close

Enter

Log in using OpenID

第2回茨城県医療事故勝逮観究会抑 ゲ移払

embedDownload
第2回 茨城県医療事故勝逮観究会抑 ゲ移払
と き:平成 19年 12月 1圏 (土)1500∼
ところ:つくば国際会議場 申 ホール200
製品のご案内(14:40∼1500) ノ
開会 の辞
筑
1800
バルティスフアーマ株式会社 学術担当者
波大学附属病院 病院教授 本 間 覚 先生
一般演題 (一部 :1500∼ 15:50) 座
長
軸屋 智昭(筑波 メディカルセンター 病院)
倉持 トモ(きぬ医師会病院)
演題① 転倒・
転落事故防止対策における取り組み∼転倒フ回一チャートと記録の運動からみた意識調査∼
東京医科大学霞ヶ浦病院 日 高 晴美
演題② 離床センサーの有用性についての検討
龍ヶ崎済生会病院 大 橋 由樹
龍ヶ崎済生会病院 海 老原 礼子
演題③ 転倒転落事故防止におけるフットライトの有用性の検討
ー
総合病院 土 浦協同病院 橋 本 貴幸
演題④ リハビリテ ションにおけるインシデントの現状と課題
総合病院取手協同病院 櫻 井 靖
演題⑤ 当院薬剤部におけるリスクマネージメント
一 般演題 (二部 :1住00∼ 16:50) 座
長
平井 信 二 ( 日立製作所 日立総合 病院 )
柏木 とき江( 筑波記念病院)
総
合病院土浦協同病院 寺 田 照子
演題① 医療安全教育におけるKYT研 修の取り組み
演題② エラータイプチェックリストを使用した事故防止への取り組み
東京医科大学霞ヶ浦病院 安 部 淑恵
演題③ 注射施行時の確認行動調査とKYTの 取り組み
演題④ コンフリクトマネジメントを用いた対応
演題⑤ 有害事象に対する医療従事者の意識調査
体 憩
水
総
戸済生会総合病院 飯 村 妙子
合病院取手協同病院 近 藤 久子
筑
波大学附属病院 高 梨 典子
1700)
(16:50∼
特 別 講 演 ( 1 7 ЮO ∼ 1 8 ЮO )
座 長 : 筑波 大 学 附属 病 院 病 院 教 授 本 間 覚
医療過誤 一法的対応の特色と限界』
『医療事故 ・
講師:東京大学大学院 法学政治学研究科 教授 樋 口 範 雄 先生
開会 のご挨拶
代 表世話人 総 合病院取手協同病院 名誉院長 機 貝 逮夫 先生
ノバルティス フアーマ株式会社
共催 :茨 城県医療事故防止研究会 ・
< 黛
│
│
場 緊 ン か
韻下韻
遇模 強 除
穂丈 還 リ
薫丈 韻 リ
‐
‐
畿畿総
11
1申
││││11111111!│十
│
―
― ■■■■■ ■ │
│
つ
くば韻 1
│
‐
│ ‐
‐
│
弾
業韻 リ
鉾 戦 すギ 禅 統 夢
癒 T↑
第
│
‐
1室 器鱗
│ │
少
■
‐ ,,イ■4 ・ 夕“払ル,多ガケ
ッタタルⅢⅢ,,,,夕
考ⅢⅢ
Ⅲ
■
'本‐
【プヤ八車・慈盛 】
‐ ■
申
毒
強 ノパ赤TJ務
│ ‐
寧圏蘭 醍弾 主 斎 寧圏韻
鑓捜 寧 圏 藁
選 寒 ぼr 諺
‐
tギ韓彙慈 韻 器
チ1挙1群球 空 騨1韓 ?く
チ■■││ ン
││‐
一
南 4母 盤醸糧
暴 太 奪7 1 台
簿掬 ど輩
蔭 4A盤 醸場
す ― 伊書 フ中ン チ イア森チお つ く,
H ほ畿聾鵜
雫ン
晶1 夫2 9 ア台
畿☆ 豊畳簿
繭盤醸曝
最大 S5念
醸盟 南 大 規 曲
南丈 避 甲
逆
醸 鶴電
憲応黙器 1 韻受畿帯
鶴
愛 等入
■年 ! ■ →, デ桑 鮮リア ン 1 拳【
子蓄悪 鱒捜購〉 │
館顕 繭☆韻 麗
整 も津 止 麗 ・
F ン ター
北駐車場 ・南駐車 場 が 満車 の 除 は、繭 4 A 駐 車場 を御 和J 用くだ さ い 。
受付 にて駐 車券 を御 用意 して お りますの で、お 申 し出 くだ さ しヽ
。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
6
File Size
153 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content