close

Enter

Log in using OpenID

結果を出す「法律文章の書き方」 - 大阪大学大学院法学研究科・法学部

embedDownload
ALEC講演会
「インプット」から「アウトプット」へ、いかにして説得力をもってつな
げるか。ここに、法律文章作成のポイントがある。論文試験において
も、実務の起案においても結果を出す「法律文章の書き方」について
斯界で注目の弁護士で文章術=学習術の達人・木山泰嗣先生に
御講演いただく。
「迷い」から抜け出し「気づく」「腑に落ちる」経験を!
◆講師: 木山
泰嗣 先生 (弁護士、鳥飼総合法律事務所)
【講師プロフィール】
横浜生まれ。弁護士(鳥飼総合法律事務所)。上智大学法学部卒。青山学院大学法科大学院
客員教授(租税法演習)。上智大学法科大学院「文章セミナー」講師。専門は税務訴訟及び税務
に関する法律問題。専門書に『税務訴訟の法律実務』(弘文堂)、『税理士のための税務訴訟入
門』(税務研究会)などがある。
単著の合計は本書で26冊。『弁護士が書いた究極の勉強法』、『弁護士が書いた究極の文章
術』『小説で読む民事訴訟』、『勉強が続く人の45の習慣』(いずれも法学書院)、『反論する技術』
(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『最強の法律学習ノート術』(弘文堂)、『センスのよい法律文
章の書き方』(中央経済社)など、ロングセラーを次々と生み出している。
「難しいことを、わかりやすく」がモットー。試験での挫折経験が勉強に関する「方法論」を考える
原動力となった。
(上記プロフィールは、木山先生の最新刊『試験に合格する人の45の習慣』(法学書院・2013年9月30日)の
「著者紹介」による。)
◆日時:
2013年
10月26日(土)
15時~16時30分
◆会場:
法経研究棟4階 大会議室
【講演会に関する問い合わせ先】
谷口 勢津夫 (高等司法研究科教授・研究科長)
〒560-0043 豊中市待兼山町1-6
大阪大学大学院高等司法研究科
E-mail:[email protected]
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
271 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content