close

Enter

Log in using OpenID

古代復元住居改修体験 活動の様子

embedDownload
平成28年度 甦れ!古代ロマン 古代復元住居再生事業
古代復元住居改修体験
平成28年度
第3・4回
活動の様子
「屋根の骨組み組立て」
日時:平成28年8月27日(土) 10:00~15:00
※ 28日(日)は、参加者は作業中止
場所:西都原考古博物館 古代復元住居
屋根の骨組みは、事前準備の26日を含めて、3日間の作業で完成しました!
屋根は、木材(ひのき)と竹で組み立てます。それぞれを全て縄で固定していきます。
この結び方が肝心です。緩まないように結ばないといけません。この結びを結び目の様
子から「角(つの)結び」というそうです。銀鏡の匠の会の方々は、慣れた手つきでし
っかり結んでいきます。私も手ほどきを受けて結んでいきましたが、時間がかかって・・・
((+_+)) かえって手を煩わせてしまいました。先週解体した屋根の木材は、完成した復
元住居内で使えるように、ベンチとテーブルに生まれ変わりました。
来週は、いよいよ茅葺きです!
平成28年度
第2回
「屋根の解体作業」
日時:平成28年8月21日(日) 10:00~15:00
場所:西都原考古博物館 古代復元住居
21日(日)は、古代復元住居改修体験の第2回目。午前9時から、作業前に今後の
作業の安全祈願のために神事を執り行いました。
今回の作業は、
「古代復元住居の屋根の解体」
。昨年刈りとって復元住居の中に保管し
てあった茅を運び出す作業からスタート。考古博少年団の子どもたちも一緒に頑張りま
した。保管してあった茅を雨から守るため、半年間屋根にかけていたビニールを取り除
き、古茅を外していきました。長年の風雨でぼろぼろになっていた古茅外しは、ものす
ごいほこりで、風下では目が開けられないほど。。。午後2時前にすべての古茅が取り除
かれました。引き続き、骨組み部分の解体まで作業を進めました。
平成28年度
第1回
「平成28年度 説明会」
日時:平成28年7月17日(日) 13:30~14:30
場所:西都原考古博物館 2 階 セミナー室
今年度の古代復元住居改修体験が始まりました。いよいよ屋根の改修です。
今年度の作業日程及び内容についての説明、職員の紹介等を行いました。
館長挨拶の後、昭和42年に建てられた古代復元住居の過去2回にわたる改修作業に
ついて、当時の写真を見ながら、今後の作業がどのように進んでいくのかを確認しまし
た。その後、古代復元住居前に移動し、復元住居の現状、及び住居内に保管されている
前年度刈った茅とヒノキの様子を確認し、記念撮影をしました。
また、午前中より最後の材料である竹を匠の会、職員等で伐採(約120本)し、古
代復元住居横に運び込みました。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
324 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content