close

Enter

Log in using OpenID

方剤④ 附子剤 2007年12月4日(火)

embedDownload
方剤④ 附子剤
2007年12月4日(火)
琉球大学中国医学研究会
當山 千巌・三枝 正彦
1
附子剤
• 構成生薬の一つに附子(ぶし)が入っているも
のを総称して附子剤という。
附子
• キンポウゲ科、トリカブトの塊根で、漢方生薬
の中で最も毒性が強い。
• 性味:味は辛・甘、性は熱・有毒
2
附子の薬効
• 新陳代謝亢進作用
• 鎮痛作用
• 利尿・強心作用
3
漢方薬理的な位置づけ
• 虚証、寒証の温熱薬(補陽薬)
• 鎮痛薬
• 利水、強心薬
4
附子剤の使用目標
•
•
•
•
体力の低下
四肢・体幹の冷えや痛み
尿量減少
浮腫
5
中毒症状
実証・熱証の状態(体力が充実、赤ら顔、のぼ
せが強い)に用いると、附子の中毒症状が現れ
る可能性が高くなる。
• 舌のしびれ
• 動悸
• 悪心や嘔吐
↓
実証や熱証に附子剤は禁忌である。
6
使用量
• 中毒を避けるため、過量にならないようにす
る
• 少量から始めて効果を見ながら徐々に増量
していく
• 補益薬の作用を強める:1.5~5.0g
• 強心、冷え、止痛:5.0~9.0g
• 虚脱、ショック時の緊急:18~24g
7
附子剤の構成生薬〈1〉
附子
○ 朮 +葛根湯(葛根 麻黄 桂皮 芍
薬 大棗 生姜 甘草)
○ 朮 +桂皮湯(桂皮 芍薬 大棗 生
桂皮加朮附湯
姜 甘草)
○ 茯苓 朮 +桂皮湯(桂皮 芍薬 大
桂皮加苓朮附湯
棗 生姜 甘草)
当帰芍薬散加附子 ○ +当帰芍薬湯(当帰 芍薬 川芎 朮
茯苓 沢瀉)
○ +人参湯(人参 朮 乾姜 甘草)
附子理中湯
葛根加朮附湯
8
附子剤の構成生薬〈2〉
附子
桂皮芍薬知母湯
○ 桂皮 麻黄 知母 防風 芍薬 朮 生姜 甘
草
芍薬甘草附子湯
○ 芍薬 甘草
真武湯
○ 茯苓 芍薬 朮 生姜
大防風湯
○ 当帰 芍薬 川芎 熟地黄 人参 黄者 防風
朮 羗活 杜仲 牛膝 大棗 乾姜 甘草
麻黄附子細辛湯
○ 麻黄 細辛
牛車腎気丸
○ 桂皮 地黄 山茱萸 山草 茯苓 沢瀉 牡丹
皮 牛膝 車前子
八味地黄丸
○ 桂皮 地黄 山茱萸 山草 茯苓 沢瀉 牡丹
皮
9
附子と配合される生薬
• 附子+乾姜
作用増強の働きで脾と腎を温め、陽気の虚脱による
ショック、循環不全、四肢厥冷、水様性下痢に用いる。
• 附子+桂皮
経絡を温めて陽気を通じ、寒邪を除いて冷えや痛み
を止める。陽虚症のものが更に風寒湿の邪をうけて起
こす極度の冷え、四肢の疼痛、神経痛、リウマチ、関
節痛に用いる。
10
• 附子+麻黄
温経通脈、助陽散寒の作用により、風寒による痺痛、
陽虚で邪気の侵襲をうけて起きる浮腫に用いる。
• 附子+人参
気虚を補い、陽を回復させる効能を高め、寒邪によ
る胃腸機能の低下、腹痛、下痢に用いる。
• 附子+茯苓
寒邪による新陳代謝機能低下によって生じる浮腫や
小便不利に用いる。
11
葛根加朮附湯
• 比較的体力のある人の感冒や肩こり・上半身
の神経痛など、炎症性疾患や疼痛性疾患に
は葛根湯が用いられるが、冷えと痛みが強い
場合には、葛根加朮附湯がよいことがある。
葛根湯と桂皮加朮附湯の合方で代用するこ
ともできる。必要に応じて適宜、加工附子製
剤を追加・増量する。
• 適応症:肩こり、上半身の神経痛
15
桂皮加朮附湯、桂皮加苓朮附湯
• 体力の低下した冷え症体質の人の関節痛や
神経痛など、四肢・体幹の疼痛性疾患に用い
る。
• 適応症:関節痛、神経痛
16
当帰芍薬散加附子
• 比較的体力の低下した、冷え症で貧血傾向
を有する女性の、月経不順や月経痛、不定
愁訴などに用いられる当帰芍薬散に、浮腫や
冷えの程度に応じて附子を加えるとよいこと
が多い。当帰芍薬散と加工附子製剤の併用
で代用可能である。
• 適応症:貧血、月経不順、月経困難症、更年
期障害など
17
附子理中湯
• 体力の低下した冷え症の人で、食欲不振、胃部のも
たれ感、下痢など、慢性消化器障害があり、尿が希
薄で量が多い、口中に薄い唾液がたまるなどの症
状を伴う場合には理中湯(人参湯)がよく用いられる
が、冷えや下痢が激しい場合には、附子が加わった
附子理中湯が適する。腹部が軟弱無力が振水音が
あることを目標にする。人参湯と加工附子製剤の併
用で代用可能である。
• 適応症:急性・慢性胃腸炎、胃・十二指腸潰瘍、悪
阻、低血圧症など
18
桂皮芍薬知母湯
• 慢性関節疾患で、とくに膝関節の腫脹と熱感
があり、骨破壊もあるような場合に用いる。
• 適応症:関節リウマチ、神経痛
19
芍薬甘草附子湯
• 骨格筋および平滑筋の急激な痙攣性疼痛に
は芍薬甘草湯がきわめて有効であるが、冷
えと痛みが激しい場合には、附子が加わった
本処方が用いられる。芍薬甘草湯と加工附
子製剤の併用で代用可能である。
• 適応症:神経痛、関節痛、肩こり、腓腹筋痙
攣(こむら返り)など
20
真武湯
• 体力が低下した虚弱な人の、下痢や腹痛な
どの消火器症状に対して、あるいは普段から
そういう傾向のある体質の改善薬として用い
る。また、前記の消化器症状がある体質の、
めまいや身体動揺感、心悸亢進などに有効
なことがある。
• 適応症:消化器の諸疾患、神経症、リウマチ
性疾患、皮膚疾患など
21
大防風湯
• 身体が冷え、顔色が不良、体力が著しく低下した人
の関節痛疾患に用いる。炎症疾患が急性期を過ぎ、
発赤や熱感がほとんど消失した慢性期に用いるの
が一般的である。痛みを抑える目的以上に、全身状
態を改善させることを目的とすることが多い。参耆
剤の一つでもあり、補血作用がある四物湯(当帰、
芍薬、地黄、川芎)も含まれていることを考えれば、
使用目標が明確になる。
• 適応症:関節リウマチ、慢性関節炎、痛風
22
麻黄附子細辛湯
• 悪寒が強い上気道疾患の初期に用いる。発
熱の有無にかかわらず、あくまでも悪寒に注
目すべきで、脈は沈細が特徴である。高齢者
や日頃から虚弱で冷え症体質の人の感冒の
初期には、このような症状になりやすい。
• 適応症:感冒、気管支炎など
23
牛車腎気丸
• 八味地黄丸に、尿路系の症状を緩和すると
いわれている牛膝(下半身の筋肉を強める)、
車前子(利尿作用)が加わったものである。し
たがって、基本的には八味地黄丸を用いるべ
き対象の状態で、とくに泌尿器系の訴えが強
いものによいとされている。
• 適応症:腰痛、坐骨神経痛、膀胱炎、前立腺
肥大、糖尿病、高血圧症、腎炎、ネフローゼ、
白内障、インポテンスなど
24
八味地黄丸
• 腰部や下肢の疲労や倦怠、脱力感、痛みや
しびれ、口渇や(とくに夜間の)頻尿、下肢の
浮腫を目標に用いる。下腹正中部(臍下)が軟
弱無力(小腹不仁)であることも目標の一つに
する。これらは高齢者によくみられる症状や
所見で、中年以降の諸疾患に頻用される処
方であるのは、このためである。
• 適応症:糖尿病、腰痛、坐骨神経痛、膀胱炎、
前立腺肥大、高血圧症、インポテンスなど
25
参考文献
『入門漢方医学』
日本東洋医学会学術教育委員会
『〔図解〕 中医方剤マニュアル』
東洋学術出版社
ご静聴ありがとうございました
26
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
191 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content