close

Enter

Log in using OpenID

10:30~ 15:15

embedDownload
日 時
2016 年
3 月 26 日(土)
10:30~ 15:15
会 場
円徳寺 (岐阜市神田町 6 丁目 24)
参 加 費
協力券
1,000 円
~「乳 歯 保 存 ネットワーク」の紹 介 ~
3.11 東電福島第一原発事故から 5 年の月日が経ちました。
この大惨事によって、人工の放射性物質・ストロンチウム 90(Sr-90)も大気中に飛散
しました。子どもたちの健康に影響のあるこの Sr-90 は、事故後十分調べられていません。
私たちは、次世代のいのちと健康をまもるために、
歯
被ばく事実の確認や健康への影響を分析すること、
が
と 抜 国・自治体に対する提言への基礎資料が必要だと考え、
っ け 「乳歯保存ネットワーク」を立ち上げました。
とた
Sr-90 は抜けた乳歯を使って測定できます。お子さん
い ら の抜けた乳歯を捨てず、記録カードと一緒に保存してお
て
きましょう。福島だけではありません。全国のデータが
ね
必要です。
アクセス
プログラム
3
●
10:30
●
10:35
●
開会
「サクリファイス」上映
11:00 乳歯保存ネットワーク紹介
(12:00-12:30
昼食・休けい)
●
記念講演
ヴラディーミル・チェルトコフ
通訳:コリン・コバヤシ
14:00 「真実はどこに?」上映
●
15:10
●
※公共交通機関でお越
しください
※JR 岐阜駅または名鉄岐阜駅から
徒歩 10 分
12:30
閉会
ヴラディーミル・チェルトコフ略歴
1935年セルヴィア生まれジャーナリスト、ドキュメンタリー作家。1935 年、ロシア移民の子としてセルビアで
生まれる。イタリア国籍。現在、スイスはルガーノ近郊に在住。80 歳。パリで勉学した後、60 年代初頭にイタリ
アに定住。その後、30年以上、イタリア放送協会(RAI)、そしてルガーノ・スイス・イタリア放送局と仕事を
する。70 本近いドキュメンタリー番組を制作し、社会、政治、経済分野のテーマを取り上げ、とりわけ権力構造を
分析的に表現した。主著作『チェルノブイリの犯罪 ‒核の収容所』『チェルノブイリの犯罪 核の収容所』より
主催/問合せ
乳歯保存ネットワーク
TEL: 058-296-4038
Mail: [email protected]
H P: http//www.pdn311.town-web.net/
後援
3.11 支援ネットワーク・ぎふ、岐阜キッズな(絆)支援室、光の帯ネットワーク、
NPO 法人 KI プロジェクト、支援グループ岐阜・手と手、原発問題を考える会(岐阜県)
、NPO
法人泉京・垂井、西濃環境 NPO ネットワーク、日本科学者会議愛知支部、日本科学者会議
岐阜支部、未来につなげる東海ネット・市民放射能測定センター(C ラボ)
、岐阜県保険医協会、
認定 NPO 法人レスキューストックヤード
「真実はどこに?」
—WHO と IAEA
放射能汚染を巡って—
(原題:Controverses nucléaires 核論争)
監督:ヴラディーミル・チェルトコフ
撮影:エマヌエラ・アンドレオリ、ロマーノ・カヴァッゾニ編集
フェルダ・フィルム、2004 年、51 分
日本語版制作:ECHO-ECHANGES France
[email protected]
りんご野 [email protected]
字幕翻訳:藤原かすみ、藤本智子、辻 俊子、コリン・コバヤシ
字幕編集:岩城知子
ナレーション:東 陽子
ウラディーミル・チェルトコフ監督のことば
この映画は、国連の二つの組織[WHO, IAEA]の間にある
権益を巡る争いがあることを明らかにした。この二つの組
織は、汚染された住民の健康維持のためにチェルノブイリ
事故の影響を管理する責任を持つ組織である。だが 1959 年
に、世界保健機関 WHO と国際原子力機関 IAEA の間で署
名された合意書によると、WHO は IAEA の同意がなけれ
ば、原子力分野で自由に活動することができないとした。
WHO の役割はその憲章第一条に謳われているように、
世界中の民衆を最もよい健康状態に導くことにあるが、世
界に原子力発電所をつくることを目的とし国連安全保障理
事会に直属の IAEA との合意書によって、手足を奪われた。
よって WHO と IAEA は、チェルノブイリの惨事の結果は、
事故初期に、消防士と、強い放射線によるがんによって亡
くなった人 200 人、甲状腺がんが 2,000 名、という数字し
か公表しない。逆に国連人道問題調整事務所はチェルノブ
イリの悲劇は始まったばかりだと表明する。
これらの出来事とこうした矛盾は、2001 年 6 月キエフで
開かれたチェルノブイリ惨事の医学的影響に関する国際会
議で明らかになった。この会議の討議は全てこの映画に録
画されている。
この惨劇の影響が明らかにされることに脅威を感じた当
局者たちは、放射能汚染の重大さを否定し、それらを確認
する研究者や医者たちの論考の刊行を妨害した。研究者た
ちが勇気を持って提出した放射線防護のデータと勧告は、
遠ざけられた。それらを議論することも拒まれた。
この会議の重要さは、最終決議の採決にある。その勧告
は放射線防護の分野における政府の決定の基盤となるので
ある。WHO と IAEA によって維持された方針に従って、
最終決議の記述者たちは、公的なテーゼとは矛盾する科学
的な新しいデータを書き加えることをしなかった。そのデ
ータは、セシウム 137 による内部被曝によって、徐々に体
内システムと必須臓器が破壊されていくことを明らかにし
ているのである。
一人の物理学者と一人の医師が、危機にさらされた民衆
を救助しない犯罪を、はっきりと勇気を持って批判した。
そのひとり、ワッシーリ・ネステレンコは自分のキャリア
を台無しにしてしまったが、汚染された村々で、自立した
闘いを続ける。もうひとり、ユーリ・バンダジェフスキー
は、会議の翌日に、牢獄にぶち込まれ、軍事裁判所で、8
年の収容所収監の判決を受けた。アムネスティ・インター
ナショナルは、彼を良心の囚人であると判定した。フラン
スの一つの県とパリを含む 12 都市が名誉市民の称号を与
えた。国際科学界は、いく人かの科学者を除くと、この二
人の科学者と対話することを拒否したのである。
(2011 年 11 月、ヴラディーミル・チェルトコフ)
「サクリファイス」
— 犠牲者 —
リクビダートルの知られざる真実
(原題:LE SACRIFICE 犠牲)
監督:エマヌエラ・アンドレオリ、ヴラディーミル・チェルトコフ
スイス、2003 年、25 分
チェルノブイリ原発事故の収束にあたった“5人”のリクビダートル
1991 年から 2001 年までの彼らの様子を追った、ドキュメンタリー映画
リクビダートルの総数は 60~80 万人、そのうち 1986-87 年
に作業にあたった約 20 万人が大きな被曝を受けた。事故処理
作業時の平均年齢は約 35 歳。ウクライナ、ベラルーシ、ロシ
アそれぞれでリクビダートルの国家登録が行われている。ロ
シアに住むリクビダートルのうち 65,905 人(平均被曝量 120
ミリシーベルト)を対象に 1991-98 年までを追跡した結果に
よると、その間の死亡は 4,995 件(7.6%)であった。ベラル
ーシでのある調査によると、地元一般住民に比べて結腸癌や
膀胱癌、甲状腺癌がはっきりと過剰に発生している。
ウクライナ放射線医科学研究所所長ブロディーミル・ベ
ベシコらは、ウクライナに住むリクビダートル 20 万人の健
康状態を追跡調査。癌による死者の調査は、1992 年から資
金不足で打ち切られる 2000 年まで 9 年間行われた。リクビ
ダートルの癌による死亡率は事故後年々上昇し、2000 年に
は一般住民の 3 倍に達していたことがわかった。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
455 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content