close

Enter

Log in using OpenID

歯っぴ~噛む噛む新聞Vol.90「噛んで健康!元気な子!」

embedDownload
Happy
come
come
Vol.90
2016.9
お子様の「歯とお口」の悩みをサポートする情報紙です
す
今回のテーマ・・
よく噛むことは、食べ物を噛み砕き、味わうだけでなく、消化吸収を助けるなどさまざまな役割があります。
幼児期のうちにしっかり噛む習慣をつけることが大切です!!
・
・
・
・
「そしゃく(咀嚼)
」とは??
「咀嚼(噛むこと)
」の働き・効果
そしゃく(咀嚼)とは、摂取した食べ物を歯で噛
み、紛砕すること。これにより消化を助け、栄養
をとることができます。
① よく噛むと満腹感が得られ、肥満防止につながる。
② よく噛むと脳の血流が良くなり、
頭の回転が良くなる。
③ よく噛むと舌や顎の運動機能や筋肉、
味覚などが発達。
④ よく噛んで唾液が出ると唾液の力で
むし歯を作りにくくする。
⑤ よく噛むことで消化酵素がたくさん出て
消化を助ける。
健康をつくるすべての栄養は口から入ります。
毎日、無意識に行っている咀嚼は、
食育を考える上でとても
大切なことです。
●必要以上にすりつぶしたり、小さく切りすぎない。
●よく噛んでいるか見守り、観察、声かけをする。
●噛むメニュー(豆類・根菜類など)の和食中心の
●テレビを消して食べさせる。
食生活に!
●食感を楽しみ、味わうことの大切さを伝える。
●めん類には噛む食材をプラスする。
●口に食べ物が入っている間は口を閉じ、飲み込んで
●パンは噛む回数が増えるようにできるだけ
しまってから次の食べ物を口に入れる。
●水分で流し込まないように心がける。
トーストする(焼く)。
●干いも、ドライフルーツ、いりこ、するめなど
噛むことを意識したおやつをとり入れる。
最近の子ども達は、食べ物をあまり
「噛まない」、または「噛めない子」が増えています!
野菜や肉など、繊維の多いものはあまり好まず、
食べてもよく噛まずに飲み込んだり、噛んでも
いつまでも口の中に残っていて飲み込めなかったり、
咀嚼に問題のある子どもが増えています!
宮崎市歯科保健推進協議会 作成
「食べやすくする」ことは大切ですが、噛まないからと柔らかい
ものばかり食べさせていると、「噛まなくても大丈夫!」と認
識してしまい、いつまでたっても噛む力は伸びません!
調理方法を工夫しながら少しずつ「噛む」ことを意識させて
いきましょう!
しっかり噛むには、正しい噛み合わせになっていることが大切
です。「歯は欠けていないか」「むし歯はないか」「噛み合わ
せは正しいか」など、歯科医院でチェックしてもらいましょう!
【問い合わせ】 宮崎市健康支援課
☎ 0985-29-5286
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
458 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content