close

Enter

Log in using OpenID

と「巻頭要約」

embedDownload
目 次
巻頭要約 2013 年のオートキャンプの概況
「 オ ー ト キ ャ ン プ 人 口 」 4 年 振 り に 増 加 へ .................................................................................... 1
オ ー ト キ ャ ン プ 活 動 の 実 態 :20 代 と シ ニ ア 層 が 増..................................................................... 2
2013 年 の オ ー ト キ ャ ン プ 場 の 実 態 : 稼 働 率 の 上 昇 率 が 約 1 割 伸 び る.................................. 3
キ ャ ン プ 用 品 の 需 要 動 向 : 輸 入 金 額 3 年 連 続 上 昇...................................................................... 4
キ ャ ン ピ ン グ カ ー の 実 態 : オ プ シ ョ ン は よ り シ ン プ ル に.......................................................... 5
第1章 オートキャンプ活動
第 1 節 キ ャ ン パ ー の 実 態................................................................................................................ 6
1 . キ ャ ン パ ー の 構 成................................................................................................................ 6
( 1 ) キ ャ ン プ 人 口 :4 年 振 り に 増.. ................................................................................ 6
( 2 ) 平 均 年 齢 : 団 塊 ジ ュ ニ ア 世 代 の 41.5 歳.............................................................. 6
( 3 ) 経 験 年 数 : 6 割 が 5 年 以 下..................................................................................... 8
( 4 ) キ ャ ン プ 同 行 者 : テ ン ト は 家 族 連 れ.................................................................... 9
( 5 ) 世 帯 年 収 :400 ~ 500 万 円 台 が 5 割................................................................ 11
( 6 ) 職 業 : 会 社 員 58%................................................................................................. 11
第 2 節 オ ー ト キ ャ ン プ 活 動 の 実 態.. ........................................................................................... 12
1 . キ ャ ン プ 活 動.. .................................................................................................................... 12
( 1 ) 自 宅 か ら の 距 離 :100㎞ 圏 内 が 半 数.................................................................. 12
( 2 ) リ ピ ー ト 回 数 : 平 均 3 回...................................................................................... 12
( 3 ) 総 キ ャ ン プ 回 数 : 平 均 3.5 回.............................................................................. 13
( 4 ) 1 回 の キ ャ ン プ で の 泊 数 : 平 均 1.5 泊.............................................................. 15
( 5 ) 活 動 時 期 : シ ー ズ ン は 5 月 か ら 10 月.............................................................. 16
( 6 ) キ ャ ン プ 費 用 :20,720 円..................................................................................... 17
2 . キ ャ ン プ 形 態.. .................................................................................................................... 18
( 1 ) 使 用 車 種 : レ ン タ カ ー 、 カ ー シ ェ ア リ ン グ 1.1%.. ........................................ 18
( 2 ) テ ン ト の タ イ プ : ツ ー ル ー ム 3% 増.................................................................. 18
( 3 ) 燃 料 タ イ プ : 炭 が 半 数 以 上.................................................................................. 19
( 4 ) 照 明 器 具 : 電 池 が 半 数 超 え.................................................................................. 20
( 5 ) レ ン タ ル 用 品 : 女 性 グ ル ー プ が 活 用................................................................. 20
( 6 ) キ ャ ン プ 用 品 選 び :「値 段」 よ り 「品 質」.. ........................................................ 21
3 . キ ャ ン パ ー の 行 動 様 式..................................................................................................... 22
( 1 ) イ ベ ン ト : ア ク テ ィ ブ 志 向.................................................................................. 22
( 2 ) キ ャ ン プ 時 の 事 故 : 事 故 な し 7 割..................................................................... 23
( 3 ) ペ ッ ト : 棲 み 分 け 進 む........................................................................................... 23
( 4 ) キ ャ ン プ 場 選 び : 口 コ ミ 情 報 も.. ........................................................................ 24
( 5 ) キ ャ ン プ 用 品 の 購 入 : ネ ッ ト と ス ポ ー ツ 店 増.. ............................................... 24
( 6 ) 情 報 の 発 信............................................................................................................... 25
4.キャンピングカーユーザー : 活 発 な 活 動 ........................................................................ 25
第3節 キャンパーの意識と価値観................................................................................................. 27
1.キャンプに求めるもの ........................................................................................................ 27
( 1 ) キ ャ ン プ の 魅 力 : 自 然 と 家 族 と 子 ど も............................................................. 27
( 2 ) 好 き な 過 ご し 方 : 野 外 料 理 、 温 泉 、 周 辺 観 光.. ............................................... 27
2 . キ ャ ン プ 場 に 求 め る も の................................................................................................. 28
( 1 ) サ ー ビ ス : 清 潔 感................................................................................................... 28
( 2 ) 施 設 ・ 設 備 : 快 適 な サ イ ト.................................................................................. 29
( 3 ) 適 切 と 考 え る 料 金 :5,000 円 以 下...................................................................... 29
3.レジャー・余暇生活.. ........................................................................................................... 30
( 1 ) 生 涯 キ ャ ン プ : 各 世 代 で 「 続 け る 」................................................................... 30
( 2 ) レ ジ ャ ー 満 足 度 : 7 割 超 え る.............................................................................. 31
( 3 ) 生 活 の 力 点 : レ ジ ャ ー ・ 余 暇 生 活 65%............................................................ 32
第2章 オートキャンプ場の実態
第1節 オートキャンプ場の施設..................................................................................................... 33
1 . 整 備 状 況 : 全 国 に 1,283 カ 所........................................................................................ 33
2 . 管 理 形 態 : 指 定 管 理 者 制 度 導 入 率 70%...................................................................... 33
3 . 収 容 規 模 ・ 面 積 : 平 均 106 サ イ ト 、 9.8ha................................................................. 35
4 . 設 備 の 整 備 状 況 :LAN 設 備 の 普 及 は 頭 打 ち 、 AED は 更 な る 普 及 を..................... 37
5 . バ リ ア フ リ ー 化 : 進 展 は 足 踏 み.................................................................................... 38
第 2 節 オ ー ト キ ャ ン プ 場 の 管 理................................................................................................. 40
1 . 営 業 期 間 : 関 東 ・ 西 日 本 ほ ど 通 年 営 業 率 が 高 い....................................................... 40
2 . 管 理 体 制.............................................................................................................................. 42
( 1 ) 管 理 体 制 :「昼 間 の み 駐 在」・「い な い」 が 約 4 分 の 1....................................... 42
( 2 ) チ ェ ッ ク イ ン ・ ア ウ ト 時 間 : イ ン 13 時 、 ア ウ ト 11 時 が 主 流...................... 43
( 3 ) ア ー リ ー チ ェ ッ ク イ ン ・ レ イ ト チ ェ ッ ク ア ウ ト : 料 金 設 定 は 多 種 多 様....... 44
3 . 利 用 料 金.............................................................................................................................. 46
( 1 ) 利 用 料 金 : 平 均 4,718 円 で 値 上 が り 傾 向............................................................. 46
( 2 ) キ ャ ン セ ル 料 金 : 約 6 割 で 徴 収 せ ず..................................................................... 46
4 . 予 約....................................................................................................................................... 48
( 1 ) 予 約 制 : 主 流 は 電 話 と イ ン タ ー ネ ッ ト................................................................. 48
( 2 ) 予 約 管 理 : 帳 簿 に よ る 管 理 が 8 割.......................................................................... 51
5 . ペ ッ ト の 対 応 : 約 7 割 が ペ ッ ト O K.. .......................................................................... 52
6 . 料 金 割 引 制 : ニ ー ズ に 合 わ せ て 割 引 制 度 導 入........................................................... 53
7 . 保 険 加 入 : キ ャ ン プ 場 保 険 加 入 率 76.1%................................................................... 54
8 . 場 内 で の 事 故 ・ ト ラ ブ ル : お 酒 の 飲 み す ぎ に よ る ケ ガ や ト ラ ブ ル 深 刻............. 55
9 . キ ャ ン パ ー か ら の 苦 情 : 他 の 利 用 者 の マ ナ ー に 関 す る 苦 情 が 依 然 深 刻............. 56
10. 管 理 上 の 問 題 点 : 施 設 老 朽 化 と ス タ ッ フ の 指 導...................................................... 57
11. ゴ ミ 処 理 : 有 料 で 処 分 86.7%.. ..................................................................................... 58
12. キ ャ ン パ ー の マ ナ ー : マ ナ ー は 向 上........................................................................... 59
第 3 節 オ ー ト キ ャ ン プ 場 の 運 営................................................................................................. 60
1 . 2013 年 の 利 用 状 況........................................................................................................... 60
( 1 ) 稼 働 率 : 上 昇 率 約 1 割 伸 び る.................................................................................. 60
( 2 ) 売 上 高 :2 極 化 傾 向.................................................................................................... 62
( 3 ) 利 用 状 況 : 昨 年 に 続 き 利 用 者 増.. ............................................................................ 62
2 . 2013 年 の 収 支 状 況........................................................................................................... 64
( 1 ) 収 支 状 況 : 上 向 き 傾 向.. ............................................................................................. 64
( 2 ) 収 入 の 内 訳 : サ イ ト 及 び 宿 泊 施 設 の 収 入 が 全 体 の 約 85%.............................. 68
3 . 宣 伝 方 法 :Facebook の 活 用 18% と 積 極 的 に 活 用 さ れ 始 め る............................... 69
4 . オ ー ト キ ャ ン プ の 将 来 性................................................................................................. 70
( 1 ) 将 来 性 : 過 去 10 年 で 最 も 将 来 へ の 期 待 高 ま る.................................................. 70
( 2 ) オ ー ト キ ャ ン プ へ の 投 資 : 設 備 の 増 設 や 整 備 に 積 極 的 に 投 資........................ 71
5 . オ ー ト キ ャ ン プ 場 評 価 : 星 マ ー ク 認 定 で 情 報 提 供................................................... 71
6 . キ ャ ン プ 場 の 環 境 保 全 へ の 取 り 組 み 状 況.................................................................... 72
7 . キ ャ ン プ 場 の 災 害 対 策 ・ 支 援 へ の 取 り 組 み 状 況....................................................... 73
8 . 地 域 と の 連 携 状 況............................................................................................................. 74
9 . 2013 年 の キ ャ ン パ ー の 傾 向.......................................................................................... 75
10. 電 気 自 動 車 充 電 設 備 導 入 の 必 要 性............................................................................... 76
第3章 キャンプ用品の需要動向
1 . キ ャ ン プ 用 品 の 輸 入 動 向................................................................................................. 77
( 1 ) テ ン ト の 輸 入 : 金 額 増 で 重 量 は 減.. ........................................................................ 77
( 2 ) シ ュ ラ フ の 輸 入 : 単 価 16% 増................................................................................ 77
( 3 ) タ ー プ : 過 去 最 高 を 更 新........................................................................................... 77
2 . 販 売 動 向 : デ ザ イ ン と 機 能 重 視.................................................................................... 79
( 1 ) テ ン ト............................................................................................................................ 79
( 2 ) タ ー プ............................................................................................................................ 79
( 3 ) シ ュ ラ フ.. ...................................................................................................................... 80
( 4 ) 照 明 器 具.. ...................................................................................................................... 80
( 5 ) 調 理 器 具 類.................................................................................................................... 80
( 6 ) フ ァ ニ チ ャ ー ( テ ー ブ ル ・ イ ス な ど )................................................................... 81
3 . キ ャ ン プ 用 品 の 市 場 規 模 :6% 増 の 499 億 円............................................................ 81
第4章 キャンピングカー
1 . 保 有 台 数.............................................................................................................................. 82
( 1 ) 地 域 別 : 北 海 道 が 7 年 連 続 1 位............................................................................. 82
( 2 ) キ ャ ン ピ ン グ ト レ ー ラ ー : 堅 調 に 推 移................................................................. 85
( 3 ) そ の 他 の キ ャ ン ピ ン グ カ ー...................................................................................... 85
2 . 需 要 動 向.. ............................................................................................................................ 86
( 1 ) 人 気 の タ イ プ :13 年 は 均 一 化................................................................................ 86
( 2 ) 人 気 の 装 備 : サ イ ド オ ー ニ ン グ 減 少...................................................................... 86
3 . キ ャ ン ピ ン グ ト レ ー ラ ー の 輸 入 台 数............................................................................ 87
巻頭要約 2013 年のオートキャンプ概況
巻頭要約 「オートキャンプ人口」4年振りに増加へ
2013年のオートキャンプ概況
「オートキャンプ人口」4年振りに増加へ
(P6参照)
2013年は、春の後半から秋の前半にかけて高温傾向が続き、日本海側では記録的な豪雨に
2013 年は、春の後半から秋の前半にかけて高温傾向が続き、日本海側では記録的な豪雨に見
見舞われた地域もあったが、東日本や西日本では晴れた日が多く降水量も少なかったなど、
舞われた地域もあったが、東日本や西日本では晴れた日が多く降水量も少なかったなど、比較
比較的好天に恵まれた年となった。また、アウトドアレジャーがマスコミなどで多く取りあ
的好天に恵まれた年となった。また、アウトドアレジャーがマスコミなどで多く取りあげられた。
げられた。その結果、アウトドア志向の一層の高まりを受け、20代の若者から30代のファミ
その結果、アウトドア志向が一層の高まりを見せ、20 代の若者から 30 代のファミリー層を中
リー層を中心として多くの新規参入があった年となった。
心として多くの新規参入があった年となった。
「オートキャンプ人口」(1年間に1回以上キャンプをした人数)は、統計をとりはじめた19
「 オ ー ト キ ャ ン プ 人 口 」(1 年 間 に 1 回 以 上 キ ャ ン プ を し た 人 数 ) は、 統 計 を と り は じ め た
84年の400万人から、アウトドアブームの96年には1,580万人のピークを迎え、05年を境に横
1984 年の 400 万人から、アウトドアブームの 96 年には 1,580 万人のピークを迎え、05 年を
ばいに転じていた。その後、10年からの3年間は720万人で推移していたが、13年は4年振り
境に横ばいに転じていた。その後、10 年からの3年間は 720 万人で推移していたが、13 年は
に750万人と僅かではあるが増加傾向となった。(P6)
4年振りに 750 万人と僅かではあるが増加傾向となった。(P6)
その大きな要因は新規キャンパーの参入にあり、キャンプ経験1年が22.6%と12年の20.4
そ の 大 き な 要 因 は 新 規 キ ャ ン パ ー の 参 入 に あ り、 キ ャ ン プ 経 験 1 年 が 22.6 % と 12 年 の
%を上回ったことにも表れており、「キャンプ経験」の「平均年数」も13年は6.7年と12年の
20.4%を上回ったことにも表れており、「キャンプ経験」の「平均年数」も 13 年は 6.7 年と
7.1年より0.4年短くなっている。(P8)
12 年の 7.1 年より 0.4 年短くなっている。(P8)
13年のキャンパー平均年齢は、団塊ジュニア世代に当たる41.5歳で、こうした人口ボリュ
13 年のキャンパー平均年齢は、団塊ジュニア世代に当たる 41.5 歳で、こうした人口ボリュー
ームの大きな世代がファミリー世代となっていることもキャンプ人口増の背景となっている
ムの大きな世代がファミリー世代となっていることもキャンプ人口増の背景となっていると考
と考えられる。
えられる。
オートキャンプ参加人口の推移(推定値)
オートキャンプ参加人口の推移(推定)
2,000
1,600
1,200
1,5601,580
1,459
1,375
1,306
1,201
1,020
958 905
800
810 770 740 740 720
705 750 720 720 720 750
400
0
(万人)
94
95
96
97
98
99
00
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13 (年)
1
巻頭 要 約
巻頭要約 2013 年のオートキャンプ概況
巻頭要約 2013 年のオートキャンプ概況
オートキャンプ活動の実態:20代とシニア層が増
オートキャンプ活動の実態
20 代とシニア層が増
13年のキャンパーの平均年齢は41.5歳であり、12年の40.7歳から0.8歳上がっている。この
10年間のキャンパーの平均年齢を見ていくと、03年の38.7歳から上昇傾向にあることがわか
る。
(P 6 参 照)
年齢の分布では30代、40代の子育て世代が前年比で減となっているのに対し、20代6.8%(
13 年のキャンパーの平均年齢は 41.5 歳であり、12 年の 40.7 歳から 0.8 歳上がっている。
12年4.1%)、50代9.5%(12年7.0%)と20代やシニア層がいずれも前年比で増となっている
。
この 10 年間のキャンパーの平均年齢を見ていくと、03 年の 38.7 歳から上昇傾向にあることが
わかる。
キャンプ場の利用者は、テントやキャンピングカーの「テントサイト利用者」とキャンプ
年齢の分布では 30 代、40 代の子育て世代が前年比で減となっているのに対し、20 代 6.8%(12
場内にあるコテージやキャビンなどを利用する「建物利用者」に分けられる。今回、利用す
年 4.1%)、50 代 9.5%(12 年 7.0%)と 20 代やシニア層がいずれも前年比で増となっている。
キャンプ場の利用者は、テントやキャンピングカーの「テントサイト利用者」とキャンプ場
る施設の違いにより、
キャンプ経験や利用回数の違いを見るため、利用者をこの2つに分けて
内にあるコテージやキャビンなどを利用する「建物利用者」に分けられる。今回、利用する施
分析した。
設の違いにより、キャンプ経験や利用回数の違いを見るため、利用者をこの 2 つに分けて分析
同じキャンプ場に何回訪れるかという「リピート率」(全体平均3.0回)は、「テントサイ
した。
ト」3.9回に対して、「建物」2.6回となっており、年齢層やキャンプの経験年数においても
キ ャ ン パ ー の 自 宅 か ら 利 用 し た キ ャ ン プ 場 ま で の 距 離 を 調 査 し た と こ ろ 、「50 ㎞ 圏 内 」
違いがあることが分かった。(P12)
26.5 % 、「100 ㎞ 圏 内 」 24.1 % と 合 わ せ て 5 割 を 超 え る 人 が 自 宅 か ら 100 ㎞ 圏 内 で キ ャ
キャンパーの自宅から利用したキャンプ場までの距離を調査したところ、「50㎞圏内」2
ン プ を 楽 し ん で い る こ と が わ か っ た 。 そ の 他 「150 ㎞ 圏 内 」 は 17.2 % 、「200 ㎞ 圏 内 」
6.5%、
「100㎞圏内」24.1%と合わせて5割を超える人が自宅から100㎞圏内でキャンプを楽
10.4%
、「201㎞ 以 上 」 17.7% と な っ て い る 。
同じキャンプ場に何回訪れるかという「リピート率」
(全体平均 3.0 回)は、
「 テントサイト」3.9
しんでいることがわかった。その他「150㎞圏内」は17.2%、「200㎞圏内」10.4%、「201
回に対して、「建物」2.6 回となっており、年齢層やキャンプの経験年数においても違いがある
㎞以上」17.7%となっている。
ことが分かった。
キャンパーの平均年齢の推移
キャンパーの平均年齢の推移
(歳)
(歳)
42
41.5
40.9
41
40.4
40
39.4
39.3
39
38
38.3
38.7
38.6
40.0
40.7
40.0 40.0
39.2
37
36
2
01 02
02 03 04 05
05 06
06 07
07 08
08 09
09 10
10 11
11 12
12 13
13 (年)
01
03 04
(年)
2013 年のオートキャンプ場の実態
稼働率の上昇率が約1割伸びる
2013年のオートキャンプ場の実態:稼働率の上昇率が約1割伸びる (P60)
(P 60 参照)
13年のキャンプ場の「平均稼働率」は11.1%と12年の10.8%を上回り、東日本大震災で落
13 年のキャンプ場の「平均稼働率」は 11.1%と 12 年の 10.8%を上回り、東日本大震災で
ち込んだ11年から徐々に回復し、震災前の10.9%を超えて全国的に好調さを見せている。
落ち込んだ 11 年から徐々に回復し、震災前の 10.9%を超えて全国的に好調さを見せている。
地域別では北海道14.4%、関東11.6%、中国・四国8.9%、九州・沖縄7.4%と、東北、東
地域別では北海道 14.4%、関東 11.6%、中国・四国 8.9%、九州・沖縄 7.4%と、東北、東海、
海、近畿を除く地域では、この3年で最も高い数値となっている。(P61)
近畿を除く地域では、この3年で最も高い数値となっている。(P61)
利用状況では、利用者が「増えた」が42.0%(12年42.8%)で前年より0.8ポイント減少し
利用状況では、利用者が「増えた」が 42.0%(12 年 42.8%)で前年より 0.8 ポイント減少
たものの「減った」も18.8%(12年19.4%)から0.6ポイント減少し、その差となるDI値は
したものの「減った」も 18.8%(12 年 19.4%)から 0.6 ポイント減少し、その差となるDI
23.2で0.8ポイント増となり、全体的に利用者増の傾向となっている。
値は 23.2 で 0.8 ポイント増となり、全体的に利用者増の傾向となっている。
利用状況と同じように「オートキャンプの将来性」も、「拡大発展すると思う」18.2%(1
利用状況と同じように「オートキャンプの将来性」も、「拡大発展すると思う」18.2%(12
2年17.1%)で1.1ポイント上昇し、「発展は期待薄」は12.4%(12年15.6%)で2.8ポイント
年 17.1%)で 1.1 ポイント上昇し、「発展は期待薄」は 12.4%(12 年 15.6%)で 2.8 ポイン
と減少しており期待は高まっている。
トと減少しており期待は高まっている。
13年のキャンパーの特長で一番多かったのが「グループ利用が増えた」の29.3%で、2位
13 年のキャンパーの特徴で一番多かったのが「グループ利用が増えた」の 29.3%で、2位「デ
「デイキャンプが増えた」20.4%、3位「シニアの利用者が増えた」18.2%、4位「女性グ
イキャンプが増えた」20.4%、3位「シニアの利用者が増えた」18.2%、4位「女性グループ
ループの利用が増えた」15.9%、5位「手ぶらキャンプの利用が増えた」15.6%、6位「3
の利用が増えた」15.9%、5位「手ぶらキャンプの利用が増えた」15.6%、6位「3世代キャ
世代キャンパーが増えた」13.7%、7位「外国人の利用が増えた」10.2%となっている。近
ンパーが増えた」13.7%、7位「外国人の利用が増えた」10.2%となっている。近年注目され
年注目されている女子グループによる「女子キャンプ」の他、「外国人の利用が増えた」な
ている女子グループによる「女子キャンプ」の他、「外国人の利用が増えた」など新しい動きが
ど新しい動きが注目される。(P75)
注目される。(P75)
平均稼働率
平均稼働率
(%)
14
12.1
12
12.0
11.5
11.6
11.4
10
10.8
11.1
12
13 (年)
10.9
10.5
10.4
07
08
10.2
8
6
4
2
0
03
04
05
06
09
10
11
3
巻頭 要 約
巻頭要約 2013 年のオートキャンプ概況
巻頭要約 2013 年のオートキャンプ概況
キャンプ用品の需要動向
輸入金額3年連続上昇
(P 77 参照)
キャンプ用品の需要動向:輸入金額3年連続上昇 (P77)
キ ャ ン プ 用 品 の 輸 入 金 額 は、 テ ン ト 49 億 1,000 万 円(12 年 41 億 8,000 万 円 ) で、 前 年
キャンプ用品の輸入金額は、テント
49 億 億
1,000
万円(12
年 41 億、タープ
8,000 万円)で、前年比
比 17.5%増、シュラフ
24 億 8,000 万円(24
4,600
万円 1.4%増)
50 億円(12 年
24 億 8,000 万円(24 億 4,600 万円 1.4%増)、タープ 50 億円(12 年 41
4117.5%増、シュラフ
億 8,000 万円 16.4%増)といずれも輸入金額が3年連続の上昇となっており、特にタープ
億 8,000 万円 16.4%増)といずれも輸入金額が3年連続の上昇となっており、特にタープは
は過去最高の金額を記録した。
過去最高の金額を記録した。
しかしながら、この背景には材料費の高騰や円安などがあると見られ、テントでは重量が 9,289t
しかしながら、この背景には材料費の高騰や円安などがあると見られ、テントでは重量が
と 0.5%減、シュラフは個数で
139 万 1,000 個と 12 年から 13.1%減となっている。一方、ター
9,289t
と と金額、数量ともに前年を上回っている。タープはキャンプの製品として使われるほ
0.5%減、シュラフは個数で 139 万 1,000 個と 12 年から 13.1%減となっている。
プは
5,792t
一方、タープは
5,792tと金額、数量ともに前年を上回っている。タープはキャンプの製品
か、
サンシェードとして、
ピクニックや海水浴など、より身近なアウトドアレジャーで活用が広がっ
として使われるほか、サンシェードとして、ピクニックや海水浴など、より身近なアウトド
ており、タープの輸入増はアウトドアレジャーの拡がりによるものと考えられる。
(P78)
アレジャーで活用が広がっており、タープの輸入増はアウトドアレジャーの拡がりによるも
こうしたアウトドアレジャーの拡がりから、キャンプ用品の市場規模(登山用品・ウェア・
のと考えられる。(P78)
シューズを除く)499
億円(12 年 471 億円)も3年連続で上昇傾向に推移し、前年比 6.0%増
こうしたアウトドアレジャーの拡がりから、キャンプ用品の市場規模(登山用品・ウェア・
となっている。
シューズを除く)499 億円(12 年 471 億円)も3年連続で上昇傾向に推移し、前年比 6.0%
増となっている。
テント�シュラフ�タープの輸入金額��
テント・シュラフ・タ―プの輸入金額推移
1,000
908
900
831
800
700
600
679
556
400
300
200
100
0
(千万円)
500
507
517
500
434
421
418
491
348
401
313 302 361
298
288 310
359
364
254
230
288 288 307
192
159
260
169 191
176
245 248
153
144
151
212
233
123 121
172
166
193 172
46 51
124 130 128 131 118 139 129 121
115
104 124
88
57 83 101
377
332
341
92
93
94
95
96
97
98
99
00
テント
01
02
03
04
シュラフ
05
349
06
07
08
09
10
11
12
13
(年)
タープ
(財務省貿易統計)
4
キャンピングカーの実態
オプションはよりシンプルに
キャンピングカーの実態:オプションよりシンプルに
(P86)
(P86参照)
キャンピングカーのタイプでは、室内空間の広い「キャブコンバージョン」
(キャブコン)
キャンピングカーのタイプでは、室内空間の広い「キャブコンバージョン」(キャブコン)と、
と、
日常の足としても使えるワンボックスカーを改造した「バンコンバージョン」
(バンコン)
日常の足としても使えるワンボックスカーを改造した「バンコンバージョン」
(バンコン)が中
が中心的なタイプだが、13
年は両タイプとも販売は好調だった。一方で、価格が
1,000
万円
心的なタイプだが、13 年は両タイプとも販売は好調だった。一方で、価格が
1,000
万円を超え
を超えるマイクロバスに架装したバスコンバージョンや、高級輸入車などの販売が好調だっ
るマイクロバスに架装したバスコンバージョンや、高級輸入車などの販売が好調だったことが
たことが特長として挙げられる。
特徴としてあげられる。(P86)(P86)
これまでキャンピングカー購入者の必須オプションとなっていた、
車体横などの日よけ「サ
これまでキャンピングカー購入者の必須オプションとなっていた、車体横などの日よけ「サ
イドオーニング」を希望しないユーザーの増えていることが
年の特長として挙げられる。
イドオーニング」を希望しないユーザーの増えていることが 1313年の特徴として挙げられる。
キャ
キャンプ場では日陰やリビングスペースを作るサイドオーニングであるが、道の駅やサービ
ンプ場では日陰やリビングスペースを作るサイドオーニングであるが、道の駅やサービスエリ
スエリアなど駐車場で宿泊する「車中泊」にしかキャンピングカーを使わないユーザーの増
アなど駐車場で宿泊する「車中泊」にしかキャンピングカーを使わないユーザーの増加がサイ
加がサイドオーニングの減少の理由としてあげられる。
ドオーニングの減少の理由としてあげられる。
キャンピングカーの保有台数は
こうして減少した台数が
キャンピングカーの保有台数は 00
00年をピークに減少しているが、
年をピークに減少しているが、こうして減少した台数がこ
これまでになかったキャンピングカーの中古車マーケットを作り上げ、近年ではキャンピン
れまでになかったキャンピングカーの中古車マーケットを作り上げ、近年ではキャンピングカー
グカーの市場としては拡大している。また保有台数減少の割合も年々少なくなっている。
の市場としては拡大している。また保有台数減少の割合も年々少なくなっている。
キャンピングカー保有台数
増加台数の推移(前年比)
キャンピングカー保有台数の推移(前年対比)
(台)
60,000
51,962
48,991
40,000
16,951
20,000
4,618
0
-20,000
-40,000
55,390
44,721
45,958
23,684
19,746
7,952
6,214
10,046
-5,630
-24,205 -29,427
-8,413
-13,105
-21,497
-10,548
-23,342
-6,662
-25,294
-31,753
-36,323
-60,000
90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 (年)
5
巻頭 要 約
巻頭要約 2013 年のオートキャンプ概況
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
755 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content