close

Enter

Log in using OpenID

4月号 - リボンハウス絵画教室

embedDownload
~今月のぱすてる
今月のぱすてる Ribbon~
bon~
・東北地方太平洋沖地震のお見舞い。
・「ご入学・ご進学おめでとうございます」新入学の生徒さんご紹介
・春期特別講習2011のお知らせ ほか
「オコジョがおうちへかえっているよ」
大関 結ちゃん(新小1)の作品
「くろしろのうさぎ」
丸山 陽菜乃ちゃん(新小1)の作品
2011年
月号
4
(第74号)
「いい天気!!ライラック」
中地 明くん(新小1)の作品
「うちゅうのほし」
山本 実緒ちゃん(新小1)の作品
発行元 リボンハウス絵画教室
リボンハウス絵画教室
謹んで地震災害のお見舞いを申し上げます。
3 月 11 日(金)14:46 に発生しました東北地方太平洋沖地震により、被害を受けられました
皆様に謹んでお見舞い申し上げます。1 日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。
地震に伴い、当教室で使用しているプロバイダーのケーブルが切断され、一時、メール・FAX
(011-894-4336)等の受信・返信が出来ませんでしたが、3 月 16 日(水)より復旧致しました。
皆様にご迷惑をお掛けしましたことを心よりお詫び申し上げます。
リボンハウス絵画教室 代表 岩田美香
ご卒業・ご入学される生徒の皆さんおめでとうございます!2011年4月に小学・中学・高校に
ご入学・ご進学される生徒の皆さんをご紹介させていただきます。
新しい生活が充実したものとなりますようお祈り申し上げます。
小学校ご入学
大関 結ちゃん
近藤 愛子ちゃん
近藤 史織ちゃん
佐々木 可恋ちゃん
白井 佑奈ちゃん
神 賢志郎くん
鈴木 伶梨ちゃん
谷山 美涼ちゃん
中地 明くん
奈良部 晴香ちゃん
松岡 美鈴ちゃん
丸山 陽菜乃ちゃん
宮下 愛蘭ちゃん
山本 実緒ちゃん
中学校ご入学
高校ご進学
赤羽根 由花さん
長内 隆史くん
佐々木 実直くん
佐藤 健太くん
清水 旬輝くん
高橋 昌弘くん
髙橋 侑子さん
福島 ななさん
藤田 桃子さん
藤本 有芙香さん
宮田 梨沙さん
若林 里奈さん
阿部
小田
大和
松田
琴音さん
大地くん
桃子さん
真奈佳さん
高校ご卒業
ご進学
岡田
片野
平出
藤岡
野の花さん
莉乃さん
彩さん
亨くん
大関 結ちゃん
(新小1)の作品
春期特別講習2011受講生募集中!
幼児・小学生コース 自由研究特別コース 3月24日(木)-4月7(木)
油彩・水彩・デッサンコース 受験・特別コース 3月25日(金)-4月10日(日)
今回も充実した内容をたくさんご 用意しております 。たくさんのご 参加お待ちしております 。
■受講会場
■申込み
申込み受付
リボンハウス 絵画教室
幼児・小学生コース
大通教室
(住所:札幌市中央区大通西 6丁目6-9
自由研究特別 コース
油彩・水彩・デッサンコース
受験・特別コース
3月24日
24日(木)迄
3月25日
25日(金)迄
クリーンビル 3F)
(春期特別講習中 も受講申込み頂けますが 、お早めにお 申込み下さい。
)
■お問い合わせお申込
わせお申込み
申込み先
リボンハウス絵画教室
〒060-0042
TEL
札幌市中央区大通西 6 丁目 6-9 クリーンビル 3F
011-232-6715
FAX
011 -232-6715
(転送電話の時は FAX011 -894-4336(岩田宅)にお願いします)
1
- -
◎幼児コース
幼児コース ◎小学生自由研究コース
小学生自由研究コース
(幼児コース
幼児コース(
コース(2,3 才児)
才児))
(小学生自由研究コース
小学生自由研究コース(
新年中~新小学 6 年))
コース(新年中~
○受講料
5回レッスン
⑥自由研究
上記以外に制作を希望するものが
ます。
(制作内容によっては
承
19,425円(税込)
ご了
対応
あれば 対応
場 あ
できない
、
させて頂き
合が
りますので、
願います。
)
(5回終了後追加 レッスンが出来ます。
)
2~4回レッスン
※春期特別講習幼児 ・小学生コースをお申し込みの
1レッスンにつき 4,200 円
自由研究特別 コースも
※受講終了後追加 レッスンすることが出来ます。
※
1 レッスン4,200円(税込)です。
○教材費
○受講時間
の
、
方
は、
用してご参加お申し込みして 頂
575 無
覧
専門
用コースの教材費 1
案
しくは、ご
小学6年生以上の
人
方
円を
内をご
料と
下さい。
は、下記の
コースも受
の教室での制作となります。
)
○油彩・水彩・デッサン各コース
・幼稚園児、
○受験特別 コース
保育園児、小学生は1レッスン 180 分
◎油彩コース
油彩コース ◎水彩コース
水彩コース ◎デッサンコース
※レッスン開始時間は一緒です。
○持ち物
、
講して頂けます。
(大
各回共通1,575円(キャンパス 代別)
2、
3 歳児は1レッスン100分
の
させて頂きます。
お受け出来ません。
追加
そ 際 併
詳
そ 他 新
けます。
※1レッスンのみの受講は、制作の完成の都合により、
併
(小学校高学年から
小学校高学年から大人
から大人の
大人の方まで)
まで)
飲み物(水かお 茶)
、おしぼり、エプロン又はスモ
ック、おたより帳(初回に渡します)
○内容
歩
○内容
コース初
①アクリル画
アクリル画・油彩
に合わせて
「春の花を描いてみよう」
いてみよう」
ど
1レッスン 3 時間。油彩・水彩・デッサンな
展 品
振替
から、コンクール 出
個 指導
別
します。
(
作
、各
まで、ご希望
受講可)
○受講料(税込)
桃の花やチューリップ 等の春の花を描きます 。春の花の持
3 回コース 12,600円
5
7
つ柔らかさや、色の特徴をよく観て描きましょ う。
(就学前の生徒さんは、アクリル画に限定させて頂きます。
)
②絵本を
絵本を作ろう
回コース 18,900円
回コース 23,520円
追加
製本からお話づくりまで 、1 から自分の手で制作して、世
1 レッスン3,990円(税込)です。
(教材費込み)
○教材費 各回共通
界に1つだけの 本を作ってみましょう 。
※ コンクール作
③工作
っております。
2,100円(税込)
(キャンパス代別)
品
方
制作のみご希望の
は、
教材費は
無
料とな
◎受験・
受験・特別コース
特別コース
「おうちやまちをつくろう」
おうちやまちをつくろう」
(大谷(
大谷(中高短大)
中高短大)・美術系大学・
美術系大学・高等学校・
高等学校・専門学校)
専門学校)
志 校
技
細 徹底的
び
ザ
立体の色々な形を組み合わせて 、家や街を作ります 。
○内容
望
に合わせた実
の内容を
かく
ます。デッサン・水彩・油彩・デ
④手芸
○受講料
33,075円(税込)
○教材費
4,200円(税込)
○
1,050円(税込)
暖房
費
に学
イン等
会員 方
志 校
異
担当 師 尋ね
※受講特典サービス
受講特典サービス 般 並び
月 月謝 半額
般
週
5 →
週
→
月
5 5 →
5
→ 5
注
暖房
途 支払
「フェルトフラワー」
フェルトフラワー」
(大通教室
フェルトを使って、可愛いお花を作ります 。春らしいイン
○持ち物
テリアです。
受験
望
講
の
にお
○ 一
の
を
コース
コース(
1 コース)6,82
(
2 コース)
に教材費 4,200 円を
後、
き
18,900 円から 9,4
2
- -
0円
9,4
費は別
2,62
16
る
円
0円
お
い頂きま
までにお申込みの
方
料サービスさせて頂きます
大通教室
さ
6,300 円
月 日
無
会員 方 冬
際 入会金 5 %off
戴
3
は、
きご
,2
18,900 円
※早期申込み
早期申込みサービス
更
※その他
その他サービス
引 続 入会 れ
5
ます。
3,413 円
2 コース)12,600 円
各コースともに教材費、
紙粘土や木材を使って、一生使える万年カレンダーを作り
円
(
す。
「万年カレンダー
万年カレンダー」
カレンダー」
に受験コースの生徒
サービス。
○ 受験特別コース
⑤工芸
なります。
下さい。
一
さんの4
はかかりません 。
)
の受験内容により
外の
は
0 円にさせて
を
が
期特別講習
0
きます。
の
◎自由研究特別コース
自由研究特別コース
☆
通
常
レッスンや特別講習で
扱 題
う
材よりも、
題 取 む
☆ 「もっとレベル
もっとレベルの
レベルの高い事をしてみたい!!
をしてみたい!!」
!!」
向
☆
童 齢 ど
程表 確
日
短縮
場 ざ
☆
品 ポ
げ
☆
プ上の
材に
り組
4
ワ
ンステッ
(新小学 3 年生~
(180 分)
年生~新中学3
新中学3年生対象)
年生対象)
≪
コースです。
という生徒さん
けのコースです。
上記の学
年
をお
から
1 回目
日
なたでもご参加して頂けます。
までにお持ち下さい。
(生徒さんによっては、時間
を
して受講して頂く
合がご
います。
)
各コース共通制作として、完成作
を
ストカー
≪
ド 仕
に
≪
受講終了後追加 レッスンすることが出来ます。追加 1 レ
2 回目
1,575円(税込)
○
1,050円(税込)
暖房
費
方
規 図
具
着
基 的 法
び れ
簡単 平面幾何構
イン用画材の使い
コンパス や定
の作
色用画材の
、こ
用画材、アクリル絵の
~レ
リン
~
を学ぼう~
前を
用してレ
(
注
ざ
短縮
≪
≪
≪
≪
2 回目
≫
び
≫人
≫
げ
1 回目
≫
好
自分の
きな花を描きます 。絵の
ます。
ツ び
風景
札幌の春の
を学
具
≪
合がご
ポ
を描きます。
の使い
ストカー
方
も学
ストカー
:ビン、
ス、
≪
≪
2 回目
≫
≫
顔
自分の
や手、自分の持ち物な
ど
基
ド 仕
に
物をモチーフにしてデッサンの
ポ
春のお花をデッサンし、
≫質感 違
の
ます。中学の
うモチーフを組み合わせた
※
に
:花や
~デ
本です。
の
や色合い、
を
で
物、ビンや
片
ス、木
を使って
やレン
を使って、自分の
前をアルフ
リン
インを
用し、色の
を
えながら作
を
ます。
デ
ストカー
成します。
上
に
上
います。
お
は、
技術 ベ
レ
構
成の
ます。
静
物デッサン
美術
希望の
方
は、大
人
のコースで
」
りする
場
美術
あ
合が
ス
り
させて頂きます。
ステップアップコー スより
彩・デッサンコース
断
変更
更 ベ
行
ます。2~4からの 受講に
※
指導
にお申し出下さい。
ルによっては、5
テップアップコース のみのご参加をお
ま
な
名
レ
方
ガ
物画を描いてみます。
イン
を
し
るものを組み合わせて 描きます。
)
ットでデ
ご希望の内容も
の
る内容です。
インをしよう~
※初めて受講なさる
ます。
上
の
物)
※2 レッスン以上でのお申し込みとなります。
な
をします。
3
を作ります。
物、手、
の
・アクリル絵の
上
身近
び
ド 仕 げ
本を学
ストカー
インを
ド
~水彩画をしよう~
・作
、自分の
す。
3 回目
≫
で、
水彩絵の
デッサンの
デッサンの基本コース
基本コース(
コース(2回~3回)
1 回目
デ
例
グラ 果
人
鉛筆
基
鉛筆 線 重
ね具 濃淡 陰影
質感 表現
美術 授業 必ずあ
の
ます。
「デッサンの
デッサンの基礎から
基礎から学
から学ぼう」
ぼう」
リン
例 果
グラ
ど質感 あ
透明
具
静
≪ ≫ ザ
具
ァベ
ザ 構
タ グ ザ 応
交
品 仕 げ
品 ポ
ド 仕 げ
そ 他
行
気軽
(新小学2
(180 分)
新小学2年生~
年生~新中学3
新中学3年生対象)
年生対象)
≪
2 回目
3 回目
ます。
タ グ ザ
~デッサンをしよう~
(
物を描くコ
3 回目
2
場
います。
)
1 回目
成を
ストを学ぼう~
ルの
合や
させて頂く
「水彩画を
水彩画を描こう」
こう」
な
美術ステップアップコース
美術ステップアップコース(
ステップアップコース(2回~3回)
ずこうのきほんコース
ずこうのきほんコース(
コース(2回~3回)
:生徒さんによっては、時間を
を
(新小学3
(180 分)
新小学3年生~
年生~新中学3
新中学3年生対象)
年生対象)
(
(新年少~
(180 分)
新年少~新小学2
新小学2年生対象)
年生対象)
な使用
ます。
ークやイ
だけで描く絵画の
1
本
らを使用した
行
≫ タ グ
名 利
び
≫ マ
ラ
オ ジナ ポ
リ
4,200円(税込)
を学ぼう~
を始めとした
学
3 回目
5
○教材費
ザ
います。
ッスン 4200 円(教材費込 み)です。
1レッスン
~デ
自分の
ます。
○受講料
≫
学
かめの上、お申込用紙 、受講料、教材費を受
講初
上
デザインの
デザインの基本コース
基本コース(
コース(2回~3回)
にレ
高
「
新
ルの
い内容をご
なう春期特別講習
にお申し込み下さい 。
(
油彩・水
小学6年より
ご参加頂けます。
)
透明水彩画の
透明水彩画の基本コース
基本コース(
コース(2回~3回)
(新小学2
(180 分)
新小学2年生~
年生~新中学 3 年生対象)
年生対象)
≪
1 回目
≫ 透明
具 方
校
ブ型 具
固 透明
具
具 方 着 仕方 び 簡単
基礎 び
≫
ポ
ド 仕 げ
≫グラ
ど 透明感 あ
静
~
水彩絵の
学
で使うチュー
形の
絵の
≪
≪
の使い
の絵の
水彩絵の
の使い
、
3 回目
春の花を描き、
スやビンな
色の
ストカー
、
ではなく、
を使用します。
モチーフを描くことで
2 回目
※詳しくは春
しくは春期特別講習のお
期特別講習のお知
のお知らせをご覧下
らせをご覧下さい
覧下さい。
さい。
を学ぼう~
を学
を学
に
の
上
、
な
ます。
ます。
るモチーフの
物
画を描きます。
3
- -
佐々木 恋歌ちゃん(新小5)の作品
たまてばこ
(受験・特別コース:平出 彩)
最近、妹のハルがうるさい。「あれなぁに、これなぁに。」とすぐ質問してきて納得いくまで僕を解放
してくれない。この前だって浦島太郎を読んだ時に「たまてばこの中ってなぁに。」としつこく質問して
きて困った。確かに、浦島太郎のたまてばこからは煙が出てくるだけで本当は何がはいっていたのかま
で書かれていない。だから「わかんないよっ。キラキラした宝石じゃないのっ。」って答えたら「キラキ
ラ?宝石?」と更なる追求を受けた。
お祭の縁日でもハルはうるさかった。屋台を1軒1軒指さし「あれなにっ!これなにっ!」。僕は適当に
返事をして自分の目的の「くじびき」を探していた。すると、ハルがいきなり「スーパーボールすくい」
の前でしゃがみこんだ。
「なにやってんだよ!」
また「これなに」と聞かれそうだったので、僕は強く言ってハルの腕を掴んだ。しかしハルは動こうと
せず、水の中を流れるボールを見つめるばかりだった。
「これ、やりたいのか?」
「ううん。」
別にボールすくいをしたいわけでもなさそうだ。中々動こうとしないハルにあきらめて、僕も座りこん
だら、屋台のおじさんがボールすくいの皿を渡してくれた。ハルは、僕がこのゲームに夢中になってる
間中もずっと流れていくボールを見ていた。ボールに反射する水が様々な色に光り僕たちの顔を照らす。
「おにいちゃぁん。これたまてばこだねぇ。キラキラしてるぅっ。」
ハルが言った。僕はなんか、すごく納得して、
「そうだなぁ。」
と答えた。屋台のおじさんが、ふふっと笑った。
↑しょうじ やまとくん
(5さい)の作品→
4
- -
佐々木 琢翔くん(新小2)の作品
ご卒業・ご入学・ご進学
おめでとうございます♪
月~
☆一般コース
度末
あ
れ
あ
年
ということも
月の「のぞいてみよう!」
☆受験・特別コース
師 美香
師 美香
り、お
引越
(講
しや
御進
:岩田
ど 退会
月 多
学な
で
逆 入会
少 慌
迷惑 掛
ど
身 ペ じ
び び
進
雛祭
松人
桜 ど
多 他 歩 方 べ
グラ
ジ ど 選
れ 新
ぎ 置
既
ベ 確 あ
思
たり、
にご
や体験レッスンがいつもの
ったりして
りましたが、
くりの
の
々
しくご
の生徒さんもご自
と制作を
く、
レン
に初
な
こ
の
から
もしく
ースで
っくり
な
ゆ
あ
春らしさの
く
あ
るビンや
ス、りんごや
中学 1 年生になる小 6 の生徒さんを中
の
っ
に中学 1 年~3 年のレ
ルは
実に
ーに
りに
けての
は
形
オ
いっ
ンキン
を
し、
や
来に
のプロ
も
来の就
るいは
の生
いに所
は
の
な
に
りの
ーフ
をつくっていきます 。合
回りもなく、目
に
かって
をイ
。
生
色では
ッ
え
制作は、テー
物を
ンやアクリル絵の
さんもいらっし
ー
でした。
な作
が
な
形
に手が
えを
の作
りし、可愛らしいお
の
から
な
形が出来ると
しよう
が
物 でしたので、
庄田 萌笑ちゃん(新小3)の作品
でしたので、始めはい
かせ
さ
ている生徒
めるにつ
コ
、パンダや
を
パックの土
とお内
が
な
の
リス、カ
、
してみて下さい
に
をつか
ている
中に
。
代紙な
を
を作りました 。
物
まで、世界にたった一つの自分だけの
って、
組んで下さいました 。
ごさ
を
しみながら制作さ
制作は、
り
りを
や
イ
つ丁
を使用しての制作となりましたが、
や
や
が
を一
々完成しておりました 。
んでご自
ンキン
んで制作して頂きました。ク
いましたが、描き
う手
イ
めて下さいました 。
持体がいつもの画用紙ではなく
つものように ス
を
物の大
のように
っくり
な
頂き
しと描き込んで下さいました 。
から描きたい
み、いつもと
の
までこだわり 、
、完成した
たことと
な
中して
形と共に
り
しい
います
渡辺 泉水さん(新高2)の作品
5
- -
に
々と一緒によりよい
いました。
一本一本まで、フクロウは
みながらも
ハッ
の
、
や希望、
わるだけに、こちらも
することのみです 。一年後のご自
って下さい
の
す
受けることが
まつり
ッ
)
ンを終了しまし
生)
の
ーフ
いました。 今年は大
に描いて下さり、
な
からの
、お電話で、
の
るためには
に
:
の制作を
です。お
るフクロウな
で、画
ハッ
な
まつりの絵
や、
を
く、こ
みな
ー
るこの時期は、受験に
り大
料としてお持ち頂き制作 しました 。 ご
りがとうご
か、
定の
な
札幌
し、
レ
(講
のレッスンは、今年初のコンクール 作
の絵 、
に
が
間の受験
ートに
り組み、生徒 さんや保
師 石丸弥
月
品 「雪
」 JRタワ 展示予 「 ピ ラ グ」 ひ
祭 向 「ひ 人 」 ど
行
ず 「 雪
」
気 入 雪像 撮
影 資
( 協力 誠
あ
ざ
)
迫力 ラ オ
グ 躍動感溢れ
ど 野 動 雪像 人気
面 ぱ 狭
ラ
オ グ 鬣
羽根 枚ず
寧
着 ど
雪 氷 表現
悩
じ 考 進
「 ピ ラ グ」
マ “動 ”
図鑑 ど
動 選
ヨ
具
支
布地
ム ズ
動 ず苦労 れ
ゃ
進
れ ツ
違 応 楽
れ 姿
印象的
黒豹 蛇
シマ
バ… ど
素敵 品 次
皆様 ぜひ展示
足 運
身 品 探
ね
「ひ 人 」
牛乳
台 千 ど 切
貼
雛様
裏様
着
柄 髪型 表情
ひ
人
あ 細部
集 取
皆様
ひ 人
楽
ひ 祭 過 れ
思 ♪
ま
る
1
たなス
っております。
☆幼児・小学生コース
今
して
いです。
心 ワ
ど
変頼
き物を描いて 頂きましたが、
始めからの
た。
望や
る物
んで描いて頂いております 。
インのビンとうさ
徒さんも
の
形や桃、
から学
自由に
けしたレッスンも
:岩田
月
約 ヶ月
シ ズ
そ 新
タ
入
関
相談 多
れ
進路 将
職 夢
要 悩 ど
あ
直接
多
それぞれ 将 関
真剣
取
護者 方
方向
探 到達へ
グラム
格
近道 遠
標 向
ひ
努力
身 メ ジ 頑
張
ね
2
さ
めて下さっております 。モチーフは
りにちなんで 、市
が
をお
よりも
(講
)
ー
す
たすら
して
☆平岡 JUSCO 教室
☆デイケアクリニックレッスン
師 角
平岡JUSCO
月 「雪
品 」「JR タワ
ラ グ 」「ひ 人
」
盛
「雪
品 」
雪像
気 入 雪像 資 見
雪像 細
ろ
影
的 表現
雪像
背景
公 様子 表現
光客
姿 入れ
雪
雰囲
気
「JR タワ
ラ グ 」 “動 ”
マ
ラ グ
布
ジ
全員 ヨ
普段
ヨ
ほ ど 高
動
毛 何
ヨ 混ぜ
表現
低
布
懸命 引 張 伸ば
動
「ひ 人
」 千
ラ
包 和菓子
品
ど
工 重ね
切 貼
丸
思
切れ
ひ 様 顔
ど れ 丸
皆
様 工夫
当
ひ 人
☆
月
予
楽
ね♪
教室、今
作
制作 、
形制作
(講
は、
ーコンコースフ
と、レッスン内容が
や、お
ていきました。
に
だけでなく、
たり、観
の
かいとこ
に
ッ
制作
りの
は、
もつけながら 立体
田なつみ)
制作
桃や
も
園の
たりと、
を
画を
も
ながら、描い
に
のお
描き
までよく描けており、
も、ビルや木で大通
の花な
エン
できていました 。また、
や、自分の
:岩田
ン
し
が
の春らしいモチーフを中
っくりと
ー
に描きました 。フ
ッ
ャスコの生徒さんは
レ
ンを使うことが
物の
を、
んでおり、
今から 12
目が待ち
を大
手な
にして
も、
分
のクリス
しいです。
の物の
ったりとした 作
ーさんとともに
に水彩画や、
色
けて
きたいと
い間描いていない
とん
して下さりました。
いらしい
を一生
も、
なので、
ない
、ク
学年の生徒さんも、
ながら、とても上手に
学年の生徒さんや、幼児さんも、
に
形制作
は、
になりました 。
ごとに、
り
っ
って
しながら、かわ
代紙を
ップで
み、
の生徒さんも、
い通りに
なかった幼児さんも、お
、き
した。
さん、自分なりに
い
形が完成しました
いな
々
は、デッサン や水彩画を
の
作を
りがとても上手になっていて 、
や、小さなお 花な
来
物の絵 をテ
ンを使いました 。
ンを
ような作
な
は
る
い形がな
な
の
を作って下さっておりま
し、本
にかわいらし
定しております 。お
橋本 悠汰くん(新小5)の作品
し
みにしていて下さい
いとう まなみちゃん(5さい)の作品
伊藤 愛嘉ちゃん(新小2)の作品
6
- -
で
、 え
、
まで
っております。
絵
物の絵を描いて下さりました。
な
かなか
制作
ス
づくりを 年
加して頂けたらと願っております 。
まつりの
は、紙でなく 、
クレ
色かのクレ
描きにくい
ッ
)
り組んで頂いております。 の作
がとてもよく 出ておりました。
ーコンコースフ
美香
菜 ど
ピツ じ
取
ど
品 個性 富
月
マ 展示会
披露
遠
それぞれ 見方 考 方
方 切
ゆ
品
末
メ バ
続 ゆ
思
苦 人 随 長
人 ど ど
な
は、自分の描いて
料を
師
心
(講
りだくさんでした 。
まつり絵画コンクール作
みたい
:
まつり絵画コンクール
ん
んご参
誰でも最初 は一年生
北海道
師 片山佑香
れど 桜 思
それ 卒 卒
ピ
当 シ ズ ぴ
(講
:
)
月 桜 咲
切 気
業&入 入 シ ズ
ァ 盛 咲 誇 桜 姿
思
シ ズ
歌 「ド ド ド ! ね
」 耳
私 張 切 長 卒 式 歌
覚 あ
改
歌 聞 昔
ず ぶ 違 印象
子ど
単純 “元気
歌”
メ ジ
思
人
懸命歌 卒 子ど 姿 見 聞
当
子ど
“不安
表現
歌”
ぁ じ 思 全 泣
歌
感動 歌 帰
♪桜咲
ひ
(
行
♪
涙 止
(;^_^ )
の3
はまだ
出すとなんだか
園・
パ
ない
学
ーッと
ー
大に
ったりのお花だと
この
い
ー
い
ん
る
ー
にします。
は、本
の
も
キ
り
う
を受けるのです 。
もたちの
だな
としみ
となり
いますが、大
もの
を
い、
ン
いち
児の
い
く
3
ご
で
、今は
園・
も
きに
皆
卒業
れ
“誰
後のフレー
。
分は
さんも
を
えら
る
でも
でもさいしょは
祝
い申し上
初は一年生 です
いち
の
が
が、
え
が
、一
いが
は
よりも、
ス
んせい
んな時の
きするけ
げ (o^∀^o)
ます
イ
の
の
にも
み
かの
る
く
らまた、たくさんの
が
が
まり
の花
春だな
~
は
思
、
いと
と
ってしまうから
ですが、本
に
の
わるものが
。
るように
年
ると
で、色
イ
めて、ご
を意
く
る時期ですよ
という
学・ご
特に
が
さ
。
ります。
る
、
赤系)
についてご
け) が
な
や
とさ
の
している
紹介
した
ており、
という
の
は、
うです。
) は、サク
になったのは
の花の
時代
の
。
っ
なごく
よく
いサク
い
みの
かける
の色と
えら
和 名 桜 他 “紅梅
ば ろ ” “撫
子
ろ ” “牡丹
ろ ” “薔薇 ば
ろ ” ど
命名 れ
夜 明 頃
東 空
“東雲
ろ ” 絶滅 心配
れ
風切羽根 ど 見 明 紫 赤
“鴇
ろ ” ど 然
命名 れ
多
調べ
楽 思
私 身 瑠璃
ラピ ラズ
濃 紫 青 “瑠璃
ろ ” ラ 濡れ 羽根 艶
“濡羽
ぬれ
ば ろ ” ど 味 知 層好
趣
あ 日 伝統 触れ 桜 見
「日
れ 良
ぁ…」 じ 感じ
には、
色(なでしこい
の通りだな
しい
け(
っ
ではなく、
の色
らい
を
の
さ
えます。今年も
、ご
の
ています。
、よけいに、
い出を作り、充実 した
います。
いて
桃色だから
) な
(
い
を
学おめでと
7
- -
ま
にも、
)、
のような色の
色(ぼたんい
い
) な
る
本の
て
な
) な
、自
スの
が意
に
かったな
に
を
える
の色から
い
た
みの
)、
)、
色(
が
ける
) 、
るい
さ
います。
の
り一
ると、
いい
た色や、
しいと
リ)のような
) と、カ
さ
色(しののめい
てみるととても
ス
色(こう
、花の色から
色(ときい
か
の
ているトキの
く、
しく
いますが、こ
は
る
色(さくらい
るような
が始まります 。
の色
生)
います。
らかな
たいです。
くいらっし
学・ご
:
赤” 「あ 明 」 語源 れ
現在
れ ‘真 赤 嘘’ ‘赤 他人’ 言葉 赤
「明
」 味
そ
“桜
ろ ”
ラ 様 薄 紫
赤 名
江戸 頃 現在 見 ソメ
ヨシノ
山桜系 白 ぽ ラ 考 れ
インに
々の
いや別
(講
にかけてのこの 時期は、
います
もともと “
しいのか
り、
しさだからこ
園・ご
でも使用さ
ってきたり
うして
師 石丸弥
月
れ 多 あ
ね
桜…
印象 あ
進 卒業 れ 皆様
から4
徴するものが
今回は、 色を
と
りません
の木が
らが
出
おめでとうご
するのもい
イ
た期間を目一
い を
わる生徒さんも
を
る、一本の
で、
に
一
早いもので、もう4
います
に
ていて、
て、色々な
しいと
合、
通る
いました。限ら
かにしてく
~
月
会
象
入 入
ざ !!
桜 含む和 名(
してこの時期を
この春、ご
本
は、
より一
をして、
うしても
が、しみ
ら
そ
田なつみ)
春だな
渡辺 泉水さん
(新高2)の作品
3
がします。
えとして、 す
つが
うご
き
和の色名
ます。きっと、
に住
に立っていると、
がします。以前、
:
か
て、
い
ットでお花
なってしまうので 、
いたり、
に
いたのを
いような
なス
いですが、お花
ごして
前
まらなく
に
いますが、 が
の
が
を
。
とりで
(講
を
います。
がとっても
師 角
言 ば 番 頭 浮 び
日
全国 人達 桜 咲
見 「あぁ ぁ 」 感
じ 思
冬 長 北海道 む私達
層
そ 思 強
気
桜 有名 ポ
見
桜 満喫
見 ど
ワ ワ ガヤガヤ メ
私 場 桜 印象 あ 残
… それ
普段 道 あ
桜 咲
バ 停
桜 び 舞
…そ
方
じ 「 ぁ 」 感じ
気
何 雑誌 桜 ど 美
?
答
“ ぐ 散
”“
”
二 挙げ れ
単純
当 そ
ぁ 思
れ
杯咲誇 人 心
豊
れ 桜… 瞬 美
そ
心 深 伝
あ
思
桜 見
“思 ” 感じ
月 新 度
新 環境
変
多
ゃ 思
れ
思
楽 毎日 過
ほ 思
改
卒業 入
ざ ☆
目にも
におめでとう
A。
春のお花と
と
と
できている、いい
けなかった
桜
の
ー
な
に今
大関 結ちゃん
(新小1)の作品
という
うだよな
さん、本
んでいって下さい
「桜」
。
も
ントに
‐ティーチャーズ‐
---今月のお題---
の
けた、
ってきたのでした 。
けるかな だけでもう
ると
にも
ものときは
から色々なことが待っていると
も
き
んといけ~♪
お
最
るのではないでしょうか
で
だ
ズ 題名 付 ♪
部 子ど
何 感じ
「ホ そ
ぁ 」 頷
?
迎 れ 皆
当
思
最
”
!失敗 恐れず
ね
ね
ど ど
どど
めつけは
初は一年生 ♪。
この
います。こ
け
と
という
くと、本
して、
でも
いてく
んせ
くと
そ
かったけ
ン
園
を
極
最
ど
れ
月 卒
ざ
れど 何事
向 突 進
♪ れ
誰
になった自分が一
ながら
いたら一年生
出だしの、
ー
な一年生になる
、
期待を上手に
み
なります
キ
めてこの
に
園する
の
を
園・
ンク色で
にこの
って年
るのですが、今
う
する
の
えが
しかなかったと
生
、
は、
います。
ものときはただ
イ
いてはいないけ
ンだからなのでしょうか 。
き
ンになると、
をよく
っていた
は
持ちになります。
が
みの
の
たものが
自
は、
をした
のような
色(るり
色(
きになった色です。
を
としみ
た時のように、
み
ます。
の
きの
本に生
師 澤野尚子
城巡
桜
(講
:
)
数
月 日 私 京
九日 旅
国宝 城メ
京 行
思
タ 地点 石川県金沢
肌寒
少 暖
… 思
次 行
京 暖 び
北海道
理解
感覚
関
月
桜
季節
ね
京 ど 行 桜 桜 桜 白 び
あ
れば
濃 ピ
び あ 桜 見
珍
楽
歩
途 高 丘
場
そ 見
京 空 埋
咲 桜 隙 見
寺 神社 漆黒 屋根
墨
美
夜
岸 咲 白 桜
真 黒 面 鏡
映
散 桜 び 川
面 覆 尽
見
怖 ほど
雪解 季節
「
咲
ろ ぁ
」
決 見
風景
思
年前の4
うと
間の
2
。
とにし、ついでに
ート
し
かいくらいかな
と
都の
こに
っても
い
、
しくて、充分
しまったのですが 、
ように
く
まさに
絵の世界の
を
い
と
くなる
けの
西では4
。
らも
中で小
こから
はまさに
い花
り、
い
の
の
を
める
の
の
。
く
い
っ
い水
くしているさまを
の花を、
った
の花
~ と、
札幌では
して
ることのではない
を
で
を
を今でも時々
と街と
と
所は
とのコ
では
前
が
です
通の
に
く、
出を
してく
て
の
年
ね
とお
いたいです。
トーンの
と、一
も
に
もこ
し
色は世界中の
も
の
の札
ンが
です。
ンが
え
です。
が
に一
園、街
いとは
や
木な
がまた年々(としとし)の
い
のものです。4
の
い
の大
ぶ
って一年
、
な
ール
見 行
お花
間から
も
や
くとフ
今年も
を
が
都も
ー
ウルウルしてしまいます 。
に
けの
らしいですが 、大都
。札幌は
っ
を
くと春はも
のないモ
ボレー
春
かきをしなが
が
いのですが、
も
ときめく
がつく
是非
礼 言
し
けの
はやはり
ごく
の
んの
になったとたんに 札
のまだ
のコンビ
の
い出は、
って来ると
の
出来ます。
、
ら
年
や
て、一
いているのが
が出来る札幌の春
にした
いますが、札幌の
い出すのです 。
岩
にお花
って自
も
幌も自
うな
して
色になります。
です。花
々に
の
して札幌に
けの早さでわかります 。
を出し、
)
きます。
る時です。春分の
実に春に
しています。
も一
りが
木が待っててく
しの花がパーと開き、
の
お
だと
:岩田
の
んなに待ち望んでいたのに
に春の
もつつ
でした。
いてるんだ
を
中にこ
たときは、なんだかちょっ
になると、 もうきっと
や、
からサク
開の
わえます。
まり
きのとうが
が
らが、
を
、
い
くと
ってないのに
幌は一
しさでした。
に
に
に
うここに
所に出て
い
しか
ら春の
ているだけ
都の中
や
に
みに本
にお花
らのものも
を
のような
えたのは
える、
お
し出していて 、さらに
水
った
に住んでいるとま
しめました。
と、 間から
になっても、
、
ンクの花
いて回っていると、
のように
春
。
、桃色や
でも物
に
が
本が本
く、札幌より
っていたのですが 、
ですが、
まだ
ったのでした。
っくり。さらに、
師 美香
北海道 雪深 頃 沖縄
ラ 便 届
日 当 南北 長 列島 感じ
日
休 州 行 満 桜並
れ 足
先 見 味
そ
戻
ほ
数日 経
確
近付
日差
強 方 雪解
雪
訪れ あ
気 付
到着
そ 新 度
気 景
河原 雪解 隙 ふ
顔
藻 山 新緑
ノ
ぶ
雪解 音 止む 気
桜 季節
粉症 毎 辛
梅 桜 ぶ
じ 同 見
景
人 胸 張 慢
京 奈良 金沢 東京
堀 富士山 背 桜 素晴
会
然 空 桜
ネ ショ 最高 思
ば 桜 名 城 ラ ショ 殆ど 北海道
松 城 有名 ね
道庁 それ 番近
思
桜
山 公 路樹 庭 ど
普 場面 多 それ
思
残 れ 私 青 そ
月 5月 桜
思
心
甘酸 ぱ 私 切 宝
桜 題名
歌 聴 ィ ドバ
心
(講
りをしよ
インにまわるこ
市はまだ
できない
なのです
のお
こう、と
にした
かさに
ったく
都にいました。お
都にも
ス
都で
は
に出たのです 。
日本全国桜見物 したいですね。
の
物です。だか
ックして目も
りの
桜
も
会
たちにまた
えた
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に
心よりお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復旧を
心よりお祈り申し上げます。
月号 校正
日 東北関東 震災 起 日
変
私 そ 病院
ケ 施設
指
導
震度 長 揺れ
好運
被害 あ
仕事
頃 帰
ど 局番 被災地 れ 地獄 思
ほど残酷 映像 映
それ 連日
地震 津波 福島原発事故 悲惨 様子 放 れ続
親 失 子ど 子ど 失 親 族全
員 瞬 津波
れ
友 隣人 亡
人 何 何 多
・・・ 族 友人
ふ
そ 思 全 瞬 失
東北
方 日 心 痛
平
未曾有 事 起 誰 想像
被
災 方 心 見舞
げ
亡
方 冥福 祈
げ
第二次 戦 淡路 阪神 震災
数多
然災害 日 人 力
何 乗 越 復興
被害
我 それぞれ
事
行動 表
日 復興 祈 ゆ
表 美香
今
が一
中村 真由香ちゃん(新小3)の作品
の
を終えた
しました。
に
大
が
の時、
のデイ
ア
をしていました。札幌も
にも
は
間
な
を
と大
と
ております。
が一
た
に大
々が
と
を
して
の
本中が
の出来
した
りになった
自
を
本
きました。
つ一つ
も
も、
を
てを一
こると
が
をお
わし、
一
や
を
にして
送さ
8
くし
も、家も、
ってしまった
成 23 年にこんな
ると共に、お
くな
ます。
と始めとする
とか
り
え、
を
って
の
して
に出来うる
代
- -
い
していたでしょ うか。
々が
も早い
える
、家
も、
宅
24 時
った
大
を合わせて
かと
から
が
り申し上
・
に
もを
いを申し上
や、
ましたが
な
めております 。
のなかった
に
。家
本中
で絵の
が
てしまったり、
いことか
よりお
は
のこ
の
った
々のご
世界大
い間
こり
を終えて 10 時
し出していました 。
い出
が
々に
の
にのま
と
るさとも
々に
3で
りませんでした。
するとテレビでは
佐藤 初美ちゃん(新小3)の作品
は
を一
きましょう。
岩田
9
- -
-10-
-------[ 投稿イラストコーナー ]-------
藤田 光くん(新小3)の作品
大関 結ちゃん
(新小1)の作品
↑しょうじ やまとくん
↓(5さい)の作品
萩原 綾音さん
(新中2)の作品
リボンハウス
絵画教室
■大通教室 〒060060-0042
札幌市中央区大通西 6 丁目6
丁目6-9 クリーンビル3
クリーンビル3階
■JUSCO平岡店
JUSCO平岡店 イオン札幌平岡
イオン札幌平岡ショッピングセンター
札幌平岡ショッピングセンター2
ショッピングセンター2 階
代表:TEL/FAX
代表:TEL/FAX 011―
011―232―
232―6715
IP電話
050IP電話
050-1145―
1145―8760
※どちらもご利用
どちらもご利用いただけます
利用いただけます。
いただけます。
http://www.ribbonhousehttp://www.ribbonhouse-artschool.jp/
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
26
File Size
1 631 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content