close

Enter

Log in using OpenID

Untitled

embedDownload
巻 頭 言
詩謡 集委員 会
委員長
たきの
えいじ
言葉。ことばの葉っぱ。この奥には、人の心が潜ん
でいて、その人の使い方次第で、言葉はさまざまに様
相を変える。その言葉達は、正に宇宙とも思える程の
広さと、毛細血管の様な繊細な世界をも織りあげる力
を持っている。
世 界 で 一 番 短 い 物 語 が 、 漢 字な ら 、 そ の 次 に 俳 句 、
短歌と続く。そして私達の書く歌も、少ない字数の中
に物語を構築する。
無駄のない言葉を選び、思いを描くのだ。
それは柔らかく、それは切なく、それは激しく、そ
れはたくましく、それは優しくなくてはならない。そ
の何かを描き切る覚悟で、私達は言の葉を紡いでいく。
柔らかさや、しなやかさの裏には強靭な力が働いてい
て、たとえば、松や杉の巨木を思う。あの枝の先のな
んと柔らかな事。風に揺らぐ葉のなんとしなやかな事。
それらを支える幹や根のなんとたくましい事。そのた
くましさを日々体に収めて、これからも樹の枝の先の
葉を思い、共に詩を描いていければ幸せと思う。
1
2
藍 川
藍
原
利
由
慶
夫……
那……
子……
たきの えいじ……
二〇
一九
一八
一
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
巻 頭 言
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
こう や たか お
紺屋高尾
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
たま ゆら
玉響の恋
委員長
相
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
別れる女
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
二四
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
赤
あと
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
痕
つめ
爪
春
二一
二五
惜
介……
池 みつを……
二六
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
女の影法師
圭
てるや……
二七
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
風の細道
青 木
佳津子……
二八
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
ぐ
ず
愚図り雨
酒はいい奴
と……
二九
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
望郷しのび笠
二二
あかぎ
さ
三〇
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
風の町
おわら
一……
坂
みまき……
三一
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
恋 逃 行
勇
赤
篠
子……
三二
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
泣きべそ天使
青 木
秋
原
美智子……
夢
恵……
三三
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
天 与 道
倖せは二人で
麻 木
夫……
三四
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
ちょい飲み福ちゃん
二三
浅 倉
秋
崎
詩
三五
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
ばな
め お
と
夫 婦 花
里……
麻
日
美勇樹……
三六
宮
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
雨
女.三姿郎
江
明
夫……
三七
ゆ
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
あ
親父の笑顔
青 島
飛 鳥
美代子……
則
子……
三八
井
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
鍵
母さんの夏すみれ
阿
み……
三九
·
·
·
·
·
~新しい母になる日に~
いつか
部
天 達
榮……
四〇
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
み
と
さん
水戸っぽ三ぽい子守詩
英
a n l i e……
新
明……
飯 野
芳
3
イズミ
出 原
石
石
原
川
彰
信
桃
彩……
志……
華……
イチロー……
敏
二……
さとし……
武
子……
光……
一……
瑪……
かつゆき……
五六
五五
五四
五三
五二
五一
五〇
四九
四八
四七
四六
四五
四四
四三
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
母の背中の子守歌
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
歳 時 記
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
愛を眠らせて
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
みよしの里
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
ぶりぶ り VV体操
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
一
盆 送 り
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
女
恋
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
一
千賀の浦情話
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
古い女のひとりごと
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
おも
で
あ ずみ の かげ
想い出安曇野影めぐり
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
雪 の 精
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
望郷あかね 空
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
夫婦のきずな
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
で
あ
出遭い酒
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
伊 藤
龍……
ひろし……
久
巻……
五七
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
伊 藤
絵
允……
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
コスモスに思う
四一
伊 東
裕
五八
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
う
た
舟歌が流れる港町
けいじ……
いとう
ゆうき……
五九
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
会津の虎と津軽の花
井 口
伊 能
トーマ……
六〇
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
姫っこ訛り
母ごよみ
井 上
かづこ……
六一
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
恋 の 川
四二
井 上
いさお……
六二
郎……
伊 武
宗……
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
夕月のバイヨン
二
岩 白
慶
六三
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
おつむてんてん
池 上
鵜 水
まいこ……
六四
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
少年時代
あんた泣いてるね
臼 杵
光……
六五
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
VIVA!
生駒
羽蝶天
さち子……
六六
元気になる魔法のおまじない
海 原
之……
市 川
野
政
森
馬
垣
いとう
梅
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
先生のふる里たずねて
4
大 山
大
大
前
原
海 野
宇 里
浦 山
裕
庄
央……
子……
愛……
介……
真実……
子……
羅……
清二郎……
香
豊……
じゅん……
詩
義……
菜……
作……
八〇
七九
七八
七七
七六
七五
七四
七三
七二
七一
七〇
六九
六八
六七
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
花 物 語
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
餐
聖
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
それは涙
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
恵
恋のドラマ
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
円
りん
いち
ゆめ
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
こ ん ぱく
魂魄からす
夢 一 輪
えんどう
幸
大 竹
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
ジャンケンポン・ポン
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
くれないの糸
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
別 れ 橋
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
絵島悲恋
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
れ い ら
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
目
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
奥
秋 の 道
理
岡
幸
重……
小 川
幸
口
小
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
八二
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
あかね
茜
ゆう
夕
恋歌 風の盆
圭……
八三
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
夢咲き峠
八一
さ……
八四
実……
あ
り……
八五
紅
おさべ
ま
悦……
八六
小 倉
織 田
正
明……
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
泣けてくる
都会の隅で
小野寺
正
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
浦 供 養
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
花
母への子守唄
旅
小山内
海 保
八八
片 桐
ざくら
櫻
おそ
遅
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
ていねん祝い旅
·
·
·
·
·
·
·
かさ ど
いまでも好きよ・笠戸恋唄
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
ふるさと偲べば
さだめ雪
八九
八七
九〇
明……
子……
K A K U Y O……
格
守……
九一
秀
勝 田
けい子……
九二
地
加 藤
通流……
九三
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
津軽の止まり木
和
かとう
沙……
金 谷
怜
5
川
かわいだ
川
川
上
紙 谷
左池子……
惠
けんいち……
春
英
良
子……
幸……
雄……
子……
九九
九八
九七
九六
九五
九四
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
火
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
地球よ回れ
·
· ·
· · · ·
· · · ·
·
· ·
·
· ·
·
· ·
·
· ·
·
· ·
·
· ·
·
· ·
·
· ·
·
· ·
·
· ·
·
· ·
·
· ·
·
· ·
·
· ·
·
· ·
·
· ·
·
·
·
·
·
·
·
·
白カラス
―あぁ幕末の薩摩武士―
西郷隆盛
花
井
花みずき
上
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
真理子……一〇四
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
カタコイ
川
三知余……一〇五
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
おん ど
あり まつ しぼ
有松絞り音頭
いさり火海峡
たかし…… 一〇六
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
き せ い ほん せ ん
紀勢本線
ひろみ……一〇〇
のぶや……一〇七
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
一万粒の涙
かわじ
神 辺
忠……一〇八
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
月見草の 宿
湯町北町・恋の宿
貴 志
冬…… 一 〇九
·
·
·
·
·
·
·
·
·
よ
あ
夜が明けて
たたか
戦いすんで
流……一〇一
岸 田
之……一一〇
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
う
熟 れ 柿
添
喜多條
芳
村
直
司……一一一
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
ありがとう人生
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
出雲路 ひとり
河
北
村
えりこ……一一二
賢
恵……一一三
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
~軍師~
黒田官兵 衛
若 葉 雨
北
光
う……一一四
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
無言詣で
一…… 一〇二
木 村
ゆ
沙……一一五
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
灰になるまで恋女
陽
京
流
介……一一六
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
秋 の 暦
崎
京
京
志……一一七
神
草 波
霧
仁
星
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
蛍
恋
エピローグ
久
枝
之……一一八
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
ひとりトロント
まさひこ……一〇三
國
浩
子……一一九
神田
国 武
啓
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
カフェ
メモリア ル
映し絵の恋
久保田
たけし……一二〇
野
熊
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
さみ
淋しぐれ
6
羽
保
卓
人…… 一 二五
生……一二四
夫……一二三
也……一二二
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
良
子……一二六
峻……一二一
黒 皮
慶
倉
黒 川
栗
崎
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
黒
·
·
·
·
·
·
·
桑原 ほうめい……一二七
ル
のぼる……一二九
シ
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
ゲ
坂
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
高
寿……一三二
志……一三一
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
小
保
ー……一二八
高
かずみ……一三〇
小 林
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
さ
紺
近
小
小
藤
い
野
藤
宮
清
さ
正
宮 え
く……一三七
あずさ……一三六
英
人……一三八
子……一三五
人……一三四
り……一三三
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
斉
久美子……一三九
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
月……一 四二
力……一四一
大三……一四〇
藤
さいとう
藤
齋 藤
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
斉
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
齊
坂 本
ひろし……一四六
寿美子……一四五
·
·
·
·
·
·
·
·
·
坂 本
信……一四七
一……一四四
佐久間
藤 茂
さいとうみつお……一四三
葉
斉
嶋
こじま
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
み
―流転
原
熊 倉
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
キ
こ こ ろ
ト
年月の流れに
お元気ですか
錦糸町ブルース
雪華の女舞
心じゃ負けぬ
ぶ
本因坊道寸留&名人道加奈
う
純真な男のラブコール
さすらい
放浪舞台
秋風のレ ジスタンス
がわ
な が しま
昭和を生きてた女
きみ
えい
君は長嶋を見たか!
び
美 瑛 川
そしてエレジーが聞こえる
シナリオ
つゆ草の道
吹雪に耐えて 名無し 花
しょう わ おとこばな
昭和男花
花 時 計
ふ ぶき
あの日の青空
ぢ
地風雪
帰ってきた赤トンボ
余計な世話かしら
沙華
しゃ げ
曼珠
ライフ (私の人生)
まん じゅ
マイ
こころ
心 の 駅
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
し
お終まいにしますね
7
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
輔……一四八
大
作 間
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
意地もある
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
ひさこ……一五〇
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
ばなし
下戸の小 咄
馨……一四九
佐々木
ミユキ……一五一
井
佐 渡
たどる……一五二
櫻
旭節だよ人生は
佐 東
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
· ·
· ·
· ·
· ·
·
·
·
·
·
·
· ·
·
·
·
·
·
·
·
·
· ·
·
·
· ·
いけぶくろえきまえ
男ドンマイ節
池袋駅前 バス ストップ エリア
源左衛門一文……一五三
佐野
まぼろし
幻
こい
恋
澪……一 五四
沙 夜
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
利
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
かわ
あか
時間の砂
沢
ひろし……一五六
明……一 五五
澤
紅 い 川
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
ア ル ト
波止場の歌姫
勝手にマリアージュ
吾
六……一五七
山
藤 せい子……一五八
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
夜明けに三日
充
山
名
英威子……一五九
椎
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
セプテンバーレイン
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
ドナウ旅 情
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
花は散りゆく
しば ともなり……一六〇
登美子……一六三
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
ひと葉舟
ゆ
仁…… 一 六四
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
お一人様
生きて行こうね
明
恵……一六五
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
伊豆恋旅情
子……一六一
千
い……一六六
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
し
ん
ち
北 新 地の雨
馨
白 石
れ
志…… 一 六七
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
惜 春 歌
嶌
白 川
正
也……一六八
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
親ごころ
郎……一六二
城 岡
晴
義……一六九
八
城 山
政
嶋
吹 田
下
野
野
菅
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
つぶらな瞳
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
紀
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
ろ まん
大正浪漫
ひさお……一七〇
木
さ と し … … 一 七二
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
ふる里の 大 地
助 田
鈴
木
はる か…… 一 七三
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
キャンバス
気まぐれ
港の夜曲
鈴
木
宗
代……一七一
鈴
木
敏……一七四
鈴
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
どんがら 日本海
8
田
曽
せ
瀬
関
浦
我
ん
端
根
原
須 田
鈴
浦
のぼる……一八五
幸
健二郎……一八〇
東
茂
厚
康
賢……一八三
けいこ……一八一
利
泰……一八四
子……一七九
西……一七八
幸……一 七七
子……一七六
正……一七五
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
母 さ ん
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
がわ
きよ
せ
清 瀬 川
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
春
恋 一 夜
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
関
し まん と がわ
四万十川よ
ゆう らん
こい
恋の遊覧
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
たん
かん
ぼ
寒 牡 丹
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
美織はあなたの味方
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
さ な ぎ
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
忘られぬ
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
あ ん た
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
幸せは先ず健康から
木
田
城
·
·
·
·
·
·
·
·
·
人生捨てたもんじゃない
義……一八二
髙
戸
雷……一八六
高 田
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
青い芝生
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
美……一八八
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
別れてからの恋唄
れい子……一八七
和
作……一八九
髙 田
耕
夫……一九〇
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
居酒屋よしの
炎
敏
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
京 都 駅
情
高 橋
髙
橋
人…… 一 九一
塚
髙
直
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
美奈子……一九二
高 橋
橋
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
あい れ ん じ ご く
愛憐地獄
オホーツク
髙
和
之…… 一 九三
畑
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
信太郎……一九五
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
いた こ がさ
娘潮来笠
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
しら かば
白樺かんば
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
時のサンバ
髙
えいじ……一九七
大
ん……一九八
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
すきです
水たまり
多岐川
わ
夫……一九九
じゅん子……一九四
たきの
隆
人…… 二 〇〇
髙畠
た く
滝
島
明
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
最後の母のお米
恋あそび・夢あそび
田
田
介…… 一 九六
多
·
·
·
·
·
·
·
·
~祖母のぬくもり~
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
夕陽の沈むまで
あなた
建 石
一…… 二〇一
9
25
田
田
中
中
中
なるみ…… 二〇四
克
いぶき……二〇二
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
遠 い 日
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
じゃく
べに
く
紅 孔 雀
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
鍋 音 頭
昌…… 二 〇三
田
ゆきを……二〇五
10
たなか
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
雄…… 二 〇六
波
·
·
·
·
·
·
·
·
·
棚
~白いあじさい
天草は幸せが光る島
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
六十里越え
アナベル
たにはら
詞
伸…… 二 〇七
亮…… 二 〇八
野
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
雄……二一〇
·
·
·
·
·
·
·
トワイ ラ イト
多
せん
船
お
忠
紀…… 二 一一
要…… 二 〇九
村
三
玉 利
田
草
ひかれあい
てんでんこ
千
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
ゆうすげの宿
々…… 二 一二
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
茶
か
れん
雅 道……二一三
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
べに ばな こい うた
紅花恋唄
か
津 田
有
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
酔いどれ天使
香 恋 花
土 田
タヅ香……二一五
紀…… 二 一四
出 口
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
ひ と ひら
文……二一六
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
まつ
松
おとこ
~桜一片の恋~
義
生……二一七
男
貴船川
手
幸
嶌
寺 島
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
天 馬
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
新宿ワルツ
母への子守歌
良…… 二 一八
佳……二一九
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
智砂子……二二〇
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
雨の札幌
橋
川
礼
桃 仙
戸
女
じょう…… 二 二二
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
もふもふガーリィ
もう
時
だ
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
二兵衛
稀代の軍師
もの申す!
と
多恵子……二二三
子……二二一
飛 田
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
岡
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
冨
頭デおおさか
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
ガテン人生渡り鳥
愛の小径
信……二二四
有…… 二 二五
慶
富 田
修……二二六
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
子……二二七
田
尚
晴……二二八
冨
外 山
敏
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
明日の答
胡鬼子は遠くへ
豊 岡
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
女の夜更け街
Ra
長
長
ながた
永
塚
永 田
長
浜
澤
井
鳥 羽
有
京
聖
恵
美…… 二 三五
子…… 二 三四
子……二三三
秋…… 二 三二
あきら……二三一
ひろし……二三〇
貞子……二二九
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
そよ風さん の歌
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
機関士ストーリー
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
息子・エレジィー
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
海 明 け
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
しょう
ゆう
げ
夕 化 粧
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
人 力 車
·
·
·
·
·
·
·
·
·
日本のまつり
だんじり
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
安……二三七
巌……二三六
伸
也……二三八
那須野
うろこ
め
難 波
俊
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
幾 夜 月
目から鱗
仁井谷
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
アンモラ ル
学……二三九
西井戸
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
追憶のペ ージ
ただすけ……二四〇
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
勝
西田
谷
としこ……二四二
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
花ふぶき
いい女房
西
平
己……二四一
西
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
人生夢ひとつ
たかし……二四三
にしみの
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
あなたとお酒を
芳……二四四
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
子……二四七
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
涙あふれます
照
冬
子……二四八
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
哀 愁 港
脇
野 沢
文
郎……二四九
西
澤
和
·
·
·
·
·
·
·
ブー
パラリの
トッピン
歩いてみよう
羽
本
真寿美……二五〇
みち子……二四五
橋
本
二 瓶
橋
日本人だよお花見だ
まだまだ小唄
ハ チ ャ ン ・ K……二五一
N O M O S S……二四六
地獄魔道の番外地
ハマ・イ チ ロ ー…… 二 五二
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
· · ·
· · ·
· · ·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
浜
そら耳かしら
高滝慕情
童謡「ポンチョのうた」その2
太……二五三
源
伸…… 二 五四
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
林
つき
ざ よい
い
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
Olive tree
十六夜の月
……二五 五
Toshiki Hayashi
11
美 山
光
ヒイロ
遙
原
原
晃
明
五
ユ
北
文
伸
輔…… 二 六二
葉…… 二 六一
郎…… 二 六〇
イ……二五九
斗……二五八
彦……二五七
二……二五六
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
肥
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
姫
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
ばん た ろう がらす
番太郎鴉
平
井
井
貴容子……二六六
健
歩
傑…… 二 六七
一…… 二六五
果…… 二 六四
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
平 山
平
岡
あやめ……二六三
田
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
き
串良弓道連盟の歌
りん ご
林檎の木
さと
郷
未 練 雪
ふる
故
ころも
お世話になります衣さん
男と女の詩
びっちゅうまつやまじょう
備中松山城
ちょ ろ う
死ぬほど愛して欲しい
むら
村の長老
人生百年
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
みなと
港
ほーたる
こい
恋
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
廣
雅
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
しゅん……二六九
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
· · · ·
· · · ·
· · · ·
·
· ·
·
· ·
·
· ·
·
· ·
·
· ·
·
· ·
·
· ·
·
· ·
·
· ·
·
· ·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
~哀愁の薔薇の町~
也……二六八
風
外美子……二七〇
りゅう ざくら
福 山
美
一……二七三
が
おしどり人生
藤
誠
行…… 二 七四
臥 龍 桜
白い花のささやき
純
子…… 二 七五
·
·
·
·
·
·
れん
蓮
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
文 月
·
·
·
·
·
·
·
·
·
芳園寺
平
節
和
三
子…… 二 八二
光…… 二 八一
朗……二八〇
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
星 合
誠
F u m i k o……二七九
まさる……二七八
弘志……二七七
光…… 二 七二
風……二七一
不
尚
びゃく
白
ふじわら
二
藤 本
ONE FOR ALL, ALL FOR ONE 藤 﨑
お伽情話
藤 村
言葉で悩む人生行路
藤 本
五月男……二七六
福山の夜
藤 安
恋雨みれん
人生ひとつ
お ま え
女房と節目酒
ひとりぽっちは辛いから
おとこみち
夢で気が付く男道
MORNING SMILE
北上慕情
12
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
江里也……二八九
眞佐子……二八八
純…… 二 八七
天
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
花咲き海峡
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
君と
もう一度
· · ·
· · ·
· · ·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
梵
ネオンの町よさようなら
槙
~あの頃に戻って
スタンダード ナンバー
·
あなたのいない秋祭り
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
花
徒
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
ふるさと 食 堂
一…… 二八三
真 下
之……二九〇
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
男の流れ星
成
井
博
峰……二九一
星 川
松 尾
德
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
尾張平野
子…… 二 八四
松 尾
松
岡
ま さし…… 二九二
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
ぶし
えん
か
怨 歌 節
明
松
捷
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
ど根性四代目
本 田
松 倉
かおり…… 二 九四
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
大人同士の恋の夜
丸…… 二 八五
松 野
久…… 二 九五
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
あととりさん
二……二八六
松 原
高
子……二九六
映
松 原
摂
夫……二九三
松 本
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
どひょう
しん
おとこ
新・男の土俵
雪…… 二 九七
夏 深
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
真
女の祭り
八留男……二九八
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
子……三〇〇
丸 山
節
行……三〇一
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
海色の恋
ありがとう
浦
正
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
三月弥生の走馬燈
あいつに
三
浦
三咲貴……三〇二
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
さと
か
ふる里のおっ母さん
あつこ……二九九
三
浦
子…… 三 〇三
まんだ
三
裕
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
ざか
坂
こ
はは
さくら雨
美 貴
和…… 三 〇四
母 娘
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
· ·
· ·
· ·
· ·
· ·
· ·
· ·
· ·
· ·
· ·
· ·
· ·
· ·
· ·
· ·
· ·
·
·
·
·
·
·
· ·
·
·
海挽歌
おんな
政
まさる……三〇六
剣 の 道
木
みさき
こ う じ…… 三〇七
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
げん た
あ
き
ば
秋葉原の源太
三
三 里
遙…… 三 〇八
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
女の夜景
未練しぐれ
三 郷
れいじ……三〇九
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
水
俺のあいつ
美咲 じゅん子……三〇五
木
13
みずみ
水
けんじ……三一二
隆……三一一
百……三一〇
·
·
·
·
·
あなたはやさしいギタリスト
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
望郷ヤン 衆港
辺
美 手
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
海なり 湯の街 風の街
苗……三一三
早
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
き
と
輝きの季節
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
愛みちずれ
14
南
ゆきと……三一四
ね
み
しげる……三一五
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
有
吹
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
浜
砂
箕 山
水
たけし……三一七
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
横一文字の夢物語
防府の昭和初期
宮 内
のぶを……三一八
間……三一六
宮 崎
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
風 来 鴉
行……三一九
敏
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
隆……三二一
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
まち
ネオン街
宮 下
清
夫……三二二
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
みち
お天道様
好
和
司……三 二三
宮代 よしはる……三二〇
三
笠
周
きら
~真田烈伝~
武
上
り……三二四
煌めく路
つわもの
村
る
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
思 い 酒
兵
村 田
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
山吹の宿
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
ひであき……三二六
夢…… 三 二五
桃 山
髪
黒
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
周年記念
奄美群島日本復帰
奄美群島めぐり
森岡
木
秀
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
ひと
おお みか
大甕の女
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
白蓮の花
風来坊の 呟き
八
坂
たかし……三二九
薫……三二七
矢
嶋
國
司……三 二八
矢
頭
明……三三〇
矢
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
お
や
おも
~男親の想い~
きゅう
求
き
梁 川
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
たが
箍
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
かわ
な
菜 の 川
希
梁……三三一
子……三三二
山甲斐
晶
功……三三三
巻
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
八
ふるさと 酒場
由希夫……三三四
山 北
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
五木慕情
崎 ふみえ……三三五
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
山
北斗星
あゝ
60
残りの人生は「おまえ」発
やました
·
·
·
·
·
·
·
恋 千 鳥
… 俺の生きざま
山
田
田
博
那津子……三三八
早
貴美……三三六
山
田
ユリエ……三四〇
苗……三三七
山
本
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
祐 田
·
·
·
·
·
·
·
·
·
k
彰……三 四一
Y
ちかげ……三四三
a……三 四二
ゆ き
浩
u
豊
ユメ子……三四五
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
吉
横 森
由
井
静
省
葉
恵
江……三四九
一……三四八
子……三四七
子……三四六
·
·
·
·
·
·
·
吉 田
すばる……三五〇
二……三四四
夢
吉 田
未
梨
よしだ
哲次郎……三 五二
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
R
い
I
か……三五四
E……三五三
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
れ
来……三五一
吉 村
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
生きて
康……三三九
山
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
野球人生
愛の匂いの残る町
倖せ~お返ししたい
ざか
ねね様 おんな坂
小さなその手は魔法の手
ラブ・ナイト
歌を風に乗せて
お酒の前に
近松~野崎村の段より お 染
プロムナード多摩川
人情酒場
愛の岸
~アメイジング・グレイス~
悲しみのミサンガ
だよ
また君に逢いたい
しあわ
倖せ便り
ちょっとでも
晩秋の宿
生きとし
和久洲
若 松
若 芝
連
かつ子……三五七
正
達
正……三五八
夫……三五六
人…… 三 五五
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
人生旅路の一里塚
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
沙那の港
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
望郷しぐれ
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
情っ張りじょんがら
綿
蛍
義
雪……三六一
昭……三六〇
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
渡 辺
木
わだ まさのり……三五九
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
春まじか
あ し た
明 日に
15
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
映 画
―夢への架け橋
渡
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
裏切りのブルース
邉
渡 辺
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
忘れない
健…… 三 六二
わたなべ
俊也……三六五
泰彦……三六四
士…… 三 六三
仁井谷
哲 郎
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
字
久
星 野
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
·
編集後記
題
16
たか お
こう
や
たか
だい じん
お大尽
お
紺屋高尾
だ ゆう
おいでなさいまし
ござります
の
高尾太夫に
呑みなんし
御機嫌よう
許されず
決りにて
きま
一服どうぞ
くらい
はだ み
松の位の
し ょ かい
今日はこれ迄で
くんなますか
初回に肌身は
今度はいつ来て
ありません
だい じん
職人で
お大尽などぢゃ
こう や
三年で
しがない紺屋
しん ぼう かさ
辛抱重ね
別れでしょう
ようやく迎えた 逢瀬です
こんじょう
これが今生の
だ ゆう
ねん き
あ
涙ぐむ宵
よい
思わずこぼれた 熱い涙
たか お
高尾太夫も
や よい
年季明け
ゆき ど
雪融け彌生の
よ ん せい
くんなます
げん ぺい とう きつ
女房にして
交したる
かわ
源平藤橘 四姓の
いや
人と枕を
三年も
かたじけ
卑しいこの身を
忝のうて
だ ゆう みょうり
想うてくださり
太夫冥利に 尽きますわいな
藍
慶
子
18
たま ゆら
ふた え にじ
夢をみる
二重虹
玉響の恋
天神橋から
添える二人と
紅を引く
・
・
・
知っていながら
玉響の恋
藍
せめて束の間
許してもらえぬ恋ですか
知って
お願い
・
・
・
べにがらごう し
加賀の宿
紅殻格子に 月の影
ひと よ ちぎ
一夜契りの
玉響の恋
抱かれたい
・
・
・
酔ったふりして
別れの足音近くても
酔った
・
・
・
今宵だけでも
雪支度
叶えて
兼六園には
待ちわびる
ふゆ び いと
冬日慕しく
・
・
・
燃えて散りたい
川
玉響の恋
染まる肌
・
・
・
言葉ひとつで
続けていけない恋ですか
言葉
散りたい
由
那
19
別れる女
想い出荷物
捨ててくださいね
愛のなごり の
旅に出ますの なぐり書きには
女のかくごです
おも に
相
強くなれるでしょうか
つまずきながら
幸せつかめな い
なだめてみても
言い訳立たない
強くなれるでしょうか
ためらい 置きざりの駅
添えた合鍵が
未練
別れて女は
信じていたから
愛のうらぎり
責める気持ちを
悔やしさ
あなたのそばでは
涙
別れて女は
忘れていいのよ
わたしは捨てた
わかった時から
生きていくのが
愛のくらしは ふたりの重荷
心のまま に
あ し た
明 日も
強くなれるでしょうか
あなたらしさと
夢も
別れて女は
原
利
夫
20
い
ま
現在という
酒はいい奴
人は誰でも
青
幸せ尋ね人
さ迷う男らを
時代の駅に降りてきた
夢を求めて
優しく招く
酒は 今夜も
路地のあかりは
いい奴さ酒は
癒してくれる
流れても
心のささくれ
ときがどんなに
遊んだ故郷を
忍んでいるよ
呑むんじゃないけれど
忘れはしないあの駅を
酒に溺れて
遠いおふくろ
俺は叶える
さくらさえ
歩いて見せる
いつの日か俺は
男の花道
山を彩る
夢にも冬はある
背中を押すよ
酒は明日の
酔わせてくれる
巡って来るように
蕾で冬を越えるのさ
いつか季節は
春は近いと
いい奴さ酒は
やる気を起こさせ
木
圭
介
21
倖せは二人で
隠していたね
苦労かけたね おまえには
いつも涙を
今日がある
変わるから
信じてきたから
季節も春に
思い出に
む か し
過去のことは
探そうか
かくれんぼ
祈っていたね
流れ星
二人の明日を
夜空に光る
いつか叶う と
倖せそっと
見ないふり
あの日誓った 約束だから
鬼さんきっ と
きっと掴むさ 倖せを
青
いっしょになるさ
くるときも
そうさお まえと
結べれば
今度生れて
こころとこ ころ
二人の春が
離さずに
やがてくるはず
愛しいおまえ
生きていきたい どこまでも
木
勇
一
22
母さんの夏すみれ
おかえりなさいの夏休み
私はあなたの子に帰る
ひとつ屋根の下
暮らした日々の影ひなた
淡い打ち水の香りと
母さんの夏すみれ
無理してないかい
そう言って
冷たい麦茶を差し出し た
帰りたいけれど
帰れぬ夏は胸の中
時の陽炎に揺れてる
母さんの夏すみれ
思い出話を咲かせるよりも
母さんのこれからを咲かせたいよ
古びた窓辺を照ら すのは
母さんの夏すみれ
青
島
江
里
23
つめ
爪
あと
痕
私あの時本気でいたの
声をころしてあなたの肌に
愛を摑んだ爪の痕
信じていたの何もかも
胸の鎖に指をあて
貴方の心を揺らしてみたわ
私あの時 酔って い たの
頬を叩いて醒ましてみたの
化粧直さず後ろ向き
知らない匂い気が付いて
貴方に影を感じたの
煙草を揺らして目を逸らしたわ
私あの時眠っていたの
く
る
ま
そっと出てゆく靴音聞いて
自動車の音が夢の中
耳を塞いで遠ざけた
それっきり な の私たち
電話もメールももう来ないのね
赤
恋なんて愛なんてもう要らないわ
口笛吹いてネクタイ直す
貴方の真似をしてみただけよ
終わったのね夢想い
池
みつを
24
惜
春
はないかだ
花筏
ひとり影
川面を飾る
愛にはぐれ し
がら
亡き骸を
な
千切れし夢の
いだ
抱き し を
浮世坂
いとしきものと
くい
悔のみ多き
蒼き月
あお
のどけき 空に
かそけきに
さ
君去りてなお
帰り来ぬ
き
涙さしぐみ
君の春
み てら
御寺を歩む
しぐれ雨
次の世を
胸に沁み入る
生れ変りて
いじらしき
とき
契りし昔よ
あかぎ
てるや
25
女の影法師
恋をして
涙も流す
生きていりゃこそ
つらいさだめに
添えなくたって
赤い夕日に
あなた私の
影法師
かざす指
一のひと
いち
いいのい いのよ
そんな女の
死んで花実が
覚悟の上よ
咲くものか
はな み
どんな苦労も
いいのいいのよ ふりむかないわ
夢花火
私です
一生一度の
影法師
あなたあっての
あげて女の
大事 にしたい
夢にむ か って こ れ か ら も
きづな
結ぶ絆を
あやまらないで
一のひと
いち
いいのい いのよ
あなた私の
好きなひと
影法師
いつもい つで も
ひとり女の
赤
坂
佳津子
26
風の細道
あかり
こ
とおせんぼ
何処 の 誰
ど
ようやく 点った 心 の 灯
消そうとするのは
さ だ め
思い出 横丁
それとも運 命が
二人歩いた
頬たたく
みれん道
ひとりぼっちの
風の細道
あなたと出会った この町だから
どうしても
責められて
せ
捨てたくないのよ
うわさ
つれない噂に
消すに消せない この胸の火が
燃えて逢える日 待ちわびる
恋の道
慰めよりも
風の細道
どれ程やさしい
抱きしめて
なぐさ
も一度しっかり
来て欲しい
私のことを
夢に見る
つか
帰ってきた日を
づ
遊び疲れて
き
おんな道
気 付 くその 日 が
風の細道
秋
篠
さ
と
27
あさ み
ぐ
ず
顔をする
雨呼ぶと
愚図り雨
朝見る虹は
お ん な
わか づく
若作りして
女将は浮かない
ケバい化 粧で
来ないから
びん ぼう がみ
ぐ
ず
ぶし
雨は嫌いさ
雨降りゃ 客が
貧乏神の
愚図り節
み すぎ
酒場身過の
しめ
げ
雨だよと
かみ
お ん な
おく
髪が湿れば
ち
は
愚痴を吐き
ぐ
未練に引かれ
女将は後れ毛 気にかける
別れた恋の
せん な
ぐ
ず
ぐせ
千本欲しい
せん ぼん ほ
酔えば詮無い
心に傘を
愚図り癖
やつ
酒場窶れの
し ゃ が
雨降ると
お ん な
む か し
よ
さま
空を見る
腰が痛めば
いや
女将は蹲踞んで
また呼び覚し
ふる きず な
厭な昔日を
古傷撫でて
した う
舌打ちしては
ず
なき
一生続く
ぐ
悪い天気が
愚図り涕
や も め
酒場寡婦の
秋
原
みまき
28
望郷しのび笠
悔やしいか
散るならば
命惜しむか
風太郎
花は蕾で
所せん浮寝の
胸の内
さ
あお
ほど
おも かげ
ま
風太郎
ゆる
かぜ た ろ う
あの娘の面影
仰ぎ見て
あ
うき ね
遠く浅間山を
草枕
こ
時化た合羽が
呑む 酒に
け
無理に呷って
気が緩む
し
意地が解ける
あ ほう がらす
おっ母さん
阿呆鴉さ
詫びても遅いね
夕暮れりゃ
し ゃ み
ね
糸しぐれ
ここは追 い分け
わ ら じ
ぽつり草鞋に
かど づ
三味の音が
ゆ
宿の門付け
夜を逝く
かす
月を掠めて
風太郎
さん ごく
しのび笠
磯節に
いそ ぶし
一人旅
何が恋しい
三国街道
ひね
捻る自慢の
こきょう
生まれ故郷を
麻
木
夢
子
29
風の町
八尾の町は
おわら
幻でしょう
盆踊り
ひと目をしの び
いたずらでしょか
思い舟
夏の終わりの
過ぎた昔の
男と女の
漕いで行きたい
逢うせ切ない 風の盆
あの日にいつか 戻れるならば
昔に還り
落ちてゆきたい どこまでも
たった一度の
逢瀬舟
悲しく響く
男と女の
笛の音さえ
風の盆
思いを寄せて
思い切ない
編み笠越しに
目を伏せる
いとしい思い
踊る御方に
後ろ姿の
恋瀬舟
泣き虫風が
男と女の
加賀の白山
逢うせ切ない 風の盆
浅
倉
美智子
30
迷い道
ゆく恋は
恋 逃 行
人目を 逃 れて
雪蛍
泣かせる
恋避行
麻
オホーツク
ありません
小さな 駅に
よるべを持たぬ
二人降り立つ
今年最初の
霧が
欲しいものなど
霧が
見え ますか
ぬくもり残した この指に
えにし
縁の糸は
星が頼りの
その先は
オホーツク
地図も持たない 道行ならば
遠い汽笛の
哭いてる
重荷なら
風が
風が
ひ
あなたの若さの
最后の町は
さい ご
身を退くことも できたのに
二人旅する
ゆきどまり
舞い散る
オホーツク
いりません
北の銀河の
雪が
明日なんかは
雪が
崎
恵
31
泣きべそ天使
いただろう
気持ちでいたなら
飛び出す車道
押してあげると 差し出す腕を
断り続けて
もっと素 直な
きっと幸せつかんで
泣きべそ天使 あたいのことだよ
いつもさがしているのさあいつ
明
どこにもいな い
しけこんでるのさ
盛り場
きっとどこかに
こっそり近づき
うろつく
いつか見つけて
女のうらみを
女の気持ち
いてほしかった
はらしてやるさ
わかる男で
素直になれない
いつか涙でぎらぎらにじむ
流れて行くのさ
笑っているだけ
ネオン・サインは
残されたのは
日
詩
夫
32
ら
天与道
ひそ
いとおしさ
さわやかさ
つつまれて
てん よ どう
密やかに
天 与 道
そ
銀河の流れ
し ず か
あ
静寂な宇宙の
あ
嗚呼
く お ん
久 遠 の愛に
こころ
魂の旅の
き
越えてきた
と
嵐の時代を
白い髪
な
天与道
せ
無言の背中の
嗚呼
仰ぎ見て
諭しつつ
さと
尊き日々を
ち
噛み締める
い の ち
み
生命の重さ
ま こ と
ありがたさ
身に受けて
おおらかさ
真実の一路を
そび
天与道
聳える山の
嗚呼
め ぐ み
恩恵の風を
歩いて往ける
飛
鳥
美勇樹
33
阿
ちょい飲み福ちゃん
暖簾の灯
ひ
夢をふりまく
熱燗で
味がする
ちょいと一杯
しょっぱい涙の
ちょい飲み福ちゃん
傍にくりゃ
泪忘れる
たこ結び
奇麗どころが
赤い鉢巻
腕さばき
田舎の訛りで「飲んでけろ」
自慢の手作り
ちょい飲み福ちゃん
サバの味噌煮の 味の良さ
酒に呟く
幸せに
酒はほど良く ちょい飲みで
福を呼び込み
店の名に
ちょい飲み福ちゃん
恵比寿顔
そんな気 持ちが
今日も繁盛
交わす杯
部
則
夫
34
め
お
と
ばな
こころばな
咲く花は
夫 婦 花
南の空に
夢の数
いつも寄り添う心花
重なる花びら
強い絆の固結び
花飾り
咲く花は
雨や嵐に負けないで
山の裾野に
いただき
頂上守る心花
けわ
険しい坂道
支え励まし乗り越えて
咲く花は
世間の風に負けないで
北の最果て
吹雪の 日 々にも
背を伸ばし
花飾り
寒 さ を 拒む 心 花
いつかくる春
冷たい風に負けないで
天
達
美代子
35
女.三姿郎
勝負じゃないさ
愛弟 子よ
守り神
愛した人は
勝負あり
セイッ
技と成る
試練の汗は
勝つことだけが
泣くな嘆く な
くやし涙と
ヤ
やがて実に成る
エイッ
組手一本
命をかけて
今は心の
まゝに成らない 緑の糸を
セイッ
腹に巻き 締 め 禅を 組む
ヤ
風を切る
エイッ
握る拳で
唯一筋に
空手道
女の夢を
賭けて貫く
努力の花は
ん
運命を切る
う
セイッ
来るだろう
ち か ら
人の情けと
ヤ
いつか咲く日も
エイッ
こぶし
握る拳で
雨
宮
英
子
36
あ ぐ ら
あかし
親父の笑顔
ついたち
あるじ
指が太くて 大きな手
それは漁師の 証だよ
どっかと胡座 一家の主
荒れる冬には 漁師は休み
網の修理に 道具の手入れ
四月一日 集まってくれ
舟子大事や みんなは笑顔
栄徳丸の 大漁旗は
やっぱりいいな 親父の笑顔
あ
え
ご
さ い ほう
く ら し
指が細くて 小さな手
何時も優しい 御母ちゃん
天気続きだ そろそろ船出
春は飛魚達 海色変えて
今日の潮路と 風聞く親父
網を入れるも 生活の為さ
声を合わせて 真剣勝負
栄徳丸の 大漁旗は
やっぱりいいな 親父の笑顔
りょう
じ
ぶり
ぎ
えぐ
ば く ち
ちょうか
冬の季節は 西方に
漁の仕方と 道具を見
一本釣りの 釣果を聞いた
疑似餌見た時 胸抉られる
何時も漁師は 博奕と同じ
今日は疑似餌だ 釣れるといいが
でかい鰤だよ にこにこ顔の
栄徳丸の 大漁旗は
やっぱりいいな 親父の笑顔
あ
ゆ
み
37
鍵
小鳥のよ うに
ご
鳥籠を飛び出た
あなたは消えた
か
未練を残して
鍵をする
逃げてくようで
こころ に
面影までもが
こころ に
新
乗せられま し た
支 え る 愛に
泣いています
泣いています
あなたと歩いた 内堀通り
身を切る風が
戻ってほしいと
ついて来いよと
悔しいけれども
鍵をする
忘れぬように
こころ に
せつない思いを
こころ に
初めて出会った 銀座のカフェで
泣いています
想いが切れず 泣いています
未練にすがって
鍵をする
逃げてくようで
こころ に
面影までもが
こころ に
泣いています
泣いています
あなたと歩いた 内堀通り
身を切る風が
戻ってほしいと
井
榮
38
~新しい母になる日に~
a n l i e
エールをくれる
和やかに
二人たたずむ
いつか
夕暮れの浜に
打ち寄せる波さえ
きら
煌めきが
こ が ね
黄金色の
たどり着いたこの日
アア~
やっと
あなたに心から「ありがとう」と
アアア~
いつか
いざな
なれますよ う に
二人眺める
言ってもらえる私に
月夜の海を
穏やかに
ゲートを誘う
心から「よかった」と
たどり着けるその日
アア~
煌めきが
満ちゆく潮さえ
銀色の
アアア~
きっと
どうか みんなに
なれますよ う に
ゴールを祝う
爽やかに
二人誓う
思ってもらえる私に
明け行く海で
煌めきが
変わりゆく青さえ
虹色の
アア~
たどり続ける願い
アアア~
ずっと
娘に心から「母さん」と
なれますよ う に
早く
呼んでもらえる私に
39
み
と
さん
飯
水戸っぽ三ぽい子守詩
ぽいぽいぽい… お目覚めいかが
ぽいぽいぽい… 夢の中から
出きるかな
ぽいぽいぽい川 水温むころ
よちよち歩きが
忘れっぽい
ぽいぽいぽい… あなたのママさん
水戸っぽだから
ときどきちょっぴり
ぽいぽいぽい… 良い子に育て
目を 覚ま す
緑に染まりゃ
ぽいぽいぽい… 夢に抱かれて
ぽいぽいぽい山
カエルもちょうちょも
怒りっぽい
ぽいぽいぽい… あなたのパパさん
水戸っぽだから
ときどきちょっぽり
ぽいぽいぽい… おやすみしましょ
ぽいぽいぽい野に
取れるかな
ひばりが鳴けば
ぽいぽいぽい… 夢のゆりかご
もこもこオムツが
飽きれっぽい
ぽいぽいぽい… あなたのパパママ
水戸っぽだから
ときどきちょっぽり
野
芳
明
40
母ごよみ
病室で
お母さん
夕陽傾く
静かに眠る
かけどおし
できなくて
ずっと心配
何も孝行
あふれます
し ずく
人生を
感謝の涙
仕事一途の
知らないで
胸に秘め
笑顔で生きた お母さん
姑気苦労
何も楽しみ
あの頃が
母ごよみ
今は懐かし
お母さん
重ねた日々は
別れて五年
介護お世 話を 思 い 出 し
なお いとし… …
今日も写真に 手を合わす
会えなくなって
井
口
けいじ
41
届いたわ
あんた泣いてるね
あんたのメールが
別れて二年も 過ぎたのに
覗いたの
変わらない
怖いけれども
書き癖昔と
あんた泣いてるね
池
絵文字が笑う
嘘よ嘘だわ
あの頃が
「元気でいるぜ」に
幸せ探した
埋もれてる
あったよね
短い言葉に
病気したこ と
辛くて泣いても メールには
書くのよいつも
気になるわ
あたし分ってる
「元気でいるぜ」と
嘘よ嘘だわ
あんたのメールが
息を止め
返事をしよ う か や めよ う か
爪を噛んでは
見つめる七文字 滲みます
絵文字が笑う
あんた泣いてるね
「元気でいるぜ」に
嘘よ嘘だわ
上
二
郎
42
母の背中の子守歌
母の背中で 見た夢は
星空キラキラ 輝いた
おとぎの 国の ク リ ス マ ス
赤いマントの サンタさん
鈴の音ならして やってくる
母の背中の 子守歌
遠いむかしの 出来事だけど
私に翼が あったらいいね
飛んで行けるね 星降る世界
母の背中で 見た夢は
幸せいっぱい 楽しいね
母の背中の 温もりは
お日さまポカポカ 暖かい
おとぎの 国の 草原は
若葉萌えてる 青い空
白馬にまたがり 夢飛行
母の背中の 子守歌
遠いむかしの 出来事だけど
私に翼が あったらいいね
飛んで行けるね 宇宙の果てに
母の背中の 温もりは
幸せいっぱい 楽しいね
遠いむかしの 出来事だけど
私に翼が あったらいいね
飛んで行けるね 星降る世界
母の背中で 見た夢は
幸せいっぱい 楽しいね
生駒
かつゆき
43
手なずけながら
歳 時 記
さびしさを
なにも待たない ふりをする
ひとり切ない 夜の中
俳句のように
くすくす笑う
五七五の
すねりゃ時計が
そうね
惚れたがり
ない子はいつも
濡れたとて咲いてきれいに遅桜
聞き分けの
良くも悪く も
なんの気なしに ふりむけば
俳句のように
ほろほろ泣ける
五七五の
甘い夜風に
そうね
動き出す
私の春が
消えたかと思えば燃えて恋蛍
おぼろ夜に
じわりじわりと
芝居がかった 夢ならば
俳句のように
あっちへ飛ばす
五七五の
指ではじいて
そうね
逃げ水を追えばにじんで影法師
石
川
桃
瑪
44
最 後の 旅
愛を眠らせて
これがあなたと
波間に浮かぶ
腕をほどいて
小舟のわたし
海のホテルに 沈む夕陽
どう か背中 の
罪な鎖ね
引き潮の時
踏み出す勇気縛るの
やさしさは
明日に
月が欠け
恋もあるわ
砂のように
愛をこのまま 眠らせて
指をこぼれる
さだめはかない
打ち上げられた 流木集め
燃やし尽くすの
罪な残り香
「平気」とだます
心配そうなまなざし
過ぎた季 節を
やさしさは
あなたの
ひとりでも
愛をこのまま 眠らせて
罪な鎖ね
引き潮の時
涙で汚したくない
やさしさは
別れを
月が欠け
愛をこのまま 眠らせて
石
原
信
一
45
水の里
みよしの里
自然ゆたかな
田園に
田植 歌
春のおと ずれ 里帰り
泥にまみれて
緑もそよぐ
癒し酒
えびす酒
疲れた体
秋の実りは
夏祭り
み よし いな り
三好稲荷の
里帰り
おおちょうちん
揃い浴衣で
た
大提灯
か
浮かぶ屋形船に
宵祭り
や
いいじゃん踊り
大 花火
おお
暑さもとばす 踊り連
心はじける
里帰り
秋祭り
揃い法被で
おはやしが
祝う豊作
笛や太鼓の
こだまする
や し ろ
神社の森に
し
祭り唄
だ
ふる まい酒に
山車の 舞
あ か り
揺れる提灯に
出
原
敏
光
46
イズミ
イチロ ー
元気になる魔法のおまじない
ぶりぶりVV体操
わい
ぶい
わい
ぶい
か
ぶ り ぶ り ぶ りぶ り V V
君 が 笑 え ば み ん な も 笑 顔さ ( アロ ハ! )
きと きと ド キ ド キ Y Y
ア ブ ラ カ タ ブ ラ ハ レ ル ヤ あ り が と う ( サ ンキ ュ ー )
み ん な で 踊 ろ う ( ハ イ !)
こ ず く ら ふ く ら ぎ ガ ンド ブ リ ~ 世 界 を 旅 する お魚
鳥 の目 虫 の目 魚 の目 愉快な 友だち 見つけよ う
転 ん で も 失敗 じゃな い 心 ピ カピ カ
素 敵 な 夢を ハ ート と ノ ー ト に で っ か く 描 いて
ぶい
ぶい
ばい
ばい
ぶ り ぶ り ぶ りぶ り V V
半 歩 踏 み 出 す 勇 気 と 負 け ん 気 ( ヨ ッシ ャ ! )
くよ くよ め そ め そ b y e b y e
め っ ち ゃ 頑 張る 自 分 を 褒 め よ う ( い い ぞ ! )
軌 跡 を 起 こ そ う ( ビ ック リ !)
雪 の 寒 さ を 耐 え たら 桜 が 満 開 が ん ば れ
チ ャ ン ス は 自 分 で 創 ろ う 逆 転 満 塁 ホ ーム ラ ン
べそ か い た 心 に は 魔 法 か け よ う
ち ち ん ぷ い ぷ い 痛 い の 怖 い の ど っ か に 飛 んで け
ぶい
ぶい
へい
へい
ぶ り ぶ り ぶ りぶ り V V
今 日 が ダ メ で も 明 日 が ある の さ ( ある ある ! )
ワン ツー ワ ン ツ ー He y He y
ア ビ ラ ウ ン ケ ン ソ ワカ あり がと う !
ピ カ ピ カ ト イ レ で 爽や か
気分は 上々 運 が いい
自 分 が 最 高 ! 開け ゴ マ !
愛 する あな たに サ プ ラ イ ズ
ぶい
わい
ぶい
ぶい
ばい
わい
ぶい
ばい
ぶ り ぶ り ぶ りぶ り V V
君 が 笑 え ば み ん な も 笑 顔さ ~ (アロハ !)
きと きと ド キ ド キ Y Y
ア ブ ラ カ タ ブ ラ ハ レ ル ヤ あ り が と う ( サ ンキ ュ ー ! )
くよ くよ め そ め そ b y e b y e
め っ ち ゃ 頑 張る 自 分 を 褒 め よ う ( い い ぞ ! )
ぶ り ぶ り ぶ りぶ り V V
半 歩 踏 み 出 す 勇 気 と 負 け ん 気 ( ヨ ッシ ャ ! )
地球 の す べ て に あ り が と
47
盆 送 り
年に一度の墓参り
帰ることさえ出来なくて
どんな 仕 事を成し遂げる
過ぎる時間に焦るだけ
ちりんちりんと風の音
お地蔵さまが通る道
愛してくれた両親を
迎えてあげる家もなく
教えてもらった盆棚の
飾り方だけ覚えてる
ちりんちりんと風の音
胡瓜の馬と茄子の牛
箸の持ち方上げ下ろし
優しく諭すお婆ちゃん
話で聞いた爺ちゃんは
俺とよく似た頑固者
ちりんちりんと風の音
入道雲に手を合わす
一
華
48
女
この命
恋
あなたの為なら
いいので す
解いても
ほど
笑顔で捧げて
あなたのネクタイ
しみついた
なぜか悲しく なるばかり
あたしの 躰に
抱きしめて
惚れてしまった 人だもの
焦がれた恋なら
あたしの心を こわしてよ
見ないでよ
愛しているよと 云いながら
遠い空など
云い訳の
いけない
不倫道でも
芝居ばかりじゃ みじめだよ
愛の文字
女のこころを こめている
ひと文字だけれど
あなたと過ごした この部屋の
恋ゆえに
いてほしい
忘れてしまえぬ
恋女
灯り消さずに
惚れたあたしは
市
川
武
志
49
千賀の浦情話
は
闇夜に映えて
いさりび
沖の漁火
影落と す
暮らせることを
お じま め じま
雄島雌島の
いつか一 緒に
懐かしい
ち
が
うら
夢みたあの日が
なな うら や さき
ここはみちのく
七浦八崎 千賀の浦
あか
揺れる黒髪
波間に 消 えりゃ
空蝉の
う つ せみ
ぼんぼり灯り
恋の浮き舟
夢も消ゆ
絆深めた
砂山崩れて
切なさ連れて
なみだ雨
あなたを追って
千賀の浦
ここはみちのく
七浦八崎
過ぎた昔の
走る渚に
寄せてくる波
わたしの恋唄 風に散る
千賀の浦
ここはみちのく
七浦八崎
一
森
さとし
50
悲しむな
い と う
古い女のひとりごと
つまらぬことで
かまえろや
もう歳だから…
しなくていいよ
もっと気 楽に
反省なんて
私なんて
しなくなる
いつの ま にか い つ の ま に か
号泣だって
やっと言える
ひとりごと
どこか寂しいけれど
古い女の
恐れるな
いないもの
つまらぬことを
恐い人など
優しくされる
可愛いよ
染みがふえて
この歳になり…
優しくすれ ば
私わかる
皴がふえて
なかなか顔も
肩が軽い
そっと言える
ひとりごと
恋もしちゃおうかしら
馬鹿な女の
ひとりごと
どこか寂しいけれど
古い女の
彩
51
め
おも
で
かわ も
あ
ずみ
の
かげ
伊
想い出安曇野影めぐり
ぶ
川面に写し
貴男が香る
あ な た
彼処に咲いて
か し こ
ほ たか がわ
柳芽吹きを
穂高川
とど
時を留める
岸の草花
せ おと ひそ
胸にしみ入り
瀬音潜めた 遠い日に
早春賦
そうしゅんふ
歌の碑肩に
ひ
想い出安 曇野 影 め ぐ り
桜ひとひら
照れて歌った
二つの影は
て
笑い寄り添う
想い出影に
頬なでる
ほほ
溶けて一つの
ほほ えみ
偲ぶ微笑
背にして今も
想い出安 曇野 影 め ぐ り
やま な み
遠く山脈
ぬく
肩と手を 組む 道 祖 神
かて
偲ぶ人
明日の糧に
あ し た
まねて重ねた 手の温もりは
なご
わ
心和ませ
と
永久に逢えない
想い出安 曇野 影 め ぐ り
藤
彰
二
52
雪模様
白い 闇
雪 の 精
雪はしんしん
二の字二の字の
ひと
追って来たのに
いと
愛しい男を
た
戦場ならば
い
伊
生命の果てるまで
捧げましょう
舞台が私の
いのち
芸に生きましょ
いのち
ほほ伝う
恋にはぐれた おんな舞い
ほろり涙が
消しても消えぬ 愛の残り香
く
小袖が濡れて
む
差す手引く手の
胸を打つ
こころ 心に誘えば
いざな
無垢がひと打つ
こころ
願います」
弧髙に生きて
夢かうつつか
手を合わせ
「今日もよろしゅう
化粧鏡に
た
この世のことは
い
雪舞う雪の精
地唄舞
舞台に恋して
芸は一代
雪… 雪 …
藤
久
子
53
茜に染まる
流れる雲の
住む町に
空の下
その向こ う
望郷あかね空
幼馴染みの
君は健やかか
青春の日よ
友よ
思いは熱き
* 友よ
齢を重ねて思いは募る
西空はるか 望郷あかね空
希望に満ちた 青春に
山里を
誓った硬い こころざし
沈む夕日の
懐かしき日よ
君は幸せか
偲べば友と
友よ
こころはいつも
友よ
齢を重ねて
思いは募る
君は健やかか
望郷あかね空
友よ
西空はるか
* 友よ
齢を重ねて
西空はるか 望郷あかね空
伊
東
ひろし
54
かぶ
夫婦のきずな
ま と も
真面に被り
陰で泣く
生きざまと
さお
浮世荒波
竿をさす
ちまた
夜の巷に
これが男の
意地を通せば
目に浮か び
詫びを言う
女房冬子が
両手 合わせて
重ね た無理が
か ら だ
会えずとも
いたんだね
細い身体で
いのち縮めて
たとえこの世で
次の世も
なるものか
愛し冬子よ
いてほしい
なんで忘れて
俺の女房で
愚痴の一つも
息を引く
零さぬままに
こぼ
笑顔たやさず
お 前だ け
安らかに
奥 の奥
夫婦だけしか 分からない
な さ け
深 い 人 情の
アバヨ冬子よ
俺の女房は
い と う
龍
55
あ
で
あ
出遭い酒
(出会えば兄弟、兄弟!)
伊
能
派遣の仕事で 知り合った
明日も見えない 男がふたり
もう泣くな もう泣くな
つらい身の上 聞いてやる
どうだ、此処らで一杯 やって行こ
「いちゃりばちょうでえ、ちょうでえ!」
で
出遭い酒
あ
(何も心配するな、心配するな!)
涙の向こうに なに見える
虹か光か そ れ と も 地 獄
もう泣くな もう泣くな
冷めたオチョコを 飲み干して
あつ かん いっ こん
さあさ、熱燗一献 グイといけ
「なんくるないさぁ、ないさぁ!」
で
出遭い酒
あ
(お互い頑張ろう、頑張ろう!)
誰にも言えない 夢かかえ
い の ち
右往左往の 男の意気地
もう泣くな もう泣くな
馴染みの店の カウンター
俺の、涙もこいつに 浸みてるぜ
「お互いちばらやぁ、ちばらやぁ!」
で
出遭い酒
絵
巻
56
コスモスに思う
近くの畑や公園に
ピンクや白のコスモスが
青空バックに咲き出した
父が大好きだった花
中学1年 生の時
両親亡くしていた父は
成績良くても褒める人
ないこと嘆き悲しんだ
その時風雨で倒れても
頭を持ち上げ立ち直る
コスモスを見て感動し
強く生きると決意した
確かに父は強かった
何事するにも前向きで
肺癌治療の辛さにも
弱音を吐いたりしなかった
お墓参りに出かけよう
このお彼岸には出かけよう
そしてお墓に供えよう
コスモス沢山供えよう
井
上
裕
允
57
う
た
舟歌が流れる港町
井
すがる背中がいじらしい
俺も泣けてくる
肩をふるわせ
たったのだろう…
そんなに泣くなよ
あれから何年
き
港町
と
時間が流れる
海に抱かれた
夢を見失い
呉の港町
逢えて良かった ここは広島
都会の谷間で
叱るお前に背を向けた
海辺のホテル…
酒におぼれて
水割り潮風
港町
待っていますと
霧が流れる
今もひとりで
呉の港から
二度とはなさない
ハガキ一枚
こころの陽だまり
あつい涙を拭いてやろ
くら はし
もっとお寄りよ
た
港町
お前が生まれた 倉橋の海…
う
つい
舟歌が流れる
終のゆりかご ここは二人の
愛に抱かれた 呉の港町
上
ゆうき
58
伊
会津の虎と津軽の花
会津の虎は きかなくて
身を切る風に 情けをつらぬく
津軽の花は じょっぱりで
は げ し い 雨 に 遠い 日あおぐ
ならぬことは ならぬもの
会津の虎は わが身をさらし
つらい三味の音 たたきつけ
津軽の花は 散ったとさ
父よ 会津の虎よ
おれの心に 吹く風よ
死んで虎は 皮を残すも
お れ の 前 に 道はな い
母よ 津軽の花よ
おれの心に 降る雨よ
散って花は 朽ち果てるも
おれの後ろに 道はできる
ならぬことは ならぬもの
おれの心に 吹く風よ
つらい三味の音 たたきつけ
おれの心に 降る雨よ
完膚なきまで 風にさらされ
土にかえれば この雨も道
父よ 会津の虎よ
母よ 津軽の花よ
武
トーマ
59
姫っこ訛り
わぁは津軽の 姫っこだきゃ
おら道産 子の 姫 だ べ さ …
あらまんまァ
姫っこ訛り
ふたつに分けて…
めんこい顔して
津軽海峡
訛り訛って
おんな 節 …
頬そめながら
唸る南部の
紅つけて
リンゴのよ う に
桜のような
ま つ ま え
姫っこふたり
道南くどきに ソーラン節を…
ふるさと自慢の
ひ ろ さ き
つがる弘前城 北は松前城
物語り…
る
遥か昔の
ね
かたりぐさ…
ん
海底トンネルも
望郷千里の
姫っこ訛り
と
連絡船も
訛り訛って
岩
白
かづこ
60
さ
き
恋 の 川
あかり
恋の川にこぎだす二人
将来に灯がつづく様に
私のすべてあなたに
心にしみるやさしさが
恋の川で虹を見る
そうよ… 虹を見た…
お も い
日々愛あればこそ生き
ちか
愛力なへれば流される
お も い
二人誓い一つになる
かみ
百花の風が吹いて来て
恋の川で虹を見る
そうよ… 虹を見た…
め
かがや
うず ま
くちびる
恋の川でそっと手を髪に
ひ と つ
瞳の輝き渦巻く紅き唇が
二人は身体真っかかに
熱き涙が空高くとんだ
恋の川で虹を見る
そうよ… 虹を見た…
鵜
水
いさお
61
夕月のバイヨン
胸ん 中
夕月が
泣いているいる
悲しみが
まっまっ真っ赤な
お前の背なから
臼
幸せはぐれ
砂浜に
明日という字は
止まり木はぐれ
とけているいる
激し いときめき
想い出…花火 夕映えのバイヨン
水 辺 にも
十字架
ぎっぎっギラギラ
見えているいる
叱られた
痛くない
サンタマリアに
涙の匂い
別れの傷な ら
秋雨 掠れば
素敵な匂い
夢だけみてる
夕月のバイヨン
もつれた愛ほど
二人は…他人
男と女は
幸せはぐれ
夕月のバイヨン
ゆきずりさえずり
かげろう
月炎…ひとつ
杵
慶
宗
62
おつむてんてん
ゆるくカールした
長い髪
心がとろけて
一目ぼれ
沸点 極点 おつむてんてん
初めてのデート
風邪引い た
高熱でてても
なんのそ の
晴天 運 転 うちょ う てん
さあさあ出陣
服脱いだ
気合いを入れすぎ
足もつれ
回転 横 転 て れ つ く て ん
これからおまえに
プロポー ズ
あいつがお先に
嫁にし た
暗転 逆転 ふぐたいてん
人生金だと
株買った
見る間に値下がり
大慌て
残金 装填 すってんてん
羽蝶天
笑って 泣いて てんてんてん
てんてんてんてん おつむてんてん
まいこ
63
陸軍部隊
少年時代
父はビルマの
夜汽車に揺られ
従軍看護
僕等子供は
七谷越えて
母はパラオの
街を離れて
少年時代
花に埋もれた 奥山暮らし
愉しかったナー
溢れる希望
朝日が光る
土の香りに
鍬を持つ手に
育てた野菜
す
南瓜に ト マト
疎開仲間と
さつ ま
な
薩摩イモやら
茄子にモロコシ 石垣イチゴ
少年時代
身体を鍛え
愉しかったナー
昼はは た けで
幼い頃が
読み書き授業
瞼閉じれ ば
浮かんで消えて
夜はランプで
赤い夕陽に
優しく包む
少年時代
老いた心を
愉しかったナー
海
原
光
64
VAVA!
馬
野
さち子
馬場君はね VAVAくんっていうんだよ 本当はね
だけど難しいから 馬場君って呼ばれて いるんだよ
や さ し いね 馬 場 君
う
ま
馬場君はね 将棋が強いんだよ 本当はね
だけど上手過ぎるから ババ抜きであそんでいるんだよ
謙虚だね 馬場君
馬場君はね ベジタリアンなんだよ 本当はね
だけどひとりのときは 馬刺しとかたのんで いるんだよ
おいしいね 馬場君
馬場君はね 猪木のファンなんだよ 本当はね
だけど義理堅いから みんなには内緒で いるんだよ
律儀だね 馬場君
馬場君はね 競輪大好きなんだよ 本当はね
だけど日曜日には 競馬にも通って いるんだよ
ツ イ テ ル ネ 馬場君
いぬ どし
うま どし
馬場君はね 戌年生まれなんだよ 本当はね
だけど若づくりして 午年のフリして いるんだよ
は が ゆ い ね 馬場君
馬場君はね 巣鴨に住んでるんだよ 本当はね
だけど住民票は 上馬に残して いるんだよ
おかしいね 馬場君
馬場君はね ヴァヴァくんて読むんだよ 本当はね
だけど日本人だから 馬場君って名乗って いるんだよ
いいひとね 馬 場 君
65
みち のり
梅
先生のふる里たずねて
先生に
石の陰
おおくすのき
大楠が
せい か
先生は
いといません
逢えると思えば この道程も
なんの苦労 も
れい えん
たずねてみれば
ね がわ
きれいな霊園
と
利 根 川の
川辺に繁っ た
胸を突く
もう間近
ま ぢか
ずっと見てきた この生家
おもい
なくなる 時が
むな
空しい念が
あのころの
うえ の えき
た
みんなの心に「あゝ上野駅」
口ずさむ
タ ロー
ひ
歌碑の建つ
か
元気づけられ
ぞ
散歩した
て
ありし日犬と
ど
土堤沿いの道に
垣
政
之
66
はるか見た
花 物 語
幼き頃に
ほそい道
しん りん き どう
森林軌道の
どこまでも
咲いていた
君と歩けば
ひそかに萩は
ゆれていた
夏に来て
秋つげな がら
また来るときは
り
云っていた
やま ゆ
山百合見たいと
君のかわらぬ 明るさに
ひとり来て
おりた道
行き交う人も なき道を
ほほ え
微笑み交わし
いく とせ
幾年過ぎて
ほそい道
山の駅
懐かしく
あの日とかわらぬ
君を想えば
コスモスゆれる
手を振りおうた 里の駅
浦
山
庄
作
67
聖
餐
宇
私の見ている景色に置き忘れた手紙
届けるには幼過ぎる言葉達
ゆっくりと積もる天使の羽根のように
互いの優しさが捩れて明日を消して行く
里
傷付けないようにと抜く度 深く刺さる棘
本当に大切なものを失ったことがないから
小さな約 束さえ守れる 訳がないと
あなたの綴る想いが透き通って見えない
香
菜
誰もが隣り合わせの温もりを探して
出逢えずに そして気付いて
最期に向かって進むことから逃れようと足掻いている
映り込んだのは合わせ鏡の中の私
流れ星を眺めていたいと願い
大切に択んだ音を並べては祈り
綺麗ごと繰り返す言葉が失う速度を上げて行く
誰にも気付かれない虚構を創り上げる天才
称賛を哀しむことなら演じることも厭わない
可笑しくて病むまで無理矢理 笑顔を絶やさず
道化を悪戯に続けていても変わらないのに
生きていることに慣れてはいけない
独りだけ そして俯いて
最期に向かって進むことから逃れようと足掻いている
逃れようと足掻いて藻掻いて それでも
私は大好きなあなたの幸せを願っている
子供達を撫でる指を想い浮かべて蹲る幸せを
今夜も叮嚀に言葉に描いて 未来を繋いで行く
68
女もいれば
それは涙
忘れられない
無理に忘れた 故郷もあるさ
人にゃ見せない 傷ばかり
酒の相手は
それは 涙 と
古なじみ
うずく夜の
それは涙と
しみじみ飲んで
男心が
酒と話して
思うもいいさ
海
いう奴さ
いう奴さ
うぶな昔を
泥にまみれた 暮らしでも
ひとしずく
追いかけて
冷めぬ心の
それが 涙 と
夢のつづ きを
それが涙と
泣く日もあるさ
ままにならない 世の中だから
酒に甘えて
悔しさも
そのあとに
恨みつらみも
洗い流して
いう奴さ
連れてくる
それも涙と
明日という日を
それも涙と
野
清二郎
69
恋のドラマ
軽く手を振る
演じてるつもり
又いつかね と
あなたの視線
粋な女を
背中に受ける
あなたの気持
振り返えらない 夜の街角
少しさめてる
判るから
恵
これでいいの
口づけで
強い言葉が
決めさせろなんて
耳くすぐるの
じらしたつもり
俺の心を
悪女を気取り
恋のかけひき していたつもり
しりきれトンボ
連絡も
恋のドラマは
あの日から
満天の星に
途だえている
夜空煌めく
セリフつぶやく
素直に言える
一人芝居の
今なら 言 える
愛をも一度
シリアスに
恋のドラマ
やり直せたら
あなたが好きよ
時を戻して
今度こそ
羅
70
風の
ゆめ
いち
りん
雪の
夢 一 輪
きび
厳しさも
つぼみ
つめ
冷たさも
蕾のままで
夢一輪
た
咲きたい
夢一輪
耐えて歩いた
いつか
咲きます
円
いつか
咲きます
咲きたい
夢一輪
夢一輪
理
信じて今日も歩きます
降ればいい
夢一輪
女の旅路
雪よ
信じて今日も歩きます
きっと
お
吹けばいい
冬の向こうの春風を
風よ
せ
咲く日を
傷を背負った
いつか
ざ
夢一輪
ひ
咲くまで
す
きっと
あ
きっと
信じて今日も歩きます
明 日 の 陽 射 しのぬく もりを
嬉し涙を流すまで
信じて今日も歩きます…
子
71
わた
こん ぱく
きた
ゆ
魂魄からす
どり
たび
北へ向く
せん り
渡り鳥かよ
かん
千 里の 旅 へ
じ せつ
おれ
時節を感じ
ふる さと す
なが
故郷捨てた この俺にゃ
ふ
流れるままに
かぜ
ひと
あし
風の吹くまま
き
どう ちゅ か ら だ
よがらす
で
出来ぬ足
もど
戻ることさえ
夜鴉よ
な
こい
なげ
泣くな嘆くな
かな
つよ が
叶わぬ恋の 道中身体
あし
ひと
強我りも
おも
おとこ
重かろ脚も
まぎ
男が独り
さけ
酒で紛らす
よいまくら
酔枕
うしろがみひ
後髪引く
わ ら じ
なが
はな
湯宿の女よ
ゆ やど
草鞋によ
どう ちゅ すすき
とめ
道中芒か
か
絡らんで摑る
こい
流す花
ひと よ
なみ だ
一夜の恋に
かぜ
おんな
女の涙
か っ ぱ
のこ
胸に残した
風がなく
すが
むね
縋る合羽に
えんどう
真実
72
大
ジャンケンポン・ポン
乳飲み子年寄 子供に大人と
雑にのっけて バスは行く
生きて生きとし ジャンケンポン
出して引っこめ あいこでしょ
下りがあっての 上りの道と
足の爪先 立てて建つ
ジャンケン ポン ポン
あいこで しょ しょ
次また次つぎ 人おりまた乗り
いつか周りは にぎやかに
勝つも負けるも ジャンケンポン
力いっぱい あいこでしょ
突然ブレーキ 立ち往生
アクシデントは あるものさ
ジャンケン ポン ポン
あいこで しょ しょ
答えはせかずに 脱輪せぬよに
長い道中 トコトコと
夢にむかって ジャンケンポン
未来信じて あいこでしょ
今日の夕焼 みごとに赤い
きっと明日は いい天気
ジャンケン ポン ポン
あいこで しょ しょ
竹
幸
介
73
くれないの糸
枝を揺さぶり
風とみぞれの
愛する人は
みぎひだり
岡のなか
ほたる色した 小さな灯り
必ず見ている
二人だろうか
負けてはいけない くれないの糸
便りかわせぬ
枝おるな
風よみぞれよ やさしさを
灯り消すなよ
くれないの糸
抱きあうその日
切ない二人は
いてつく寒さ
信じて女は
つらい痛さと
あの色は
かげでなく
そんな気がする
幸せつれて
涙かくして
明かるい朝日が
負けてはいけない くれないの糸
大
原
愛
74
大
感じたの
生きてゆけると
交わした
人なら
別 れ 橋
愛ある
ぬくもりを
泣かすと
あとは追いません
誰かを
さよなら
ふとね
ごめんね
わたしを消して
別れ橋
思い出の中の
雨を連れてくる
お願い
風が
浮き草流れ
ゆらゆら
伝えた
川面を
わびしさを
見えたから
わたしを消して
訳は 聞きません
心が
さよなら
あなたの
ごめんね
思い出の中の
ふとね
お願い
別れ橋
やすらぐわたし
傘に吹きつける
空みて
風が
はるかな
さだめね
別れ橋
わたしを消して
情けいりません
わたしに 気づいたの
頼りない
傷つく
さよなら
ふとね
ごめんね
思い出の中の
涙ゆらしてる
お願い
風が
前
裕
子
75
絵島悲恋
お
も
とら
は っ と
大
山
囲み屋敷の一間の部屋は 流す涙も凍えます
新さま…逢いとうございます
もしも鳥になれたなら 飛んで行きたい三宅島
思慕いを通わす 術もない
あゝ お月さま 恋とは叶わぬものですか…
愛を摘みとる ご法度の
おきて
掟破りの 罪と罰
遠くあなたは 三宅島
わたしは信濃の 高遠へ
ほ の お
絵島生島 情炎の恋を
散らす無情の あゝ 風が吹く
かこ
が
ん ざくら
こ
ひ が ん ざくら
この世で添えない運命なら…せめてせめて新さまの
夢の鏡に映したい 小彼岸桜に似たような
絵島の 哀しい 舞姿を…
さ だ め
囲み屋敷に 囚われた
さが
哀れ女の 性悲し
生きて地獄の この仕打ち
神様神様 恨みます
泣いて焦がれて 身もだえながら
お も
月に思慕いを あゝ 託す夜
ひ
小彼岸桜が 咲くたびに
恋の儚さ 思い出す
涙色した 花びらに
似ていた絵島の 恋ごころ
た お や め
命裂かれた 手弱女ひとり
はな
舞えば悲恋の あゝ 桜が散る
詩
央
76
お前の過去を
れ い ら
れいら
お前は知らない
話さない
れいら
誰も本音を
今を
れいら
仮染めを生きてる
さ だ め
れいら
知っているけれど
それが運 命 さ
俺は全てを
今は何も出来ない
れいら
お前は幸わせを
元気でいろよ
れいら
お前はつかめない
明日も
愛さない
れいら
誰も本気で
虚しさを生きてる
れいら
愛さないけれど
それがお前さ れいら
俺はお前を
いつか向えに行くさ
待ってていろよ れいら
れいら
愛さないけれど
それが運命さ れいら
俺はお前を
いつか一緒になるさ
待ってておくれ れいら
岡
じ ゅ ん
77
目
何か訳でも
隠しごとな ど
金か仕事か
あるなら話せ
俺にはするな
女のせいか
終わりのような
力になろう
まるでこの世の
らしくもないぜ
俺で良ければ
そんな目をして
いないだろうな
誓った夢を
ちか
まさか忘れ ちゃ
男同士で
羽ばたくのだと
せ ま い 日 本 は そろ そ ろ 飽きた
俺は世界へ
笑顔いっぱい 輝く瞳
元気が出たか
何処に消えたか あの日のおまえ
そうか少しは
手を振るけれど
飲もうじゃないか
駅裏酒場
後追いかける
木枯らし吹いて
それじゃ 又なと
うしろ姿に
道の枯れ葉が
昔かよった
いつか二 人で
小
川
豊
78
誰れかに
逢える道
いつも通る道
秋 の 道
この道は
いつか
咲いている
やさしさくれる
花はコスモス
人の心に
秋の道
長く続く旅
続いておくれ
この旅は
旅の道
スナックや酒場
花が咲く
汗も 流 し た 熱い道
夜のネオンに
語る
酒の花咲く
酔い人
人の生きる秋
おいでと呼ぶよ
話しあ い
一 緒に 向 い あ い
この秋は
秋と
遠い季節を
ここ に戻 って
旅からさめた 虫の秋
奥
幸
義
79
恋歌
風の盆
尋ねてきまし た
八尾町
もしやもしやで
格子戸白 壁
風の盆
胡弓の音色
あなたに逢いたい
哀しくひびく
忍び恋
泣かせます
恋するおんなの
さみしくさせます
ああ
ひとりでも
遠いむかしに 返れるものなら
悔やみはしません
風の盆
あの人に
欲しくない
暮らせるだけで
おわらが浮かれる
あなたの傍で
わたしはなんにも
ああ も一度逢わせて
燃えて流れた 愛しい日々を
忘れはしません
しみじみ知った
風の 盆
涙で包んだ このこころ
逢えなくなって
儚さを
あなたの大きさ やさしさと
ああ おんなの恋路の
小
口
幸
重
80
う
み
越えたら
夢が待つ
都会の隅で
海峡を
こ
来たけれど
こ
信じて都会へ
吹く風は
す
か
夢はこぶ
ビルの谷間に
あ
みせかけ だけの
あなたへ
帰れない
私の未来を賭けたから
今さら
つくたびに
なるんだと
ひとつため息
倖せ遠く
云ったあの人想い出す
めだちたがりの この街で
る
生きている
は
どこにある
ため息だけで
私の港は
めぐ
巡る季節
また咲くわ
花は散っても
花芽を育て
ひきよせて
ひかり
輝ひとすじ
咲かす夢
続く空
逢いたくて
都会の隅で
は ぐ れ た愛 に
こきょう
見上げる故郷に
小
倉
紅
実
81
ゆう
夕
あかね
茜
数えてみたら
思い出浮かぶ
ひとつふたつと
両の手あまる
瞼の中で
ゆ
夕茜…(夕 茜)
手招きしてる
て まね
まぶた
俺のふるさと
早く帰れと
ゆうあかね
ゆ
夕茜…(夕茜)
ち
ぢ
こ
ど
こ
何処何処いった
ど
往くに往けない この身が泣ける
ふたおや
た こく
あなたの眠る
みんな散り散り
父母さまよ
他国に生きりゃ
こきょう
故郷追われて
流れた月日
むな
やけに虚しく
こ
す
心の憂さを
う
夕茜…(夕茜) 夕茜…(夕茜)
ど
の ぞ み
ひ
と
愛し き 人 々 と
いと
あるならひとつ
何処に捨てよか
かな
叶う希望が
む か し
夢みています
あの町暮らす
以 前 のままに
さん が いだ
山河抱かれ
そんな小さな
ふるさと 恋し
夕茜…(夕茜) 夕茜…(夕茜)
お も い
思慕とどけよ
小 山 内
圭
82
あと
夫婦坂
後ふり向かず
夢咲き峠
前を向いても
忘れて
越える山
涙
苦労
見る虹めざし
くね
雨の晴れ間に
夢咲 き 峠
曲って
幸せさがしの
あせらず歩く
はな
夫婦坂
付かず離れず
心ふれあう
支え合い
夫婦坂
耐えぬきながら
人生峠
紅葉の秋と
生きて生かされ
桜吹雪に
色どりそえる
きび
冬の厳しさ
ぬ
おさべ
茨道
春の温くもり
木の根
つかんでみせる。
石ころ
きっとこの手に
夢咲き 峠
ほほ え
微笑みさがしの
あ
さ
83
忍びこむ
泣けてくる
ぬるい夜風が
ひとりきり
どこで誰といる
ふたりの部屋に
アンタは
ここに置いたまま
泣けてくる
アタシを
よくある話で
釣って釣られた あの夜に
したじゃない
それを忘れても
指きりげんまん
アンタが
それにしがみつく
言われて も
泣けてくる
アタシは
けなげな話で
馬鹿な女と
泣けてくる
生きられる
生きていればいい
それでもアタシ 愛してる
アンタが
アタシはそれで
はかない話で
織
田
ま
り
84
浦風やわぎ
波の上
不知火が
浦 供 養
遥かに灯る
海の人
みな わ
水泡と消えた
抜けた火か
ゆめみるように
むみょう
無明の闇を
ほのかな風息
ききとれた
かざ いき
あなたの声が
ほのかな風息 うずまきながら
吹き抜けた
砂浜は
素早いキスで
月冴え渡り
たち騒ぐ
思い込め
心の波が
神楽の鈴に
届けましょ
ね
眠れる人に
鈴の音流れ
ほとけが うら
仏ヶ浦まで
鳴り響け
うな ぞこ
海底さらい
あなたの胸に
ゆめみるように
鳴り響け
小野寺
りんりんりんと
ほのかな 風息
ききとれた
りんりんりんりん
あなたの声が
吹き抜けた
ほのかな風息 うずまきながら
素早いキスで
正
悦
85
木枯しが吹き
さだめ雪
落ち葉集めて
川面に消えて
かけました
いとしさに
解かした男が
ひと
雪がちらちら
わたしの心
憎いぐらいに
おんなの 命
さだめ雪
狭間の中で
はざ ま
何処までつのる
光と影の
苦労が好きと
暮らしたい
云うしかないが
そ れ で も あ な た 信じていたい
いつか一 緒に
待つ春に
さだめ雪
温もりもとめ
燃えて溶け行く
いつか身を引く その日が来ても
恋の果てでも
夢追いながら
悔いはしません
涙の中で
命です
この肌に
つくすまごころ
冬の風吹く
さだめ雪
はかな
消えて儚い
海
保
正
明
86
かけるから
母への子守唄
おまえが心配
治らない
やまい
病がなかなか
忘れられない ふるさとの
親不 孝
母と交わした 最後の電話
母さんごめんよ
ちぢめたの
四十年
淡路島
俺かもな
い の ち
あなたの寿命
舞鶴
俺かもな
新潟
魚を追いかけ
お ふ ろ
う
た
手と手をつなぎ
忘れはしない 雨の日の
銭湯帰りに
今度は俺が
聞いてよな
歌うから
母さん歌っ た こ の 童 謡を
聞いてよな
格
かあさんが
うれしいな
た
地
秀
ジャップジャップ ランランラン
おむ かえ
あめあめ ふれふれ
じゃのめで
ピッチピッチ
う
こ
母さんごめんよ この童謡で
こ
だめな息子の
子守唄
眠ってほしい
子守唄
だめな息子の
子守唄
眠ってほしい
子守唄
明
87
旅
花
祭り前夜の花火のように
燃えて儚い恋心
思い出たどり ひとり旅
おもいこらえて 奥能登へ
何処へ 流れる波の花
面影 はこんでくれますか
帰りたい 帰りたい
あの人の 胸の中…
荒れて渦巻く日本海
み つけ しま
春まだ遠い見附島
白い波花 乱舞する
ひ せつ
氷雪濡らして 消えてゆく
くだけて 漂う波の上
ひとり 淋しく冬支度
戻りたい 戻りたい
あの人の 胸の中…
寒さこらえて見ています
思い切れない恋心
風 に 吹 か れ て 舞い上がる
白い旅花 風に舞う
まるで私と 指をさす
冬しか 咲 け な い 白 い 花
帰りたい 帰りたい
あの人の住む街に…
KAKUYO
88
おそ
遅
束ねた髪に
ざくら
櫻
紅もささずに
曲り道
母を送った この一年が
女独りの
晩春の
夜を彩る
見上げる空に
ただ一筋に
生き甲斐だった
春に背を 向け
母の笑顔が
暮らした日々に
儚なくて
女二人で
描いた夢は
不思議な 縁
片
遅櫻
夜を彩る
遅櫻
遅櫻
遅櫻
桐
心 濡 ら し た 涙雨
結んだ糸は
見ていてくれる
歩むこの道
えにし
母が空から
貴方と並んで
夜を彩る
晩春の
温もりな んて
見上げる空に
男の人の
抱かれる事も 知らないままに
晩春の
夜を彩る
今は遥かに
見上げる空に
晩春の
生きて来た日は
見上げる空に
和
子
89
いわ
感謝込めて
ていねん祝い旅
さわ
ていねん祝いの
春の日爽やか みちのくの旅
ささ
列車は走るよ
苦労をかけた
景色も流れ
ながねん支えた 気持ちを妻に
触れ合う心は
仕事ができた
いたからできた
ひと すじ
これまで一筋
すべてはお前が
子育て終わり
苦労をかけた
やど
ぬく
語り明かそう
絆の宿よ
きずな
こ そだ
泣きごとこぼさず
さと
俺はかえりみず
さく な み ゆ
作並湯の里
こ よ い
今夜はしみじみ
か
お酒を交わして こころ温もり
ほんとにお前を
労り生きて
頼りにしている
たよ
これから先でも
苦労をかけた
いたわ
二人の旅路は
勝
田
守
90
所詮一緒に
いらないと
なれぬなら
かさ
加
ど
藤
けい子
いまでも好きよ・笠戸恋唄
将来なんて
別れのお 酒
し ょ せん
泪でにごる
船が行く
笠戸 のあな た
想い出乗せて
砂浜で
いまでも好きよ
あてなく歩く
息を かけ
あ か り
冷たい指に
こう ば
工場の照明
やみ よ
星降る闇夜
笠戸のあなた
波の果て
何も言うなと
想い出遠く
結んで も
こ こ ろ
信じたい
こ こ ろ
男心と女心
あなたの未来
さよならのキス
寄港船
せん
笠戸 のあな た
愛すればこそ
いまでも好きよ
想い出いずこ
91
遙かな想い出
ふるさと偲べば
ふるさとは
あざやかに
つれてくる
まぶた閉じれば
そして幸せ
夢の中しかない道を
汗うかべ
いまはもう
息をはず ませ
駆けてくる
すぐ浮ぶ
遙かな想い出
幼なじみが
初恋は
まぶた閉じれば
いまはもう
あの木蔭
夢の中しかない森の
そしてときめき 甦る
愛を誓った
きみがいる
遙かな想い出
そっと寄り添う
父母は
まぶた閉じれば 目に浮ぶ
甦る
かとう
夢の中しかない部屋の
そしてやさしさ
いまはもう
見てた窓
戻れない
いつも夕 日を
すべて幻
通
流
92
津軽の止まり木
雁が小枝を
荒海に
落としてゆくよ
津軽の秋はよ
羽を休める
ゆらり止まり木 波の上
渡り鳥
つめたかろ
温めておやり
ぬく
金
どこで、越すのかい
流れ流 れ てよ ~
しば
凍れる冬を
おなご
津軽の女よ
何も言わず に
冬の飛沫は
拭いてやれ
し ぶ き
そっと涙を
外ヶ浜
くわえて帰る
無事に、越してくれ
流れ流 れ てよ ~
しば
凍れる海を
津軽の春はよ
雁が小枝を
俺は、風呂を焚く
渡り鳥
風呂を焚く
浜の止まり木 集めてよ
俺は今年も
だ
流れ流 れ てよ ~
え
残った小枝で
谷
怜
沙
93
花
火
紙
谷
はぐれないように 手をつなぎたい
名前大声で 呼んでみたい
この恋誰かに 隠すなんて嫌よ
何もかも捨てたくなる程 愛してる
私夏の夜空いっぱい 赤く青く上がる花火
嘘がうまくなる程 後も先も分からない
あなたへあなたへと 走る心
もう誰にも 止められない
許してなんて 言わない
どうか神様 見逃して下さい
いつまた会えるの 甘えてみても
無理な事なのは 顔でわかる
形振り構わず 愛に生きる悪女
喜びと逃げ出したくなる 恐さ知る
私夏の夜空いっぱい 赤く青く上がる花火
罪も罰も分からず 愛の明日探してる
あなたへあなたへと 走る心
もう元には 帰られない
一番今が 幸せ
どうか神様 見逃して下さい
私夏の夜空いっぱい 赤く青く上がる花火
愛が深くなる程 闇を抱えすがりつく
あなたへあなたへと 走る心
もう誰にも 止められない
許してなんて 言わない
どうか神様 見逃して下さい
良
子
94
地球よ回れ
あの頃へ
夢いずこ
あの子と出逢った
時間を戻して
舞い戻り
鳴いて呼ぶ
星月夜
地球よ回れ
地球よ回れ
ゆっくりそよろ
また疼く
わけ有り未練
心の傷が
地球よ回れ
回れ回れ
東から西へ
母さん恋しと
夜更けのカラスが
悩ませた
物語る
わがまま言って
眉間の皺が
きびすを 返し
地球よ回れ
地球よ回れ
地球よ回れ
回れ回れ
東から西へ
連れて来る
深酒するほど 飲む酒が
涙と思いで
面影は
地球よ回れ
地球よ回れ
白地図画け
砂時計
馴染みのすえた
命を刻む
地球よ回れ
回れ回れ
東から西へ
川
英
雄
95
白カラス
ご免だぜ
だれが名付けた 白カラス
群れで居るのは
わかるまい
悪ばかり
黒いカラスにゃ
風の便りは
何なんだ
歌ってる
生きていくのは
空で悲しさ
恐れない
俺はいいんだ 白カラス
どんなことにも
好きだけど
羽ば たきだ
世の流れ
気にかかる
ひとりぼっちが
田舎あの娘が
ままにならぬは
雨にたたかれ
白 カ ラス
はぐれ 雲
どこへ飛ぶのか
同じ定めか
知れたこと
皆のも の
迫ってる
カァカァー叫ぶは
ここ に危 険が
ひとつ命は
鳴かず夕日に 消えて行く
川
井
春
幸
96
いのち
な
かわいだ
けんいち
―あぁ幕末の薩摩武士―
今こ そは
重ね来た
かさ
鍛錬の
たん れん
名もいらぬ
西郷隆盛
命もいらぬ
南の島に
五年の月日
国造り
この身を捨てて
文明開化
誠忠士
せいちゅうし
露と消え
傷深く
あぁ幕末の薩摩武士
薩英戦争
こ う ぶ いち わ
つど
公武一和も
みやこ
都に集う
呼び戻す
じ げん りゅう
今、西郷を
示現流
きた
鍛え鍛えし
連れ帰る
あぁ幕末の薩摩武士
むら た しん ぱち
とが
村田新八
おいどんが
こちょうまる
だい さい ごう
お咎めあれば
大西郷
はん せん
受ける覚悟の
東シナ
乗せて藩船 胡蝶丸
春まだ浅き
あぁ幕末の薩摩武士
97
花みずき
届くまで
花みずき
私の思いが
ときめく胸は
貴方のために
・
・
・
焦がれるまで
尽くす女でいたいのよ
命燃やして
花みずき
届くまで
じっと待ちます 悔いはない
私の涙が
ほろりと頬に
貴方のために
・
・
・
点もしたのね
死ねる女でいたいのよ
胸に灯りを
決めました
花みずき
届くまで
あの日心を
私の心が
恋する色の
貴方のそばで
・
・
・
いつまでも
ときめきたい
咲ける女でいたいのよ
いつもひっそり
夢を見させて
川
上
惠
子
98
いさり火海峡
寒い
北の 果て
心
雪が舞い飛ぶ
いさり火海峡
心
胸を焦がすか
追っかけ旅は
心
あなた未練の
重い
終わらない
命
再び逢うまで
命
錆びた船
命
潮にさらされ
朽ち果て消えてく
すべ
く
ここでお 前も
術などないの
女
つら
辛い
北岬
いさり火海峡
恋もある
あなた忘れる
女
死んで も 死ねない
女
な
こご
雪が哭いてる
あか
灯り凍える
叶えたい
あなたも一度 しっかり抱いて
二人で見た夢
川
上
左池子
99
湯町北町・恋の宿
添い寝の宿の
にくらしい
しのび込む
雪の夜
寝息かすかな
湯町北町
窓を閉めても
雪の音さへ
恋の 宿
夜よこのまま 明けずにいてと
ひとり目覚める
あの日の夜が
こんな二人に
ひとだけど
したので す
せ
すこし無口な
あたたかい
み
酒場で出会った
胸はほっこり
恋の宿
抱いて下さい も一度あなた
雪も解けます
上着を着せて
するのです
一夜の旅に
ひと よ
朝の道
いつかしら
後にする
顔を見ないで
湯町北町
今度逢えるの
言えずじまいの
にょうぼ
女房きどりの
そっとさよなら
かわじ
ひろみ
100
若 葉 雨
雨音きけば
誰もいない
若葉を濡らし 雨が降る
午後の公園
傘の中で
雨が降る
若葉雨
苛立ち を
気持が何故か 落ち着くよ
さっきまで の
静かに流す
通りの向こう
白くけむる
止まったように
角のマン ション
まるで時が
に
故郷をでた
く
想い出ひとつ よみがえる
夢に焦がれ
雨が降る
若葉雨
乾いた街に
外路樹にも
あの日も同じ
人の胸にも
緑が輝き
近くなる
あした晴れて
春から夏が
忘れずに
若葉雨
いつも希 望
歩いて行くよ
河
添
流
101
エピローグ
バーボン似合う この酒場
ひとり酒
聴きながら
グラス片手に
スローなジャズを
あの女は
いるのやら
ひと
※バラード好きな
今はどうして
しのぶ雨
通り雨
すぎた音を
片すみで
ドアの外には
今日も酒場の
バーボンは
止める酒
タバコのけむり
時の流れを
グラスの底に
通り雨
ゆれている
セピア色した 想い出が
ドアの外には
まるでシネマの エピローグ
※ くり返し
まるでシネマの エピローグ
神
崎
陽
一
102
貴方の横顔
泣けてくる
見ていると
映し絵の恋
胸が痛くて
逢うたびに
み
人目忍んで
ぼんや り と
激しい若さが この身体を襲う
月に照ら され
映し 絵の 恋
唇に
窓辺に揺れる
し
紅をひく
わ ず か に 開 いた
と
指でなぞって
貴方に触れれば
暗闇に
茜に染まる
歳月を重ねた この肌も
むぜび泣くよな
映し絵の恋
ぜ
秋の涼風
か
消すように
悲しく燃える
こ こ ろ
女の情念を
この身を責める
貴方を泣かす
来る時は
私が貴方を
鬼ごっこ
今度生まれて
影と影とが
夜明けが憎い 映し絵の恋
神田
まさひこ
103
イ
ツ
カタコイ
ア
神
最近 彼の心が わからない の
俺 の 気 持ち に 気 が つ かず に
無 邪 気 に キ ミは 言 う
キ ミ の 恋 人 が 親 友 じゃ な き ゃ
良 かっ たの に
また 今日 も カタコイ
ただのイイ ヒト
ア イ ツ の心 は 変 わ ら な い
俺 が 保 証 する よ
ア イ ツ と も っ と 向 き 合 っ て ごら ん
も っ と 分 か り 合え る は ず だ から
キ ミ達 なら
辺
真理子
ホ ン ト に イ イ ヒ ト だ よ ね っ て キ ミが 笑う
「そ ん な こ と な い よ 」 っ て 無 理 矢 理 に
笑う 俺は馬 鹿 だ
ホ ン ト は キ ミを 奪 い たく て
仕方がない のに
また 今日 も カタコイ
ただのイイ ヒト
電話で キ ミが 泣 いて い れ ば
そ ばで な ぐ さ める
ア イ ツ は 明 日 迎 え に 来る か ら
そ れ ま で 俺 だけ を 頼 って く れ
今夜だけは
優 柔 不 断 な 自 分 の心 を
何 度 も 殴り つ け る け ど
現実は 何も変わら ない
また 今日 も カタコイ
ただのイイ ヒト
近 く に い る から 苦 し く て
だけど 離 れ な い
ア イ ツ もキ ミも 失い たくな い
二 人 が 幸せ に な れる なら
こ のま まで い い
今 のま まで
104
あり まつ しぼ
おん
ど
あり まつ
有松絞り音頭
ハァ~
あ や め
あり まつ
かきつばた
かんばし
芳
東海道は五十三次 有松は
び
今日は楽しい お祭り日
絞り浴衣に 絞り浴衣に 身を包み
ゆ
しぼり小町が 町を歩く
か
こ
く も
鹿の子絞りと 蜘蛛しぼり
ハイ!
ぞ
いずれが菖蒲か 杜若
あり まつ
あり まつ
有松 有松 絞り音頭
ハァ~
伝統受けて絞り染め 有松は
わざ
しぼり職人 くくり技
み うら たつ まき
み うら たつ まき
ま
あ
三浦竜巻 三浦竜巻 巻き上げと
おとこしゅう
粋でいなせな 男衆
キリリッ 角帯 締めて立つ
ハイ!
あ
な ま こ かべ
あり まつ
惚れちゃいけない 妻子持ち
あり まつ
あり まつ
有松 有松 絞り音頭
う だつ
ハァ~
卯建が上がる海鼠壁 有松は
町屋作りの 商家町
てい たく
てい たく
古い邸宅 古い邸宅 文化財
お江戸時代の 佇まい
一度遊びに おいでませ
ハイ!
絞りの祭りに おいでませ
あり まつ
あり まつ
有松 有松 絞り音頭
み
ち
よ
三 知 余
105
き
せい ほん せん
誰かを泣かせる
離れます
くらいなら
紀勢本線
わたしがこの町
乗り継ぐ先は
紀勢線
哀しい旅を
おんな町
列車を何度か
しら はま
湯の町白浜
あなた忘れる
乗せて行きます
ご ぼう
あとをひく
迷い道
貴
つぎは御坊~御坊で停車いたします
裏道寄り道
ひと
いけない男ほど
叫んでみたら
日の御崎
み さき
涙にか すん だ
煙樹ヶ浜で
ひ
さよならあなた!と
ひとり歩いた
風ばかり
えん じゅ が はま
肩を抱くのは
聞こえます
吹く風が
元気を出してと
けじめをつけて
南の海から
添えない恋など
みさき
紀勢線
灯台あかり
気強く生きます この町で
しお
潮の岬の
いつか馴染んだ
本日は紀勢本線をご利用
有り難うございました
志
たかし
106
一万粒の涙
3・
岸
田
のぶや
枯れない涙
愛した涙
あの日の声が
聞こえます
あなたをあなたを
一万粒の涙 泣いても泣いても
一万粒の涙
聞こえていますよ
幾万の轍の声が
あなたの叱る声がする
探したろ
皆の笑い 声
咲きましたよ
何度泣いたろ
今年も桜が
満天の星
逢いた い
萌黄の大地
今日も海は美しく
逢いた い
※ 透きとおる青い空
あの日のあなたに
チクタク刻んだ 腕時計
愛と夢
イニシャルは私とあなた 結婚祝いの揃の時計
未来誓った
咲きましたよ
私のこの腕に 無口になって泣いてます
今年も桜が
※ くりかえし
107
11
短いと
月見草の宿
宿のゆかたが
抱きしめる
月見 草
湯煙と
笑うあなたが
窓の外には
夜空見上げる
ゆく恋も
あの月も
明日は離れて
月見草
明日は欠けゆく
知るや知らぬや
泣いてこの恋 かなうなら
花びらを
泣くものを
朝が来るまで
月見 草
涙枯れても
淡く咲かせる
ゆく恋も
あの月も
明日は離れて
月見 草
明日は欠けゆく
宿命みつめる
会えぬ月日の
燃えながら
分まで も
抱かれたい
いのち限りに
月見 草
せめてもいちど
夜風に揺れる
あの月も
ゆく恋も
明日は欠けゆく
明日は離れて
月見草
ひと よ
一夜惜しむや
喜 多 條
忠
108
や
たたか
い
戦いすんで
かっ て
わたし
じっ か
じ しょ
実家の地所よ
も
ゆ
持ちあげて
でてお行き
よ
あ
村
夜が明けて
北
死んじゃうなんて
し
本気なの
ほん き
嫌なら勝手に でて行きやいいさ
あなたそれって
いっ しょ
泣いたのは
な
一緒になれなきゃ
わたし
私にすがって
だれ
誰かしら
知らないくせに
し
いったいどこの
おんな
女ごころも
ふ
ろくで な し
ほ
惚れちゃ振られる
うち
おっしゃいますけど
ひと
ねつ
熱あげちゃって
じょう
キャバ嬢なんかに
人なんか
き
その気になってる
してあげる
い
こっちでさよなら
や
嫌ならでて行け
ち
ここはあなたの お家でも
と
土地は私の
うち
ほらほらお家
かつ
さっさと担いで
冬
109
う
帰ると言った
まだ来ない
舞い下りて
熟 れ 柿
雪の便りが
こ
目白と一緒に
振りをして
あの娘の便りは
指切り忘れた
戻ってきたよ
つれづれに
ふ
迷い子の手紙
笑顔さえ
風の使いは
心は冷える
ま
胸に生きてる
噂ながれて
ふたりで唄った 歌にさえ
木枯しだけが つれないよ
指折り数えた 窓辺にも
熟れたけど
う
柿はとっくに
通りすぎ
垂れるだけ
た
突つかれ た
馴れない靴音
目白の群に
ボロ切れ柿の実
北
村
直
之
110
ありがとう
居ればこそ
ありがとう
ありがとう人生
道連れ女が
ついてくる
玄関を
ひと
素敵な家庭
来たよと孫が
我が 胸に
長生きが
開けて元気に
安らぐ心
ふたり道
保つのも
築くのよ
出逢い人
見つめてる
それぞれ の
ありがとう
人生愛情
ありがとう
長男次男
も
倖せ暮らし
と
回りの友達や
しあわせ
生きる幸福
訪ずれやすく
ありがとう
ふたり道
ありがとう
カタログ誌
人生愛情
夫婦の旅の
花が咲く
ご褒美が
手にとる度に
一年ごとの
び
きずな愛
た
旅の想い出
ふたり道
海外旅行に 今年もと
人生愛情
木
村
賢
司
111
出雲路 ひとり
稲佐の浜で
あの日私に
紅くなる
夕陽に染まる
私の涙も
身を引くだけが
ひとり
迷い旅
ただゆるされた 道でした
出雲路
後悔ばかりを みちづれに
大社の森が
や し ろ
片割れ月と
鎮めても
恋の闇夜を
荒ぶる心を
あなたのいない
願い旅
あなただけ
ひとり
結ぶ夢
泣いた女の
宍道湖は
水面が光る
縁を
照らせる人は
出雲路
ふたたび
朝陽を浴びて
神代のころから
身を引く蔭で
水たまり
願い旅
悲しみ色の
出雲路
誓う 旅
ひとり
明日を捨てぬと
京
え り こ
112
京
~軍師~
又はかなくて
はかなくて
黒田官兵衛
花の命は
人の 命も
生き残る乱世の時代
化粧櫓
天守閣
昔を 偲ぶ
広峰神社へと
黒田官兵 衛 の
吹く風
白鷺天に舞う
しら さぎ
強き者だけが
詩吟
戦国武将
足跡訪ねし
歴史を物語る
見下す影 色は
御師屋敷の土壁が
山頂から
城下町
藤の花が咲き
メグスリの木よ
御 着の 城 跡
ごちゃく
播磨平野に
あゝ
今も残る
播磨の国に
栄華の美空に そびえる天守閣
てる
終らす為にと
命をかけ守った 故郷姫路城
乱世の時代を
妻光と
官兵衛の炎よ
播州姫路の
天下太平
あゝ
軍師黒田
光
恵
113
背中に聞いて
無言詣で
祇園囃子を
路地裏通り
あの人に
夜の木屋町
兄さんみたいな
言えません
過ぎるの待つわ
柳のかげで
参ります
御旅所へ
お嫁にして と
夜毎七晩
無言詣でに
一の舟入
お姐さんたち
隠そうか
どうしよう
うちわで顔を
いやですよ
目と目があったら
話しかけたら
小走りさせて
紅い糸
はやる心が
三条小橋
結びたいのよ
裾も乱れる
心のやさしい あの人を
恋心
七回目
あなたと呼ぶ日 夢に見る
今日が最後の
無言詣での
霧
野
ゆ う
114
灰になるまで恋女
初めてでした こんな思い
草
目で追いながら
重ねていました
散っていくもみじ
ゆ う べ
昨夜の私
波
じれながら…
散れ
墜ちていく
唇あて れ ば
重なりながら
貴方の腕の中で
はらはらと
そっと拾って
染まる
くれない
燃えて
恋女
紅
燃えろ
恋の息吹で
燃えろ
灰になるまで
来る頃でした
恋だと気付き 始めたのは
夏が去り秋が
重ねたくちびる
ひびかせて…
育んだ
忘れはしない
心と心
定めのように出会い
老いてこそ
頬寄せ偲べば
移る
そっと拾って
情念が
散れ
ほ の お
かくしきれない
燃えて
恋女
燃えて
恋女
散れ
燃えろ
燃えろ
燃えろ
灰になるまで
燃えろ
灰になるまで
流
沙
115
秋 の 暦
あなたと暮らして
久
ちょっといい思い
勘違いするところ
素敵に輝く
かえ ってアダよ
さよなら出来るわ
溺れなかった
もう少しで愛と
好きだけど
乾杯しながら
なまじ 情 けは
あなたは一人が
今ここにないことを
近頃抱かれて そうよ気がついた
あなたの愛が
大人になれたわ
裏も表も
あなたに教わり
会いたいものね
人生の
いつか笑って
鍵は置いてって
想い出誰にも お話しないで
いいのよ行っても
もう秋の風さそう
夢もあったし
日めくりの暦
惑わせる
別れましょうと
あなたにあげたわ
いつもこれきり
今度はほんとよ
わたしは若さを
喧嘩をしたけど
仁
京
介
116
恋
蛍
顔したね
赤だし味噌汁 福神漬けに
幸せそうな
冷たいよ
ひと夏点した 恋の火を
忘れた枕が
お前が好きだと 言う文字が
泪でにじんだ 恋蛍
國
枝
星
(ホーホー蛍来い こっちを照らしに飛んで来い)
直しただけで
吸殻が
私です
あなたのネクタイ
心が揺れた
淋しく転がる
あれきり煙草は
声になる
止めたよと
帰って来てよと 泣いている
夜風があなたの
愛しい足音連れて来い)
させたくないと
(ホーホー蛍来い
この先苦労は
消えた人
パジャマから
いい夢みせて
水玉模様の
胸を刺す
もう一度私を抱きに来い)
恋蛍
夢の火を
あなたの香りが
心に点った
今でも消せない
(ホーホー蛍来い
志
117
ひとりトロント
女の旅は
ひとり旅
捨てられて
あなた忘れる
遠い異国へ
裏切られ
雪降る街に
悔しさいっぱい 泣かされた
ひとりトロント
慰められます 恋の傷
二重に巻けど
痛くなる
首にマフラ ー
耳が寒さで
街灯り
続く道
悲しみばかりの
未練を反故に
港へと
ひとりトロント
船の影
ないのは嘘よ
涙も捨てます
恨む気持が
あの女に
不幸せ
夢違い
私負けたの
幸せと
あなたと私の
晴れるはず
ひとりトロント 心の重荷
残して帰れば
国
武
浩
之
118
メモリアル カフェ
久保田
あの時 時間は 止まってしまった
過去など ああ 未来も
なんにも いらない
ルルルールル ルルールルー 窓辺の席で
甘く 香った コーヒー 2つ
愛しき人よ 夢のあとよ
あああーああ ここは
メモリアル カフェ
時よ もう一度 戻って もう一度
何故だか 人恋しい 今 人恋しい
会いたい あの頃に 会いたい 幻でも
あーああ あーああ ここは
メモリアル カフェ
カフェ
あの時と 同じね 無口なマスター
壁には あああ シネマの
古い ポスター
ルルルールル ルルールルー 窓辺の席で
甘く 香った コーヒー 2つ
愛しきひとよ 夢のあとよ
あああーああ ここは
メモリアル カフェ
時よ もう一度 戻って もう一度
ジャズが 流れていた あの時のように
ひとりで 飲んでいる ブラックコーヒー
あーああ あーああ ここは
メモリアル カフェ
メモリア ル
啓
子
119
さみ
縄のれん
淋しぐれ
ゆきずりの
いるはずのない
くぐ
潜ればそこに
空似花
いつかは逢える
そら に ばな
白いうなじの
生きているなら
忘れはしない
あるもんか
知らぬ他国の 手酌酒
嘘なんか
あいつの涙
片隅で
ほ
さびれ酒場の
淋しぐれ
の
呑み干す酒に
たば
憂さを束ねて
想い出す
う
遠いあの日を
この胸の
わび すけ
酔足ばかり
すい そく
駅裏は
侘助一輪 許しておくれ
汽笛吠えずる
心ひきずる
抱いてやりたい 細い肩
熊
た け し
120
こ こ ろ
熊
倉
こっちはつらいや
何も聞こえないや
どっちが苦しいかな
どっちでもいいや
歩いて 転んで 笑って 泣いて
あっちいって こっちいって ひとつになって
ぶつかって 散っちゃって 見つかんなくなって
探して…
そっちは どうかな?
あっちで元気かな?
どっちが 正しいかな
どっちも優しいから
歩いて 転んで 笑って 泣いて
あっちいって こっちいって ひとつになって
ぶつかって 散っちゃって 見つかんなくなって
探して…
また一つなんとか見つけ出して
またすぐにそれもはかなく消えて
また一つ心のどこかなくして
またすぐに立てなきゃおいてかれて
あまりにも時の流れ早くて
右左みてほらいいよなんて
鏡見る暇もない世の中で
君が好きなことだけはわかったよ
歩いて 転んで 笑って 泣いて
あっちいって こっちいって ひとつになって
ぶつかって 散っちゃって 見つかんなくなって
探して…
峻
121
ト
キ
眼に浮かぶ
身を置けば
年月の流れに
川の流れに
故郷の両親が
母さん に
ヤ
苦労掛けたな
父さんに
オ
苦労掛けたな
キ
教えてくれた
ト
年月の流れが
何も出来ずに
追われの日
許しておくれよ
仕事一途の
ないだろに
していれば
今更云い訳
もっと優 しく
ト
キ
イ
イ
後悔のみ残し
ク
もっと気使い していれば
年月の流れが
今 は も 亡な い
逆らわず
許しておくれよ
川の流れに
ヤ
キ
マコト
眞みち
今日も行く
ハ
温めながら
流れる野花に
ナ
生きて行こうよ これからは
オ
イダ
父親の残した
ト
胸に抱いて
年月の流れを
許しておくれよ
倉
卓
也
122
栗
お元気ですか
提灯持って
もう 五年
お母さん
お元気ですか
お父さん
お線香
ほほ え
観音さまが
子供も連れて
こちらに嫁いで
ゆ か た
浴衣
迎え盆です
寺の境内
すみません
お元気ですか
微笑んでます
お母さん
こちら見て ま す
お父さん
ご無沙汰ばかりで
しなきゃあ駄目よ
帰っておやり
親に孝行
お不動さまが
たまにゃ実家に
寺の境内
お母さん
お元気ですか
こちら見てます にらんでいます
お父さん
続きます
ま なつ び
真夏日ばかりが
元気でいてと
祈っています
無理はしないで
ち
お地蔵さんが
み
両手 合わせて
参道のほとりの
微笑んでます
ほほ え
こちら見て ま す
原
保
夫
123
錦糸町ブルース
ネオンの 淵 に 抱かれて 咲いた
くれないに
き
季節を忘れて
好き だよと
と
名も無い花が
夢の中
初めて会った 憎い人
燃えてゆらゆら
ああ恋の街
炎を燃やし
ほのお
ここは下 町錦糸町
夢と知りつつ
ひとよ花
当て のない
咲いて儚い
いつまた逢える
恋しくて
またしのぶ
あなたの温もり
お酒にすがり
ああみれん街
うみ
ネオンの湖に
ここは下 町錦糸町
つのる未練を
恋ごころ
涙して
捨てて咲きます
惚れて別れて
ああ情け街
女の夢がまた ひとつ
消えて男の胸に咲く
ここは下 町錦糸町
黒
皮
羽
生
124
雪華の女舞
命をかけて
艱難辛苦
かん なん しん く
励む修業は
耐え忍びゃ
舞踊ひとすじ
唇かみしめ
乾してゆく
おんなまい
ほ
意地が涙を
女舞
舞い散る雪が
せっ か
紅も雪華の
翳す扇に
邪念を溶かす
かざ
疼く心の
無の世界
げ ん せい
女舞
じ ゃ ねん
現世離れて
まぼろしか
うず
恋も情も
愛も雪華の
時空を超えて
てん に ょ
じ くう
舞の奥儀が
天女に変わる
あで
おう ぎ
神秘艶やか
幽玄の
ゆう げん
器量も技量も
夢と咲く
女舞
晴れの舞台に
花も雪華の
黒
川
良
人
125
お
や
心じゃ負けぬ
この世の未知は
両 親が 授 け た こ の 命
人生一度の
ギャップがつらい
俺流に
時節をくぐる
心と世間の
幾たび試練の
これも人 生
下手だけど
ち
人に負けても 心じゃ負けぬ
俺の生き方
我が夢叶う
はしら
一家の柱と
時でさえ
本音の人生を
み
連れ添うお前は 心の支え
遠慮はしないぞ
きみ
妻と言い合う
心じゃ負けぬ
耳元で
負けたふりして
愛の言葉を
ささやく時は
我妻ならば
甘えと思え
優しい笑顔で
おっと
幼い夫の
俺流に
ガミガミ言うなよ
これも人 生
口で負けても 心じゃ負けぬ
黒
崎
慶
子
126
又明 日
桑原
ほうめい
本因坊道寸留&名人道加奈
道 寸 留 どう する 本因 坊
征も読め ずに 何と する
ヤ ッ コ ラ サ ー の ド ッ コイ ショ
蟇が基盤を 覗き込み
タラタラ垂ら す 油 汗
幾ら 読 ん で も 所 詮 は 笊 碁
ポ カ に 緩 着 外 方 と 来 たか
鋭い口撃 容赦な い
対する 朽 縄 鎌 首擡 げ
大石 狙って 絡 み つ く
止め を 刺 さ れ た 蟾 蜍
残念 無念の 投了だ
もう 一 番 た の ん ま す
道 加 奈 どうかな名 人よ
よ すみ
四 角 を 取ら れ て 何 とす る
ヤ ッ コ ラ サ ー の ド ッ コイ ショ
土竜 穴堀 り チ マチ マ と
稼いだ積り 小せえな
宇宙 広いぜ 大 局 観 さ
厚み 与え ち ゃ 勝 目 は 無 い ぜ
そいつが判れば 初段だが
対する隼 電光石火
急所に一撃 打ち込んだ
切 っ たり 張 った り 捩 り あ い
追 い 詰め ら れ た ぜ 角 番 だ
もう 一 番 揉 ん で や る
道 寸 留 道 加奈 碁 敵よ
夕 焼 け 小 焼け で サ ヨ ウ ナラ
ヤ ッ コ ラ サ ー の ド ッ コイ ショ
127
ぶ
ぶ
ぶ
う
ぶ
ゲ
純真な男のラブコール
おまえの 甘い黒髪揺れる
今夜はやけに愛おしい
そっと指先からめ合い
肩を抱き 寄せ 交わす口 づけ
胸の鼓動がとても切なくて
熱い吐息に酔ってしまうのさ
う
もう離さない離れたくない
純真な男のラブコール
俺の心を夢中にさせる
おまえの笑顔に惚れたのさ
口説き文句はへただけど
一途な愛を結んでみたい
ワ イ ン の 香 り が 漂 う 店で
朝まで飲もう寄り添いながら
う
もう帰さない帰したくない
純真な男のラブコール
胸の鼓動がとても切なくて
熱い吐息に酔ってしまうのさ
う
もう離さない離れたくない
純真な男のラブコール
ル
シ
ー
128
さすらい
越えて行く
のぼり旗
放浪舞台
旅の一座の
利根の渡しを
辛いもの
明日は秩父か 熊谷か
役者稼業は
夢舞台
掴むぜ……
さすらい芸でも 場末でも
きっと
純ちゃんの
秋の夜
紅を引く
星が冷たい
牡丹刷 毛
茣蓙の楽屋で
鬘かぶって
どさ回り
演歌節
杉丸太
めげちゃいけない
今日も舞台は
純ちゃんの
春が来る
股旅……
いつか必ず
春が来る
踊る
桜見上げる
つっかい棒
男じゃないか 辛抱だ
客の拍手が
東西に
花舞台
切るのさ……
流れの芸で も
見得を
純ちゃんの
高
坂
のぼる
129
たたく気がして
こじ ま
秋風のレジスタンス
あなたが窓を
枯れ葉です
にじんで見える季節です
書けなくて迷いと書いた
つけてます
紛らわせたく
まぎ
ふと眼を上げれば
寂しい気持ち
私は日記を
好きですと
小さな文字が
持ち続ければ
聞きました
秘密をずーと
願いがかな う と
誰にも言わず
書くことはもうありません
つけてきた
あなたとのこと
私は日記に
これ以上
違うのですか
あなたの側に行きたいの
恋愛と結婚は
すぐに聞きたい私です
秋風に乗り
あなたの答え
かずみ
130
か
ぜ
昭和を生きてた女
うわ ぎ
小
上衣を そっと
こ の涙
おんな
癖なの でしょう
引くわと
掛けたも
風邪を
肩に
信じて
浮かべりゃ
あなた
瞼に
抱き留める
女
月日
つき ひ
賭けて
わたしは
あしたに
生きてた
面影
思い 出すのよ
胸に
昭和を
なさ
情けも
燃やして
夢も
いのち
恋しく
生きてた
あなた
路地裏 雨の夜は
よ
寂しい
見詰めて
聞いていた
わたし
今年も 赤く
こ とし
呼んでた
ブルース
あかり
窓で
噛みしめ
くちびる
唇
すぐよね
笑顔に
はる
萌えて
逢いたい
春は
あなた
誓 っ た 筈なのに
花咲く でしょう
一緒と
わたしは
女
おんな
待ち侘びる
はぐれて
いま
生きてた
ひとりで
いつか
今も
昭和を
嶋
高
志
131
と
き
きみ
しょうわ
なが しま
まんなか
こた
おとこ
て
き
み
やって来た
まも
み
守った
な が しま
き ぼう
な
てん ら ん じ あ い
な が しま
み
天覧試合
とき
な
投げた
長嶋を見たか!
かた
小
君は長嶋を見たか!
せ ばん ごう
時代は昭和の ど真中
さわ
男が
背番号3と バットをかつぎ
爽やか
はし
走った
カクテル・ライトに照らされて
う
打った
な が しま
長嶋を
長嶋を見たか!
きみ
君は
かがや
せ
かけ抜けた
ぬ
やきゅう し
野球史に
き たい
あらし
しょうわ
はずむ昭和の
輝く希望
にん き
のこ
残したものは
ご まん
人気の嵐が
う
五万の期待 その背中に
な が しま
しょうわ
すがた
語る時
憧れを
あこが
いたことを
闘う姿
たたか
長嶋を
受けて答えた
きみ
君は
だれ
のこ
誰も昭和を
こころ
心に残る
てん さい
ゆめ
天才おとこが
に ほん
かな
日本の夢と
み
スーパースター
な が しま
いつも叶えた
長嶋を見たか!
な が しま
長嶋を
きみ
君は
林
保
寿
132
び
えい
がわ
美 瑛 川
「神秘な碧い 川なのよ」
思いやり
連れて行ってと せがんだね
弱い体を
美瑛川
面影抱けば
果たせなかった 許してほしい
白樺小径
君に見せたい
来たかった」
また話 す
「ふたりで今日は
そっと写 真に
君が手編みの マフラーを
美瑛川
夕陽が染めて
巻けば尚更 せつない辛い
根雪を赤 く
恋の源流
誓う愛
「忘れはしない いつまでも」
北の大地で
星空彼方
君の代わり に こ の 僕 が
消えてよかった
余白の時に
美瑛川
み つき
あれから三月
碧く流れる
小
宮
え
り
133
宮
正
そしてエレジーが聞こえる
小
時の流れに
さ
過去と言うのは
「去」って行く事
あやま
術は無い
すべ
「過」ちさえも
そうね華咲く
不意の出逢いが
エレジーが聞こえる
うたかたで
時の波間 へ こ の 恋 も …
重ねた逢瀬は
冬ざれ桟橋
あなた「旅人」
啼く 鴎
も一度 縋りたい
せつない深い 愛に染まって
胸に
それは無 理よと
エレジーが聞こえる
お酒に浮かんだ 面影が
滲んでしみじみ
乗った出船に
忘れられたら…
あの日あなたが
さ だ め
痛みです
「運命」と名付け
願い虚しい
霧笛聞くたび 尚更に…
エレジーが聞こえる
温もりく ださ い 眠 れ な い
夜更けの海から
人
134
シナリオ
近
ピリオドを打つ
わたしは
一度も恋を
大人だけど
じゃあねと笑顔で
シナリオの中の
とびっきりの
あなたと分かれて
嘘になる
あなたがいたわ
しなかったと言えば
でもいつも心に
恋人より
思ってた
おそらく きっと
大切に
も一度あなたと やり直したい
つもりでいたの
薬指のリング 気付くまで
贈り物を
わたしからそう言う
再会という
元気でと言う
くれたから
手を振り笑顔で
わたしは
神様が
シナリオの中の
ピリオドを打つ
大 人 な のに
じゃあねと心で
わたしは
どんな時も
シナリオの中の
いい女の ふりをしてる
藤
英
子
135
つゆ草の道
つゆ草の道
朝露光る
風が吹く
歩いていけば
いるようだ
遠い山なみ
生まれたばかりの
濡れた青空
誰かが呼んで
まっすぐに
笑顔のひとに 会えそうな
夏の 朝
夏草の群れ
そんな気がする
麦わら帽子
遠く感じた
わき上がる
友のこころを
帰り 道
入道雲が
ひとりぼっちの
ざんざか追われ
走ったよ
夕立に
涙と一緒に
夏の午後
つゆ草の葉で
少し笑えた
薄紫の
目をさます
探しにゆこう
鈴虫ひっそり
山の向うへ
見た夢を
いい 天気
あるだろう
架かった虹の
幼いころに
大空に
根っこがそこに
きっと明日も
紺
野
あずさ
136
凍えて歩き
さ
吹雪に耐えて名無し花
失くした恋に
ものの名は
雪路に見つけた のこり花
泥に汚れぬ
名無し花
告げはせ ず
吹雪耐えゆく
慰めさえも
無垢の花
迷いさまよい
命を誇った
生まれた意味に
ひとり花
見せはせず
名無し花
ものの名は
荒れ野に見つけた
土に返らぬ
吹雪しのいだ
媚びた笑みさえ
吹雪に耐えて名無し花
天寿に向き合う せつな花
今日生きる
吹雪に耐えて 名無し 花
吹雪に耐えて名無し花
朝を待つ
吹雪に耐えて 名無し 花
ただ生きる
我もまた
い
さ
く
137
しょう わ おとこばな
うま
きた ぐに ふ ぶき
昭和男花
よ
だん じ
じ
ど みず そ だ
い
すがた
意地ぱりか
い
北国吹雪
ひや
この世に生れ
も
井戸水育ち
た
こころ
き
冷りつめたい
いち づ
耐える気持ちで
しょうわ おとこばな
ち
男児の姿
こい
一途な心
しぶき散る
のぼるたき
登滝の鯉
お
は
なぐさ
こ
も
づき よ
昭和男花
ひと
ひ
独りぼっちの
さむ
慰め 月 夜
こ
う た ごえ
歌声で
あ
ね
な
ぐさ
会ってもみたい
で
寒い日ばかり
十八番唄出るさ
ひえ
が
冷る木枯らし
ひと
とり え ひと
むかし
はだ
しょうわ
ろ ぼう ばな
根無し草
取柄一つの
からだいさ
昔の女に
勇み肌
昭和路傍花
こ どく な さ
孤独情けの
北国暖簾
おとこ
と かい あら なみ
ゆき み
みず
いき
え がお
わが み
せな
我身がしまる
つま こ
きた ぐに の れん
冷酒しみる
妻子の笑顔
ひや ざけ
男おそ咲
生ぬいて
ざき
都会荒波
いのちたき
昭和男花
しょうわ おとこばな
あびる背
ぼた雪見ては
命滝の水
ひと
独りぼっちの
斉
藤
清
人
138
花 時 計
斉
公園のベンチに一人
大きな花時計に見とれている私
春の陽ざしを浴びて
微笑みかける花たち
うららかな日
こういう幸せもあったと ふと思う
目を閉じて 胸をよぎるのは
宵待草…ただ待つだけの恋
あざみの棘…傷つけあう恋
楽しいのは束の間
イライラ 寒い恋ばかり
もう疲れたわ
花時計がおしえてくれた安らぎ
スカーフの形に切りとって
もって帰ろう
今夜はいい夢見れるかしら
公園のベンチにもたれ
まるい花時計を見つめている私
さりげなく刻む時と
頬をなでるそよ風
静かな午後
こういう幸せもあったと ふと思う
目を閉じて 胸をよぎるのは
紫陽花…なみだ雨の恋
寒椿…突然終わる恋
楽しいのは束の間
ハラハラ 儚い恋ばかり
もう 虚しいわ
花時計があたえてくれた和み
ハンカチの中にくるんで
もって帰ろう
今夜はいい夢みれるかしら
藤
久美子
139
あの日の青空
想い 出は
舞っていた
くれ たも の
胸いっぱ いの
時の流れが
桜の花と
さいとう
ほろ苦い片思い そっと告げようか
あー君は 誰に会いに行く
僕は君に会いに行く
あの日の青空 その下に
今もいる
あの頃を
あの日の二人が
夢いっぱいの
しないだろ
語り 明かしたね
みんな忘れは
星空に包まれて
あー君は誰が胸にいる
僕は君が胸にいる
目にうかぶ
あの日の青空 その下に
あの日の二人が
あー君は誰が好きだった
僕は君が好きだった
いつまでも
あの日の青空 その下に
あの日の二人が
大三
140
独り
ぢ
ふ
ふ
ぶき
ぢ
地 風 雪
や
ぶ
―流転
おも
地風雪く夜は
おまえを憶う…
飲る酒
・
・
と ま り
北泊港で
流行の演歌も
た
愛だ恋だと
この俺に
う
苦手無粋な
縋ったおまえ…
は や り
好きと一言
独り
・
・
おまえが浮かぶ…
酔う酒 霧笛に沁みて
転寝夢にも
背かれ打たれ
ご ろ ね
世間信じて
この俺を
こ こ ろ
立志傷負う
ぶ
支えたおまえ…
ふ
一人労わり
ぢ
・
・
地風雪く夜は
や
飲る酒
独り
ど
おまえと出会う…
も
昭和巻戻して
ら
添う身と笑顔う
縋ったおまえ…
わ
苦労あっても
け
この俺に
な
心哭て無言の
一期一会と
齋
藤
力
141
斉
帰えってきた赤トンボ
ぜ
恋しくなって
な
ふ る さ と が 何故 か
逢いたくなって
こ
赤トンボ
赤トンボ
戦争ごっこ
山ほどあろう
藤
聞かせてよ
出直そ う
それともあの娘に
赤トンボ
帰えってきたのか
都会のくらしは
出直そう
で なお
泣くだけ泣いたら
竹馬のきずな
ちく ば
がっちり繋いだ
輝やいている
赤トンボ
つな
夕陽にまぶしく
赤トンボ
思い出ばなしが
聞かせてよ
元気でよかった 赤トンボ
嘘でもいいから
太郎も花子も お地蔵さんも
待ちくたびれた
赤トンボ
赤トンボ
東京帰えりを
赤トンボ
ち か ら
努力をやるから
むかしの写真だ くらべて見てよ
少しは大人に なったかな なったかな
葉
月
142
余計な世話かしら
さいとう
み つお
「待てば海路の日和あり」なんて…先生嫌ですよ。テレビラジ
オ新聞…今日も暗いニュースばっかり、心痛みますよ。
なぜか他人で いられない
名のある先生 失礼ですが
言わせて下さい わたしにも
それとも余計な 世話かしら
ああ 世界が平和で あふれるように
永田町から 日本から
旨いお酒に 明日がある
今夜は朝まで 母親がわり
昭和のやさしい 鳥になる
歌ってあげましょ 子守唄
ああ 世界が元気で 満ちてるように
永田町から 日本から
「努力は足し算、協力は掛け算」
見ざる聞かざる言わざるなんて俺には出来ねえって、先生の
信念じゃありませんか…
夢に身を置く 人生は
男の冥利と 笑ったあの日
行く人来る人 止まる人
誰もが持ちたい 道あかり
ああ 世界が一つに なれますように
永田町から 日本から
143
まん じゅ
しゃ
げ
沙華
朝が来た
曼珠
化粧枕に
見えますか
ねえ 見てよ
私幾つに
貴方見てよね
あの日指切り この小指
まなこ
あの仕草
曼珠沙華
紅を追う
八重に折ります 時を折る
やつ
窶れ眼が
無言杯
き まぐ
愛らしい
おどけ気紛れ
笑う口もと
粋な花
汗が飛び散る
生きてよね
闇の中
ひと
強い女だよ
貴方しっかり
曼珠沙華
厚化粧
さけ
叫ぶ花
つら
明日を追います 夢を追う
無言杯
眠り崩れる
涙が零れ
忘れたの
こぼ
何で手枕
赤い糸
身が辛い
光遠のく
支えてやれぬ
曼珠沙華
無言杯
苦労かけたね おかあさん
無言杯
齊
曼珠 沙華
藤 茂
一
144
いのち
いま
ゆめ
わか
ひ
坂
たび
本
寿美子
じ ん せい
終りのない旅 それが人生
おわ
マイ ライフ (私の人生)
かぎ
おも
かた すみ
夢にみちた若き日
ちきゅう
ふきかけた
地球の片隅に
たね
思えば
命の限りはてしなく
今
ひろ
この広い
の
(オ)
望ぞみの種を
こころ
駆け ぬ け た
か
と
あっただろうか
とき
時を
なが
とし つき
雨風受けて
あ め かぜ う
はな
心におごり
花をつみ取り
あらし
さ
咲きかけた
嵐をよび
たゞ
唯ひたすらに
き
あり
とも
永い年月
かえ
気がつけば
友のほゝえみ
か
たび
ひ
び
咲くだろうか?
さ
なか ま たち
ふり返れば
とも
有がとう仲間達
あり が
有難う友よ
駆けぬけた日々
て
いまふたた
はな
光をあびて
ひかり
手さぐりで
今再び
よろこ
おわ
喜びの花は
じ ん せい
あゝ人生 終りのない旅
145
こころ
や ま あい
心 の 駅
しもばしら
い
昼夜凍てつく
ちゅうや
山合の道
厳しい冬が
鳴く鳥の声
霜柱た つ
つづく坂道
我が身にせまる
にお
心の駅
山の匂いも
ふる さと
アカギレの傷
古里は
年老いた母
浮かぶ面影
ああ
痛みを忘れ
人生航路
どんな苦労も子供か命
荒波を越え
心の駅
ささやきの風
ああ おふくろは
懐かしい歌
あの日遊んだめだかや蛍
心の駅
故郷の景色
こきょう
いつも夢みる夕焼けの空
古里は
ふる さと
遠い思い 出
ああ
坂
本
ひろし
146
し
佐 久 間
お終まいにしますね
損ばかり
よく似てる
惚れっぽいのよ
ひと
ふられた男に
そんなあなたが そばにいる
占なえば
きっと来る
願い叶うか
華になる日は
みたくない
持ってます
と
他人の不幸は
したくない
同じ哀しみ
隠すうち
ひ
泣かせる恋も
辛さ淋し さ
笑顔ばかりが うまくなる
くれるけど
よ せ ば い い の に や め とけば
やさしく云って
好きになったの こりもせず
し
気がするの
だってわかるの お終まいの
予感するのよ
信
147
おとこ
意地もある
もの
みち さき
心 意地
こころ い じ
男なる者 トンボのように
あと
いち にち いっ ぽ
後にさがらぬ
す
わ
け
と
津軽の故郷は
つ がる
たっ ぴ さき
つま さき た
じん せい とうげ
道先だって
つま だ
あ
一日一歩の
人生峠
せ
み
山を見上げる
爪先立てば
やま
背のび爪立ち
とお
て
かお
さ
竜 飛崎
と
さ
あなた遠くに
て
さ
手先き手さぐり
こどまり
し
ゃ
み
捨てた理由
の
故郷の香りも
こ
三味線がなきゃ
み れ ん みっ か
ま
野ざらし小泊
おと
こころ
あつ
待たせて越えて
くち ひ ゆう ひ
未練三日も
心が 熱い
うご
じ かさ
意地重ね
い
迷いもするが
まよ
風の音
かぜ
口火夕陽に
おんなあとお
女後追う
ゆめ
はな
あれは夢なら
だ
い わ き やま
抱いたら離さぬ
し
だ
動かぬならば
ゆう ひ のぼ
岩木山とて
と が り 出す
せ
なみ だ
夕陽登りは
涙が沁みた
め お と
背のびしてて
夫婦して
あと
後にさがるな
作
間
大
輔
148
や
ぼ
男ドンマイ節
男二人で、飲む酒ならば
うち
野暮な遠慮は、無いはずが
こだわ
何故か拘る、胸の内
ひさ
と
ドンマイどんまい、久しぶり
か
ため
呑んでモヤモヤ、フッ飛ばせ
た
多可がひとりの、女の為に
けん か
に
しん ゆう
な
喧嘩別れを、して五年
む
ば
か
無二の親友、失くしてた
もど
ドンマイ ど ん まい、馬鹿 な 俺
と
呑めば昔に、すぐ戻る
ひ
他人の意見を、素直に聞いて
あく しゅ
君と握手を、してゐたら
す
ゆえ
泣きは見ないで、済んだろか
こし す
ドンマイ ど ん まい、 若 さ故
呑もう今夜は、腰据えて
櫻
井
馨
149
ばなし
相性が合わぬ
下戸の小咄
はな
酒は端から
ネオン街
い
佐々木
だ
もらえぬお代金
氷をしゃぶる
みせかけて
なのにそそ く さ
ウ ー ロ ン
烏龍茶割りに
いかさま 野郎が
下戸も酔えなきゃ
・
・
・
・
・
ご こ ろ
ひかえめに
ひと目で当てる
へべれけになる
ママに い なされ
しめの乾杯
客の愁いは
手出し口出し
こどもを論す 母愛情
へこんだ命も 息ふきかえす
つらい我慢は ここでは無用
ママにかかれば
・
・
・
・
・
たが
箍さえ弛む
玉箒なら
下戸のいじけた
酒が愁いの
胸に溜まった 塵の山
さらさらないが
酔うまで呑めぬ
苦手な掃除 やる気でも
下戸には無理さ
ここで引く気は
・
・
・
・
・
男の 仕事
ママに云 わせりゃ
酒の修業も
ひさこ
150
アキラだよ
旭節だよ人生は
俺の名前は
青春だ
忘れない
言われても
いつまでたっても
古いやつだと
義理と人情
人生は
アキラかに
旭節だよ
一度聴い たら
わいてくる
歌声で
勇気と希 望が
熱い情けの
吹きと ば す
人生は
憂さも悩みも
旭節だよ
始まらぬ
生きてゆく
どんな時にも アキラめず
明日を信じて
泣いていたって
人生は
福がくる
旭節だよ
アキラ節
笑う門には
男命の
届けたい
今日もま た
しあわせ祈って
日本列島
渡り鳥
人生は
北へ流れる
旭節だよ
佐
渡
ミユキ
151
いけぶくろ えき まえ
・
・
・
あ
い
はっ しゃ
で なお
きょうだい
こきょう
にぎ
かえ
兄弟みたいに
き
く
ころ
故郷へ帰った
うし
ひろ ば
戻って来る頃
もど
離れて消えたが
はな
とも
絶えずに賑わう
た
バス・ストップ・エリア
じょうきゃく
とうきょう
佐
い どう
りょうきん
や こう
さそ
べん り
た ぼう
しゅ やく
よ
ゆ
びん
まい にち
東
たどる
池袋駅前 バス ストップ エリア
いけぶくろえきまえ
おそ
池袋駅前の
しん ゆう
遅くまで乗客が
つ
親友と言うよりも
しつ れん
付き合ったあの友は
なお
失恋し東京を
た
ゆ
立ち直りで出直しに
しぶ や
の
ちょうきょり
その後ろの広場
や かん
渋谷行き発車する
夜行が主役さ
い ざか や
き
夜間には長距離の
ま
ほろ酔いシートで
ね
居酒屋で飲んで来て
便利な便だよ
き がる
やす
寝てる間に移動する
安さに誘われ
ふ た り
じょうれんきゃく
気軽さと料金の
き せい
常連客だよ
おれ
あ
たび だ
待ち合せて二人
ま
この俺も帰省には
ひがしぐちこうばん
東口交番で
と
旅立ち行きたい
し てい せき
指定席ペアで取り
うで き
マネキンスタッフ
し ごと ば
ひと
あの女は腕利きの
せっきゃく
仕事場はデパートに パルコやユニクロ
と
多忙な毎日
じ かん
接客とサービスで
時間が取れない
やく そ く
約束をしてるけど
152
こい
恋
あなたの胸の
まぼろし
幻
温かさ
音がする
佐野
自ら割れて
命を刻む
真赤いザクロが
恋ひとつ
優しさも
つのるけど
待つ身せつない
寂しさだけが
重ねた胸も
今を過ぎれ ば み ん な 幻
指で書く
口割れて
ふたりの名
あなたの胸に
相合傘と
紫アケビが
涙粒
追えばこの恋 罪ですか
うつむくたびに
からめた指も 唇も
身を投げて
今を過ぎれ ば み ん な 幻
心を無く し
青色イガ栗
恋ひとつ
中から割れて
焦がされる
火中覚悟の
あふれます
あなたに焼かれ
儚さだけが
寄り添う夢も その顔も
今を過ぎれ ば み ん な 幻
源左衛門一文
153
真冬の蜃気楼
時間の砂
黄昏れて
声もかすれる程に
むせるような 都会の溜め息が
染み入る夜
夜が躍る街
陽炎のように むせび泣く背中
霧が舞う
貴方の唇に
沙
時間の砂だけが さらさら落ちてく
かたくつぐんだ
もう一度
血だまりのこの道
愛を語るなら
血の色ワインをあげましょう
歩くたび
癒してごらん
私の心だけを
星の数程
星降る記憶へ
座り込んだ
遠い日の
遠い未来を
埋もれて
夢見てた瞼
グラスを弄び 酔いしれて眠れ
時間の砂に
・
・
・
・
・
顔のない天使
覚える頃には
鏡に映り込んだ 深紅の罠に
騙されたふり
想い出ワインをあげましょう
夜
澪
154
ゆめ
あか
かわ
すこ
もう少し
紅 い 川
み
夢を見させて
み
ど
び
なか
おも
じ かん
かわ
沢
こぼれる涙
あか
思うから
こわ
じ かん
怖いのよ
こわ
怖いのよ
ねが
あなたお願い
しまいそうで
こい ばな
ほ
あか
かわ
あなたとふたり
欲 しいから
ふたた
再び
なみ だ
こんなにときめくなんて
抱いていたい
だ
もう少し
すこ
あなたとの ふたりの時間
ゆめ
夢を見させて
にお
なか
あなたの匂い
い
に
生きてきた中で
なが
あめ
二度とないと
ふ
すこ
降りしきる雨にまかせて
ひ
もう少し流されて……紅い川
うつ
わか
び
ふたりの時間
虚ろな日々が
ひ
若くない
うつ
虚ろな日々が
ひとりにされて
さ
なが
き せつ
つ
咲いてはいけない恋花
く
そっと摘んで
めぐ
すこ
巡り来る季節
ど
おも
思うから
き
かわ
紅い川
あか
まち
夕暮れの街
ゆう ぐ
こんなにときめくなんて
もう少し流されて……紅い川
い
に
生きてきた中で
まぎ
なが
紛れて消える
二度とないと
ひと ご
すこ
人混みに
なが
もう少し流されて……
すこ
もう少し流されて……
利
明
155
スマホ片手に
想い 出も
ポーズを決めて
澤
勝手にマリアージュ
ふたりで紡ぐ
色になる
褪せないうちに
いつかセピアの
大事な夢が
重ねましょう
勝手に マリアージュ
ときどき色を
勝手に
見えてくる
かけたけど
夢のトンネル 出口も近い
急いでブレーキ
やがて現実も
毀れぬように
あ か り
ふたりの愛が
造りましょう
別々だから
勝手に マリアージュ
ターニングポイント
勝手に
なぜか名字が
気にするが
逆手にとって
さか て
ド ン ウ ォー リ ー
まわりはやけに
当のふたりは
世間の風を
咲かせましょう
勝手に マリアージュ
ほんとの恋を
勝手に
ひ ろ し
156
小樽
ア ル ト
波止場の歌姫
海が騒ぐ酒場
海を忘れる
にあうブルース
男達は呑んで
この町に
山
ア ル ト
波止場の歌姫
語るようだった おまえの歌は
いっちまったのか
この町は
この町は
夜明けを待たず
くゆらす煙草
波のざ わ めき
吐息まじりさ
胸の開いたドレス
あ
いゝ町だったかい
小樽
男達はみんな
寝つかれぬ
窓にもたれて
何があっ たのさ
遥か船の灯火
あ か り
いゝ町だったのに
小樽
ラストブ ルース
男達もいつか こゝを発つけど
この町の
ア ル ト
波止場の歌姫
聞こえてくるよ
いっちまったのか
この町は
暗い浪間に
いゝ町だったかい
吾
充
六
157
みっ か
つき
夜明けに三日
み れん
ぬ
三日未練の みか月は
か
かす
つき
欠けて霞めば おぼろ月
おんな
ねが
うらおもて
女の願い 裏表
かな
かな
わか
叶う叶わぬ 解りゃせぬ
いし
なら
か
石を並べて 返えしても
がん
か
い じ
頑と変えない 意地もある
せ けん し
たかまくら
世間知らずの 髙枕
よ あ
みっ か
ひる みっ か
夜明けに三日 昼三日
よ ふ
こい
夜更けにあんた 恋しくて
なが さき
なが さき
かね
ここは長崎 長崎 鐘がなる
よっ っか よ つゆ
す
うらな
うも
き
四日夜露に 濡れたなら
わた
つま
私しゃあんたの 妻になる
こと
か や
そと
つまらぬ事は 蚊帳の外
そら
いち ど
み あげ
空をも一度 見上れば
ま
なが
くも
いつの間にやら 流れ雲
さ つ き は
うぐいす
五月晴れなら 鶯が
せ けん
し
ねん
い
世間を知れば 念を入れ
よ あ
みっ か
ひる みっ か
夜明けに三日 昼三日
よ ふ
こい
夜更けにあんた 恋しくて
なが さき
なが さき
かね
おと
ここは長崎 長崎 鐘の音
あ
※ 明日を占い 埋れ木に
ひ と え ころも
とお
単衣衣じゃ 通しゃせぬ
な
くら
あんた無しでは 暮せない
よ あ
みっ か
ひる みっ か
夜明けに三日 昼三日
よ ふ
こい
夜更けにあんた 恋しいの
なが さき
なが さき
かね
ゆ
ここは長崎 長崎 鐘が揺れ
山
藤
せい子
158
降る雨は
椎
セプテンバーレイン
想い出ぬらして
最後にあなたは
したのよ
私を抱いて
甘くせつない セプテンバーレイン
別れのくちづけ
揺れている
セプテンバーレイン
悲しみが
セプテンバーレイン
セプテンバーレイン
降る雨は
もいちど逢いたい
街路樹ぬらして
季節変えてく
あんなに愛した あなたのことを
忘れることなど できない
泣いている
セプテンバーレイン
想い出が
セプテンバーレイン
最後にあなたは
したのよ
私を抱いて
あなたに逢いたい
別れのくちづけ
揺れている
セプテンバーレイン
悲しみが
セプテンバーレイン
もいちど逢いたい
名
英威子
159
ゆ
ゆ
感じていたわ
楽しい事も
生きて行こうね
ら
悲しいことも
く
好きだから
意地悪で
わがままで
ふたりで生活して
何時も貴 方は
勝手で気ままで
そんな貴方が
しば
生きて行こうね
静かに抱いた
浮かべてる
ゆ
泣い たら いいと
これからもふたりで
泣きたい時は
私の背中を
優しい微笑み
好きだから
何時も貴方の まなざしは
そんな貴方が
ゆ
生きて行こうね
私のせいで
これからもふたりで
喧嘩をしたの
睫も濡れる
謝って
潤んだ瞳が
何故か貴方は
囁い た
ささや
大事な女だと
好きだから
生きて行こうね
ひと
そんな貴方が
これからもふたりで
生きて行こうね
ゆ
これからもふたりで
ともなり
160
ドナウ旅情
船の影さえ
さざ波ゆれて
せつなく煙る
けむ
古城ゆかしき 流れには
祕めた心に
旅ゆく我は
知らぬげに
遥かドナ ウを
しの
さざめく秋よ
偲ぶ想いも
丘はもみじに
とだえた胸に
灯りがしみる
あか
かよう夢さえ
岸の渡し の
はか
儚なさを
いずこへ急ぐ
人のさ だ めの
水は語らず
ゆくえも知れず
とま
旅ゆく我は
ゆくえも知れず
旅ゆく我は
恋の泊りの
一人ドナ ウを
恋の泊りの
一人ドナ ウを
しま
嶌
きょう
馨
こ
子
161
花は散りゆく
生きざま謳う
うた
見事なさくらの
流行うた
人生だから
夢ばかり
嶋
こころは つむじ
は や り
路地に聴かせる
分かっちゃいるけど
きれいに見せたい
ネオンじゃないのさ
出会いと別れ
素面のまんまが うつくしい
ふしぎなご縁の
避けちゃ通れぬ 人の道
あればこそ
か弱いつぼみ
身にしみる
きびしい吹雪に 傘さしかける
あなたの温もり
ひとりじゃ咲けない
.て
.な
.が
やさしいう
なみだの傷あと がまんのあかし
は
いつかは剥げる
だれが知る
見かけの化粧は
流れ たい
花のこころを
自然のすがたで
花 い かだ
真実生きてりゃ ぶれたりしない
信じたきずなの
八
郎
162
いいのと
ひと葉舟
死んでも
下
身をすり寄せる
霧の中
ひと葉舟
怨まれようと
隠れ宿
ひと葉舟
抱きしめる
枯れ落ちる
そっと
はらはらと
この舟は
あなたを
漕ぎ出せば
どんなに
運命が哀しい 運命が哀しい
誰かに
引き戻せない 戻れない
たぐり寄せ
野
登美子
あればいい
旅立とう
呑み込んで
嵐に向かって
云う文字を
こころ だ け
倖せと
嵐に向って
山並み
涙でにじむ
遠くの
ひと葉舟
ポツリ またポツリ
宛はない
こぼれ萩
手と手の温もり
ひっそりと
灯りが
行き先の
岩陰に
手と手の 温もり
163
氷雨が直に
夕間暮れ
雪になる
お一人様
霞る吐息の
役立たず
けむ
手袋なんか
欲 し い だけ
馬鹿野郎
切なくて
繋ぐ温もり
お一人様には
華やぐ街の
強がる訳じゃ ないけれど
駄目になる
ジャングルは
飾られた
強く生きなきゃ
入口だけが
コンクリートの
し
御挨拶
ただいまと
お一人様です 今日もまた
凍えた部屋に
ぬ
ケーキの主人公に
停めました
や
ジャンボ靴下 置きますと
数えることも
解るはず
シチュエーション
お一人様なら
ごちゃ混ぜが
同じ聖夜の
妬みと憂さの
白
石
明
仁
164
いつか消えますか
伊豆恋旅情
心の痛みは
忘れられますか
伊豆半島
恋しい面 影
独りで旅する
掌に舞い落ちる
てのひら
桜の花びら が
白
貴方に届けたい 桜の香りと未練心
解って欲しい 切ない想い
貴方に逢いたい もう一度
はかな
辛いだけですか
哀しさばかりが この胸に溢れてきます
恋をすることは
伊豆半島
儚いだけですか
独りで巡る
海が夕日に染まる
夢見ることは
渚を歩けば
海の香りと未 練心
切ない胸に
貴方に届けたい
しあわ
倖せ欲しい
潮風に揺れています
貴方を待ちたい もう一度
想い出淋 しく
海の香りと未 練心
切ない胸に
貴方に届けたい
しあわ
倖せ欲しい
潮風に揺れています
貴方を待ちたい もう一度
想い出淋 しく
川
千
恵
165
し
ん
ち
北新地の雨
虹色涙
にじ いろ なみだ
傘しずく
ネオンに染まれば
泣 く泣く離れ
頬にこぼれる
浮き世に裂かれて
雨が降る
ち
城
女が酔えば
帰ったお方
ち
逢えない
ん
東京あたりに
逢いた い
し
い
紀 伊の 町
き
しんしん北新地に
生まれ故郷は
昨夕のことが
ゆ う べ
丘には真白い みかんの花よ
はるかな昔と
ん
両手を 合 わす
路地で泣く
ごめんと
悲しく混ぜこぜ 老いゆく父に
ごめんね
し
法善寺
ほう ぜん じ
しみじみ北新地の
がん
天神祭り
ミナミ願かけ
キタには花火の
ふく
笑顔に変えて
ふ
化粧で泣きぐせ
ち
雨がやむ
面影消せば
おも かげ
止まり木暮らし
ん
逢えずに
踏まれて福呼ぶ
逢いた い
し
しらじら北新地の
岡
れ
い
166
はな
惜 春 歌
「ありがとう」の 言葉残し
あなたは逝った
二度と逢えない 遥かな世界へ
桜が見える 窓のガラス
人差し指で
なぞると浮かぶ あなたが恋しい
サクラ色した 陽射しの中を
一緒に歩く はずだったのに…
あなたのぬくもり 心が探す
冬にちぎれた 絆を胸に
見上げた空に 見上げた空に
手を振りました…
とき
いろ
あ
はな
はな
はな
「さようなら」を 言 え ず に た だ
わたしは泣いた
夜の孤独に 溢れる哀しみ
枕ふたつ 並べたまま
せつなくなるわ
涙がこぼれ 果てまで落ちてく
春の嵐が 吹き荒れた後
行き場なくした 桜のようです…
あなたの想い出 心がめくる
季は移ろい 名残りをとどめ
気づけば桜は 気づけば桜は
色褪せました…
はな
はな
命の儚さ ため息ぽつり
春はいつでも 駆け足で行き
気づけば桜は 気づけば桜は
葉になりました…
城
山
正
志
167
か わ い
吹
来てくれま し た
可愛いこの手
親ごころ
紅葉みたいな
うれ
いい子で生まれて
夢のようです 嬉しくて
小さな お 口
私には
わたし
目元ぱっちり
宝物です
親ごころ
一年生よ
大きな鞄
幸せ祈る
桜咲くころ
みんな
り
凛凛しく見える
り
手をつなぎ
背負っておすまし
皆そろって
歩く姿が
いつまでも
親ごころ
どう か元気で
バカですそれが
大きくなって
花嫁御寮
はな よめ ご り ょ う
いつのま にやら
今日は嬉しい
あのころを
せな
背で泣いてた
親ごころ
なるんだよ
思い出すたび 涙がにじむ
きっとしあわせ
こころで祈る
田
晴
也
168
瞳
あふ
もっと悲しい
まぶたに溢れ
つぶらな
し ずく
涙の滴が
おち
敎えてくれる
つぶらな瞳
こぼれて落たら
それは涙の
ひと
生きる喜び
一つひと粒が
その度心に
頑張れるから
靜かに感じ
がん ば
涙の分だけ
つぶらな瞳を
ないと思うよ
夢が未来が
羽撃く明日へ
は ばた
始まりだから
悲しみだけでは
それは心の
ひと
一つひと粒が
その度心に
こ の 世 に 一 番 大切なこと
光をあびて
けが
汚れない涙
幸福の虹
にじ
透明輝やく
豊かな智性
心のまま に
創造のときを
遠くを見つめ
こう ふ く
それは心の
ひと
一つひと粒が
その度心に
ほほ え
優しさ微笑む
菅
野
政
義
169
降りたひと
いちばん好きと
港の夜曲
此処の港が
時雨桟橋
恋な のに
私を誘う
ほれて添えない
だけど霧笛が
一夜泊まり の
ブルース聞けば
港の 夜曲
やるせなさ
甘く哀しい
濡れてくる
揺れる心の
何故か瞳が
この胸で
ああ
こよい港は
助
炎ともえる
ひ
優しく抱いて
港の夜曲
逢え ばこの身が
いかりおろして
ああ
夜の短い
幸せ残し
連れて行く
あなたがほしい
平気でも
別れ際
ひとよかぎりの
いつも泪の
ひとりぼっちは
み ばん
せめて三夜の
港の夜曲
ああ 霧笛あのひと
時雨桟橋
田
ひさお
170
ろ
まん
大正浪漫
と
き
腕組み行けば
なりました
目と目が合った あの瞬間に
とりこ
モガとモボとが
ビヤ ホール
恋の虜と
ロマンチックな
流行歌
花が咲く〳〵
歌ってみましょか
ろ まん
大正浪漫の
くどかれて
さそわれる
カンカン帽で
ロイドメガネで
明日はレビュー
日本橋
あ し た
今日はキネマで
日比谷赤坂
恋の 街
しょうしゃ
瀟洒な洋館
風が吹く〳〵
ろ まん
大正浪漫の
火をつけた
あなたがくれた カチューシャが
乙女ごころに
その後四日
あと
三日逢ったら
いられない
ひと め
一目逢わずに
針とめて
かいちゅう
懐中時計の
ランデブー〳〵
ろ まん
大正浪漫の
鈴
木
紀
代
171
ふる さとの大地
今もなお
情けあり
北の大地は
懐いて離れぬ
世を去りて
耐え忍ぶ
人は生きては
里は静かに
山に登れば
人々和ませ
四季を彩る
先人敬い
身を洗う
見渡して
揺るぎなく
この大地
手を合わす
誰も不在の ふるさとよ
川の流れに
誰も不在の ふるさとよ
里育ち
未来に続けと 祈るだけ
里に生まれて
笛太 鼓
手に取れば
やさしい大地に 母思う
道の草花
遠く聞こえる
母の愛
誰も不在の ふるさとよ
仄かに漂う
鈴
木
さとし
172
気まぐれ
ブルーとオレンヂ
キャンバ ス気ままに
キャンバス
鈴
いつものように
重ねぬり
すっ くと延びて
テンテンブラック
花
イエローキラキラ
テラスの下に
ひまわり花
ピンクのハートは
まる画いてちょん
出番だよ
グルグルグルグル
止まらない
孫のカナ ちゃん
どこまでどこまで
もみじのお手々 まっ赤にそめて
窓から見ていた
羽ひろげ
カラス君
小さなあんよも ぐーるぐる
おいらも画くんだ
七色の 羽
黒い羽
夢に見ていた
おさらば
又あした
おさらば
気まぐれキャンバス
木
はるか
173
荒海に
脂がのって
揉まれて育つ
どんがら日本海
極寒の
最高ョ
ぬく
鈴
どんがら汁はョー
口ぐせだった
芯から温まるョー
どんがら
寒鱈は
どんがら
こご
凍えた 身体も
たらふく食べろが
聞こえる今もなお
ぶつ切りにして
父ちゃんのあの声が
頭から尾っぽまで
どんがら汁をョー
木
どんがら
笑顔がこぼれるョー
ソレ放り込め
どんがら
誰でも
鍋ン中
食べれば
底曵船か
煮えたぎる
兄ちゃん乗ってる
出ていく日本海
一段と
荒波を掻い潜り
今夜から
吼えるだろ
どんがら汁をョー
庄内平野
冷え込む予報
地吹雪が
どんがら
浮かぶよ懐かしく
つつんでくれ た
囲んだ 昔が恋しいョー
どんがら
家族で
兄妹やさしく
母ちゃんの眼差しが
宗
敏
174
鈴
久しぶりに逢えましたか
今、何処にいるのですか
母 さ ん
母さん
父さんに
木
今すぐにでも聴きたい
電話があれば
母さんのや さ しい声
和らげてくれても
天国とこの地上をつなぐ
月日の流れが寂しさを
康
どうしたらいいのですか
今なら言える
最後まで言えなかったけど
想い出がありすぎて
ありがとうって
感謝をこめて
ほんとうによかった
いつでも願い
好きな旅をしていますか
今、何をしていますか
母さんの子供で
母さん
父さんと
子供たちのしあわせだけを
永遠に忘れはしない
ふり返っ たときに
生きていた母さんのこと
いつか自分の人生を
きっと涙するでしょう
悲しい言葉だけれど
ほんとうによかった
今なら言える
母さんの偉大さに
さようならって
自信をもって
母さんの息子で
正
175
きよ
せ
がわ
ふち
胸の淵
清 瀬 川
よど
冷えて淀んだ
春が来た
堰を切り
せき
あなたと出会えて
あふ
情け溢れて
ばし
ほと走る
独り身を
ひと
清瀬川
きよ せ がわ
恋にかられて
女 心は
泣いて凍えた
くれたから
岸辺まで
あなたが溶かして
夢の花咲く
越えていく
荒れる日も
生きたいの
呑みこんで
の
清瀬川
過去もさ だめも
女 一途な
酸いも甘いも
あなたと明日を
みな も
澄み渡る
清瀬川
たとえ水面が
底の流れは
女 命の
須
田
厚
子
176
恋 一 夜
桜に染めて
忍び宿
白いうなじを
乱れ枕の
罪の花
恨んでみても
愛しあって も 結 ば れ ぬ
運命の逢瀬を
おんな心は
あぁ恋一夜
真実の糸に
焦がれて散ります
生命ひとつを
炎のように
賭けて死 んで も 悔 は な い
抱いて下さい
帯とけば
素肌が吐息が 涙を呼んで
あなた好みの
逢わなきゃ長い
灯りも切ない あぁ恋一夜
逢えば短い
夢さがし
つきまとう
一生一度の
添えぬ未練が
あぁ 恋一夜
させた人
強がり泣き虫 溺れて燃える
こんな私に
夜明けが憎いの
春
原
茂
幸
177
はる
こい
び
ゆう らん
さそ
なか
ひ
舟ん中
ふね
誘うから
そ
ほ
ふく
さけ
し まん と がわ
はな
四万十川よ
な
さ
よ
し
まん
と
がわ
関
恋の遊覧 四万十川よ
ぬく
まつ
いっ しょ
春の温もり
はな
あなたと一緒
よ
花やぐ祭り日 あの日のように
ゆ
寄り添い含む お酒の酔いも
ゆう らん
揺れて惚のめく
こい
恋の遊覧
きし べ ちか
いま
け
菜の花が
さか
みな も
岸部近くで
ふな あし
咲いてます
う
う
盛りは今と
さらわれようと
浮き浮き舟足 水面を蹴って
このままどこ に
し まん と がわ
あなたまかせよ
ゆう らん
四万十川よ
こい
恋の遊覧
やま は だ
山肌に
う す べに
みどり
緑かさねの
きよ
流れも清く
なが
夢見のままに
ゆめ み
ほんのりと
そば
薄紅さくら
あなたの側なら
き れい
さ だ め たの
四万十川よ
し まん と がわ
奇麗になれる
ゆう らん
運命楽しい
こい
恋の遊覧
東
西
178
さく
かん
ぼ
たん
人だかり
寒 牡 丹
柵をとり巻く
罪か
雪をかぶった 寒牡丹
そで
雨雲袖にした
思い絞った
おんな心の
点すよに
花しずく
きらやかな
陽に縋る
雪の深さを
翳哀し
ぬれぎぬですと
紅い牡丹の
傘の中
かげ
人の情けの
きらやかな
生きてきた
澄んだ心の
花しずく
時をたゝんで
思い絞った
その前に
ふう そう
連れ去るか
風葬になる
日暮れを待って
花しずく
きらやかな
こぼしてる
陽差しに牡丹 うつ向いて
いろ
彩つきの雪
き れい
綺麗と云われ
思い絞った
関
根
利
子
179
前だけ見つめて
天狗にならず
一歩ずつ
花枯れる
瀬
美織はあなたの味方
笑いとばして
駆けてきた
明るい日差しが 心を包む
春一番が
小さな不安は
胸叩け
大切にして
味方です
見ましょう夢を
任せなさいよと
笑顔満開
美織はあなたの
活き活きすること
大事なモノは そこにある
努力惜しまず
味方です
時間はいやでも 過ぎてくけれど
美織はあなたの
諦めたとき
道はぐれたら
この世に本当の ゴールはないよ
人生途中で
根っこが大事
問いかけな
自信持ちましょ
味方です
初心に帰って
美織はあなたの
端
健二郎
180
さ な ぎ
怖くなり
人の目
世間
ひきこもり
いいですか
外に出られず
生きてていても
あり ますか
人間だけ ど
生きてる意味が
人間なのに
生きている
犯した 罪がある
さなぎみたいに
知らず
いいですか
やっと気づいた その重さ
生きてていても
あり ますか
人間だけ ど
生きてる意味が
人間なのに
生きている
苦 し い 出来事を
さなぎみたいに
辛く
越えてきた
いいですか
一つひと つと
生きてていても
あり ますか
生きている
人間だけ ど
生きてる意味が
人間なのに
さなぎみたいに
せ
ん
けいこ
181
忘られぬ
おれのこの指
ほほえ ん だ
両手でつつみ
て
いいのよ と
小首かしげて
黄昏に
遅い春でも
秋も終わり の
夕陽に映えた
それだけで
それさえ も
忘られぬ
長いまつ毛が
き
そんなおまえを
さ
将 来 が見えてる
二人居られる
しあわせと
い
何に変えれぬ
し
気にもせず
と
歳月の流れを
おれに尽した うなじのほくろ
愛おしい
知りながら
そんなおまえが
無理な夢だと
気づかって
じっと耐 え て た 素 振 り に も
か ら だ
視てたのに
おれの健康を
さり気ないよに
忘られぬ
身を引き消えた
そんなあいつが
忘られぬ
それもほどなく
そんなあいつが
曽
我
幸
義
182
言うのなら
あ ん た
ねぇ…あん た
どうせ別 れ を
あんた捜して
夜 じ ゃ なく
肌が泣く
こんな寂しい 夜じゃなく
こんな凍える
一言を
ひと こと
せめて小ちゃな 明りの夜に
忘れないよの
ねぇ…あん た
言うのなら
ひとつだけ
俺が悪いと
聞いて下さい
と
する前に
ひ
ない事だけは
見てくれぬ
他人に優しく
何で私を
妬いているんじゃ
分って下さい それだけは
ねぇ…あん た
言わないで
幸せを
祈っているなど
言 葉 など
捨てた女の
おためごかしの
言い訳なんか
どこにでも
ずるい男の
溶かすから
捨てていってよ
落ちた涙で
ねぇ…あん た
田
浦
賢
183
田
幸せは先ず健康から
なぜ病気になるのだろ
あんなに元気でよかったのに
なぜ病気になるのだろ
遺伝子が傷ついてしまうから
活性酸素で
遺伝子が傷ついてしまうから
核酸を飲みましょう
核酸飲んで病気を防ぎましょう
健康で幸せになりましょう
幸せは先ず健康から
なぜ老化がすすむのか
あんなに若々しかったのに
なぜ老化がすすむのか
細胞が分裂をしないから
核酸不足で
細胞が分裂をしないから
核酸を飲みましょう
核酸飲んで老化を防ぎましょう
健康で幸せになりましょう
幸せは先ず健康から
健康で幸せになりましょう
幸せは先ず健康から
浦
泰
184
初恋のひと
髙
城
人生捨てたもんじゃない
遠いふるさと
夢に泣く
名前呼ばれて ふ り 向 け ば
胸のつぼみが
・
・
・
北の宿
恋でした
流れ流れて
もんじゃ な い
綺麗なままの
人生捨てた
やすらぎ港
どこか無口な みちのくが
はぐれ女の
身の上を
のが
夜が更ける
世間逃れの
問わず語りで
仕舞い風呂
逢えてよかった 北の宿
涙を洗う
庭先に
溶けてゆく
そっと目をやる
胸の根雪も
逢瀬でも
雪割り草が
月に一度の
北の宿
春を焦が れる
流れ流れて
もんじゃ な い
おう せ
人生捨てた
のぼる
・
・
・
185
・
・
・
僕達は
かみしめて
青い芝生
青い芝生を
走り出したよ
きちゃったね
いつもいっしょのチームでも
最後の試合
青い芝生を
髪につく
かみしめて
だから今日だけ 思いっきり
青い芝生が
夕日が照らす僕達を
もうこない
忘れられない青春さ
最後の試合
髪にくつ
だから今日だけ ボールだけ
青い芝生が
さようなら
僕 達は
青い芝生よ
言いたくないよ
走るのか
明日はビルに はさまれて
仕事のために
さようなら
だから今日だけ スパイクよ
青い芝生よ
高
田
戸
雷
186
こ
情
炎
許されない河と知りながら
な
漕ぎだした小舟
強く吹け
あなたの岸へ
風が哀しく啼く夜に
揺られ揺れて
風よ吹け
この身の嵐おさまるならば
やま じ
道 な ら ぬ 道 と知 り な が ら
麓から
ふもと
踏み入った山路
き り さめ
霧雨けぶる
あなたのもとへ
もっと降れ
たぎる思いが流れるならば
雨よ降れ
深く深く
はかな
吹雪け強く
あてなき旅へ
儚い恋と知りながら
乗り込む列車
吐 息 も 白 く 冬景 色
墜ちて墜ち往く
雪よ吹雪け
この胸の炎凍るならば
髙
田
れい子
187
別れてからの恋唄
始めだと
はじ
逢うは別れの
旅の宿
ゆらゆらと
偲びつつ
しの
風がささやく
あなたの面影
ち ぶさ
お湯につかれば
恋しがる
髪が乳房が この指が
どこにいるのと
問われれば
お と ぎ
何かひとつと
いた頃の
御伽話を ねだりたい
あ し た
明日を信じて
この胸に
夢だけど
やせた心に
なんと しよう
遠い昔 の
残る思いを
はな
燃えるお酒に 乱されて
桜の下
脱ぎ捨てて
朧月夜の
この世のすべてを
抱かれたい
ち ぶさ
いっそ死ぬまで
つきるまで
髪も乳房も この指も
灰になるまで
髙
塚
和
美
188
居酒屋よしの
墨田を渡りゃ
居酒屋よしの
押しかけ女房
無口に惚れて
座敷が一つ
江戸の名残りか
狭い板場に
昔堅気の
問わず語ら ず
ここが振り出し
心尽くしの
秘伝の出汁で
包丁裁き
お世辞一つも 言えない人が
味が売り物
居酒屋よしの
愚痴などこぼし
馴染みで囲み
明け暮れ女房
灯りが燈りゃ
居酒屋よしの
旬を煮込んだ 故郷料理
燗も人肌
佃大橋
赤い襷に
ひとつ袱台
情けほろほろ
月も笠がけ
高
橋
耕
作
189
京 都 駅
法輪寺
舞い散る桜
嵯峨野夕霧
保津川添いを
嵐山から
流れ流れて
道づれに
夢千鳥
そ
叶わぬ恋と
ね
わ か れ
高瀬川
離別の歌が
何処を寝ぐらの
衹園ばやしに
四條木屋町
見上げて見れば
二年坂
貴男の好み
あ な た
河原町
大 文字
肩を抱かれて
かす
涙に霞む
夏も終りの
て がき
手書友禅
傘にしぐれる
京都駅
刻みつつ
きざ
赤いかんざし もみじの様に
じ こく
別れの時刻を
何時又逢える の
髙
橋
敏
夫
190
オホーツク
男たち
番屋のストーブ ぐるりと囲み
茶碗で酒盛り
飯支度
あたしは調子の はずれた唄で
座持ちをしながら
高
漁師は躯を持て余す
オホーツク おまえ三日も暴れたら
オホーツク
恋しくなって
ソーラン
港の灯り が
ヤーレン
眠れない
大漁祈願
酔わな き ゃぐっすり
出船を見送り
神頼み
一緒に居れば
それよりご無事を
半年あまり も
亭主還せと云わないが
おなじだよ
オホーツク
たまには逢わせて夢ん中
心は家族と
オホーツク
潮鳴り聞けば
ソーラン
声になる
早寝の枕で
ヤーレン
いつしかあんたの
オホーツク おまえもうすぐ冬ごもり
流氷去るまでお別れだ
暮ら せな い
ソーラン
オホーツク
ヤーレン
この海離れて
橋
直
人
191
あい れん
じ
ごく
愛 憐地獄
この世で逢ってはいけない人に
恋に狂った
妻と母との
互を縛り
夜叉がなく
菩薩の裏で
めぐり逢わせた 運命の酷さ
紅いしごきで
焼かれてみたい
縁であれば
えにし
墜ちて悔いない 愛憐地獄
ほむら
切るさえかなわぬ
ごう
業の炎に
絡みつく
この黒髪が
離さないでと
抱かれたままで
闇に乱れる
熱いその手に
晒されようと
さら
墜ちて悔いない 愛憐地獄
そし
世間の謗りに
高
逃げるもならず
向かう命が止められません
取り合い
生きられず
手に手
離れ離れで
慄きながら
おのの
罪の深さ に
墜ちて悔いない 愛憐地獄
橋
美奈子
192
染み込んで
水たまり
ながす涙が
水たまり
厳しさ辛さ
出来た心の
都会ぐら しの
夢にはぐれて泣きたい夜は
空さえも
恋しがる
捨てて出てきた 故郷だけど
水に浮かべて
ビルのすき間の
日ぐれ前
すす
煤に汚れた
変らず今も
話を聞けば
茜とんぼが
空をとび交う
帰りたくなる
解け合って
故郷に
二度と帰らぬ つもりでいても
意地と弱気が
かくれて母が
水たまり
父に内緒だろ
帰って来いの
出来た心の
何かあったら
手紙よこした 故郷だけど
今はそれでも 帰らない
髙
畑
和
之
193
恋あそび・夢あそび
髙畠
あなたに 咲いた 花だから
あるもの すべて さしだすわ
恋する 私 夢中なの
やさしい ウソも すてきだわ
恋あそび 夢あそび
月が落ちても 星がきえても
はなれない ふたりは
恋あそび 夢あそび
いいの このまま そうよ あしたは
なるように なるのよ
あしたは
世界で 私だけのひと
シャンパン 開けて カンパイよ
私に あきて しまったら
サヨナラ ベイビー それもいい
恋あそび 夢あそび
ダイアモンドの ピアスゆれるの
かきたてる 情熱
恋あそび 夢あそび
白いドレスの 肌が 汗ばむ
最高の 夜だわ
※恋あそび 夢あそび
いいの このまま そうよ
なるように なるのよ
※ くりかえし
じゅん子
194
す
いた
こ
がさ
娘潮来笠
ほ
ひけ
あづ
好 い た 惚れ たは お 預 け の
わ ら じ
すげ
かさ
紅の 草鞋 に 菅の笠
ちち
かた み
き なが
父の形見 の 着流 し姿
うで
か しま
しん とう りゅう
腕は 鹿島 の 新当流
ちち
かた
父 の敵 きを 取 る まで は
く に
はな
故 郷 を 放れ て 旅 空 し ぐ れ
いた こ がさ
あああ ー 娘 潮来笠
お
さっ そ く
お
ひけ
いた
こ
ご
な
ほど よろ
ざ
うぶ
ゆ
かん とう
ま え しょうご く
せい
とど
て
くに
ひ
お
まわ
いさ
ひ た ち
お
き
かん とう かん とう
ご
お んな つ ぼ ふ
い
さっ そ く
つめ
ま
ひろ
お
た
滝
ご
さっ こ ん かけ
ざ
信 太 郎
台詞 御控えなすって 御控えなすって
早速の御控え有難う御座んす
手前小国とはっしますは関東に御座んす
関東関東と申しましても些か広う御座んす
常陸の国の潮来の水で産湯につかり早今駆だしの
娘壺振り性は○○○名は○○○○と申します
以後御引き廻しの程宜しゅう御頼の申します
早速の御聞き届け有難う御座んす。
わ ら じ
紅 の 草 鞋 に 雪 が 舞う
し な の
ぜん こう じ
こ こ は 信濃 の 善 光 寺
ま ごめ
峠 越れ ば 馬 籠 の あ た り
せか
き そ じ
からす
旅を 急せ る 木 曽 路 の 鴉
もど
五 年 過 ぎ た ら 戻る よ と
さい
たもと
投 げ た 賽 こ ろ 袂 に 入れ て
たびからす
あああ ー 娘 旅鴉
うき よ
浮世 情け の 冷 たさ に
と せい
さい
渡 世 け じ め は 賽 の目で
ちち
かた
まげ き
おと
父 の敵 き の 髷 斬り 落 し
と せい
すて
や く ざ 渡 世を き っ ぱ り 捨て
と ね
くだ
利 根 を 下れ ば 宿 灯り
さ
いた こ
あや め 咲 く 頃 潮 来 の 祭 り
いた こ
あああ ー 娘 潮来笠
195
ゆ
しら かば
白樺
かんば
白樺かんば
揺れるは
かんば
花咲く春には 心もゆれるよ
騒ぐは
想いもみだれる
白樺
風たつ朝には
風はあおく
の ずえ
野末吹く
凍てて
い
土は硬く
花は咲けど
春の雪よ
シイラギの
なお降る
果てもなく
とまる
哀しさは
などか歩み
続く道は
中へ入りぬ
ほそぼそと
林の
かんば
白樺
暮れるは
命もゆれるよ
かんば
し じ ま
静寂にだかれて
唄うは
切なさあふれる
白樺
声なき声には
多岐川
大
介
196
時のサンバ
秋の気配
涙が落ちてくる夜は
まるで
恋はいつも気まぐれだけど
急ぎすぎた別れは悲しい
しあわせな季節が
くるくる回る
時
さみしさを閉じこめたままで
恋してサンバ
くるくる回る
あざやかな
おもいでのカタログ
時
25
静かに幕が降りてゆく
わかれてサンバ
ページをたたんで
すり切れたレコードが
色のあせた
使いなれた部屋の片隅
恋がひとつ終る
心に枯れ葉敷きつめて
今 … 夢の中
ひとりで落ちて行くだけね
静かに幕が降りてゆく
25
都会の風に誘われて
今 … 夢の中
たきの
えいじ
197
25
海の匂い
すきです
すきです
すきです
月の光り
すきです
すきです
花が咲くの
すきです
河の流れ
鳥が舞うの
すきです
すきです
風が吹くの
手をつなぐの
見つめ合う の
すきです
すきです
すきです
あなたあなた
すきです
じゃれあいっこ
あなたあなた
あなたあなた 大好きです
た
く
わ
ん
198
二十年
最後の母のお米
故郷を離れ
東京ぐら し
母のお米
私を 思い
慣れぬ生活
やりくり 下手な
送り続けてくれた
研ぎ終えて
流し台
最後の二合
ひとり泣きする
生きられる
ベットの上で
骨身にしみる
お米があれば
母の口癖
亡くなるまでも
段 ボ ール
子への思い
まごころ詰まる
ひと粒も
宛名書きする母の
無駄にできない
涙で濡れる
かみしめる
茶碗持つ手 が
歳老う母へ
最後のお米
子育て追われ
後悔ばかり
母の 顔
停まるたび
慕う心の薄れ
宅配便が
思い浮かべる
田
島
隆
夫
199
あなた
田
~祖母のぬくもり~
多
朗
いつも笑顔で泣き言は言わない生き方見てました
不器用頑固と言われても曲げないところ好きでした
揺れない心になりました
綺麗な瞳になりました
あなたのおかげでなりました
広い背中がいつの日か小さく感じたものでした
老いた横顔見るたびに寂しく感じたものでした
優しい人になりまし た
大きな人になりました
あなたのおかげでなりました
花を散らすは秋時雨思い出すのは別れの日
祖母のぬくもりよみがえり見上げた夜空涙色
好かれるようになりました
誇れるようになりました
あなたのおかげでなりました
人
200
夕陽の沈むまで
抱き あうことは
心の恋人なの…あなた
ひとみ
自然なことよ
昼下がり
熱い罪
風のやさしさ
あなたの瞳が好き…とても
海辺をわたる
逢うときは
あなたのくちづけ
悲しいけれ ど そ れ が 約 束
~
私を燃えさす
夕陽の沈むまでは
赤 い恋
~
男と女ね
消えてゆくもの
いつかは別れるかも…ふたり
太陽だって
死ぬほど泣いてもいい…わたし
生きているから
図書館に
あなたといると
雨の日は
本を読んだり
建
愛の罪
窓辺の椅子で
~ ふたりのしあわせ
鐘が鳴る
夕陽の沈むまでは
~ どこかでマリアの
許して下さい
石
一
201
Ah Ah
Ah Ah
又会える
遠 い 日
いつかはきっと
田
あなたは云った
いつのこと
涙で別れた遠い日に
いつかって
気休めだって
本当にきっとなの
解っているのよ
信じたふりして
きっとって
はかない望みを
良い女
いようねと
中
あなたは云った
この運命に 負けただけ
さ だ め
私 ものわかり
あなたは
どこかで生きて
どこのこと
やさしく抱かれた遠い日に
どこかって
生きるって こうやって生きてるわ
死ぬまで会えない 予感がしてた
便りがなくて も
老いていく
待つ 女
想いながら
いつまでも
生きても死んでも
私
あなたを
会えるでしょう
二人で泣いてた
あの日は遠い日 ずいぶん昔
あなたも泣いてた
見る女
星になったら
私 まだ夢を
あなたに
いぶき
202
かわ も
べに
く
じゃく
見知ら ぬ 空に
紅 孔 雀
川面を流れる
ゆき過ぎる
その気ありそな なさそうな
ほろ
やがては滅び
ああ…紅孔雀
翔べ紅孔雀
と
そう形だけのもの
と
大空を翔べよ
砂漠の夜に
花が咲く
水しぶき
荒れてみたって
有明海の
せせらぎあびて
田
ああ…紅孔雀
云ってはみても
い
翔べ紅孔雀
ああはしゃいでみたって
大空を翔べよ
わ
お詫びしますと
花のれん
夢を追う
どうしようもない
こざかな
小魚とって
ああ…紅孔雀
翔べ紅孔雀
そうつかみきれない
大空を翔べよ
中
克
昌
203
着た山に
鍋 音 頭
雪の半纏
笛を吹く
手拍子で
里じゃ木枯し
白菜大根
キムチ鍋
出番待ち
今晩は
湯豆腐
ワイワイ畑で
おでんに
手足冷たい
太鼓判
鍋 が 食 べ た い 鍋音 頭
今日の献立
勇み立つ
輪になって
チラシ見つめて
お肉も魚も
踊ってる
寄せ鍋 ちゃんこ鍋
ピチピチ跳ねてる
もつ鍋
安いおいしい お手軽な
集まれ ば
鍋にしましょか 鍋音頭
家族みんなで
揃い踏み
しゃしゃり出て
婆も子供も
コンロと土鍋も
ぼたん鍋
歌い出す
鍋音頭
ありがとう
しゃぶしゃぶ
ぐつぐつ炬燵で
蟹すき
冬の幸せ
鍋で笑顔の
田
中
なるみ
204
むらさき
ろ
たなか
天草は幸せが光る島
故郷の海は
尋ねて歩む
かお
紫なずむ
風薰る
ぐんじ ょう
群青色に
ひと
再会を
いとしい女を
あかし
愛の証の
鐘が鳴る
灘の秋
なだ
堪えた夜は
こら
幸せが光る島
告げてマリアの
あゝ天草は
わ か れ
ゆ
別 離 の涙
し ら ぬ い
不知火揺らぐ
その日を信じ
し
生きようと
いつかは逢える
強く二人は
幸せが光る島
誓い交わした 原の城跡
あゝ天草は
ごきょう
五橋を渡り
か
夕月懸かる
夢を追う
そ
幸せが光る島
棕梠の花
しゅ ろ
楚楚と咲く
そ
天主の丘に
ただひた すらに
殉教語る
君の笑顔が
姿優しい
あゝ天草は
ゆきを
(長崎・天草世界文化遺産登録支援詩)
205
アナベル
棚
波
~白いあじさい
雨のしずくが
涙 のよ う に
花 びら 濡 ら し て や ん で い た
白 い あ じさ い ア ナ ベ ル は
君 のよ う で す
心を変えず に ぼくのこと
愛 して く れ た
そ んな 人 だ っ た
今では かなわぬ 恋だけど
雨 が 降 る た び 君 に会 える
そ んな 気 が しま す
つ
すが
揺れる 気 持 ち は
誰 に も ある と
笑 顔で 許 し て く れ た 嘘
白 い あ じさ い ア ナ ベ ル は
君 のよ う で す
清 し く き れ い な そ の す べて
尽 く して く れ た
こ のぼ く の ため に
今では かなわぬ 夢だけど
君 に 幸 せ あ げ た かっ た
ず っ と 悔や んで ま す
梅雨が明ければ
花は 咲 かな い
季 節 に 流 さ れ 終 わる 恋
白 い あ じさ い ア ナ ベ ル は
君 のよ う で す
心 を 染 め ず に い つ だ って
見て い て く れ た
そ んな 人 だ っ た
サ ヨ ナ ラ言 わず に 行 っ た人
雨 が 降 る た び 君 に会 える
そ んな 気 が しま す
詞
雄
206
め
ひ
残雪映えて
六十里越え
ブナの芽吹きに
ゆ
風とみちづれ 六十里越え
と
たにはら
私が泣ける
未来を追いかけ 輝く若人を
ひとり占めしちゃ
ま
出羽の三山
や
絶ちきりゃいいの
いざな
覚悟でいたわ
離れていれば
凜と誘う
振りむきゃいいの
し
迷うこころを
と
年齢が七つも
何時かこうなる
背中を向けた
あと
蕾が落ちて………
姉さんみたいと
窓の鉢植
みえま す か
田麦俣
た むぎ また
その後なしに
こ どう
鶴岡あたり
修羅の古道の
問い詰めなしに
東京逃れて
あな た生まれ た
誰にも合わず
六十里越え
こころ静めて
何祈りましょ
見えて隠れて
阿弥陀如来に
あ し た
逢わないままで
ろ
他人のままで
ぐ
くぐりゃ明日が
は
羽黒山鳥居を
伸
207
た
み
お
せん
船
領民と国とを 慈しみ
直江男の 命をけずる
戦雲暗い 東の空に
祈ります ご武運を
妻なれば 覚悟を決めて
さ だ め
あなたに賭けます 女の運命
多
野
亮
「 赤 崩山 に 登 り 、 米 沢 城 及 び 松 川 の 形態 を 見 れ ば 、 ど う し て も こ の 地
に 堤 防を 築 か な け れ ば… あ な た 様 の 谷 地 河 原 堤 防 は 見事 に 米 沢 を 洪 水
から 守りまし たよ !」
荒れた米沢 興すため
暴れ松川 鎮めて見せる
弱きを助け 守りぬく
あっぱれ
天晴と 称えたい
負けません お船はいつも
あなたに生きます あなたに死ねる
と い う 字 を 真 額 に 掲 げ ら れ ま し た 。 お 船 も 、 そ の 信 条を ま っ と う し と
「戦を決するには「愛民」故の決断でなければならぬと兼続様は「愛」
うございます。」
黒く苔むす 石積みに
今も生きてる 直江の夢が
時代を越えて 誉れが光る
一片の 悔いもない
我が家名 断絶しても
あなたに重ねる 女の命
208
ぐらりと来たなら
てんでんこ
てんでんこ
てんでんこ
早く逃げろよ
玉
高いところへ てんでんこ
てんでんこ
救われる
祖先の言 葉の そ の 深 さ
守れば命が
てんでんこ
地震が来たなら てんでんこ
てんでんこ
ここより下には てんでんこ
家を建てるな
石のホコラに てんでんこ
てんでんこ
その絆
祖先の言 葉の そ の 重 さ
子孫が受け継ぐ
てんでんこ
地震が来たなら てんでんこ
てんでんこ
救われる
祖先の言 葉の そ の 深 さ
守れば命が
てんでんこ
地震が来たなら てんでんこ
利
要
209
村
忠
ひかれあい トワイライト
田
雄
男「このコーヒーショップで 約束の
一時間も前なのに…」
女「友だちの時には 待ち合わせ
よく遅れちゃうもので…」
男「あの日からデートの 今日までが
一週間 長すぎて…」
女「ゴメンナサイ わくわくしてたから
なんとなく 短くて…」
男「果して このぼくで いいのかと」
女「それなら わたしだって 同じです」
男「のどまで来てる ホンネが なぜだろ 云えない」
云えたら どんなに ラクかと…」
スカイライト」
女「子供のように
男女「ひかれあい
男「デパートでたまたま エスカレーター
あなたとの すれ違い…」
女「シーズンの前には ファッションの
先ぶれに ふれたくて…」
男「失礼なくらいに 見詰めても
およびなく 無視されて…」
女「ゴメンナサイわかって いましたの
ネクタイの 柄までも…」
男「おなじみ 屋上のこのベンチ」
女「そうとは 知らないで腰かけて」
男「偶然だけど 必然 ふたりの 成り行き」
女「おなじみついで おさそい
コーヒー ショップへ…」
男女「ひかれあい トワイライト」
「ひかれあい トワイライト」
〃
210
ゆうすげの宿
宿帳に
妻と書く
あなたの苗字で
ふるえる指で
散るのが運命
夜露に濡れて
夜明け待たずに
悔いのない
花はゆうすげ
燃えて燃え尽き
覚悟の旅です ゆうすげの宿
罪ですか
あなたをこの胸 閉じ込めて
愛するわたし
女の春は
捧げるだけの
生きて添えない
今の盛りを
生命欲しいと 云うのなら
ひざを枕に
昨夜の名 残
乱れた浴衣が
時計の針よ
あなたの寝顔
映し出す
姿見に
ゆうすげの 宿
時をゆるめて
ついて行く
死 ん で もみ せ ま す
愛の果てまで
覚悟の旅です ゆうすげの宿
千
草
三
紀
211
か
れん
か
咲くという
香 恋 花
小雨の夜に
聞いたから
恋の 花
そんな噂を
恋しいさだめの
ひっそり咲きます 香恋花よ
モスコミュール
何色と
別れの酒は
今日の日差しは
シャボン玉
恋しくて
いたと言う
女がひとり
香恋花よ
か れん か
泣いたっけ
言った言葉が
愛の数だけ
すぼめる傘の
恋に恋する
赤坂あたり に
泣いた私が
香恋花よ
うなずくことしか できないわ
ガラスのしずくの
タワーの赤い灯 うるむ目がしら
茶
々
212
べに ばな こい うた
花回廊で
紅花恋唄
紅花染めの
恋の 歌
見る花よりも
摘めばあなたと
咲いた花より
紅の花
舟唄に
摘んで楽しい
笩流しの
最上川
着いたやら
ほぐして欲しい
別れを 惜 しむ
とげ さ
棘刺す心
舟は酒田に
いらか
花を摘むのも そもじとならば
何んのその
忘れはせぬか
べに いろ
棘さすのも
紅色に
染って帰り
唄声流れ
まい こ
あなた舞娘の
紅花摘みの
尾花沢
最上川
お ばな ざわ
寒河江下れば
紅花摘みよ
え
世にも賑 わ し
唄の声
が
此処も彼処も
舟下り
さ
しぶき楽しや
あなたに逢える
津
田
雅
道
213
アカ
かれこれ二年
酔いどれ天使
しけた漁場も
土
見切りつけたか惚れたのか
待って居る
すヽり泣き
たどる我が家の うす灯り
やせ た女の
ソト
外に男が
酔いどれに
ト
バ
波止場を見れば
ハ
いヽさ〳〵俺には酒がある
ホソ
窓を細めに
どこへ行く
エ
見栄で唄うは大漁ぶし
ミ
生きてゆけ
手をそえる
カバンひとつで
ヤツ
奴が優しく
惚れて甘えて
酔いどれが
よせよ〳〵せつない酒になる
いヽ女
ア
絵にもならない 男の未練
他の誰より
湯を浴びて
さらし巻く
ひょろりよろけて
ハラ
船を出す
酒がある
鯛の汐どき
タイ
腹にきりヽと
夜明け前
カエ
帰り〳〵待ってる
田
有
紀
214
貴船川
しら はだ
つき よ
散るを惜しまぬ
ひとひら
ぜ
やまい
出
~桜一片の恋~
こいざくら
す
恋桜
小袖白肌 月夜に透けて
と
浮名立つとも 会いたい病
みず ね
水音に溶けて
かわ どこ
川床くぐる
貴船川
すだれ
簾に影差す
薄絹の
う す ぎぬ
風にはらはら
しら
東が白む
おび
帯をくくれば
みずうらな
せ
水占いに せせらぎ泣いて
す
浮世の瀬々に
あ
明 日 が気になる
さち
貴船川
さくらあめ
桜雨
貴船川
思いの糸を
夫婦の契り
め お と
此の世の幸と
こ
すねても流れる
しずくはかな
雫儚く
散るを覚悟に
し
夢で結びし
み
身を知る雨に
た
断つれば鳥鳴く
口
タヅ香
215
く
に
おとこ
男
せ
まつ
松
たね
あの朝に
歩いてく
楽しみに
播いた種
ま
故郷を背にした
胸に一粒
若芽出るのを
から
ド根性
きら
空の財布と
負けず嫌いの
男松
後引くな
あと
生きてゆく
ひとすじ
おとこまつ
ドンと構える
一筋に
かま
誰が止めても
夢を信じて
まよ
いばらみち
茨道
泣くな迷うな
苦労覚悟の
太い根よ
おとこまつ
小枝支える
男松
気になった
巡ったか
まわ
枯れてくれるな
いく
ば
幾つ季節が
み
やっと見栄える
しあわせか
お や じ
親父元気か
やってるか
ぶら下げて
母と仲良く
み や げ
男松
おとこまつ
土産いっぱい
親に錦の
て
手
しま
嶌
よし
義
ふみ
文
216
母への子守唄
あの頃は
健康ランドへ 二人でよく行った
幸せだったな
寺
味方をしてくれた
南無阿彌陀仏が
つつまれて
いつでも揺るがず
安らかだったな
調子はずれの
母への子守唄
思えてきまし た
手のひら合わせて
ほほ笑んでいる
子守唄のように
母はいつもここで
なんとなく
恋人みたいに ドライブ連れてった
照れくさかったな
言わずじまいだけど
あな たの分まで
得し たな
元気なあいだに
美しかったな
そちらゆくまで
見守りください
また会えますね
母への子守唄
強く生きてみます
背中を丸めて
いつかどこかきっと
島
幸
生
217
新宿ワルツ
心に秘めて
いたんだね
墨絵ぼか しの 人生が
夢をさらって
慕う思いを
酒をつぐ
あか
仕方ないわと
酒場の灯りも
せ
君が好きだよ
新宿ワルツ
恋をして
み
昭和名残りの
女ですもの
つまずき転んだ いいじゃない
尽くし足りない 自分を攻めて
君が好きだよ
新宿ワルツ
ちょっと昔の
指で拭く
昭和名残りの
女みち
キラリ涙を
迷いみちでも
ひたい
笑えばいいと
信じていたなら それでいい
シルク
いつか最 後に
す
明日を探そう
あ
額じ わ
君が好きだよ
新宿ワルツ
絹みたいな
昭和名残りの
天
馬
良
218
もう
もの申す!
お いら 下 町 工 場 の
ただのしがな い 労 働者
あくせく 働き ちまち ま稼ぐ
ざけ
仕 事 がは け り ゃ カ ッ プ 酒
そ れ が お いら の 楽 し み さ
そ れ で も く じけ ず 生 きて 来 た
もら う 稼 ぎ は 少 な い が
い つ か き れ いな 花 咲 か す
夢 だ き ゃ で っ か く 持 って る ゼ
お偉いさんにゃ わかるまい
に ほん
世界に誇る 日 本の力
支える俺 た ち ここ にあり
暑 さ 寒 さ に 耐 えな が ら
朝な 夕な に 汗 流 す
親 方 恐 い が 教 えを 受 けて
だ きょう
仕 事 に 妥 協 は しな いの さ
それ が俺たち 職人よ
わ ず かな 狂 い も 許 さ れぬ
だから お 前 に 任せる と
ヤツ
い つ か 言 わ れ る 男 にな る
夢 だ き ゃ し っ か り 持 って る ゼ
お偉いさんにゃ わかるまい
世 界 に 誇 る 日 本の 力
支える俺 た ち ここ にあり
技を 身 に 付 け 日 々 鍛 え
いつ か努 力 の 花咲 か す
夢 だ き ゃ で っ か く 持 って る ゼ
お偉いさんにゃ わかるまい
世 界 に 誇 る 日 本の 力
支える俺 た ち ここ にあり
とう
桃
せん
仙
きょう
橋
か
佳
219
大通り
雨の札幌
小雨降る街
傘もささずに 濡れていく
赤いショルダー 肩にかけ
洒落てみ た
灯がともる
ひ
粋なつもりと
雨の札幌
まぶしくて
家路へと
足早に
よけていく
ヘッドライトが
人の流れを
脇目ふらずに
あなた待ってる
人恋し
大通り
雨の札幌
ひとり淋しく
と
男女もいる
見たときは
ひ
肩を寄せ合う
濡れたわたしを
驚く わ
恋の街
きっとあなたは
雨の札幌
戸
川
智砂子
220
もふもふガーリィ
外へ出ようぜレッツゴー
冷たい風はチョーラッキー
もふもふガーリィで決めるから
ぜんは急げマイフレンドに
時
女
電話して原宿へ行こう!行こう!行こう!
もふもふもふもふもふもふルックで
今日の私の唇はナチュラル
ラビットファーの帽子
可愛いもふもふ
黒のタイツとショーパンで決まり
ボーイフレンドいないの
腕を組む人いないけど
ガールフレンド達集って
あの子この子もふもふ自慢
こだわりは若者に必要!必要!必要!
レトロなレトロなレトロなファッション
すれ違う子を振り向いてケンキュー
コーディネートがいいね
今年のもふもふ
やめられないわ卒業出来ない
礼
子
221
稀代の軍師
ば
さ
ら
と
二兵衛
稲葉の城の 見晴るかす
長良の水は 澄みきって
ぐん し
たけ なか
稀代の軍師 竹中の
城の乗っ取り 見事さを
こころの無欲 信長に
しょうじゅまる
友の情けの 正壽丸
たる い いわ て
垂井岩手の 半兵衛の
美濃の軍師 いざここに
ぐん ゆう かっ きょ
群雄割拠 婆娑羅どき
毛利のちから 播磨にも
使者の黒田は 有岡に
き の う
かん べ い
昨日の味方 官兵衛の
つち
ろう や
土の牢屋の 藤と月
高松城の 明け渡し
わ ぼく
和睦いまぞと 秀吉に
はり ま
播磨の軍師 いざここに
ほん のう じ
天文十年 本能寺
天下取りへの 道歩む
二人の軍師に 支えられ
豊臣秀吉 天下人
にょ すい
如水と改め 疑心なく
稀代の軍師 九州に
と き
時代は移りて 関ヶ原
戦国長政 いざここに
だ
じょう
222
愛の小径
飛
田
めぐる季節の扉 二人でそっと押しましょう
いちょうの並木 一すじの道
若かったあの頃みたいに
降りそそぐ
あなたの愛に満たされて
いちょうヒラヒラ
わたし
手と手つないで歩きませんか
あれから
今はもう秋
だあれも いな い 公 園 の 椅 子
若かったあの頃みたいに
吹いている
思い出しては歌ってる
安らぐ小枝
風もサヤサヤ
わたし
好きなあの歌うたいませんか
あれから
今はもう秋
小鳥も二羽で
若かったあの頃みたいに
ぬく
空高く
いのちの温み分けあって
夕焼雲は
ふたり
胸で甘えてかまいませんか
この世に
今はもう秋
多恵子
223
頭デおおさか
(来なはれ
来なはれ
来なはれ
おおさかに)
おおさかに
(着なはれ
着なはれ
着なはれ
おおさかで)
おおさかで
(しなはれ
しなはれ
しなはれ
おおさかで)
おおさかで
※(
※
冨
頭は、ラップと音頭のハイブリッド
ラ ッド
あかんぞ あかん そんな寒い顔
かみしも
心の裃 脱ぎ捨てて
笑って笑っておおさか コテコテに
笑って笑って元気に おおさかで
寒い心を元気に おおさかで
さぶ
しなはれ
岡
あかんで あかん そんなしけた顔
ハデハデ衣装 大股で
め だ
目立って目立っておおさか キタミナミ
目立って目立って元気に おおさかで
しけた心を元気に おおさかで
着なはれ
あかんは あかん そんな疲れ顔
串カツ たこ焼き お好みと
う ま
食ってよ食ってよおおさか 美味いもん
食ってよ食ってよ元気に おおさかで
疲れた心元気に おおさかで
来なはれ
Ra
)内は 、かけ 声
Ra
慶
信
224
遠い近いは
遣り方で
問題じゃ な い
富
メゲやせん
でこ ぼこ 道を
ガテン人生渡り鳥
線路道より
好きで選んだ 俺だから
夢を求めて
ちょっとや そ っとじゃ
ガテン人生
俺は自分の
生きて行く
渡り鳥
額に汗して
ゴール目指して
日本列島
ガテン人生
渡り鳥
容易 いけれど
イエローメットの
口で言うのは
遣って出来ない 事もある
男なら
涙堪えて
当たって砕けろ
ガテン人生
それでも一筋 渡り鳥
田
有
225
胡鬼子は遠くへ
雪がちらつく頃 遠くで
鐘の音が鳴り響いてる
もうすぐ新しい一歩を
踏み出す時がくるんだね
大好きな人とも お別れのときが
近づいてるけれど
歩きだし た未来に嘘は つけない
だから 許して お願い
いつか分かってくれる日が来ると
信じてる
人並みを掻き分け手と手を
合せ祈りを あの場所へ
真っ直ぐ届くよに 全てを
この身一つに 預けるよ
冨
夜が更けて いつもの朝になるけれど
街には 松飾
旅立ちを決めた日も 雪がちらつき
寒く 哀しい 朝だった
だけど今日は 青空覗かせる
希望の日
歩きだし た未来に嘘は つけない
だから 許して お願い
いつか分かってくれる日が来ると
信じてる
旅立ちを決めた日も 雪がちらつき
寒く 哀しい 朝だった
だけど今日は 青空覗かせる
希望の日
田
修
226
明日の答
淡い雪
降ってきたわと 手のひらそっと
出せば消えてく
もっと抱 いてて
女の 命
腕の中
と
外
逃げないように
はかない恋でも
花になる
どこかへぬくもり
逢えばあなたで
倖せだから
明 日の 答
あゝ無くしたくない
さがさないでね
好きなだけでは 運命は越せぬ
生きられません
いいのそれでも 愛したい
あなたがいないと
女の支え
そんな切なさ 知りました
日陰の恋でも
明 日の 答
来るその 日まで
せめてうたかた 夢にして
あゝいつか別れが
さがさないでね
やま
山
ひさ
尚
こ
子
227
女の夜更け街
さみしくて
飲んで ま す
女ひとりは
いつかお酒を
あのひとと
好きなの
豊
夜更けの街よ
愛はひとすじ
話しているの
二人きり
夢にみるのは
眠る幸せ
死ぬ程
今ごろどなたと
ああ
せつない
愛はひとすじ
揺れる心
尽したりない 願いでも
祈ります
ほほえみを
忘れられずに
愛は命と
シャンデリア
会えます
心刻んだ
あ し た
信じてみ たい
明日は
希望という字を
岡
炎え
炎え
わかって 欲しいのよ
ああ
夜更けの街よ
夜更けの街よ
愛はひとすじ
話しているの
好きなの
雨ふり
わかって欲しい
いつか外は
死ぬほど
今ごろどなたと
ああ
せつない
愛はひとすじ
揺れる心
敏
晴
228
そよ風さんの歌
鳥
羽
貞
そよ風そ よそよ 雪や なぎ
ケ キ ョ ケ キ ョ ウ グ イ ス鳴 き は じ め
春は そこまで来ているよ
鳥 さ ん わ た し に 止 ま って よ
手 ま ね き す る 枝 つ か ま って
ケキョ ケ キ ョ う ま くは鳴 け ま せ ん
それでいいのよ この枝で おけいこ いっぱい
しておくれ サンキュー アリガト そよ風さん
かしわ
に ほん
おとこ
こい
こ
ねえ
そよ風そ よそよ 鯉のぼり
む ら さ き アヤ メが 咲 きました
お 庭 の 柏 は 丸 ぼ う ず ぼ く が む し っ た 葉 っぱ さ ん
かあさん クルリと 巻いたもの
ア ン コ の 入 った か し わ も ち
とうさん にいさん 姉ちゃんと
み ん なで モ グ モ グ あ あ お い ち い な
ぼくは 日 本の男の 子
い っぱ い 遊 んで 青 い 空
はま べ
かぜ
す い か
はま べ
にい
うみ べ
わ
いっ ぽ
そ よ 風そ よ そ よ 海 辺 に 吹 け ば
白い 波で す ざんぶ り こ
ヨットがゆらゆら港でゆれて
浜 辺 は に ぎ や かた の し い な
青 い 海 で す 白い 雲
うまく泳げば西瓜割り
目 かく し 兄 さ ん あ と 一 歩
や っと 割 れ たよ あ あ う ま い
た の しい 浜 辺 の お ま つ り だ
に ほん
に ほん
こめ
庭の柿の 木 花が散り
オレ ン ジ 色 の 実 が つ い た
ま だ ま だ 取 って は ダ メ で す よ
かあさん そ ん な の 待て ない よ
カ ア カ ア カ ラ ス が や って く る
ヒ ヨ ド リ さ ん も ね ら って る
ぼ く は バ ットで お い は ら う
こ と しは お 米が ど っ さ り こ
海 で は お さ かな プ カ プ カ 泳 ぐ
日 本 の 秋 は お な かい っ ぱ い
ぼくは こ んな に 大 き くなれ た
ぼくは 日 本の 男 の 子
い つ かは 夢 を 追 い か け よ う
い っぱ い 勉 強 す る か ら ね
と う さ ん か あ さ ん 見て いて ね
子
229
機関士ストーリー
おっかなかった
高く見上げた 子供の昔
黒い煙りが
汽車通時代
通ったものよ
やがて中学
妙に心が
こんな坂
零点とんなと
こんな坂
永
井
聞こえた頃よ
カマドの音が
なんだ坂
零点とんな
汽笛を引けば
手を振る娘
俺が定時に
いつも決まって
可愛いかったぜ このカミさんも
こんな坂
聞こえた頃よ
カマドの音が
苦労ばかりで ふけこんだけど
なんだ坂
借金返せと
たくさん食べて
借金返せ
黒いダイヤを
走っていると
水上あたり
みな かみ
今も変わら ず
ひびくこだまの
なんだ坂
青春返せと
泣いてるだろう
カマドの音が
逢いに行くとも 孫の手ひいて
青春返せ
ひろし
230
季節はめぐる
息子・エレジィー
あの日のように
わかつても
一緒に過した 身がつらい
戻りはしないと
我が息子
息子よ
愛しい愛しい 君いづこ
あゝ
許してね
あげられず
一声かけて
も一度あいたい 母ごころ
あの時そばで
あなたを守って
ごめんねごめんね
我が息子
息子よ
私がかわりに なれないで
あゝ
追ってはみても
も一度あいたい 母ごころ
すぎ行く影を
忘れない
命まで
あなたの笑顔は
心の底まで
我が息子
息子よ
糸さえ切れない 夢なみだ
あゝ
も一度あいたい 母ごころ
長
澤
あきら
231
海 明 け
北風ばかりで
旅の人
白い流氷と
何もないね と
育てる愛と
女房が ヨ ー
あるのにね
しばれ大 地が
育つ幸せ
海明けにゃ
手を合わせ
赤い飯を 炊き
やしろ
り ょ う
お社に
出漁を祝うのさ
カモメが騒げば
し
春はまだかと
出し風も吹く
爺様もヨー
漁仕度
風つめたいが
だ
沖に向かって
山は真っ白
俺もそろそろ
海明けにゃ
ハッパ掛け
むかし思い出し
若い衆に
女房が ヨ ー
船を送り出す
海明けにゃ
おかえりと
ちょっとめかし込み
背のびして
俺に手を振るさ
な がた
恵
秋
232
ゆう
げ
しょう
夕 化 粧
子供のころ 摘んで遊んだ
おしろい花に もうひとつ
悲しい名前が あることを
大人になって 知りました
夕化粧 そうね…まるでわたしね
ひ な た
日向をさけて 咲いている
さ だ め
朝にはしぼむ 運命でも
夕化粧 一途な色です べにの色
はは
永
母は知って いたのでしょうか
おしろい花の この名前
わたしにふつうの 仕合わせを
願って黙って いたのでしょう
夕化粧 そうね…だけどわたしね
ひとりの人を 見つめてる
お わ
内緒の恋に 終焉っても
夕化粧 いのちをかけます いのちです
ごめんなさい ごめんなさいと
おしろい花の はかなさに
あなた
おも わ
母の面輪を かさねては
わ
背いたこころ 詫びてます
夕化粧 そうね…だめなわたしね
どうにかなるも ならないも
うそ
気持ちに嘘は つけなくて
夕化粧 わかって下さい 女です
田
聖
子
233
人 力 車
らく
京洛の
こう じ
桜だよりは
ま
しるし
法被に染めて
はっ ぴ
紅しだれ
しゃ ふ
ひと
野村小路に
いな せ
「京」の一文字
うれ
人力車
鯔背な俥夫の えびす顔
花見の席は
高み が嬉 し
はな びら
花弁届く
嵯峨野路の
や
も み じ
紅葉美し
渡月橋
きんしゅう
嵐山は錦秋
ひと
背中に印
らん
「嵐」の一文字
り
男振り
り
凛凛しい俥夫の
長
染み込む汗は
仰いで抜ける
あお
誘われ乗っ た 人 力 車
ちく りん
竹林の空
き ょ う
京都の町
にしひがし
車輪光らせ
西東
めぐ
名所巡って
「京」と「嵐」の字
ふれ合い楽し
人力車
鍛えた俥夫の 心意気
声かけ乍ら
なご
ひととき和む
塚
京
子
234
突っ走る
子供に見せて
長
日本の祭り
化粧をまとい
だんじり
きん し ぎん し
金糸銀糸の
気合いの帯で
だんじり祭り
男気見せる
俺たちが
晴れの舞台の
命知らずの
な
生まれ育った この町しょって
せ
背中に浜風
日本のまつり
気合いの笛で
行くぞこの道
つらぬ
天を貫く
掛け声太 鼓 心 に ひ び け
親の勇姿を
後を継げ
ゆう し
お前も俺の
法被をまとい
つ
親子揃いの
幼子が
はっ ぴ
肩で風きる
今日の主役だ 日本のまつり
祝い酒
日本のまつり
※ 決めて飲もうぜ
明日に輝け
浜
有
美
235
いち ど
め
うろこ
まちがえ
失敗なんぞ
目から鱗
一度や二度の
やぶ蚊にさされた そんなもの
ここからだ
落ちたかい
今からだ
目から鱗が
明 日 へ向って
あ し た
幸せ求めて
実るひと
あの男だから
ひと
行けばいいんだよ、
つ
辛抱出来る
い
明日へ向って
落ちたよう
ここからだ
必ず何時かは
今からだ
目から鱗が
ひと はな
一花咲かせる
こ
はず
行けばいいんだよ、
か
恥かしがるな
ころ
転んだ過去を
行けばいい
明日へ向って
落ちただろ
ここからだ
信じたこの道
今からだ
目から鱗が
女房とふたりで
行けばいいんだよ。
那 須 野
巌
236
幾 夜 月
女は みんな そうでした
往く
思い出す
難
浮き世の中で
消えるのよ
出せば
身を隠す
誘われて
成って
知って居るのに 馬鹿なのね
恋の虜に
月の光に
あなたを
すぎた
そっと
つまずき
影に
きっと
顔
あなたの
お天道様が
あなたは
夢の中
知る為に
男は みんな そうでした
続けて
愛の深さを
旅を
波
伸
安
237
仁井谷
n
o
i
s
u
l
l
I
消されてしまう
都会の
アンモラル
きら
氷みたいに煌めいた
人の心さえ風の街
L
A
R
O
M
N
U
化石の冷たさね…
慣れすぎて
とまどいに揺れながら
幸せすぎる日々に
リ ン グ
愛の 指環 も 今 は
め
L
A
R
O
M
N
U
あのひとの
都会は
s
s
a
l
G
俊
y
r
e
t
s
y
M
ふたりのようね
に酔いしれる
立ち止まる街角…
一度だけ瞼を閉じて
秘めた憂い感じる
み
熱い視線の中に
つ
罪色な
夢も届かない星屑は
蜃気楼
L
A
R
O
M
N
U
優しさなんていつも
愛されてみたいの…
とまどいに揺れながら
灼けた砂漠のように
め
一度だけ瞼を閉じて
L
A
R
O
M
N
U
溺れても
t
e
e
h
S
白い
満月に抱 かれる …
の海に
何故か涙あふれて
也
238
アルバムに
追憶のページ
埃被った
ち
好きだよと
あの一コ マが
嬉 しそ う
あなたの写真
肩先に
なんと綺麗な
細い私の
た
Vサイン載せて
は
二十歳 の と き の
甦る
丘に上って
のぼ
昨日のように
あゝ
バラを一輪 くれたっけ
道づれに
あの日にかえりたい
恋の名残りを
破り棄てよか ときめく写真
気立てやさしい 人だった
今はもう
今も聞こえる
想い出ですね
星を見上げりゃ
あの言葉
西 井 戸
ときめきを
連れてくる
遠いあの日の
好きだと言った
あゝ
眠れぬ 夜 が
あの日にかえりたい
今日は私の 誕生日
学
239
よ ぼし
いい女房
あさ ぼし
いい女 房
朝は朝星 夜は夜星
おれの女 房
こんなおれでも 尽くしてくれる
感謝してるよ 心から
投げキッス
今日も仕事に 頑張ってくる
見送るお まえに
いい女 房
なんのとりえも ないおれにゃ
過ぎた女 房
夢ではないか
夢心地
こんな幸せ
ほっぺつねって
愛妻弁当
真っ直ぐに
心づくしの
今日は帰ろう
出迎えて
いい女 房
うちに帰れ ば
くれる女房
ひとりみ
まだ独身だ
いい気分
風呂にしますか お食事ですか
まるで新婚
わび
待てよこのおれ
目覚めて侘しい 春の夢
西田
ただすけ
240
待つ身なら
見得を切り
花達よ
花がすみ
旅すが た
空に舞う
花ふぶき
花の宴
サクラふぶきが
二度と戻れぬ
アア花が舞う
アア雲が飛ぶ
今日の便りは
花舞台
おなじ定めの
ここが見せ 場の
アア花の風
アア恋の風
明日の便りを
花が飛ぶ
散る この身
これが見納め 花ふぶき
きれいと言われ
アア春を告げ
行き過ぎる
アア雲を呼び
花の便りが
にし
西
たに
谷
かつ
勝
み
己
241
春風さそう
人生夢ひとつ
ふとした縁に
親の一押し ふるさと背中に
歩いて来たわ
真っすぐに
あなたとここまで
こころ
下手な世 渡り
夢ひとつ
魂に一筋 ふたり道
あ し た
生きよう明日へ
ただただ不思議
風また風 に
何がなん だ か
一途に守る
突然人の世
あなたと支える
ふたり坂
試練耐え抜き 風去りて
魂に一筋
と
情にふれて
ふるさと 胸に
どうやら越える
生きよう明日へ 真っしぐら
七坂峠も
出逢う幸せ
ひ
あなたとお他人の
悔いはない
ふたり道
共に苦楽に
魂に一筋
生きよう明日へ 夢ひとつ
西
平
としこ
242
夫婦になって
あなたとお酒を
好いて好かれて
時間があれば
にしみの
私は幸せ
望まない
いるだけで
それ だけで
笑って過ごせる
それだけで
あなたの傍に
ぜいたくなんかは
お酒を飲みましょか
あなた(なんだい)
月でも観ながら
私の肩に
あなた(なんだい)
風邪をひくなと
心に沁みます
あなたのコート
温もりが
北風さえぎる
温もりが
夕陽も消え た 路 地 裏 に
あなた(なんだい)
灯りが点きます 提灯の
あなた(なんだい)
お酒を飲みましょか
私は幸せ
あなたと二人
なにごともなく
あそこの屋台で
今年一年
感謝です
除夜の鐘
それ だけで
暮らしてこれたね
それだけで
心の中で
聞こえて来ました
あなた(なんだい)
お酒を飲みましょか
あなた(なんだい)
苦労を労う
た かし
243
ち
ま
ち
歩いてみよう
歩いてみよう
ま
この都会 を
つらい世間の
二つの花が
雨風耐えて
俺の住んでる この都会を
ビルの日陰で
歩いてみよう
見せられた
肩を寄せ合い 咲いている
愛の強さを
この街を
の ぞ み
妻と出逢った この街を
六畳一間
語り明かした 二人の希望
若いその頃
今もアパ ート そ の ま ま に
ち
ま
ち
歩いてみよう
忘れかけてた 夢を知る
ま
こ の 下 町を
商店街は
俺が生まれた この下町を
助け合ってる
人の温もり
そこに見た
感じつつ
笑い絶えない 人情横丁
違う世間を
西
脇
照
芳
244
二
日本人だよお花見だ
いられるものか
まっている
じっとしてなど
咲いて桜が
お 花見だ
にっ ぽん じん
日本人だよ
花びより
何はさておき 行こうじゃないか
心うきうき
肴はあるか
さかな
酒は持ったか
そろったか
上手がいるね
じょうず
まかせたよ
みんな笑顔で
場所をとるのは
おん ど
音頭とるのは
し
う
敷いてうれしい 花むしろ
てびょうし
手拍子打って
盛り上がる
お花見だ
あちらこちらで
飲めや歌えで
日本人だよ
吹きとぶように
う
浮世憂きこと
花吹雪
うき よ
風のまにまに
瓶
みち 子
245
高滝湖
水面を染める
高滝慕情
赤々夕陽が
二人佇む
浮かぶ小舟も 波に揺られて
加茂橋渡りゃ
さざ波揺れて
宿明かり
肩を寄せあい
水に漂う
きらきら湖畔に
濡らす夜
ん
胸の乳房まで
汽笛かなしい
し
別れ 急かせる
忍び泣く
覗いた月も
雲に隠れて
また逢えるよに
NOMOSS
肌をもむ
夢一夜
辛い夜
そっと小窓を
高滝花火で
願掛ける
虫の声さえ
オブジェ かげろう
漏らす吐息に
高滝神社
縁結び
明日はお詣り
きっと幸せ
246
涙あふれます
何もかも
あなたを
飛び込んできた
かなぐり捨てて
信じて
いいのねと
おれの胸
好かれて
汗まみれ
貧乏神に
ま
煙草が好きですね』
野
わが子を育て上げ やっと夢見た旅へ
し
『あの桜島
ゆ
…涙あふれます
さ
白湯 を だ し
かみしめながら
おまえは上機嫌
ごちそうでした」
青菜のままで
煎茶のつもりで
おしたしも
「美味しいよ
『おそまつさま』と
炊事場へ
愛して愛された日々を
食器洗いに
…涙あふれます
訪ね歩 く と
よもぎ摘んだね
初めて暮らした あの路地へ
畦道で
手をとって
笑みたたえ唄う
沢
声はりあげて
ふたりで唄った あの歌 思い出し
いと
風呂でも
愛しいおまえの背を洗う
…涙あふれます
冬
子
247
みぞれ
北の 町
風が舞う
哀 愁 港
霙散らつき
ここは最果て
離れて知った 切なさを
漁り火が
連れてゆく
潮の匂いと
遥かな沖へと
哀愁港
潮風が
未練がこぼれる
頬をさすよな
北の町
あたためて
抱いたまま
しのび泣いてる
熱い想いを
お酒ぬくめて
夜霧が流 れる
船が出る
哀愁港
二人で暮した この町に
汽笛鳴らして
飛ぶカモメ
出逢い別れの 北の町
い
凍てつく岬
切るに切れない 運命なら
哀愁港
も一度逢いたい それだけで
あなたを待ちます
羽
澤
文
子
248
本
和
トッピン パラリの ブー
橋
ブー
おしまいは
パラリの
むかし むかしばなしの
トッピン
むかし
ばっちゃ んねむくて
ブー
パラリの
ブー
ニャンコ も
パラリの
いっしょに
トッピン
トッピン
ぼくらと
かたむけ
ブー
じっちゃんものぐさ
おみみを
パラリの
ワンコも
トッピン
おしまいは
ブー
むかし むかしばなしの
パラリの
むかし
トッピン
せがんで
ブー
いっすんぼうしも
おはなし
パラリの
ブー
まだまだ
トッピン
パラリの
ぼくらは
あわせて
ブー
トッピン
おててを
パラリの
ももたろうさんも
トッピン
おしまいは
ブー
むかし むかしばなしの
パラリの
むかし
トッピン
チラホラ
ブー
めでたしめでたし
あくびも
パラリの
ブー
そろそろ
トッピン
パラリの
ぼくらも
おもくて
ブー ブ
トッピン
おめめが
パラリの
おかねもザクザク
トッピン
郎
249
まだまだ小唄
損ばかり
世渡り不器用で お人好し
欲が無い から
綺麗事
欲がある
損だ得だと
いえいえそれは
損だ得だと
言ってる内は
まだまだ充分
裏切りそねみの この世界
何になる
神じゃない
泣いて恨んで
そもそも人は
そんな自分も
いるのかも
そんな自分も
気付かぬ内に
誰かを泣かせて
夢も無い
着いてない
橋
ナンダカンダと
何も無い
空回り
灯りも見えなきゃ
何をやっても
いえいえ元は
ナンダカンダと
言ってる内は
まだまだ地に足
本
真寿美
250
地獄魔道の番外地
誰が呼んだか 吹き溜まり
こ こ は 場 末 の 番外 地
燃えてたに
出た時にゃ
夢に希望に
世捨て人
生まれ故郷を
今じゃ黄昏
誰がした
一丁目
からす
びと
こんな男に
鳴く烏
むしろ
たそがれ
自業自得と
ざ
ダンボール
ご
茣蓙よ筵よ
ここは 地 獄の
悔いの痕
明け暮れ た
暗い青春
ゴキブリ と
非道無道に
俺の人生
ゴミあさり
夢枕
しょうね
頑張りな
捨て猫よ
笑う烏が
かあ
声がする
じゃれてくれるな
じいじばあば
爺婆の
とう
お父おっ母
死んだつもりで
性 根 まで
見てご覧
枯れちゃいけねぇ
沈む夕陽を
明日は朝陽に 変わるだろ
丸く なる
死ぬ時よ
欠けた三日月
男終りは
ハチャン・K
251
ポンチョ
お遊びポンチョ
ハマ・イチロー
童謡「ポンチョのうた」その2
ポンチョ
幼いこどもの 運動会
大さわぎ
ハルトとアヤカ
てんやわんやの
かけずり回る
ヒュウト
ざわめきが
お食事ポンチョ
きこえてきます
吹く風に
ポンチョ
ズウラシア の
森を越えて
ポンチョ
港の汽笛が
流れてきます
ご苦労さん
やさしくのって
配達兄さん
鼻提燈
はなちょうちん
窓あけ手をふれば
ヒュウト居ねむり
アヤカ ハルト
秋の夜風に
252
早や二年
稲田に蛙
浜
幻かしら
鳴いてます
あなたはいない
そら耳かしら
振り向けば
め
逢えなくなって
あ
おりるころ
今年も梅雨 の
夜の戸張が
いつものように 差し向かい
か
源
今夜も…ね
く
酌み交わしたい
ささやくあなた そら耳かしら
いく とせ
揺れてます
「ただいま」と
幾年か
にわ さき
庭先すすき
つけたわよ
淋しくな って
彼岸の月見
刺身熱燗
も
差し向かい
と
あなたと一緒に
雪解け春を
待ってます
キラメキかしら
嬉しい…わ
七色星の
酌み交わせれば
見上げれば
温もり捜し
ともるころ
照らしてほしい この先も
夜の灯りが
いつものように 差し向かい
今夜も…ね
酌み交わしたい 今夜も…ね
酌み 交わしたい
太
253
は かげ
い
ざ
よい
つき
み
十六夜の月
うつ
格子窓
おり
ためらうように 月満ちて
葉影が映る
つづら織
うそ
嘘とまことの
恋路と知れば
こい じ
心に編んだ
絹の帯
あか
ぬ
あ
涙で濡れる
十六夜の月
よい
神無月
かん な づき
宵の灯りは
な
木枯らし啼いた
悲しみは
はざ ま
別れた恋の
吹き抜ける
傷痕たたき
き づ あと
胸の狭間を
裂かれた夢の
消してゆく
さ
残り香さえも
十六夜の月
が
秋のおぼろ げ
ぬく
わけ
温もりを
くや
触れあう肌の
ばな
こ
つつ
過去の夢
か
悔みはしない その訳は
こ よい
十六夜の 月
なみだ痕
あと
この身を包み
おとぎ話しの
今宵の闇が
枕に残す
雲に隠れた
林
伸
254
Olive tree
Toshiki Hayashi
Everybody wants peace
Nobody knows how to get it
Everybody talks about peace
Nobody knows what it is
God created us in hope
Everybody wants to know reasons
God created our hearts
Nobody knows how to control it
Olive tree, olive tree
Let your leaves ride on the wind,
Olive tree, olive tree
A symbol of peace
Spread the heart of peace in the world
Peace is built only in human's heart
We never give up
Olive tree, olive tree
Let your leaves talk about the will of God
Olive tree, olive tree
A symbol of peace
Spread the heart of peace in the world
Peace is built only in human's heart
We never give up
Olive tree, olive tree
Let your leaves ride on the wind,
Olive tree, olive tree
A symbol of peace
Spread the heart of peace in the world
Peace is built only in human's heart
We never give up
Olive tree, olive tree, olive tree, olive tree
255
串良弓道連盟の歌
矢立に映える陽の光
弓道場
凜として
瞼に染みる
的射る姿
美しさ
矢を 放つ
古武士を偲ぶ
あゝ先陣の
震わせて
厳として
つるの音よ
串良の台 地
靜寂破る
的射る姿
技冴える
昔を今に見る如し
あゝ錬成の
燦として
凝る精神
高鳴る胸を鎮めつゝ
一條一矢
的射る姿
極みなし
辺りを掃う清しさよ
あゝ弓道に
原
伸
二
256
りん
ご
き
人 生の
なら ぬの が
林檎の木
思い通りに
道じゃないかよ
意地がある
前を見ようぜ これからも
お前まだまだ
負けないで
俺もまだまだ 意地がある
そうさ心は
俺たちは
踏み越えて
生きてゆこうぜ
花も嵐も
頃もある
かつ
夢を担いだ
頃もある
若い奴らにゃ
俺たちの
わから な い
かつ
時代担いだ
味を出そうぜ
木を植える
原
きょうもまた
お前林檎の
木を植える
いいじゃないかよ
俺も林檎の
・・・・・
忘れもの
・・・・・・・
どうせ昭和の
木を植える
・・・・・
だけど林檎の
木を植える
・・・・・・・
だから林檎の
文
彦
257
過ぎてしまえば
思っていたの
想い出なんて
未 練 雪
いつか消える と
部屋を片付け ふと目についた
二人で最後に 写した写真
窓につぶやく
聞きたいけれど
外は未練雪
あの頃は
去った言い訳
苦しめるだけ
幸せでした
聞けば貴方を
来たはずなのに
まだ冬のまま
春はとっくに
私の心は
今日も未練雪
遠すぎる
女泣かせる
大人になると
夜明けが遠い
別れ重ねて
言葉が浮かぶ
置き去りにして
そんな誰かの
恋の抜け殻
この部屋を出る
ひとり未練雪
落とすたび
明日は私も
溜め息ひと つ
窓を雲らす
遙
北
斗
258
ふる
故
さと
郷
友人と
僕が生まれた あの故郷へ
共にあそんだ
故郷を
いずれまた
がまんして
さびしくて
大人になって
去ることになり
それでも僕は
夢を叶えて
帰る日を
かな
この故郷に
いそがしく
かな
夢が叶って
わすれてた
あそんでた
故郷の
つかれて た
故郷ことを
休みを取れず
夢の中では
ひ みつ
秘密の場所で
帰るよと
目がさめていた いつかまた
あの故郷へ
結婚し
しあわせに
数年が経ち
子供さずかり
故郷に
引越を
決断し
帰るぞと
仕事のことも おちついて
いつか故郷
今しかないと
家族と共に
帰ってきたよ
ヒイロ
ユ
イ
259
ころも
光
お世話になります衣さん
移ろう季節
ころも
衣さん
暑さ寒さの
街に彩る
大手を振って
色々あるから
温泉旅行にも
男も女も
仕事に買い物
生まれたままでは
お世話になります これからも
やわ
衣さん
ころも
細くて柔い
糸が寄り添う
守ってくれた
針の穴より
優しく包んで
大きくなりました
い の ち
生命はこんなに
あなたの温もり
かあ
母さんみたいな
お世話になります これからも
好みに合わせ
さら
ころも
きもの洋服
衣さん
か た ち
姿形自在の
曝されたって
宝にそうろう
や ま と
日照りに雨風
大和の昔から
く ら し
生活を支える
人生道連れ
お世話になります これからも
五
郎
260
男と女の詩
魂の夢があるのなら
男は輝く星になれ
光に向う強さがあれば
夜明けはいつかは訪れる
レールに従う生き方は
己を見つめ
つまらぬ生き方そう思え
己を高め
明日を信じていけばいい
悲しみの過去があるのなら
女は誇りを胸に抱け
心の扉を閉じたりせずに
自由に世界と戯れろ
すべてを受け入れ汚れない
笑顔の綺麗な花になれ
心を開き命のすべて
愛して感じて華やかに
心に嘘をつかないで
男も女も風になれ
ためらうこともすべてを許し
青空見上げて生きるんだ
青空見上げて生きるんだ
美
山
明
葉
261
びっちゅう まつ やま じょう
備中に
びっちゅう
戦国の
備中松山城
かた
歴史が語る
し ほう
みどり豊かな
囲まれた
天守閣
さんちょう
四方を山に
やま
山頂に
ら
がぎゅう
臥牛の山の
そ
天空 に 顔 出 す
松山城
びっちゅう
備中
ああ
あさ ぎり
夢の里
や しき
朝霧ふかし
武家 屋 敷
け
古き時代の
月さえて
じょうか
しら かべ こう し
ぶ
城下の町に
五万石
白壁格子 大手門
えい こ せい すい
栄枯盛衰
松山城
びっちゅう
ああ
山峡に
備中
詩情豊かな
高梁川
お
松山城
天守閣
み
たか はし がわ
やまあい
清き流れの
見下ろ せ ば
がん か
眼下に城下
堂々と
ふう せつ た
みや び
風雪耐えて
はく あ
備中
びっちゅう
白亜の雅
ああ
肥
田
晃
輔
262
姫
死ぬほど愛して欲しい
威張腐って
い ばり くさ
仕事だ仕事だと
午前様
どうすりゃいいの
あなたはいつも
待ってるわたしは
ないけれど
ぜに
銭の心配
いつ来るの
帰って来て
しあわ
女の幸せ
たまには飲まずに
愛して欲しい
えさ
わたしを死ぬほど
さかな
餌をあげないと
つ
釣りあげお魚に
得意顔
とく い がお
あなたはいつも
いけないんだよ
だめですよ
持てるのよ
わたしをなめたら
いま
今もわたしは
ほったらかししちゃ
愛して欲しい
二人の世界へ つれてって
わたしを死ぬほど
じ
何ていい言葉
せ
おんなはお前だけ
あなたはいつも お世辞言う
していなきゃ
時代はいつでも 変わるのよ
ぼれ じっ
なっちゃうよ
お
もっとしっかり
老い耄爺こに
溌剌してね
愛して欲しい
はつ らつ
いつでも元気
わたしを死ぬほど
あ や め
263
むら
ちょ ろ う
え がお
ばん
た
ろう がらす
平
番太郎鴉
かえ
返す
井
我があだな。
わ
悪いくせ……。
わる
笑顔を
村の長老
にら
睨んで
いち ど
一度
ちょ ろ う
長老
むら
村の
きび
厳しさは
せい ぎ
正義の こころ
番太郎鴉
あめ どろ
雨泥かぶり
わか もの
若者よ
なみ だ
いばら道……。
みち
たび しゅぎょう
旅修業
たた
叩き こまれた
か
賭けた
いのち
命を
おとこ
男の
む がく
あ
無学
ば せい
いま
今の
ぐさ
さ だ め
すがた
運 命の
わ
みち
道に
我が姿……。
まなびや
学舎 へ
い く さ
かた
あの戦争
え がを
さけ
笑顔で語る酔い酒で。
よ
感謝の涙ポロポロリ。
か ん しゃ
語り草
かた
罵声 つば浴び
なや
悩むな
ちょ ろ う
長老
なみ だ
こ
泪の
の
乗り越え
く なん
苦難
ひとつを
いのち
命
むか
昔しの
とお
遠き
の みち
る
野道
は
はだしの
な
青春は
昔しを
むか
無くした
な
泣 いた
あゆ
歩
か
果
264
人生百年
溜めておけ
箕でこぼす
汗はこころに
転んでも
爪で拾って
泣いて笑って
浮世ぶらぶら
また一つ
風まかせ
たかが人生 百年だ
一つ山 越 しゃ
色恋も
そんなもんだぜ 世の中は
酒になさけの
たかが人生 百年だ
いるものか
あざなえる
だれに遠慮が
人の一生
三下がり
縄の如しじゃ ないけれど
粋な二上がり
鐘が なる
たかが人生 百年だ
風にさらせば
平
井
健
一
265
ほーたる
約束守って
去年の夏のこと
来てくれた
ほーたる・蛍・ほーたるよ
あれは
蛍になって
来るからね
ボクが死んだら
必ず逢いに
ら ぼん え
盂蘭盆会
う
おりました
今夜は
心待ちして
ほんに
灯しつゝ
蛍は化身
冷やしておきました
来て止まれ
ほーたる・蛍・ほーたるよ
浴衣の衿に
ビール
愛する人の
今夜は
ら ぼん え
ら ぼん え
平
山
盂蘭盆会 ――。
う
通い来ると云う
盂蘭盆会
う
通い来ると云う
悲しいひかり
幾夜も
ほんに
〽幾 夜 も
ほ ん に 今夜は
貴容子
266
わか
ふ た り
こい
恋
みなと
別れ港に
も
あかし
さ
みなと
港
ね
ひ
な
海猫よ
うみ ねこ
ドラの音哭いて
やど
二人をひき裂く
宿の灯が
が
いきます のこり香と
燃えた証の
き
消えて
な
みち
恋港
ついてゆきたい ついてゆきます
せ
で ふね
あなたの背中が道しるべ
しあわ
出船のデッキ
まち
幸せさがしの
よその 町
かいきょう
あしたは海峡
た
つみをつくった あなたでも
断ちきれないわ この心
す
し
む
すすり泣く
恋港
ついてゆきたい ついてゆきます
あ
ひ と り ぶね
終わりはないの
お
明日を信んじてふり向かず
たび
女の旅に
一人舟
なが
だ
流れてゆくのね
すがりつき
おび
な
あなた抱いてと
ほど
解いた帯も
みなとまち
恋港
ついてゆきたい ついてゆきます
し ぐ れ
時雨まじりの港町
廣
岡
傑
267
が
りゅう
ざくら
姿して
臥 龍 桜
ふ
龍が地に臥す
咲いてます
あの日のことを
千百年も
好きで別れた
飛騨の里
おも
女の未練
憶い出します
臥龍桜は
木彫り師の
縋りつきたい もう一度
おが
拝み一刀
胸の内
見つけて 欲しい
来た私
心に秘めて
貴方がここに 住むと云う
風の噂を
尋ね歩いて
臥龍桜よ
逢って詫びたい
恋でした
春が来るたび 焦がれます
悩んで消えた
甦る
女の化身
過ぎてゆく
惚れた腫れたは ふたりの迷い
はな
桜の盛りは
臥龍桜は
こ こ ろ
覚めて樹魂が
風
雅
也
268
おしどり人生
ふたりで生きた 時代のなかで
幸せ来ると
灯りを追って
四畳半
苦労のかずだけ
涙ながした
遠くに見える
ま だ ま だ 人 生 六 合目
仲良く生きよう おしどり人生
沈まず 生 きた
後ろを見ずに
世間の渦に
明日への道のり
愛の道
苦労も見せず
生きたあかしの
笑った顔に
ま だ ま だ 人 生 七 合目
おしどり人生
がまんの道も
ふたりで生きよう
時に流され
お前の笑顔が 心のささえ
花よりも
お前のしぐさ
どんなきれいな
俺は好きだよ
ま だ ま だ 人 生 八 合目
笑って生きよう おしどり人生
福
山
しゅん
269
白い花のささやき
私の家の裏庭に
白い花
白く咲いている
名もない
浮かんでくるの
生きること
女は一人の人を
父の優しい顔が
真実一路
永遠に愛して
教えてくれた 父の声が聞こえる
*どんなことがあっても
白い花びら
信じて生きる
私の肩に
女は一人の人を
藤
ぽろんと消え た
真実一路
愛すること
するするする
いつまでも
父の声が聞こえる
白い花
浮かんでくるの
忘れないで
名もない
父の優しい顔が
そっと夢を見るのでしょうか
静かな昼下がり
白い花は
外 美 子
270
二になるならば
不
言葉で悩む人生行路
一たす一が
心もあるね
数合わせ
一ひく一の
言葉の中で の
味ひとつ
人生行路
喉元すぎたら
言葉で悩む
ちょぴり入れた お塩で変わる
めぐり合い
人生さ
味つけされ た 言 葉 の 世 界
と
甘さも辛さも
ひ
他 人 との出会 いと
いくつも集め
覗いてみるさ
落とした涙を
真珠になるね
世間の裏も
掛ければ 首 の
花も 咲く
自 慢の話
生きてきた
苦労の跡には
心に誓って
しあわせ
幸福掴む
二
美
風
271
藤
﨑
光
ONE FOR ALL, ALL FOR ONE
歩道の片隅 揺れている
黄色いたんぽぽ たくましく
小さな 子 供と お 母 さ ん
お手てを繋いで 散歩道
僕達は何故 生まれて来たの
意味はあるのか
わからないけど 一人ひとりに
意味があるはず
ONE FOR ALL, ALL FOR ONE
一人はみんなのために
ONE FOR ALL, ALL FOR ONE
みんなは一人のために
くじけそうな時 つらい時
涙見せないで 笑ってる
頑張ってるよね 君のこと
みんなが見てるよ 知ってるよ
誰もがひとり 僕もひとりさ
だけど気付いて
友達がいる 仲間がいるよ
幸せなこと
ONE FOR ALL, ALL FOR ONE
一人はみんなのために
ONE FOR ALL, ALL FOR ONE
みんなは一人のために
ONE FOR ALL, ALL FOR ONE
一人はみんなのために
ONE FOR ALL, ALL FOR ONE
みんなは一人のために
272
お伽情話
あなたに返す
べに
紅をほんのり
あああ好きよ
夢を注ぐ
ち ょ こ
好きよ
お猪口に女の
好きよ
風は小雪と
川の瀬音が
あなたに解かれ
乱れ舞い
風を呼び
ふたりしのんだ 湯の郷は
紅の帯ひも
あああ好きよ
幕が開く
好きよ
お伽ばなしの
好きよ
芝居なら
愛のしずくも 移り香も
明日は消えてく
乱れ舞い
ひと よ
一夜限り
あなたの指に
さき
紅の糸先
あああ好きよ
爪のあと
好きよ
巻いて待ちたい遅い春
好きよ
愛し背中に
乱れ舞い
つけてくちびる押しあてる
女みれんの
藤
村
誠
一
273
藤
本
純
~哀愁の薔薇の町~
壊し た俺に
福山の夜
おまえの夢を
くちびる噛んで こぼした泪
愛しくなるほど 尽くしてくれた
夜露に濡れて咲く
白夜の城下町
赤い薔薇なら
待たせはしない
※ ふたり暮らした
春がくるまで
泣いたらいいさ
哀愁の薔薇の町
そっと〳〵この胸で
夜の福山よ
思い出グラス
たたずむ路地の
酒場でひとり
揺れては消える
面影だけが
おまえの横顔
お店に急ぎ足
季節は通りすぎ
よく似た女が
今ならやれる
桜ちらちら
白い薔薇なら
燃える想いを
哀愁の薔薇の町
せめて〳〵もう一度
夜の福山よ
夜露に濡れて咲く
白夜の城下町
赤い薔薇なら
待たせはしない
※ ふたり暮らした
春がくるまで
泣いたらいいさ
哀愁の薔薇の町
そっと〳〵この胸で
夜の福山よ
行
274
びゃく
白
わか
もど
れん
蓮
ご くう
いえ
か
はじ
家の恥
ひと み
戻れば
か
まど
び
はりむしろ
こいほむら
み
ち
藤
にんぎょう
と
さけ
本
ち
血の叫び
かり
花一輪
はな いち りん
ゆく雁を
恋焔
は
ち
生き人形
い
未知の土地
よめ ごりょう
うら若き 人身御供の嫁御寮
のが
逃れ
せ
し せん
な
競りで買われて
か ぞく
かざ
華族ゆえ
ま
飾られて泣く
とこ
ぬ
床の間に
い
わ
さお
和歌にたくした
友とせし
とも
射抜く視線の針筵
もの
書物を
しょ もつ
よそ者を
ゆ いつ
唯一
とき
ろう
そ
日々の果て
ひ
牢の窓から
時に棹さす
ほとばしる
いのちか
命賭け
とら
うらや
羨む
囚われし
なが
眺め
ひと
ふね
夢の舟
ゆめ
添うてほのぼの
や
こ
病む人に
ら い せい
来世に漕ぐ
まず
貧しくも
尚
子
275
恋雨みれん
想い出だけど
つまずいて
恋しずく
赤い蛇の目に 寄り添えば
右肩抱かれて
罪の情け に
ひと夜かぎりの
くちにして
悔しさに
だれといる
私はあなたの こころ妻
好きなあなたは
こころが乱れる
呑めぬお酒を
酔えば尚更 未練がつのる
ばかでした
切ない想いが やるせない
うぶな私が
わかれなら
あなたを愛した はずなのに
こんな惨めな
わたしを泣かす
咲かしたい
寒い夜風が
紅ばな一輪
藤
安
五月男
276
つ ば き
咲く寒椿
人生ひとつ
冬の寒さに
生きるこの世の 道しるべ
吹いたって
ぬくもりを
じっと待ちます
冷たい木枯らし
時を信じて
情けにしみる
人 生 ひ と つ 耐えてこそ
振りかえりゃ
胸のすき間に
生きいりゃ
いばら道
めぐるきせつを
山や谷間の
希望を棄てずに
時がいやして
花も咲く
夢 ひと つ
空だって
若葉も芽生え
人生ひとつ
しぐれ模様の
いつか陽もさす 虹もでる
時にまぎれて
きっと来る
心ときめく
住む世で は
素敵な春は
生きてこそ
男と女の
人生ひとつ
ふじわら
弘志
277
お ま え
手さぐりながら
女房と節目酒
見えぬ明日を
迎えたこの日
夫婦道
二十と五年を
確かめあって
ここまで来たのさ
かけた苦労を
節目 酒
しみじみと
女房とおれとの
云えずにいたが
飲もうじゃないか
惚れているよと
軽くなる
元気で来れた
言葉にするほと
ろくじゅう
女房のおかげ
ようやく還暦
あれもこれもが
今日だけは
節目 酒
飲もうじゃないか
明日につなげる
二人でいれば
それ だけで
何にがな くて も
大きな宝さ
夫婦の祝い
節目 酒
酔うほどに
いつかは金に
一年一度の
重ね重ねりゃ
飲もうじゃないか
女房とおれとの
文
月
まさる
278
き
言えてたら
星を見上げて
星を見上げて
Fumiko
ひとりぽっちは辛いから
じ
涙がでる
この 季節に
淋しく
秋が深まる
ふっと
きらめく
つらくないのに
一言でも
未練ばかりが 心にのこり
あの時
こんなに
夜空に
ひとりぽっちは辛いから
見守っていてね
今は聞こえない
お願いだから
あの声も
飲む酒で
あの笑顔 も
ひとりしみじみ
思 い 出す
あの時の
いい事ばかりを
星を見上げて
迷っても
きらめく
時に流され
夜空に
きらめく
てらしてほしい
ひとりぽっちは辛いから
私の行先
夜空に
ひとりぽっちは辛いから
私の行先 てらしてほしい
279
男を通す
平
おとこみち
夢で気が付く男道
男に生まれて
義理も人情も ふところ深く
しの
生きる道
抱いて寝るのさ 捨ててはならぬ
これが男の
辛い浮世を忍ぶには
男道
これでいいのさ
夢で気が付く
男を立てる
これでいいのかな
男に生まれて
さらしに巻いて
惚れたと言わぬ
恋も度胸も
こ
恋の道
好きなあの娘に
これが男の
苦い浮世を渡るのに
男道
ゆ
め
これでいいのさ
夢で気が付く
男で死ねば
これでいいのかな
男に生まれて
勝手を許せ
こ
花も実もある
涙道
抱いてやりたい あの娘の希望も
な
いき
成せぬ男の
これでいいのさ
粋が浮世で見せた意地
男道
これでいいのかな
夢で気が付く
誠
三
朗
280
MORNING SMILE
芳園寺
-
爽やかな風が吹く 朝の始まりさ
目覚ましが鳴り出して
そろそろ起きよう
ラジオ入れて 天気聴こう
Um 晴れてたらいいね
懐しい曲流れ あの日に戻るよ
朝刊を読み通し ニュースを聴いてた
パン食を食べながら
コーヒー飲み干す
今日一日 良い日でいて
Um 笑顔でいたいよ
いつもの時間帯の電車に揺られて
気持ち変えて 望む思い
Morning smile for me
Morning smile for you
-
清々しい朝が来て 目覚めの時間よ
クラシック聴きながら
食事を済 まそう
シャワー浴びて 朝シャンして
Um 心も磨くわ
長い髪整って スーツに着替えた
初めてのデート日に
ドキドキしてるの
青空も晴模様 幸せ気分よ
今日一日 元気でいて
Um 笑顔で過ごそう
私から貴方への告白聞いてね
思い込めて「好き」と言うわ
Morning smile for me
Morning smile for you
-
-
Morning smile for me
……
Morning smile for you
和
光
281
舟でゆく
北上慕情
北上川を
あなたのふるさと
近くなる
なったけど
面影ばかり
離れ離れに
岸辺に浮かぶは
くる ようで
唄う歌
声になる
風を抱く
あなたが走って
両手を広げて
船頭さんが
やさしいあなたの
こんなすてきな ふるさとで
一緒に暮らして みたかった
わたしの呼ぶ声 聞こえたら
いたずらね
戻って下さい この胸に
めぐり合わせの
引き離す
しないわと
男と女を
二度と恋など
恋しがる
冬支度
春支度
誓ったそばから
みぞれ
霙の北上
わたしのこころは
星
合
節
子
282
笑顔も恋も
身にしみる
千島の沖に
花咲き海峡
霧の花咲
船の霧笛が
可愛いあの娘の
網をひく
おか
陸に忘れて
花咲き海峡
深くする
負けないけれど
男度胸の
海の荒さにゃ
胸の哀しみ
花咲 海峡
決めた道
泣くな花咲き 燈台霧笛
ここが男の
北のさい果て
俺のねぐらは ここだときめて
うめてやる
死 ん だ 親 父 の 守神
俺も命を
花咲 海峡
生まれ育った 千島の海に
血潮がたぎる
星
川
成
一
283
鮮やかに
もう一度
草木の緑
君と
君と
心がな ご む
初夏の香りに満ちて
小川の流れ
もう一度
君と
歩き たい所がある
もう一度
わた すげ
綿菅揺れる小道を
二人が出会った 思い出の
君と
静かな 世 界
白い丘から見える
まぶしい海の
もう一度
君と
歩き たい所がある
もう一度
珊瑚の島の浜辺を
木の葉に掛けた 蜘蛛の巣は
君と
写して今も
風に揺れては止まり
昔の姿
もう一度
君と
歩き たい所がある
もう一度
星空きれいなふるさと
本
田
明
子
284
ゴ
むせ
梵
ネオンの町よさようなら
メ
ネオンの町を離れてひとり静に
海猫の声聴き乍ら噎ぶ霧笛の子守唄
冷や酒片手にチビリチビリと肴はスルメ
招き猫が話し相手の居酒屋は
心のやすらぐひとり酒
夜咲く花もいつしか遠く忘れて
こ
波の花思い出しひとり静な波止場町
こ
漁火恋しいあの娘この娘はどうしてるかな
沖のカモ メ何にか 教えてくれ な いか
寄せては返すよ波枕
化粧のうらに女の生る道だと
こ
天
言われても涙さえ落さなかった娘もいたが
ゆ
人生山あり谷も乗り越え行かねばならぬ
返す波に恋し思いを託しても
連れてはこないでさようなら
丸
285
スタンダード・ナンバー
しのびよる窓辺
槙
~あの頃に戻って
黄昏が
あなたと出会い
ビルの谷間
この街で
さよならを告げた
白い月
この街で
すべも知らず
若すぎたのね ふたりとも
愛を育てる
捜していた
もうひとつの道を
むかし…
別々の夢を
今は遠い
あなたと歩く
偶然の魔法
もしもあの時 選んでいたなら
再会は
甘い痛み
流れる曲も
よみがえる
この店に
聴いていた日々も
会えないこと
詰まりがちに
よかったと
この席で
幸せそうで
かわす言葉は
たぶんもう二度と
人の波にまかれ
感じている ふたり…
扉の向こう
人の波にまかれ
そうよ互いに 帰る場所がある
扉の向こう
そうよ互いに 帰る場所がある
映
二
286
祭りの頃に
したじゃない
帰ってくると
真
あなたのいない秋祭り
あの時約束
みこしを担いだ 若衆が騒ぐ
見ています
あなたのいない 秋祭り
私はさびしく
会いたいの
描いていたね
会いたい会 い たい
都会に夢を
あれから三年 どうしたの
プラットホーム
聞こえてた
あなたをおくった
太鼓の音が
握手を交わした 右の手に
残ってる
子供が 騒 ぎ
やさしいぬくもり
金魚をすくう
大人たち
会いたいの
約束よ
秋祭り
歩いてみたい
屋台へ群がる
も一度ふたりで
あなたを思う
帰ってきてよね
会いたい会 い たい
下
純
287
うろ た
徒
花
狼狽える俺の顔みるために
別れても恋もせず生きてきた
凄い女……
恨みとか悔やしさを忘れずに
持ってけよ墓場まで
め
い
く
じ
それでいい それがいい
あだ ばな
一輪の徒花が咲いた夜
め
ふと俺の〳〵眼から汗
ほん とう
本当は女々しくて意気地なし
あきれ
呆果て何もかも見抜いてた
凄い女……
哀しみや苦しさを胸に秘め
いさぎよ
死に様か
散りいそぐ潔さ
生き様が
一輪の徒花が咲いた夜
今日限り〳〵酒を断つ
松
井
眞佐子
288
こ
松
あの娘を見たと
ふるさと食堂
うわさも絶えてた
ついでたらしい
ふるさと 食堂
近所に若衆が ふれまわる
実家の営む
笑顔でお茶を
る
じゃじゃ馬浮かべ
わ
不良とつるんだ
かしげてる
ふるさと 食 堂
掃いている
お店の 前 の
だれもが小首を
額に汗して
おち葉をせっせと
涼風ひと吹き
暖簾がは しゃぐ
すず かぜ
実りの秋に
言い争って
め
愛おしそうに
いと
十年目
親を相手に
とび出た朝から
時折おなかを
眼を馳せる
ふるさと 食 堂
なでては遠くへ
ゆう げ
もう来るころか
夕餉の支度の
一番客が
もずが啼く
な
里にうれしい 知らせを悟り
あやかりたいよと
尾
江里也
289
騒いでも
男の流れ星
神輿を担いで
松
辛いよなー
山もある
男ってホントは一人よ
だけど大きな夢も
流れ星
背中にしょって
黙々と
重たい荷も つ
唇かんで
キラリと光る
寂しいな ー
女もいる
ひと
いるけれど
額の汗に
仲間も沢山
男ってホントは一人よ
だけど支えてくれる
まっしぐら
流れ星
人生いちど
己の道を
キラリと光る
泣きごと云うな
男の胸に
悲しいな ー
みんなで戦い 肩組めど
男ってホントは一人よ
この道を
一粒だけ ど
走りぬき
キラリと光る
流れ星
だけど行くしかないさ
小さな石の
力の限り
燃え尽きながら
尾
博
之
290
尾張平野
二人が 出会 っ た 尾張 の里は
恋を 育 む 木 曽 の 川
鵜 飼 い 灯り が 川 面 に 揺れ て
優 し あ な た の 笑 顔 に 触れ た
川流れ 揺 れ る 船 に
あ な た の 事 を 恋 して し ま っ た
木 曽 川 せ せ ら ぎ 心 も は ずみ
こ ん な わ た しを 楽 し く さ せ る
なが
尾 張 平 野を 流る 川
心 に 残る 恋の川
松
岡
德
私がい ま す
二 人で 巡 っ た 尾 張 の 里で
心 かよ う よ 城 の シ ャ チ
熱 い あ の日 の 互 い の 思い
忘れ は しな い 心 の 灯 り
そ れ な の に 又な と 去 っ た
あな た の事 が 憎 み き れ な い 心 の奥で
冷 たい 西 風 伊吹 の颪
こ ん な わ た しを 包 ん で く れ る
尾 張 平 野に 吹く 風は
心 に し み る 情け 風
二人が 出会 っ た 尾張 の里は
はな
心 が は ず む 桜 の里
昔 別 れ た 憎 め ぬ あな た
今 も も ど か し さ めな い 愛 が
ひ と り 身 の 侘 び し さ ゆえ
再 会 で きて 共 に 気 が 合う 二 人 の 気 持 ち
はな
飛 び 交 う 蝶 々 と 堤 の 桜は
こ ん な わ た しを 癒 し て く れ る
はな
尾 張 平 野 に 咲く 桜は
はな
心を癒 す 愛の桜
峰
291
えん
か
ぶし
怨 歌 節
あお
あふれる泪
煽ってみても
次から次と
北町港
お酒をいっきに
寒いこの肌
怨歌節
えん か ぶし
どうせ添えない ふたつの影は
揺れてせつない
縋ってみても
すが
今度こそはと
想いを寄せて
悔んでみても
くや
怨歌節
えん か ぶし
女の影に
哀愁港
次から次へと
震える肩先
今日もたたずむ
つまびくギターも
この身をせめて
さよなら港
思いで遠く
忘れた月日の
漂う影は
次から次と
未練すてずに
怨歌節
えん か ぶし
ただよ
運命に泣いた
松
倉
まさし
292
夏が来て
ど根性四代目
待ちに待った
追いかけて
ヒマワリが
真夏の太陽
空仰ぐ
咲いた咲いたよ
黄色い花びら
離れて遠く
ふ る さ と
あの被災地を
顔出した
芽を出して
元気いっぱい ど根性四代目
廃墟の中に
茎をねじ曲げ
ひ
あたりは一面 土砂瓦礫
陽に向かう
こぼれた花は
黄色い花の 輪
ここ石巻
ど根性初代 花
咲き誇る
負けじ魂
尾張の里に
陸奥に
人の影
明日をめざして
たくましく
花に浮かぶよ
生き抜く人みな
思いを配る
ど根性 四代目
秋来たならば
実れ豊かに
松
野
捷
夫
293
(男)なにげない微笑み
(男)逢うたびきれいに
なってゆく
なおいじらしい
なってゆく
大人同士の恋の夜
(女)逢うたびやさしく
気にかかるのよ
かおり
(女)なにげない横顔が
恋だもの
原
(男)大人どうしの
胸もえる
松
(女)しあわせ気分に
(女)なにげないしぐさにも
(女)逢うたび切なく
(男)なにげない口もと
(男)逢うたび可愛いく
このままで
心を誘う
なってゆく
俺を ひきつけ
なってゆく
恋の夜
(男)ささやく気持ち
かた向けて
(男・女)今夜はオシャレな
(女)カクテルグラスを
(女)逢うたび恋しく
(男)なにげない耳元
(男)逢うたび愛しく
顔をうずめて
なってゆく
吐息をかける
なってゆく
恋の夜
(女)なにげない胸もとに
うつむいた
(男・女)心を酔わせて
(男)肩をだいたら
抱かれたい
恋の夜
(女)そっとあなたに
(男・女)ささやく言葉に
294
あととりさん
まっくろけ
ぼくが生まれた この家は
いろりのすすで
柱時計
夜があける
な
古い大きな
ボンボン鳴って
ネジを巻く
ま
父さんキキッと
お味噌汁
母さんトントン ねぎを切る
とう ふ
あさは豆腐の
ふるえてた
たたいてた
いただきます ごちそうさん
あま ど
風が雨戸を
ゆ う べ
あらしの昨夜
高いところ
雲のなか
くも
タワーマンション
お空をついて
えん がわ
ふ
父さん引っ越し しないかな
おつかれさん
たっていて
母さん縁側 拭いていた
とし つき
長い年月
も
雨も漏って
いけている
なおしてる
母さんお花を
集う家
父さんお屋根を
好きな家 族の
あととりさん
つど
ぼくがつぎの
松
原
高
久
295
わざ
しん
おとこ
ど ひょう
稽古に耐えて
新・男の土俵
技を磨いて
勝って泣け
土俵の世界
負けて泣くなら
それが男の
魂に刻み
化粧まわ しに
関取りめざして
どんと寄り切り
四つに組み
想いを込めて
今場所も
平成の
こころ
忍の一字を
今日もがっぷり
つっぱり投げて
火花を散らす
押して叩いて
ひと すじ
男同志の
夢は一途 根性で
出世も出来る
勝名乗り
努力次第で
この勝負
白星かさねて
裸ひとつの
涙を隠し
来場所も
待ったなし
八つで起きろ
強くなりたきゃ
七つ転んで
相撲人生
横綱めざして
松
本
摂
子
296
女の祭り
捩り鉢巻き きりり締め
乳 房 き っ ち り 晒し 巻く
づ
御神酒一杯 景気付け
女だてらに 諸肌脱いで
叩く太鼓は 怒濤打ち
汗が飛び散る 女の祭り
惚れたあんたの 背中見て
御輿担げば 熱くなる
体ばかりか 女まで
誰も見てなきゃ 飛び付きたいよ
粋な半被の 厚い胸
燃える筈だよ 女の祭り
重い山車さえ あんなにも
クルリ見事に 変える向き
なのにあんたは 振り向きも
わ け
しないその理由 明神さんに
いくら聞いても 知らん顔
恋の願掛け 女の祭り
祭り日和の 界隈は
みんな笑顔の 顔と顔
あたし片肌 姉御肌
セイヤセイヤと 御輿の上で
男まさりは 今日だけの
年に一度の 女の祭り
真
夏
深
雪
297
丸
ありがとう
ほ
グラスで干せば
あいつに
みれんを砕いて
泣きごとなんか
酒になる
よせよ今さら
昨日の恋に
胸に沁み込む
壊れて戻らぬ
倖せを
行くはずだった
愛情だろ
な さ け
それよりあいつの
祈ってやるのが
一緒に歩いて
我がまま言って
道は同んな じ は ず だ っ た
どこか不器用で
背負わせてばかり
しょ
こころに重荷を
解けるけれど
したまんま
指輪のひとつも やれぬまま
守れぬ約束
からんだ糸なら
忘れて生きろ
結びきれない 糸もある
過去のこ となど
笑顔で生きろ
ありがとう
今ならば
やさしい誰かと
せ り ふ
笑える台詞さ
あいつに最後の
山
八留男
298
さくら雨
ほら、あなた さくらが傘に散る
ひらひらと
さくら雨
垣根を越えた
石だたみ
はしょって歩く
貼り絵のように
着物の裾を
相合傘の
白川
情けかさねて
祇園
うす紅色に
抱かれた日から
美しく
ねぇ、あなた さくらが肩に散る
一年待って
橋の上
変わらないでと
同じ夢
も
夢見る夢も
か
鴨川の流れが
祈る思いの
紅の 色
見て、あなた さくらが胸に散る
あなたがつけた
別れるときは 死ぬときだよと
細身徳利で
さくら雨
お猪口にそそぐ
嬉しいことば 耳のそば
窓の外には
まんだ
あつこ
299
語っ た 日
流木に
海色の恋
白砂浜の
あなたと座り
日暮れ時
寄せては返す 波音が
二人を包む
触れるたび
頬染めた
あなたの肩が
胸が高鳴り
歩き出す
それぞれに
違う人生
書いてみる
時は流れて
渚の砂に
忘れられない その名前
音立てて
二人とも
甦える
よみが
サラサラサラと
想い出達が
若過ぎたのね
好きとも言えず 別れたの
抱きしめる
二度と戻って こない日よ
海色の恋
想い 出を
帰ります
波がさらった
海に沈めて
三
浦
節
子
300
三月弥生の走馬燈
あれは十年前のことでした
雪の 日に
父の世話をする
三月初旬の
入院中の
危篤の電話を
急いで駆け付け
看護士の
受け取って
大声出した
みみ もと
二年後に
父の耳許で
ひ さ め
親父が亡くなり
なりました
母も氷雨の降る三月に
帰らぬ人と
ベッドの傍の 心拍計
針を止めま し た
ゼンマイ 仕掛けの時 計 のように
最後は
ふたおや
生まれた
めい にち び
その月は
娘が出来た
両親亡くして三年後
私は嫁とり
奇しくも
忘れもしない 三月の
命日日
付けました
親の生まれ代わりの
や よ い
娘を弥生と
三
浦
正
行
301
と かい
さと
さと あと
しゅうちゃくえき
終着駅に
か
か
三
ふる里のおっ母さん
いだ
し はつ
始発は上野
うえ の
ひとり都会へ ふる里後に
のぞ
望み抱いて
おい
見ていておくれ
み
やるぞ俺らの
はだかいっかん
裸一貫
ま
あぜ みち
お
はは
した
老いたる母は
あか
灯りの下で
いき ふ
つくろ
の
ら
ぎ
繕う野良着
し ごと
あい ま
ぬく
仕事の合間
ち ぶさ
か
ねぇーおっ母さん
か
待ってください ねぇーおっ母さん
まぶたと
瞼閉じれば
かぜ ふ
ゆび さき
すきま風吹く
あ
さみ
荒れた指先 息吹きかけて
ぜ
ひとり寂しく
か
ら
風邪をひかずに
の
野良の畦道
だ
乳房の温み
はは
母に抱かれた
わす
ほそ うで
細腕ひとつ
ひと
おんな独りの
だ
忘れてないよ
ま
おも
思い出します
待ってください ねぇーおっ母さん
浦
三咲貴
302
う
はは
こ
母 娘
生みの母では
ざか
坂
ないことを
知っていました 何も彼も
泣きたいくせに
我儘気まゝ
甘えてすがって
つれない素振りに
坂。
知りながら
母娘
寄り添うやさしさ
まがって横道
見守られ
ひ な た
陰に日向に
いつも笑顔に つゝまれた
坂。
今がある
支えてくれて
触れてはいけない 心の闇に
灯りをともして
あなたが居たから
母娘
娘です
次の世も
やすらぎ温もり
今も昔も
あなたの娘
目もとに口元 母さん似だと
坂。
嘘でもうれしい 目と目がうるむ
冬あけ春です 涙です
夢咲く花 咲く 母 娘
美
貴
裕
子
303
てじゃく
又沁みる
手酌の酒が
未練しぐれ
そで
未練袖ひく
心の傷に
ふた
なりました
愛の二文字 なぜ捨て切れぬ
弱い女に
今すぐに
心も濡れる
ぬ
又せめる
残るだけ
面影追えば
縋りたい
すが
命が寒い
あ…運命売りたい
馬鹿な私ね
情けがほしい
うしろ姿の
むな
消えて空しさ
ふ
あ…今夜の夢も
きり
霧の降る夜は
竿さし渡り
しあわせ花も 抱けぬなら
がわ
縁切り川へ
に
雨が泣く
いっそ逃げたい あの世まで
み れん
あ…未練しぐれの
三
木
政
和
304
・
・
・
海挽歌
背を向ける
おんな
さ だ め
生まれたからは
やきついた
これが運 命と
後姿が
海の男に
沖へ出る
北の海
一緒だと
死なないで
あんた祈るわ
死ぬの覚悟で
あんた〳〵
わ
いつもお前と
と
くや
育ったからと
永遠に誓った
海の男に
悔しくて
遊んでる
逢いたいよ
あんたどこなの
分かっていても
あんた〳〵
む じゃ き
今も無邪気に
泣けてくる
惚れたんだから
この子見るたび
海の男に
あんた偲んで
しの
強く生きるの この浜で
あんた〳〵
網を引く
美 咲 じゅん子
305
剣 の 道
武勇の誉れ
道を求め た
真剣勝負
勝利のために
武士の魂
氷の剣に
命を懸ける
一刀一閃
抜けば玉散る
気合い鋭く
剣の道よ
いっ せん
試練無情の
流れに打 たれ
夕に練りゆく
草を枕に
朝に鍛えて
名人の技
我が敵を知り
す
勝利の剣は
ま
しん ぎ
真っ直ぐにあり
心技一体 一刀入魂
剣を磨く
ふ とう
不撓不屈の
名をこそ惜しむ
一刀開 眼
かい げ ん
方円に入る
清々として
せい せい
天に乖かず
そむ
命惜しまず
誠一筋
おご
情けは深く
驕りを知らず
水の如しか
剣の心
ごと
無念無想の
みさき
まさる
306
あ
き
ば
げん
ひた走る
た
秋葉原の源太
夜行列車が
や
二十年
飾るまで
捨てて来た
にしき
涙は夜空に
こきょう
故郷に錦
ツ
店がある
秋葉原
夢追いかけた
ー
ここは東 京
パ
負けないと
電気部品屋源太の
遠く見上げて
ついて来た
ひっさげて
母ちゃん泣かずに
ふるさと屋 号
全国区
笑顔づれ
一代記
ば
様変わり
さま が
電車路
みち
ふくらむ夢は
二人三脚
源太の人生
き
北へ延びたよ
あ
おかげで秋葉原も
入り乱れ
い ろ ん な ひ と
老若男女が
どっと混む
秋葉原
二号店
源太の店も
夢の一号
第二のふる里
三
里
こうじ
307
淋しさを
女の夜景
逢えぬ苦しみ
くれますか
躰を責める
み
知りながら
池袋
あなた分かって
心ひび割れ
さ だ め
添えぬ宿命と
愛に溺れた
くれま す か
愛されりゃ
夢を叶えて
六本木
幾度抱かれて
心ひび割れ
置き去りに
帰るのね
私一人を
今日もあなたは
北とぴあ
くれますか
明日の見えない 修羅の道
あなた歩いて
心ひび割れ
寒の雨
降り注ぐ
あなた遣らずの
霞む夜景に
三
郷
遙
308
雨ン中
気がつ い た
俺のあいつ
あいつ命と
どしゃ降り
言われても
ふいの
誰にやめろと
奪えない
燃える胸……
どうして
熱くなおさら
それが
ただひとり
咲いて散る
この世でひとり
どんな花で も
やつ
遅かった
ふたり咲けない 花なのか
めぐり逢うのが
むけた奴……
奪えない
ただひとり
抱きしめて
どうして
泣いて背中を
それが
この世でひとり
あとがつくほど
奪えない
ただひとり
水
木
れいじ
俺のあいつだぜ
俺のあいつだぜ
俺のあいつだぜ
恋ひとつ……
知り ながら
つれて行きたい どこまでも
夢の夢だと
どうして
おもいきれない
それが
この世でひとり
309
水
辺
あなたはやさしいギタリスト
淡くまどろむ昼下がり
聞こえてくるの
は や り うた
遠く近く切なげに
あれは昭和の流行歌
リクエストした訳じゃないのに
望みの曲を奏でてくれる
愛という言葉の代わり
素敵なメロディは
「ありがとう」
あなたはやさしいギタリスト
言葉少ない二人でも
ギターがあれば
高く低くときめいて
あれは若い日恋の歌
思い出が甦ってくるのよ
訪ねてみたい懐かしい町
労わりの心感じる
素敵なア ルペジオ
「いつまでも」
あなたは私のギタリスト
百
310
おか
か っ ぱ
都会に出たが
望郷ヤン衆港
漁師を諦め
陸に上がった 河童はつらい
け
なにくそと
時化には弱い
し
抱いた夢追い 咲かせたい
根性
世間の荒波
男
達者でいるか
近いぞ冬が
負けてはならぬ 望郷ヤン衆港
かあ
雪だろか
望郷ヤン衆港
き
待ってておくれ
帰れない
雪ん子飛んでる
おや じ
親父おっ母は
ふる さと
積丹恋しや
ひとはた
一旗あげるぞ
荒れる港は
は
弱音は吐かぬ
と
戻 ら ぬ 時 間よ
昨日のはなし
悔やんで見たって
勝った負けたは
励まされ
土産
望郷ヤン 衆港
ちゃわん 酒
約束 千 両
ソーラン音頭に
誓いの
交わした
男
潮風恋し
み ず み
隆
311
ひ
と
ゆく先は
聞きたくなくて
美
海なり 湯の街 風の街
他人の噂を
にぎった切符の
雨が刺す
いで湯の橋は
ゆれた心に
あなた呼んでる
なだ
消しさるように
相模灘
つ
湯の街で
連れ添うならば
そ
世間のよどみを
流して大川
これからずっと
あなたと出逢った
暮してみたい このひとと
笑顔に変えて
受けとめながら
海が舞う
二つに な れば
泣いたあの日も
一つの幸せ
あ し た
あなたの愛を
今日からは
ふたりの明日に
迷いを捨てて
この街で
ち
風の街
花風押せば
桜の歩道に
み
生まれかわれる
夜の松川
せ なか
湯の街
寄り添う背中を
海なり
手
けんじ
312
と
き
涙の夜もあった
輝きの季節
ふりむけば
笑顔の朝もめぐり
吹雪の道
桜並木
そしてまた
春風に吹 かれて歩い た
北風に凍えて歩いた
め
胸に抱きしめて
私は輝いてる
人生の四季を生きて
今
黄金の実りを
更に高く高く
いつまでも
今はただ懐かしい
どこまでも
何もかも
心を強くさせた
南
希望を叶え
ゆ
苦しみが
転んでは起ち上りそして
過ぎ去ったけど
た
歳月はあまりにも速く
いつまでも
謳い行く
人に幸あれと
私は充ちたりてる
人生の四季を重ね
今
愛する全ての
更に深く深く
わが歌を
更に高く高く
どこまでも
早
苗
313
いう事なのね
愛みちずれ
忘れてほしいと
濡らす雨
東京捨てて
燃えてるネオンを
哀 し い 女が
汽車に乗る
結ばれぬ
北国行きの
結ばれぬ
愛をみちずれに
夢みたあの日に 戻してほしい
みね
抱きしめたのに
始発のホ ームの 駅 時 計
愛しているよと
別れなの
きたんじゃないの
窓景色
輝く 海に
あまりにも
どうしてこんな
あまりにも
愛がつらすぎる
朝日が昇って
カモメが飛んでる
結ばれぬ
生きてゆく
この世に生まれて
命の限り
結ばれぬ
愛をみちずれに
ゆきと
314
うた
句は
は
すすき
つ
き
切り取って
薄の満月の
防府の昭和初期
人生
こと
しぐれの坂で
句を詠む
よ
その声聴いて
旅ゆく
こころ言の葉
ぐ そう
愚僧
おのれ
風の己の
るるると 浮 世の
雑草は
しぐれの淵へ
ふち
脱いで捨ててく この道端に
旅ゆく
ひとの雑念
ぐ そう
愚僧
枯 葉 も雪か
旅の宿
流して た
人待ち草は
ほろ酔う
落ちてしまえば
ほろ酔い
秋に冬めく
いつか季 節を
鉄鉢ついて
てつ ばち
愚僧
分け入る山で
旅ゆく
夢に分け入る
句を詠む
ぐ そう
るるると 情けの
箕
山
しげる
315
砂
浜
ひ
水
記憶 満ちる 満ちる
五月の風が冷たい 春の砂浜
恋が 揺れる 揺れる
とびが回る静かで晴れた砂浜
人混みから一歩退いて
アイス食べてるあの子はニッとして
麦わら帽子 飛んで
遠くの街の今日が鳴っている
「絶対」に絶対は 無いよ
笑うための生活に みんな泣いてる
贅沢に贅沢は 無いよ
悲しみだけを吸い取っては黙る 砂浜
うら
思い 募る 募る
誰にも気付かれぬ場所は生活の裡
波が 寄せる 寄せる
嘘を洗う 穏やかで白い砂浜
味の消えないガムの様だ!
時が止ま って あ あ 君 は 凜 と し て
不意に波が はじけて
そっか、忘れる為に忘れたんだっけ
「一生」か一生は 無理だよ
光っても拗ねても 僕は僕の僕
君の為に君の為は無かった
ごめんな……
分かり合う前に 笑い合う為に 砂浜
今を限りに胸を張って
傷ついたなら どうか謝らせて
風に男を名乗って
安い言葉を順に捨ててゆく
記憶 満ちる 満ちる
五月の風が冷たい 春の砂浜
吹
有
間
316
天にもなれる
加えるだけで
横一文字の夢物語
大にも
横一文字を
人は
力でも
小さな
どんなに
支えとなって
夢を見る
宮
死ぬも
無くては な ら な い
喜び 分け合う
加えるだけで
万にもなれる
重ね れば
幸せに
扉は開く
変わるよ
苦難の
思いを
十にも
横一文字を
一が
一人の
必ず
辛さも
天命待てば
生命なら
い の ち
生きるも
加えるだけで
生きるも
横一文字を
死ぬも
尽くして
夢が咲く
生き抜く
人事を
大きな
生かされ
大きな
内
たけし
317
き
からす
き よう
無器用さ
ぶ
折り合いつけて
この俺は
鴉と読むが
風 来 鴉
牙のある鳥
と
わかる気がする
時代の流れに
生きていけない
辛抱だ
好きだと 言えず
我が心
詰ってみても
なじ
風来鴉
ああくやしいが
夢を探した
だれが悪いと
とどのつ まりは
ひと
惚れた女にも
お 医 者 い ら な い 熱を だす
風来鴉
頑張るさ
夢も途中の
十人並に
ああくやしいが
親の思いも
の ぞ み
思うはず
邪魔をする
はみ出た希望
生きてほしいと
すこし人より
探す根性が
負けないぞ
風来 鴉
ああくやしいが
夢に逢うまで
宮
崎
のぶを
318
お天道様
俺が歩いた 心の道を
天の 声
白い雲の川
耐えてきた
若さゆえ
見ろとささやく
す
死闘葛藤
あ
明日を夢見て
空を流れる
爪の先
つめ
この世の中で
どこにいるのさ お天道様よ
俺は生きてる
あぶら
油まみれの
二度と戻らぬ 涙道
男道
黒や白い鳥
負けちゃならない
空を見上げりゃ
志の道を
こころ
いつか逢いたい お天道様よ
俺は行くのさ
か
こ
い
ま
教えてくれた 天の声
す
現在がある
雨や風が吹く
あ
過去があるから
ま
未来がある
い
現在があるから
空は果てなく
きっと逢えるさ お天道様よ
宮
下
敏
行
319
兵
つわもの
宮代
~真田烈伝~
天下分け目の 葵の嵐
受けて守りの 上田城
智略尽くして 無敵の構え
奇襲戦法 勝負にかける
あゝ たぎる血潮が渦を巻く
ぞろ
真田軍団 つわもの揃い
うけたまわ
よしはる
しか
父上より授かりました秘策真田兵法、確とこの幸村が 承り
ひょうほう
〽石田三成敗れたる 無念涙の関ヶ原
る ざい ちっ きょ
流罪蟄居を この身に受けて
耐えて高野の 九度山暮らし
かばね
老いた父上 昌幸の屍を越えて
いで
いつか再び 世に出ん…
ました。どうか安らかに黄泉の国より御見守り下さいますよう…。」
(台詞)「父上…
〽愛し妻との 絆も深く
心豊かに 営む日々か
ちゃくなん
育つ嫡男 大助よ
たくま
文武修めて 健やかに逞しく
編んで織られた真田紐
固く固く 固く結ばれ
千切れはしない…
命捨て身の 六文銭が
風にはためく 夏の陣
かっちゅう
ほ の お
赤い甲冑 火焔の如し
真田幸村 真の猛者よ
つ
あゝ 燃えて悔いなく竭きるのも
死して名を成す 武門の誉れ
320
も
ん ちょう
まち
すてた過去
身を染めて
ネオン街
あゝ
燃えた夜
時計台
大通り
身を預け
ネオン街
甘い誘いに
あなたと歩く
沈む 夕日に
恋のムードに
札幌すす きの
え
夜の世界に
そ
法善寺
宗右衛門町で
ほろり涙の
迷う路地
叶えたい
二つ三つ
ネオン街
あゝ
恋の未練か
大阪とん ぼり
罪な恋なら
か
ネオン街
あゝ
出会うもの
どんたくで
今度はきっと
わ
祈る天神
に
恋は仁和加に
福岡なかがわ
三
好
清
隆
321
きら
みち
静かな時が
夜の戸張が
月あかり
訪れる
海を包めば
煌 めく路
優しく光る
星が煌めく
下弦の月に
想い想いの
影を残して
語りかければ
繰り返す波
大海原に
集めれ ば
朝陽が昇る
みち
交わって
溢れたひかり
こ ん じき
水平線と
金色の路 拓けて伸びる
喜びにして
はるか彼方の 輝く未来
希望といのち
同じ空から
優しく包む
囁くように
幸せを
同じ陽に
ひ
こころ満たせば 時がわたしを
波の音色が
あいさ つ 交わす
ささや
季節を奏で
息吹を感じ
ね いろ
四季折々に
む
武
かさ
笠
和
夫
322
させている
あのころを
思 い 酒
言葉たりないと
まゆをへの字にさ
なれそめを
つぶやくよ
男は女の
未練たらたらと
恋しいか
思い酒
別れた女が
恋心
思い出してるの
心をゆらして
かなうはず
よりもどし
きっと思いがさ
思い酒
男は女の
思い出してるの
まるで心がさ
グラス片手に
あけようと
ゆれている
まよってる
考えて
心のとびらを
思い酒
電話番号を
身震いしている
村
上
周
司
323
懐か しの宿
山吹の宿
一人たずねる
遠いやさしさ よみがえる
抱きしめたのよ
床の間に 咲く 山 吹 よ り も
きれいだなんて
ぬくもりを
おもいだす
空のあなたの
緑の木立
目をとじて
窓をあければ
ひびく 空
村
まねしていたわ
口笛ふいて
鳥のさえずり
あなたはいつも
ホーホケキョーと
忘れない
横顔を
忘れられない
海山の幸
いたずらな
二人かこんだ
好きなタラの芽 ふきのとう
うらやむでしょう
あなたの分も 味わったなら
雲の上から
あるかぎり
見ていてね
おもいでが
一人じゃないわ
田
る
り
324
髪
梳きながら
黒
黒髪を
愛します
しのび足
待つ人の・・・影
鏡にうつる
あなたを
裏切りて
静かに
打たれても
世の人を
夕立に
有るものを
待つ人は・・・今
我が手の中に
愛します
知りもせず
あなたを
遠のいて
世の人は
静かに
雷が
去る人の・・・夢
影法師
愛します
知らずして
あなたを
儚く消える
世の人は
静かに
桃
山
夢
325
魂が毒され
こころ
旅してみれば
振り分け荷物
気の 向くままに
風来坊の呟き
風の吹くまま
な さ け
人 情 と涙の
まち
あの都この町
物と欲とに
顔ばかり
なんとかしなきゃ
自己虫みたいな
あー あ
何でも買える
こころが 痛む
森岡
ほろ
日本は滅ぶ
日本は地獄
日本は闇だ
ひであ き
※ 『こんな日本に…いってぇ誰がしたんでぇ』
ぜに
銭が神様
せ けん
無常な世間に
馬鹿だと 笑い
孤独な街道
昔を忍べば
何も知らずに
歩いてる
騒いでいるが
なんとかしなきゃ
地獄に向って
あー あ
がん
黙って死んだ
癌だ死ぬだと
昔の人々
静かに死んだ
精神は乱れて
こ こ ろ
祖父母も枯果て
銭が神では
なんとかしなきゃ
札片抱きしめ 死んでゆく
あー あ
※ 台詞くり返し
326
奄美 大島 日本復帰
周年記念
白ゆりが
しら
花咲く島よ
奄美群島めぐり
沖の永良部は
いちずに咲きます
貴方が恋し
恋ごころ
田皆の岬
め ら び
奄美群島
え
夢見る童女の
は
永良部島。
南風の吹く夜は
夢の花咲く
浜ユウ 咲 けば
お ー し
徳之島にも
闘牛に
ぶ
と
指笛が出る
は
犬田布岬
いぬ た
闘志に燃えます
奄美群島
結びの一番
綱取る雄牛
徳之島。
押して踏ん張れ
熱い血潮の
筬の音愛し
おさ
奄美泥染め
藍つむぎ
あやまる岬
いちずに織ります
奄美群島
とう
ヨロン島。
可愛い 姿
貴方に咲 きます 藍の 花
加那の花嫁
貴方待ってる
八
木
薫
327
60
おお みか
ひと
大甕の女
得意じゃないと
工場勤め
客商売は
祖母から三代
真面目が取り 柄
ひと
不器用だけど
来ているね
大甕駅に
おお みか
娘のためだと はにかむ女よ
常磐線で
休みはいつも
飾らぬ笑顔
心がやすらぐ
素直な瞳
一緒にいるだけで
心がときめく
ひと
矢
パパでもいいよ
見上げていたい
毎晩君と
一緒にいるだけで
あの星空を
こうして並んで
おじちゃんならば
大甕駅に
おお みか
寄り添う女よ
「いつでも夢を」
鳴り響く
娘が言ったと
発車のメロディー
心で叫んだ
手を振る姿
一緒になりたいと
心を決めたよ
ちぎれんばかり
一緒に生きようと
坂
秀
司
328
定め道
さだ
この先は
白蓮の花
廻り道でも
きっと繋がる
振り切って
つな
親の意見を
と
はす
い た み
蓮の花
つな
夜汽車に揺られ
ひと雫
あなたと二人で
涙がほろり
口紅の
咲いて下さい 白蓮の花
いろど
夢を彩る
ひ
溶けてゆきそう
七色虹も
にじ
他人に言えない この苦痛
はる
ものがたり
遙かに消えゆく
真実かたる
縁でも
えにし
作りごと
夢に過ぎない 二人の小道
さだ
人の定めは
浮世人生
白 蓮の 花
生きてゆく
手と手を繋ぎ
強く結んだ この命
死までふたりで
より
縒そい合って
明日も咲かせる
矢
嶋
たかし
329
の わき
つち か べ
き
きゅう
お
や
え
寝かす酒
おや ばな
親離れ
おも
や
矢
~男親の想い~
こ
大きな産声が
だん ご ばな
夜明け前
希 求
野分を黙らす
土壁揺らす
団子鼻
睨んでる
にら
俺に良く似た
団栗眼で
初対面
どん ぐり まなこ
男同士の
親子の名乗りだ よろしくな
細めた目尻
頷いた
うなづ
泣く子は育つと
あ し た
明日を想い
親馬鹿さ
あと と
俺もやっぱり
跡取りだ
すこ
仕方ないだろ
だ
願い込め
ひ
こいのぼり
鯉幟
だいしょう
俺より頑固
がん こ
肥立ち健やか
ひと きわ
一際大きな
わん ぱく ぼう ず
泣き虫今では
ガキ大将
くら
か
腕白坊主
酌み交わす
く
男同士で
せん
子は 宝
そんな日願って
千の蔵より
それでもいつかは
と う
頭
くに
國
あき
明
330
や
たが
箍
遣ると決めたら
や
とことん遣るが
男じゃな いか
道行くからは
友よ正味の
.ラ
.ケ
.の
所詮ダ
近道なんて
し ょ せん
あると思うな
たが
締めて行こうぜ 心の箍は
右へ行こうと 左だろうと
未来が決まる
あ し た
ないではないが
付いて回るは この世の辛さ
運否天賦も
遣る気次第で
たが
何かを掴め
転んだ時は
締めて行こうぜ 心の箍は
ものの弾み で
ただじゃ起きるな
堪えて耐えりゃ
たが
開けるもんさ
泣いて笑って
道は必ず
締めて行こうぜ 心の箍は
梁
川
梁
331
ふゆ が
な
かわ
菜 の 川
春が来て
菜の花よ
冬枯れの小川に
いろど
岸辺を彩る
いつしか来ました この川に…
かわ ぞ
菜の川沿いに
菜の川
菜の川
歩きます
いるでしょか
遠い空
君を想いながら
もう今は会えない
元気に暮らして
あん
案じております 幸せか…
菜の川筋を
かわ すじ
菜の川
たどります
菜の川
風に尋ねながら
せせらぎは
見つ めます
菜の川明かり
かわ あ
久しぶり…
癒やします
い
菜の花の群れ咲く
疲れた心を
菜の川
ほのぼの しました
す
菜の川
あ
明日を夢みながら
やま
が
い
山甲斐
しょう
晶
こ
子
332
路地を曲れば
馴染みの顔が
裏町灯り
ふるさと酒場
暖簾くぐれば
想い出ばなし
かわ
交すさかずき
夢見た頃の
肩よせて
ち
酔えば仲間と
ぐ
愚痴もつまみに
け
こ よい
昭和名残りの ふるさと酒場
や
お酒に浮かぶ
自棄に今宵は 心に沁みる
母の言葉が
又くり返し
こま
馬鹿をやっては
こ こ ろ
困らせた
わ
何んど泣かせて
つ
生き抜く俺に
ふるさと 酒場
詫びる真心に 今夜の雨は
た
母の涙か
ふ
八
飲むのもいいね
今日までこれた
昭和・平成時代を
お ま え
女房いたから
たまにゃふたりで
縁のふたり
えにし
咲くも散るのも みちづれと
遅れ咲きでも
夢に会えそな ふるさと酒場
巻
功
333
縦にもしない
五木慕情
横のものなら
駄目なひと
半年あまり
そばにいなけりゃ
めおと真似ごと
忘れられない もどかしさ
恋しがる
好きな人
“おどま盆ぎり 盆ぎり
盆からさきや おらんど!
別れても
五木慕情が
酔えば酒乱で
離ればなれは
お人好し
しらふのときは
なかったわ
お酒この世に なかったならば
人が変わ って
好き酒
“のんだくれでも くれでも
あんひとたちや よか衆!
あの人の
出来ないわ
ねむ
寝れぬ夜は
欲しいのよ
ひとりで いたら
逢いにくる
とめることなど
乳房ほてって
夢であの人
もど
出来るものなら
より
縒を戻して
だすのは
ばかりよ!
好きだから
“おもいだすのは
いいことばちや
憎めない
おもいだしてよ こ の 私
山
北
由希夫
334
あゝ
流れ流れて
北斗星
来た俺さ
宗谷の岬
北の果て
星もきらめく
あゝ
恋しくて
君と出会った 灯台の
潮の匂いが
今日もたずねて
吹雪き渦 巻く 北 の 空
国境の岬
ひとりなら
たどりついたる
君がいまでも
抱きしめて
俺なのさ
熱いこの手で
つれて行きたい あゝ
香りの花が
夏になったら ハマナスの
あゝ
北 斗星
旅の空
逢いたくて
花も咲くだろう
君の夢見て
いく よ
幾夜こらえた
男ごころの
山
崎
ふみえ
335
や まし た
残りの人生は「おまえ」発
掻き分けながら
き
時代のうつろい
現役退いて
と
今日でリタイヤ
晴ればれと……
やっとで人生 ひと区切り
煙草をくゆらし 北勢線の
残りの人生 あゝ「おまえ発」
短いホームに お辞儀する
残りの人生
破目も外した お酒も飲んだ
ぬるま湯に
堪えて気丈な おまえの陰で
ほろほろと……
ひた
気がつきゃ お まえの
心に隠して
残りの人生 あゝ「おまえ発」
恩返し
しっぽり浸った 幾歳月を
残りの人生
窓辺に下げて
ぽろり落とした おまえの涙
着馴れた背広を
小半ら酒に
こ なか
さかずきに
忘れない……
想い出涙を
しみじみ味わう
残りの人生 あゝ「おまえ発」
よろしく頼んだ この先も
残りの人生
貴美
336
さざなみ
吉野川
小波に
恋 千 鳥
船がつくった
心も揺れる
あなたに燃えた ときめきを
しのび泣く
未練旅
罪を背負 って
恋千 鳥
今も流せず
ふたりぼっちの
大歩危峽
谷を置くよに 山がある
あやうい恋の
細道を
越えてゆく
切り立つ崖の
手を取りあって
果てたとて
悔いはない
たとえこの身が
それも本 望
ず っ と 一 緒 と ささや い た
幸せだけを
忘れましょう
祈るよの
優しいあなた いつまでも
別れ言葉は
恋千鳥
抱いて下さい もう一度
恋に濡れたい
山
田
早
苗
337
…
山
田
… 俺の生きざま
今
耐えて
だめだ
肥やしとなる
厳しさ越えた
俺の生きざま
ひた走って た
がむしゃら
野球人生
振り向けば
つぶ
潰れながらも
野球人生
打ってよし
辛抱して
ひとつが
いたんじゃ
ひとつ
日本に
挑戦だよ
…
世界相手に
野球人生
白星あげ た 今
嬉しさで す
俺の生きざま
敵地での
あっての
必死
絶大なる
ファン
なるのに
今
エースにも
俺の生きざま
開いてゆく
負けたくないと
…
世界ほこれる このマウンドに
野球人生
気持ちだけ
扉を
戦うのも
夢の
那津子
338
灯がともる
吹きすさぶ
愛の匂いの残る町
別れの風が
町にほのかな
町灯り
胸に 秘め
蘇る
残る町
さよなら
旅に出る
あなたの温もり
夜行列車で
さよなら
愛の匂いの
昨日のように
眩しくて
あの日出逢った 喫茶店
あなたのほほえみ
忘れてた
恋灯り
夢の中
残る町
さよなら
カフェオ レ飲むのも
さよなら
愛の匂いの
暮らした日々は
部屋に飾った 招き猫
あなたと探した 幸せも
さよなら
残る町
さよなら
遠灯り
つかみ切れずに 北の旅
愛の匂い
山
田
博
康
339
諦めないで
息切れですか
悔しいね
山
倖せ~お返ししたい
あなた辛いね
夢の半ばで
だからと言って
胸に貰った 倖せ積んである
少しずつ お返ししたい
杖と なり
ある限り
心の友となり
通う心が
運命を変える
見せどころです
さ だ め
愛の力で
女の意地の
胸に貰った 倖せ積んである
杖と なり
少しずつ お返ししたい
心の友となり
いくらでも
添い寝は嫌よ
どうぞ愚痴なら
でもね涙と
花咲かす頃まで
預かるからね
き
背中の重荷
と
杖と なり
お返しし たい
時間 が 希 望 の
倖せを
心の友となり
本
ユリエ
340
あなたなら
祐
ざか
ねね様 おんな坂
時雨 庵
し ぐ れ あん
雨音似あいの
くださいな
あま おと
お抹茶一服
疲れたの
ねね様
つらい お ん な 坂
尽くして尽くして
つらい
* ねね様
耐えますか
つける旅
高台寺
こう だい じ
ねね様 ねね様
らく とう
京都洛東
恋にけじめを
ひで よ し
金蒔絵
秀吉愛した ねね様の
そ く しつ よど ど の
想いが眩しい
側室淀殿 なぜ許す
庭見れば
守りたい
譲るより
憎 い 憎 い おんな 坂
* くり返し
ほかの女に
おとこ殺して
心を鎮めて
海になり
しろ すな
白 砂 いつしか
告げるよに
おんな 坂
また浮かぶ
迷う
浮世が沈んで
迷う
* くり返し
恋の終わりを
鐘が鳴ります 高台寺
田
彰
341
u
小さなその手は魔法の手
Y
いつもわがままばかり言って
けんかしたね このおかず いやだとか
この服ダサイとか ささいなことで
大人になってからも いつも甘えてたね
自分のことが 精一杯で
そんなわたしを 見守ってくれた お母さん
小さなその手は魔法の手
いろんな物を つくり出す
ありがとう その手で 育ててくれて
明日 わたしは 嫁いで行きます
k
いつも心配ばかりかけて
ごめんなさい その言葉 言えなくて
素直になれなくて 意地っぱりだから
今日も変わらず キッチンに立つ お母さんの
小さくなった 背中見てたら
な ぜ か 急 に 悲しくて 涙 止 ま ら な い
小さなその手は魔法の手
いろんな物を つくり出す
これからもよろしくお願いします
明日 わたしは 嫁いで行くけど
小さなその手は魔法の手
いろんな物を つくり出す
ありがとう その手で 育ててくれて
あなたの娘に 生まれてよかった
a
342
ラブ・ナイト
ゆび
し
ゆ
赤いカクテル キスオブファイヤー
炎えるこの指 沁みる胸
み な み
もも いろ
しのび逢い
奥の止まり木 肩寄せあって
大阪難波の
ラ ブ ナ イト
桃色吐息
今夜は朝まで
二人の時間
※ 酔ってしあわせ
ワルツが誘う
青いカクテル 青い珊瑚礁
うるむ瞳が
しのび逢い
グラスに沈む
海の色
大阪難波の
ブルーの世界
神秘たゞよ う
恋は儚ない
ラ ブ ナ イト
はか
み な み
今夜は朝まで
ジャズが誘う 心をゆする
ラ ブ ナ イト
桃色吐息
今夜は朝まで
二人の時間
酔ってしあわせ
ワルツが誘う
き
ちかげ
343
歌を風に乗せて
温かい
ぽっかり空いた 心の中に
春の陽ざ しが
恋の色
いつも優しさ くれる人
夢は咲きます
歌を乗せて
空高く
唄います
風よ吹け吹け
歌の翼で
あなたのために
届けます
疲れた時も
あなたの心に
望を失し
くれる人
いつもお陽さま ほほえんで
熱い眼差し
虹の色
歌を乗せて
夢は七色
風よ吹け吹け
生きてゆく
唄います
歌があるから
あなたのために
届けます
届けます
唄います
飾りたい
歌を乗せて
あなたに笑顔を
風よ吹け吹け
あ し た
歌で未来を
あなたのために
あなたに幸せ
ゆたか
豊
浩
二
344
お酒の前に
夢
ユ メ 子
淡く照らす キャンドル・ライト
とき
二人の刻を 大事にしたい
ただひたすらに あなたへと
心 ときめいてゆく
もっと もっと 愛して
まばたきも 忘れるほど
見つめ合いたいの
照れてるの? それとも 焦らしてるの?
ねぇ お願い あなた
お酒の前に Kissをして…
はぐれそうなわたし 抱きしめて…
うるむ瞳 サタディ・ナイト
二人の未来 確かめたいの
ただひたむきに あなたへと
気持ち かたむいてゆく
もっと もっと 愛して
涙さえ 乾かせると
信じ合いたいの
ためしてる? それとも かけひきなの?
ねぇ お願い あなた
お酒の前に Kissをして…
言葉よりも今は 抱きしめて…
ねぇ お願い あなた
お酒の前に Kissをして…
はぐれそうなわたし 抱きしめて
345
染
近 松 ~ 野崎 村 の 段 よ り
お
一緒になれない ふたりなら
久松と
野崎観音
しぐれ雨
由
忘れはしない
梨
逢いたい
百年たとうとも
ひと目でも
いっそ死にたい この里で
野崎観音
涙でぬらす
すがる思いの
のぼる石段
逢いたい
鐘がなる
久松
お前のことは
千年たとうとも
おも
たとえ
お染の肩に
セリフ
わ
許して下さい この恋い
と
永久の契りは
祈る思いの
け
夜明るまで
あ
燃えたまま
どうぞ叶えて おんなの願い
お染の胸は
ひと よ
つぎの世で
一夜をください
夢のつづ きは
野崎観音
み
命をかける
すがる思いの
花の振袖
か
お染の黒髪に
恵
子
346
森
波襞流れ 流れて
るリバー 多摩川
横
プロムナード多摩川
こ だち
現つ世を
川面のせせらぎ
プロムナード
桜木立のアーチ
緑の囁き
春歌う
さ だ め
運 命 に泣 き伏 す
生きる人の汗
多摩川
多摩川
生きる明日を
あ し た
波襞流れ 流れて
るリバー
草木の息 吹に透かし見る
こぼ
みち
葉影零れるアーチ
し ぐ れ
人の世を
水鳥が舞う
蝉時雨の路 踏みゆけば
遠い山並み
さ だ め
運命にたゆとう
そよ
るリバー
若葉の戦ぎに透かし見る
桜並木のアーチ
あた
生への営み
波襞寄せて寄せ来る
辺りまで
水はひたひたと
由緒の五本松
むらさき
紫の
さ だ め
運命に杭う人の世を
河原の息吹に透かし見る
葉
子
347
派手なネオンの
裏通り
盛り 場よりも
人情酒場
俺にゃ似合いの
軽くする
ゆらり灯った 赤ちょうちんが
肩の重荷を
ダミ声あげて
人情酒場
飲もうよ今夜も
ここは浅草
暖簾くぐれば なじみの顔が
人肌酒が
ここにあそこに またここに
冷えた心に
ほろりほろりと 沁みてゆく
人情酒場
今夜も集う
ここは門 仲
飲み干すように
酔いどれ鴎が
辛い浮世を
コップ酒
親父が笑う
腹におさめる
湯気の向こうで
変わっちゃないね
ガード下
大人の道草
人情酒場
なぜか落ち着く
ここは新橋
吉
井
省
一
348
消える頃
愛 の 岸
灯がちら ほら
腕くんで
やっと見つけた 流れ 星
恥じらいながら
夜が明ける
向こう岸
語り明かして
渡りたい渡れない
あの人と
暖かさ
また燃える
逢ってはいけない
知っていながら
触れ合う手と手の
身にしみて
向こう岸
胸のときめき 感じるの
渡りたい渡れない
あなたの優しさ
あの岸に
身をまかせ
知りながら
崩れそうで す こ の 私
実らぬ恋とは
この世の流れに
渡りたい渡りたい
吉
田
静
江
349
悲しみのミサンガ
かたれない
吉
田
すばる 。
~アメイジング・グレイス~
押されつつ
Amazing graceみぞれの日
あ な た
無線でさけぶ 女性よ
ぼくはその声
たどり着いたね この丘
さけんだ
後ろ振り向き 白い波
それでも君は
呼びかけ
生かされた
君の命の
ブライダル
ぼくは助かり
半年先の
守っ た
投げ出して
バージンロード その夢
さち
自分の幸を
ぼくのふるさと
涙なしには
もらった
Amazing graceミサンガは
腕に残って 悲 し い
ぼくは命を
※宮城県南三陸町 防災無線課の遠藤末希さんの手首に残された
「悲しみのミサンガ」を歌にさせていただきました。
350
また君に逢いたい
流れてる
喫茶店
ドアを明ければ 鈴が鳴る
少しレトロな
グレンミラーが
残る席
青春時代
昭和の匂いの
共に過ごした
また逢いたい
目で追いながら
離れない
言い訳が
幸せ を
思うほど
懐かしい君に
君を思えば
やれなかったよ
決めた別離の
心を傷つけ
沈む夕陽を
また逢いたい
聞くたびに
今頃は
手を引いて
あの頃の君に
君は子供の
母になってる
グレンミラーを
また逢いたい
真ん中だから
昭和の時代に さかのぼる
今も 青春
懐かしい君に
よしだ
未
来
351
なみ だ
しあわ
だよ
はな よめ すがた
倖せを
はね だ
里帰り
しあわ
春日和
はる び より
花嫁姿
倖 せ便り
おく
いの
はな さ
涙で送った
く
さと がえ
祈るだけ
あれは花咲く
しあわ
まつ
倖せを
なつ
むか
夏の祭りは
迎えに来るから
く
むすめ
羽田まで
むか
だ
そだ
迎えに来るから
だい じ
育てた娘
な
これまで大事に
ご ねん
抱きしめた
むすめ
とつ
涙けばあやして
き
もう五年
嫁いで
娘が
ま
気はそぞろ
まご
たよ
ま
ひな段飾り
だん かざ
親ごころ
おや
孫はまだかと
ま
便りを待つのは
たよ
き れい
かぜ
鯉のぼり
こい
便りを待つのは
はる
おとこ
お
み
二人して
空を見る
そら
目をして風に舞う
め
春には綺麗な
お
男だったら
う
大々きな
おも
しあわ
思い浮かべて
倖せ掴めよ
しあわ
倖せ掴めよ
吉
村
哲次郎
352
R
あなたが消えない
ちょっとでも
今日もまた苦しくて
いつまで続くの
想い出が溢れる
この胸の切なさは
私の部屋に
捨ててないんだよ
二人で使ってた 空き缶の灰皿も
突然来るかもって
止まったまんまだよ
会いに来て
ちょっとでも
このままずっと私
ちょっとでもいい
ちょっとだけでもいいから
ねぇ…ちょっとでもいい ちょっとでも
I
また私に恋をして
サンタが 恋しい
ちょっとだけでもいいから
クリスマスの夜には
手をつなぎ歩いて
何してるのかな
イルミネーション
あの頃が懐かしい
今頃は誰といて
たくさん笑ってた
戻って来て欲しい
もう一度
ちょっとでも
忘れられないから
わがまま言わないから
いまでも大好きで
ちょっとでもいい
ちょっとだけでもいいから
また私を抱きしめて
ねぇ…ちょっとでもいい ちょっとでも
ちょっとだけでもいいから
また私に恋をして
ねぇ…ちょっとでもいい ちょっとでも
ちょっとだけでもいいから
E
353
も み じ
幸せですと
遠灯り
晩秋の宿
紅葉の山間
ひと よ
恋路の旅は
一夜の旅でも
貴方にねだった
絆道
細帯解いて
添えないさだめの
藍染め浴 衣の
閉じ込めて
貴方に散りたい 晩秋の宿
二人の時間を
さだめの愛に
するんじゃないが
酔わせてください
心に言い訳
生まれたの
噛みしめながら
貴方に咲くため
女の喜び
二つの枕
月明かり
貴方に散りたい 晩秋の宿
雪見障子に
し と ね
いたわる言葉
一つの寝床に
貴方のやさしい
旅の 夜
いついつまでも
じーんと胸打つ
ふたりの恋夢
貴方に散りたい 晩秋の宿
れ
い
か
354
生きとし
闇の中
生きて
身をちぢめ
時代を支えた男たち
地の底に
命をかけて
生きとし生きた
山が泣く
夢を明日に
勇者たち
今は昔の語り草
忘れ られし
ボタ山も
ああ
熱の中
友が呼ぶ
地を這えば
時代を支えた男たち
風が泣く
心を一つに
生きと し 生きた
草もはえない夢の跡
語り継ぎたい
ボタ山も
忘れられし勇者たち
稲妻も
ああ
空が泣く
泣く声よ
生きと し 生きた
時代を支えた男たち
地の声よ
還らぬ友も
眠れこの地に
勇者たち
仲間のことは胸の中
忘れ られし
ボタ山も
ああ
連
達
人
355
いろはの坂も
人生旅路の一里塚
箱根峠も
あしたの夢を
一里塚
踏み出す道は
旅に出る
道連れに
越えて掴むさ
汗と涙を
人は戻れぬ
覚悟背負って
人生旅路の
寂しかろうに
先の見えない 遥かな道は
独りぼっちじゃ
一里 塚
守られながら
節目ふしめの
護る人から
二人連れ
巡り 会い
人生旅路は
千尋谷は
生きる伴侶の
古いつり橋
試練の場所か
せん じん だに
運と勇気の
一里塚
追分道は
回り道
夢と挫折を 道連れに
人は笑顔で
無理と道理の
人生旅路の
若
芝
正
夫
356
出て 行くあな た
沙那の港
沙那の港を
涙も氷る
シャ ナ
別れ惜んで
鞄につめて
はし
若
行かないで
愛の切れ端
帰るのね
ない私
一人で日本に
聞き分けの
行かないで
切らないで
行かないで
心の鎖を
迎えに来ると
尚更寒い
冬のエトロフ 寒さが凍みる
残る私は
何時か必ず
辛くない
大丈夫
信じているから
我慢なら
待ってるわ
何時までも 何時までも 何時までも
指折数えて
波間に揺れる
シャ ナ
き
笑顔にみ え た
沙那の港の
つ
二人の写真
満月があなたの
肌身離さず
其の胸で
恋しくて
逢いに来て
恋しくて
今夜も抱きしめ 眠るのよ
暖かい
恋しくて
夢でもいいから
松
かつ子
357
望郷しぐれ
……
叱りつけ
優しさを
故郷は
突き放 す
意気地がないと
故郷は
時雨の道に
ああ
強さと同じ
何があろうと
声を濡らして
ないと言う
なかろうと
背を向けた
持って大きく なれと言い
忘れたことは
……
故郷は
故郷は
ああ
名を呼んで
訊きながら
……
時雨のた びに
風に様子を
待ちわびる
入江月
早く戻れと
菜の花畑
故郷は
春時雨
故郷は
面影今も
ああ
引き寄せる
尚のこと
華眼のときに よくわかる
離れて見れば
傍に互いを
和 久 洲
正
358
み
礫を投げて
わだ
情っ張りじょんがら
ゃ
泪で流しゃ
し
三味線が泣く
情っ張り節は
逆さまつげを
残る痛みに
津軽女の
男にゃ負けぬ
恋しがる
そんじょそこらの
負けぬ女が
腕まくら
波の切れ間に
風も 哭く
ひとり寝る夜の
雪がからめば
弾く手の痣は
つぶて
女じょんがら
徒花模様
あざ
情に巻かれた
揺らすたび
あだ ばな も よう
バチの返 しが
じょんがら叩きゃ
肩にほつれた みだれ髪
風に押されて
鳥が啼く
たた
春のきざ し か
女は変わる
追ってはきたが
なみだ拭えば
三味線の音を
惚れた男を
津軽情っ張り
乗せて流した 花筏
まさのり
359
春まじか
こ そで
観音様に
小袖で切れば
霧が流れる
冷たくふるえ
傘のしずくを
契りの指輪
とう
会わす両手に のこり雪
こ の え
木曾川渡り
五重の塔も 泣いてます
冬が三度も
忍んでたえる
通り過ぎます 観音様を
あなたの姿
ざ
陽差しのなかに
ひ
ぬれる春まじか
弱いおんなに みぞれ雨
つばき
椿も
おもてさんどう
表参道
よう えん
ゆらり妖艶 観音様も
日よりあり
にっこり笑い 花さく春を
待てばかいろの
おしえてくれた 花まつり
綿
木
義
昭
360
あ し た
なみ
明日に
おこ
・
・
・
うれ
みなと
涛が跳ねる
憂いの湊
海が怒る
押し寄せる
乗り越えて
しあわせ
ふたりなら
あなたを
明 日に
護りたい
幸福の日々
朝日輝く
川が走る
まも
この世の祈り
山が動く
愁いの山河
うれ
優し く 咲 い た
やさ
あ し た
平伏せる
夢の中
ひれ
ふる里は
つつみ
おど
明日に
護り たい
堤のさくら
絆を
月の灯かり は
いか
雲が躍る
うら
空が怒る
た
怨みの大地
いとお
幻の影
息堪える
愛しい 大自然
すさ
明日に
護りたい
こころが荒む
い の ち
生命を
またた
星は瞬く
ワタ
渡
ナベ
辺
ケイ
蛍
セツ
雪
361
映 画
渡
―夢への架け橋
青い光の 筆が描くひと つの世界
その筆先はいとも眩ゆく
邉
青い光はやがて遥か遥か遠い夢の先に人を運ぶ
やかた
何もなかった田舎町に現れたパラダイス
そのきらめく映画の館はひとりの少年を虜にした
あ ぁ 映 画 は 夢へ の 架 け 橋
恋の喜びも哀しみもすべての世界を少年に語り
ふるさと
健
あぁ長じてその少年は すべて 辛酸も乗り 越えて いつか
故郷を振り返る
映画のように
あと
わたしもいつの頃か映画に育てられて
あの少年の跡なぞるように
夢を紡いでひとり遥か遥かな道歩み続けここまで来た
過去の出会いと別れの
心から離れない記憶の中の映画のシーン
それぞれをたどれば思い至る
日々に
あ ぁ 映 画 は 夢へ の 架 け 橋
すべてが自分の物語
波瀾万丈のできごとも想定もしない結末も越えて
あぁわたしは今受け容れる
すべてが自分の物語
映画のような
362
細い両手を
おまえは隠す
うしろに廻し
裏切りのブルース
車のキイを
渡さない
あなたにあげた
車のキイは
帰らないで
愛のキイ なら
帰らないで
一人で見る夢 恐いわと
両手をひろげ
裏切りのブルース
ドアーを背にして
罪な 俺だぜ
バックミラーに 駆け寄るおまえ
明日も逢える
俺はアクセル いっぱい踏んだ
ごめん許して
女がいる
べそ
帰らないで
やつ
俺を待ってる
帰らないで
あいつ
シャイな泣き顔 あとにして
女が浮かぶ
裏切りのブルース
ヘッドライトに
罪な 俺だぜ
帰らないで
しまうまで
帰らないで
わたしが眠って
来てるのに
裏切りのブルース
夜明けがそこまで
罪な 俺だぜ
渡
辺
久
士
363
忘れたい
忘れない
忘れない
わたなべ
雨の夕べをあの路を
忘れない
雨ふれば
風の啼く音をあの夜を
忘れようにも
風ふけば
泣いてる私
もう一度
あなた あなた
想い出しては
あゝ
掴みたい
あなたに逢いたい
掴めない
あの人の
夢の明日を真ごころを
愛の深さを大きさを
掴めようにも 掴めない
あの人の
わかれた私
あなた あなた
理解できずに
あゝ
春の川辺をあの路を
もう一度
花ふれば
秋の旅路をあの夜を
あなたに逢いたい
虫なけば
泣いてる私
もう一度
あなた あなた
想い出しては
あゝ
あなたに逢いたい
泰 彦
364
編集後記
仁井谷
俊也
喜多條忠新会長を先頭に、新体制がスター
トしました。今年の詩謡集参加作品は三四七
編。昨年の三五七編を若干下回りました。
会員数が一〇〇〇名を突破した協会として
は、淋しい気もしますが、投稿作品は熱い想
い の 作 品 が 多 く 、 作 者 の 真 摯な 姿 勢や 意 気 込
みが感じられ嬉しく思いました。
作風 も多 種多様で 、 協会会員の 幅の広さ、
バイタリティを感じました。
歌謡詩は 歌われて ヒットする のが目的 と
言っても過言ではありません。
今回の詩謡集は、商品化しても良いような
作品、ヒット性のある作品が多々あります。
業界 の皆 様には 、 是 非 手に 取って 読 んで 頂
き、良きアシストそして商品化をして頂けれ
ば幸いと思います。
編集にはいつも、事務局の方のお力をお借
りします。随分お世話になります。多忙な中、
編集に駆けつけて頂いた委員の皆様共々、お
礼を申し上げます。
365
◆おねがい
こ の 詩 謡 集 に掲 載 の 作 品 を 、 付 曲 す る 場 合 は 、
お手数でも、当協会事務局へご連絡下さい。
掲載著作者には事務局から連絡し、付曲の可、
山 北
永
鈴
井
木
仁井谷
たきの
由希夫
ひろし
紀
俊
新
代
也
えいじ
雅 道
斐
甲
津 田
編纂に関しては出来るかぎり原稿に準じました。=
=
不可を回答いたします。
詩 謡 集 委 員
366
きょうの詩 あしたの詩
― 日本作詩家協会年刊詩謡集 ―
掲載作品を付曲される場合は事務局宛にご一報下さい。
(二〇一 四年版)
喜
忠
行 者
日 本 作 詩 家 協 会
■■■■■■■■■
詩 謡 集 委 員 会
條
発
纂 者
多
編
前田印刷株式会社
本作詩家協会
所
印 刷
一般社団法人日
367
平成二十六年十二月二十二日発行
発行所
〒
東京都新宿区四谷三丁目二番地
TRⅡビル四階
TEL 〇三‐五三六三‐六一五一
FAX 〇三‐五三六三‐六一五四
1600004
368
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
16
File Size
2 036 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content