close

Enter

Log in using OpenID

「中国インバウンド対策室」を設置します

embedDownload
平成22年11月9日
近 畿 日 本 鉄 道 株 式 会 社
株式会社近鉄ホテルシステムズ
∼増加する訪日中国人旅行客等の集客強化に向けて∼
「中国インバウンド対策室」を設置します
∼都ホテルズ&リゾーツを展開する株式会社近鉄ホテルシステムズが設置∼
近鉄グループでホテルチェーン「都ホテルズ&リゾーツ」を展開する株式会社近鉄ホテルシステムズ(近畿
日本鉄道株式会社100%子会社)では、近年アジア方面、特に中国からの訪日客が増加していることに鑑み、
中国を中心とした訪日客へのサービス向上と旅客誘致の一層の強化を図るため、「中国インバウンド対策室」
を設置いたします。
都ホテルズ&リゾーツは、国内では近畿・東海を中心に、東京、金沢、博多、沖縄地区において、ビジネス・
観光・リラクゼーションと旅のさまざまなシーンでご利用いただける19ホテルを展開しております。
特にゴールデンルートと呼ばれる、訪日中国人観光客の定番コースである東京∼大阪間には、シェラトン都
ホテル東京、岐阜都ホテル、シェラトン都ホテル大阪をはじめ多数のホテルを有しており、今後もより多くの
お客様のご利用が期待されます。
また、近畿日本鉄道株式会社が平成26年春の開業を目指して建設中の、日本一の高さ約300mを誇る阿
部野橋ターミナルビル タワー館(仮称)においても国際級ホテルを開業する予定ですが、阿部野橋地区は関
西国際空港からのアクセスも良く、更に多くの訪日客のご利用が見込まれます。
今回設置する「中国インバウンド対策室」では、まず利便増進のための受け入れ態勢を整備します。(中国
銀聯決済端末の導入、中国人スタッフの採用、中国語対応社員教育、館内案内サインの中国語等表記、中国語
等テレビプログラムの導入など)
次にホテルチェーン一体となった営業活動を展開してまいります。(中国語ホームページ作成、中国語パン
フレット作成、中国現地へのセールス活動など)。
ホテル事業におけるインバウンド対策の数値的目標としては、宿泊人数ベースでの平成21年度中国人宿泊
ご利用客シェア0.9%、外国人宿泊ご利用客シェア12.4%を、平成26年度には中国人宿泊ご利用客は
5.0%、外国人宿泊ご利用客は25.0%まで高めることを目指してまいります。(株式会社近鉄ホテルシ
ステムズ国内直営15ホテル・人数ベース)
株式会社近鉄ホテルシステムズでは、訪日客と接点の多いホテル事業の強みを活かし、近鉄グループのイン
バウンドビジネス強化の一翼を担うべく、取り組みを強化してまいります。
詳細は別紙のとおりです。
詳
細
1.中国インバウンド対策室
概要
設立日
平成22年11月17日(水)
場
大阪市天王寺区上本町6−1−55
所
シェラトン都ホテル大阪
中2階
(株式会社近鉄ホテルシステムズ内)
人
数
8名(他部署との兼務社員含む)<うち1名は中国人採用>
展開方針
(1)各ホテルでの訪日客受け入れ態勢の整備
(2)ホテルチェーン全体としての営業活動
(中国現地等へのセールス活動を含む)
目
標
平成21年度実績
中国人宿泊ご利用客シェア0.9%
→平成26年度目標
中国人宿泊ご利用客
外国人宿泊ご利用客シェア12.4%
5.0%
※株式会社近鉄ホテルシステムズ国内直営15ホテル
外国人宿泊ご利用客
25.0%
人数ベース
2.直近の展開予定
(1)中国銀聯(ぎんれん)での決済対応
11月中旬
決済端末を導入完了
※株式会社近鉄ホテルシステムズ直営15ホテルが対象
中国国内で発行されている銀聯カード(中国のキャッシュカード)が日本国内でのお支払いにそのま
まご利用いただけます。
(2)中国語ホームページの作成
11月中旬
先行オープン予定
ホームページアドレス http://www.cn.miyakohotel.com
(3)中国現地へのセールス活動
11月18日∼21日
中国国際旅游交易会(上海)への参加
3.今後の展開予定(今年度∼来年度以降)
(1)各ホテルでの中国人スタッフ採用・ホテル内での中国語教育
(2)各ホテルでの案内サインの中国語等表記
(3)中国語表記パンフレットなどの整備
(4)中国語等のテレビプログラムの導入
(5)中国現地へのセールス活動
※株式会社近鉄ホテルシステムズ直営15ホテルが対象
2
参考資料
1.株式会社近鉄ホテルシステムズの概要
住 所:大阪市天王寺区上本町6−1−55
資本金:100百万円(近畿日本鉄道株式会社の100%子会社)
代表者:取締役社長 二村
(ふたむら たかし)
従業員:約1,832名(平成22年11月1日現在)
※近鉄グループのホテル事業統括会社。近畿日本鉄道株式会社のホテル事業を受託し、チェーンオペレー
ションの本部機能を担っています。
2.都ホテルズ&リゾーツの概要(平成22年11月1日現在)
○国内加盟ホテル:19ホテル、約5,400室
シェラトン都ホテル東京、金沢都ホテル、岐阜都ホテル、四日市都ホテル、津都ホテル、
志摩観光ホテル クラシック、志摩観光ホテル ベイスイート、ホテル志摩スペイン村、プライムリゾート
賢島、ホテル近鉄アクアヴィラ伊勢志摩、ウェスティン都ホテル京都、新・都ホテル(京都)、
奈良ホテル、シェラトン都ホテル大阪、天王寺都ホテル、ホテル近鉄ユニバーサル・シティ、
ホテルニューアルカイック(平成23年4月「都ホテルニューアルカイック」に名称変更します)
博多都ホテル、沖縄都ホテル
○海外加盟ホテル:2ホテル、約400 室
都ホテル ロサンゼルス、都ホテルトーランス・カリフォルニア
注)
ホテルが、近鉄ホテルシステムズ直営ホテル。他はチェーン加盟ホテル。
※平成23年秋、近鉄京都駅4番線上に客室数368室の宿泊特化型ホテルを開業予定。
※平成26年春、日本一の高さ約300mを誇る阿部野橋ターミナルビル タワー館(仮称)内に国際級
ホテルを開業予定。
※都ホテルズ&リゾーツ ホームページ http://www.miyakohotels.ne.jp/
以
3
上
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
28 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content