close

Enter

Log in using OpenID

自動運転可能な超小型電気自動車「RoboCar® MV2」販売開始

embedDownload
報道関係各位
2013 年 2 月 26 日
株式会社ゼットエムピー
自動運転可能な超小型電気自動車「RoboCar® MV2」販売開始
-「走る・曲がる・止まる」をコンピュータ制御。高齢者の運転支援や近距離移動車両の研究開発に-
株式会社ゼットエムピー(東京都文京区、代表取
自動操舵システム
締役社長:谷口 恒)は、トヨタ車体製超小型電気自
動車「コムス」の最新型をベース車両とし、ステアリ
ング、アクセル、ブレーキを制御可能とした研究開
MV
発用プラットフォーム車両「RoboCar® MV2 TypeB」
コントローラ
の販売を開始しました。
RoboCar® MV2 TypeB は、市販超小型 EV「コム
ス」をベースに、ゼットエムピーオリジナル制御コント
自動ブレーキシステム
ローラ、自動操舵システム、自動ブレーキシステム
を搭載し、コンピュータにより、ステアリング、アクセ
RoboCar® MV2 TypeB
(オプションのステレオビジョン搭載時)
ル、ブレーキを制御可能とした実験用の超小型電
気自動車です。車速やブレーキ、ハンドル操作などを制御可能なライブラリが用意されているため、ユーザーは障
害物回避や自動運転、遠隔操縦などのアプリケーションの開発をスムーズに行うことが可能です。
超小型電気自動車 RoboCar® MV は、2011 年 1 月より販売を開始し、自動車および部品メーカ、大学等の研究
機関において、運転支援や予防安全技術の開発、自社製品・技術の評価といった用途で多方面でご利用頂いて
おります。今回販売を開始します RoboCar® MV2 はその後継機種となり、大幅なコストダウンと利便性を向上させて
おります。
価格は、CAN により車両の制御が可能な車両本体「RoboCar® MV2TypeB プラットフォーム」が 498 万円(税別)、
本プラットフォームと合わせてお使い頂くことで、すべての機能を PC 上のアプリケーションから利用可能となる
「RoboCar® MV2 コントロール PC&SDK」が 98 万円(税別)で、本日より受注を開始します。
RoboCar® MV2 http://www.zmp.co.jp/e-nuvo/jp/robocar-mv.html
【用途】 ・高齢者の移動手段、近距離移動車両の実験に
・運転支援技術・予防安全技術の開発に
・自社製品・技術の実車での評価に
・クルマと IT を連携させたサービスやアプリケーションの実験に
環境認識
運転操作・生体情報
ステレオビジョン ZMP®
全身モーションキャプチャ
ZMP® BodyMotion
RoboVision for Car2
頭部電位センサ
レーザレンジセンサ*1
ZMP®Fp1Electrometer-Z
コントロールPC&SDK
Ethernet
USB
RS-232C
Wi-Fi
(オプション)
MV
API
ユーザ
プログラム
・・・
CAN(プロトコル公開)
環境認識
車両挙動・位置・環境
死角検知(BSD)センサ
ZMP® OpticalFlow-Z
ミリ波レーダ*1
加速度/ジャイロ/地磁気
GPS/気圧/温度/湿度
ZMP®Position&Motion
・・・
2軸高精度傾斜センサ
ZMP® Inclinometer-Z
拡張例(オプション)
*1 他社製品
*2後輪1ヶ所に標準装備。オプションで計四輪に搭載可能。
RoboCar® MV Controller
MV
Inverter
MV
Steering
Driver
MV
Brake
Driver
M
M
M
Steering
wheel
(Angle)
Accel pedal
Brake pedal
Encoder*2
RoboCar® MV2システム構成例(TypeBプラットフォーム+コントロールPC&SDK)
【RoboCar® MV2 ラインナップ】
RoboCar® MV2 Type A プラットフォーム 198 万円(税別)
・CAN により車両の制御が可能な車両本体
・アクセル制御可能
RoboCar® MV2 Type B プラットフォーム 498 万円(税別)
・CAN により車両の制御が可能な車両本体
・アクセル・ステアリング・ブレーキ制御が可能
RoboCar® MV2 コントロール PC&SDK 98 万円(税別)
・コントロール用 PC(ノート型)と RoboCar® MV API を含む開発環境(SDK)。ユーザがすべての機能をアプリ
ケーションから利用可能となります。TypeA または B に搭載可能です。
RoboCar® MV2 Basic 198 万円(税別)
・公道走行可能なモデル。車載データ取得、ユーザ搭載センサ(外付け CAN)の同期取得。
【オプションセンサ】

環境認識
 ステレオビジョン「ZMP® RoboVision for Car2」
http://www.zmp.co.jp/e-nuvo/jp/robovision.html
 死角検知(BSD)センサ(オプティカルフローセンサ)「ZMP® OpticalFlow-Z」
RoboVision for Car2
http://www.zmp.co.jp/e-nuvo/jp/of-z.html
 レーザレンジセンサ(他社製品)
 ミリ波レーダ(他社製品)

車両挙動・位置・環境
 車両挙動・ポジションセンサ「ZMP® Position&Motion」
(加速度・ジャイロ・地磁気・GPS・気圧・温度・湿度)
ZMP® OpticalFlow-Z
ZMP® Position&Motion
http://www.zmp.co.jp/e-nuvo/jp/positionandmotion.html
 小型高精度 2 軸傾斜センサ「ZMP® Inclinometer-Z」
http://www.zmp.co.jp/e-nuvo/jp/inclinometer-z.html
 高精度車速センサ(エンコーダ)(後輪1ヶ所に標準装備。
オプションで計四輪に搭載可能)

運転操作・生体情報
ZMP® BodyMotion
 全身モーションキャプチャ「ZMP® BodyMotion」
http://www.zmp.co.jp/e-nuvo/jp/imu-z_bodymotion.html
 頭部電位センサ「ZMP® Fp1Electrometer-Z」
http://www.zmp.co.jp/e-nuvo/jp/fp1electrometer-z.html
その他のセンサ搭載やインタフェースの追加も可能です。詳しくは、お問い合わせください。
ZMP® Fp1Inclinometer-Z
【本件に関するお問合せ】
株式会社ゼットエムピー 営業部 TEL: 03-5802-6901 / FAX: 03-5802-6908 E-Mail: [email protected]
【株式会社ゼットエムピー】
http://www.zmp.co.jp/
本社:文京区小石川
代表取締役社長:谷口 恒
RoboCar® 1/10
RoboCar® MV2
RoboCar® HV
RoboCar® PHV
「人と機械を理解して最高に調和させる技術とサービスを提供する」というミッションのもと、「走る、曲がる、止まるを制御するプラットフォー
ム RoboCar®シリーズの販売」、
「人間計測に加えクルマの計測、外界の計測、それら三位一体の計測を行い、人にも環境にも優しいクルマ作りの支援」
、
「ロボット技術によるマーケットリサーチを行う Robot Marketing™、テスト代行を行う RoboTest®ビジネス」を行っています。2001 年 1 月文部科学
省傘下の科学技術振興機構から技術移転を受け創業。日本ロボット学会実用化技術賞、経済産業省「今年のロボット大賞
最優秀中小・ベンチャー
企業賞、中小企業基盤整備機構理事長賞」など数多くの賞を受賞。私たちはこれからも、ロボット技術やサービスで、イノベイティブな製品を生み
出してまいります。RoboCar、RoboTest はゼットエムピーの登録商標です。
2/2
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
692 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content