close

Enter

Log in using OpenID

株 主 各 位 第52回定時株主総会招集ご通知

embedDownload
証券コード(9644)
平成26年6月4日
株
主
各
位
大阪市淀川区宮原三丁目3番41号
代表取締役社長
若 松 孝 彦
第52回定時株主総会招集ご通知
拝啓 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申しあげます。
さて、当社第52回定時株主総会を下記のとおり開催いたしますので、ご出席くださいますようご通
知申しあげます。
なお、当日ご出席願えない場合は、書面によって議決権を行使することができますので、後記株主総会参考書類を
ご検討のうえ、同封の議決権行使書用紙に議案に対する賛否をご表示いただき、平成26年6月24日(火曜日)午後5
時15分までに到着するようご返送いただきたく、お願い申しあげます。
敬 具
1.日 時
2.場 所
記
平成26年6月25日(水曜日)午前10時
大阪市淀川区宮原三丁目3番41号
当社本社3階会議室(末尾の「株主総会会場ご案内図」をご参照ください。)
3.会議の目的事項
報告事項
第52期(平成25年4月1日から平成26年3月31日まで)事業報告および計算書類報告の件
決議事項
第1号議案 第52期剰余金の処分の件
第2号議案 取締役10名選任の件
第3号議案 補欠監査役1名選任の件
以 上
(お願い)1.当日ご出席の際は、お手数ながら同封の議決権行使書用紙を会場受付にご提出くださいますようお願
い申しあげます。
2.株主総会参考書類ならびに事業報告および計算書類に記載すべき事項を修正する必要が生じた場合は、
修正後の事項を当社ホームページ(http://www.tanabekeiei.co.jp/)に掲載いたしますので、ご了承
ください。
- 1 -
(提供書面)
事 業 報 告
( 平成25年4月1日から
平成26年3月31日まで )
1.会社の現況
(1) 当事業年度の事業の状況
① 事業の経過および成果
当事業年度における我が国経済は、政府・日銀の金融緩和策をはじめとする各種経済政策や円安を背景に企
業収益が改善し、大企業を中心に設備投資意欲も高まりつつあります。また、消費者マインドにも改善傾向が
見られる等、日本経済全体に景気回復の兆しが表れています。しかしながら、海外景気の下振れリスクや消費
税率引上げに伴う駆け込み需要の反動等による景気後退の懸念もあり、先行きは依然として不透明な状況で推
移しております。
このような経済環境のなか、当社は更なる事業戦略の強化と各事業サービスが顧客最適となる改善創造モデ
ルの確立に取り組み、成長力と収益力のステージアップに努めてまいりました。
管理面におきましても、人材教育制度の体系化を推し進め、人材力の強化とリスクマネジメントの強化に努
めると共に、広報活動による企業価値の創造・向上に注力してまいりました。
このような取り組みの結果、当事業年度の売上高は75億82百万円(前期比3.4%増)と過去最高を記録し、営
業利益は6億73百万円(前期比20.1%増)、経常利益は7億9百万円(前期比18.1%増)となりました。
また、当社が福岡県筑紫郡那珂川町に所有していた土地の譲渡が、当事業年度に完了したことで、過年度に
計上した減損損失額が税務上損金算入され、発生する欠損金に対して繰延税金資産を計上したことにより、当
期純利益は7億80百万円(前期比140.9%増)の増収増益となりました。
また、第1四半期会計期間より各セグメントの名称を、従来の「コンサルティング統轄本部」から「コンサ
ルティング事業」、「ネットワーク本部」から「ネットワーク事業」、「SP事業部」から「セールスプロモ
ーション事業」へと変更しておりますが、当該変更はセグメントの名称変更のみであり、セグメント区分の方
法に変更はありません。
セグメントの業績は、次のとおりであります。
<コンサルティング事業>
コンサルティング事業は、チームコンサルティング型経営協力契約拡大で、安定した収益の実現を推進する
と共に、コンサルティング品質ナンバーワンへ向けた管理体制強化にも取り組んでまいりました。
コンサルティング部門におきましては、経営協力契約数が、中期経営計画の策定支援コンサルティングや事
業承継コンサルティング分野のニーズの高まりに加え、契約更新率向上と新規顧客開拓への取り組みにより期
中平均390契約(前期363契約)と大幅に増加し、契約単価もアップしたことで経営協力売上は安定的に増加し
- 2 -
ております。教育売上についても、ニーズに沿った提案や企業の能力開発意欲の高まり等から、長期・短期共
に伸長しております。また、各種会では、成長分野の『Web・通販イノベーション』『卸流通ビジネスモデ
ル革新』『フードサービス』等、新たな戦略ドメイン研究会をスタートさせたことにより、開催規模が一層拡
大し、売上を大きく伸ばしていることもあり、コンサルティング部門の売上高は、29億69百万円(前期比9.4%
増)となりました。
セミナー部門におきましては、ブランディングセミナーの品質向上に努めたことに加え、人材教育への需要
の高まり等から、幹部候補生スクールや新入社員セミナーの受講者数が伸びたこと等により、売上高は5億51
百万円(前期比0.2%増)となりました。
このような結果、コンサルティング事業の売上高は、35億92百万円(前期比5.9%増)となり、セグメント利
益は8億22百万円(前期比23.0%増)となりました。
<ネットワーク事業>
ネットワーク事業は、顧客のニーズにマッチしたコンテンツの充実化に取り組むと共に、コンサルティング
事業との連携を進め、提携先である金融機関・会計事務所等の顧客の拡大・深耕に努めてまいりました。
このような結果、提携する金融機関での講演会や社員研修会等の受注が伸び、会計事務所において開催の勉
強会の売上も堅調に推移しており、ネットワーク事業の売上高は、3億71百万円(前期比0.9%増)となり、セ
グメント利益は52百万円(前期比36.4%増)となりました。
<セールスプロモーション事業>
セールスプロモーション分野におきましては、セールスプロモーション商品売上におけるチーム営業による
大型プロジェクトの推進に尽力してまいりましたが、利益率を重視したことにより、前期に比べ大型案件の受
注が伸び悩む結果となりました。しかしながら大型案件以外では、受注件数・単価共に伸びたことで、売上高
全体としては前期並みに推移いたしました。
ブルーダイアリー分野におきましては、季節商品であるビジネス手帳の企業向け継続販売は前期並みに推移
したものの、新販売チャネルの開拓・拡販が進まず、前期を割り込む結果となりました。
マーチャンダイジング分野におきましては、販売商材の開発やOEM等を中心に商品化支援を実施し、新規
受注先も増え、前期を上回る売上となりました。
また、当事業年度においてイベントプロモーション課を新設し、イベント等の販売促進支援分野強化に取り
組むと共に、総合プロモーション提案による顧客基盤拡大を推進してまいりました。
このような結果、セールスプロモーション事業の売上高は、36億19百万円(前期比1.3%増)となり、セグメ
ント利益は59百万円(前期比0.7%減)となりました。
- 3 -
事業別売上高
期別
第51期
自 平成24年4月1日
至 平成25年3月31日
金額
事業別
構成比
第52期(当事業年度)
自 平成25年4月1日
至 平成26年3月31日
金額
構成比
コンサルティング部門
千円
2,713,566
%
37.0
千円
2,969,338
%
39.2
%
109.4
セ ミ ナ ー 部 門
550,627
7.5
551,962
7.3
100.2
研修センター部門
112,315
1.6
59,882
0.8
53.3
14,653
0.2
10,942
0.1
74.7
3,391,163
46.3
3,592,125
47.4
105.9
ネ ッ ト ワ ー ク 事 業
368,111
5.0
371,448
4.9
100.9
セールスプロモーション事業
3,571,915
48.7
3,619,191
47.7
101.3
7,331,189
100.0
7,582,765
100.0
103.4
コンサル
ティング
事
業
そ
の
他
小
合
計
計
(注)千円未満の端数は切り捨てて表示しております。
対前期比
② 設備投資の状況
当事業年度においては、特筆すべき設備投資はしておりません。
③ 資金調達の状況
記載すべき事項はありません。
④ 事業の譲渡、吸収分割または新設分割の状況
記載すべき事項はありません。
⑤ 他の会社の事業の譲受けの状況
記載すべき事項はありません。
⑥ 吸収合併または吸収分割による他の法人等の事業に関する権利義務の承継の状況
記載すべき事項はありません。
⑦ 他の会社の株式その他の持分または新株予約権等の取得または処分の状況
記載すべき事項はありません。
- 4 -
(2) 直前3事業年度の財産および損益の状況
区
売
経
分
上
常
利
第52期
第49期
第50期
第51期
(当事業年度)
(平成23年3月期) (平成24年3月期) (平成25年3月期) (平成26年3月期)
高 (千円)
6,568,637
6,709,251
7,331,189
7,582,765
益 (千円)
550,455
550,896
600,864
709,807
273,014
260,895
323,990
780,450
31.51
30.11
37.40
90.09
当
期
純
利
益 (千円)
1
当
株
期
当
純
た
利
り
益
(円)
総
資
産(千円)
10,360,716
10,410,683
10,735,545
11,389,497
純
資
産(千円)
8,527,928
8,596,295
8,778,467
9,343,394
984.31
992.22
1,013.26
1,078.50
1株当たり純資産額
(円)
(3) 重要な親会社および子会社の状況
① 親会社の状況
該当事項はありません。
② 重要な子会社の状況
該当事項はありません。
- 5 -
(4) 対処すべき課題
当社は、顧客に対し総合的かつ高品質なサービスを提供すべく、全社的に顧客最適の観点から事業を展開して
おります。当社の経営理念であります「企業を愛し、企業とともに歩み、企業繁栄に奉仕する」ことをミッショ
ンとして、広く社会に貢献する企業でありたいと考えております。その実現に向けて、高品質な新サービス・新
商品の開発、人材の採用と育成の強化、経営基盤およびコーポレートガバナンスの強化を目指しております。
実施している主な施策は次のとおりであります。
① コンサルティング事業
ⅰ 事業ドメインを中心に顧客ニーズに適したコンサルティングメニューを開発することで、より顧客の成長
に貢献するサービス提供に取り組んでまいります。
ⅱ 全国レベルで地域金融機関、会計事務所等と提携した地域密着ワンストップ型のチームコンサルティング
により、顧客へより高度な価値の提供を行ってまいります。
ⅲ 戦略ドメイン・マネジメント研究会、ブランディングセミナー等による顧客開拓に注力するとともに、重
点ブランド商品を基軸とした顧客創造システムの構築により顧客基盤の強化を図ってまいります。
② ネットワーク事業
ⅰ コンサルティング事業との連携を強化し、地域金融機関、会計事務所等提携先とのフルラインアップメニ
ューの充実を図り、各種勉強会の開発に尽力してまいります。
ⅱ チャネル別にサービスの提案を実施するとともに、会員組織を拡充し、顧客基盤の増強を図ってまいりま
す。
ⅲ インターネットコンテンツサービスの充実と、顧客に応じてあらゆる媒体を通じたサービスの提供を図っ
てまいります。
③ セールスプロモーション事業
ⅰ 大型案件、プロモーション分野の受注拡大を図り、顧客企業への総合的で最適な商品提供に尽力してまい
ります。
ⅱ プロモーションノウハウのブラッシュアップを図り、中堅企業から大企業まで幅広く総合的な販売促進支
援商品を提供することで、顧客基盤の拡大を図ってまいります。
ⅲ パートナー企業との連携強化による仕入開発の強化を図ってまいります。
④ 人材の採用と育成の強化
当社の業績基盤となる有能な人材の採用に注力するとともに、部門別・キャリアステップ別研修を充実させ
るなど人材育成の研修プログラムによるスキルアップを推進してまいります。また、チームコンサルティング
による経営協力等を通じて、コンサルティングノウハウの共有化を図り、コンサルタントの人材育成を推進し
てまいります。
- 6 -
(5) 主要な事業内容(平成26年3月31日現在)
事 業 別
業
務
別
提
経営コンサルティング業務
供
サ
ー
ビ
ス
経営協力(指導)
調査企画、経営診断
各種会(トップ会、戦略ドメイン・マネジメント研究会)
コンサル
ティング
事
業
教育
講演等
セ
ミ
ナ
ー
業
務
業種・階層・職種・地域別セミナーの開催
研 修 セ ン タ ー 業 務
研修等の人材育成の場の提供
そ
書籍(タナベソリューションBOOKS等)、講演CD等販売
の
他
業
務
会員組織制サービス業務
EC(イーグルクラブ)
NLC(ニュー・リーダーズ・クラブ)
TNS(タナベネットワークシステム)
ネットワーク
事
業
タナベの経営CD
タナベFAXリポート
タナベの情報誌
NC(ネットワーククラブ)
セールスプロ
モーション
事
業
セールスプロモーション支援業務
ブルーダイアリー(ビジネス手帳)の販売
販売促進支援、営業支援ツールの企画・制作・販売
企業PR媒体の企画・作成
- 7 -
(6) 主要な事業所(平成26年3月31日現在)
本
当
社
大阪市淀川区
コンサルティング統轄本部
東京本部(東京都渋谷区)、中部本部(名古屋市中村区)
大阪本部(大阪市淀川区)、西部本部(福岡市中央区)
北海道支社(札幌市中央区)、東北支社(仙台市青葉区)
新潟支社(新潟市中央区)、北陸支社(金沢市)
中四国支社(広島市中区)、沖縄支社(那覇市)
名古屋研修センター(愛知県北名古屋市)
企画開発部(大阪市淀川区)
ネ ッ ト ワ ー ク 本 部
大阪市淀川区
S
<営業本部>
東京営業部東京一課・二課・五課(東京都中央区)
イベントプロモーション課(東京都中央区)
東京三課(さいたま市大宮区)、東京四課(横浜市港北区)
大阪一課(大阪市淀川区)、名古屋営業所(名古屋市中区)
福岡営業所(福岡市博多区)
<特販部>
MD課・特販課(東京)(東京都中央区)
特販課(大阪)(大阪市淀川区)
<管理部>
東京商品管理課・総務課(東京都中央区)
大阪商品管理課・総務課(大阪市淀川区)
社
子 会 社
P
事
業
部
拓捺貝貿易(上海)有限公司
上海市長寧区
(注) 1.当事業年度より、SP事業部営業本部にイベントプロモーション課を新設しております。
2.子会社でありました田辺企業管理諮詢(上海)有限公司は、平成25年4月12日開催取締役会にて決議され、解散しており
ます。
(7) 使用人の状況(平成26年3月31日現在)
当社の使用人の状況
使
用
人
数
前事業年度末比増減
289(39)名
+9名
平
均
年
38.6才
齢
平 均 勤 続 年 数
10.5年
(注)1.使用人数には、当社から社外への出向者(1名)を除き、社外から当社への出向者(1名)を含めております。
2.使用人数は就業員数であり、パートおよび嘱託社員は( )内に年間の平均人数を外数で記載しております。
(8) 主要な借入先の状況
該当事項はありません。
(9) その他会社の現況に関する重要な事項
該当事項はありません。
- 8 -
2.株式の状況(平成26年3月31日現在)
(1)
(2)
(3)
(4)
発行可能株式総数
発行済株式の総数
株主数
大株主(上位10名)
株
35,000,000株
8,754,200株
8,425名
主
名
持株数(千株)
持株比率(%)
田
辺
昇
一
1,474
17.0
田
辺
次
良
562
6.4
田
辺
英
子
507
5.8
郎
507
5.8
紀
433
5.0
タ ナ ベ 経 営 取 引 先 持 株 会
270
3.1
タ
会
211
2.4
田
辺
楢
洋
崎
ナ
ベ
経
一
十
営
社
員
持
株
上
田
信
一
179
2.0
木
元
仁
志
148
1.7
田
原
敏
男
144
1.6
(注)持株比率は自己株式(90,859株)を控除して計算しております。
3.新株予約権等の状況
該当事項はありません。
- 9 -
4.会社役員の状況
(1) 取締役および監査役の状況(平成26年3月31日現在)
会社における地位
氏
名
担当および重要な兼職の状況
代 表 取 締 役 会 長
田
辺
次
良
代 表 取 締 役 社 長
木
元
仁
志
コンプライアンス担当
拓捺貝貿易(上海)有限公司董事
取 締 役 副 社 長
若
松
孝
彦
コンサルティング統轄本部長
ネットワーク本部・管理本部担当
専
務
取
締
役
長
尾
吉
邦
コンサルティング統轄本部 副本部長
常
務
取
締
役
三
宅
弘
章
SP事業部長 兼 中国担当
拓捺貝貿易(上海)有限公司董事長
常
務
取
締
役
大
川
雅
弘
企画開発部・中部本部・北陸支社担当
取
締
役
中
東
和
男
ネットワーク本部長
取
締
役
中
村
敏
之
大阪本部・北海道支社・中四国支社担当
取
締
役
南
川
典
人
西部本部・沖縄支社担当
常
勤
監
査
役
筒
井
博
貴
拓捺貝貿易(上海)有限公司監事
社
外
監
査
役
谷
宜
憲
弁護士(谷宜憲法律事務所代表)
社
外
監
査
役
矢
崎
晴
久
アールワイ保険サービス株式会社 代表取締役社長
櫻護謨株式会社 社外監査役
(注) 1.監査役谷 宜憲氏および矢崎 晴久氏を東京証券取引所の上場規程で定める「独立役員」として、同取引所に対して届出
を行っております。
2.常勤監査役筒井 博貴氏は、当社の管理本部に平成17年10月から平成24年3月まで在籍し、財務および会計に関する相当
程度の知見を有しております。
- 10 -
(2) 取締役および監査役の異動
① 当事業年度中の取締役および監査役の地位・担当等の異動
氏
地 位 、 担 当 お よ び 旧 地 位 、 担 当 お よ び
名 新
重 要 な 兼 職 の 状 況 重 要 な 兼 職 の 状 況 異 動 年 月 日
代表取締役社長
代表取締役社長
コンプライアンス担当
木 元 仁 志 コンプライアンス担当
拓捺貝貿易(上海)有限公司董事
田辺企業管理諮詢(上海)有限公司董事長
平成25年4月12日
拓捺貝貿易(上海)有限公司董事
取締役副社長
取締役副社長
若 松 孝 彦 コンサルティング統轄本部長
ネットワーク本部・管理本部担当
長 尾 吉 邦
ネットワーク本部・管理本部担当
平成25年4月12日
田辺企業管理諮詢(上海)有限公司董事
専務取締役
常務取締役
コンサルティング統轄本部
コンサルティング統轄本部
副本部長
副本部長
田辺企業管理諮詢(上海)有限公司董事
田辺企業管理諮詢(上海)有限公司董事
平成25年4月1日
専務取締役
専務取締役
コンサルティング統轄本部
コンサルティング統轄本部
副本部長
副本部長
平成25年4月12日
田辺企業管理諮詢(上海)有限公司董事
常務取締役
常務取締役
三 宅 弘 章 SP事業部長 兼 中国担当
拓捺貝貿易(上海)有限公司董事長
取締役
中 村 敏 之 大阪本部・北海道支社・中四国支社
南 川 典 人
コンサルティング統轄本部長
SP事業部長 兼 中国担当
田辺企業管理諮詢(上海)有限公司董事
平成25年4月12日
拓捺貝貿易(上海)有限公司董事長
取締役
担当
大阪本部・中四国支社担当
取締役
取締役
西部本部・沖縄支社担当
西部本部長
平成25年4月1日
平成25年4月1日
常勤監査役
筒 井 博 貴
常勤監査役
田辺企業管理諮詢(上海)有限公司監事
拓捺貝貿易(上海)有限公司監事
平成25年4月12日
拓捺貝貿易(上海)有限公司監事
(注) 子会社でありました田辺企業管理諮詢(上海)有限公司は、平成25年4月12日開催取締役会にて決議され、解散し
ております。
- 11 -
② 平成26年4月1日付取締役の地位・担当等の異動
氏
地 位 、 担 当 お よ び 旧 地 位 、 担 当 お よ び
名 新
重 要 な 兼 職 の 状 況 重 要 な 兼 職 の 状 況 異 動 年 月 日
木 元 仁 志
若 松 孝 彦
長 尾 吉 邦
中 東 和 男
代表取締役社長
取締役副会長
拓捺貝貿易(上海)有限公司董事
コンプライアンス担当
平成26年4月1日
拓捺貝貿易(上海)有限公司董事
取締役副社長
代表取締役社長
管理本部・コンプライアンス担当
コンサルティング統轄本部長
専務取締役
専務取締役
コンサルティング統轄本部長
コンサルティング統轄本部 副本部長
取締役
取締役
ネットワーク本部担当
ネットワーク本部長
取締役
取締役
中 村 敏 之 北海道支社・東北支社・新潟支社
担当
平成26年4月1日
ネットワーク本部・管理本部担当
大阪本部・北海道支社・中四国支社
平成26年4月1日
平成26年4月1日
平成26年4月1日
担当
取締役
南 川 典 人 西部本部・中四国支社・沖縄支社
取締役
西部本部・沖縄支社担当
担当
- 12 -
平成26年4月1日
(3) 事業年度中に退任した取締役および監査役
該当事項はありません。
(4) 当事業年度に係る報酬等の総額
区
分
員
数
報 酬 等 の 総 額
取
締
役
(う ち 社 外 取 締 役)
9名
(-)
217,995千円
(-)
監
査
役
(う ち 社 外 監 査 役)
3名
(2)
22,750千円
(11,050)
合
計
(う ち 社 外 役 員)
12名
(2)
240,745千円
(11,050)
(注)1.取締役の報酬等の総額には、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まれておりません。
なお、使用人分給与は、35,670千円であります。
2.取締役の報酬限度額は、平成3年6月28日開催の第29回定時株主総会において年額300百万円以内(ただし、使用人分給
与は含まない。)と決議いただいております。
3.監査役の報酬限度額は、平成7年6月29日開催の第33回定時株主総会において年額60百万円以内と決議いただいておりま
す。
4.上記の報酬等の総額には以下のものが含まれております。
・当事業年度における役員退職慰労引当金の繰入額
・取締役に対する利益連動給与
(5) 社外役員に関する事項
① 他の法人等の業務執行者(または社外役員)の兼任状況および当該兼任先と当社の関係
・監査役谷 宜憲氏は、谷宜憲法律事務所の代表であります。当社と同事務所との間には、特別の関係はあり
ません。
・監査役矢崎 晴久氏は、アールワイ保険サービス株式会社の代表取締役社長および櫻護謨株式会社の社外監
査役であります。当社と両社との間には、特別の関係はありません。
② 当事業年度における主な活動状況
主
な
活
動
状
況
監査役 谷 宜憲
当事業年度開催の取締役会15回のすべてに、また監査役会11回のすべてに出席
し、必要に応じ弁護士としての専門的見地から発言を行っております。
監査役 矢崎 晴久
当事業年度開催の取締役会15回のすべてに、また監査役会11回のすべてに出席
し、必要に応じ豊富な経営経験を基にして発言を行っております。
③ 責任限定契約の内容の概要
当社は、社外監査役との間で、会社法第423条第1項の賠償責任について法令に定める要件に該当する場合に
は賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく賠償責任の限度額は、会社法第425条第1項
各号が定める額の合計額を限度としております。
- 13 -
5.会計監査人の状況
(1) 名称 新日本有限責任監査法人
(2) 報酬等の額
支
払
額
当事業年度に係る会計監査人としての報酬等の額
19,000千円
当社が会計監査人に支払うべき金銭その他財産上の利益の合計額
19,000千円
(注) 当社と会計監査人との間の監査契約において、会社法に基づく監査と金融商品取引法に基づく監査の監査報酬等の額を明確に
区分しておらず、実質的にも区分できませんので、当事業年度に係る報酬等の額にはこれらの合計額を記載しております。
(3) 非監査業務の内容
該当事項はありません。
(4) 会計監査人の解任または不再任の決定方針
当社は、会社法第340条に定める監査役会による会計監査人の解任のほか、会計監査人の適格性、独立性を害す
る事由の発生により、適正な監査の遂行が困難であると認められる場合、監査役会の同意を得て、または監査役
会の請求により、会計監査人の解任または不再任を株主総会に提案いたします。
6.業務の適正を確保するための体制
(1) 取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
① コンプライアンス担当役員を置き、コンプライアンスについての社内啓蒙、コンプライアンス体制の充実を
図る。
② 社員等(取締役及び使用人をいう。以下同じ)が遵守すべきものとして、「役員・社員倫理規範」及び「コ
ンプライアンス基本規程」を制定するとともに、担当役員は、社員等に周知徹底させる。
③ 内部監査室は、各部門に対して、「内部監査規程」に基づき、法令及び社内規程の遵守状況及び業務の効率
性及び有効性等の監査を実施し、その結果を代表取締役社長に報告する。
(2) 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
① 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理は、文書管理規程に従い適切に行う。
② 取締役及び監査役が求めたときには、責任部署はいつでも当該文書を閲覧または謄写に供する。
- 14 -
(3) 損失の危険の管理に関する規程その他の体制
① 「リスク管理委員会」を設置する。「リスク管理委員会」は、各部門の業務に係るリスク管理状況を把握し、
必要に応じて支援及び提言を行う。
② リスク管理に係る諸規程を整備する。
③ 決裁規程・決裁基準書等により職務権限を明確にする。
④ 内部監査室は、全部門に原則年2回の監査を実施する。
⑤ 取締役、本部長、副本部長、支社長、本社各部門長が出席し、原則毎月開催する事業所長会議では、年度計
画の進捗状況、業績の管理を行うとともに、異常事項の報告を義務付ける。
等により会社に重大な影響を及ぼす事態の発生防止に努めるとともに、万一、不測の事態が発生した場合は、代
表取締役社長を本部長とする対策本部を設置し、迅速な対応を行い、損害、影響額を最小限にとどめるよう努め
る。
(4) 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
① 取締役会規程、役員服務規程、決裁基準書等の諸規程の整備を行い、取締役の職務権限を明確にし、業務の
効率性を確保していく。
② 原則として月1回以上取締役会、事業所長会議を開催し、迅速な意思決定と効率的な業務執行を行う。
③ 経営計画、各部門業務計画を策定し、その進捗状況を取締役会、事業所長会議にて確認し、月次、四半期毎
の業績管理を行う。
(5) 当社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
① 総務部及び経理部は子会社の内部統制の有効性並びに妥当性を確保するため、業務分掌規程、関係会社管理
規程により、状況に応じて必要な管理を行う。
② 内部監査室及び監査役会は子会社管理状況及び業務活動について監査及び調査を実施する。
(6) 監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項及び当該使用
人の取締役からの独立性に関する事項
監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合、専任の担当者を配置し、その担当者の人事異
動、人事評価及び懲戒に関しては、監査役会の事前の同意を得るものとする。
(7) 取締役及び使用人が監査役に報告するための体制その他の監査役への報告に関する体制
① 社員等は、監査役に対して、法令に違反する事実、会社に著しい損害を与えるおそれのある事実を発見した
ときは、当該事実に関する事項を規程に従い速やかに報告する。
② 次の事項は、監査役に遅滞なく報告する体制を整える。
a.監査役から、業務に関して報告を求められた事項
b.内部監査室が実施した内部監査の結果
③ 監査役は、取締役及び社員より報告を受けた場合、その他の監査役に速やかに報告を行う。
- 15 -
(8) 監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
① 監査役が会社の重要情報についてアクセスできる環境等を整備するよう努める。
② 代表取締役社長と定期的に会合を開催する。また、会計監査人と定期的に意見及び情報の交換を行うととも
に、必要に応じて会計監査人に報告を求める。
③ 社員等は監査役監査の重要性を十分に理解し、監査役監査の環境を整備するように努める。
(9) 反社会的勢力排除に向けた整備状況
① 対応統括部署及び不当要求防止責任者の設置状況
対応統括部署 管理本部総務部
不当要求防止責任者 管理本部総務部長
② 外部の専門機関との連携状況
緊急時における警察への通報、弁護士等への相談を機動的に行えるように専門機関と緊密に連携し、対応で
きる体制を構築しております。
③ 反社会的勢力に関する情報の収集・管理状況
管理本部総務部に反社会的勢力に関する情報を集約し、一元的に管理する体制としています。
④ 対応マニュアルの整備状況
役員・社員倫理規範及びコンプライアンス基本規程に反社会的勢力との基本姿勢について定めるとともに、
必要に応じて適宜、具体的な対応マニュアル等に定めております。
⑤ 研修活動の実施状況
各種研修会時に適宜コンプライアンス研修を実施しております。
(注)この事業報告に記載の金額及び株式数は、表示単位未満を切り捨てて表示しております。
- 16 -
貸 借 対 照 表
(平成26年3月31日現在)
科
目
( 資 産 の 部 )
流
動
資
産
現 金 及 び 預 金
受
取
手
形
売
掛
金
有
価
証
券
商
品
原
材
料
前
渡
金
前
払
費
用
未
収
収
益
未 収 還 付 法 人 税 等
繰 延 税 金 資 産
立
替
金
そ
の
他
貸
倒
引
当
金
固
定
資
産
有 形 固 定 資 産
建
物
構
築
物
工 具 、 器 具 及 び 備 品
土
地
無 形 固 定 資 産
ソ フ ト ウ ェ ア
電
話
加
入
権
投 資 そ の 他 の 資 産
投 資 有 価 証 券
関 係 会 社 株 式
長 期 前 払 費 用
繰 延 税 金 資 産
長
期
預
金
敷 金 及 び 保 証 金
役員に対する保険積立金
資
産
合
計
金
額
6,051,386
3,405,471
78,138
525,763
1,500,447
39,148
15,914
10,537
41,704
6,841
123,801
286,456
10,229
8,550
△1,620
5,338,111
2,608,247
863,074
5,473
40,705
1,698,994
26,443
23,506
2,936
2,703,419
1,335,010
2,000
2,572
248,762
600,000
256,808
258,265
11,389,497
科
目
( 負 債 の 部 )
流
動
負
債
買
掛
金
未
払
金
未
払
費
用
未 払 法 人 税 等
未 払 消 費 税 等
前
受
金
預
り
金
賞
与
引
当
金
そ
の
他
固
定
負
債
退 職 給 付 引 当 金
役 員 退 職 慰 労 引 当 金
負
債
合
計
( 純 資 産 の 部 )
株
主
資
本
資
本
金
資
本
剰
余
金
資
本
準
備
金
そ の 他 資 本 剰 余 金
利
益
剰
余
金
利
益
準
備
金
そ の 他 利 益 剰 余 金
別
途
積
立
金
繰 越 利 益 剰 余 金
自
己
株
式
評 価 ・ 換 算 差 額 等
その他有価証券評価差額金
土 地 再 評 価 差 額 金
純
資
産
合
計
負債及び純資産合計
- 17 -
(単位:千円)
金
額
1,484,046
293,996
388,543
50,396
13,498
35,932
465,117
16,880
203,200
16,479
562,056
232,819
329,237
2,046,103
9,392,542
1,772,000
2,402,847
2,402,800
47
5,256,986
189,000
5,067,986
4,008,000
1,059,986
△39,291
△49,148
29,742
△78,890
9,343,394
11,389,497
損 益 計 算 書
( 平成25年4月1日から
平成26年3月31日まで )
(単位:千円)
科
目
売
上
売
上
売
原
上
総
金
額
高
7,582,765
価
4,246,760
利
益
3,336,004
2,662,742
販 売 費 及 び 一 般 管 理 費
営
営
業
業
利
外
受
収
価
受
利
証
券
取
営
当
の
業
有
外
価
費
証
評
常
特
別
資
別
関
定
係
税
資
産
前
息
17,312
金
10,863
他
5,144
損
950
他
1,428
益
売
人
当
税
期
2,378
709,807
益
18,290
損
7,131
価
損
30,883
利
益
却
除
株
当
売
式
期
却
評
純
法 人 税 、 住 民 税 及 び 事 業 税
法
38,923
18,290
失
産
社
5,603
益
損
会
引
利
利
定
特
固
価
の
経
息
用
券
そ
固
利
配
そ
673,262
益
取
有
益
等
純
調
整
利
額
益
- 18 -
38,014
690,082
15,241
△105,609
△90,367
780,450
株主資本等変動計算書
( 平成25年4月1日から
平成26年3月31日まで )
(単位:千円)
株主資本
資本剰余金
資本金
当期首残高
1,772,000
利益剰余金
その他利益剰余金
資本準備金
その他資本
剰余金
資本剰余金
合計
利益準備金
2,402,800
47
2,402,847
189,000
別途積立金
繰越利益剰
余金
4,008,000
504,788
利益剰余金
合計
4,701,788
当期変動額
別途積立金の積立
-
剰余金の配当
当期純利益
△225,252
△225,252
780,450
780,450
自己株式の取得
自己株式の処分
株主資本以外の
項目の当期変動額(純額)
当期変動額合計
当期末残高
-
-
-
-
-
-
555,197
555,197
1,772,000
2,402,800
47
2,402,847
189,000
4,008,000
1,059,986
5,256,986
土地再評価
差額金
評価・換算
差額等合計
純資産合計
△78,890
△59,040
8,778,467
株主資本
自己株式
当期首残高
△39,128
評価・換算差額等
その他有価証
株主資本合計
券評価差額金
8,837,507
19,850
当期変動額
別途積立金の積立
剰余金の配当
当期純利益
自己株式の取得
△162
-
-
△225,252
△225,252
780,450
780,450
△162
△162
自己株式の処分
-
株主資本以外の
項目の当期変動額(純額)
当期変動額合計
当期末残高
9,891
9,891
9,891
△162
555,034
9,891
-
9,891
564,926
△39,291
9,392,542
29,742
△78,890
△49,148
9,343,394
- 19 -
個別注記表
1.重要な会計方針に係る事項に関する注記
(1) 資産の評価基準及び評価方法
① 有価証券の評価基準及び評価方法
・子会社株式 移動平均法による原価法を採用しております。
・その他有価証券
時価のあるもの 事業年度の末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直
入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)を採用しておりま
す。
なお、組込デリバティブを区分して測定できない複合金融商品について
は、全体を時価評価し、評価差額を損益に計上しております。
時価のないもの 移動平均法による原価法を採用しております。
② たな卸資産の評価基準及び評価方法
・商品 先入先出法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基
づく簿価切下げの方法)を採用しております。
・原材料 先入先出法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基
づく簿価切下げの方法)を採用しております。
(2) 固定資産の減価償却の方法
① 有形固定資産(リース資産を除く)
定率法を採用しております。(ただし、平成19年4月1日以降に取得し
た建物(附属設備を除く)については定額法を採用しております。)
なお、耐用年数及び残存価額については、法人税法に規定する方法と同
一の基準を採用しております。
② 無形固定資産(リース資産を除く)
定額法を採用しております。
なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間
(5年)に基づく定額法によっております。
③ リース資産
リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しており
ます。
- 20 -
(3) 引当金の計上基準
① 貸倒引当金 売掛金等の債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については
貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能
性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
② 賞与引当金 従業員の賞与の支給に備えるため、支給見込額を計上しております。
③ 退職給付引当金 従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及
び年金資産の見込額に基づき、当事業年度末に発生していると認められる
額を計上しております。
また、過去勤務費用は、発生時における従業員の平均残存勤務期間以内
の一定の年数(5年)による定額法により費用処理しております。数理計
算上の差異は、発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年
数(9年)による定額法により発生の翌事業年度から費用処理しておりま
す。
④ 役員退職慰労引当金 役員の退職慰労金の支給に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計
上しております。
(4) その他計算書類作成のための基本となる重要な事項
消費税等の会計処理 税抜方式によっております。
2.貸借対照表に関する注記
(1) 有形固定資産の減価償却累計額 906,570千円
(2) 土地の再評価
「土地の再評価に関する法律」(平成10年3月31日公布法律第34号)及
び「土地の再評価に関する法律の一部を改正する法律」(平成11年3月31
日公布法律第24号)に基づき事業用の土地について再評価を行い「土地再
評価差額金」を純資産の部に計上しております。
再評価の方法
土地の再評価に関する法律施行令第2条第3号に定める固定資産税評
価額に基づき、これに合理的な調整を行い算出しております。
再評価を行った年月日 平成14年3月31日
再評価を行った土地の事業年度の末日における時価が再評価後の帳簿価
額を下回る額
25,918千円
(3) 関係会社に対する金銭債務
短期金銭債務
3,544千円
- 21 -
3.損益計算書に関する注記
関係会社との取引
売上高
仕入高
販売費及び一般管理費
146千円
5,409千円
7,924千円
4.株主資本等変動計算書に関する注記
(1) 発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
当事業年度期首株式数(株) 当事業年度増加株式数(株) 当事業年度減少株式数(株) 当事業年度末株式数(株)
株式の種類
発行済株式
普通株式
合 計
8,754,200
―
―
8,754,200
8,754,200
―
―
8,754,200
90,633
226
―
90,859
90,633
226
―
90,859
自己株式
普通株式 (注)
合 計
(注)自己株式の株式数の増加は、単元未満株式の買取りによるものであります。
(2) 配当に関する事項
① 配当金支払額
決
議
平成25年6月25日
定 時 株 主 総 会
1株当たり
株 式 の 種 類 配当金の総額
(千円)
配当額(円)
基
日
効 力 発 生 日
普 通 株 式
平成25年3月31日
平成25年6月26日
225,252
26.0
準
② 基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの
平成26年6月25日開催の定時株主総会の議案として、普通株式の配当に関する事項を次のとおり提案する予
定であります。
決
議
平成26年6月25日
定 時 株 主 総 会
株式の種類
配当金の総額 配当金の原資
(千円)
普通株式
259,900 利益剰余金
- 22 -
1株当たり
配当額(円)
基
準
日
効力発生日
30.0 平成26年3月31日 平成26年6月26日
5.税効果会計に関する注記
(1) 繰延税金資産及び繰延税金負債の主な発生原因別内訳
繰延税金資産
役員退職慰労引当金
賞与引当金
未払金損金不算入額
退職給付引当金
関係会社株式評価損
その他有価証券評価差額金
繰越欠損金
その他
117,175千円
72,318千円
64,470千円
82,860千円
10,991千円
206千円
195,800千円
27,623千円
繰延税金資産小計
評価性引当額
571,446千円
△3,537千円
繰延税金資産合計
567,909千円
繰延税金負債
未収事業税等
その他有価証券評価差額金
有価証券評価益
6,512千円
16,640千円
9,537千円
繰延税金負債合計
32,690千円
繰延税金資産の純額
535,218千円
(2) 再評価に係る繰延税金資産及び繰延税金負債の内訳
繰延税金資産
再評価に係る繰延税金資産
評価性引当金
28,077千円
△28,077千円
再評価に係る繰延税金資産合計
-千円
繰延税金負債
再評価に係る繰延税金負債
-千円
再評価に係る繰延税金負債の純額
-千円
- 23 -
(3) 法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正
「所得税法等の一部を改正する法律」(平成26年法律第10号)が平成26年3月31日に公布され、平成26年4
月1日以後に開始する事業年度から復興特別法人税が課されないことになりました。これに伴い、繰延税金資
産及び繰延税金負債の計算に使用する法定実効税率は、平成26年4月1日に開始する事業年度に解消が見込ま
れる一時差異については従来の37.96%から35.59%になります。
この税率変更により、繰延税金資産の金額(繰延税金負債の金額を控除した金額)は10,012千円減少し、法
人税等調整額が同額増加しております。
6.金融商品に関する注記
(1)金融商品の状況に関する事項
① 金融商品に対する取組方針
当社は、余資を預金・債券を主とした、流動性が高い金融資産で運用しております。
② 金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。当該リスクに関しては、当社
の与信限度管理規程に従い、取引先ごとに期日管理及び残高管理を行うことで、財務状況等の悪化等による回収
懸念の早期把握や軽減を図っております。
有価証券及び投資有価証券は、主に譲渡性預金及び債券であり、市場価格の変動リスクに晒されております。
当該リスクに関しては、定期的に時価を把握し、取締役会に報告することで継続的に見直しを実施しております。
また、金利・為替相場の変動リスクを回避する目的で、金利スワップ取引、通貨オプション取引を利用できる
旨、資金運用管理規程で定めております。
営業債務である買掛金は、そのほとんどが2ヶ月以内の支払期日であります。
なお、流動性リスクに関しては、資金繰計画を作成・更新するとともに、手元流動性を維持すること等により
管理しております。
③ 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
れております。
当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいる為、異なる前提条件等を採用することにより、当該価額
が変動することがあります。
- 24 -
(2)金融商品の時価等に関する事項
平成26年3月31日における貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表には含まれていません。((注)2参照)。
貸借対照表計上額
(千円)
(1)現金及び預金
(2)受取手形及び売掛金
(3)有価証券及び投資有価証券
その他有価証券
(4)長期預金
資産計
(1)買掛金
負債計
時価(千円)
差額(千円)
3,405,471
3,405,471
-
603,902
603,902
-
2,835,458
2,835,458
-
600,000
593,719
△6,280
7,444,832
7,438,551
△6,280
293,996
293,996
-
293,996
293,996
-
-
-
-
デリバティブ取引
(注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項
資 産
(1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金
これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
ます。
(3)有価証券及び投資有価証券
これらの時価について、債券及び不動産投資信託は取引所の価格又は取引金融機関から提示された価格
によっております。また、譲渡性預金並びに信託受益権は短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほ
ぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
(4)長期預金
この時価については、取引金融機関から提示される価額に基づき算定しております。
負 債
(1)買掛金
これは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
す。
- 25 -
2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
区分
貸借対照表計上額(千円)
非上場株式
2,000
これについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、
「(3)有価証券及び投資有価証券」には含めておりません。
3.金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額
1年以内
(千円)
預金
受取手形及び売掛金
1年超5年以内
(千円)
5年超10年以内
(千円)
10年超
(千円)
3,402,119
-
-
-
603,902
-
-
-
100,000
1,300,000
500,000
-
-
99,439
200,000
-
-
200,000
200,000
200,000
5,406,021
700,000
299,439
400,000
有価証券及び投資有価証券
その他有価証券のうち
満期があるもの
(1)社債
(2)その他
長期預金
合計
7.賃貸等不動産に関する注記
当社は、福岡県筑紫郡那珂川町その他の地域において所有しておりました遊休不動産を、平成26年3月期におい
て売却し、その売却益は18,290千円(特別利益に計上)、売却損は2,610千円(特別損失に計上)であります。
なお、売却により、期末において所有する賃貸等不動産が存在しないため、貸借対照表計上額、期中増減額及び
時価を省略しております。
8.1株当たり情報に関する注記
(1) 1株当たり純資産額
(2) 1株当たり当期純利益
1,078円50銭
90円09銭
- 26 -
会計監査報告
独立監査人の監査報告書
平成26年5月13日
株 式 会 社 タ ナ ベ 経 営
取 締 役 会 御 中
新日本有限責任監査法人
指定有限責任社員 公認会計士
業 務 執 行 社 員
藤 田 立 雄

指定有限責任社員
業 務 執 行 社 員
神 前 泰 洋

公認会計士
当監査法人は、会社法第436条第2項第1号の規定に基づき、株式会社タナベ経営の平成25年4月1日から
平成26年3月31日までの第52期事業年度の計算書類、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動
計算書及び個別注記表並びにその附属明細書について監査を行った。
計算書類等に対する経営者の責任
経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して計算書類及びそ
の附属明細書を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない計
算書類及びその附属明細書を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用
することが含まれる。
監査人の責任
当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から計算書類及びその附属明細
書に対する意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の
基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監査法人に計算書類及びその附属明細書に重要な虚偽表示
がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施すること
を求めている。
監査においては、計算書類及びその附属明細書の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が
実施される。監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による計算書類及びその附属明細書の重
要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。監査の目的は、内部統制の有効性について意
見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手
続を立案するために、計算書類及びその附属明細書の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。ま
た、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
含め全体としての計算書類及びその附属明細書の表示を検討することが含まれる。
当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
- 27 -
監査意見
当監査法人は、上記の計算書類及びその附属明細書が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業
会計の基準に準拠して、当該計算書類及びその附属明細書に係る期間の財産及び損益の状況をすべての重要
な点において適正に表示しているものと認める。
利害関係
会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
以 上
- 28 -
監査役会の監査報告
監 査 報 告 書
当監査役会は、平成25年4月1日から平成26年3月31日までの第52期事業年度の取締役の職務の執行に関
して、各監査役が作成した監査報告書に基づき、審議のうえ、本監査報告書を作成し、以下のとおり報告い
たします。
1.監査役および監査役会の監査の方法およびその内容
監査役会は、監査の方針、職務の分担等を定め、各監査役から監査の実施状況および結果について報告
を受けるほか、取締役等および会計監査人からその職務の執行状況について報告を受け、必要に応じて説
明を求めました。
各監査役は、監査役会が定めた監査役監査の基準に準拠し、監査の方針、職務の分担等に従い、取締役、
内部監査部門その他の使用人等と意思疎通を図り、情報の収集および監査の環境の整備に努めるととも
に、取締役会その他重要な会議に出席し、取締役および使用人等からその職務の執行状況について報告を
受け、必要に応じて説明を求め、重要な決裁書類等を閲覧し、本社および主要な事業所において業務およ
び財産の状況を調査いたしました。
また、事業報告に記載されている取締役の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するため
の体制その他株式会社の業務の適正を確保するために必要なものとして会社法施行規則第100条第1項お
よび第3項に定める体制の整備に関する取締役会決議の内容および当該決議に基づき整備されている体制
(内部統制システム)について、取締役および使用人等からその構築および運用の状況について報告を受
け、必要に応じて説明を求め、意見を表明いたしました。
子会社については、子会社の役員等と意思疎通および情報の交換を図り、必要に応じて子会社から事業
の報告を受けました。以上の方法に基づき、当該事業年度に係る事業報告およびその附属明細書について
検討いたしました。
さらに、会計監査人が独立の立場を保持し、かつ、適正な監査を実施しているかを監視および検証する
とともに、会計監査人からその職務の執行状況について報告を受け、必要に応じて説明を求めました。ま
た、会計監査人から「職務の遂行が適正に行われることを確保するための体制」(会社計算規則第131条各
号に掲げる事項)を「監査に関する品質管理基準」(平成17年10月28日企業会計審議会)等に従って整備
している旨の通知を受け、必要に応じて説明を求めました。以上の方法に基づき、当該事業年度に係る計
算書類(貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書および個別注記表)およびその附属明細書につ
いて検討いたしました。
- 29 -
2.監査の結果
(1) 事業報告等の監査結果
一 事業報告およびその附属明細書は、法令および定款に従い、会社の状況を正しく示しているものと
認めます。
二 取締役の職務の執行に関する不正の行為または法令もしくは定款に違反する重大な事実は認められ
ません。
三 内部統制システムに関する取締役会決議の内容は相当であると認めます。また、当該内部統制シス
テムに関する事業報告の記載内容および取締役の職務の執行についても、指摘すべき事項は認めら
れません。
(2) 計算書類およびその附属明細書の監査結果
会計監査人新日本有限責任監査法人の監査の方法および結果は相当であると認めます。
平成26年5月15日
株 式 会 社 タ ナ ベ 経 営 監 査 役 会
常勤監査役 筒 井 博 貴
社外監査役
谷 宜 憲
社外監査役
矢 崎 晴 久



以 上
- 30 -
株主総会参考書類
議案および参考事項
第1号議案 第52期剰余金の処分の件
第52期の期末配当につきましては、業績、配当性向等を勘案いたしまして、以下のとおりといたしたいと存じ
ます。
期末配当に関する事項
① 配当財産の種類
金銭といたします。
② 配当財産の割当てに関する事項およびその総額
当社普通株式1株につき金30円といたしたいと存じます。
なお、この場合の配当総額は、259,900,230円となります。
③ 剰余金の配当が効力を生じる日
平成26年6月26日といたしたいと存じます。
第2号議案 取締役10名選任の件
取締役田辺次良、木元仁志、若松孝彦、三宅弘章、大川雅弘、中村敏之、南川典人の7氏は本総会の終結の時
をもって任期満了となります。つきましては、経営体制の強化を図る目的で取締役3名を増員し、取締役10名の
選任をお願いするものであります。
取締役候補者は、次のとおりであります。
候 補 者
番
号
氏
名
(生 年 月 日)
略歴、地位、担当および重要な兼職の状況
所有する当社
株
式
数
1
た
なべ
じ
ろう
昭和55年3月 当社入社
田
辺
次
良
平成10年4月 当社代表取締役社長
(昭和26年6月3日生)
平成21年4月 当社代表取締役会長(現任)
562,238株
2
昭和60年3月 当社入社
平成12年6月 当社取締役中部支社長
平成17年4月 当社取締役ネットワーク本部、中部本部担当
平成18年4月 当社常務取締役管理本部、SP事業本部、中
き
もと
ひと
し
部本部、コンプライアンス担当
木
元
仁
志
平成19年4月 当社専務取締役コンサルティング統轄本部
(昭和33年3月15日生)
長、SP事業本部、コンプライアンス担当
平成21年4月 当社代表取締役社長、コンプライアンス担当
平成26年4月 当社取締役副会長(現任)
(重要な兼職の状況)
拓捺貝貿易(上海)有限公司董事
149,180株
- 31 -
候 補 者
番
号
氏
名
(生 年 月 日)
略歴、地位、担当および重要な兼職の状況
所有する当社
株
式
数
3
平成元年3月 当社入社
平成13年10月 当社大阪本部長
平成15年6月 当社取締役大阪本部長
平成18年4月 当社取締役大阪本部、中四国支社担当
平成20年6月 当社常務取締役中部本部、大阪本部、中四国
支社担当
平成21年4月 当社専務取締役コンサルティング統轄本部
わか
まつ
たか
ひこ
長
若
松
孝
彦
(昭和40年3月2日生) 平成22年4月 当社専務取締役コンサルティング統轄本部
長、ネットワーク本部担当
平成24年4月 当社取締役副社長コンサルティング統轄本
部長、ネットワーク本部担当
平成24年6月 当社取締役副社長コンサルティング統轄本
部長、ネットワーク本部、管理本部担当
平成26年4月 当社代表取締役社長、管理本部、コンプライ
アンス担当(現任)
33,826株
4
昭和62年3月 当社入社
平成12年1月 当社BD本部長
平成13年2月 当社SP事業本部長
み
やけ
ひろ
あき
平成15年6月 当社取締役SP事業本部長
三
宅
弘
章
平成18年2月 当社取締役SP事業本部長、中国担当
(昭和39年5月11日生)
平成21年4月 当社常務取締役SP事業部長、中国担当
(現任)
(重要な兼職の状況)
拓捺貝貿易(上海)有限公司董事長
14,111株
- 32 -
候 補 者
番
号
氏
名
(生 年 月 日)
略歴、地位、担当および重要な兼職の状況
所有する当社
株
式
数
5
昭和58年11月 当社入社
平成9年11月 当社北陸支社長
平成12年6月 当社取締役北陸支社長
平成16年4月 当社取締役企画開発部、北陸支社担当
平成18年4月 当社取締役ネットワーク本部、企画開発部、
北陸支社担当
平成19年4月 当社取締役管理本部、ネットワーク本部、企
おお
かわ
まさ
ひろ
画開発部、北陸支社担当
大
川
雅
弘
(昭和31年12月9日生) 平成21年4月 当社取締役ネットワーク本部、企画開発部、
北陸支社、中四国支社担当
平成22年4月 当社取締役企画開発部、北陸支社、中四国支
社担当
平成23年4月 当社常務取締役企画開発部、商品企画部、中
部本部、北陸支社担当
平成24年4月 当社常務取締役企画開発部、中部本部、北陸
支社担当(現任)
49,431株
6
平成6年10月 当社入社
平成17年10月 当社大阪本部副本部長
平成18年4月 当社大阪本部長
なか
むら
とし
ゆき
平成20年6月 当社取締役大阪本部長
中
村
敏
之
平成23年4月 当社取締役大阪本部、中四国支社担当
(昭和41年11月10日生)
平成25年4月 当社取締役大阪本部、北海道支社、中四国支
社担当
平成26年4月 当社取締役北海道支社、東北支社、新潟支社
担当(現任)
7,398株
7
平成5年4月 当社入社
平成16年10月 当社西部本部副本部長
みなみ
かわ
のり
ひと
平成19年4月 当社西部本部長
南
川
典
人
平成24年6月 当社取締役西部本部長
(昭和38年3月4日生)
平成25年4月 当社取締役西部本部、沖縄支社担当
平成26年4月 当社取締役西部本部、中四国支社、沖縄支社
担当(現任)
3,252株
- 33 -
候 補 者
番
号
氏
名
(生 年 月 日)
略歴、地位、担当および重要な兼職の状況
8
※
平成2年3月 当社入社
仲 宗 根 政 則 平成17年4月 当社東京第一本部副本部長
(昭和43年1月2日生) 平成18年4月 当社東京本部副本部長
平成23年4月 当社東京本部長(現任)
9
※
た
まさる
平成12年10月 当社入社
藁
田
勝
平成18年4月 当社大阪本部副本部長
(昭和40年7月19日生)
平成23年4月 当社大阪本部長(現任)
なか
そ
ね
まさ
のり
1,335株
わら
まつ
なが
まさ
0株
ひろ
松
永
匡
弘 平成26年4月 当社入社
(昭和34年2月13日生) 当社管理本部長兼管理本部総務部長(現任)
(注)1.各候補者と当社の間には、特別の利害関係はありません。
2.※印は、新任の取締役候補者であります。
10
※
所有する当社
株
式
数
- 34 -
0株
第3号議案 補欠監査役1名選任の件
法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第2項の規定に基づき、あらかじめ補
欠監査役1名の選任をお願いするものであります。
なお、本議案の提出につきましては、監査役会の同意を得ております。
補欠監査役候補者は、次のとおりであります。
氏
名
(生 年 月 日)
なか
むら
ひろ
かず
中
村
裕
一
(昭和29年12月21日生)
略
歴
お
よ
び
重
要
な
兼
職
の
状
況
所有する当社
株
式
数
昭和52年4月 三菱信託銀行㈱(現三菱UFJ信託銀行㈱)入社
平成12年2月 同社東京営業第5部長
平成14年4月 同社高松支店長
平成15年4月 同社営業第4部長
平成15年10月 同社年金営業第4部長
平成17年6月 同社執行役員プライベートバンキング営業部長
平成19年6月 三菱UFJ信託銀行㈱ 執行役員プライベートバンキング
営業部 役員付部長
平成19年6月 同社理事
平成21年6月 エム・ユー・トラスト・アップルプランニング㈱ 専務
取締役
平成22年6月 三菱UFJモルガン・スタンレー証券㈱ 常勤監査役(現
任)
(重要な兼職の状況)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券㈱ 常勤監査役
三菱UFJ証券ホールディングス㈱ 非常勤監査役
三菱アルミニウム㈱ 非常勤監査役
国際投信投資顧問㈱ 非常勤監査役
0株
(注)1.候補者と当社との間には、特別の利害関係はありません。
2.中村 裕一氏は、補欠の社外監査役候補者であります。
3.補欠の社外監査役選任理由について
中村 裕一氏は、金融、財務に関する専門的な知識と豊富な経験を有していることから、当社にお
ける監査業務を適切に遂行していただけるものと判断し、補欠の監査役として選任をお願いするも
のであります。
4.中村 裕一氏が社外監査役に就任された場合、当社は同氏との間で、会社法および定款の規定に基
づき、同法第423条第1項の賠償責任を限定する責任限定契約を締結する予定であります。ただし、
当該契約に基づく賠償責任の限度額は、法令が規定する額といたします。
以 上
- 35 -
株主総会会場ご案内図
会 場 大阪市淀川区宮原三丁目3番41号
当社本社3階会議室
 06-7177-4000
(1) 地下鉄御堂筋線「新大阪」駅から
4番出口を出て西へ徒歩約4分。
(2) JR新幹線「新大阪」駅から
①中央口の改札を出てすぐ右に曲がり、突き当り左のエスカレーターを下ります。
②エスカレーターを下り、左斜め正面の出入り口を真っ直ぐ進むと地下鉄御堂筋線4番出口に出ます。
(3) JR在来線「新大阪」駅から
①在来線改札口東口から出て、右に曲がります。
②一つ目の角を右に曲がり突き当り左のエスカレーターを下ります。
③エスカレーターを下り、左斜め正面の出入り口を真っ直ぐ進むと地下鉄御堂筋線4番出口に出ます。
(お願い)
・本会場には駐車場がございませんので、お車でのご来場はご遠慮願います。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
437 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content