close

Enter

Log in using OpenID

バスケットボール 1 前 金 授 業 科 目 単位 担 当 教 員 2

embedDownload
授
業
科
バスケットボール
授
授
業
業
概
計
要
画
成
績
評
価
テ
キ
ス
ト
目
開講
単位 時期
1
前
曜日 時限
金
担 当 教 員
7・8 瀧本剛夫
対象学年
2
(1)授業形態:実技
(2)授業の目的、ねらい、授業内容の概要
バスケットボールの基本・基礎的知識・技能・技術について実技を中心に展開する。
(3)
1)一般目標
各機会(学校教育・社会教育)において、バスケトボールを指導するに当たっての基本・基礎的な知
識・技能・技術を習得する。
2)行動目標
授業計画に示す項目について、特に各種の個人的技能を理解・習得するために意欲的に取り組み
活動することが出来る。
(1)総論と授業の内容・展開の説明、諸注意及び連絡
ボールコントロール、ボディーコントロール、フットワーク
(2)キャッチ、パス、ドリブル、シュート、ガーディング
(3)キャッチ、パス、ドリブル、シュート
(4)レシーブ(パスミート)、フェイント(フェイク)、オフェンスステップ
1on1(パス、ドリブル、シュートの総合)
(5)レシーブ、ボールキープ、フェイント(フェイク)、オフェンスステップ
ポジショニング(ディフェンス)
(6)カットインプレー、スクリーンプレー、2on2(ハーフコート)
(7)スクリーンプレーに対するディフェンス
スライドスルー、スウィッチ(シフト)、ファイトオーバー、ダブルチーム
<ショー&リカバー>
(8)リバウンド、3on3(ハーフコート)
(9)2on2&3on3(ハーフコート、フルコート)
(10)チームディフェンス
(11)チームオフェンス
(12)審判法、5on5(フルコート)
(13)5on5(フルコート)
(14)実技試験
(15)実技試験、指導上の問題点について
実技試験(個人的技能について)、レポート及び出席時数(基本的には授業時数の75%未満の場合不可とす
る)、授業・日常の課題への取り組み姿勢等(評価全体の50%以上)を総合して評価する。
使用しない
参
考
文
献
(財)日本バスケットボール協会医科学研究部編著「バスケットボール、もっと安全に強く」ブックハウス・エ
イチディ/ハリ・ウィッセル著「バスケットボール勝利へのステップ」大修館書店/李宇載著「ステップアップス
ポーツ バスケットボール」池田書店/(財)日本バスケットボール協会規則審判部編著「バスケットボール競技
規則」財団法人日本バスケットボール協会
その他 バスケツトボールに関する著書
体育館及び体育科測定室で、講義終了後
オ フ ィ ス ・ ア ワ ー (都合がつけば上記以外の日時でも可能な限り応じる)
備
考
(履修条件・受講上の注意等)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
14 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content