
(1-1.3m)
○ He was hard at work.
(1-1.3s)
彼は会議の運営と立案に優れています。
○ He is good at organizing and planning conventions.
at を「at +所有格+最上級」の形で使った場合は、何かが最良/最悪または最高/最
10
11
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
184 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content