close

Enter

Log in using OpenID

おもいでなべの作り方 西宮市立山東自然の家

embedDownload
おもいでなべの作り方
☆準
備
物 軍手、ふきん(長袖、長ズボン着用)が望ましい。
火を起こそう
新聞紙を少し固めてかまどの中段に置く。
②
新聞の上に細い木(たきつけの木)をいっぱいかぶせる。
③
その上に、少し細めの薪を乗せる。
④
マッチ
一番上に、太い薪を乗せる。
※
で
と
①
新聞に火をつけ、太い薪に燃え移ったら、おいしい
だいこん、にんじん、豚肉、ごぼう、ちくわ、こんにゃく
はくさい、えのき、しめじ、ねぎ等(だしの素)
①野菜を水で洗い、包丁で切る。
古新聞紙
【だいこん】
(1)皮をむく。
(2)たてに 4 等分に切る。
(3)あつさ 8 ㎜ぐらいの
たんざく切りにする。
(薪)
(細い木)
(新聞紙)
ご飯が炊ける。
※
(材料)
(空気口)
↓(切る)
米や野菜作りの準備ができてから火をつけよう。
【にんじん】
(1)皮をむく。
(2)たてに 4 等分に切る。
(3)あつさ 5 ㎜位のいちょ
う切りにする。
↓(切る)
(8 ㎜)↓(切る)
(5 ㎜)↓(切る)
【ごぼう】
(1)皮をこそげる。
(2)大きめのささがきにす
る。
(3)水に5分位つける。
(左手にごぼうを持ち包丁でけずる)
(横にする)
(横にする)
↓(3 ㎝位)
カマド
お米を洗って炊こう
>(8 ㎜)
<軍手を使って火傷をしないように注意>
①
米をとぐ
・コッフェル(または飯盒)に米をはかって入れる。水を入れて手でよくとぎ、米を
一粒もこぼさないように、水を流す。…2~3回くり返す。
②
【こんにゃく】
(1)たてに半分切る。
(2)はしからうす切りする。
↓(切る)
↓(切る)
【しめじ・えのき】
(1)石づきを切る。
(2)食べやすい大きさに手
でちぎる。
(えのき)
↙(切りすてる)
水かげん
↙(石づき)
または
・洗い終わったら水を入れる。
【ねぎ】
(1)2.3 ㎜ずつ切る。
中指の第 1 関節
まで水を入れる。
(1)かまどの上に置き
手首のつけ根
まで入れる
火をつける。
(はじめチョロチョロ)
(2) 強い炎がコッフェル
の下に当たるように
工夫しよう。(中、パッパッ)
・ふたの上に細い木を当てて、ボコボコ!
(3) ぼこぼこ聞こえて、湯気
がでてきたらもうすぐだ。
(しめじ)
↓(切りすてる)
↓(切りすてる)
←(切りすてる)
↓(切る)
(小口切り)
③いよいよ炊こう
【はくさい】
(1)1 枚ずつちぎっててい
ねいに水で洗う。
(2)下から 1 ㎝ぐらいのと
ころを切りおとす。
(3)たて半分に切り 5 ㎝位
にざくざく切る。
②ちくわと肉を切る。
【ちくわ】5 ㎜ずつ輪切り。
【肉】
3 ㎝位ずつ切る。
↑(石づき)
>(5 ㎜)
④ふっとうしたら、豚肉、しめじ、
えのき、はくさいを入れる。
(切る)
↑(3 ㎜位)
③なべに、だいこん、にんじん、ごぼう
こんにゃくと水をたっぷり入れて
火をつける。
人数分以上
(中火)
←(5 ㎜位切る)
⑤あわのようなアクがでてきたら
玉じゃくですくう。(すてる)
⑥だし・しょうゆを入れて味つけする。
(10 分位にこむ)
⑦できあがり直前にねぎを入れる。
(4)ごはんの香ばしいにおいがして湯気がでなくなったら、かまどから降ろして蒸らす。
コッフェルを平らな所に置き、10 分ぐらい静かに蒸らす。
⑧できあがり!!
↓
でき上がり
西宮市立山東自然の家
(中火)
活資図共-28-1
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
328 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content