close

Enter

Log in using OpenID

Page 1 第13回愛媛大学医学部同窓会東日本支部総会報告 第13回

embedDownload
eooo
第 13回 愛媛大学医学部同窓会東 日本支部総会 報告
第13回 愛 媛 大 学 医学 部 同窓 会東 日本 支 部 総
会 は平成 27年 1月 24日 に アル カデ ィア市 ヶ谷
(東 京都千代 田区)で 開催
され ま した。
今 回 は13期 生 が担 当幹 事 で 司会 進 行。幹 事
による ミニ レクチ ャー は国立 障害者 リハ ビ リ
テ ー シ ョンセ ンター眼科 医長 の 西 田朋 美 先 生
「 ロー ビジ ョン」と諏訪 赤 十字病 院第二
から
「頻尿の人がき
泌尿科部長の栗崎功己先生から
たら」でした。
「夢への挑戦」と
特別講演 は、 ロン ドンオ リンピックゴールボール金 メダ リス ト浦田理恵選手より
「
13期 の東海大学体育学部競技 スポーツ学科宮崎誠司教授 (整 形外科)よ り 柔道の外傷 ・障害 と予防」
で、ALL」 APANの 話を楽 しめました。
13期 生 の 白馬伸洋 先生 (空 手部 OB)は 本年 1月 か ら帝京大学溝 口病 院耳鼻咽喉科
主任 教授 に就任 され ま した。 浦 田選手 の金 メ ダル を か けて も らい、 幸 せ の 絶頂 で
した。 今年 も楽 しく皆 が集 ま り、幸 せ です。 なお、 FaceBookに 愛 媛大学 医学部 医
学科 同窓会 のグル ー プが あ ります ので 、御気軽 に御参加下 さい。
(文 責
幹事長 酒 向正春 )
第 7回 愛媛大学医学部同窓会中国支部総会 報告
平成 27年 5月 30日 、ホテルグ ランヴ ィア岡
山で第 7回 中国支部総会 が 開催 され ま した。
この会 は 2年 に 1回 、広島、岡山で交互 に開
催 してお り今回は岡山 での 開催 で した。参加
者は1期 生か ら29期 生 まで総勢31名 。支部代表
下原康彰先生 (1期 生 )の 挨拶 で始 まり、愛媛
大学医学部分子寄生虫学教授、鳥居本美先生
(1期 生、岡山県出身)よ り記念講演 を賜 りま
した。先生 が 力 を注 がれてい るマ ラ リア研究 (マ ラ リア原虫 の標 的細胞侵 入機序 の解 明や伝 搬 阻止 ワ
クチ ン候補 抗原 の検索 な ど)の お話 には一 同大変興 味 をそそ られて い ま した。 また愛媛大学本学、 医
学部 の 現状 をた くさん の写 真 で説 明 して いただ き、懐 か しさと同時 に変貌 した風 景 の 映像 に督感慨
深 く見入 って い ま した。 その後全員 か らの近況報告 が あ り、楽 しく懇親会 が行 われ ま した。
翌 日、 岡 山 カ ン トリー ク ラブ桃 の里 コー スで親 善 ゴル フ コ ンペ を行 い ま した。参加 者 6名 と少人
数 で したが初夏 の爽 やか な風 の 中楽 し くプ レーが行 われ ま した。
現在 中国 5県 で400名 近 い卒業生 が活躍 してお ります。私 自身 お世話 にな った愛 媛県 に貢献 で きて
い な い こ とを大変 申 し訳 な く思 っ てい ます がそれ ぞれ の地 域 でみ ん な一生懸 命頑 張 って お ります の
で ご容赦 い ただ きたい と思 い ます。瀬戸 内海 を挟 んだ対岸 の地 か ら愛媛大 学 医学部 の一 層 の ご発展
を祈念 して お ります。
1期 生 はつ い に還暦 を迎 えま した。 これ か らは次 の世代 ヘバ トンタ ッチ して い きたい と思 って い
ます。次 回 は 2年 後 (平 成 29年 5月 頂)広 島 で 開催 い た します。 さ らに多 くの先生 方、特 に若 い先生
方 の参加 をお待 ち してお ります。
(文 責
田辺耕三 )
愛媛大学医学部同窓会会報 013
eooQ
第 6回 夏媛大学医学者
「 同窓会近畿支部総会 報告
第 6回 近 畿 支 部 総 会 が平 成 27年 6月 27日 、
大 阪市 の ホ テル 大 阪 ベ イ タワ ー にて 開催 され
ま した。
近畿 支 部 は平成 12年 に同窓 会 最 初 の 支 部 と
して 発足 しま した が紆 余 曲折 あ り、 その後活
動 が停 滞 して しまい 平成 23年 に再 開、 それ か
らは毎 年 総会 を開催 して きて お ります。 その
ため今年 が第 6回 目とい うわ けで す。
今 回 は91名 (前 回 は77名 )の 参 加 が あ りま し
たが、会 場深 しに苦 労 す るほ ど年 々盛会 となって きて お ります。 これ もひ とえに役 員、幹 事 のみ な
さんの並 々 な らぬ ご努力 のおか げ と感謝 してお ります。
今回、国立病院機構京都医療 センター診療部長 ・泌尿器科科長 奥野 博先生 に「熟年男性 の健康
と性生活」 ∼女性にも聞いてほしい 1知 ってほ しい !∼ と題 した記念 講演を していただきました。先
生の多数の臨床経験 か らのデ ータも踏 まえ、ありがたいご講演を頂 きました。会 員 の中にはもう渥暦
を過 ぎた者 も多くいろいると身につ まされるお話で したが、結論 としては家庭、夫婦 の円満 とい うこ
とが健康 においても一番重要であるとい うような ことではなかったかと合点のい く内容で した。
総会議事終了後は懇親会に移 り、乾杯 の あとはそれぞれ懐か しい顔、 クラブの先輩後輩、 また診
療上 のいるいろな情報交換など、あち こちに話の輪が広がっていきま した。恒例 となったグ リー ク
ラブ OBの コー ラスも披露 されました。
近畿支部は、近畿 一 円に居住、在職の方で構成 されています。毎年 多数 の卒業生が就職 して きて
い ますが、
個人情報保護 の壁は厚 くなかなか実態 の把握が難 しいところです。今回連絡 の無 か った方、
そ して同窓 の情報 をお持ちの方、 また他地域 の方で も近畿支部の総会 ってお もしろそうだとお感 じ
になった方、是非ご連絡 ください。お待 ちしてお ります。
(文 責 1期 生 朴 信正 park6184240sun■ y.Ocn.ne.jp)
第 12回 夏媛大学医学部 同窓会九州支部総会 報告
愛 媛 大 学 医学 部 の 同窓生 の 皆 さん お元 気 で
す か。今年 も愛媛大学 医学部 同窓会 九州 支部会
を7月 25日 博 多都 ホテル にて行 い ま した。 出席
者 が17人 と少 人 数 で したが 、和 気 調 々 と した
雰 囲気 で した。今 回 は、 福 岡県 8名 、大 分県
4名 、長 崎県 1名 、熊本県 2名 、 山 田県 1名 、
沖縄 県 1名 の方 が出席 され ま した。
学術 講 演 は、 長 崎 大 学 多文 化社 会 学 部准
教授 の 野 上 建紀 (の が み た けの り)先 生 に
『海底 に残 され た歴 史 の痕 跡 を探 る』とい うタイ トル で講演 を して いただ きま した。 九州 の有 田や波
佐 見焼 か ら愛 媛 の砥 部焼 との 関係 を海底 で 発見 され た小 さな破 片 か らた ど り着 くとい う内容 で、 九
州 と愛媛 の歴 史 的つ なが りを探 って ゆ く興 味深 い 講演 で した。 (彼 は小生 の従兄弟 で海外 の 発掘 調査
で なか なか 日本 にい ることが少 ない 中、講演 を引 き受 けて くれ ま した)
残念 なが ら恩 師 の 先生 が 出席 されて お りませ ん で したが、 乾 杯 の 後、近況 報告 も交 えなが ら自己
紹介 を行 い、来年 の再会 を誓 い ま した。
九州 在住 で 同窓生 の方 がお られ ま した ら、一人 で も多 く出席 して いただ け るよ うご理解 ご協 力 お
願 い します。毎 年 7月 下旬 の土 曜 日に同窓会 を行 って お ります。 また、名 簿作成 も行 って お ります
ので ご協 力 お願 い します。
<事 務 局 > すみ い婦人科 ク リエ ック 澄井 敬成 (8期 生 )sumiic② k9.diOn,ne.jp
九州 支部長 角
典洋 (2期 生 )sumi clinic② mx2.tiki.ne.jp
14G愛 媛大学医学部同窓会会報
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
308 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content