close

Enter

Log in using OpenID

クレヨン模写での西洋美術史

embedDownload
第5回エコール・ド・クレヨン展
クレヨン模写での西洋美術史
―ボッティチェリから印象派を経てマティスまで―
(H26.9.14)
芸術の秋に相応しい展覧会の案内状をいただいた。この案
内状は「さいたま市と伊奈町」を中心に結成され20年経つ
「彩の国を描く会」の会員である高橋とし子さんからである。
高橋さんは我が家から二軒先に住んでいる。美術鑑賞を趣味
の一つにしている私にとっては、身近な人の作品に興味があ
りうれしくかった。是が非でも鑑賞しなければとの思いが強
く、時間のやりくりをして最終日に銀座ギャラリームサシを
訪れた。
この展覧会のユニークなのは、1つ目は全作品が新聞紙に
クレヨンで描いていること。2つ目は作品に必ず有名画家の
作品を模写した作品を出品していること、3つ目は自画像を
描いていること。出品者全員が3つの約束事に基づいて描い
ていることだ。このようにテーマをもった展覧会をこれまで
鑑賞したことはない。鑑賞する立場からすると、模写とはい
え、原画も知っているのでそれを思い出しながら、皆さんの描いた模写を鑑賞していくこと
は楽しい。今回の模写作品のどれをとっても、見事に原画に近いものへと作品を描き上げて
いることに感動し、この絵画サークルのレベルの高さは私にとっては驚きできであった。
私が特に目を惹いたのはターナー「難破船乗組員の救助に努める漁船」で躍動感に満ちた
描写、画面にみなぎる迫力に感動しました。この作品を思い出すのは、ロマン主義者の先駆
者と言われているジェリコの「ルメデュースの筏」です。その他にフェルメール「「牛乳を
注ぐ女」でした。残念だったのは、磯崎さんの作品が歩道側に向かって展示されていたので
写真に撮れなかったことです。
★高橋さんの模写「夫婦」はモディリアーニ」の作品、原画を思い出しながら鑑賞させてい
ただき、写真に収めたが、原画の雰囲気がよく出ている。彼は画家、彫刻家。主にパリで制
作活動。芸術家の集うモンパルナスで活躍し、エコール・ド・パリ(パリ派)の画家の一人
に数えられている。顔と首が異様に長いプロポーションで目には瞳を描き込まないことが多
いなど、特異な表現をとっている。
原画
高橋さん模写
高橋さん模写ルオー見習職人
★ルオーは、パリの美術学校でマティスらと同期だったこともあり、フォーヴィスムの画家
に分類されることが多いが、ルオー本人は「画壇」や「流派」とは一線を画し、ひたすら自
己の芸術を追求した孤高の画家であったと言われている。私の好きな画家である。現役時代
は職場が近かったのでパナソニック汐留ミュージアムにルオーの展覧会がある度に訪れてい
た。独特の骨太の輪郭線と宝石のような色彩が特徴で、画題としてはキリストを描いたもの
のほか、娼婦、道化、サーカス芸人など、社会の底辺にいる人々を描いたものが多い。
★高橋さんの自画像については、案内状をもらった時点でこれかなと予想して、犬がいるの
で犬を抱いている絵が高橋さんの作品と示したら、みごと外れてしまった。「お茶を飲む」
横顔でした。絵を描く中で一番難しいのは自画像と言われているが、高橋さんの作品をじっ
と見ていると、高橋さんの顔とダブってきてしまう。
短い鑑賞時間だったが楽しい展覧会でした。
フェルメール作品と作者自画像
ターナー作品と作者自画像
レンブラント作品と作者自画像
ベラスケスと作者自画像
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
503 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content