close

Enter

Log in using OpenID

顔だちにかかわる 遺伝子を発見

embedDownload
FOCUS
Biology
顔だちにかかわる
遺伝子を発見
遺伝子の情報から顔の形を予測す
る技術が開発できるかもしれない
一卵性双子児の顔はよく似ている
ため,顔だちの形成には遺伝子が
かかわると考えられている。この
たび,エラスムス MC 大学医学セ
ンターのファン・リウ博士らの国
際研究チームは,人の顔だちを決
めていると考えられる五つの遺伝
子 を 割 り だ し た。 今 回 の 成 果 は,
遺伝子を調べることで顔だちを予
測する,犯罪捜査などに応用でき
るかもしれない。
私たちは,一人一人,外見がことなっ
かを調べた。 ている。目の色や髪の色,顔の輪郭,鼻
解析の結果,顔だちのちがいに関係
の高さなど,人によってそれぞれちがっ
する塩基のちがいが発見された。その
かみ
りんかく
ている。このような外見のちがいは,何
結果,顔だちを決めていると考えられ
によって決まっているのだろうか? 目
る五つの遺伝子が同定されたのだ。そ
の色や髪の色については,それらを決
れぞれ「PRDM16」
,
「PAX3」
,
「TP63」
,
める遺伝子があることがわかっている。
「C5orf50」
,
「COL17A1」という名前の
しかし,顔の輪郭や鼻の高さなどの顔
遺伝子だ。最初の三つには,顔の形成
だちが,どの遺伝子によって決まるの
に不可欠なはたらきをもつ,
転写因子
(遺
かはよくわかっていなかった。
伝子のはたらきを調節するタンパク質)
このたび,オランダ,エラスムス
の情報が書きこまれていることが,こ
MC 大学医学センターのファン・リウ
れまでの研究からわかっているという。
博士らの国際研究チームは,ヨーロッ
残り二つの遺伝子については,顔の形成
えい きょう
パ人の顔だちに影 響 をあたえると考え
と直接かかわるという報告はまだない。
られる五つの遺伝子を発見した。この
成 果 は,
『PLOS Genetics』2012 年 9
遺伝子を調べて未来の顔を予測
月号に掲載された。
DNA を用いた個人識別にくわしい科
けいさい
学警察研究所法科学第一部生物第四研
究室の関口和正室長は,
「今回の研究は,
博士らは,オランダとオーストラリ
ヨーロッパ人を対象に行われたもので
ア,ドイツの成人男女 5388 人がもつ
す。アジア人はヨーロッパ人にくらべ
遺伝情報と,顔の形との関係を調べた。
て顔が平たんなので,また別の塩基の
この方法は,
ヒトの全遺伝情報(ゲノム)
ちがいが関係している可能性もありま
を用いて行うため,
「ゲノムワイド関連
す」と話す。
解析」とよばれる。
今回の成果はどのようなことに応用
人はみな,もっている遺伝情報が一人
できるだろうか。研究チームによると,
一人ことなる。これは,
遺伝物質「DNA」
DNA を調べて顔だちを予測する技術が
を構成する,
「塩基」の並び方が人によっ
開発できれば,犯罪現場に残された生体
てことなるためだ。今回博士らは,ヒト
試料から犯人の顔を推定するといった
の全遺伝情報のうち,一人一人ことなっ
技術に応用できるかもしれないという。
ている塩基について網羅的に調べた。そ
さらに,エンターテインメント分野
して,この「塩基のちがい」が顔だち
にも応用が可能かもしれない。顔の形
のちがいに関係するかどうかを調べた。
態を用いた個人識別にくわしい科学警
かいせき
顔だちのちがいを調べる方法
なら
もう ら てき
ひ けん しゃ
今回,博士らは,被験者の顔の上半
察研究所法科学第一部生物第二研究室
分を撮影した 3 次元画像を利用し,顔
の今 泉 和彦室長は,
「両親の DNA から,
だちのちがいを調べた。画像上のほお
将来の子供の顔を予測するシミュレー
骨の外側と眼球,そして鼻に設定した,
ション技術が開発されるかもしれませ
全部で九つの「点」のうちの 2 点を選
ん」と話す。
さつ えい
こ の 画 像 は, 人 の 顔 の 上 半 分 を 撮 影 し た 3 次 元
MRI(核磁気共鳴画像)だ。図で示されている白い
点は,ほお骨の側面(左右),眼球(左右),鼻の上(み
けん),鼻の両わき,鼻の先,鼻の下の,全部で九
つの場所に置かれた点だ(画像には,ほお骨の右側
と鼻の右わきに置かれた 2 点は写っていない)。こ
れらの点のうちの 2 点を結んだ距離をはかること
で,顔だちのちがいを数値化することができる。
せきぐちかずまさ
顔だちのちがいを顔の 2 点間距離で表現
きょ り
んで,その間の距離をはかるのだ。博
士らは,このようにして得られた,顔
の各部位についての情報や,顔の大き
さなどの情報が,一人一人がもつ DNA
の塩基のちがいと関係しているかどう
いまいずみかずひこ
a
(担当:編集部 小西真紀子)
協力
関口和正 科学警察研究所法科学第一部生物第四研究室室長
今泉和彦 科学警察研究所法科学第一部生物第二研究室室長
11
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
706 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content