close

Enter

Log in using OpenID

詩を読みます

embedDownload
原文で楽しむ
英詩
~ルネサンス期の恋愛詩~
原文で英語の詩を味わってみませんか。
シェイクスピアなど英国ルネサンス期に活躍した
詩人達の恋愛詩を楽しく読んでいきます。
10 月から始まる 3 ヵ月講座です。
■講 師■ 三重大学教授 宮地信弘
■受講日■ 第 4 土曜 15:30~17:00 【10/22、11/26、12/24】
■受講料■ 3 ヵ月分 6,000 円+税
■持ち物■筆記用具
■平成 28 年 10 月~12 月カリキュラム■
【1回目/10 月 22 日】エドマンド・スペンサー(Edmund Spenser)
1 回目は「英詩の王」とも呼ばれるエドマンド・スペンサー(c.1552-99)を取り上げます。
スペンサーはイギリス・ルネサンス期を代表する堂々たる詩人です。ここでは、後に彼の妻にな
る女性に捧げたソネット(14 行詩)を集めた恋愛詩集『アモレッティ』
(Amoretti)から2編
ほど読みます。
【2 回目/11 月 26 日】ウィリアム・シェイクスピア(William Shakepeare)
2 回目はシェイクスピアです。四大悲劇で有名なウィリアム・シェイクスピア
(1564-1616)には、劇作品の他に 154 編のソネットを収めた詩集『ソネット集』
(The
Sonnets)があります。その中から 2 編ほど選んで読んでいきます。スペンサーの調和的
な世界とは異なる深みがあります。
【3 回目/12 月 24 日】ジョン・ダン(John Donne)
3 回目は独特の詩風で知られるジョン・ダン(1572-1631)の恋愛詩を扱います。現代詩
にも大きな影響を与えたダンの詩集『唄とソネット』
(Songs and Sonnets)から 2 編ほど
取り上げます。ダンの詩は奇抜な比喩と生き生きとした機知が特徴で、知的なひねりに面白
さがあります。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
674 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content