close

Enter

Log in using OpenID

HP StorageWorks Command View EVA installation guide

embedDownload
HP StorageWorks Command View EVAインストー
ル ガイド
製品番号: T5494-96049
第8版: 2008年12月
ご注意
© Copyright 2005-2008 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
本書で取り扱っているコンピュータ ソフトウェアは秘密情報であり、その保有、使用、または複製には、Hewlett-Packard Company
から許諾を得る必要があります。米国政府の連邦調達規則であるFAR 12.211および12.212の規定に従って、コマーシャル コンピュー
タ ソフトウエア、コンピュータ ソフトウェア ドキュメンテーションおよびコマーシャル アイテムのテクニカル データ(Commercial Computer
Software, Computer Software Documentation, and Technical Data for Commercial Items)は、ベンダが提供する標準使用許諾規定
に基づいて米国政府に使用許諾が付与されます。
本書の内容は、将来予告なしに変更されることがあります。HP製品、またはサービスの保証は、当該製品、およびサービスに付随
する明示的な保証文によってのみ規定されるものとします。ここでの記載で追加保証を意図するものは一切ありません。ここに含ま
れる技術的、編集上の誤り、または欠如について、HPはいかなる責任も負いません。
MicrosoftおよびWindowsは、米国におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。
Javaは、米国におけるSun Microsystems, Inc.の商標です。
Linuxは、Linus Torvalds氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
UNIXは、The Open Groupの登録商標です。
Itaniumは、米国とその他の国におけるIntel Corporationまたはその子会社の登録商標です。
目次
本書について ...................................................................................................................................... 7
対象読者 .......................................................................................................................................................................................................
参考資料 .......................................................................................................................................................................................................
表記上の規則およびシンボル ..............................................................................................................................................................
HPのテクニカル サポート .......................................................................................................................................................................
HPのWebサイト ...........................................................................................................................................................................................
7
7
7
8
8
1 準備 .................................................................................................................................................... 9
サーバ ベース管理の前提条件 ........................................................................................................................................................... 9
ソフトウェア スイート ........................................................................................................................................................................ 9
SMI-S EVA ....................................................................................................................................................................................... 10
管理サーバのタイプ ..................................................................................................................................................................... 10
認証情報の設定 ............................................................................................................................................................................ 11
管理サーバ ............................................................................................................................................................................. 11
正しく認証するための設定 .............................................................................................................................................. 12
SMI-S EVAインストール ポートの変更 ................................................................................................................................. 12
SMI-S EVA CIMOMのポートを別のポートに設定する ......................................................................................... 12
5988ポートおよび5989ポートで実行されているアプリケーションのポート変更 ......................................... 13
アレイ ベース管理の前提条件 .......................................................................................................................................................... 13
ブラウザの設定 ........................................................................................................................................................................................ 13
Internet Explorerの設定 ............................................................................................................................................................. 13
Mozillaブラウザの設定 ................................................................................................................................................................ 16
ブラウザの更新 .............................................................................................................................................................................. 18
2 HP Command View EVAソフトウェア スイート .............................................................. 19
管理サーバへのインストール ............................................................................................................................................................. 19
標準的なインストール .................................................................................................................................................................. 19
カスタム インストール ................................................................................................................................................................... 20
管理サーバへのインストール確認 ................................................................................................................................................... 21
管理モジュールへのインストール ..................................................................................................................................................... 22
管理モジュールへのインストール確認 ........................................................................................................................................... 23
Windowsでのユーザーの作成 ............................................................................................................................................................ 23
ライセンス ................................................................................................................................................................................................... 24
インスタント-オン ライセンスの有効化 ................................................................................................................................. 24
ライセンス キーの取得 ................................................................................................................................................................ 25
ライセンス キーのインストール ................................................................................................................................................ 25
[ライセンスのインポート]を使用したサーバからのライセンス キーのインストール ......................................... 26
ソフトウェア スイートの削除 ................................................................................................................................................................ 27
個々のコンポーネン トバージョンの削除 ....................................................................................................................................... 27
3 HP Command View EVAPerf ................................................................................................. 29
4 HP Storage System Scripting Utility .................................................................................. 31
HP StorageWorks Command View EVAインストール ガイド
3
ホストへのユーティリティのインストール ........................................................................................................................................ 31
インストールの確認 ................................................................................................................................................................................ 33
5 HP SMI-S EVA ............................................................................................................................ 35
インストール後のSMI-S EVAの構成 ............................................................................................................................................... 35
SMI-S EVAのユーザーの管理 .......................................................................................................................................................... 36
SMI-S EVAサーバへのCIMクライアント接続 ............................................................................................................................... 36
HP StorageWorks SMI-S CIMOMを削除してもCIMOM関連フォルダが削除されない ................................................ 37
CIM表示の設定 ........................................................................................................................................................................................ 37
ライフサイクル表示 ....................................................................................................................................................................... 37
アラート表示 ..................................................................................................................................................................................... 38
その他の設定および使用に関する情報 ........................................................................................................................................ 39
CIMOMロギングの設定 ............................................................................................................................................................... 39
Providerロギングの設定 ............................................................................................................................................................. 39
インストーラ ログ ファイル .......................................................................................................................................................... 40
CIMOMの正常な再起動の確認 ............................................................................................................................................... 41
その他のCIMOMサーバの設定可能プロパティ ...................................................................................................... 41
その他のEVA providerの設定可能プロパティ ......................................................................................................... 41
CIMOMサービスの再起動 .......................................................................................................................................................... 42
CIMOMポートの設定 .................................................................................................................................................................... 42
6 トラブルシューティング ............................................................................................................. 43
HP Command View EVA ....................................................................................................................................................................... 43
インストール時の電源障害 ........................................................................................................................................................ 43
削除時の電源障害 ....................................................................................................................................................................... 43
ケーブル接続されていないコントローラ ホスト ポートについての接続障害警告 ............................................... 43
Webブラウザ .............................................................................................................................................................................................. 43
Internet Explorerで証明書のエラー プロンプトが表示されないようにする ........................................................... 43
SMI-S EVA ................................................................................................................................................................................................. 44
SMI-S EVAをインストールしなかった場合 .......................................................................................................................... 44
SMI-S EVAサービスが起動しない ......................................................................................................................................... 45
SMI-S EVAがデータを取得できない ..................................................................................................................................... 45
用語集 ................................................................................................................................................. 47
索引 ...................................................................................................................................................... 51
4
図一覧
1 管理モジュール ............................................................................................................................................................. 22
HP StorageWorks Command View EVAインストール ガイド
5
表一覧
1 表記上の規則 ................................................................................................................................................................... 7
2 Internet Explorerの設定 ............................................................................................................................................ 14
3 Mozillaブラウザの設定 ............................................................................................................................................... 17
4 CDの実行可能ファイルのディレクトリ構造 ........................................................................................................ 32
5 LifeCycleIndication.cfgにある設定可能なプロパティ ................................................................................... 37
6 Indication.cfgの設定可能プロパティ ................................................................................................................... 38
7 LogLevelの値 ................................................................................................................................................................ 40
8 CIMOMサーバの設定可能プロパティ .................................................................................................................. 41
9 EVA Providerの設定可能プロパティ .................................................................................................................... 42
6
本書について
本書では、以下のソフトウェアのインストールおよび削除手順を説明します。
•
•
•
•
HP StorageWorks Command View EVA
HP StorageWorks Command View EVAPerf
HP StorageWorks Storage System Scripting Utility(SSSU)
Storage Management Initiative Specification for Enterprise Virtual Array(SMI-S EVA)
対象読者
本書は、HP StorageWorks Enterprise Virtual Array(EVA)を含むストレージ エリア ネットワーク(SAN)に
ソフトウェアをインストールする担当者を対象としています。読者が次の項目について習熟していることを
前提としています。
•
•
•
SAN
オペレーティング システム(Windowsを含む)
HP StorageWorks EVA
参考資料
本書で参照されているこれらのマニュアルは、次に示すHP Business Support CenterのWebサイトにある
[Manuals]ページで入手できます。
http://www.hp.com/support/manuals(英語)
[Storage]セクションで[Disk Storage Systems]または[Storage Software]をクリックし、続いてご使用の製品
を選択してください。日本語版があるものについては以下から入手できます。http://www.hp.com/jp/manual
表記上の規則およびシンボル
表1 表記上の規則
規則
要素
ミディアム ブルーの語句: 図1
クロスリファレンス リンクおよび電子メール アドレス
ミディアム ブルーの下線付き語句
(http://www.hp.com/jp)
Webサイト アドレス
太字
•
アプリケーション名および強調するべき語句
•
キー名
•
ボックスなどのGUIで入力される文字列
•
クリックおよび選択されるGUI(メニューおよびリスト項目、ボタン、チェッ
クボックス)
括弧([ ])で表示
HP StorageWorks Command View EVAインストール ガイド
7
規則
要素
Monospaceフォント
イタリック体のMonospaceフォント
太字体のMonospaceフォント
•
ファイル名およびディレクトリ名
•
システム出力
•
コード
•
コマンド ラインで入力した文字列
•
コード変数
•
コマンド ライン変数
ファイル名、ディレクトリ名、システム出力、コード、コマンド ラインで入力さ
れる文字列の強調
その指示に従わないと、装置の損傷やデータの消失を引き起こす恐れがある注意事項を表します。
重要:
詳細情報または特定の手順を示します。
注記:
補足情報を示します。
ヒント:
役に立つ情報やショートカットを示します。
HPのテクニカル サポート
各国のサポート窓口の電話番号は、次のHPサポートのWebサイトで調べることができます。http://
www.hp.com/support/(日本語)
HPのWebサイト
その他の製品情報については、HPの次のWebサイトを参照してください。
•
•
•
8
http://www.hp.com(英語)
http://www.hp.com/go/storage(英語)
http://www.docs.hp.com(英語)
本書について
1 準備
HP Command View EVAは、次のどちらかの方法で実装できます。
•
•
サーバ ベース管理: HP Command View EVAは、EVAに接続された管理サーバ上にインストールさ
れ、複数のHP EVAストレージ システムを管理できます。ソフトウェア スイートに含まれるすべてのコン
ポーネント(HP Command View EVA、HP Command View EVAPerf、HP Storage System Scripting
Utility、SMI-S EVA)がインストールされます。サーバ ベース管理はすべてのEVAモデルに対応してい
ます。HP Command View EVAサーバ ベース管理のバージョンは8.0.2です。
アレイ ベース管理: HP Command View EVA 8.1以降は、コントローラ エンクロージャ内の管理モジュー
ル上にHP Command View EVAがプリインストールされたEVA4400が出荷されます。ソフトウェア スイー
ト内の単一コンポーネント(HP Command View EVA)のみがインストールされています。アレイ ベース
管理はEVA4400にのみ対応しています(「管理モジュールへのインストール」(22ページ)を参照してく
ださい)。
注記:
既存のEVA4400をアレイ ベース管理に変更したい場合、EVA4400にHP Command View EVAをインス
トールすることができます。
ソフトウェア スイート コンポーネントおよびキット コンテンツの詳細の説明については、『HP StorageWorks
Command View EVA kit contents』を参照してください。略語の説明は、用語集を参照してください。
インストールを完了するためには、次のマニュアルが必要になります。
• 『HP StorageWorks Command View EVAリリース ノート』
• 『HP StorageWorks Enterprise Virtual Array互換性リファレンス』
サーバ ベース管理の前提条件
ソフトウェア スイート
ソフトウェア スイートをインストールする際の前提条件は、次のとおりです。
•
•
『HP Command View EVAリリース ノート』を読み、このリリースに特有のインストールまたはインストー
ル後の必須作業を確認してください。
ご使用の環境に、以下のものが含まれていることを確認してください。:
• 1台以上のEVA
注記:
ご使用の環境にiSCSIデバイスが含まれる場合は、インストール手順については『HP
StorageWorks EVA iSCSI connectivity quick start instructions for Windows』を、また設定情報
については『HP StorageWorks EVA iSCSI connectivity user guide』を参照してください。
HP StorageWorks Command View EVAインストール ガイド
9
•
•
サポートされているバージョンのMicrosoft Windowsが稼動する管理サーバ(『HP StorageWorks
Enterprise Virtual Array互換性リファレンス ガイド』を参照)
HP Command View EVAユーザー インターフェースへのアクセスに使用されるサーバに対するブラウ
ザを設定してください。詳細については、「ブラウザの設定」(13ページ)を参照してください。
SMI-S EVA
注記:
ご使用のアレイをHP Command View EVAのアレイ ベース バージョンで管理する場合、SMI-S EVAサ
ポートは利用できません。SMI-Sを必要とする階層化アプリケーションは、サーバ ベース管理を使用
する必要があります。
SMI-S EVAをインストールする前に、以下の作業を行ってください。
•
WEBESをインストールします。WEBESは、アラート メッセージを受信するために必要です。WEBESをダ
ウンロードするには、HPのWEBESのWebサイトhttp://h18023.www1.hp.com/support/svctools/webes/
(英語)にアクセスし、表示される手順に従ってください。
サポートされるバージョンについては、『HP StorageWorks Enterprise Virtual Array互換性リファレンス
ガイド』を参照してください。
•
•
•
SMI-S CIMOMをインストールする前に、ポート5988および5989が使用中かどうかを確認します。詳しく
は、「SMI-S EVAインストール ポートの変更」(12ページ)を参照してください。
ローカル管理者特権が与えられたローカル ユーザーとして管理サーバにログインしていることを確認
してください(ユーザーはローカルのAdministratorsグループのメンバである必要があります)。
SLPをインストールします。SLPを使用すると、SLPに登録されているアプリケーションに関する情報を
受信できます。例えば、CIMOMがSLPに登録されている場合、CIMOMのURLや属性など、CIMOMに関
する情報を受信できます。
管理サーバのタイプ
サーバ ベース管理をご使用の場合、ソフトウェアを以下のサーバにインストールできます。
•
•
•
汎用サーバ — ファイル/印刷サービスなどのカスタマ アプリケーションを実行するサーバ(HP OpenView
ストレージ マネジメント アプライアンスを除く)
専用管理サーバ — HP OpenView Storage Node Manager、HP OpenView Storage Area Managerのア
ドオン ソフトウェア モジュール、またはHP StorageWorks EVAアレイ内蔵ソフトウェアなどのHPストレー
ジ ソフトウェアのみを対象にしたWindowsホスト
HP ProLiant Storage Server — 従来のNASベースのアプリケーションと同様、SANでEVAを管理するた
めに使用される、汎用サーバに類似したサーバ
ハードウェアおよびソフトウェアの仕様については、『HP StorageWorks Enterprise Virtual Arrayソフトウェ
ア互換性リファレンスガイド』を参照してください。
10
準備
認証情報の設定
注記:
この項の情報は、HP Command View EVAサーバ ベース管理にのみ適用されます。アレイ ベース管
理では、1つの管理者アカウントと1つのユーザー アカウントがあります。管理者アカウント用のデフォ
ルトのユーザー名はadminです。ユーザー アカウント用のデフォルトのユーザー名はuserです。デフォ
ルトでは、両方のアカウントのパスワードはありません。アカウント情報の変更についての情報は
web-based operator control panelの『ユーザー ガイド』を参照してください。
ソフトウェア インストール中にグループとユーザーが存在すると、以下のタスクが行えます。
•
•
インストール先のオペレーティング システムへのログインによるユーザー認証
ユーザーに対する定義済み特権の付与
注記:
この項では、特に「HP Storage Usersグループ」と記載されていないかぎり、「ユーザー」はHP Command
View EVAにアクセスできるすべてのユーザーを指します。
管理サーバ
グループは、インストール処理中に自動的に作成されます。また、ソフトウェアのインストール前に手動で
グループを作成することもできます。グループの手動での作成は、管理サーバがドメインまたはドメイン コ
ントローラの一部である場合にのみ当てはまります。この項では、手動の手順について説明します。
管理サーバ上でグループとユーザーを作成するには、以下の手順に従ってください。
1.
Windowsオペレーティング システムの機能を利用し、次のグループを作成します。
• HP Storage Admins
• HP Storage Users
重要:
グループが承認されるようにするには、この手順で説明されるとおりにグループ名を作成する必
要があります。ユーザーの作成方法については、Windowsのドキュメントを参照してください。
これらのグループは、ローカル認証のためにのみ作成されます。管理サーバがドメインまたはドメイ
ン コントローラの一部である場合は、インストール中にこれらのグループ名を変更することができま
す。管理者は、それらを手動で作成する必要があります。
これらのグループには、定義済み特権が付与されています。HP Storage Adminsグループに属する
すべてのユーザーは、すべてのタスクを表示および実行できます。HP Storage Usersグループに属
するユーザーは、情報の表示のみができます。
HP StorageWorks Command View EVAインストール ガイド
11
2.
これらのグループに割り当てるユーザーを作成します。ユーザー名とパスワードを入力し、そのユー
ザーのグループを選択します。
注記:
ユーザー作成時に[ユーザーは次回ログオン時にパスワードの変更が必要]オプションが選
択されていないことを確認してください。
正しく認証するための設定
認証に使用するWindowsアカウントは、[ネット ワーク経由でコンピュータへアクセス]権限が有効である必
要があります。デフォルト設定でこの権限はEveryoneに与えられますが、一部のシステムではより制限さ
れた権限が設定されている場合があります。これらのシステムでは、Everyoneが除外され、権限はアプリ
ケーション特有のグループに対して有効です。このような場合、有効な認証情報を使用しても認証されま
せん。
認証を正しく行うには、以下の手順に従ってください。
1.
Windowsオペレーティング システムのローカル セキュリティ ポリシー機能にアクセスします。
[ローカル セキュリティの設定]ウィンドウが表示されます。
2.
[セキュリティの設定] > [ローカル ポリシー] > [ユーザー権利の割り当て]の順に選択します。
3.
右のコンテンツ ペインにある[ネットワーク経由でコンピュータへアクセス]ポリシーをダブルクリックし
ます。
4.
[ユーザーまたはグループの追加]をクリックします。
5.
作成したユーザーをこの権限に追加します。詳細な手順については、オペレーティング システムのド
キュメントを参照してください。
SMI-S EVAインストール ポートの変更
注記:
SMI-S EVAは管理サーバにのみインストールされます。これらの手順は、サーバ ベース管理をご使
用の場合のみ適用されます。
5988および5989ポートが使用不可の場合、次のいずれかの作業を行ってください。
•
•
SMI-S EVA CIMOMのポートを別のポートに設定する。
5988および5989ポートで実行されているアプリケーションのポートを変更する。
SMI-S EVA CIMOMのポートを別のポートに設定する
SMI-S EVA CIMOMに別のポートを設定するには、以下の手順に従ってください。
1.
SMI-S EVAがインストールされていない場合は、インストールします。
SMI-S EVAが5988ポートまたは5989ポートを使用します。
2.
12
[サービス]ウィンドウから、HP StorageWorks CIM Object Managerサービスを停止します。
準備
3.
cxws.propertiesファイルでパラメータcxws.http.portおよびcxws.https.portを変更
し、SMI-S EVAの動作時に使用するポートを変更します。このファイルは次のディレクトリにあります。
<インストールしたドライブ>:\Program Files\Hewlett-Packard\SMI-S\CXWSCimom\config
注記:
ローカル システムの空きポートを確認するには、コマンド ウィンドウで、netstat —aコマン
ドを実行します。
4.
HP StorageWorks CIM Object Managerサービスを開始します。
SMI-S EVAが、設定したポートで動作します。
5988ポートおよび5989ポートで実行されているアプリケーションのポート変更
5988ポートおよび5989ポートで実行されているアプリケーションのポートを変更するには、以下の手順に
従ってください。
1.
アプリケーションを停止します。
2.
各アプリケーションのポート番号を別の有効なポートに変更します。
3.
アプリケーションを再起動します。
4.
SMI-S EVAをインストールします。
SMI-S EVAが5988ポートまたは5989ポートを使用します。
アレイ ベース管理の前提条件
管理モジュールにソフトウェアをインストールする前に、以下の手順に従ってください。
•
•
•
『HP Command View EVAリリース ノート』を読み、このリリースに特有のインストールまたはインストー
ル後の必須作業を確認してください。
お使いの環境に以下のものが含まれていることを確認してください。
• EVA4400
• EVA4400に接続できる、オペレーティング システムが稼動しているサーバ
HP Command View EVAユーザー インターフェースへのアクセスに使用されるサーバに対するブラウ
ザを設定してください。詳細は、「ブラウザの設定」(13ページ)を参照してください。
ブラウザの設定
HP Command View EVAには、特定のブラウザ設定が必要です。この項では、Internet ExplorerとMozilla
について、推奨されるブラウザ設定を説明します。この項の説明に従ってブラウザを設定してください。設
定しないと、HP Command View EVAのユーザー インターフェースが正しく動作しないことがあります。
Internet Explorerの設定
サーバ ベース管理では、ご使用の環境に合わせて管理サーバのセキュリティ設定を行い、HP Command
View EVAが正しく機能するようにInternet Explorerを正しく設定して、クライアント マシンから管理サーバ
にアクセスすることをお勧めします。
HP StorageWorks Command View EVAインストール ガイド
13
Windows環境でMicrosoftのInternet Explorerセキュリティ強化の構成(IEESC)または他のポリシー ベース
のセキュリティ機能が設定されている場合、管理サーバでInternet Explorerを正しく設定できない場合が
あります。IEESC構成の管理サーバからアクセスする場合は、IEESCをアンインストールして、Internet
Explorerブラウザの設定をHP Command View EVA用に手動で変更する必要があります。
アレイ ベース管理では、この項に示されているブラウザ設定を持ったHP Command View EVAにアクセス
するために使用するサーバを設定することを確認します。
表2に、Internet Explorerのブラウザ設定を示します。すべての設定が記述されているわけではありませ
ん。HP Command View EVAに当てはまる設定のみが記述されています。太字で示されている設定は、説
明どおりに設定を行う必要があります。
表2 Internet Explorerの設定
メニュー項目
設定
値
[中]
[表示]
[文字のサイズ]
この設定は画面解像度設定に影響する可能性
があります。HP Command View EVAのページ
レイアウトが崩れる場合は、適切な文字サイズ
を選択して、コンテンツ ペインのテーブルに文
字が収まるようにしてください。
[ツール]、[インターネット オプション]、[全般]
[インターネット一時
ファイル]、[設定]
•
[保存しているページの新しいバージョン
の確認]
[自動的に確認する]— 同種類のEVA環境の
場合(EVAアレイのみ)
•
[しない]— 違う種類のEVA環境(EVAとHSG80
アレイ)
[使用するディスク領域]
10MB(最小)
[Windowsの色を使用する]
選択する
[ポイント時に色を変更する]
選択する
[言語セット]
[日本語]
[色]
[フォント]
[ツール]、[インターネット オプション]、[セキュリティ]、[イントラネット]、[レベルのカスタマイズ]
[ダウンロード]
[Java VM]
[その他]
14
準備
[ファイルのダウンロード時に自動的にダ
イアログを表示]
[有効にする]
[ファイルのダウンロード]
[有効にする]
[フォントのダウンロード]
[有効にする]
[Javaの許可]
[安全性 - 低]
[ドメイン間でのデータ ソースのアクセス]
[ダイアログを表示する]
[ページの自動読み込み]
[有効にする]
[Internet Explorer Webbrowserコントロー
ルのスクリプトの許可]
[有効にする]
[サイズや位置の制限なしにスクリプトで
ウィンドウを開くことを許可する]
[有効にする]
メニュー項目
設定
値
[Webページが、制限されたプロトコルを
アクティブ コンテンツに使用することを許
可する]
[ダイアログを表示する]
[混在したコンテンツを表示する]
[有効にする]
[拡張子ではなく、内容によってファイル
を開くこと]
[有効にする]
[ソフトウェア チャンネルのアクセス許可]
[安全性 - 低]
[暗号化されていないフォーム データの
送信]
[有効にする]
[ポップアップ ブロックの使用]
[無効にする]
[UserDataの常設]
[無効にする]
[より権限の少ないWebコンテンツ ゾーン
のWebサイトがこのゾーンに移動できる]
[有効にする]
[アクティブ スクリプト]
[有効にする]
[Javaアプレットのスクリプト]
[有効にする]
[ログオン]
[イントラネット ゾーンでのみ自動的にログオン
する]
[スクリプト]
[ユーザー認証]
[ツール]、[インターネット オプション]、[プライバシー]
[すべてのCookieを受け入れる]
バーをスケールの一番下まで下げてください。
[ポップアップ ブロック]
選択しない
[設定]
[ツール]、[インターネット オプション]、[接続]
[ローカル エリア ネッ
トワーク(LAN)の設
定]
HP Command View EVAがインストール
されている管理サーバにアクセスできる
ように設定します。
設定は、ローカル ネットワークの構成により異
なります。
[ツール]、[インターネット オプション]、[詳細設定]
[ブラウズ]
[スクリプトのデバッグを使用しない(Internet Explorer)]
選択する
[スクリプトのデバッグを使用しない(その
他)]
選択する
[スクリプト エラーごとに通知を表示する]
選択しない
[サード パーティ製のブラウザ拡張を有
効にする(再起動が必要)]
選択する
[Webページのボタンとコントロールに視
覚スタイルを有効にする]
選択する
[ショートカットを起動するためにウィンド
ウを再使用する]
選択しない
HP StorageWorks Command View EVAインストール ガイド
15
メニュー項目
設定
値
[HTTPエラー メッセージを簡易表示する]
選択する
[イメージを自動的にサイズ変更する]
選択する
[Webページのアニメーションを再生する]
選択する
[画像を表示する]
選択する
[画像を滑らかにする]
選択する
[サーバー証明書の取り消しを確認する
(再起動が必要)]
選択しない
[ダウンロードしたプログラムの署名を確
認する]
選択する
[暗号化されたページをディスクに保存し
ない]
選択しない
[SSL 2.0を使用する]
選択する
[SSL 3.0を使用する]
選択する
[無効なサイト証明書について警告する]
選択する
[保護付き/保護なしのサイト間を移動す
る場合に警告する]
選択する
[フォームの送信がリダイレクトされた場
合に警告する]
選択する
[Java JITコンパイラの使用(再起動が必
要)]
選択する
[マルチメディア]
[セキュリティ]
[Microsoft VM]
Mozillaブラウザの設定
表3に、Mozillaのブラウザ設定を示します。設定は、すべて含まれているわけではありません。HP Command
View EVAに当てはまる設定のみが記述されています。太字で示されている設定は、説明どおりに設定を
行う必要があります。
推奨されるブラウザ設定を行うことで、通常、HP Command View EVAのフォントとページ レイアウトがブラ
ウザに正しく表示されます。しかし、多くのUNIX環境では、フォントとページ レイアウトの処理に一貫性が
ありません。したがって、HP Command View EVAのページ レイアウトが最も読みやすくなるように調節す
る必要があります。例えば、ブラウザのフォント サイズが大きめに設定されている場合、HP Command
View EVAのプロパティ テーブルが文字でいっぱいになり字が読めないことがあります。この場合は、ブラ
ウザのフォント サイズを小さくしてください。
16
準備
注記:
Mozillaでは、ツールの説明は使用できません。
表3 Mozillaブラウザの設定
メニュー項目
設定
値
[フォント]
[Webページで他のフォントを使用でき
る]
選択する
[配色]
[常にWebページで指定された配色と
背景を使用する]
選択する
[編集]、[設定]、[表示]
[編集]、[設定]、[プライバシーとセキュリティ]
[Cookie受け入れポリシー]
[すべてのCookieを受け入れる]
[Cookie最大有効期限ポリシー]
[通常、Cookieを受け入れる]
[画像アクセスのポリシー]
[すべての画像を表示する]
[アニメーション画像の繰り返し]
[画像が指定している回数]
[ポップアップ ウィンド
ウ]
[要求していないポップアップ ウィンド
ウを抑止する]
選択しない
[フォーム]、[フォーム マ
ネージャ]
[フォームを補完するときにwebページ
からのフォーム データを保存する]
選択する
[パスワード]、[暗号化
と隠蔽]
[機密データを保存する際に暗号を用
いる]
選択しない
[SSL version 2を有効にする]
選択する
[SSL version 3を有効にする]
選択する
[SSL]、[SSLの警告]
すべてのオプション
選択しない
[検証]、[OCSP]
OCSPを次のように使用するように、
Mozillaを設定します。
[証明書の検証にOCSPを使わない]
[Javaを有効にする]
選択する
[JavaScriptを有効にする]、[Navigator]
選択する
[以下のスクリプトを許可]
すべてのオプションを選択
[キャッシュ]
10MB
[Cookie]
[画像]
[SSL]、[SSLプロトコル
のバージョン]
[編集]、[設定]、[詳細]
[Webページの解釈補助
機能]
[スクリプトとプラグイン]
[キャッシュ]、[キャッ
シュの設定]
[キャッシュにあるページとネットワーク
上のページの比較]
[キャッシュしたページが古いとき]— 同種類の
EVA環境(EVAアレイのみ)
[しない]— 違う種類のEVA環境(EVAとHSG80ア
レイ)
HP StorageWorks Command View EVAインストール ガイド
17
メニュー項目
設定
値
[リンクの事前読み込
み]
[何もしていないときに事前読み込みし
ます]。事前に読み込みに適したWeb
ページはより速く読み込むことができ
ます。
選択しない
[インターネットにアクセ
スするためのプロキシ
の設定]
HP Command View EVAがインストー
ルされている管理サーバにアクセスで
きるように設定します。
設定は、ローカル ネットワークの構成により変
わります。
[HTTP 1.0を使う]
選択する
[接続の持続(KeepAlive)を有効にす
る]
選択する
[HTTP 1.0を使う]
選択する
[接続の持続(KeepAlive)を有効にす
る]
選択する
[HTTPネットワーク]、
[直接接続オプション]
[HTTPネットワーク]、[プ
ロキシ接続オプション]
ブラウザの更新
HP Command View EVAをアップグレードしたら、ブラウザの画面を更新してください。
•
•
18
Internet Explorerでは、Ctrl+F5キーを押します。
Mozillaでは、Shiftキーを押し、同時に[再読み込み]をクリックします。
準備
2 HP Command View EVAソフトウェア スイー
ト
この章では、以下の項目について説明します。
•
•
管理サーバでのHP Command View EVAソフトウェアのインストールおよび削除(サーバ ベース管理)。
管理サーバへのインストールまたはHP Command View EVAの削除を参照してください。
EVA4400でのHP Command View EVAのインストール(アレイ ベース管理)。管理モジュールへのイン
ストールを参照してください。
管理サーバへのインストール
HP Command View EVAソフトウェア スイートは、次のソフトウェアをすべてインストールします。
•
•
•
•
HP
HP
HP
HP
Command View EVA
Command View EVAPerf
Storage System Scripting Utility
StorageWorks SMI-S EVA(CIMOMを含む)
管理サーバへインストールする場合、標準的なインストールまたはカスタム インストール手順を使用でき
ます。
標準的なインストール
すべてのソフトウェア コンポーネントをインストールするには、標準的なインストールを使用してください。
注記:
SMI-S EVAをインストールする場合、「SMI-S EVA」(10ページ)に記載されている前提条件を満たして
いることを確認してください。
1.
ドライブにソフトウェア CD を挿入します。
2.
HP StorageWorks Command View EVA Software Suite.exeをダブルクリックして、イン
ストールを開始します。
[InstallAnywhere StorageWorks Command View EVA]ウィンドウが表示されます。
HP StorageWorks Command View EVAインストール ガイド
19
3.
ドロップダウン メニューから、優先する言語を選択します([English]または[日本語])。
注記:
英語版のWindowsシステムでは、ドロップダウン メニューに[English]しかありません。日本語版の
Windowsシステムでは、ドロップダウン メニューに[English]と[日本語]の両方が含まれています。
[OK]をクリックします。
[開始(Introduction)]ウィンドウが開きます。
4.
[次へ] をクリックします。
[使用許諾契約(License Agreement)]ウィンドウが表示されます。
5.
ライセンス契約の条項を読んで、受け入れます。
6.
[次へ] をクリックします。
[インストール セットを選択(Choose Install Set)]ウィンドウが開きます。
[Enterprise Virtual Array Performance Monitor]および[SMI-S CIMOM]がデフォルトで選択されてい
ます。
7.
[次へ] をクリックします。
[セキュリティ グループ設定(Security Groups Configuration)]ウィンドウが表示されます。
8.
[次へ] をクリックします。
[インストールの完了(Install Complete)]ウィンドウが表示されます。
9.
インストール前の要約を確認します。インストール(Install) をクリックします。
注記:
[インストール前のサマリ(Pre-Installation Summary)]ダイアログに表示される[必要なディスク容
量(Required)]の値は、インストーラのロードするファイルのサイズを示します。[プログラムの追加
と削除]に表示されるサイズは、Windowsによって決められます。
10. [インストールの完了(Install Complete)]ウィンドウが表示されます。完了(Finish)をクリックします。
すべてのソフトウェア コンポーネントが、<インストール ドライブ>:\Program
Files\Hewlett-Packardにインストールされます。
カスタム インストール
コンポーネントを選択してインストールするには、カスタム インストールを使用してください。
1.
ドライブにソフトウェア CD を挿入します。
2.
HP StorageWorks Command View EVA Software Suite.exeをダブルクリックして、イン
ストールを開始します。
[InstallAnywhere StorageWorks Command View EVA]ウィンドウが表示されます。
20
HP Command View EVAソフトウェア スイート
3.
ドロップダウン メニューから、優先する言語を選択します([English]または[日本語])。
注記:
英語版のWindowsシステムでは、ドロップダウン メニューに[English]しかありません。日本語版の
Windowsシステムでは、ドロップダウン メニューに[English]と[日本語]の両方が含まれています。
[OK]をクリックします。
[開始(Introduction)]ウィンドウが開きます。
4.
[次へ] をクリックします。
[License Agreement]ウィンドウが表示されます。
5.
ライセンス契約の条項を読んで、受け入れます。
[次へ] をクリックします。
[インストール セットを選択(Choose Install Set)]ウィンドウが開きます。
6.
[カスタム(Custom)]を選択し、[次へ(Next)]をクリックします。
7.
インストール フォルダを選択します。
HP Command View EVAおよびHP Command View EVAPerfでは、ユーザーは、汎用サーバ上のイン
ストール場所をカスタマイズすることができます。
8.
[次へ] をクリックします。
9.
セキュリティ グループを設定します(「認証情報の設定」(11ページ)を参照してください)。
[次へ] をクリックします。
10. インストールの要約を確認します。インストール(Install) をクリックします。
注記:
[インストール前のサマリ(Pre-Installation Summary)]ダイアログに表示される[必要なディスク容
量(Required)]の値は、インストーラのロードするファイルのサイズを示します。[プログラムの追加
と削除]に表示されるサイズは、Windowsによって決められます。
[インストールの完了(Install Complete)]ウィンドウが表示されます。
11. [完了(Finish)]をクリックします。
管理サーバへのインストール確認
ソフトウェアが正常にインストールされていることを確認するには、以下の手順に従ってください。
1.
以下のことを確認してください。
• HP Command View EVAソフトウェアのアイコン( )、およびHP Storage System Scripting Utility
のアイコン( )がデスクトップに表示されます。インストール時に選択していれば、HP Command
•
View EVAPerfのアイコン( )が表示されます。HP Command View EVAとStorage System
Scripting Utilityは、常にいっしょにインストールおよびアンインストールされます。HP Command
View EVAPerfは、HP Command View EVAをインストールするときのオプションです。
ソフトウェアは[スタート]メニュー(例えば、[スタート] > [プログラム] > [HP Command View EVA])
からアクセスできます。
HP StorageWorks Command View EVAインストール ガイド
21
2.
ソフトウェアを起動します。詳細については、『HP StorageWorks Command View EVAユーザー ガイ
ド』を参照してください。
3.
インターフェースにストレージ システム リソースが表示されていることを確認します。ナビゲーション
ペインで[ハードウェア]をクリックして、以下を確認します。
• 初期設定されていない新しいアレイが、[未初期化ストレージ システム]と表示される。
• 以前に初期設定したアレイに以前の名前が付けられ正しいステータスで表示される ([プロパティ]
ページを参照するには、各ストレージ アレイを選択してください)。
• ナビゲーション ペインに以前のディスク グループ、ホスト、仮想ディスクなどのリソースが表示さ
れる。
情報が正しく表示されない場合は、「ブラウザの設定」(13ページ)を参照してください。
管理モジュールへのインストール
既存のEVA4400をお使いでアレイ ベース管理をご利用になりたい場合、以下の手順を使用して管理モ
ジュールにHP Command View EVAをインストールすることができます。
1.
コントローラ エンクロージャの管理モジュール ポートへCDドライブを搭載したサーバを接続します(1、
図1を参照してください)。
図1 管理モジュール
2.
インストールCDをドライブに挿入します。
3.
ブラウザを開いて以下のように指定し、WOCPにアクセスします。
https:// HP EVA storage system IP address: 2372
nl
[WOCP login]ウィンドウが開きます。
4.
HP EVAの管理者としてログインします。デフォルトのログイン情報は、ユーザー名がadminでパス
ワード フィールドへの入力は必要ありません。
ログインすると、WOCPのGUIが表示されます。
5.
ナビゲーション ペインで、[Update management module firmware]を選択します。
管理モジュール ファームウェアのアップデート ウィンドウが開きます。
6.
[参照]をクリックして、インストールCDにアクセスします。
7.
ABM1.1.pkgファイルを選択し、[Next step]をクリックします。
8.
オンラインの手順に従い、[Finish]をクリックします。
確認ウィンドウが開きます。
22
HP Command View EVAソフトウェア スイート
9.
[OK]をクリックします。
管理モジュール再起動の進捗状況を示すウィンドウが開き、イメージ ファイルがロードされます。ロー
ドが終了すると、[WOCP login]ウィンドウが開きます。この手順には数分を要します。
重要:
管理モジュールはこのアップデートの完了時に再起動します。ブラウザ接続の再確立に最大15分かか
ります。ご使用のブラウザから再接続できなくても、この間に管理モジュールの再配置、再起動、また
はリセットをしないでください。
管理モジュールへのインストール確認
以下の手順に従って、ソフトウェアが正常にインストールされたことを確認します。
1.
ブラウザを開き、HP Command View EVAにアクセスします。
https:// HP EVA storage system IP address: 2372
(例:https://15.154.58.19:2372)
注記:
管理モジュールにHP Command View EVAをインストールすると、ポート2372を使用してHP
Command View EVAにアクセスすることができ、ポート2373を使用してWOCPへアクセスする
ことができます。
2.
WOCPのログインで使用する同じログイン認証情報を使用してログインします。
3.
正確な時刻が設定されていることを確認します。
a.
[初期化済みストレージ システム プロパティ]ウィンドウで、[システム オプション]をクリックしま
す。
b.
[時刻オプションの設定]を選択します。
c.
[現在のシステム時刻]ボックスで表示されている時刻が正しいことを確認します。正しくなけれ
ば、正しい時刻を入力し、変更をセーブします。
Windowsでのユーザーの作成
注記:
この項はサーバ ベース管理にのみ適用されます。
HP Command View EVAをインストール後、管理者特権が与えられたWindowsユーザーは他のWindows
ユーザーのアカウントを作成し、次のグループのいずれかに割り当てる必要があります。
• HP Storage Admins — メンバはHP Command ViewおよびSMI-S EVAの参照、管理が可能。
• HP Storage Users — メンバはHP Command ViewおよびSMI-S EVAの参照のみが可能。
これらのグループは、HP Command View EVAのインストール時に作成されます。Windowsユーザー グ
ループの詳細については、Windowsのユーザー ドキュメントを参照してください。
HP StorageWorks Command View EVAインストール ガイド
23
ライセンス
注記:
アレイ ベース管理使用者はHP Continuous Access EVA機能に読み取り専用でアクセスします。サー
バ ベース管理はHP Continuous Aceess機能のすべてを必要とします。「インスタント-オン ライセンス
の有効化」(24ページ)を参照してください。
インストールが完了したら、HP Command View EVAのすべての機能を使用するために、ライセンス キー
にアクセスできなければなりません。製品の「License Entitlement Certificate(ライセンス使用許諾書)」に
は、ライセンス キーの入手方法についての説明が記載されています。HP Command View EVAには、一
時的なインスタントオン ライセンス キーが含まれています。このため、HP Command View EVAのすべて
の機能は購入後すぐに使用できます。インスタント-オン ライセンスはデフォルトではHP Command View
EVAアレイ ベース管理で利用できません。インスタント-オン ライセンスを有効にするには、インスタントオン ライセンスの有効化を参照してください。インスタント-オン キーは、Command Viewサーバが管理す
るすべてのアレイで有効です。また、このキーは、最初の使用後60日間、容量制限なしで、すべての機能
(HP Command View EVA、HP Business Copy EVA、およびHP Continuous Access EVA)を有効にします。
インスタント-オン ライセンス キーの期限が切れると、有効になっていた機能も無効になります。機能を継
続して使用するには、恒久ライセンス キーを入手する必要があります。恒久ライセンス キーの入手方法
については、ライセンス キーの取得を参照してください。
次のライセンス キーを利用できます。
•
•
•
•
•
HP Command View EVA全般ライセンス キー — ドライブとディスク グループの管理に必要です。
HP Business Copy EVAライセンス キー — スナップショット機能、スナップクローン機能、ミラークロー
ン機能を有効にします。
HP Continuous Access EVAライセンス キー — データ複製機能を有効にします。
HP Command View EVAアップグレード ライセンス — 次のいずれかの場合に必要です。
• ライセンス容量の追加
• 別のアレイ タイプへのアップグレード
HP Command View EVA Data Migrationライセンス — データを別のアレイに移動するのに必要です。
恒久ライセンスは、インストール後すぐにアレイに対して有効になります。アレイでサポートされる容量は、
インストールする各ライセンスにより決定されます。インスタント-オン ライセンスの有効期間に、恒久ライ
センスを削除すると、60日間の評価期間の残りの日数については、インスタント-オン ライセンスの特性
(すべての機能が対象、容量無制限)が再び適用されます。モデル アップグレード ライセンスおよび拡張
試用ライセンスも提供されています。
ライセンス キーは、1テラバイト(TB)単位で入手でき、アレイが管理するRaw容量が含まれる十分なサイ
ズに設定されたキーを作成できます。ライセンス キーは、アレイを初期設定する前または後に入力できま
す。ライセンス キーは、1台のアレイに限定され、他のアレイには移行できません。
インスタント-オン ライセンスの有効化
注記:
インスタント-オンを有効にする前に管理モジュールで時間が正しく設定されていることを確認します。
インスタント-オン ライセンスを有効にするには、以下の手順に従ってください。
24
HP Command View EVAソフトウェア スイート
1.
HP Command View EVAアレイ ベース管理を起動します。
2.
[初期化済みストレージ システム]ページの[ライセンス]タブに移動します。
3.
[ライセンスのインストール]を選択します。
4.
[インスタント-オンを有効]をクリックします。
ライセンス キーの取得
ライセンス キーを入手するには、次のいずれかのオプションを選択します。
• HP Webwareからオンラインでライセンス キーを入手します。
• 『License Entitlement Certificate』(ライセンス使用許諾書)に付属のPassword Request Form(パス
ワード要求フォーム)をファックスで送信します (お住まいの地域のファックス番号は許諾書に記載さ
れています)。ライセンス キーを入手したら以下のステップ9に進んでください。
• HP Password Centerに電話をするか、電子メールを送ります (お住まいの地域の電話番号および電
子メール アドレスについては、『License Entitlement Certificate』を参照してください)。ライセンス キー
を入手したら以下のステップ9に進んでください。
HP Webwareからライセンス キー(パスワードともいいます)をインストールするには、購入した製品ごとに
以下の手順をすべて実行してください。
ライセンス キーのインストール
1.
2.
3.
4.
http://webware.hp.com(英語)にアクセスして、[Welcome]の下で[Generate New licenses]をクリック
します。
「License Entitlement Certificate」でHPの注文番号を確認して、[Order number]にその番号を入力
し、[Next]をクリックします。
注文から入手した情報に基づいて、[Product selection]ページに利用できる製品の一覧が表示され
ます。
[Product version]の下で、ライセンス キーの必要な製品、お客様の動作環境を選択し、[Next]をク
リックします。
[Order product(s) detail]ページで、該当する製品の[WWN]フィールドにアレイのWWN(world wide
name)を入力し、[Next]をクリックします。
HP Replication Solutions ManagerでWWNを表示するには、[ストレージ システム]、[プロパティの表
示]を選択します。HP Command View EVAでWWNを表示するには、[全般]タブを選択します。
WWWの形式は、xxxx-xxxx-xxxx-xxxx(ハイフンを含む19文字の英数字)です。
5.
[Member sign-in]ページで、次のようにお客様の情報を入力します。
• 以前に登録している場合は、[Existing members]に電子メール アドレスとパスワードを入力し、
[Sign-in]をクリックします。
• 初めて登録する場合は、[First time users]に電子メール アドレスを入力し、パスワードを作成し、
そのパスワードを再入力して、[Sign-in]をクリックします。[Address information]ページが開きま
す。
6.
7.
必要に応じて、要求される情報を記入します。
次のどちらかの操作を実行します。
• ライセンスの所有者ですでに登録済みであれば、[I am the license owner]チェックボックスを選択
します。[License owner (End-User) information]に、自動的に入力されます。
• ライセンスの所有者でないか、まだ登録していない場合は、[License owner (End-User) information]
の下に連絡情報を入力します。
「License Certificate」は、ご請求に応じて、お客様や登録済みライセンス所有者に電子メールで送信
することもできます。
HP StorageWorks Command View EVAインストール ガイド
25
8.
9.
[Next]をクリックします。[License certificate]ページが開きます。
インストールを完了するには、次のいずれかを実行します。
• Replication Solutions Manager、DC-Management、およびOracleのライセンスについては、10から
15までの手順に従います。
• HP Command View EVA、HP Business Copy EVA、およびHP Continuous Access EVAのライン
センスについては、16から21までの手順に従います。
• HP Command View EVAのライセンス インポート ツールを使用してライセンスを入力するには、
[ライセンスのインポート]を使用したサーバからのライセンス キーのインストール に手順に従い
ます。
10. 証明書の最後の[Save license key/password file for [product number]]リンクをクリックして、ライセ
ンス キー ファイル(.txtまたは.dat)を保存します。
11. HP Replication Solutions Managerを開き、[ツール]、[設定]、[ライセンス](左のペイン)、[追加](右下
のボタン)を順にクリックします。
12. [ライセンス ファイル]の横で、[参照]をクリックし、.txtまたは.datファイルを参照します。
13. [登録済み製品の選択]ドロップダウン リストで、[Dynamic Capacity Management]を選択し、OKをク
リックします。
14. [設定] ウィンドウで、OK をクリックします。
15. ライセンスが追加されたことを確認するには、以下の手順に従ってください。
a. [ツール]の下の[更新]アイコンをクリックしてグローバル更新を実行し、[グローバル更新モニタ]
ウィンドウの[閉じる]をクリックします。
b. [ストレージ システム]を選択し、正しいアレイを選択します。
c. [実行]、[プロパティの表示]、[ライセンス]を選択して、ライセンスを表示します。
これで、Replication Solutions Manager、DC-Management、およびOracleのライセンスのインストール
手順は完了です。
16. 「License Certificate」の指示に従って、ライセンス キーをコピーします。
17. HP Command View EVAを起動して、[ストレージ システム]の下で該当するアレイを選択します。
18. [初期化済みストレージ システム プロパティ(Storage System Properties)]ページで、[ライセンス(Licensing)]タブをクリックします。
19. [ライセンスのインストール]をクリックします。
20. 表示されるフォームにライセンス キーを貼り付けます。複数のライセンスについては、各ライセンス
キーを別々の行に貼り付けます。
21. [ライセンスのインストール]をクリックします。
これで、HP Command View EVA、HP Business Copy EVA、およびHP Continuous Access EVAのラ
インセンスのインストールは完了です。
[ライセンスのインポート]を使用したサーバからのライセンス キーのインストール
1.
証明書の最後の[Save license key/password file for [product number]]リンクをクリックして、ライセ
ンス キー ファイル(.txtまたは.dat)を保存します。
2.
HP Command View EVAのメイン ページから、[サーバ オプション(Server Options)](右上、青色のバ
ナーに白色の文字)をクリックします。
[サーバ オプション(Server Options)]ページで、[ライセンスのインポート/エクスポート(Import/Export
Licenses) ]をクリックします。
保存したライセンス ファイルの場所を参照します。
[ライセンスのインポート/エクスポート]ページで、[ライセンスのインポート]をクリックします。
これで、HP Command View EVAのライセンス インポート ツールを使用したライセンスの入力手順は
完了です。
3.
4.
5.
26
HP Command View EVAソフトウェア スイート
ソフトウェア スイートの削除
注記:
この手順はサーバ ベース管理にのみ適用されます。管理モジュールからHP Command View EVAを
削除することはできません。
完全にソフトウェア スイートを削除するには、Windowsの[プログラムの追加と削除]を使用します(アレイ
ベース管理には該当しません)。
注意:
HP Command View EVAPerfを削除する前に、保持する必要のあるすべてのパフォーマンス データ
ファイルをアプリケーション ディレクトリから一時ディレクトリに移動します。データを移動しないと、パ
フォーマンス データは失われます。
1.
ソフトウェア スイート全体を削除するには、[プログラムの追加と削除]にある[HP StorageWorks
Command View EVA software suite]を選択してください。[変更と削除]をクリックします。
[InstallAnywhere] ウィンドウが開き、選択したソフトウェアが削除されることを示します。
2.
[次へ] をクリックします。
[アンインストールのオプション(Uninstall Options)]ウィンドウが表示されます。
3.
[完全アンインストール(Complete Uninstall)]を選択します。これによって、インストールされたすべて
のコンポーネントがサーバから削除されます。
[次へ(Next)]をクリックします。
削除が完了すると、アンインストール完了ウィンドウが開きます。
4.
[完了(Finish)]をクリックします。
個々のコンポーネン トバージョンの削除
注記:
この手順はサーバ ベース管理にのみ適用されます。
1.
個々のコンポーネントを削除するには、[プログラムの追加と削除]にある[HP StorageWorks Command
View EVA software suite]を選択してください。[変更と削除]をクリックします。
[InstallAnywhere]ウィンドウが開きます。
2.
[次へ] をクリックします。
3.
[アンインストールのオプション(Uninstall Options)]ウィンドウが表示されます。
[特定の機能のアンインストール(Uninstall Specific Features)]を選択し、[次へ(Next)]をクリックしま
す。
4.
削除するコンポーネントを選択し、[アンインストール(Uninstall)]をクリックします。
削除が完了すると、[アンインストール完了]ウィンドウが開きます。
HP StorageWorks Command View EVAインストール ガイド
27
5.
28
[完了]をクリックします。
HP Command View EVAソフトウェア スイート
3 HP Command View EVAPerf
注記:
HP Command View EVAPerfはアレイ ベース管理では使用できません。この章はサーバ ベース管理
にのみ適用されます。しかし、HP Command View EVAPerfは、ホストやサーバにインストールされ、ア
レイ ベース管理と一緒に動作することができます。
カスタム インストールを選択すると、HP Command View EVAなしでHP Command View EVAPerfをインス
トールすることができます。
HP Command View EVAPerfのみをインストールするには、以下の手順に従ってください。
1.
ドライブにソフトウェア CD を挿入します。
2.
HP StorageWorks Command View EVA Software Suite.exeをダブルクリックして、イン
ストールを開始します。
[InstallAnywhere StorageWorks Command View EVA]ウィンドウが表示されます。
3.
ドロップダウン メニューから、優先する言語を選択します([English]または[日本語])。
注記:
英語版のWindowsシステムでは、ドロップダウン メニューに[English]しかありません。日本語版の
Windowsシステムでは、ドロップダウン メニューに[English]と[日本語]の両方が含まれています。
[OK]をクリックします。
[開始(Introduction)]ウィンドウが開きます。
4.
[次へ] をクリックします。
[License Agreement]ウィンドウが表示されます。
5.
ライセンス契約の条項を読んで、受け入れます。
6.
[次へ] をクリックします。
7.
[Enterprise Virtual Array Performance Monitor]を選択し、それ以外のチェックをはずしてから、[次へ
(Next)]をクリックします。
8.
インストール フォルダを選択します。HP Command View EVAPerfでは、ユーザーは、汎用サーバ上
のインストール場所をカスタマイズすることができます。
[次へ] をクリックします。
[セキュリティ グループ設定(Security Groups Configuration)]ウィンドウが表示されます。[次へ(Next)]
をクリックします。
9.
[インストール前のサマリ(Pre-Installation Summary)]ウィンドウが表示されます。インストール(Install)
をクリックします。
インストールが自動的に進行します。
HP StorageWorks Command View EVAインストール ガイド
29
10. [インストールの完了(Install Complete)]ウィンドウを開きます。
[完了(Finish)]をクリックすると、終了します。
11. ソフトウェアが正常にインストールされたことを確認するには、HP Command View EVAPerfのソフト
ウェアのアイコン(
30
)が表示されることを確認します。
HP Command View EVAPerf
4 HP Storage System Scripting Utility
HP Storage System Scripting Utilityは管理サーバにHP Command View EVAと一緒に自動的にインストー
ルされます(サーバ ベース管理)。HP Command View EVAにネットワーク アクセスできるホストにユーティ
リティをインストールすることもできます(アレイ ベース管理に該当)。
ホストへのユーティリティのインストール
ホストにユーティリティをインストールするには、以下の手順に従ってください。
1.
HP Storage System Scripting Utility CDをホスト上のドライブに挿入します。
HP StorageWorks Command View EVAインストール ガイド
31
2.
各オペレーティング システムに対応するファイルを以下の中から選択します。
表4 CDの実行可能ファイルのディレクトリ構造
ディレクトリ
サブディレクトリ
実行可能ファイル名
SSSU_VMS_ALPHA.EXE
VMS
SSSU_VMS_IA64.EXE
sssu_hpux_ia64
hp_ux
sssu_hpux_parisc
tru64
sssu_tru64
ibm_aix
sssu_aix
sssu_linux_x86
SSSU
sssu_linux_ia64
linux
sssu_linux_amd32
sssu_linux_amd64
sssu_win_x86.exe
Windows
sssu_win_ia64.exe
sssu_win_amd64.exe
netware
sssunlm.nlm
sun_os
sssu_sunos
evainfo_HPUX_11_11_PARISC
evainfo_HPUX_11_23_IA64
EVAInfo
hp_ux
evainfo_HPUX_11_23_PARISC
evainfo_HPUX_11_31_IA64
evainfo_HPUX_11_31_PARISC
注記:
HP OpenVMSのCDをマウントする場合、次のコマンドを使用します。
$ mount/media_format=cdrom/undefined_FAT=fixed:none:8192/over=id HOSTNAME$DQA0:
たとえば、次のように記録されています。
$ MOUNT/MEDIA_FORMAT=CDROM/UNDEFINED_FAT=fixed:none:8192/over=id IA641$DQA0:
3.
32
オンラインの手順に従って、インストールの手順を実行します。
HP Storage System Scripting Utility
インストールの確認
ソフトウェアが正しくインストールされたことを確認するには、ソフトウェアのアイコン( )がデスクトップに
表示されていることを確認してください。
HP StorageWorks Command View EVAインストール ガイド
33
34
HP Storage System Scripting Utility
5 HP SMI-S EVA
この章では、インストールが完了した後に行う、SMI-S EVAの設定手順について説明します。
注記:
SMI-S EVAはアレイ ベース管理では現在使用できません。
インストール後のSMI-S EVAの構成
デフォルトでは、CxwsCimomService.cfgファイルの-Xmx値は1,024 mに設定されていますが、これは
必ずしも正しい値ではありません。
これらのパラメータを変更してメモリ使用率などのJVMオプションを調整するには、以下の手順に従ってく
ださい。
1.
CxwsCimomService.cfgファイルのデフォルト パラメータを確認します。このファイルは、
<インストール ドライブ>:\Program Files\Hewlett-Packard\SMI-S\CXWSCimom\config\CxwsCimomService.cfgにあり、
CIMOMによってセクションJAVA_OPTIONSで使用されるJavaオプションが含まれています。
CxwsCimomService.cfgファイルのデフォルト パラメータは次のとおりです。
•
•
2.
3.
4.
-Xms128m(最小ヒープ メモリ使用率(MB))
-Xmx1024m(最大ヒープ メモリ使用率(MB))
コマンド ラインで、<OSインストール ドライブ>:\Program Files\Hewlett-Packard\SMIS\CXWSCimom\jre\bin\java -Xmx1024m -versionと入力します。Javaのバージョン番号
が返される場合、-Xmxのデフォルト値1,024 mは正しい値です。Javaのバージョン番号が返されな
い場合は、Javaのバージョン番号が返されるまで、値を下げてコマンドを何度か実行してください。
Javaのバージョンが返される値を、CxwsCimomService.cfgファイル(<OSインストール ドライブ
>:\Program Files\Hewlett-Packard\SMI-S\CXWSCimom\ディレクトリにあります)の-Xmx
の値として追加します。
次のファイルを利用できるかどうか確認することをお勧めします。
• <OSインストール ドライブ>:\Program Files\Hewlett-Packard\SMI-S\EVAProvider\lib\hpEVA.jar
•
<OSインストール ドライブ>:\Program Files\Hewlett-Packard\SMI-S\CXWSCimom\lib-native\WindowsAuthenticator.dll
•
<OSインストール ドライブ>:\Program Files\Hewlett-Packard\SMI-S\CXWSCimom\lib-native\WindowsEventLoggingUtil.dll
•
<OSインストール ドライブ>:\Program Files\Hewlett-Packard\SMI-S\EVAProvider\lib-native\Indication.dll
•
<OSインストール ドライブ>:\Program Files\Hewlett-Packard\SMI-S\CXWSCimom\bin\ccbgn.cfg
HP StorageWorks Command View EVAインストール ガイド
35
•
<OSインストール ドライブ>:\Program Files\Hewlett-Packard\SMI-S\CXWSCimom\jre\bin\ccbgn.cfg
注意:
これらのパラメータの変更は、十分に注意して行うことをお勧めします。
-Xmxの正しい値を決定するには、ソフトウェア スイートのインストール後すぐに以下の手順を実行してく
ださい。
SMI-S EVAのユーザーの管理
デフォルトでは、すべてのHP Command View EVAのユーザーは、SMI-S EVAのユーザーです。詳しくは、
「Windowsでのユーザーの作成」(23ページ)を参照してください。
SMI-S EVAサーバへのCIMクライアント接続
SSLモードを使用している場合、SMI-S EVAサーバとのCIM接続を構築するためにSMI-S EVAサーバ上
のSSL証明書がSMI-S EVAクライアント マシン上で利用できる必要があります。これは、ご使用のクライ
アント アプリケーションがSSL経由でのセキュア接続を要求し、「すべて信頼」証明書マネージャを使用し
ない場合にだけ必要になります。
この証明書は、client.pemで使用でき、hpSMIS.trustという名前の信頼ファイルとして変換されま
す。言及したすべての証明書は、以下のディレクトリに格納されています。
<インストール ドライブ>:\Program Files\Hewlett-Packard\SMI-S\CXWSCimom
注記:
以下の手順は、ご使用のクライアント アプリケーションがSSL経由でのセキュア接続を要求し、「すべ
て信頼」証明書マネージャを使用しない場合だけ適用されます。デフォルトでは、HP Storage Essentials
とHP Systems Insight Managerは、「すべて信頼」証明書マネージャを使いますが、これらのソフトウェ
アのtruststoreに保存された証明書に対して各接続を認証するように設定しなおすことができます。
Javaベースのクライアントの場合、以下の手順に従ってください。
1.
<インストール ドライブ>:\Program Files\Hewlett-Packard\SMI-S\CXWSCimom\にある
hpSMIS.trustファイルをCIMクライアント マシンにコピーします。
2.
CIMクライアント マシンで、SSLモードを使用してSMI-S EVAサーバに接続するために必要な以下の
オプションを指定します。
java -Djavax.net.ssl.trustStoreType=jks
-Djavax.net.ssl.trustStore=hpSMIS.trust
3.
classpath変数を変更し、hpSMIS.trustファイルが格納されているディレクトリを含めます。
Javaベース以外のクライアントの場合、client.pemを使用してSMI-S EVAサーバへ接続する必要があ
ります。
36
HP SMI-S EVA
HP StorageWorks SMI-S CIMOMを削除してもCIMOM関連フォル
ダが削除されない
以下の方法で、HP StorageWorks SMI-S CIMOMを削除できます。
• [HP StorageWorks Command View EVA Software Suite]を選択し、[削除]をクリックします。
この操作でHP Command View EVAソフトウェア スイートがすべて削除されます。
CIMOMを削除する際、CIMOMに関連するファイルおよびフォルダは削除されません。次の手順に従って、
関連ファイルを削除してください。
1.
<OSインストール ドライブ>:\Program Files\Hewlett-Packard\SMI-S\CXWSCimom\config
ディレクトリを確認します。
2.
SMI-S\CXWSCimom\configフォルダを削除します。これにより、CIMOM関連のすべてのファイル
が削除されます。今後、CIMOMを再インストールする場合もCIMOMは正しく機能します。
3.
サーバを再起動します。
SMI-S EVAを削除するには、以下の手順を実行します。
1.
[プログラムの追加と削除]で[HP StorageWorks Command View EVA Software Suite]を選択し、[変
更と削除]をクリックします。
[InstallAnywhere]ウィンドウが開きます。
2.
[次へ] をクリックします。
3.
[特定の機能のアンインストール]を選択します。
[製品機能を選択]ウィンドウが表示されます。
4.
SMI-Sコンポーネントを選択します。[アンインストール]をクリックします。
削除が完了すると、[アンインストール完了]ウィンドウが開きます。
5.
[完了]をクリックします。
CIM表示の設定
ライフサイクル表示
LifeCycleIndication.cfgファイルを変更して、ライフサイクル表示を設定することができます。ファ
イルは、<OSインストール ドライブ>:\Program
Files\Hewlett-Packard\SMI-S\EVAProvider\configにあります。表5はライフサイクルで構
成できるプロパティを示しています。
表5 LifeCycleIndication.cfgにある設定可能なプロパティ
プロパティ名
デフォル
トのプロ
パティ値
LifeCycleIndication.Enable
FALSE
説明
ライフサイクル表示を無効にします。
有効にするには、「TRUE」を設定してください。
HP StorageWorks Command View EVAインストール ガイド
37
プロパティ名
デフォル
トのプロ
パティ値
LifeCycleIndication.Disable.Vdisk
FALSE
LifeCycleIndication.Disable.Array
FALSE
LifeCycleIndication.Disable.FCport
FALSE
LifeCycleIndication.PollingInterval
説明
Vdiskのライフサイクル表示を有効にします。
無効にするには、「TRUE」を設定してください。
アレイのライフサイクル表示を有効にします。
無効にするには、「TRUE」を設定してください。
FC_Portのライフサイクル表示を有効にします。
無効にするには、「TRUE」を設定してください。
Providerが定期的にポーリングしてライフサイクル表示を生成し
ます。
10
この間隔は分で指定されます。
たとえば、LifeCycleIndication.cfgの次の行は、ストレージ ボリュームのライフサイクル表示を有
効にします。LifeCycleIndication.Disable.Vdisk=FALSE.
アラート表示
Indication.cfgは、アラート表示の設定に使用する設定ファイルです。このファイルは、次の場所に
あります。
<OSインストール ドライブ>:\Program Files\Hewlett-Packard\SMI-S\EVAProvider\config
次の設定可能プロパティが含まれています。
表6 Indication.cfgの設定可能プロパティ
プロパティ名
デフォルトのプ
ロパティ値
LogLevel
1
説明
ERRORレベル ロギングには、0を設定します。INFOレベル ロギングには、
1を設定します。
DEBUGレベル ロギングには、2を設定します。
nl
LogFileSize
250
「Indication.log」ファイルの最大サイズ(KB)。
SnmpAgtIps
このプロパティはSNMPトラップの送信元IPアドレスを管理するために使用
します。
複数のIPアドレスを設定するには、コンマ(,)を使用します。プロパティ値
が空白の場合は、SNMPトラップは任意のIPアドレスから受け取られます。
WebesTrapType
「desta」WEBESコマンドを使用して設定されたWEBESトラップ タイプ。
2または3のどちらかになります。値がブランクの場合は、両方のトラップ
タイプが考えられます。
nl
nl
たとえば、ファイルIndication.cfgの次の行は、デバッグ ログを生成します。
LogLevel=2
38
HP SMI-S EVA
その他の設定および使用に関する情報
この項では、SMI-S EVAの設定と使用に関する追加情報を提供します。
CIMOMロギングの設定
CIMOMは、cxlog4j.propertiesファイルを使用してロギングを設定します。このファイルは次のディ
レクトリにあります。
<OSインストール ドライブ>:\Program
Files\Hewlett-Packard\SMI-S\CXWSCimom\config\config\
CIMOMロギングを設定するには、cxlog4j.propertiesファイルを次のように編集します。
1.
ログ レベルを設定するには、次の行のLogLevelパラメータを編集します。
log4j.logger.com.appiq=<LogLevel>, File
LogLevelの値と説明については、表7を参照してください。
2.
最大ログ ファイル サイズを設定するには、次の行のMaxSizeパラメータを編集します。
log4j.appender.File.MaxFileSize=<MaxSize>MB デフォルトのログ ファイル サイズは、
100MBです。
3.
ファイルの最大数を設定するには、パラメータNoOfFilesを編集します。これは、
log4j.appender.File.MaxBackupIndex= <NoOfFiles>の行にあります。ファイルのデフォ
ルトの最大数は5です。
4.
HP StorageWorks CIM Object Managerサービスを再起動します。
注意:
cxlog4j.propertiesファイルのその他のパラメータは変更しないでください。
CIMOMファイルは、次のディレクトリに格納されます。
<OSインストール ドライブ>:\Program Files\Hewlett-Packard\SMIS\CIMOM\logs\
Providerロギングの設定
Providerは、log4j.propertiesファイルを使用してロギングを設定します。このファイルは次のディレ
クトリにあります。
<OSインストール ドライブ>:\Program Files\Hewlett-Packard\SMI-S\EVAProvider\config\
Providerロギングを設定するには、log4j.propertiesファイルを次のように編集します。
1.
ログ レベルを設定するには、次の行のLogLevelパラメータを編集します。
log4j.logger.com.hp.providers.eva=<LogLevel>, file
LogLevelの値と説明については、表7を参照してください。
HP StorageWorks Command View EVAインストール ガイド
39
2.
最大ファイル サイズを設定するには、次の行のMaxSizeパラメータを編集します。
log4j.appender.file.MaxFileSize=<MaxSize>KB デフォルトのログ ファイル サイズは、
250KBです。
3.
ファイルの最大数を設定するには、パラメータNoOfFilesを編集します。これは、次の行にありま
す。
log4j.appender.File.MaxBackupIndex=NoOfFiles ファイルのデフォルトの最大数は3
です。
4.
HP StorageWorks CIM Object Managerサービスを再起動します。
注意:
log4j.propertiesファイルのその他のパラメータは変更しないでください。
Providerログは、次のディレクトリに格納されます。
<OSインストール ドライブ>:
\Program Files\Hewlett-Packard\SMIS\EVAProvider\logs
nl
表7 LogLevelの値
値
説明
ALL
すべてのロギングの詳細を記録します。このレベルは、Cimomがコマンド ライ
ンから起動されるときに使用されます。
DEBUG
繰り返しなどのアルゴリズムの詳細を記録します
ERROR
エラーおよび例外を記録します。
FATAL
アプリケーションを中止させる可能性のある非常に重大なエラー イベントを記
録します。
INFO
Array WWNなどの有用なデータを記録します。
OFF
ロギングを無効にします。このレベルは使用されません。
TRACE1
メソッドのパラメータとローカル変数の値を記録します。
TRACE2
メソッドのエントリと終了情報を記録します。
WARN
潜在的に有害な状況を記録します。
注意:
HPサポートにトラブルシューティングを要求された場合は、CIMOMおよびProviderログのみを有効に
することを強くお勧めします。
インストーラ ログ ファイル
次のログは、C:\Program Files\Hewlett-Packardで使用できます。
•
40
HP_StorageWorks_SMI-S_EVA_InstallLog.log
HP SMI-S EVA
•
HP_StorageWorks_SMI-S_CIMOM_InstallLog.log
CIMOMの正常な再起動の確認
CIMOMサービスが正常に再起動したことを確認するには、以下の手順に従ってください。
1.
2.
<OSインストール ドライブ>:Program Files\Hewlett-Packard\SMI-S\CXWSCimom\logs
ディレクトリのcxws.logファイルを開きます。たとえば、cxlog4j.propertiesファイルで、ログ
レベルがINFOに設定された場合は、ログ ファイルに次の情報が含まれます。
[071127 17:32:58
main
StartCXWS] HTTP service started
[071127 17:32:58
main
StartCXWS] AliveThread is started and is running
[071127 17:32:58
main
StartCXWS] Cimom Service is started
[071127 17:32:58
main
StartCXWS] ProviderLoader is started
タイムスタンプが最後に再起動したときのものであることを確認します。最後に再起動したときのもの
であれば、CIMOMは正常に再起動しています。
その他のCIMOMサーバの設定可能プロパティ
CIMOMサーバの次のプロパティは、次のファイルで設定可能です。
<OSインストール ドライブ>:\Program
Files\Hewlett-Packard\SMI-S\CXWSCimom\config\cxws.properties
表8 CIMOMサーバの設定可能プロパティ
プロパティ名
値
説明
TRUE
CIMOMがHTTP要求を処理できるようにします。
FALSE
CIMOMがHTTP要求を処理できないようにします。
TRUE
CIMOMがHTTPS要求を処理できるようにします。
FALSE
CIMOMがHTTPS要求を処理できないようにします。
cxws.https.port
5988
CIMOMがHTTP要求をリスンするポートです。
Default is 5988.
cxws.https.port
5989
CIMOMがHTTPS要求をリスンするポートです。
Default is 5989.
cxws.slpRegistrationLifetime
360
CIMOMがSLPに対して再登録しようとする時間間隔
(秒数)です。
enableHttp
enableHttps
nl
nl
その他のEVA providerの設定可能プロパティ
EVA providerの次のプロパティは、次のファイルで設定可能です。
HP StorageWorks Command View EVAインストール ガイド
41
<OSインストール ドライブ>:\Program
Files\Hewlett-Packard\SMI-S\EVAProvider\evaProvider.properties
表9 EVA Providerの設定可能プロパティ
プロパティ名
値
説明
refreshPeriod
1800
キャッシュがリフレッシュされる間隔(秒)です。
discoveryPeriod
120
アレイの状態がリフレッシュされる間隔(秒)。
オンライン
オンライン ディスクがstoragepoolの作成に使用される
ことを指定します。
nearonline
ニアオンライン ディスクがstoragepoolの作成に使用さ
れることを指定します。
なし
storagepoolの作成中にディスク障害保護がありません
(デフォルト)。
single
storagepoolの作成中、シングル保護レベルです。
double
storagepoolの作成中、ダブル保護レベルです。
90
占有アラームのスレッショルド パーセントです。デフォ
ルトは90です。
なし
タブドライブのあるストレージ プールの作成中にディス
ク障害保護がありません(デフォルト)。
single
タブドライブのあるストレージ プールの作成中にシン
グル保護レベルです。
double
タブドライブのあるストレージ プールの作成中にダブ
ル保護レベルです。
provider.eva.provisioning.tubpool.occupanyAlarmLevel
90
タブ ドライブのあるプールの占有アラームのスレッショ
ルド パーセントです。デフォルトは90です。
provider.eva.allocatedPoolReq
1
「割り当て済みプール」が不要の場合は、このフラグを
0に設定してください。
provider.eva.syncVolumeCreation
0
ボリュームが同期を取って作成される場合は、このフ
ラグを1に設定してください。
provider.eva.validateMinPoolSize
1
プール作成中の最小プール サイズの検証を無効にす
るには、このフラグを0に設定してください。
provider.eva.provisioning.pool.diskType
provider.eva.provisioning.pool.diskFailureProtection
provider.eva.provisioning.pool.occupanyAlarmLevel
provider.eva.provisioning.tubpool.diskFailureProtection
CIMOMサービスの再起動
CIMOMサービスが障害後に自動的に再起動します。正常なインストール後の再起動に手動設定は必要
ありません。
CIMOMポートの設定
CIMOMポートを設定するには、「SMI-S EVAインストール ポートの変更」(12ページ)を参照してください。
42
HP SMI-S EVA
6 トラブルシューティング
この章は、HP Command View EVAおよびSMI-S EVAのソフトウェア インストールのトラブルシューティン
グについて、報告されている問題と推奨の解決策を説明します。
HP Command View EVA
この項は管理サーバ上のHP Command View EVAのトラブルシューティングについて説明します(サーバ
ベース管理)。
インストール時の電源障害
インストール時に電源障害が発生したら、以下の手順に従ってください。
1.
[プログラムの追加と削除]を使用して、HP Command View EVA、HP Command View EVAPerf、およ
びSMI-S EVAを含む、インストールされたすべてのコンポーネントを削除してください。
2.
インストール プロセスを最初から開始します。
削除時の電源障害
削除時に電源障害が発生したら、[プログラムの追加と削除]を使用して、すべてのコンポーネントとソフト
ウェア スイートを個別に削除します。
ケーブル接続されていないコントローラ ホスト ポートについての接続障害警告
ホスト ポートがケーブル接続されていない場合は、ユーザー インターフェースにエラーが表示されます。
具体的には、[コントローラ プロパティ(Controller Properties)]ページの[ホスト ポート(Host Ports)]タブの
[接続状態(Connection state)]ボックスで、ケーブル接続されていないホスト ポートについて接続障害
(Connection failed)と表示されます。
この状況では、ナビゲーション ペインに常に[注意(Attention)]のサインが表示されることになります。この
サインが表示されないようにするには、ケーブル接続されていないコントローラ ポートからGBICを抜き取っ
てください。システムが初期設定済みの場合、GBICを取り外すと、関連してコントローラ イベントが発生し
ますが、これは1回限りです。ユーザー インターフェースとイベントの詳細については、『HP StorageWorks
Command View EVAユーザー ガイド』を参照してください。
Webブラウザ
Internet Explorerで証明書のエラー プロンプトが表示されないようにする
Internet Explorerを起動すると、ユーザー インターフェースに証明書エラー プロンプトが表示されます。
Internet Explorerを起動するたびにこのプロンプトが表示されないようにするには、以下の手順に従ってく
ださい。
1.
HP Command View EVAをブラウズします。
HP StorageWorks Command View EVAインストール ガイド
43
ページ上部のURLアドレス ボックスが赤色で表示され、その横に赤色の証明書エラーが表示されま
す。
2.
3.
セキュリティ ページで[このサイトの閲覧を続行する]をクリックします。
[証明書のエラー]ボックスをクリックします。
証明書用のウィンドウが表示されます。
4.
[証明書の表示]をクリックします。
証明書のプロパティ ペインが開きます。
5.
[発行者:]フィールドに入力されている値を記録します。この値を、次の手順の[信頼済みサイト]の値
と一致させる必要があります。
[ツール]、[インターネット オプション]、[セキュリティ]の順にクリックし、[信頼済みサイト]をクリックしま
す。
[サイト]ボタンをクリックして、[次のWebサイトをゾーンに追加する]ボックスに、https://certificatestring
と入力します。
[追加]をクリックして、ウィンドウが閉じるまで[OK]を数回クリックし、Internet Explorerを閉じます。
Internet Explorerを再度開き、HP Command View EVAにアクセスします。
証明書のエラー プロンプトは表示されないはずです。
6.
7.
8.
9.
注記:
すべてのクライアントで証明書のエラーが表示されないようにするには、HP Command View EVA
へのアクセスに使用するすべてのブラウザでそれぞれ上記の手順を実行する必要があります。
また、常にcertificatestring形式を使用して、サーバにアクセスする必要があります。サーバのIP
アドレスにアクセスすると、ほとんどの場合、設定を変更してあっても証明書のエラーが表示され
ます。
SMI-S EVA
この項では、SMI-S EVAのインストールと設定に関するトラブルシューティング情報について説明します。
この項はアレイ ベース管理には適用されません。
SMI-S EVAをインストールしなかった場合
インストールを中止した場合や以前のバージョンのSMI-S EVAを削除した場合は、特定のファイル、レジ
ストリ キー、およびサービスが残り、SMI-S EVAインストールの妨げになることがあります。SMI-S EVAを
インストールする前に、以下の作業を行ってください。
1.
[プログラムの追加と削除]を開きます。HP StorageWorks SMI-S EVAが表示されている場合は削除
します。
2.
以下のいずれかの操作を行います。
•
SMI-S EVA 5.0以降のバージョンがインストールされている場合、<OSインストール ドライブ
>:\Program Files\Hewlett-Packard\pegasus_homeフォルダを削除します。
•
旧バージョンのSMI-S EVAがインストールされている場合、<OSインストール ドライブ>:\Program
Files\Hewlett-Packard\SMI-Sフォルダを削除します。
3.
WindowsレジストリからHP StorageWorks SMI-Sフォルダを削除します。
4.
サーバを再起動します。
44
トラブルシューティング
SMI-S EVAサービスが起動しない
[サービス]ウィンドウでHP StorageWorks SMI-S CIM Object Managerが動作していることを確認してくださ
い。動作していない場合は、そのサービスを選択して[開始]をクリックします。この手順の後でもサービス
が起動しないときは、ポートの衝突を確認し、必要に応じて、ポートを再設定してください。ポートの再設定
については、「SMI-S EVAインストール ポートの変更」(12ページ)を参照してください。
SMI-S EVAがデータを取得できない
SMI-S EVAがデータを取得できない場合は、以下のことを確認してください。
•
•
•
•
管理サーバによって管理されているアレイがアクティブであるかパッシブであるか。アレイがパッシブ
の場合は、アレイへのアクセスは制限されます。データは、StorageSystemコールの列挙型インス
タンスに対してのみ入力されます。
HP Command View EVAとHP StorageWorks SMI-S CIM Object Managerサービスが、サーバ上で動
作しているかどうか。
[スタート]、[設定]、[コントロール パネル]、[管理ツール]、[サービス]ウィンドウの順に選択します。
いずれかのサービスが実行されていない場合は、そのサービスを選択して[開始]をクリックします。
ユーザー名とパスワードが正しいかどうか。ユーザー名とパスワードが、アカウントを作成したときに
入力した情報と一致しない場合、CIM_ERR_ACCESS_DENIEDメッセージが表示されます。このエラー
は、CIMOMインストール パスにCFGファイルがないときにも表示されることがあります。修正するには、
「Authentication」の項を参照してください。
SMI-S EVAおよびHP Command View EVA間の信頼証明書が正しくインポートされているかどうかを
確認してください。
1. HP Command View EVAのGUI(右上)で、[サーバ オプション(Server Options)]を選択します。
2.
[他のアプリケーションの信頼関係(Other application trust relationships)]を選択します。
新しいインストールを実行している場合は、HPEVA_SMIS_Providerという信頼証明書があることを
確認してください。
そうでない場合は、証明書の場所が次のとおりであることを確認してください。
<OSインストール ドライブ>:\Program
Files\Hewlett-Packard\SMI-S\EVAProvider\config\HPSMISSSO.cert
3.
証明書が存在しない場合は、SMI-SとHP Command View EVAは通信できません。
HPSMISSSO.cert証明書をインストールする必要があります。
4.
証明書をインストールするには、[インストール証明書]を選択し、証明書名と場所を指定します。
HPSMISSSO.cert証明書は、次のディレクトリにあります。
<OSインストール ドライブ>:\Program
Files\Hewlett-Packard\SMI-S\EVAProvider\config\
HP StorageWorks Command View EVAインストール ガイド
45
46
トラブルシューティング
用語集
この用語集では、本書で使用されている用語やHP Command View EVAに関する用語を定義します。
CIMOM
Common Information Model Object Manager。
EVA
Enterprise Virtual Array。HP StorageWorksディスク アレイ製品です。ユーザーは、
この製品を使用して、ディスク容量をプールし、容量を自由に設定できる1つまたは
複数の物理デバイスとしてホストに提示します。EVAは、ディスク、コントローラ、ケー
ブル、パワー サプライ、およびコントローラ ソフトウェアで構成されます。ストレージ
システム、仮想アレイ、およびストレージ アレイとも呼ばれます。
OM
Object Manager。
RSM
Replication Solutions Manager。
SAN
ストレージ エリア ネットワーク。ストレージ デバイスおよびそのデバイスの情報を保
管して取得するイニシエータのネットワーク。通信インフラストラクチャも含まれます。
SLP
サービス ロケーション プロトコル。
SSSU
Storage System Scripting Utility。EVAの設定および制御に使用されるHP
StorageWorksのコマンド インターフェース。
Storage System
Scripting Utility
SSSUを参照してください。
UUID
Unique Universal IDentifier。アレイの各コンポーネントに対して一意に付けられた
128ビットの識別子。UUIDは、システムの内部値であり、ユーザーが変更することは
できません。
WEBES
Web Based Enterprise Services。
アレイ
EVAおよび管理サーバを参照してください。
アレイ ベース管理
HP StorageWorks 4400 Enterprise Virtual Arrayにのみ対応しており、コントローラ
エンクロージャ内部にある管理モジュールから管理。
オンライン ストレー
ジ
電源が入りサーバに接続された周辺装置など、すぐに利用できるストレージ領域の
割り当て。
仮想アレイ
EVAの一般的な呼び名。
仮想ディスク
アレイ コントローラにより定義され管理される、ホストにディスクとして提供可能な可
変ディスク容量。
管理サーバ
HP Command View EVA、HP Replication Solutions Manager(使用する場合)など、
HP StorageWorks Enterprise Virtual Array(EVA)管理ソフトウェアがインストールさ
れるサーバ。専用管理サーバは、EVA管理ソフトウェアのみを実行します。これ以
HP StorageWorks Command View EVAインストール ガイド
47
外の管理サーバのタイプとしては、汎用サーバ、HP ProLiantストレージ サーバの
各モデル、およびストレージ マネジメント アプライアンスがあります。SAN内に複数
の管理サーバがある場合、HP Command View EVAの2つのアクティブ インスタンス
が許可されますが、各アレイは、1つのインスタンスでのみ管理されます。アクティブ
管理サーバはアレイを管理し、スタンバイ管理サーバは、アクティブ管理サーバが
故障した場合に、アレイの制御を行います。SAN内の任意の管理ゾーンに同時に存
在するアクティブ管理サーバは1台だけです。
クライアント
他のインテリジェント デバイスからのサービスを要求するインテリジェント デバイス。
HP Command View EVAのコンテキストでは、サポートされているブラウザを使用し
てリモートからHP Command View EVAにアクセスするために使用されるコンピュー
タのことです。
コントローラ ファー
ムウェア
HP Command View EVAとの通信など、アレイの動作を全面的に管理するHP
StorageWorks Enterprise Virtual Arrayのコントローラ ソフトウェア。
サーバ ベース管理
サーバから管理。
「管理サーバ」を参照。
ストレージ アレイ
EVAの一般的な呼び名。
ストレージ エリア
ネットワーク
SANを参照してください。
ストレージ システム
EVA。
スナップクローン
完全に割り当てられたスナップショットとして開始されたコピー。独立した仮想ディス
クになります。HP StorageWorks EVAにのみ該当します。
スナップショット
複製元の仮想ディスクの動作を中断させずに作成された、仮想ディスクのほぼその
時点での内容のコピー。スナップショットは、通常、バックアップなどの一時的なタス
クに使用されます。
データ複製グルー
プ
別のアレイ上の対応するグループとリモート複製関係にある仮想ディスクの論理的
なグループ。
ディスク グループ
アレイ内の利用できるすべてのディスクから選択されたディスクで構成されるグルー
プで、特定の名前が付けられます。ディスク グループから1つまたは複数の仮想ディ
スクを作成できます。
デフォルト ディスク
グループ
アレイが初期設定される際に、作成されるディスク グループ。グループは、8台以上
のディスクで構成できます。また、取り付けられているすべてのディスクを所属させ
ることもできます。
ニアオンライン スト
レージ
高速ディスク ドライブ上のオンライン ストレージよりも、アクセスに若干時間のかか
るメディアに保存されるデータのオンサイト ストレージ。
汎用サーバ
HP Command View EVA、HP Replication Solutions Manager(使用する場合)など、
HP StorageWorks Enterprise Virtual Array(EVA)管理ソフトウェアがインストールさ
れるサーバ。これ以外の管理サーバのタイプとしては、専用管理サーバ、HP ProLiant
ストレージ サーバの各モデル、およびストレージ マネジメント アプライアンスがあり
ます。SAN内に複数の管理サーバがある場合、HP Command View EVAの2つのア
クティブ インスタンスが許可されますが、各アレイは、1つのインスタンスでのみ管理
されます。アクティブ管理サーバはアレイを管理し、スタンバイ管理サーバは、アク
ティブ管理サーバが故障した場合に、アレイの制御を行います。SAN内の任意の管
理ゾーンに同時に存在するアクティブ管理サーバは1台だけです。
48
用語集
フェールオーバー
複製方向を逆転させる動作。これにより、複製先が複製元になり、複製元が複製先
になります。フェールオーバーは計画的に行うこともできますが、突然発生すること
もあります。フェールオーバーは、DRグループ、管理セット、ファブリックまたはパス、
およびアレイ コントローラ間で行うことができます。
ホスト
ユーザー アプリケーションが実行され、アレイ コントローラにより作成され提示され
る1つまたは複数の仮想ディスクを使用する(または使用できる)コンピュータ。
HP StorageWorks Command View EVAインストール ガイド
49
50
用語集
索引
H
そ
HP
テクニカル サポート, 8
HP Command View EVA
インストール, 19
トラブルシューティング, 43
て
S
SMI-S EVA
トラブルシューティング, 44
W
Webサイト
HP, 8
HPのドキュメント, 7
い
インストール
標準的な, 19
か
ソフトウェア スイート
削除, 27
テクニカル サポート
HP, 8
service locator webサイト, 8
電源障害
インストール時, 43
削除時, 43
と
トラブルシューティング
SMI-S EVA, 44
電源障害, 43
ドキュメント
HPのWebサイト, 7
読者, 7
に
認証情報の設定, 11
管理サーバのタイプ, 10
き
規則
表記上の, 7
さ
削除
ソフトウェア スイート, 27
せ
前提条件
SMI-S EVA, 10
インストール, 9
ソフトウェア スイート, 9
ひ
表記上の
規則, 7
ふ
ブラウザの設定, 13
更新, 18
へ
ヘルプ情報
入手, 8
HP StorageWorks Command View EVAインストール ガイド
51
52
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
454 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content