close

Enter

Log in using OpenID

ダウンロード(PDF 11215KB)

embedDownload
P .02
P .04
P .05
P .06
P .07
熊谷キャンパス アカデミックキューブ
P .08
P .09
P .10
P .11
P .12
P .13
P .14
P .15
P .16
◆ 発行/立正 大学 校 友会 ◆
平成 27 年度校友会事業報告および決算報告、28 年度予算
校友会費 B 納入者一覧
立正大学生涯メールについて
校友の集い ホームカミングデーのご案内
熊本地震支援金の取り扱いについて・平成 28 年度同窓会代議員会開催
報告・物故者追善法要開催報告・定期総会報告・支部総会、学部総会・
研修会開催報告
平成 27 年度同窓会事業報告および決算報告
平成 28 年度同窓会事業計画および予算
平成 27 年度郵政会事業報告および決算報告・28 年度事業計画および予算
平成 28 年度橘会定期総会開催報告
橘会会長のご挨拶/平成 27 年度橘会奨励賞 受賞者の声
平成 27 年度橘会事業報告および決算報告
平成 28 年度橘会事業計画および予算
平成 28 年度橘会保護者懇談会開催日程
卒業生の活躍・INFORMATION
平成27年度 立 正 大 学 校 友 会 事 業 報 告 書 (期間:平成27年4月1日~平成28年3月31日)
事 業
会議
校友委員会
校友会主催講演会
平成27年6月27日(土)
ホテルグランテラス富山
記念講演:飯田 肇氏(富山県立山カルデラ砂防博物館学芸課長)
演題:立山の自然の魅力~雪の壁から氷河まで~
平成27年度立正大学同窓会定期総会と合同開催 (参加者:146名)
校友の集い
広報活動
在校生支援
(大学同窓会協働
連携事業)
平成27年10月31日(土)
品川キャンパス学生広場、9号館
「ホームカミングデー in 橘花祭」
として橘花祭と同時開催
◆名誉教授記念講演会:吉田榮夫名誉教授 演題:南極ーその自然と人々と活動ー:62名
◆法学部同窓会主催 法学部卒業生異業種交流会(法学部卒業)
:10名
◆キャリアサポートセンター協力 OB・OG 先輩を囲む会~社会を知ろう!先輩と会おう~:86名
◆教職センター主催・文学部同窓会協力 在職教員の先輩と話そうプロジェクト:21名
◆社会福祉学部同窓会主催 来場者用キッズコーナー:70名
◆立正大学 OB・OG による「立笑(正)点」寄席:44名
◆同窓会千葉県支部後援 笑いヨガ:10名 ◆入試センター協力 大学説明会:10名
◆メディアセンター協力 古書資料館:57名 ◆史料編纂室協力 大学歴史パネル展示:70名
(講演会等参加者数:440名 : 招待者:41名 計481名)
◆バザー(東京中小企業家同友会南部協議会)
:7名
◆ハガキ・切手の販売(大崎郵便局)
:5名
◆リンゴのノンアルコールカクテル配布(バーテルス)
:1名
◆農園窯焼きピザ・ドリンク販売(オラゲーノ)
:2名
◆日本酒プロジェクト(学生とのコラボ 権田酒造)
:18名(54本販売)
同窓会事務局長連絡会及び物産展参加者:70名、同窓会主催地方物産展:18県5学部
「OB・OG を囲む会」懇親会参加者数:60名
「ホームカミングデーi
n橘花祭」懇親会参加者数:70名
(参加企業及び参加者数:33名:一般参加者173名 計206名)
校友会報『たちばな』
大学同窓会情報含
・第26号(平成27年7月1日発行)
第25号(平成27年 4月1日発行)
第27号(平成27年10月1日発行)
・第28号(平成28年1月1日発行)
各90,000部
校友会ホームページ
卒業生活動情報、校友会開催行事案内・報告、大学同窓会開催行事案内・報告、短期大学部保育専門学
校同窓会開催行事案内・報告、橘会保護者懇談会開催・報告、郵政会開催行事案内・報告
校友会案内リーフレット作成 ・ 配付
卒業生・新入生 ・ 在校生 ・ 現元教職員・全国都道府県総会 ・ 他大学等に配付
入学記念品贈呈
新入生ガイダンスにて贈呈
卒業記念品贈呈
◆平成27年3月14日大学院修了式:平成27年9月18日・平成28年3月24日学部卒業式にて贈呈
校友会奨学生採用
第1期:25名採用・臨時:1名採用
第2期:19名採用・臨時:2名採用
校友会成績優秀者表彰
在校の1・2・3年生を対象に249名表彰(表彰状・図書カード10,
000円贈呈)
課外活動助成費
一般助成 ・ 特別助成 11,
800,
000円
校友会特別助成
平成27年5月28日体育会排球部大会出張費900,
000円
平成28年1月19日体育会射撃部大会出張費300,
000円
学園祭実行委員会助成
橘花祭実行委員会:2,
400,
000円 ・ 星霜祭実行委員会:2,
400,
000円
国際交流センター在校生支援事業費
1,
500,
000円(海外でのインターンシップ並びにボランティア活動等奨学金)
卒業生支援
校友会奨励賞
平成27年10月21日埼玉西武ライオンズ西口文也選手へ100,
000円授与
会員情報管理
収集 ・ 運営 ・ 管理
新卒者登録:平成27年3月新卒者および平成27年9月新卒者を登録
構成団体活動支援として会員情報の提供と提供に伴う管理
構成団体助成費
大学同窓会(24,
500,
000円)
、短期大学部保育専門学校同窓会(1,
200,
000円)
橘会(20,
000,
000円)
、郵政会(1,
000,
000円)
”
大学同窓会支援
定例理事会・代議員大会・全国定期総会・支部学部総会等開催運営支援、ホームページ・会報等による
活動情報や開催案内の告知・報告、大学資料等提供 その他
橘会支援
保護者懇談会開催支援、ホームページ・会報等による活動情報や開催案内の告知・報告 その他
短期大学部保育専門学校同窓会支援
卒業生の集い・定期総会開催支援、ホームページ・会報等による活動情報や開催案内の告知・報告、
大学資料等提供 その他 平成27年6月27日定期総会にて解散
郵政会支援
定期総会、地方代表者総会、役員会等開催支援、ホームページ・会報等による活動情報や開催案内の告
知・報告、大学資料等の提供 その他
校友会B(卒業生会費)徴収対応
平成27年7月1日発行立正大学学園新聞へ同封し、会費納入の依頼を実施・平成28年1月1日発行同新聞
へ再度会費納入依頼実施
名誉教授倶楽部支援
定期総会、世話人会支援、名誉教授講演会開催
在職教員支援
名簿の発行・ホームカミングデー開催時の交流会、懇親会開催
構成団体支援
その他
2
内 容
第1回(平成27年 4月22 日) 校友会役員、監査報告、校友会事業計画 ・ 収支予算追認承認等
第2回(平成27年 7月15 日) 第1期校友会奨学生採用審査、校友の集いホームカミングデー開催検討
第3回(平成27年11月18 日) 第2期校友会奨学生採用審査、校友の集いホームカミングデー開催報告
校友会 会則・細則、名誉会長取扱い申し合わせについて、校友会奨励賞
について
第4回(平成27年12月16 日) 校友会・校正団体前期事業 ・ 決算報告、校友会平成28年度事業計画案・
収支予算案検討、校友会会則・細則
平成27年度 立 正 大 学 校 友 会 決 算 報 告 書
(期間:平成27年4月1日~平成28年3月31日) 収入の部
科 目
収入合計
(期間:平成28年4月1日~平成29年3月31日) 収入の部
平成 27 年度予算額
平成 27 年度決算額
校友会費 A
123,790,000 122,799,000
( 新入生・在校生会費)
校友会費 B
(卒業生・現元教職員会費)
平成28年度 立 正 大 学 校 友 会 収 支予算 書
6,000,000
増 減
科 目
▲ 991,000
7,147,000 ▲ 1,147,000
129,790,000 129,946,000
▲ 156,000
□校友会費 A(在校生会費)は入学年次会費 18,000 円。
2年次以降各学年会費 10,000 円。
平成 28 年度予算額
平成 27 年度予算額
校友会費 A
124,100,000 123,790,000
( 新入生・在校生会費)
校友会費 B
(卒業生・現元教職員会費)
収入合計
6,000,000
増 減
▲ 310,000
6,000,000
0
130,100,000 129,790,000
310,000
□学生数算出に関しては前年度納入実績を参考に算出しています。
□校友会費 B(卒業生・現元教職員会費)は年 3,000 円。
支出の部
支出の部
科 目
平成 27 年度予算額
平成 27 年度決算額
増 減
人件費(講師講演料)
200,466
100,233
100,233
旅費交通費
270,000
168,880
会議会合費
388,800
通信運搬費
平成 28 年度予算額
平成 27 年度予算額
人件費(講師講演料)
200,466
200,466
0
101,120
旅費交通費
270,000
270,000
0
388,800
0
会議会合費
388,800
388,800
0
7,931,000
7,857,987
73,013
通信運搬費
7,931,000
7,931,000
0
印刷製本費
7,347,000
5,761,651
1,585,349
印刷製本費
7,344,520
7,347,000
▲ 2,480
委託費
6,948,960
6,049,816
899,144
委託費
6,930,384
6,948,960
▲ 18,576
手数料報酬
240,000
400,229
▲ 160,229
手数料報酬
240,000
240,000
0
賃借料
300,000
280,800
19,200
賃借料
300,000
300,000
0
学生助成費
54,394,440
51,236,770
3,157,670
学生助成費
55,594,440
54,394,440
1,200,000
校友会構成団体
助成費
46,700,000
46,700,000
0
校友会構成団体
助成費
45,500,000
46,700,000 ▲ 1,200,000
校友会特別助成費
3,000,000
1,200,000
1,800,000
校友会特別助成費
3,000,000
3,000,000
0
校 友 会 10 周 年 記 念
事業費
2,000,000
2,000,000
0
校 友 会 10 周 年 記 念
事業費
2,000,000
2,000,000
0
69,334
7,800,834
▲ 7,731,500
400,390
69,334
331,056
129,790,000 129,946,000
▲ 156,000
130,100,000 129,790,000
310,000
大学経理部所管
総計
科 目
大学経理部所管
総計
増 減
特記事項
特記事項
①通信運搬費のうち卒業生向け校友会報・学園新聞発送費
7,500,000 円は政策広報課予算へ移管
①通信運搬費のうち卒業生向け校友会報・学園新聞発送費
7,500,000 円は広報課予算へ移管
②学生助成費のうち校友会奨学金 11,400,000 円、課外活動助成費
11,800,000 円、橘花祭・星霜祭実行委員会助成費
4,800,000 円、課外活動奨励事業は学生生活課予算へ移管
②学生助成費のうち校友会奨学金 12,600,000 円、課外活動助成費
11,800,000 円、橘花祭・星霜祭実行委員会助成費
4,800,000 円、課外活動奨励事業は学生生活課予算へ移管
③在校生支援事業(海外でのインターシップ並びにボランティア
活動等奨励奨学金)1,500,000 円は国際交流センター予算へ移管
③在校生支援事業(海外でのインターシップ並びにボランティア 活動等奨励奨学金)1,500,000 円は国際交流センター予算へ移管
④校友会構成団体助成費内訳は、大学同窓会 24,500,000 円、
短期大学部保育専門学校同窓会 1,200,000 円、
橘会 20,000,000 円、
郵政会 1,000,000 円
④校友会構成団体助成費内訳は、大学同窓会 24,500,000 円、
橘会 20,000,000 円、 郵政会 1,000,000 円
※事業計画は第 29 号をご覧ください。
3
27
27年度
年度下期
下期(●月●日∼
( 8 月 21 日∼
校友会費 B 等納入者芳名(順不同、敬称略)《平成
3 月 31 日納入分まで》
平成 28
28年年●月●日納入分まで》
−ありがとうございました−
◆北海道◆
伊東正明
奥田勝昭
近藤真司
釋英照
釋英義
釋ひかる
高橋定敏
西坂健一
濱﨑智淳
村椿幸二
山﨑富男
横田定美
◆青森県◆
楠美隆嗣
澤口公孝
間宮康文
◆岩手県◆
阿部まさえ
宇野智謙
西山是文
藤原美千子
古川栄子
涌田広重
◆宮城県◆
四竈健彦
菊地邦彦
後藤常子
櫻井信也
鈴木潤一郎
丹野敏夫
星紀之
目黒功
◆秋田県◆
伊藤弥
岩谷宣行
加藤博明
工藤潤平
柴田陽一郎
畑山喜久雄
藤下宗一郎
皆川典子
◆山形県◆
今野隆
川越正彦
後藤泉
佐藤毅
玉木龍晃
◆福島県◆
有我庸平
小山田祐美子
佐藤英記
田母神公幸
羽田豊秋
三瓶ユキエ
山上大介
◆茨城県◆
池田祐樹
磯山和司
4
加藤滋子
軽部操
河原亮
菊田秀夫
古徳秀一
佐藤正人
杉山忠彦
田口茂
峯岸伸一
栁田卓亮
◆栃木県◆
青木トク
飯野博之
磯藤宗也
磯藤日勝
磯藤百合子
大島一人
川又啓多郎
須藤進太郎
横山隆明
◆群馬県◆
赤坂一郎
赤坂孝宜
木暮百合恵
佐藤洋
永澤義弘
根岸衣美子
松井雄三
松山範彦
宮崎広保
◆埼玉県◆
市川幹
井上文和
浦田充
大久保禄郎
岡﨑勉
岡野美佐子
柿沼進
片山波路
加藤幸夫
川鍋孝
菅野和俊
岸由晴
工藤加奈子
小久保英雄
小林健次郎
小山久夫
坂田三充
佐川裕明
佐藤弘道
柴崎健
渋谷昌利
清水海隆
鈴木明良
鈴木敏子
相良一郎
高野勉
高橋精一
田口雄太
田島初雪
立澤恭子
田中祥友
田中紀子
中島一真
中村英明
二瓶要一
野辺とに子
原啓介
樋口景吉
檜山正夫
松田洋昭
丸山アヤ子
宮本達矢
村井惇匡
森泉慎一
栁瀬由次
矢部幸雄
山口雅功
山下良雄
吉川利行
吉澤寿子
吉田栄夫
吉富明義
吉野郁惠
◆千葉県◆
麻生文雄
石井光恵
石川貞雄
石毛和美
宇佐神康行
大久保康雄
大森俊栄
加瀬守
勝田紀彦
北尾義昭
小室進
小山善之
齊藤岐代未
齋藤輝久
佐々木信一
佐藤誠
杉山智光
鈴野佳子
高久寿広
髙橋義勝
土持栄孝
中村廣己
南雲博明
西村和男
庭田純一
原秀明
藤﨑剛
星野栄
松本定祥
三橋徹也
宮本達也
室田眞利
山崎崇弘
山﨑庸男
湯原勇
横塚弘之
吉田弘
◆東京都◆
青山はるみ
赤塚教乗
浅野元紀
阿武野郁子
阿部真美子
飯沢伸一
伊東信夫
今村泰子
岩田宏之
潮田恒明
王在喆
大島芳材
岡部光謙
岡本淳子
織田次朗
小野寺捷
加藤淳
神山俊男
川﨑厚子
川島直一
河又浩昭
北山孝雄
木村元彦
小林浩茂
近藤善敬
坂井成一
坂誥秀一
坂本己由
佐藤孝
柴賢悟
白沢清
神川清
洲鎌義次
鈴木茂之
鈴木由美子
関一教
髙井正廣
髙野武
髙村弘毅
田村菜穂子
都築信彦
津村正信
津村正康
鶴田克己
鶴山知之
時田由太郎
戸田一誠
冨田和寛
富田蓮右衛門
長井勝彦
中沢信一
中村王彦
野坂法雄
野嶽実寿美
長谷川眞
原田忠彦
古田信一朗
星弘道
堀美惠子
増田妙子
松尾貴志 松原達哉
丸島光雄
丸山富子
水谷清
水野洋
水間覚代
村山一幸
森健二
八木橋透
矢口勝博
矢野真三
矢部 貴章
山本高史
横山俊一
横山裕
吉川哲夫
吉田仁久
芳田守
彌信道
小川和俊
小泉昶吉
後藤哲也 佐藤久美子
澤芳男
諏訪淳一
田中京子
山田正毅
和栗昌夫
渡邉剛義
◆神奈川県◆
會田昭三
麻生輝男
石井耀心
石井和成
石塚功二
磯﨑和夫
入澤充
内田美智子
尾幡光久
柿谷正期
加藤成一
金井義博
倉持宏明
國府田義昭
小熊弘一
小島勉
坂本文彦
佐川篤志
佐々木義正
鈴木嘉昭
髙木正
高木照子
髙作玄晃
髙橋和也
武越圀昭
辻井綾子
戸田教耀
中島興一
中村榮次
中村哲也
成田康彦
原敬一
前田敦
三宅恵公
宮川顕弘
森井健吉
森井茂
谷田部迪
柳川仁江
山岸義郎
山本惠紀
由本健二郎
脇本譜次男
◆富山県◆
大坪清治
酒井重律
清水浩二
土肥洋一
土肥洋之
藤田富士夫
本林弘吉
◆新潟県◆
秋山文孝
安澤征奉
江口信子
◆石川県◆
飯田毅
永田一孝
山本真世
◆福井県◆
葭原徹男
上嶋正守
◆山梨県◆
朝比奈玄馬
今橋小百合
遠藤太一
苅込義旺
米山徳彦
◆長野県◆
佐伯治夫
池田哲也
大野正訓
岡田晴雄
川上元
神田孝夫
遠山裕利
徳嵩一久
中野秀治
福島隆雄
古屋野順友
前川彰子
山本邦雄
◆静岡県◆
伊藤通明
植木和久
加藤真澄
鎌倉靖利
川手海正
島田哲生
廣﨑本浄
山田是佑
◆愛知県◆
加藤豊
川合泰
川本英貴
三浦弘喜
渡邉考哲
◆三重県◆
飯沼幸恵
飯沼良浩
板倉浩二郎
◆京都府◆
石井見秀
堀田泰盛
山口喜佐夫
◆大阪府◆
興田敏夫
長谷川鳳秀
山尾啓雅
◆兵庫県◆
菊田俊淨
谷口光子
三好一行
山本恵彦
◆和歌山県◆
堀雄幸
前川龍爾
◆鳥取県◆
榎尾棯正
岡田信俊
川端彬之
下村豊
◆島根県◆
小川慎二
白根裕文
永井康隆
原田明成
原田宏
樋野智之
古瀬修一
毛利幸
◆岡山県◆
赤座匤
秋山享祐
石井正宣
加藤倫司
阪本泰康
近重智雄
常井仁美
廣岡謙
八木大慈
安井智賢
◆広島県◆
川上紀道
小松教清
佐伯惠珖
佐藤敬三
平裕二
松本博雅
吉村均
若狭広明
◆山口県◆
上田泰造
弘中健一
藤いね子
◆徳島県◆
音瀬泰彦
藤原学
◆高知県◆
金子道男
中山敏弘
楡金美彦
森佳範
◆福岡県◆
久保木研治
德永前啓
◆佐賀県◆
永石義雄
◆長崎県◆
浅井円誓
梶原一乗
木寺浩三
寺澤次雄
西村利夫
村田孝仁
森光徳
◆大分県◆
秋吉信隆
清松敏秀
杉益夫
久長修治
◆宮崎県◆
柳田直人
◆鹿児島県◆
尾上道雄
兵頭昌明
◆沖縄県◆
大城春吉
新垣正則
西浜良光
渡具知武和
お寄せ頂いた会費・寄付金等納入者につきましては、平
成17年 4 月より個人情報保護法が施行されておりますが、
都道府県名・氏名に限って公表させて頂きました。何卒ご
了承下さいますようお願い申し上げます。
立正大学生涯メール始まりました
立正大学では、平成 27 年 4 月より立正大学の在学生、卒業 ・ 修了された方に生涯利用できるメールア
ドレス「例:学籍番号@ rissho-univ.jp」を提供しています(教職員 OB の方もご利用になれます)。
メールシステムとしてマイクロソフト社の Offi ce 365 を使用しており、Web サイトを利用してご自宅の
パソコンやスマートフォンでメールの送受信が安心・安全に行なえます。
このアドレスには、立正大学校友会発信のメールマガジンやイベント情報、立正大学のニュースなどの情
報をお送りします。 ※ Office365 の操作手順は校友会 HP をご覧ください。
立 正 大 学 生 涯メール利 用 方法
① メールアドレスの取得
URL:学籍番号@ rissho-univ.jp
【 平 成 2 6 年 度 以 降 卒 業 生・ 修 了 生 】
⇒ 利用申請は不要ですが、在学中に利用していた
パスワードを変更する必要があります。
【 平成 2 5 年 度 以 前の 卒 業 生・修 了生 】
⇒ ・ 利用をご希望の方は、新規利用申込が必要です。
・ 立正大学生涯メールサービス利用規約をご一読
いただきご承認のうえ、右記の要領でお申込下
さい。
② 利用開始前のパスワード変更
URL:https://pass.ris.ac.jp/iumus/
上記のパスワード変更ページにアクセスし、パス
ワード変更を行なってください。変更後、3 ~ 5 時間
程度で利用できるようになります。
・ 利用開始に際し、在学中に利用していたパス
ワードの変更が必要
③ メール利用開始(Web サイト(Office365))
URL:https://outlook.offi ce365.com/owa/
立 正 大 学 生 涯メール利 用 申込 の 流れ
【 平成 2 5 年 度 以前の 卒 業 生、修 了生 】
立 正 大 学生 涯メールを利用ご希望の方は〈 立 正 大
学 生 涯 メールサービ ス利 用 規 約・プライバシーポリ
シー〉をご一読いただき、ご承認のうえ、下記の要領
でお申込下さい。 ※利用規約・プライバシーポリシーにつきましては、
「たちばな」25 号にも記載がございます。
<STEP 1 > 必要書類を用意
所定の利用申込用紙に必要事項を記入してくださ
い。利用申請書は立正大学校友会ホームページより
ダウンロード(PDF ファイルまたは EXCEL ファイル)
できます。
有 効 期 限 内 の 本人 確 認 書
類を用意してください。
運転免許証、パスポート、そ
の 他 公 的 証 明 書 類 いず れ か
のコピー
<STEP 2 > 申込み
利 用 申 込書と本人 確 認 書 類を 学 長 室 校 友 課 宛
メールまたは FAX で送信するか郵送してください。
【 返信・お問合せ先 】
〒 141–8602 東京都品川区大崎 4–2–16
立正大学 学長室 校友課宛
T E L : 03– 3493– 6673
F A X: 03– 3493– 9068
E–mail: alu @ ris . ac. jp
<STEP 3 > 登録
申込用紙に記入いただいた住所にメールアドレス
と仮パスワードを郵送いたします。
<STEP 4 > 利用開始
パスワード変更ページにて仮パスワードを入力し
ログイン後、任意のパスワードを設定しご利用を開
始して下さい。
5
平 成 28 年 度
校友の集い
ホームカミングデー in 橘花 祭開催について
【1】開催趣旨
【4】タイムスケジュー ル
◆ 卒業生一同が品川キャンパスで集える機会を持つことで、
世代をまたぐ形の懇親・懇談を可能とする。
◆「校友の集い」
を学生の集う大学祭(「橘花祭」)期間中に開
催し、卒業生と学生との交流を促すことによって、在校生の
帰属意識を高めさせることを模索する。
◆ 全国からの 同窓生の参加を促し、校友活動の活性化を図る。
◆ 学生、卒業生が一緒に取り組める企画を模索し、
「 橘花祭」
を盛り立てる。
◆ 立正大学と同窓会の協力のもと、
「 校友の集い」に地域企
業の参加を促し、現役学生との接点を作る。
◆ 11月5日
(土)
、品川キャンパス
「橘花祭」
と同時開催
◆ 午前11時より午後6時迄
(予定)
午後 ◆「校友の集い」記念懇親会
◆「立笑(正)点」
◆ 立正大学公開講座
終日 ◆ 立正マルシェ
◆ 立正大学紹介コーナー
◆ 古書資料館見学ツアー
◆ 名誉教授・橘会賛助会員その他の卒業生・近隣住民
福島県の大野農園様よりスイーツピザの出店ならび
に被災地への寄付を目的とした大野農園様のリンゴ
を使ったノンアルコールカクテル試飲配付
【3】 開催内容について
◆ 卒業後10・20・30・40・50年の
卒業生を御招待 記念品の贈呈
◆ 立正大学公開講座
午前 ◆ 名誉教授講演会
◆ 在職教員懇談会
【5】参加予定人数
【2】 開催日について
◆ 名誉教授による記念講演会
11月5日(土)
吉田榮夫名誉教授 記念講演会
福島県産りんごを使ったカクテル
バーテラス様
◆ 卒業生の落語家による
「立笑(正)点」
◆ 大学入試相談コーナーの実施・品川
キャンパスツアーの実施
◆ OB・OG先輩を囲む会の開催
立笑
(正)
点
立正大学の歴史展
◆ 立正マルシェとして橘花祭模擬店
出店団体と同窓会、大崎・五反田
商店街及び周辺企業参加による
物販・展示・相談コーナーなど
OB・OG先輩を囲む会
◆ 大学職員有志による写真展及び
物販の実施
◆ 橘会賛助会の開催
◆ 立正大学の歴史展の開催
◆ 古書資料館見学ツアー
◆ 法学部卒業生との異業種交流会
◆ 来場者用託児施設の設置
◆「ホームカミングデーin橘花祭」
懇親会
◆ 懇親会場における在学生による
アトラクションの実施
東京中小企業同友会 南部協議会様
法学部卒業生 異業種交流会
古書資料見学ツアー
来場者用キッズスペース
同窓会 地方物産展販売
※写真は平成27年度のものです。
平成 28 年度
大学同窓会定期総会 校友会主催講演会 を開催
平成 28 年 6 月 25 日(土)に立正大学品川キャンパスに於いて、
『平成 28 年度立正大学同窓会定
期総会』が開催されました。当日は校友会主催による講演会を、山下富美代氏(立正大学名誉教授)を
講師にお迎えし、
『注意とエラー∼人はなぜ誤るのか∼』と題して講演いただきました。また、卒業生
同士の交流を図る場として、懇親会を開催いたしました。講演の詳細は次号(10 月 1 日発行号)で
お伝えいたします。
6
熊本地震支援金の取り扱いについて
この度、平成28年4月14日に発生しました、熊本県を震源とする熊本地震
により被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、一日も早い
被災地の復旧・復興を心からお祈り申し上げます。
さて、立正大学同窓会では、熊本地震で被害にあわれた皆様への支援とし
て、学部同窓会・支部同窓会より、支援金をお預かりし、同窓会本部で取り纏
めさせて頂いた51万円(5月31日現在)を、熊本支部を中心とする九州ブロッ
ク同窓会役員の方々と、最善の支援の在り方について相談した結果、震災支
援を行なっている熊本県社会福祉協議会を通して、
「災害ボランティア活動支
援金」として寄付することと致しましたので、ご報告申し上げます。
平成 28 年度
大学同窓会代議員会開催報告
5月21日(土)に品川キャンパス第7会議室
において平成28年度第1回立正大学同窓会代
議員会が開催されました。
当日、各県支部代議員および学部代議員の
方にご参加頂き、本部役員承認、平成27年度
事業報告案、収支決算報告案、平成28年度事
業計画案、収支予算案について審議がなされ、
承認されました。その他に多くの意見が出され
活発な意見交換の場となりました。
会長によるご挨拶
同窓会支部総会開催報告
【福岡県支部】
◆ 支部長 : 上原 洋祐氏(S54修地理修了)
◆ 4月23日
(土) ◆ ホテルセントラーザ
博多
◆ 講演会:
「ある日系ブラジル人農園主を
訪ねて」工藤統久氏(本学文学部地理学科卒業)
【埼玉県支部】
◆ 支部長 : 市川 幹氏(S38経済卒)
◆ 5月14日
(日)
◆ さ い た ま 市:大 宮ソニックシティビ ル
703会議室
◆ 講演会:
「霊場の考古学について」
時枝務立正大学文学部教授
◆ 野坂同窓会長出席
【東京都支部】
◆ 支部長 : 手嶋 眞人氏(S36経済卒)
◆ 5月28日
(土)
◆ 品川キャンパス5(A)会議室・第2学生食堂
◆ 経済学部同窓会との合同開催
◆ 野坂同窓会長出席
【千葉県支部】
◆ 支部長 : 二宮 將泰氏(S31文史卒)
◆ 5月29日
(日) ◆ 市川市:市川グランドホテル
◆ 西岡同窓会副会長出席
【宮城県支部】
◆ 支部長 : 星 紀之氏(S41経済卒)
◆ 6月4日
(土) ◆ 仙台市:ホテル白萩
◆ 栗田校友課長出席
【静岡県支部】
◆ 支部長 : 吉田 顕綱氏(S49仏宗卒)
◆ 6月11日
(土) ◆ 静岡市:茄子の花「無庵」
◆ 講演会:
「恋愛と結婚についての俗説の
心理」川名好裕心理学部教授
【山梨県支部】
◆ 支部長 : 山田 厚氏(S50文史卒)
◆ 6月18日
(土) ◆ 甲府市:ベルクラシック甲府
◆ 講演会:
「釈迦堂遺跡の縄文時代」
一瀬一浩学芸員
(釈迦堂遺
跡博物館)◆ 西岡同窓会副会長出席
立正大学同窓会主催
「立正大学物故者追善法要」開催報告
6月13日(月)に品川キャンパス532
教室において、同窓会主催による「立正
大学物故者追善法要」
が行なわれました。
法要の詳細は、次号(10月1日発行号)
でお伝えいたします。
※写真は平成27年度のものです。
平成 28 年度
立正大学同窓会定期総会
6月25日(土)に品川キャンパス9B23教室において、平成
28年度立正大学同窓会定期総会・懇親会が開催されました。
総会・懇親会と併せて、校友会主催による山下富美代名誉
教授による講演会が開催されました。
開催報告の詳細は、次号(10月1日発行号)でお伝えいた
します。
【神奈川県支部】
◆ 6月18日
(土) ◆ 横浜市:パレド・バルブ
同窓会研修会開催報告
【神奈川県(女子部会)】
◆ 女子部会画『日蓮聖人御一代記5回 』
◆ 4月23日
(土) ◆ 横浜市:パレド・バルブ
【東京多摩】
◆ 支部長 : 尾崎 文英氏(S33文国卒)
◆ 日帰りバス旅行「立正大学熊谷キャンパス見学とユネスコ
世界遺産 小川和紙の里を巡る旅」 ◆ 6月8日
(水)
同窓会学部総会開催報告
【経営学部】
◆ 学部会長 : 吉浜 邦夫氏(S47経営卒)
◆ 5月21日
(土) ◆ 品川キャンパス第3会議室
【文学部】
◆ 学部会長 : 西岡 勇治氏
(S55修士社会
修了)
◆ 5月28日
(土)
◆ 品川キャンパス第5(B)会議室・教職員ラウ
ンジ
◆ 講演会:講師=小山一成立正大学名誉教授
【経済学部同窓会】
◆ 学部会長:三澤 金一郎氏
(S38経済卒)
◆ 5月28日
(土) ◆ 品川キャンパス第5
(A)
会議室
◆ 東京都支部との合同開催 ◆ 野坂同窓会長出席
【社会福祉学部】
◆ 学部会長:黒米 聖氏
(H18人福卒)
◆ 6月5日
(日) ◆ 熊谷キャンパス1301教室
【仏教学部】
◆ 学部会長 : 北原 輝信氏(S61仏宗卒)
◆ 6月24日
(金)
◆ 蓮華寺
7
平成27年度 立 正 大 学 同 窓 会 事 業 報 告 書
(期間:平成27年4月1日~平成28年3月31日) 事 業
①定期総会
②代議員会
会議
③理事会
④監査
⑤総務委員会
⑥財務委員会
広報活動
構成団体
活動
戦後 70 年 立正大
学物故者追善法要
第 1 回(10 月 5 日) 第 2 回(平成 28 年 1 月 25 日)
第 1 回( 5 月 9 日)ホームカミングデー開催について
第 2 回(10 月 31 日)ホームカミングデー同窓会地方物産展開催に
関する役割分担・時間等確認
6 月 15 日(大学創立記念日) 品川キャンパス 532 教室
(期間:平成27年4月1日~平成28年3月31日) 収入の部
科 目
増 減
平成 27 年度予算額
平成 27 年度決算額
24,500,000
24,500,000
0
50,000
57,041
▲ 7,041
積立金取崩収入
6,600,000
5,717,676
882,324
雑収入・寄付金
100,000
604,700
▲ 504,700
0
249,870
▲ 249,870
4,846,194
4,846,194
0
36,096,194
35,975,481
120,713
平成 27 年度予算額
平成 27 年度決算額
456,000
270,600
185,400
旅費交通費
11,323,938
7,330,570
3,993,368
会議会合費
994,000
2,247,260
▲ 1,253,260
通信運搬費
500,000
478,870
21,130
印刷製本費
300,000
683,370
▲ 383,370
構成団体助成費
預金利息金
事業収入
前年度繰越金
収入合計
支出の部
科 目
人件費(講師講演料)
増 減
立正大学学園新聞・
校友会報「たちばな」
* 校 友 会 と の
協 働 連 携 事 業
立正大学学園新聞の発送および、校友会報「たちばな」の製作と
発送(年 4 回)
校友会報「たちばな」№ 25 号(4 月 1 日発行)№ 26 号(7 月 1 日発行)
№ 27 号(10 月 1 日発行)№ 28 号(平成 28 年 1 月 1 日発行)
委託費
907,200
907,200
0
校友会ホームページ・
ホームページ・生涯メール・Facebook 等による広報告知
Facebook
①本部・支部・学部同窓会主催行事、クラブ・学部学科 OB/OG 会
などの開催支援と広報告知
②卒業生への各種情報提供サービス
手数料報酬
198,798
172,508
26,290
卒業生への
広報活動
賃借料
777,760
564,376
213,384
事業費
20,521,550
18,178,010
2,343,540
消耗品費
50,000
21,671
28,329
雑費
50,000
62,346
▲ 12,346
積立金
0
0
0
予備費
16,948
0
16,948
0
5,058,700
▲ 5,058,700
36,096,194
35,975,481
120,713
平成 27 年 3 月 31 日現在額
平成 28 年 3 月 31 日現在額
〔参加支部・出展品〕
◆青森県:南部煎餅 ◆岩手県:盛岡冷麺
◆宮城県:ほや酔明 ◆秋田県:秋田銘菓各種
◆栃木県:栃木名産物各種
◆埼玉県:カリカリピーナッツ・みそピーナッツ ◆千葉県:落花生
◆東京都・経済学部同窓会合同 : 王子くろまつどら焼き
10 月 31 日(日) ◆東京多摩 : 高尾どんぐりクッキー
品 川 キ ャ ン パ ス ◆新潟県 : 佐渡産コシヒカリ 200g 小袋
「 ホ ー ム カ ミ ン グ ◆富山県 : ブラックラーメンカップ麺 ◆滋賀県 : 設樂焼き食器各種
デ ー IN 橘 花 祭 」 ◆兵庫県 : 丹波黒豆ケーキ ◆香川県 : 曽保みかん・小豆島素麺・お茶
同窓会地方物産展 ◆愛媛県 : 薄墨羊羹こざくら
物産展開催
◆熊本県 : くまもんグッズ・熊本県民芸品各種 ◆沖縄県 : ちんすこう
◇物産展売上金と群馬県支部からの学生支援金を合わせた 249,870 円
を在校生奨学金として寄付(11 月 5 日)
〔学部同窓会〕
◆文学部同窓会:在職教員の先輩と話そうプロジェクトへの参加
◆法学部同窓会 : 在校生向け卒業生異業種交流会
◆社会福祉学部同窓会 : 来場者用キッズコーナー運営
学部同窓会・
同窓会支部総会、他
橘会保護者懇談会
8
第 1 回( 4 月 10 日) 第 2 回(11 月 10 日)
6 月 27 日( 土 )
ホテルグランテラス富山 演題:立山の自然の魅力 〜雪の壁から氷河まで〜
( 平 成 27 年 度 定 期 講師:飯田 肇氏(富山県立山カルデラ砂防博物館学芸課長)
総会と合同開催)
校友委員会
その他
第 1 回( 6 月 6 日) 第 2 回( 9 月 5 日)
第 3 回(平成 28 年 1 月 25 日)
第 1 回(平成 28 年 1 月 26 日)
学生支援
会員情報
管理
第 1 回( 4 月 10 日) 平成 26 年度決算監査
第 2 回(11 月 10 日) 平成 27 年度中間監査
⑨事業予算合同会議
ホームカミングデー
IN 橘花祭
在校生支援
(大学・学園
への賛助を
含む)
第 1 回( 4 月 18 日) 役員交代の件、事業報告案、決算報告案、事業計画
案、予算案、会議運営について、他
第 2 回( 7 月 18 日) 定期総会開催報告、物故者追善法要開催報告、四
国ブロック会議開催報告、会長選考に関する選考委員会立ち上げについて、
ホームカミングデー開催について、他
第 3 回(10 月 17 日) 本部役員変更追認、同窓会規定改正の検討、会長
選考に関する件、ホームカミングデー開催について、他
第 4 回( 2 月 27 日) 中間監査実施報告、四国地域における「同窓生の
集い」開催について、会長候補者決定追認、事業経過報告、収支予算経過
報告、事業計画案、収支予算案、同窓会規定改正の件、他
第 1 回(平成 28 年 2 月 27 日)
⑩事務局長連絡会
講演会
5 月 16 日(土)
品川キャンパス
平成 26 年度事業報告案・収支決算報告案・監査報告、平成 27 年度
事業計画案、収支予算案、戦後 70 年立正大学物故者追善法要、ホー
ムカミングデー IN 橘花祭、他
2 月 27 日(土)
臨時 品川キャンパス
会長選考について
⑦広報委員会
⑧会長選考委員会
法要
内 容
6 月 27 日(土)〜 28 日(日) 富山県富山市 ホテルグランテラス富山
27 日(土):第 1 部 校友会主催講演会
第 2 部 平成 27 年度同窓会定期総会
第 3 部 懇親会
28 日(日):オプショナルツアー(富山市内 立山室堂等 散策)
平成27年度 立 正 大学 同窓会収 支 決 算報 告 書
ホームカミングデーにおける校友会との協働連携開催・運営協力
校友会との協働連携事業による学生支援(学園祭・課外活動・
入学卒業記念品、他)経費一部を同窓会が負担
校友委員会の運営協働連携参加(第 1 回 4 月 22 日・
第 2 回 7 月 15 日・第 3 回 11 月 16 日・第 4 回 12 月 7 日)
学部同窓会総会ならびに講演会、同窓会支部総会ならびに各種支
部でのイベント等への協働連携開催・運営協力
橘会保護者懇談会への協働連携開催・運営協力
(6 月 20 日宮城県支部同窓会合同開催)
次年度繰越金
支出合計
◆積立金
科 目
同窓会基金
課外活動顕彰助成
在校生支援として課外活動顕彰へ助成(団体:5 組・個人:8 名)
橘積立金
奨学金への寄付
その他在校生支援として奨学金等への寄付
合計
・個人情報の保護に関する法律および立正大学個人情報に関する
規程に基づく会員情報の適切な収集・管理・運用
収集 ・ 運営 ・ 管理 ・新卒会員情報(3 月・9 月卒業生)
・既卒会員更新情報の大学・
(協働連携利用)
校友会・同窓会協働連携利用
・学園新聞・校友会報「たちばな」の発送および支部・学部同窓
会事業・活動への会員データ提供、他
同窓会運営
・代議員制による同窓会運営
・学部同窓会・同窓会支部活動への助成
・学部同窓会総会・各種行事、同窓会支部総会・講演会・各種
行事等の開催支援協力
・会員親睦・交流・活動への支援協力
・休会支部活動再開支援(香川県、愛媛県、高知県、徳島県)
四国 4 県をモデルケースに実施
・支部同窓会地域連合制の検討
増 減
275,717,676
270,000,000
▲ 5,717,676
0
0
0
275,717,676
270,000,000
▲ 5,717,676
平成28年度 立 正 大 学 同 窓 会 事 業 計画 書
(期間:平成28年4月1日~平成29年3月31日) 事 業
①定期総会
②代議員会
内 容
6 月 25 日(土) 品川キャンパス
第 1 部:校友会主催講演会(13:30 ~ 14:30)
第 2 部:同窓会定期総会 (15:00 ~ 17:00)
第 3 部:懇親会 (17:30 ~ 19:30)
5 月 21 日(土)品川キャンパス 第 7 会議室(14:00 ~ 16:30)
平成 27 年度事業報告案・収支決算報告案・監査報告、
平成 28 年度事業計画案・収支予算案、他
平成28年度 立 正 大 学 同 窓 会 収 支予算 書
(期間:平成28年4月1日~平成29年3月31日) 収入の部
科 目
構成団体助成費
預金利息金
積立金取崩収入
雑収入・寄付金
増 減
平成 28 年度予算額
平成 27 年度予算額
24,500,000
24,500,000
0
50,000
50,000
0
2,000,000
6,600,000 ▲ 4,600,000
50,000
100,000
▲ 50,000
200,000
0
200,000
5,058,700
4,846,194
212,506
31,858,700
36,096,194
▲ 4,237,494
平成 28 年度予算額
平成 27 年度予算額
480,000
456,000
24,000
旅費交通費
7,548,200
11,323,938
▲ 3,775,738
▲ 124,880
事業費収入
前年度繰越金
③理事会
第 1 回: 4 月 23 日(土)
第 2 回: 7 月 16 日(土)
第 3 回:10 月 15 日(土)
第 4 回:平成 29 年 2 月 25 日(土)
④監査
第 1 回: 4 月 15 日(金) 平成 27 年度決算監査
第 2 回:11 月上旬 平成 28 年度中間監査
⑤総務委員会
適時
⑥財務委員会
適時
⑦広報委員会
適時
会議会合費
869,120
994,000
⑧事業予算合同会議
第 1 回:平成 29 年 1 月 24 日(火)
平成 29 年度事業計画案・収支予算案策定
通信運搬費
500,000
500,000
0
印刷製本費
600,000
300,000
300,000
法要
立正大学
物故者追善法要
6 月 13 日(月)品川キャンパス 532 教室
委託費
907,200
907,200
0
197,028
198,798
▲ 1,770
講演会
立正大学同窓会
定期総会
校友会主催
講演会
手数料報酬
6 月 25 日(土) 品川キャンパス
講師:山下 富美代氏 名誉教授
集い
立正大学同窓
生の集い
9 月 3 日(土) 香川県高松市 リーガホテルゼスト高松
*橘会保護者懇談会と協働開催
校友会報「たちばな」の編集作業(年 4 回)
*校友会との協働連携事業
予備費
会議
校友会報
「たちばな」
広報活動
構成団体
活動
在校生支援
(大学・学園
への賛助を
含む)
会員情報
管理
その他
校友会ホームページ・ ①ホームページ・Facebook によるインターネット広報
②生涯メールサービスによる情報提供サービス
Facebook
卒業生への
広報活動
①本部・支部・学部同窓会主催行事、クラブ・学部
学科 OB/OG 会などの開催支援と広報告知
②卒業生への各種情報提供サービス
ホームカミングデー
In 橘花祭
ホームカミングデー協働連携開催・運営協力 11 月 5 日(土)立正大学品川キャンパスにて開催予定
校友委員会
校友会・校友委員会の運営協力協働連携参加
学部同窓会・
支部同窓会総会
学部同窓会・支部同窓会総会開催協力ならびに
講演会講師派遣への協働連携開催・運営協力
橘会保護者懇談会
橘会保護者懇談会への協働連携開催・運営協力
(山形県支部・四国 4 県合同)
大学・学園への賛助
大学・学園への賛助
学生支援
在校生支援(課外活動顕彰助成)
その他
その他学生支援
収集・管理・
運用(協働連
携利用)
・個人情報の保護に関する法律および立正大学個人
情報に関する規程に基づく会員情報の適切な収集・
管理・運用
・新卒会員情報・既卒会員情報の更新および大学・校
友会・同窓会協働連携利用
・学園新聞・校友会報「たちばな」の発送および学部・
支部同窓会事業・活動への会員データ提供、他
同窓会運営
・代議員制による同窓会運営
・学部同窓会助成費・支部同窓会助成費
・学部同窓会・支部同窓会の総会・研修会・各種行事
等の開催支援協力
・会員親睦・交流・活動への支援協力
・休会支部活動再開支援
・支部同窓会地域連合制の検討
(四国をモデルケースに活性化に力を入れる)
収入合計
支出の部
科 目
人件費
増 減
賃借料
277,760
777,760
▲ 500,000
事業費
18,529,740
20,521,550
▲ 1,991,810
消耗品費
20,000
50,000
▲ 30,000
雑費
70,000
50,000
20,000
0
0
0
1,859,652
16,948
1,842,704
31,858,700
36,096,194
▲ 4,237,494
積立金(橘積立金)
支出合計
◆積立金
科 目
同窓会基金
橘積立金
合計
平成 29 年 3 月 31 日現在額 平成 28 年 3 月 31 日現在額 差異(増加額)
268,000,000 270,000,000 ▲ 2,000,000
0
0
0
268,000,000 270,000,000 ▲ 2,000,000
9
平成27年度 立 正 大 学 郵 政 会 活 動 報 告
平成28年度 立 正 大 学 郵 政 会 事 業 計画
(期間:平成27年4月1日~平成28年3月31日) 事 業
内 容
事 業
・役員会
・全国郵便局長総会出席
・役員会、地方支部代表者会議、
総会
・現役郵政会会員モラリスト×
エキスパート対策証券外務員 Ⅱ種試験対策
・ 4月7日、9月1日、10月8日、
11月29日
・ 5月21日〜22日郵政関係各社と
の情報交換
・ 6月6日成果、反省、新年度対策
・ 9月1日、10月8日、11月29日
校友の
集い
ホームカミングデー
in 橘花祭
10月31日品川キャンパス
学園祭臨時出張所開設運営支援
広報活
動
学園新聞
郵政情報誌取材
記事記載
・学園新聞記事提供
(年4回)
・郵政情報誌からの
取材及び記事提供
・郵政会広報
「あらたま」発行(年2回)
会議
(期間:平成28年4月1日~平成29年3月31日) 会議
総会・各種
会議
卒業生
在校生支援
・地方支部における活発な会議の運営と
活性化
活性化及び ・会員相互の研鑽、
(少子化対策支援、醸成)
交流促進
・各支部相互連携強化
・資格取得支援、講演、研修会開催
・郵政グループ各社との情報交換
大学等
支援
大学への
・大学祭への参加、協力、助成
支援、協力 ・ホームカミングデーへの参加、協力、
校友会参加、 助成
・全国総会参加支援、代議員会参加支援
協力
広報告知
活動
平成27年度 立 正 大 学 郵 政 会 収 支 決 算 書
科 目
(期間:平成28年4月1日~平成29年3月31日) 収入の部
平成 27 年度予算額
平成 27 年度決算額
1,000,000
1,000,000
0
600,000
549,428
50,572
0
0
0
寄付金
雑収入
0
10,000
▲ 10,000
雑収入
0
0
0
繰越金
2,868
2,868
0
繰越金
2,894
2,868
26
預金利息
70
43
27
預金利息
70
70
0
収入合計
1,602,938
1,562,339
40,599
収入合計
1,702,964
1,602,938
100,026
科 目
平成 28 年度予算額
平成 27 年度予算額
旅費交通費
600,000
600,000
構成団体助成費
会費
寄付金
増 減
科 目
支出の部
構成団体助成費
会費
平成 28 年度予算額
平成 27 年度予算額
増 減
1,000,000
1,000,000
0
700,000
600,000
100,000
0
0
0
支出の部
科 目
平成 27 年度予算額
平成 27 年度決算額
旅費交通費
600,000
540,402
59,598
会議会合費
240,000
326,488
▲ 86,488
会議会合費
350,000
240,000
110,000
通信運搬費
100,000
61,100
38,900
通信運搬費
70,000
100,000
▲ 30,000
印刷製本費
印刷製本費
増 減
70,000
50,200
19,800
100,000
118,320
▲ 18,320
事業費
300,000
315,000
▲ 15,000
60,000
54,845
5,155
事業費小計
460,000
488,165
▲ 28,165
消耗品費
100,000
74,590
25,410
30,070
864
29,206
2,868
17,636
▲ 14,768
0
2,894
▲ 2,894
1,602,938
1,562,339
40,599
雑費
予備費
次年度繰越金
支出合計
10
記事提供
会報発行
・学園新聞、校友会報、同窓会報への
記事提供
・郵政関係誌への記事掲載依頼、協力
(随時)
・年2回発行(10月・1月)
平成28年度 立 正 大 学 郵 政 会 収 支予算
(期間:平成27年4月1日~平成28年3月31日) 収入の部
内 容
6月18日 定期総会
4月、6月、9月、10月、11月 役員会議
6月18日 地方支部代表者会議
10月 中旬 隣接地方支部合同会議
増 減
0
50,000
70,000
▲ 20,000
120,000
100,000
20,000
事業費
340,000
300,000
40,000
60,000
60,000
0
事業費小計
520,000
460,000
60,000
消耗品費
80,000
100,000
▲ 20,000
雑費
18,000
30,070
▲ 12,070
予備費
支出合計
14,964
2,868
12,096
1,702,964
1,602,938
100,026
平成 28 年度
立正大学橘会定期総会開催報告
平 成28年 度 立 正 大 学 橘 会 定 期
総 会 は、 立 正 大 学 品 川 キャンパ ス
1152教室で開催されました。
総会は、髙見副会長の司会進行の
もと、佐々木会長より橘会がオール
佐々木会長による挨拶
立正の構成団体であり、10,
000人
を超える学生に、「立正大学に入って良かったなあ」と思える
よう支援して行きたいとの宣言がなされました。 続いて、立
正大学学園理事長古河良晧理事長
より、 開 校144年を迎える立 正 大
学の建学の精神は、日蓮聖人の立
正精神を基に、伝統を引き継いで
いるとのご挨拶を頂き、立正大学
古河学園理事長による挨拶
学長齊藤昇新学長からは、大学の
発展を目指し、「変わる立正大学」をスローガンに、佐々木会長
と同様に、学生に「よかった」と思わ
れる大学へと、ご挨拶を頂きました。
例年であれば、橘会奨励賞の授
与式が執り行われる予定でしたが、
諸般の事情により、披露だけ行われ
ました。 今回の、橘会奨 励 賞 最 優
齊藤新学長による挨拶
秀賞の団体は、以下の通りです。
◆橘会奨励賞最優秀賞
経済学部林ゼミナール
丸衣李、
野田郁哉、
さ て、 平 成28年 度
定 期 総 会 は、7件 の 議
案 が 提 案されました。
平成27年度事業報告、
並びに決算報告、会計
監査報告。 そして、平
成28年 度 事 業 計 画、
平成28年度定期総会
予算(案)を拍手をもっ
て承認いただきました。 平成28年度事業に関しましては、熊
本震災により福岡会場での保護者懇談会が、中止となり、関
東地区では、大宮会場
での保護者懇談会が新
設された旨、 説 明 が あ
りました。 ま た、 昨 年
度より開 催 されて いま
す、橘会役員意見交換
会 の 継 続 開 催と、 そ の
詳細説明が、佐々木会
定期総会の様子
長よりありました。 新年度からの役員補充の件も、全会一致
で承認されました。 総会後、会場を学生食堂1階に移し、ソ
フトドリンクにて懇親会
が催され、参加者間に
よる稔りある懇 談 が な
され、全ての事業が終
了しました。
鈴木一聡、
宮本歩美、
和田聡一郎
定期総会の様子
当日の 様 子
11
ご挨拶
立正大学橘会長 佐々木 盛徳
ご挨拶に先立ちまして、この度の熊本地震
により被災されました皆様に心からお見舞い申し
上げます。また、被災者の救済と被災地の復興
支援のためにご尽力されている方々に深く敬意
を表します。
さて、平成28年5月14日に、橘会定期総会が開催され、議
案事項が全て承認されました事を、ご報告させて頂きます。
本年度の新規事業でございます、まず保護者懇談会において
は、学部長先生方による大学現況報告に替えて、本年度からは、
統一した報告を「学長からのメッセージ」として制作し、保護者
にお伝えいたします。 次に橘会カレンダーを制作し、大学学年
暦や保護者懇談会開催スケジュール等を記載、巻末には大学の
問合せ先一覧を掲載して保護者の皆様の利便性ニーズにお答え
できるものと致しました。これらは総会の承認を受け制作とな
る為、本年度に於いては、保護者懇談会出席者に配布させて
頂き、次年度から4月発行の会報と共に配布させて頂きます。
さて会員の皆様にお届けしましたご案内の通り、今年度の保
護者懇談会は5月から11月にかけ、全国14会場で開催致しま
す。 福岡(5月29日)
・品川キャンパス(6月5日)
・秋田(6月
18日)静 岡(7月3日)
・岡 山(7月10日)
・大 宮(8月6日)
・
神戸(8月28日)
・高松(9月3日)
・千葉(9月11日)
・新潟(9
月24日)
・横浜(10月1日)
・山形(10月9日)
・沖縄(10月16
日)
・熊谷キャンパス(11月13日)。 その中で、当初福岡会場
を含め14会場を予定しておりましたが、「熊本地震」の影響を
考慮し、福岡会場の開催を中止とさせていただきました。 福岡
会場に参加申込みをいただいた方々には、中止のご連絡をさせ
ていただき、加えて橘会のホームページ上に中止の掲示をさせ
て頂きました。また、新設会場として、本年度から交通の利便
性を考え埼玉県の大宮会場を設け、中国・四国ブロックにおいて、
6年ぶりに四国の高松会場を同窓会の行事と合同で開催いたし
ます。
立正大学の学生数は、一万人を超えており、即ち一万人越の
保護者が居られることになります。 橘会は保護者と、大学教職
員の方々と密接に連携しつつ、学生が、有意義な大学生活を過
ごせるように、支援する事を目的として、活動しております。
その一環として、保護者懇談会を開催し、保護者の皆様方に現
在の大学の現況のご報告や、キャリアサポートセンター協力の
もと、「父母のための就職講座」を開催し、就職活動の現状や、
保護者の学生への接し方などをアドバイスができる機会として、
講座を開いています。 全体会の後は、大学職員による個人面談
の場を設け、年2回保護者の元にお送りする成績通知表だけで
は不明な個々の現状をお伝えしております。
品川と熊谷の両キャンパスでの開催では、各キャンパス毎の
学部の先生方との面接となりますので、より詳細な情報を聴く
ことが出来ます。 遠方からのお越しで、ご足労ではございます
が来校の折、ご子息、ご令嬢の通われているキャンパスや、下
宿先の状況を知る機会にもなると思います。また、お近くの地
方会場と、本校キャンパス会場両方に参加申込も出来ますので、
沢山の保護者の皆様のご参加をお待ちしております。
保護者の皆様からすれば、橘会の活動に更なるご要望もおあ
りかと存じますが、組織の性格上、一部の学生のみだけに関す
る事業は行えませんが、保護者の皆様からのご意見を頂戴する
ことで、より意義ある新たな事業を展開することも可能であり、
お子様の大学生活に、潤いを持たせる事が出来るはずです。ご
意見など、橘会の窓口である大学の校友課へ是非お寄せいた
だければ幸甚でございます。
是非とも保護者の皆様、学生の為にも、橘会へのご参加、ご
協力をお願い致しまして、私からの挨拶に代えさせて頂きます。
平成 27 年度
立正大学橘会奨励賞
第 20 回
橘 会
奨励賞
「橘会奨励賞の最優秀賞を受賞して」
宮本歩美、丸衣李、和田聡一郎、
鈴木一聡、野田郁哉
(経済学部経済学科 4 年)
この度は、このような栄誉ある賞をいただき、誠にありがとう
ございます。
授 賞 の 理 由となりました論 文 の 執 筆 動 機は身 近 なものでし
た。私たちのまわりでも奨学金を借りている学生は多くいます。
返済できず延滞に陥る人もおり、返せない・返さない人が増え
ると奨学金制度の維持が困難になります。 私たちは、ゼミで学
んだマイクロファイナンスのしくみを奨学金の延滞問題・制度
維持に応用できないかと考えました。
執筆はゼミとチームで行いました。 2014 年に経済学部ゼミ
大会で発表したゼミ論文を基に、議論を重ね相互にチェックし、
何度も推敲し書き直していきました。 その論文を日本 FP 協会
の第六回「FP 向上のための小論文コンクール」に応募し、高
く評価していただき、大学生としては最高の優秀賞を受賞する
ことができました。
少しでも完成度を高めるべく、一歩ずつ確実に作業を重ねて
いったことが結果につながったのだと思います。また、個人で
取り組むよりも効率よく論文が作成できたことも発見でした。
チームワークの威力です。
12
最優秀賞を受賞した
経済学部林ゼミナール
左上:鈴木さん
真中上:野田さん
右上:和田さん
左下:丸さん
真中下:林先生
右下:宮本さん
今回は、とくに橘会様による授賞です。 林康史先生やゼミの
先輩方、また、林ゼミそのものにも少し恩返しができたのでは
ないかと思います。この調査・執筆で学んだチームの大切さや
諦めない心を忘れず、社会に出たあとも頑張る所存です。 本当
に、ありがとうございました。
平成27年度 立 正 大 学 橘 会 事 業 報 告 書
平成27年度 立 正 大 学 橘 会 決 算 報 告 書
(期間:平成27年4月1日~平成28年3月31日) (期間:平成27年4月1日~平成28年3月31日) 事 業
会議
定期総会・橘会
奨励賞授与式、
懇親会
平成27年5月23日(土)平成26年度事業報告・決算、
平成27年度事業計画、予算審議、平成26年度橘会奨励
賞授与式、懇親会
正副会長会議
平成27年4月10日(金)
、10月7日(水)
、12月
16日(火)
常任理事会・理
事会
平成27年度
橘会奨励賞選考
委員会(第20回)
橘会役員意見
交換会
平成27年度
賛助会懇親会
会計監査
講演会
広報
活動
内 容
■平成27年度新規事業
平成27年5月13日(水)
、5月23日(土)
平成28年2月26日(金)
平成28年2月6日(土)■新規
平成27年10月31日(土)
ホームカミングデーi
n橘花祭と同時開催
平成26年度分決算監査:平成27年 4月10日(金)
平成27年度分中間監査:平成27年12月 3日(木)
「父母のための
保護者懇談会(10会場)開催時に開催
就職講座」
アルバム撮影、
作成
「たちばな」
・
学園新聞発行
ホームページ・
Facebook
福岡会場
21名
熊谷会
保
256名
護
仙台会場
者
32名
懇
大阪会場
談
9名
会
保
旭川会場
護
12名
者 10
千葉会場
会
支
78名
場
援
長岡会場
47名
776
名 横浜会場
47名
参
加 静岡会場
31名
品川会場
243名
平成26年度橘会
奨励賞授与式
(第19回)
就職祈願お守り
在校生
作成
支援
懇談会のしおり
作成
収入の部
科 目
増 減
平成 27 年度予算額
平成 27 年度決算額
20,000,000
20,000,000
0
0
39,060
▲ 39,060
積立金取崩収入
24,000,000
24,000,000
0
雑収入・寄付金
100,000
61,640
38,360
前年度繰越金
2,767,457
2,767,457
0
懇談会参加費
0
0
0
46,867,457
46,868,157
▲ 700
平成 27 年度予算額
平成 27 年度決算額
800,000
601,550
198,450
構成団体助成費
預金利息金
収入合計
支出の部
科 目
増 減
保護者懇談会閲覧用(入学式・卒業式・定期総会・
品川・熊谷保護者懇談会・星霜祭・橘花祭)
年4回「たちばな」
・学園新聞、保護者懇談会開
催報告等掲載(4月・7月・10月・1月)
人件費(アルバイト)
旅費交通費
1,050,000
999,091
50,909
保護者懇談会開催予定表等
会議会合費
500,000
610,490
▲ 110,490
5月31日(日)寺尾仏教学部長、職員4名、
佐々木橘会会長
6月14日(日)学長・副学長2名、3学部長、
学部教員30名、職員22名
6月20日(土)古屋心理学部長、職員5名、同窓会
講演者1名、佐々木橘会会長
7月 5日(日)舟橋法学部長、職員3名、
佐々木橘会会長
8月29日(土)小野﨑経済学部長、職員3名、
田中橘会副会長
9月 6日(日)松井地球環境科学部長、職員14名、
髙見橘会副会長
9月26日(土)清水社会福祉学部長、職員5名、
田中橘会副会長
10月 4日(日)齊藤文学部長、職員9名、
髙見橘会副会長
10月11日(日)柏戸経営学部長、職員3名、
佐々木橘会会長
11月 8日(日)学長、理事長、副学長2名、6学
部長、学部教員41名、職員19名
通信運搬費
2,300,000
2,453,809
▲ 153,809
印刷製本費
2,000,000
1,993,032
6,968
30,567,457
30,094,787
472,670
30,000
26,496
3,504
賃借料
100,000
33,187
66,813
事業費
9,200,000
4,834,128
4,365,872
270,000
185,913
84,087
50,000
48,444
1,556
雑費
0
0
0
積立金
0
0
0
次年度繰越金
0
4,987,230
▲ 4,987,230
予備費
0
0
0
46,867,457
46,868,157
▲ 700
平成27年5月23日(土)
(定期総会開催時)
平成28年2月29日(月)3年生へ配付
委託費
手数料報酬
消耗品費
図書資料費
支出合計
【別掲】
保護者懇談会資料、各会場出席者に配布
品川キャンパス・熊谷キャンパス内
施設・設備助成
未設置分洗浄便座設置寄付 ■新規
個人情報の保護に関する法律および立正大学個人
会員情報 在校生及び
情報に関する規定に基づく会員情報の適切な収集・
保護者会員登録
管理
管理・運用
科 目
平成 27 年度(4/1) 平成 27 年度(3/31)
差 額
定期貯金(りそな銀行)
200,000,000
176,000,000
24,000,000
普通貯金(りそな銀行)
4,043,491
4,078,806
▲ 35,315
普通貯金(りそな銀行)
2,561,245
4,850,134
▲ 2,288,889
振替口座(ゆうちょ銀行)
1,515,046
1,514,430
616
206,212
101,965
104,247
208,325,994
186,545,335
21,780,659
現金
収入合計
13
平成28年度 立 正 大 学 橘 会 事 業 計画 書
平成28年度 立 正 大 学 橘 会 収 支予算 書
(期間:平成28年4月1日~平成29年3月31日) (期間:平成28年4月1日~平成29年3月31日) 事 業
内 容
■平成28年度新規事業
定期総会・橘会
奨励賞授与式、
懇親会
平成28年5月14日(土)平成27年度事業報告・決算、
平成28年度事業計画、予算審議、平成27年度橘会奨励
賞授与式、懇親会
常任理事会・理
事会
平成28年度
橘会奨励賞選考
委員会(第21回)
橘会役員意見
交換会
平成28年度
賛助会懇親会
平成28年5月12日(木)
、5月14日(土)
、その他
必要に応じて開催
正副会長会議 平成28年4月14日(木)、その他必要に応じて開催
会議
会計監査
講演会
平成29年2月下旬予定
平成 27 年度決算額
20,000,000
20,000,000
0
30,000
0
30,000
積立金取崩収入
0
24,000,000
▲ 24,000,000
雑収入・寄付金
100,000
100,000
0
4,987,230
2,767,457
2,219,773
25,117,230
46,867,457
▲ 21,750,227
平成 28 年度予算額
平成 27 年度決算額
900,000
800,000
100,000
1,300,000
1,050,000
250,000
600,000
500,000
100,000
2,500,000
2,300,000
200,000
2,100,000
2,000,000
100,000
50,067,230
30,567,457
▲ 25,500,227
30,000
30,000
0
100,000
100,000
0
9,500,000
9,200,000
300,000
270,000
270,000
0
50,000
50,000
0
0
0
0
2,700,000
0
2,700,000
0
0
0
0
0
0
25,117,230
46,867,457
▲ 21,750,227
構成団体助成費
預金利息金
前年度繰越金
収入合計
平成27年度分決算監査:平成28年4月14日(木)
平成28年度分中間監査:平成28年11月下旬予定
保護者懇談会用 ■新規事業
「たちばな」
・ 年4回「たちばな」
・学園新聞、保護者懇談会開
学園新聞発行 催報告等掲載(4月・7月・10月・1月)
支出の部
科 目
人件費(アルバイト)
旅費交通費
会議会合費
ホームページ・
保護者懇談会開催予定表等
通信運搬費
Facebook
福岡会場
5月29日(日)職員4名、佐々木橘会会長
印刷製本費
6月 5日(日)学長、理事長、副学長、6学部長、各学部教員、
品川会場
職員11名
委託費
秋田会場
6月18日(土)職員4名、田中橘会副会長
保 静岡会場
手数料報酬
7月 3日(日)職員4名、佐々木橘会会長
護 岡山会場
7月10日(日)職員4名、佐々木橘会会長
者
賃借料
大宮会場
8月 6日(土)職員10名、田中橘会副会長
保
懇
神戸会場
8月28日(日)職員4名、佐々木橘会会長
護
事業費
談
者
9月 3日(土)学長、職員4名、佐々木橘会会長
会 高松会場
支
(同窓会と合同開催)
消耗品費
援
9月 1日(日)職員11名、田中橘会副会長
14 千葉会場
図書資料費
10月 1日(土)職員11名、田中橘会副会長
会 横浜会場
10月 9日(日)職員4名、佐々木橘会会長(同窓会と
場 山形会場
雑費
合同開催)
沖縄会場
10月16日(日)職員4名、田中橘会副会長
積立金
11月13日(日)学長、3学部長、各学部教員、
熊谷会場
職員11名
次年度繰越金
平成27年度橘会
予備費
奨励賞授与式
平成28年5月14日(土)
(定期総会時)
在校生
(第20回)
支援
支出合計
就職祈願お守り
平成29年2月下旬3年生へ配布
作成
懇談会のしおり
【別掲】
保護者懇談会資料、各会場出席者に配布
作成
保護者
科 目
平成28年度
大学学年暦・保護者懇談会開催スケジュール記入
支援
橘会カレンダー 済、定期総会・保護者懇談会参加者へ配布
定期預金(りそな銀行)
■新規事業
作成
個人情報の保護に関する法律および立正大学個人
普通預金(りそな銀行)
会員情報 在校生及び
情報に関する規定に基づく会員情報の適切な収集・
保護者会員登録
管理
管理・運用
普通預金(りそな銀行)
振替口座(ゆうちょ銀行)
現金
収入合計
14
増 減
平成 28 年度予算額
平成28年11月5日(土)
ホームカミングデー開催時に同時開催予定
「父母のための
保護者懇談会(14会場)開催時に開催
就職講座」
「学長からのメッ
セージ」製作
科 目
平成29年2月開催予定
アルバム撮影、 保護者懇談会閲覧用(入学式・卒業式・定期総
作成
会・品川・熊谷保護者懇談会・星霜祭・橘花祭)
広報
活動
収入の部
増 減
増 減
平成 28 年度
平成 27 年度
176,000,000
200,000,000
▲ 24,000,000
4,850,134
2,561,245
2,288,889
4,078,806
4,043,491
35,315
1,514,430
1,515,046
▲ 616
101,965
206,212
▲ 104,247
186,545,335
208,325,994
▲ 21,780,659
平成 28 年度
橘会保護者懇談会開催日程
平成28年度の保護 者懇談会を下記の日程と会場で開催予定です。在学生のご父母と大学の先生方と直接お
話いただき、学生生活や就職等に関する情報収集の場として、また同じ大学に在学する御子さんをお持ちのご父
母の皆様との交流の場としてもご活用ください。
期
日
開 催 地
対 象 地 域
静岡市
新潟県・富山県・石川県
福井県・山梨県・長野県
岐阜県・静岡県・愛知県
三重県
CSA貸会議室・貸
ホール
山口駅前ビル
〒 420 - 0857
静岡県静岡市葵区御幸町11-8
山口駅前ビル2階
☎ 054 -269 - 5070
7 月 10 日
(日)
岡山市
鳥取県・島根県・岡山県
広島県・山口県
TKP
岡山カンファレンス
センター
〒 700 - 0907
岡山県岡山市北区下石井1-3-12
アパホテル〈岡山駅東口〉棟内2階
☎ 086 -235 - 5733
8 月6日
(土)
さいたま市
( 大 宮)
茨城県・栃木県・群馬県
埼玉県・千葉県・東京都
神奈川県
ホテル
ラフレさいたま
〒 330 - 0081
埼玉県さいたま市中央区新都心3-2
☎ 048 - 601-1111
8 月 28 日
(日)
神戸市
滋賀県・京都府・大阪府
兵庫県・奈良県
和歌山県
チサンホテル神戸
〒 650 - 0027
兵庫県神戸市中央区中町通2-3-1
☎ 078 -341- 8111
9月3日
(土)
高 松市
徳島県・香川県
愛媛県・高知県
9 月 11 日
(日)
千葉市
茨城県・栃木県・群馬県
埼玉県・千葉県・東京都
神奈川県
ホテル
ニューオータニ
幕張
〒 261- 0021
千葉県千葉市美浜区ひび野2-120-3
☎ 043 -297-7777
9 月 24 日
(土)
新潟市
新潟県・富山県・石川県・福井県
山梨県・長野県・岐阜県・静岡県
愛知県・三重県
万代
シルバーホテル
〒 950 - 8533 新潟県新潟市中央区万代 1-3 -30
☎ 025 -243 -3711
10 月 1 日
(土)
横 浜市
茨城県・栃木県・群馬県
埼玉県・千葉県・東京都
神奈川県
コンベンションルーム
AP横浜駅西口
10 月 9 日
(日)
山 形市
青森県・岩手県・宮城県
秋田県・山形県・福島県
山形国際ホテル
10 月 16 日
(日)
那覇市
沖縄県
7月 3 日
(日)
学部別全都道府県
11 月 13 日
熊谷市
法学部・社会福祉学部
(熊谷キャンパス)
(日)
地球環境科学部
会
場
リーガホテル
ゼスト高松
ホテル日航那覇
グランドキャッスル
立正大学
熊谷キャンパス
住
所
〒 760 - 0025
香川県高松市古新町9-1
☎ 087- 825 - 0503
〒 220 - 0004
神奈川県横浜市西区北幸2-6-1
横浜APビル4階
☎ 045 - 411- 5109
〒 990 - 0039
山形県山形市香澄町3-4-5
☎ 023 - 633 -1313
〒 903 - 8601
沖縄県那覇市首里山川町1-132-1
☎ 098 - 886 - 5454
〒 360 - 0161 埼玉県熊谷市万吉 1700
☎ 048 - 536 - 6010
(問い合せ先)☎ 03-3493-6673(校友課)
15
INFORMATION
◆ 松本 定祥さん
(平成 7 年仏教学部宗学科卒業)
卒業生である仏師の松本定祥さんが、
10 月 2 日(日)
∼10 月 5 日(水)の間
葛飾区帝釈天題経寺鳳翔会館にて「仏
像彫刻展示会」を開催致します。
◆会場:帝釈天題経寺鳳翔会館
(東京都葛飾区柴又 7−10)
帝釈天坂本尊
( 松本定祥 作 )
2016年度校友会費B
(卒業生・現元教職員等会費)のご案内
昨 年 度 は 校 友 会 費B(3,000 円)に 約 2,393 件・7,147,000 円
のご協力を賜りました。皆様のご協力に深く御礼申し上げます。
ご協力頂きました会費は校友会奨学金、入学記念品、卒業記念品、
課外活動助成金等の在校生支援事業および卒業生交流会費用や会
報等発送に関する校友会運営費に充当させて頂きます。
まだお振込がお済みでない会員の方は、専用振込用紙にてゆう
ちょ銀行よりお振込くださいますようお願い申し上げます。
◆期間:10 月 2 日(日)∼5 日(水)
◆時間:10:30∼15:30
◆松本 定祥さんプロフィール
昭和 47 年出生。幼少期、粘土で仏像を造る。
立正大学仏教学部卒業。京都伝統工芸専門校卒業。
京仏師村上湛雲師、入門。平成 19 年独立。
[ 主な仏像製作及び修復 ]
・池上本門寺宝塔荼毘所(現重文)修復彫刻担当(社寺美術工芸舎納入)。
・日本寺「正東山」扁額(本阿弥光悦筆)複製作品。
・日本寺「交互の御影」修復。
・日蓮仏教研究所妙見菩薩像製作。
・鎌倉妙本寺二天門修復彫刻担当(社寺美術工芸舎納入)。
・北海道江差町上国寺欄間(重文)修復彫刻担当(社寺美術工芸舎納入)。
・佐野妙顕寺鬼子母神像修復。
・日本寺宇賀神像修復。
・池上本門寺霊宝殿「感応寺六葉」製作(木匠納入)。
・佐野妙顕寺普賢菩薩製作。
・清澄寺十一観音像修復(東海堂納入)。
・佐野妙顕寺大黒天神像製作。
・佐野妙顕寺十界本尊一式修復。
・帝釈天題経大黒天神像修復。
・新潟佐渡一之谷妙照寺妙見菩薩像製作。
・新潟佐渡一之谷妙照寺仁王尊修復。
・中山法華経寺本院仁王像修復。
・佐野妙顕寺龍口法難レリーフ。
全国寺院、壇信徒各聖の仏像製作及び修復に携わる。
卒業記念品
入学記念品
立正大学生涯メールのご案内
立正大学では、
卒業生・修了生が、
同窓生同士の交流はもちろんの
こと、
本学との交流や情報交換を図り、
無償、
永年利用のメールサービ
スをおこなってります。詳細につきましては本誌 5 頁の記事、または
校友会ホームページをご参照下さい。
校友会会員情報について
ご 登 録 を 頂 い て お り ま す、お 名 前・ご 住 所・電 話 番 号・勤 務
先等にご変更および訂正がございましたら、下記までご連絡下
さい。
教職員訃 報
【 平成28年3月11日∼平成28年5月31日 】
元大学事務局情報メディアセンター大崎学 術サービス課
森 山 幸 子 氏(平成28年3月5日 逝去)
職員
名誉教授 井 出 策 夫 氏(平成28年3月22日 逝去)
謹んで哀悼の意を表します
発 行 者
立正大学校友会
〒141 − 8602 東京都品川区大崎 4 −2−16
発 行 人
齊藤 昇
編
集
立正大学学長室校友課
電
話
U R L
03 −3 493 −6 67 3
h t t p : //a l u m n i . r i s s h o .j p/
変更届の内容
◆氏名
◆ご住所
◆電話番号
◆メールアドレス
◆勤務先または職業
◆校友会会員番号(校友会報・学園新聞宛名ラベルの番号)
お問い合せ・お届け先
立正大学学長室校友課
〒141−8602 東 京 都 品 川 区 大 崎4−2−16
☎ 03(3493)6673 FAX:03(3493)9068
Email:[email protected]
■専用用紙は立正大学校友会ホームページ
(http://alumni.rissho.jp/)からダウンロードできます。
お知らせください
◆ 卒 業 生の 活 動 情 報 や クラブ・サー クル O B/O G 会 開 催 、
卒業生のお店紹介等卒業生の活動に関する情報がござい
ましたら上 記 お 問 い 合 せまでご 連 絡ください 。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
101
File Size
11 215 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content