close

Enter

Log in using OpenID

スクールプログラム

embedDownload
小中連携スクールプログラム〈直島町立直島中学校区〉
関係小学校の主な取組
中学校の取組
小・中を通して育てたい児童生徒像
◆ 互いに尊重し,助け合うことができる児童生徒
◆ ふるさと直島のすばらしさを誇りに思う児童生徒
小・中の連携した取組
〈幼尐中合同運動会の企画運営〉
小学校児童会と,中学校生徒会のメンバーが協議し,毎年テーマを決定する。
同じ意識や目標を持って児童・生徒が団結し,助け合うことを目標とする。
〈ふるさと直島を愛する心を育てる活動〉
小学校ではふるさと教育と称し,直島の歴史や文化について学ぶ。中学校で
はそれを受けて地域奉仕活動や,ゴミ拾いを長期休業中に行う。
本年度の重点な取組(工夫・改善)
◇学校間や地域の連携を図った児童会活動
幼小中合同運動会のテーマを小・中それぞれ
で案を出し,児童会・生徒会が話し合いテーマ
を決定することで児童・生徒の自主性を育てる。
児童会が下校時に気を付けることを「す
(進んであいさつ元気よく)・な(並んでまっす
ぐ帰ります)・お(落ち着き止って右左)」のス
ローガンとしてまとめたり,下校時の安全を
見守ってくれている方々へのあいさつ運動
を広めたりすることで身の回りの人達への
感謝の気持ちを育む。
本年度の重点的な取組(工夫・改善)
◇学校間や地域の連携を図った生徒会活動
町をあげて行われる合同運動会では児童
会と生徒会が主体的に活動し,テーマや種目
を決める。地域の方の協力を得て,生徒が案
を出し合うことで自主性を育てることを狙
いとする。
長期休業中には「直島一周ゴミ拾いツア
ー」を実施する。町にも呼びかけて参加者を
募り,生徒会を中心にしてゴミ拾いを行うこ
とでふるさと直島に対する感謝と誇りの気
持ちを育む。
◇集団づくりを推進する学級活動
学級目標やデザインを児童自らが考え,学級旗
作りを行うことで,学級の団結力を高める。
人権月間に「ハートでアート」を行う。友
達のよいところ等をハートのカードに書き,巨
大カボチャにはり付けていく。なかまの良さを
知り,さらにその輪を広げようとすることでよ
りよく生きようとする児童の育成をめざす。
◇集団づくりを推進する学級活動
人権について各学年が社会におけるさま
ざまな差別問題について学習し,学級や全校
生徒の前で人権作文を発表する。生徒が胸に
秘めた思いや,人には言えない本音,また,
自分の心にある差別心や学級の仲間の存在
を意識させたい。今年度はさらに多くの生徒
が自ら発言できるような仲間作りを日々の
学級活動で培うことを目標とする。
生徒指導上の課題
子ども達は幼・小・中の12 年間,ほぼ固定化され
た学級集団で学校生活を過ごす。クラス替え等の環
境の変化に応じて新たな人間関係を構築する機会が
あまりないため,子ども相互の関係が崩れてしまう
と修復に時間がかかる。このように人間関係を調整
することが上手くできない要因として,相手との関
係性に応じて適度な距離を保ったり,相手や状況に
応じて言葉を遣い分けたりする力が十分に身に付い
ていないことが考えられる。
生徒指導上の課題
学校行事や地域と一体になって行う活動について
は,一つの目標に向かってクラス一丸となって取り組
むが,普段の生活では固定化された人間関係の中で気
が置けない友人としか話ができない生徒が多い。自分
や友人の新しい一面を授業やその他の活動を通じて発
見し,お互いを認め合うことができる集団づくりが今
後の課題であると言える。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
246 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content