close

Enter

Log in using OpenID

株式会社札幌丸井今井 第1期 決算公告

embedDownload
借
対
照
表
(平 成 22年 3月 31日 現 在 )
(単 位
科
目
(資 産 の 部 )
流
額
産
4,138,863
512,825
資
目
科
16,9H,995
現金 及 び預金
動
(負 債 の 部 )
流
15,290
受取 手形
動
負
債
金
額
15,089,964
14,890,247
金
買悌卜
2,710,106
短期借 入金
9,217,880
売掛金
1,560,996
未 払金
544,650
商
品
1,494,093
未払 費用
434,304
貯蔵 品
7,312
未 払法人税 等
237,461
前払 費用
35,044
未払事業所 税
未収入金
34,659
商 品券
689,049
商 品券 回収損 引 当金
185,927
ポイ ン トカ ー ド引当金
683,355
そ の他
153,531
159,567
未収消 費税
そ の他
固
金
:千 円)
319,072
産
12,773,132
有 形 固定 資産
11,208,238
定
資
物
2,970,125
構築 物
95,565
機械 及 び装置
36,574
建
車両 及 び運搬具
器 具及 び備 品
土
地
無形 固定 資産
固
定
負
預 り保証金
7,631,023
503,228
(純 資産 の 部 )
ソ フ トウ ェア
48,228
資本 金
投 資そ の 他 の 資産
1,061,664
7,702
関係 会社株 式
長期 貸 付金
差 入敷金保 証金
そ の他
貸倒 引 当金
合計
199,716
2
株 主 資本
投資 有価 証券
199,716
474,947
455,000
借地権
債
33,480
30,000
94,788
1,822,031
1,822,031
100,000
資本 剰余金
資本準備 金
そ の他 資本 剰 余 金
利益 剰余金
1,900,000
25,000
1,875,000
A 177,968
1,011,702
そ の他利 益剰 余金
△ 177,968
2,260
繰越 利益 剰 余 金
A 177,968
∠ゝ 84,788
16,9H,995
(注 )記 載金額 は、 千 円未満 を切 り捨 てて 表示 して お ります 。
合計
16,9H,995
個
別
注
記
表
1.重 要な会計方針 に関す る注記
(1)有 価証券 の評価基準お よび評価方法
子会社株式および関連会社株式
その他 の有価証券
時価 のないもの
総平均法 による原価法
移動平均法 による原価法
(2)棚 卸資産 の評価基準および評価方法
商
品
貯 蔵 品
売価還元法による原価法 (収 益性の低下による簿価切下げの方法)
先入先出法による原価法 (収 益性の低下による簿価切下げの方法)
(3)固 定資産 の減価償却方法
有形固定資産
ソフ トウェア
建物及び構築物
定額法
その他の有形固定資産
定率法
社内 における利用可能期間 (5年 以内)に 基づ く定額法
(4)重 要な繰延資産 の処理方法
創立費
支出時 に全額費用処理 してお ります。
(5)引 当金の計上基準
引当金の計上基準は、次 のとお りであ ります。
貸倒引当金
債権 の貸倒れ による損失 に備えるため、回収不能見込み額 を計上してお
ります。
貸倒実績率 によってお ります。
① 一般債権
②貸倒懸念債権及び破産更生債権
個別 に回収可能性を検討 し、回収不能見込額を計上 してお ります。
ポイン トカー ド
クレオクラブカー ド会員 に付与 されたポイ ン トの使用 によ り発生する費
引当金 用負担に備えるため、当期末 において将来使用 されると見込まれ る額を
計上 してお ります。
商品券回収損
引当金
商品券が負債計上 中止後 に回収 された場合 に発生する損失に備えるた
め、過去の実績に基づ く将来の回収見込額を計上 してお ります。
(6)リ ース取 引 の会計処理方法
所有権移転外 フ ァイナ ンス・ リー ス取 引のうち、 リー ス取 引開始 日が平成 20年 4月 1日 前
に開始す る事業年度 に属す るものにつ いては、通常の賃貸借取 引に準 じた会計処理 によって
お ります。
(7)消 費税等 の会計処理方法
税抜方式 によってお ります。
2.貸 借対照表 に関す る注記
(1)有 形固定資産 の減価償却累計額
545,157千 円
(2)関 係会社 に対す る債権および債務
94,788千 円
9,398,600千 円
長期金銭債権
短期金銭債務
(3)金 額 は千 円未満 を切 り捨てて表示 してお ります。
3.損 益計算書 に関す る注記
(1)関 係会社 との取 引
関係会社 との取 引高は以下 の とお りです
985,026千
487,859千
58,302千
仕入高
販売費及び 一般管理費
営業取 引以外 の取 引高
円
円
円
(2)金 額 は千 円未満 を切 り捨てて表示 してお ります。
4.株 主資本等変動計算書 に関する注記
発行済株式 の種類及 び総数 に関する事項
株 式 の種 類
当事業年度増加
株式数 (株 )
期首
株式数 (株 )
普 通株 式 (注 1)
合計
当事業年度減少
株 式数 (株 )
当事業年度末
株式数 (株 )
1
39,999
40,000
1
39,999
40,000
(1)普 通株式 の発行済総数 の増加 39,999株 は、新株 の発行 による増加であ ります。
5.リ ー ス によ り使用す る固定資産 に関す る注記
貸借対照表 に計上 した 固定資産 のほか、器具備品、 ソフ トウェア等 の一部 につ いては、
所有権移転外 フ ァイナ ンス・ リー ス契 約 によ り使用 してお ります。
6.金 融商品 に関す る注記
(追 加情報 )
当事業年度 よ り、 「金融商品に関す る会 計基準」 (企 業会計基準 10号 平成 20年 3月 10日 )
及 び 「金融商品 の時価等 の開示 に関す る適用指針」 (企 業会計基準適用指針第 19号 平成
20年 3月 10日
)を 適用 してお ります。
(1)
金融商 品 の状況 に関す る事項
当社 は、資金運用 につ いては短期的な預金等 に限定 してお ります。 また、lkl三 越伊勢丹ホ
・▼ネブメント
・ システム)
ールデ ィ ングスの子会 社 で ある棚伊勢丹 を幹事会社 とす る CMS(キ ャッシュ
に参加 し、借入 による資金調達 を行 ってお ります。
受取手形及び売掛金 に係 る顧客 の信用 リスクは、個 々に与信調査等 を行 い リスク低減 を図
ってお ります。
また、投資有価証券 は主 として株式で、主 に業務上の関係 を有す る企 業 の株式 であ ります。
借入金 の使途 につ いては、主 に運転資金 であ ります。
(2)
金融商品 の時価等 に関す る事項
平成 22年 3月 31日 にお ける貸借対照表計 上額、時価及び これ らの差額 については、次 の と
お りで あ ります。
(単 位 :千 円)
区分
①売掛金
②差入敷金保証金
③買掛金
④短期借入金
貸借対照表計 上額 (*)
1,560,996
日
寺桐E(*)
差額
1,560,996
1,011,702
984,834
(2,710,106)
(2,710,106)
(9,217,880)
(9,217,880)
A 26,868
(*)負 債 に計上されているものについては、 ()で 示 してお ります。
(注
1)金 融商品の時価 の算定方法
①売掛金
これ らは、短期間で決済 されるため、時価は帳簿価額 にほぼ等 しいことか ら、当該帳簿価額に
よってお ります。
②差入敷金保証金
これ らは、回収可能性を反映 した将来キャッシュ・ フローを残存期間 に対応する国債等 の利回
り等で害1り 引 いた現在価値 によ り算定 してお ります。
③ 買掛金、並び に④短期借入 金
これ らは、短期間で決済 され るため、時価 は帳 簿価額 にほぼ等 しい ことか ら、当該帳簿価額 に
よってお ります。
(注 2)投 資有価 証券 (貸 借対照表計 上額 7,702千 円)は 非 上 場株式 であるため、市 場価格 がな く、
か つ将来キ ャッシュ・ フロー を見積 もることな どができず、時価 を把 握す ることが極めて
困難 と認 め られるため記載 してお りません。
(注 3)関 係会社株式 (貸 借対照表計 上 額 30,000千 円)は 非 上 場株式 であるため、市場価格 がな く、
かつ将来キ ャッシュ・ フロー を見積 もる ことな どができず、時価 を把 握す ることが極めて
困難 と認め られるため記載 してお りません。
7.賃 貸等不動産 に関す る注記
(追 加情報 )
当事業年度 よ り、 「賃貸等不動産 の時価等 の 開示 に関す る会 計基準」 (企 業会計基準 20号
平成 20年 H月 28日 )及 び 「賃貸等不動産 の時価等 の 開示 に関す る適用指針」 (企 業会計基
準適用指針第 28号 平成 20年 H月 28日 )を 適用 してお ります。
賃貸等不動産 の総額 に重要性が乏 しいため、注記 を省略 してお ります。
8.税 効果会計 に関す る注記
繰延税金資産及び繰延税金負債 の発生 の主 な原 因別 の 内訳
繰延税金資産
13,961千
17,767千
142,056千
16,552千
未払事業所税
商品券回収損引当金
ポイ ン トカー ド引当金
そ の他
円
円
円
円
190,338千 円
△ 190,388千 円
繰延税金資産小計
評価性 引当金
繰延税金資産合計
千円
繰延税金負債
千円
繰延税金資産合計
繰延税金資産 の純額
千円
千円
9.関 連 当事者 との取 引に関す る注記
(1)兄 弟会社等
会社等 の名称
種類
親 会社 の
子 会社
(注
腑伊勢丹
(単 位 :千 円)
議決権等
関連 当事者
の所有 (被 所
との 関係
有)害 J合
な し
資金 の 援 助
取 引の
内容
資金 の借入
利息 の支払
取 引金額
9,217,880
科 目
短期借入金
58,306
1)利 率 につ いて は、市場金利 を勘案 して合理的 に決 定 してお ります。
10.1株 当た り情報 に関す る注記
(1)1株 当た り純 資産額
(2)1株 当た り当期純損失金額
45,550円 79銭
△ 5,597円 94銭
重要な後発事象 に関す る注記
該 当す る事 項 はあ りません。
当期純損益金額
177,968千 円
当期純損失
13,そ の他 の 注 記
(パ ー チ ェス 法 適 用 )
(1)事 業譲 受 につ いて
①被取得企業の名称及び事業の内容
株式会社
丸井今井
百貨店業
期末残高
9,217,880
② 企業結合を行 った理 由
当社の親会社である爛三越伊勢丹ホールディングス (以 下、HDSと する。)は 、丸井今井か らの
スポンサ ー就任要請を受け、平成 21年 4月 30日 に丸井今井 のスポンサー に選定 され、丸井今井の
再生に関する具体的な協議を両者間 にて進めてまい りました。
そ の結果、時間の経過 による丸井今井 の事業 の毀損を最小限に抑えるためには、早期に事業
譲渡 を実行す ることが必要であると判断 し、HDSは 新たに当社を設立 しました。
その後、当社は丸井今井の札幌事業を譲 り受ける ことで合意 し、平成 21年 6月 29日 に事業譲
渡契約を締結す るに至 りました。
③企業結合 日
平成 21年 7月 31日
④企業結合 の法的形式
事業譲受
(2)計 算書類 に含 まれている取得 した事業の業績の期間
平成 21年 5月 29日 か ら平成22年 3月 31日 まで
(3)被 取得企業の取得原価
取得原価
1,800,385千
円
(4)発 生 したのれん又は負 ののれんの金額、発生原因、償却の方法及び償却期間
①負 ののれんの金額
②償却方法及び償却期間
40,831千
円
重要性がないため、一括償却
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
305 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content