close

Enter

Log in using OpenID

NGSデータ解析をもっと快適に!

embedDownload
CLC Genomics Workbenchをお使いの方
CLC Genomics Serverの導入で
共同機器施設やコアラボでの
NGS解析が変わります。
1
今までの使い方
Genomics Serverの導入後
共同利用施設
順番待ち
研究室A
研究室B
研究室C
サーバー用次世代シークエンス解析ソフトウェア
CLC Genomics Serverの特徴
●研究室を移動せず解析実行、結果閲覧可能。
→CLC Genomics Workbenchネットワークライセンスと併用することで、自分の研究室のクライアントコンピュータから
解析実行指示が可能で、結果閲覧もできます。
●データの共有
→共用のデータ保存場所を設定することで、ユーザー間で解析データを共有することができます。
●ユーザーのアクセス管理
→ユーザーごとにアカウントを作成し、CLC Genomics Serverへログインして解析を行います。
その際、ユーザーをグループに分類し、グループごとのデータへのアクセス権管理を設定できます。
●計算処理の分散
→ジョブノードを追加することで、個々の処理命令を各ノードに分散させることができます。
またGrid Engineと連携させることで、より効率的なリソースの使用が可能です。
●コンピュータリソースの節約
→計算実行はマスターノードのコンピュータやジョブノードのコンピュータで行うので、
クライアント側のコンピュータはハイスペックである必要はありません。
●外部アプリケーションとの統合
→BowtieやVelvetなどのコマンドライン型の外部アプリケーションと統合させ、クライアントのCLC Genomics Workbench
からGUIでの実行が可能です。
●コマンドラインツール
→CLC Genomics Workbenchに搭載されている、NGS解析アプリケーションをコマンドラインにて実行できる無償ツール
が利用可能です。
3
CLC Genomics Server利用イメージ(小規模解析)
マスターノード・ジョブノードコンピュータでは、順番に解析処
理を実行します。
マスターノード・ジョブ
ノードコンピュータ
クライアント
コンピュータ
研究室A
研究室B
研究室C
CLC Genomics Server利用イメージ (大規模解析用)
De Novo
Assembly
用ノード
Reference
Mapping用
ノード
その他アプリ
ケーション用
ノード
ジョブノード
コンピュータ
・マスターノードでは、処理命令の振り分けのみを行います。
・各ジョブノードごとに任意のアプリケーションのみを実行さ
せるように設定可能です。
マスターノード
コンピュータ
クライアント
コンピュータ
研究室A
研究室B
研究室C
お問い合わせ先:フィルジェン株式会社
TEL 052-624-4388 (9:00~17:00)
FAX 052-624-4389
E-mail: [email protected]
*コンピュータとのセット販売も行っております。お気軽にお問い合わせください。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
391 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content