close

Enter

Log in using OpenID

あきる野市の給与・定員管理等について

embedDownload
あきる野市の給与・定員管理等について
1
総括
(1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 )
区
分
歳 出 額
住民基本台帳人口
(22年 度 末 )
人 件 費
A
人
22年 度
実質収支
81,159
B
人 件 費 率 (参 考 )21年 度 の
B/A 人件費率
千円
千円
千円
%
%
28,868,687
517,877
4,442,138
15.4
15.5
(2) 職員給与費の状況(普通会計決算)
区
分
給
職員数
A
給
413
(注)1
2
職員手当
千円
人
2 2年 度
料
与
費
期末・勤勉手当
千円
計 B
一人当たり
(参 考 )平 成 21年 度 平
給与費B/A
均 一 人 当 た り 給 与 費
千円
千円
千円
千円
1,705,800 396,046 659,454
2,761,300
6,686
6,872
職員手当には退職手当を含まない。
職員数は、平成22年4月1日現在の人数である。
(3) 特 記 事 項
なし
(4) ラ ス パ イ レ ス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 )
105.0
100.0
(H18)
99.0
(H23)
96.9
(H18)
97.7
(H23)
98.8
(H18)
97.4
(H23)
98.8
95.0
90.0
あきる野市
類似団体平均
(注)1
全国市平均
ラスパイレス指数とは、国家公務員の給与水準を100とした場合の地方公務員の
給与水準を示す指数である。
2 類似団体平均とは、人口規模、産業構造が類似している団体のラスパイレス指数を
単純平均したものである。
- 1 -
2
一般行政職給料表の状況(平成23年4月1日現在)
(単位:円)
1号級の
給料月額
最高号級の
給料月額
1級
2級
3級
4級
5級
6級
7級
138,300
200,400
224,000
257,500
286,600
335,700
337,400
368,800
410,400
427,800
451,800
468,100
8級
9級
10 級
(注)給料月額は、給与抑制措置を行う前のものである。
3
職員の平均給与月額、初任給等の状況
(1) 職 員 の 平 均 年 齢 、 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 2 3 年 4 月 1 日 現 在 )
①一般行政職
区
分
平均年齢
平均給料月額
平均給与月額
平均給与月額
(国ベース)
あきる野市
45.2歳
345,733円
437,574円
409,633円
東京都
42.5歳
331,172円
467,372円
413,437円
国
42.3歳
327,205円
類似団体
42.8歳
328,921円
―
397,723円
422,226円
380,777円
②技能労務職
公務員
区
分
あきる野市
平均
職員
平均給料
年齢
数
月額
平均給与
平均給与月額
月額(A)
(国ベース)
対応する
民間の類
似職種
平均
年齢
間
参考
平均給与
月額(B)
A /B
48.1 歳
18 人
326,539 円
390,585 円
383,439 円
-
-
うち学校給食員
49.0 歳
11 人
337,627 円
405,127 円
399,527 円
調理師
40.3 歳
291,100 円
1.36
うち用務員
-
1 人
-
-
-
用務員
53.8 歳
209,700 円
-
うちその他
44.5 歳
6 人
300,867 円
359,167 円
347,867 円
-
-
-
-
東京都
47.1 歳
1,739 人
304,130 円
415,615 円
379,331 円
-
-
-
-
国
49.5 歳
3,689 人
283,862 円
321,662 円
-
-
-
-
-
類似団体
47.7 歳
39 人
327,320 円
386,239 円
365,099 円
-
-
-
-
参
区
分
あきる野市
うち学校給食員
うち用務員
うちその他
-
-
考
年収ベース(試算値)の比較
公務員(c)
※
民
民
-
6,467,224 円
間(D)
-
3,868,500 円
-
5,625,404 円
C/D
-
1.67
-
-
-
-
民間データは、賃金構造基本統計調査において公表されているデータを使用している。(平成19年か
ら21年までの3か年平均)
※
技 能 労 務 職 の 職 種 と 民 間 の 職 種 等 の 比 較 に あ た り 、年 齢 、業 務 内 容 、雇 用 形 態 等 の 点 に お い て 完 全 に 一
致しているものではない。
※
職員数の少ない職種の平均年齢、平均給料月額等は個人情報にあたるため、非公開とする。
- 2 -
※
年 収 ベ ー ス の 「 公 務 員 ( C )」 及 び 「 民 間 ( D )」 の デ ー タ は 、 そ れ ぞ れ 平 均 給 与 月 額 を 1 2 倍 し た も の
に、公務員においては前年度に支給された期末・勤勉手当、民間においては前年に支給された年間賞与
の額を加えた試算値である。
(注)1
「平均給料月額」とは、平成23年4月1日現在における各職種ごとの職員の基本給の平均である。
2
「 平 均 給 与 月 額 」と は 、給 料 月 額 と 毎 月 支 払 わ れ る 扶 養 手 当 、地 域 手 当 、住 居 手 当 、時 間 外 勤 務 手 当
な ど の す べ て の 諸 手 当 の 額 を 合 計 し た も の で あ り 、地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 に お い て 明 ら か に さ れ て い
るものである。
また、「平均給与月額(国ベース)」は、国家公務員の平均給与月額には時間外勤務手当、特殊勤務
手当等の手当が含まれていないことから、比較のため国家公務員と同じベースで再計算したものであ
る。
(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 2 3 年 4 月 1 日 現 在 )
区
分
一般行政職
技能労務職
あきる野市
東京都
国
Ⅰ
181,200円
Ⅱ
172,200円
大 学 卒
181,200円
181,200円
高 校 卒
142,700円
142,700円
140,100円
高 校 卒
137,200円
137,200円
137,200円
(3) 職 員 の 経 験 年 数 別 ・ 学 歴 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 ( 平 成 2 3 年 4 月 1 日 現 在 )
区
一般行政職
技能労務職
4
分
経 験 年 数 10年
経 験 年 数 15年
経 験 年 数 2 0 年
308,180円
-
高 校 卒
-
-
302,575円
高 校 卒
-
-
327,800円
一般行政職の級別職員数等の状況
(1) 一般行政職の級別職員数の状況(平成23年4月1日現在)
区
分
標準的な職務内容
職員数(人) 構成比(%)
6級
部
長
11
3.2
5級
課
長
40
11.8
37
10.9
4級
課長補佐
3級
係
長
88
26.0
2級
主
任
109
32.2
54
15.9
1級
一般事務・一般技術
(注)1
2
355,481円
大 学 卒
あきる野市の給与条例に基づく給料表の級区分による職員数である。
標準的な職務内容とは、それぞれの級に該当する代表的な職務である。
- 3 -
100%
6級 3.2%
6級 3.2%
7級 3.0%
90%
5級 11.8%
5級 11.6%
6級 11.3%
80%
4級 10.9%
4級 13.0%
5級 13.1%
70%
60%
3級 26.0%
3級 24.4%
2級 32.2%
2級 34.8%
1級 15.9%
1級 13.0%
7級
6級
5級
4級
3級
2級
1級
4級 25.5%
50%
40%
30%
3級 27.7%
20%
10%
2級 18.4%
1級 1.0%
0%
平成23年の構成比
1年前の構成比
5年前の構成比
※一般行政職は平成21年4月1日に級構成を変更
(2) 昇 給 へ の 勤 務 成 績 の 反 映 状 況
地方公務員法第40条第1項の規定に基づき、職員の勤務成績について、客観的かつ継続的に把握する
ことにより、職員の能力開発、指導育成、昇任選考等に反映し、公正かつ適正な人事管理を行うため、
毎年度1月1日を基準日として、人事考課を実施し、昇給に反映する。
5
職員の手当の状況
(1) 期末手当・勤勉手当
あきる野市
東京都
国
1 人 当 た り 平 均 支 給 額 ( 22年 度 ) 1 人 当 た り 平 均 支 給 額 ( 22年 度 )
1,597千 円
( 22年 度 支 給 割 合 )
期末手当
勤勉手当
2.715月分 1 .2 0 月分
(1 .5 3 )月 分
(0 .5 5 )月 分
(加算措置の状況)
―
1,655千 円
( 22年 度 支 給 割 合 )
期末手当
勤勉手当
2.95月分
1 .0 0 月分
(1 .5 5 )月 分
(0 .5 5 )月 分
(加算措置の状況)
( 22年 度 支 給 割 合 )
期末手当
勤勉手当
2.60月分
1 .3 5 月分
(1 .4 5 )月 分
(加算措置の状況)
職制上の段階、職務の級等による加算措置
職制上の段階、職務の級等による加算措置
・職務段階別加算
・職務段階別加算3~20% ・役職加算
5~20%
・管理職加算
(注)
(
(0 .6 5 )月 分
職制上の段階、職務の級等による加算措置
15~25% ・管理職加算
5~20%
10~25%
)内 は 、 再 任 用 職 員 に 係 る 支 給 割 合 で あ る 。
【参考】勤勉手当への勤務成績の反映状況(一般行政職)
地方公務員法第40条第1項の規定に基づき、職員の勤務成績について人事考課を
実施しているが、勤務期間による除算はしているものの勤勉手当への勤務実績の反映
はしていない。
- 4 -
(2) 退 職 手 当 ( 平 成 2 3 年 4 月 1 日 現 在 )
あきる野市
(支給率)
自己都合 勧奨・定年
勤 続 20年
24.25月 分
33.50月 分
勤 続 25年
32.50月 分
43.50月 分
勤 続 35年
49.75月 分
59.20月 分
最高限度額
59.20月 分
59.20月 分
その他の加算措置
定 年 前 早 期 退 職 特 例 措 置 ( 2% ~ 20% 加 算 )
1人当たり平均支給額
406万 円 ( 普 通 退 職 )
2,661万円(定年等退職)
国
(支給率)
自己都合
勧奨・定年
勤 続 20年
23.50月 分
30.55月 分
勤 続 25年
33.50月 分
41.34月 分
勤 続 35年
47.50月 分
59.28月 分
最高限度額
59.28月 分
59.28月 分
その他の加算措置
定 年 前 早 期 退 職 特 例 措 置 ( 2% ~ 20% 加 算 )
( 注 ) 退 職 手 当 の 1 人 当 た り 平 均 支 給 額 は 、平 成 2 2 年 度 に 退 職 し た 職 員 に 支 給 さ れ た 平 均 額 で あ る 。
(3) 地 域 手 当 ( 平 成 2 3 年 4 月 1 日 現 在 )
支 給 実 績 ( 22年 度 決 算 )
181,123千 円
438,554円
支 給 職 員 1 人 当 た り 平 均 支 給 年 額 ( 22年 度 決 算 )
支給対象地域
支給率
全地域
支給対象職員数
10.0 %
国の制度(支給率)
402人
18.0~ 0%
(4) 特 殊 勤 務 手 当 ( 平 成 2 3 年 4 月 1 日 現 在 )
支 給 実 績 ( 22年 度 決 算 )
134千 円
支 給 職 員 1 人 当 た り 平 均 支 給 年 額 ( 22年 度 決 算 )
1,432円
職 員 全 体 に 占 め る 手 当 支 給 職 員 の 割 合 ( 22年 度 )
3.3%
手当の種類(手当数)
手当の名称
7種 類
主な支給
左記職員に対
主な支給対象業務
対象職員
する支給単価
危険手当
学校給食課
ボイラー運転業務
日額
300円
税務手当
徴税課
市税の徴収等
日額
250円
衛生現業手当
生活福祉課
行旅死亡人の取扱いに従事した者
日 額 1,500円
福祉現業手当
生活福祉課
行旅病人の救護、移送に従事した者
日 額 1,000円
出動手当
建設課
緊急工事及び災害に従事した者
日額
400円
用地取得等折衝業務手当
建設課
庁外で用地取得及び物件移転等の折衝に従事した者
日額
250円
防疫作業手当
健康課
感染症防疫作業に従事した者
日 額 1,000円
(5) 時 間 外 勤 務 手 当
支 給 実 績 ( 22年 度 決 算 )
76,517千 円
職 員 1 人 当 た り 平 均 支 給 年 額 ( 22年 度 決 算 )
支 給 実 績 ( 21年 度 決 算 )
206千 円
85,745千 円
職 員 1 人 当 た り 平 均 支 給 年 額 ( 21年 度 決 算 )
- 5 -
222千 円
( 6) そ の 他 の 手 当 ( 平 成 2 3 年 4 月 1 日 現 在 )
国の
制度
との
異同
国の制度と異なる内容
手当名
内容及び支給単価
扶 養 手 当
配 偶 者 13,500円
配偶者以外の扶養親族
6,000円
配 偶 者 の い な い 職 員 の 第 1子
13,500円
満 16 歳 の 年 度 初 め か ら 満 22歳
の年度末までの子(配偶者の
な い 職 員 の 第 1子 を 除 く )
1人 に つ き 4,000円 を 加 算
異
な
る
配 偶 者 13,000円
配偶者以外の扶養親族
6,500円
配 偶 者 の な い 職 員 の 第 1子
11,000円
満 16歳 の 年 度 初 め か ら 満 22歳
の年度末までの子
1人 に つ き 5,000円 を 加 算
世 帯 主 な ど 8,500円
異
な
る
賃貸住宅居住職員に対する
最 高 限 度 額 27,000円
住 居 手 当
通 勤 手 当
管理職手当
休日勤務手当
6
交通機関利用
原 則 6か 月 定
期 券 額 を 支 給 、1か 月 当 た り 支
給 限 度 額 55,000円
交通用具使用(車、自転車
等) 通勤距離に応じて支給
部長(相当職含む)給料月額
の 18/100 、 課 長 ( 相 当 職 含 む
) 給 料 月 額 の 15/100
勤務1時間当たりの給料等の
額 に 100 分 の 135 の 割 合 を 乗 じ
た額
一部
異な
る
異
な
る
交 通 機 関 利 用 原 則 6か 月 定
期 券 額 を 支 給 、1か 月 当 た り 支
給 限 度 額 55,000円
交通用具使用(車、自転車
等) 通勤距離により支給額
が異なる
支給実績
(22 年 度
決算)
支給職員
1人当た
り平均支
給 年 額
( 22 年
度決算)
千円
円
50,751
240,526
千円
円
29,949
千円
106,580
円
20,407
66,690
千円
円
44,722
千円
860,038
円
職務に応じて定められた額
同
642
16,462
特別職の報酬等の状況(平成23年4月1日現在)
区
分
給
料
月
額
等
(参考)類似団体における最高/最低額
給
市
長
(
料
市
副
長
(
長
議
(
報
副
長
議
(
酬
員
議
(
期
末
手
当
退
職
手
当
市
副
市
議
副
議
議
(算定方式)
市
市
副
(注 )1
2
備
長
長
長
長
員
774,000円
860,000円 )
703,000円
740,000円 )
510,000円
円)
456,000円
円)
433,000円
円)
( 22年 度 支 給 割 合 )
3.90月 分
( 22年 度 支 給 割 合 )
3.95月 分
(算定方式)
989,000円 /
582,400円
820,000円 /
612,000円
698,000円 /
395,000円
618,000円 /
345,000円
570,000円 /
315,000円
(1期の手当額)
(支給時期)
長
給 料 月 額 × 4 00 / 10 0× 在 職 年 数
1 3, 76 0 ,0 00 円
任期満了後
長
給 料 月 額 × 3 00 / 10 0× 在 職 年 数
8, 88 0 ,0 00 円
任期満了後
考
給料及び報酬の( )内は、減額措置を行う前の金額である。
退職手当の「1期の手当額」は、4月1日現在の給料月額及び支給率に基づき、1期
(4年=48月)勤めた場合における退職手当の見込額である。
- 6 -
7
職員数の状況
(1) 部 門 別 職 員 数 の 状 況 と 主 な 増 減 理 由
(各年4月1日現在)
区
部
分
門
一
般
行
政
部
門
普
通
会
職
員
数
平 成 22年 平 成 23年
対 前 年
増 減 数
議会
総務
7
99
7
94
0
△5
税務
民生
36
97
36
94
0
△3
衛生
農水
商工
土木
37
11
12
32
38
9
11
30
1
△2
△1
△2
331
319
主
な
増
減
理
由
業 務 量 増 に 伴 う 増 (2)、 人 事 異 動 に よ る 欠
員 不 補 充 (△ 6)、 事 務 統 合 に よ る 減 (△ 1)
公 益 的 法 人 調 整 (2)、 業 務 量 増 に 伴 う 増
(3)、 人 事 異 動 に よ る 欠 員 不 補 充 (△ 8)
人 事 異 動 に よ る 欠 員 補 充 ( 1)
人 事 異 動 に よ る 欠 員 不 補 充 (△ 2)
人 事 異 動 に よ る 欠 員 不 補 充 (△ 1)
人 事 異 動 に よ る 欠 員 不 補 充 (△ 2)
<参考>
計
計
△ 12
部
教育部門
門
83
消防部門
-
84
1
-
人口 1 万人当たり職員
39.31 人
( 類 似 団 体 の 人 口 1 万 人 当 た り 職 員 数 45.42 人 )
業 務 量 増 に 伴 う 増 (3)、 人 事 異 動 に よ る 欠
員 不 補 充 (△ 2)
-
<参考>
計
414
403
下水道
8
8
0
その他
29
29
0
37
37
0
小
公営企業等
会計部門
計
小
451
[460]
計
(注)1
△ 11
440
[460]
△ 11
[0]
人口 1 万人当たり職員数
( 類 似 団 体 の 人 口 1万 人 当 た り 職 員 数
<参考>
人口1万人当たり職員数
4 9.66 人
60.51人 )
54.21人
職員数は一般職に属する職員数である。
2
[
]内 は 、 条 例 定 数 の 合 計 で あ る 。
(2) 年 齢 別 職 員 構 成 の 状 況 ( 平 成 2 3 年 4 月 1 日 現 在 )
構成比
5年前の構成比
%
20
18
16
14
12
10
8
6
4
2
0
20歳未満 20~23
24~27
28~31
32~35
36~39
40~43
- 7 -
44~47
48~51
52~55
56~59 60歳以上
20歳
56歳
60歳
~
計
~
52歳
~
48歳
~
44歳
~
40歳
~
36歳
~
職員数
32歳
~
未満
人
-
28歳
~
分
24歳
~
区
20歳
23歳
人
9
27歳
人
23
31歳
人
23
35歳
人
27
39歳
人
60
43歳
人
85
47歳
人
42
51歳
人
45
55歳
人
65
59歳
人
60
以上
人
-
人
439
(3) 職 員 数 の 推 移
(単 位 : 人 ・ % )
年
度
過 去 5年 間
18年
19年
20年
21年
22年
23年
一般行政
345
340
336
332
331
319
△ 26 (△ 7.5% )
教育
101
100
96
87
83
84
△ 17(△ 16.8% )
消防
0
0
0
0
0
0
普通会計計
446
440
432
419
414
403
△ 43 (△ 9.6% )
公営企業等会計計
67
61
57
50
37
37
△ 30(△ 44.8% )
総合計
513
501
489
469
451
440
△ 73(△ 14.2% )
部門別
(注)1
各年における定員管理調査において報告した部門別職員数
- 8 -
の 増 減 数 (率 )
-
(- % )
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
283 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content