close

Enter

Log in using OpenID

AIJ投資顧問の年金資産消失問題と 企業年金

embedDownload
発行 : 労働金庫連合会(営業推進部) 発行:2012 年 4 月
AIJ投資顧問の年金資産消失問題と
企業年金における労働組合の役割
第9号
【第9号の内容】
1.年金資産消失問題と労組の役割
2.適格退職年金の廃止期限到来
3.DBからDCへの移行要件緩和
1.AIJ投資顧問による年金資産消失問題と企業年金における労働組合の役割
今回の問題は全容解明まで時間がかかりそうですが、金融商品取引法違反(契約に関する偽計)容疑
ということですので、騙す側の責任は当然あるとして、運用を委託した側(主に総合型厚生年金基金)
の「構造的な問題」も改めて考える必要があります。
構造
問題
上記
への
対応
予定利率5.5%
・運用環境悪化
基金の成熟化
掛金<給付
積立不足
拡大
運用の
専門家
不在
給付減額
(厳しい実施要件)
(現役とOBが利害対立)
追加資金拠出
(企業業績に直結)
(賃金等にも影響)
分散投資
不徹底
ハイリスク
運用傾斜
基金の
ガバナンス
・情報開示
の劣化
脱退・解散
(負担金が発生)
(退職後所得不安)
問題解決のための対応策は、いずれも一筋縄ではいかないものです。今回の問題を踏まえて、企業年
金における労働組合の役割として、以下のポイントを会社側に確認し、
「退職金を守る」取組みを強化す
ることをお勧めします。
自社の退職給付制度とその構成割合(厚生年金基金や確定給付企業年金がある場合、予定利率と積立不足の状況も)
厚生年金基金や確定給付企業年金がある場合、運用が過度なハイリスクになってないか(分散投資を行っているか)
不測の事態を未然に防止するため、企業年金に関する労使協議の場を設定できないか(情報開示を踏まえた対策検討)
2.適格退職年金の廃止期限到来
1962 年に導入された適格退職年金(適年)は、1966 年に導入された厚生年金基金とともに、退職一時
金制度から始まった日本の退職給付制度・企業年金の柱として一時代を担ってきましたが、50 年後の
2012 年 3 月末に廃止となりました。
適年は、バブル崩壊後の厳しい運用環境下で積立不足(受給権の保護)が問題となり、その役割を終
えることになりましたが、廃止決定に伴い 2001~2 年に導入された確定拠出年金(DC)と確定給付企
業年金(DB)の利用が拡大しており、今後も企業年金制度の中心になっていくと思われます。
退
職
給
付
制
度
の
変
遷
と
主
な
制
度
改
正
退職一時金
退職給与引当金廃止
適格退職年金(1962年)
主
な
移
行
先
制
度
厚生年金基金(1966年)
確定拠出年金(2001年)
確定給付企業年金(2002年)
中小企業退職金共済(1959年)
2012年3月末制度廃止
代行返上
掛金限度額引き上げ
マッチング拠出解禁※
キャッシュバランス導入
加入者の範囲拡大
※マッチング拠出は2012年2月末時点で28規約91社が導入。
3.確定給付企業年金(DB)から確定拠出年金(DC)への移行要件が緩和される
確定給付企業年金(DB)から確定拠出年金(DC)へ移行する場合、移行元であるDBにおいて積
立不足が無いこと(ある場合は解消した上で確定拠出年金へ移行すること)が条件でした。
この条件は、DBの一部を確定拠出年金に移行する場合でもDB全体に適用されることになっていた
ため、従来からDCへの移行を妨げていると指摘されていました。
こうした状況を踏まえ、2011 年 12 月 26 日に政令が公布(同日施行)され(※)
、DCに移行する部
分のみについて積立不足を解消すれば良いことになりました。
(設例) DBのみ導入(積立不足20%)の会社がDBの50%をDCに移行する場合
<現状>
積立不足
20
DBに係る
退職給付債務
100
年金資産
80
積立不足の影響を軽減したい
<改正前の移行イメージ>
<改正後の移行イメージ>
一括拠出で解消
DBに係る
退職給付債務
100
年金資産
100
DC導入に係る資金負担が重い
(移行部分)
DBに係る
退職給付債務
50
一括拠出で解消
(非移行部分)
DBに係る
退職給付債務
50
積立不足
(移行部分)
年金資産
50
(非移行部分)
年金資産
40
DC導入に係る資金負担が半減
企業年金間の移行条件の緩和は今後も随時実施されていくと思われますので、
「ろうきん企業年金NE
WS」の紙面でも適宜ご紹介していきます。
※確定給付企業年金法施行令の一部を改正する政令(平成 23 年政令第 418 号)。なお、当該内容は厚生年金基金にも適用
される(厚生年金基金令の一部を改正する政令(平成 23 年政令第 417 号))。
~確定拠出年金をご利用の皆様へ~
ろうきんの系統中央金融機関 「労働金庫連合会」 が提供する
ろうきん確定拠出年金定期預金 (5年) を商品ラインナップに加えませんか?
0.22%
お使いいただきやすい金利を提供しています。(参考:メガバンク 0.06%)
AA- 格付け(R&I)は、AA-(安定的)で、極めて高い信用力の評価を得ています。
2,984 社
社 4204 億
億円
円 多くの規約・企業から選定ご利用いただいています。
※2012 年 3 月末時点の情報です。
<ろうきん>は労働組合の企業年金・退職金を守る取組みを支援しています。
労組向け制度勉強会・加入者教育の講師派遣・個人型DCへの移換手続きサポート等<ろうきん>にご相談ください。
【 労働金庫連合会 営業推進部 】Tel:03-3295-9341 Fax:03-3295-8039 E-mail:[email protected]
注)本資料は情報提供を目的としており、勧誘を目的としたものではありません。信頼できると考えられる
情報に基づき作成しておりますが、情報の正確性、完全性が保証されているものではありません。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
350 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content