close

Enter

Log in using OpenID

仲間との絆 「佐賀北高校野球部」

embedDownload
仲間との絆
「佐賀北高校野球部」
まったく無名の佐賀北(佐賀)が強
豪の広陵(広島)を下して日本一に
なった。それも、劇的な逆転満塁ホ
1組
ームランつきだ。「これぞ甲子園、
これが高校野球」だ。
過
去 2 年の大会では、地区予
選の初戦で敗退している。
その同じ野球部が、どうや
2組
ってここまで来たのか。その
道のりは半端じゃない。2
回戦では宇治山田商(三重)
を引き 分け 再 試 合の 末に
破り、 準々 決勝 では 帝京
(東京)に延長 13 回サヨ
4組
ナラ勝ち。甲子園で 73 イ
3組
ニングという最多記録を作った。「ハンカチ
王子」の早実が決勝戦引き分け再試合でつく
った 69 イニングを破ったのだ。佐賀北高の
様子も、いつも登場する野球の名門校とはが
らり違う。グラウンドはサッカー部と共用。
1 日の練習は 3 時間。夜間照明も隅のほうに
3 つだけ。ストライクやアウトの数を表示す
る打者のカウンターはでかいと思ったら、お
古の交通信号機の再利用だった。年間の予算
は 60 万円で甲子園出場で経費がふくらみ、
担当の教諭は「いくら請求がくるか、恐い」
と笑う。選手も監督も地元も、だれも優勝す
るなんて思わず。地元のテレビも、予選段階
での同高をまったく取材していなかったので、映像ゼロ。だいいち学校のパンフレットにも野球部のことが出ていない。 それが勝
った。満塁ホームラン、優勝の瞬間は日本中の人が信じられない、しかし感動のフィナーレであった。
長い冬のたゆまぬ努力が夏の大輪の花を咲かせます、チームメイトを大切に、日々精進!
道徳の学習
2015. 10.7.
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
451 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content