close

Enter

Log in using OpenID

ぎんなん第11号

embedDownload
発行所
養護老人 ホーム
延 命 園
長 崎 市 寺 町 32
だんぜん人気 の篭 の鳥
埓ベ
リ
フ
導
新 入園 者
月 の誕 生 会 ︵
ん な で歌 う も の で、 毎
カ ラオ ケ に合 わ せ て皆
ク ラブ です 。 この会 は
参 加 が あ り 人 気 のあ る
は、 ほ ぼ 二十 人 前 後 の
と 必 ず 歌 う お 年 寄 も いま
変 好 き で、 酒 席 で興 に乗 る
と 節 回 し の ”都 都 逸 ” も 大
⋮﹂ と いう 意 味 深 長 な 内 容
面 で聞 き た い こと が あ る ⋮
ど 、 飲 ま せ ち ゃな ら ぬ、 素
﹁こ の酒 は 毒 じ ゃな け れ
募 の中 よ り 厳 選 し 命 名 さ れ
た ホ ー ム 喫 茶 ”は な ぐ る
入 所 者 。職 員 の多 数 の応
普 段から気 にかけ てます
仏 様 に拝 む だ け
袋
退 屈 し のぎ に小 物 ︵
菜 や 魚 の形 の箸 置 き 等 ア イ
ご と に 手 作 り の のれ ん、 野
が でき ま し た 。 回 を 重 ね る
べな い様 にし て いま す
嫌 いな物 は無 理 し て食
︲才
因 西里 国松 8
日が暮れたらすぐ寝る
8才
因 西里八重子 6
物 ︶ を 作 ってる
の練 習 に 余 念 が あ り ま せ
ル に は 四季 の花 々、 B G M
飲 ん で体 操 を し て いま
便 が出 る様 に、 お 茶 を
l
歌”
”美 し き 天 然”
”人 生
の並 木 道 ” な ど です が、 だ
︱健康 の秘訣ト
見 た さ に こわ さ を 忘 れ 、 暗
5才
因 古里 芳治 8
︱ ホ ー ム喫 茶花 ぐ るま ︱
い夜 道 を た だ ひと り ⋮ ⋮﹂
な ん も な か 体 元 気 じ
Br J
ん ぜ ん 人 気 のあ る歌 に ”篭
のと り ” が あ り ま す 。
恋 愛 も ま ま な ら な か った
歌おう
延 命 園 には ”
と いう 歌 詞 が 共 感 を 呼 ぶ の
ゃな かも ん
お 年 寄 の青 春 、 ﹁逢 いた さ
会 ” と いう 趣味 活動 が
かも し れ ま せ ん。
歓 迎 会 ︶ 、 地 域 と の交
す。
9才
因 山 ロ フサ 8
流 会 の折 には 日頃 の練
ます 。
お 年 寄 は新 し い歌 を
デ ア が 盛 り こま れ 、 テ ーブ
曲 す る時 は、 新 し い歌
に 工 夫 が こら さ れ 、
一流 レ
す
8才
因 榎 薗 和子 6
ん。
と な つか し い歌 の 二曲
スト ラ ン以 上 の心 づ か い で
覚 え る こと が苦 手 で選
を と り あ げ て練 習 し ま
職 員 一同 お 待 ち し てお り ま
に行 った り し よ る。
袋 作 りを したり 、 散 歩
因 大平 忠孝 7
︲才
す 。 昨 年 中 最も 多 く と
こ の ”は な ぐ る ま ” が み
す。
い船 で次 が 夢 追 い酒 、
界 宮本 愛子 9
7才
飲む。
起きてす&耳沓τ
・
才
因 寮母の須藤さん つ
な さ ん の語 ら い の場 と し て
び ら を 一輪 ず つ花 咲 か せ ら
孫 と 電 話 で話 す こと 、
北 国 の春 と 続 きま す 。
れ ま す よ う 願 って お り ま
又 何 でも 感 謝 の気 持 ち
を も つこと 。
す。
更 に 更 にふ れ あ い の輪 の花
す き ” ”サ ー カ ス の
歌 、 最 も 好 き な歌 は と
い う と ”篭 の と り ”
”野 崎 小 唄 ”枯 れ す
”
個 人 的 に、 想 い出 の
り あげ ら れ た のは、 祝
歌 お う △雰 で
ま ” も お か げ さ ま で3 月 を
も って 五 回 目 を 迎 え る こと
習 の成 果 を 披 露 し て い
R
”冬
歌 お う会 は た だ今 、
か ら 春 へ” と ”野 崎 小 唄 ”
3才
因 野崎シヅヨ 8
あ り ま す 。 歌 おう会 に
ツ
a″
延 命 国 の きん さん ぎん さん
5年 3月 31日 発 行
平成
ん
な
ん
ぎ
延命 園 だ よ り
号
11
第
(0958)22-8563
(題 字)池 田可宵先生
去 る 3月 6 日と
2
2 日 の 2 班 に分
総 括 と 次 年 度 に向 け て の課
づ き 四年度 の処 遇 に対 す る
ホ ー ム職 員 ハンド ブ ツク に
の基 本 的 姿 勢 に つい て老 人
又 、 合 わ せ て職 員 と し て
半 端 な 対 応 に終 わ り や す い
る た め、 や やも す れば 中 途
が 協 動 し て多 数 を 相 手 にす
と 思 う と 、 無 性 に 母 の顔 が
せ ん 。 あ あ これ で死 ぬ のか
原 子 爆 弾 な ん て思 いも し ま
研 修 会 が 開 かれ た も の。
け て、 春 を 待 つ
題 を 中 心 に各 セ ク シ ョン で
基 き 学 習が な さ れ た 。
平 成 四年 度 も 終 わ り に近
熊 本 県 の五 家 荘
協 議 さ れ たも のを 持 ち よ り
しま す と 、 泣 き さ け ぶ声 、
え ってお り ま す 。 し ば ら く
にも 見 え ま せ ん 。 静 ま り か
見 ま わ し ても 、 真 暗 で、 な
覚 え てお り ま す 。 あ た り を
H 口 日 の丸 会 様
8 日 散 髪 奉 仕 金 子 他 様
0
2
6
4 日 手 話 ボ ラ ンテ イア様
2 日 岡 本 様
い さ つ” と 決 定 し た 。 夜
三 日始 ま り は あ か る いあ
ん。 と にか く 、 逃 げ な く て
立 ち 上 が る こと が でき ま せ
ま す け ど 、 も う ろう と し て
卜様
母親 が 呼 ぶ 声 が し てき ま し
一回 の寝 具 乾 燥 の実 施 と し
半、 泊 ま り客 が 誤押 し た 非
はと 思 い、 ふ ら つき な が ら
あ り が と う ご ざ いま し
曲 ︶鞠 剃 匁 肝 茄 灯
を 傾 け る こと で対 応 し て い
。
ノ
こ,
n
心 と 体 を さ わ や か に保 つ
こと が ”い い味 ” に つな が
た の で、 起 き 上 が ろう と し
浮 か び 、 悲 し か った こと を
で研 修 会 が 開 か
満 足 に でき な か った ”聞 き
役 ” は 、 仕 事 の手 を 休 め て
短 時 間 であ っても じ っと 耳
四年 度 に対 す る 総 括 に つ
更 に深 め て い こう と 、 こ の
い ては 、 全 体 と し て 0
7% の
評 価 を し た 指 導 員 ⋮ ⋮。 昨
年 の業 務 の目標 を 、
一、 聞
き 上 手 に な ろう 。 二、 各 階
る と 調 理 の合 言 葉 は ⋮ ⋮
て いた 寮 母 か ら 、
一に つい
常 ベ ルが 鳴 動 し 、 避 難 訓 練
立ち あ が り ま し た が 、 屋 内
ても 登 る こと の でき な い窓
あり ま せ ん 。 普 段 な ら 、 と
か さ れ た と 感 じ狼 狽
ら 、 自 分 の心 を 見 透
お 年 寄 と 話 し て いなが
※ みな さ ん ど う も
に登 り 、 外 に 飛 び ま し た け
深 い谷 間 に 停 む 五
家 荘 の民 宿 で似 た よ
う な 体 験 を し た。 壁
に揚 げ た 相 田 み つお
氏 の次 の詞 であ る 。
”そ のう ち そ のう ち 弁 解 し
事 は お 陰 様 、 悪 い事 は身 か
な が ら 日が 暮 れ る ”
”良 い
散 髪 奉 仕 金 子他 様
ら でた さ び ” と いう も の。
イ ンタ ー アク ト 様
く る み会 様
覚 え の な い方 、 御 免 な さ
も︶
い。 ︵
鶴鳴女 子高校
増︱ ︱
う か。
す る こと が な いだ ろ
延命園 ヘ
州
鞘釧“
卿
珊瑯 一帥一握“
卿一甜朧い
たか わ か り ま せ ん。 ︵
続 く︶
ど、 ど こを ど う し て、 逃 げ
様
ては 満 足 に出 来 な か った 。
二、 三 に つい ては 充 分 と は
のお ま け 付 き 研 修 会 でし
︵
影絵上演︶
言 いが た いがま ず ま ず であ
た。
投 下 の 日は、 あ と 一時 間
位 し た ら、 昼食 だ か ら ト イ
レ でも 行 こう と 、 立 ち 上 が
った 時 でし た 。 ピ カ ッと 、
光 った と 思 った ら、 屋 根 の
上 は 、 ガ ラガ ラ と 、 な に か
落 ち る音 が し 、 屋 内 は 真 暗
と 、 頭 ・背 中 と ・体 中 に、
に な り 、 無 意 識 に伏 せ ま す
⑥ ひんぱ ん に鼻血 の出 る
真 上 に爆 弾 が 落 ち た と 思 い
み場 も あ り ま せ ん 。 出 口も
は メ チ ャメ チ ャ で、 足 の踏
活 が スム ーズ に送 れ る よ う
各 セ ク シ ョ ン ︵介 助 、 相
言
己
な に か 飛 ん でき ま す 。 私 の
談 、 食 事 、 健康 管 理 な ど ︶
爆
坂本 和 子
原 の
人 は専門医 の精密検査
を受けまし ょう。
ペ ンの しず く
の事 務 は、 お 年 寄 の 日常 生
た。
担 当 制 の充 実 。 三、
一ケ 月
5
︲ 日 佳 蓉 趣 味 の会 様
6
︲ 曰 く る み 会 様
3
2 日 梶 原 夫 妻
2月
った と の事 、 老 人 ホ ー ム で
1一
れ た。
や原因が考え られ るため、
⑤ 止ま らな い時 は、他 の病 気
悪く なります。
④ 鼻血 は、飲み こむと 気分 が
す。詰めな い こと。
紙 は化膿 の原因 になりま
出血 のお それ があり、 ちり
残り、傷 口が ふさ が らず 再
鼻 血 麟 諄雄 盗善
静 あ ﹄護李 赫
①鼻 を し っかり つま み、 あ
ご を引き、 口で息 を し
て、 安静 にします ︵
イラ
スト参 照︶。鼻か ら額 に
かけ て濡れ たタオ ル で冷
や しま す。
② う なじをたた いては いけ
ま せ ん。効 果も な く、 脳
の真 下をたたく こと にな
すぐ に医師 の診療 を受 けま
日
9
︲ 日
11
日
私
ま し た 。 ま だ 此 の時 ま で は
月
16
¬
り危険 です。
。
し ょ ン
つ
L
馬
は繊維 が鼻 の中 に
民 宿 「 お くが わ 」 に て
5年 3月 31日 発 行
平成
ん
な
ん
ぎ
延命 園 だ よ り
号
11
第
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
414 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content