close

Enter

Log in using OpenID

第1回 日戦勉強会【法務】 平成 25 年 3 月 11 日(月)

embedDownload
第1回
平成 25 年 3 月 11 日(月)
日戦勉強会【法務】
最新の判例事情
MEMO
弁護士 片山智裕
判例タイムズ
11 月 1 日号
〇記事:株主平等の原則
新たな類型:形式的には平等であるが,実質的
に不公平であること
いわゆるスクイーズ・アウトが株主平等原則に
違反しない(東京地裁 H22.9.6)
〇判例:最高裁 H24.4.24
株主総会決議を欠く募集株式の発行
①非公開会社が
②第三者割当の方式により募集株式を発行した
が,
③株主総会の特別決議を経ないときは,無効に
なる。
判例タイムズ
11 月 15 日号
〇記事:不執行の合意をめぐる裁判例と問題点
給付訴訟で不執行合意を主張すること
⇒OK
⇒判決主文に明示する(最高裁 H5.11.11)
執行段階で不執行合意を主張する場合に採る手
続
⇒請求異議の訴え(最高裁 H18.9.11)
〇記事:優越的地位の濫用の禁止
平成 21 年改正の影響
一般指定 14 項→2 条 9 項 5 号法定化,課徴金対
象に。
判例タイムズ
2 月号
○判例:東京高裁 H24.10.10 決定
いわゆる預金額最大店舗方式
→差押債権の特定性を欠く。
債権特定の識別基準
⇒最高裁 H23.9.20 決定
判例時報
11 月 1 日号
〇判例:最高裁 H24.4.24
(→判例タイムズ 11 月 1 日号)
1/3
第1回
平成 25 年 3 月 11 日(月)
日戦勉強会【法務】
2 月 1 日号
判例時報
MEMO
〇判例:最高裁 H24.10.19
債務整理に関する弁護士の受任通知が「支払停
止」に当たるとされた例
「債務者が支払能力を欠くために一般的かつ継
続的に債務の支払をすることができないと考え
て,その旨を明示的又は黙示的に外部に表示す
る行為」
判例時報
2 月 11 日号
〇判例:最高裁 H24.7.24
普通預金債権のうち差押命令送達時後の入金に
よって生じる部分の債権差押差押命令が差押債
権の特定を欠き不適法とされた例
⇒特定の預金口座への入出金を自動的に監視し,
常に預金残高を一定の金額と比較して,これを
上回る部分についてのみ払戻請求に応ずること
を可能にするシステムが構築されていない。
判例時報
2 月 21 日号
○賃料債権の差押えの効力発生後に賃貸借契約が
その目的物の賃借人への譲渡により終了した場
合において,その後に支払期の到来する賃料債
権を取り立てることの可否
⇒否定(継続的債権の基礎となる基本的法律関
係の変更消滅を禁止する効果はない。
)
但し,最高裁 H10.3.24 判決との比較
建物の賃料債権の差押えの効力が発生した後に,
建物の譲渡により賃貸人の地位が建物譲受人に
移転したとしても,建物譲受人は,賃料債権の
取得を差押債権者に対抗することができない。
NBL
11 月 15 日号
〇記事:濫用的会社分割と詐害行為取消権をめぐ
る諸問題
(最高裁 H24.10.12 を手掛かりとして)
NBL
12 月 1 日号
〇記事:優越的地位の濫用に関する実務上の問題
点
優越的地位の濫用ガイドラインの概説(弁護士
からみた疑問点)
2/3
第1回
NBL
平成 25 年 3 月 11 日(月)
日戦勉強会【法務】
12 月 15 日号
MEMO
〇判例:最高裁 H24.9.13
定期賃貸借契約-説明書は契約書と別個独立の
書面であることを要する(積極説)
NBL
1 月 1 日号
〇記事:2013 年ビジネスローの展望
債権法改正の動向
3 月中旬ころ中間試案の公
表?
NBL
2 月 15 日号
〇記事:中小企業等の再建に向けたDDSの活用
-金融円滑化法の出口戦略として
金融検査マニュアル
DDS実行後の劣後ロー
ンを「資本」とみなす。
⇒債務者区分のランクアップ
資本的劣後ローン(早期経営改善特例型)
資本的劣後ローン(准資本型)
商事法務
11 月 15 日号
〇キャッシュ・アウトの新手法
株式等売渡請求の概説・スクイーズ・アウトの
問題点
商事法務
11 月 25 日号
〇詐害的な会社分割における債権者の保護
H24.9.7「会社法制の見直しに関する要綱」
残存債権者を害することを知って,会社分割を
した場合
⇒残存債権者は,承継会社等に対しても,債務
の履行を請求することができる。
商事法務
2 月 15 日号-25 日号
〇濫用的な会社分割と詐害行為取消権
⇒詐害行為取消権の行使を肯定する
【講師紹介】
本間合同法律事務所 弁護士 片山 智裕氏
<略歴> 1995 年 東京大学法学部卒業
〇商事法判例研究-取締役会決議を欠く重要な業
1997 年 司法修習修了(第 49 期)
務執行の効力と無効を主張できる者の範囲
東京地方裁判所判事補任官
⇒原則として会社のみが主張できる
2003 年 退官・弁護士登録 本間合同法律事務
所入所(旧)中央青山監査法人入所
2007 年 公認会計士登録・監査法人退所
3/3
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
212 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content