close

Enter

Log in using OpenID

古谷農産

embedDownload
〈加工食品用〉
記
入
日
FCP展示会・商談会シート
東北信うまいものまるごと大商談会2016with上越
年
月
日
第3版
■ 商品特性と取引条件
商
品
極十割そば
名
提 供 可 能 時 期
通年
(最もおいしい時期を( )内に記載)
主
原
料
産
地
( 1月~ )
JAN
栃木県大田原市
( 漁 獲 場 所 等 )
賞 味 期 限 / 消 費 期 限
200g
希
1ケースあたり入数
20束
保
発 注 リ ー ド タ イ ム
1ヶ月(大量注文の場合)
容
最大・最小ケース納品単位
( ◎ケース/日 など 単位 も 記 載)
最大
5ケース
最小
証
税抜
¥500
消費期限
1年
ド
望
存
小
売
温
価
度
格
ケースサイズ(重量)
HACCP ※
税込(切捨)
税率
8%
¥540
帯
販 売 エ リ ア の 制 限
1ケース
ISO ※
有機JAS
認
ー
6ヶ月
( 13 桁 も し く は 8 桁 )
量
内
コ
賞味期限
無
有→
縦(㌢) × 横(㌢) × 高さ(㌢)
25.0
32.0
11.0
重量(㌔)
4.1
農業生産工程管理(GAP) ※
等
( 商 品 ・ 工 場 ・ 農 場 等 )
その他(右に記入→)
※印のものは、具体的な取得内容を記載 →
外食
売
り
中食
商社・卸売
メーカー
ホテル・宴会・レジャー
先
スーパーマーケット
百貨店
業務用対応可能
(
その他小売
ギフト対応可能
)
その他(右に記入→)
タ
ー
ゲ
ッ
ト
お
客
様
(性別・年齢層など)
利
用
シ
ー
ン
(利用方法・おすすめレシピ等)
商
品
特
徴
のどごしよりも蕎麦の味と香りを楽しみたい方、乾麺でもそば湯を味わいたい
方向けです。特にシニア世代に人気があります。
ご自宅でも本格的なそばを味わいたいとき、急な来客で手の込んだお料理が出来ないとき、極
十割そばがあなたのお役に立ちます。栃木県大田原市産の自然が生んだ風味豊かな十割そ
ばを一口食べれば、普段の食事がワンランク上のプレミアムなものとなるでしょう。
麺はのどごしよりも蕎麦本来の味と香りを楽しめるものとなっています。麺が美味しいのはもち
ろんですが、特筆すべきはその濃厚なそば湯です。ドロドロとしたそば湯に寒天を入れ固め、黒
蜜をかければデザートとしてもお楽しみいただけます。麺、そば湯、デザートと三度美味しい乾
麺そばです。
■ 商品写真
一括表示
(現物の写真を字が読めるように画像で貼付)
写真
商品の全体がわかる写真を貼付
アレルギー表示(特定原材料)
※使用している項目に☑、使用していない場合は以下の欄に大きく×をする。
表示義務有
表示を奨励
(任意表示)
えび 、
乳 、
かに 、
落花生
あわび 、
いか 、
キウイフルーツ 、
さば 、
大豆 、
小麦 、
そば 、
卵
いくら 、
オレンジ 、
カシューナッツ
牛肉 、
くるみ 、
ごま 、
さけ
鶏肉 、
バナナ 、
豚肉
まつたけ 、
もも 、
やまいも 、
りんご 、
ゼラチン
(当商品以外にアレルゲンを扱っている場合はその旨を記入)
備
考
同じ製造ラインで小麦を扱った製品を製造しています。
■ 出展企業紹介
古谷農産
出展企業名
従業員数
2000万円
年間売上高
代表者氏名
古谷慶一
メッセージ
「百年先 我らの未だ見ぬ子孫にも 郷土の自然と食を伝
えましょう」を経営理念とし、農薬・化学肥料・畜産堆肥を
使用しない農法で米、麦、大豆、そば、菜種等を栽培して
います。毎年地元の小学生を対象に田植え・稲刈りイベン
トを開催し、自然と食の大切さを伝える活動をしています。
ホームページ
http://www.furuya-farm.com/
会社所在地
〒
工場等所在地
〒
324-0046
4名
(社員○名、パート○名など)
写真
栃木県大田原市加治屋94
担当者
古谷慶一
E-mail
[email protected]
TEL
0287-23-3502
FAX
0287-24-2396
■ 生産・製造工程アピールポイント
8番の製粉に使
う製粉機。
そばの実の黒い
殻を取り除き、粗く
砕く加工をしたも
のをこの製粉機に
かけます
18番の圧延に使う
圧延機。加水をして
練り上がった玉状の
そばをローラーで板
状にし、徐々に薄くし
て既定の茹で時間で
茹で上がるように調
整します
写 真
写真
写真
写真
■ その他取扱商品
JANコード
20番の乾燥に使う乾
燥室。
入数
規格
乾燥ムラが起こらない
ように、場所や麺によっ
てそばを掛ける幅を変
えています
商品名
①
②
■ 品質管理情報
商品検査の有無
無
有→具体的に
生産・製造
工程の管理
衛生管理への取組
従業員の管理
施設設備の管理
担 当 者 連 絡 先
危 機 管 理 体 制
危機管理に関する対応
や生産物賠償責任保険
(PL 保 険 ) の 加 入 な ど
官能検査(食感、風味)、微生物検査(一般生菌数、大腸菌群数)を実施していま
す。
製造記録を記入、確認を行っております。
入室手順書の掲示、入室記録の記入を行っております。
定期的な清掃の実施、昆虫等モニタリング実施をしております。
担当者名または
担 当 部 署 名
山本食品㈱ 塚田和博
連
絡
先
026-222-3350
原料の受け入れから出荷までの記録を管理するとともに、PL保険にも加入し万
が一にも対応しております。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
625 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content