close

Enter

Log in using OpenID

ジカウイルスはなぜ怖いのか

embedDownload
ジカウイルスはなぜ怖いのか
東京医科大学病院 渡航者医療センター
教授 濱田篤郎
Atsuo Hamada
2月に WHO が緊急事態を宣言
分離したのである。この森の名前が「ジカ」だっ
たので、ジカウイルスと命名された。それから
2015年10月のこと、ブラジル北東部の保健関係
約 60 年以上にわたり、このウイルスに感染し
者が異常事態を察知した。この地域で生まれる
た患者はアフリカやアジアで 10 人ほどしかお
新生児の中に、小頭症という先天奇形を持つ子
らず、いずれも軽症だった。
どもが例年の数倍以上に増えていたのである。
ところが、2007 年に南太平洋のヤップ島で
この奇形はそれまでにも感染症にかかった妊婦
住民の7割が感染するという大流行が発生す
から生まれる子どもにみられたが、今回のケー
る。その後、南太平洋各地で流行を繰り返しな
スは既知の感染症にはかかっていなかった。
がら、15 年に南米のブラジルに上陸を果たし
時を同じくし、ブラジルでは 15 年春からジ
たのである。WHO の公式な発表では、15 年か
カウイルスの流行が拡大していた。小頭症の子
ら 16 年8月までに中南米で発生した患者数は
どもを産んだ母親の多くも妊娠中、ジカウイル
約 46 万人に上っている。
スに感染していたのである。11 月にブラジル
ジカウイルスは蚊に媒介されるが、蚊の種類
の保健担当者は、小頭症の原因として妊婦のジ
はデングウイルスと同様にネッタイシマカやヒ
カウイルス感染を強く疑う旨の発表を行った。
トスジシマカである。後者は日本にも常在して
これ以降、中南米諸国ではブラジル以外にも
おり、14 年のデング熱の国内流行で媒介蚊に
ジカウイルスの流行が拡大し、小頭症の新生児
なっていた。ジカウイルスに感染しても症状が
は増加していった。そして 16 年2月、世界保
出るのは2割以下で、ほとんどは無症状である。
健機関(WHO)はジカウイルスの流行が「国際
皮膚の発疹が最も多く、患者の多くはまず皮膚
的な公衆衛生上の緊急事態」であることを宣言
科にかかるそうだ。発熱がみられるのは3割程
する。この宣言は 14 年夏に、西アフリカでエ
度で、それもほとんどが 38℃以下の微熱であ
ボラ熱が流行した際にも出されたものだった。
る。これらの症状は約1週間で改善し、命に関
アフリカで発見されたウイルス
ほっしん
わる状態になることはほとんどない。
しかしこの病気の本当の怖さは妊娠中の女性
ジカウイルスはデングウイルスに近縁のウイ
が感染した場合で、胎児にも感染が起こり、脳
ルスで、発見されたのは 1940 年代のことだっ
や目などに多くの障害を生ずるのである。こう
た。患者から発見されたのではなく、米国の研
した症状は出生後にも後遺症として残るため、
究機関がウガンダに所有する森にすむサルから
何十年も先の未来に影響を及ぼす感染症と言っ
32
2016年10月号
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
6
File Size
187 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content