close

Enter

Log in using OpenID

2016年7月10日礼拝週報 - めぐみイエス・キリスト教会 公式HP

embedDownload
めぐみイエス・キリスト教会
2016年7月10日(日)《午後6:00~7:00》
第二主日礼拝週報「通算第317号」
(夏が来た)
めぐみイエス・キリスト教会へようこそ!
礼拝に来られたお一人お一人を
心から歓迎いたします。
住所
千葉市稲毛区宮野木町835-78
電話 043-256-0488
主日礼拝 毎週日曜日 午後6時~7時
聖書研究・祈祷会 毎週木曜日 午後6時15分~7時15分
牧師
鈴
木
竜 実
ますみ
※当教会は、モルモン教、エホバの証人(ものみの塔)、統一教会
(原理福音)とは、一切関わりがありません。
◎お知らせ
1.本日、7月10日(日)第二主日礼拝メッセージは、斉藤順子先
生が、宣教報告と証から、主の素晴らしい恵みを語って下さい
ます。また礼拝終了後、愛餐会を行ないます。ご期待下さい。
2.今週の祈祷会は、通常通り7月14日(木)午後6時15分から行な
います。なお、第四週の7月28日(木)は、お休みとなります。
3.藤平久代さんは、血液中にウィルスが入り、高熱が続いてい
ますが、第6回目の抗がん剤治療を行なわれました。お体が持
つよう、緊急にお祈り下さい。また山王病院に入院中の鈴木花
さんは、院内感染の耐性菌によって、熱を出しています。耐性
菌が死滅し、食事が取れるようになるよう、ぜひお祈り下さい。
使徒信条
我は天地の造り主、全能の父なる神を信ず。
我はそのひとり子我らの主、イエス・キリストを信ず。
主は聖霊によりてやどり、おとめマリヤより生まれ
ポンテオ・ピラトのもとに苦しみを受け、十字架につけられ、
死にてほうむられ、よみにくだり、三日目に死人のうちよりよみがえり
天にのぼり、全能の父なる神の右に座したまえり。
かしこよりきたりて生ける者と死にたる者とを裁きたまわん。
我は聖霊を信ず。聖なる公同の教会、聖徒の交わり、
罪の赦し、体のよみがえり、とこしえの命を信ず。アーメン。
主の祈り
天にまします我らの父よ。願わくは御名をあがめさせたまえ。
御国を来たらせたまえ。御心の天になるごとく、地にもなさせたまえ。
我らの日用の糧を、今日も与えたまえ。
我らに罪をおかす者を、我らが赦すごとく、我らの罪をも赦したまえ。
我らを試みにあわせず、悪より救いいだしたまえ。
国と力と栄えとは、限りなく汝のものなればなり。アーメン。
-1 -
◇◆◇2016年7月10日(第二主日礼拝)
午後6時00分~7時00分
司会 鈴木 竜実 牧師
奏楽 佐野 みゆきさん
◎礼拝プログラム
【賛 美Ⅰ】
①新しい歌を主に
②愛する天の父よ
③谷川の流れを慕う鹿のように
④栄光イエスにあれ
【使徒信条】
【主の祈り】
【賛 美Ⅱ】
⑤主の愛が今
⑥ビジョン(オリジナル)
⑦威光・尊厳・栄誉
【メッセージ】《来て、見てください》
斉藤 順子 宣教師
【聖 餐 式】
【賛 美Ⅲ】
⑧今月の聖歌593番「ああ恵み」
⑨神のみわざ
【 祝 祷 】鈴木 竜実 牧師
⑩友よまた会う日まで
【 愛餐会 】
-2 -
●本日の聖書箇所 ※ヨハネの福音書4章3節~30節・39節~42節
4:3 主はユダヤを去って、またガリラヤへ行かれた。
4:4 しかし、サマリヤを通って行かなければならなかった。
4:5 それで主は、ヤコブがその子ヨセフに与えた地所に近いスカルというサ
マリヤの町に来られた。
4:6 そこにはヤコブの井戸があった。イエスは旅の疲れで、井戸のかたわら
に腰をおろしておられた。時は六時ごろであった。
4:7 ひとりのサマリヤの女が水をくみに来た。イエスは「私に水を飲ませてく
ださい。」と言われた。
4:8 弟子たちは食物を買いに、町へ出かけていた。
4:9 そこで、そのサマリヤの女は言った。「あなたはユダヤ人なのに、どうして
サマリヤの女の私に、飲み水をお求めになるのですか。」ユダヤ人はサマリ
ヤ人とつきあいをしなかったからである。
4:10 イエスは答えて言われた。「もしあなたが神の賜物を知り、また、あなた
に水を飲ませてくれと言う者が誰であるかを知っていたなら、あなたのほうで
その人に求めたことでしょう。そしてその人はあなたに生ける水を与えたこと
でしょう。」
4:11 彼女は言った。「先生。あなたはくむ物を持っておいでにならず、この
井戸は深いのです。その生ける水をどこから手にお入れになるのですか。
4:12 あなたは、私たちの先祖ヤコブよりも偉いのでしょうか。ヤコブは私たち
にこの井戸を与え、彼自身も、彼の子たちも家畜も、この井戸から飲んだの
です。」
4:13 イエスは答えて言われた。「この水を飲む者は誰でも、また渇きます。
4:14 しかし、私が与える水を飲む者は誰でも、決して渇くことがありません。
私が与える水は、その人のうちで泉となり、永遠の命への水がわき出ます。」
4:15 女はイエスに言った。「先生。私が渇くことがなく、もうここまでくみに来
なくてもよいように、その水を私に下さい。」
4:16 イエスは彼女に言われた。「行って、あなたの夫をここに呼んで来なさ
い。」
4:17 女は答えて言った。「私には夫はありません。」イエスは言われた。「私
には夫がないというのは、もっともです。
4:18 あなたには夫が五人あったが、今あなたと一緒にいるのは、あなたの夫
-3 -
ではないからです。あなたが言ったことは本当です。 」
4:19 女は言った。「先生。あなたは預言者だと思います。
4:20 私たちの先祖は、この山で礼拝しましたが、あなたがたは、礼拝すべき
場所はエルサレムだと言われます。」
4:21 イエスは彼女に言われた。「私の言うことを信じなさい。あなたがたが父
を礼拝するのは、この山でもなく、エルサレムでもない、そういう時が来ます。
4:22 救いはユダヤ人から出るのですから、私たちは知って礼拝しています
が、あなたがたは知らないで礼拝しています。
4:23 しかし、真の礼拝者たちが霊とまことによって父を礼拝する時が来ま
す。今がその時です。父はこのような人々を礼拝者として求めておられるから
です。
4:24 神は霊ですから、神を礼拝する者は、霊とまことによって礼拝しなけれ
ばなりません。」
4:25 女はイエスに言った。「私は、キリストと呼ばれるメシヤの来られることを
知っています。その方が来られるときには、いっさいのことを私たちに知らせ
てくださるでしょう。」
4:26 イエスは言われた。「あなたと話しているこの私がそれです。」
4:27 このとき、弟子たちが帰って来て、イエスが女の人と話しておられるのを
不思議に思った。しかし、誰も、「何を求めておられるのですか。」とも、「なぜ
彼女と話しておられるのですか。」とも言わなかった。
4:28 女は、自分の水がめを置いて町へ行き、人々に言った。
4:29 「来て、見てください。私のしたこと全部を私に言った人がいるのです。
この方がキリストなのでしょうか。」
4:30 そこで、彼らは町を出て、イエスのほうへやって来た。
4:39 さて、その町のサマリヤ人のうち多くの者が、「あの方は、私がしたこと
全部を私に言った。」と証言したその女の言葉によってイエスを信じた。
4:40 そこで、サマリヤ人たちはイエスのところに来たとき、自分たちのところ
に滞在してくださるように願った。そこでイエスは二日間そこに滞在された。
4:41 そして、さらに多くの人々が、イエスの言葉によって信じた。
4:42 そして彼らはその女に言った。「もう私たちは、あなたが話したことによ
って信じているのではありません。自分で聞いて、この方が本当に世の救い
主だと知っているのです。」
-4 -
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
155 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content