close

Enter

Log in using OpenID

PowerPoint プレゼンテーション - 技術研究組合 国際廃炉研究開発機構

embedDownload
燃料デブリを長期間安全に収納
する容器(収納缶)の開発
燃料デブリ収納・移送・保管技術の開発
課題
安全な収納・移送・保管技術が必要
研究目標
燃料デブリ収納缶の開発
燃 料 デ ブ リ は 多 様 な 形 状 ・ 組 成 と 考 え ら れ 、
現状では性状が把握されていない。
遠 隔 操 作 等 の 燃 料 デ ブ リ 回 収 ・ 収 納 ・ 移 送 ・
保管時の作業性にも配慮した収納缶を開発する。
回 収 ・ 収 納 さ れ た 燃 料 デ ブ リ を 保 管 施 設 へ
移送し、最終的な処理処分までの保管に用いる
収納缶を開発する。
研究概要
2.収納缶の基本概念の検討
安全要素毎の収納缶設計の考え方を
整理し、収納缶の基本概念を導出した。
1.燃料デブリの移送・保管方法の検討
原子炉建屋で回収された燃料デブリを
収納缶に収容し、収納缶ごと移送・
保管する方法を複数案策定した。
ベント管
表1 収納缶の基本概念
不活性ガス供給
安全要素
建屋
排ガス
処理装置
燃料デブリ
フィルタ
プール
(a)-1 ベント管方式 (a)-2 フィルタ方式
収納缶
(a)燃料デブリ冠水方式
(b) 非冠水不活性ガス方式
<特徴>
(a)-1:ベント管により水の放射線分解で生ずる水素を除去
(a)-2:フィルタによりプール水へ水素を放出
(b) :不活性ガス雰囲気による燃料デブリの火災防止
図1 燃料デブリのプール(湿式)保管の概念案
収納缶の基本概念
複雑形状のフィンを用いないシンプルな
除熱
自然放熱。
遠隔蓋閉め等の観点からルーズ構造。
閉じ込め
移送容器等で閉じ込め機能を確保。
未臨界 い か な る 状 態 で も 未 臨 界 維 持 で き る
維持
収納缶直径。
軽量化のため薄肉構造。移送容器等で
遮蔽
遮蔽機能を確保。
触媒設置による水素発生量の低減や
水素対策
フィルター等による水素放出機構の採用。
注水、または、不活性雰囲気 (窒素等)
火災防止
で防止。
水素滞留防止フィルタ
水抜き用ドレン管
水素再結合剤
建屋
不活性ガス供給
図3 収納缶の概念案
排ガス処理装置
乾式キャスク
燃料デブリ
(a)密閉方式
(b)非密閉方式
収納缶
<特徴>
(a) 燃料デブリを完全乾燥することによる水素発生防止
(b) ベント構造により水の放射性分解で生ずる水素を除去
図2 燃料デブリの乾式保管の概念案
今後の計画
・複数の取出し工法を想定した収納 缶の
基本仕様導出
・収納缶に関する安全評価手法の確立
・モックアップ試験用収納缶の仕様導出
・収納缶取扱装置の概念検討
・モックアップ試験用取扱装置の仕様導出
IRID 2015
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
18
File Size
444 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content